5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

完治しつつあります

1 :匿名さん:2000/05/21(日) 07:55
僕自身23歳の今までアトピーと戦いつづけていました。
小児アトピー→中学で再発→去年末悪化→完治へ
という変遷です。数回医者を渡り歩きましたが、まずは
医者を信じるところからはじめてください。民間療法は
往々にして、無意味です。
漢方+ステロイドで、現在は重症の状態から普通の状態と変わらないまで
回復しました。症状が沈静化し、体質の改善が進んだらステロイドから
の離脱のようです。まだかかりそうですが、社会復帰がかないそうです。
質問受けます。同じ境遇だった人を、なるべく多く救ってあげたいです。


2 :名無しさん:2000/05/21(日) 11:40
ステロイド使っている状態で体質改善も何もありません。
ステロイドの離脱時にリバウンドは必ず起きます。
はっきり言って、現在の状態はステロイドでうまく症状を
抑えている状態でしょう。
医者を信じてステロイドで症状を抑えるのも一方ですが、
完治とは逆方向に向かうことを肝に銘じて下さい。

3 :>2:2000/05/21(日) 17:42
私は1ではありませんが、具体的にステロイドを使っていると
体質改善ができないと言う根拠を伺いたいですね。
よく、副腎の機能が阻害されるからという人がいますが、
では、一体、一日に副腎はどれだけのホルモンを出していて、
内服薬をどれだけ取れば、どの程度副腎の機能が阻害され、
そして外用薬何グラムが内服剤に換算してどの程度の影響を
持つのか、是非、ご高説をお聞かせ下さい。


4 :名無しさん:2000/05/21(日) 17:54
おいおい、俺なんてステロイド使っているうちに
自然と治ったぞ。

リバウンドもほとんど無かった。
塗ってた期間が短かったからかなあ?


5 :>4:2000/05/21(日) 21:15
要するに、2は反ステロイド教の、信者か僧侶の医者が狂信的に
ステロイド治療を攻撃しているだけと言うことでしょうね。

6 :匿名さん:2000/05/21(日) 21:39
現在の治療って両極端で、反ステロイドか、ステロイド容認だよね。
ステロイド意外にこの世に炎症を抑える効果を期待できる効能をもつ
薬って無かったんじゃないかな?アレルゲンを無くしたり抵抗力をつけて
炎症に立ち向かうやり方とかもあるみたいだけど。
100人医者が居たら、100人の治療方針があるでしょ?
まぁ、ステロイドをだらだら使ってると悪いだけで、ちゃんとした医師の
指導のもとに使ってれば問題ないはずだけど?
どうでしょ?ちなみに僕は、事細かに指導をいただいています。

7 :匿名さん:2000/05/21(日) 21:46
そもそも、こういう板では少なくとも医師か患者か、という
スタンスをはっきりさせる必要があると思います。
アトピーにおける、大きな幻想を助長してしまう恐れがあると思いませんか?
特に、2の名無しさん。あなたはどういう立場の方でしょう?
あなたの言葉に信憑性はまったく感じられません。
僕はスレッド立ち上げた本人。患者です。

8 :名無しさん:2000/05/21(日) 23:40
2の方ではないのですが(患者です)
ふつー考えてリバウンド起きないわけがない(とおもう)
しかし、「リバウンド」という言葉ですが解釈のしかたでいろいろ取れてしまいますね
ステロイドが悪いのか、はたまた、アトピーが悪いのか・・・
やはり両方なのではないの?
2さんの言う通り薬使っていて完治はないんじゃない?
薬で炎症押さえ込んでいるのだから
炎症起きるから薬塗っているわけですよね
少なくても10年位使っているように見受けられますが「リバウンド」
くるでしょうね
リバウンドつらいゾ
とにかくガンバレ

9 :けん:2000/05/22(月) 00:25
初めまして
皆さんはどんな石鹸をお使いですか。
わたしはどんなものを使っても必ず痒くなります。
石鹸使わないわけにも行きませんしね。

10 :匿名さん:2000/05/22(月) 01:48
けんさん>
医者からは弱酸性を推奨されました。
ですがやはり染みます。ひどいときは石鹸使わずに
ぬるま湯(36〜39度)で洗うこと。と、指導されました。



11 :匿名さん(患者):2000/05/22(月) 02:22
8の方>
ありがとう。がんばります。
ですが、実はリバウンド経験者です。

12 :匿名さん(患者):2000/05/22(月) 02:40
追記です。
実は一度脱ステロイド仕掛けました。
やはり激しいリバウンドに遭い治療方針を変えました。(去年末の事です)
治療が振り出しにもだったわけですね。(^−^;
ちょうどそのころ、仕事が忙しく一週間に寝たのは3日くらいの日々が
1月ほど続いていました。睡眠ができないことで副腎の分泌が阻害されたようです。
そしてリバウンドの激しい症状に見回れました。体中の掻き傷からは膿が出て
痒さと痛みで眠ることもできませんでした。
できることなら、アトピーを治すためには治療に専念できる時間がほしいところです。
僕の場合は、実家の家族に協力してもらう事ができ、現在はアルバイト的な事で規則正しい
生活が出来るようになっています。(もちろん元の仕事に復帰する予定です)
TOP項目では、これから離脱と書きましたが、現在は弱いステロイドに処方が変わって
亜鉛華軟膏へシフトしている途中です。


13 :名無しさん:2000/05/22(月) 11:55
結局、ステロイドを切る過程でリバウンドは起きます。
リバウンドを前進とは考えずに、後退と考えて、再びステロイドを
使えば、いつになってもステロイドを切ることはできません。
むしろ悪化したり、また使ったりする内に、どんどんはまっていきます。
それが依存の過程です。
ステロイドを止めるときはどんなリバウンドが起きても、もう2度と
使わない覚悟をすることです。
リバウンドははっきり言って、好転反応です。
それは風邪をひいて、熱が出るようなものでは。
リバウンドを繰り返しながら、徐々に良くなっていきますよ。

14 :勇次:2000/05/22(月) 12:05
俺もそうだった。脱ステ。
4年かかった。
その間3歩進んで、2歩下がるような感じ。
でも最後は治った。
その間ステロイド絶対使わなかったことが良かった。
リバウンドは悪じゃないってこともわかった。
ちなみに俺は2じゃないよ。念のため。



15 :匿名さん:2000/05/22(月) 13:03
13さん>
文面から察するに、かつての患者さんですね?
完治への時間的過程をはっきりと理解していないので、14の勇次さんの書き込みも
合わせて読ませていただき大変参考になりました。
実際に経験をされた方の意見は何よりの参考になります。
かかりつけの医師からもなんとなくは、繰り返す事を聞いていましたが、どんなものか
お話が聞けてある意味安心しました。
ありがとうございますm(_ _)m


16 :>8@`12:2000/05/22(月) 15:04
12さんのは、別にリバウンドではないでしょう。
単に生活のストレスが出ただけで、ステロイドを使い続けていても
あるいは一度も使ったことが無くても悪化したはず。
そして今治っているのは、ステロイドをやめたからではなく、
生活を改善したから。ステロイドを使いながらでも、
生活を改善し、少しずつ減らしていけば、治ったでしょう。
12さんの病状の変化には、ステロイドの影響を伺わせるような
因果関係がないのでは。
8さん、薬で炎症を抑えながら、生活を改善してアトピーを
抑え、最終的にはステロイドをほとんどいらなくするのが、
現在のステロイド療法では?
炎症を押さえ込んでいるからというのは、リバウンドの原因の
説明にはなりません。毒でも溜まるのでない限り
リバウンドといえる事は起こらないでしょう。単に元に戻るだけで。
外用剤では、たいして毒は溜まらないのでは?
よっぽど排気ガスの毒の方が溜まりそう。


17 :名無しさん:2000/05/22(月) 18:41
はっきりとは言えませんが、毒みたいなものはたまりますよ。
炎症や痒みが起きて、ステロイドを塗ってそれを抑え込んだら、
それらはどこへ行くのでしょうか?
体の奥底に貯まるのです。
ステロイドを外して、それらが体から放出する過程が
リバウンドです。
ですから脱ステで治る過程(体が元通りになる過程)で
必ずリバウンドは起きます。
逆にリバウンドが起きなければ治らないわけです。

18 :↑とんでも?:2000/05/22(月) 18:54
???


19 :>18:2000/05/22(月) 21:44
病気で熱を出して、解熱剤で熱を抑え込んだら、
熱はどこに行くのでしょうか?
体の奥底に貯まるのです。
解熱剤を外して、熱が体から放出する過程が
高熱による脳障害です。
ですから病気が治る過程(体が元通りになる過程)で
必ず脳障害は起きます。
逆に脳障害が起きなければ治らないわけです。
そうして、17のようなとんでもさんが出来上がります。


20 :↑面白いぞ!:2000/05/22(月) 21:51
タコ揚げ。

21 :名無しさん:2000/05/22(月) 21:52
副腎皮質ホルモンを自力で作り出せなくなっているから
リバウンドは起こるんじゃなかったっけ?


22 :>21:2000/05/22(月) 22:12
ステロイド外用剤で副腎に
大した影響があるわけはありません。
副腎は一日にステロイド内服薬2錠分の
ホルモンを出しますが、外用剤はチューブ一本で
一錠分。しかも吸収される量は微々たるもの
そんなに良く吸収されるのだったら、
患部以外に塗っても、体の中から患部にも
効くはずです。実際、内服薬は効くわけですが。
リバウンドだのステロイドの毒で悪化するだのは
ほとんどインチキ民間療法業者の嘘宣伝です。
実際にはステロイド外用剤の副作用は皮膚が少し薄くなり、
毛細血管がたまに見える程度です。色素沈着もありません。
そしてこの副作用よりも、アトピー性皮膚炎が皮膚に与える
損傷の方が遥かに強く、後に残るのが現実です。
ステロイド剤をやめても体質が変わるわけではないので、
アトピーは元のまま、症状は押さえていた薬をやめるのですから
悪化します。本当に有効な体質改善方法でしたら、
ステロイドを使いながらでも有効なはずです。

23 :匿名さん(患者):2000/05/23(火) 00:48
出来れば立場を書いてきただきたい・・・(^−^:
こういった、直接健康などに関わる板では発言に最低限の責任を持って
当然だと思っています。強制ではないですが、それによってもっとスレッド
が読みやすくなると思います。いかがでしょうかー?皆様。

僕自身、長い間アトピーの幻想に振り回されていました。
ここの板を見ても、幻想がまだ多く残っているように
見受けられます。(僕個人の見解ですが)
憶測や、不確かな書き込みはそれを助長してしまうと思います。
理論的な書き込みをされる方に対して、煽りとしか思えない書き込み
はできるだけ避けていただきたい。と。(^−^;
匿名が基本の2CHですから僕も100%信用しているわけではありませんし、
僕の言葉も100%の信用があるとも思っていません。
本音を言うとここにスレッドを立ち上げたのは僕が医師に治療を受け、
質問し、その情報がどの程度合致するか確かめたかったからです。
もちろん、あの苦しみを少しでも軽くしてあげたいという思いもあります。

重症に陥ってる患者さんもここの板を見ているようですよね。
そういった心労が絶えない方に対してもわかりやすく情報を
提供するべきだと思うのです。ちょっと偽善的かもしれませんが
まじめにそう思っています。ご協力をー

24 :へんたいくん:2000/05/23(火) 01:45

8です
>22
あなたは、製薬メーカーの人間ですか?なにを根拠にそんなこといえます
あーーもーー いい加減かきこしすぎて疲れたが、俺たち経験を元に物をいっているんだ
はっきり言って、今のいい状態が奇跡なんだ。二十数年間ずっと悩まされ続けていたんだ
ああー 自殺も何度となく考えたさ
それがステロイドなしに生活できるなんて数年前の自分では夢でしかなかった。
どーせ、一生苦しめられるんだって思っていた
毎日毎日くすりづけ、軟膏と漿液でベトベト
結局、ストロングなやつ使っても周期的に襲ってくる
ステロイド使ってもらちあかない
どうせ死ぬならステロイドやめてからにしようと思ってやめた
それから3年・・・・・、首筋ちょっとかいいだけだよ
医者だって大変だと思うよ
今時ステロイド全然大丈夫だなんて思っている馬鹿医者(インチキ医者は除く)
いないだろうからね
よくないよくないと思っていてもやっぱ患者はつらいもんにゃ〜〜
出しちゃうわなー
そこからは患者自身の選択だ
やっぱり人それぞれ、いろいろなアトピーのタイプがあるだろう
でもなぁーー 薬なんて使わないで越したことないだろーーーーー
あんた薬で生命活動を調整するつもりかい?
所詮無理だからやめやめとけ
そんな単純なもんじゃない



25 :にく:2000/05/23(火) 10:54
やあやあ。
僕もなんだか完治しちゃった類の人間です。

ステロイド軟膏っての?塗ってましたよ。医者が「取りあえず
症状を抑えてから徐々に薬を弱くして行きましょう。」みたいな
ことを言ってましたが、一時的に軽くなっても周期的に酷くなる
(僕の場合は両肩口から肘辺りまで酷かったです)ので、凹んでた
んですが、薬局で駄目モト買いした石鹸のお陰ですっかり良く
なりました。

「しゃぼん石鹸」だっけかな?130円ぐらいでチープです。

色々読んでると僕は軽い方だったんだなあと思いますが、辛さは
同じく判ります。石鹸の詳しい名前は帰って見ますが、もし一人
でもこれで症状が良くなればいいなあ、と思いまして。はい。

26 :だからぁ:2000/05/23(火) 12:42
22の人も書いてるけど、ステロイドは単に症状を抑えるってだけの薬。
治ったつもりで、健康管理を怠るドキュソが悪いわけであって、
ステロイドをやめて症状が悪化して、危機感が高まって、
人並みに気を使うようになったらなんだか症状が軽くなったってだけの、
わかりやすいお話が目に浮かぶんだけど(笑)。
治った人は、年齢的なものとか、
他の療法による体質改善の効果があったとかで、
幸いにも治るべくして治ったのであって、
少なくとも、「ステロイドをやめたから治った」のでないのよね。
ここんとこは、はっきりさせておいてほしいのよ。
ちなみにあたしは、患者で科学者よん。

27 :名無しさん:2000/05/23(火) 13:03

↑ほんとか、ならば具体的な説明を問う。

しかし、科学者当てにならんからなぁ。

たいしつかいぜんてなんじゃ。

28 :>27:2000/05/23(火) 18:29
 それよりも、ステロイドを切ったからこそ治ったと主張する
人達に、ステロイドを切る前に、自分でどの程度健康管理に
気を配っていたかを教えてほしい。


29 :K(患者):2000/05/23(火) 22:00
自分はいつも思うんですが、ステロイドの議論て不毛だと思うんです。
自分はただの患者で医学的な知識はないですが・・・

リバウンドについては、使用方法や期間、個人差によってかなり差が出るんではと思います。
例えば、土佐清水の密封療法でもリバウンドの有無が両方聞かれますよね。
密封療法なんてのは炎症を一気に引かせる短期集中決戦的な療法な訳ですけど、それまでステロイドをそんなに使ってなかった人は短期に使用したくらいで副作用やリバウンドが出る事はないのでしょう。
逆にステロイドを長期に使用していた人は、酷い副作用やリバウンドに悩まされるかも知れません。

ステロイドの良し悪しについても、アトピーの治療の中でステロイドで上手にコントロール出来ているうちに自然治癒してしまうのが一番理想的な形だと思うんです。
勿論、ステロイドは対症療法ですから、それで治る事はあり得ない訳で、治すのはいつ訪れるとも分からない自然治癒に頼るのでしょうが。
この「いつ訪れるとも分からない自然治癒」というのが非常にやっかいで、数ヶ月か数年か数十年か・・・
ですから、ステロイドでコントロール出来ている内に治ってしまう人も多数いる訳ですし、長年に及ぶステロイドの使用で破綻してしまう人も多数いるんだと思います。

症状によっても違いますよね。
軽度の人は、そんなにステロイドを使わなくとも済むのでしょう。
普段はスキンケアでコントロールして具合の悪い時だけステロイドという人もいるでしょう。
そのような人には副作用の心配などないのでしょうし、リバウンドはないか、あっても軽微なものかも知れません。

逆に重度の人は・・・
良くないと分かっていてもステロイドの連用を余儀なくされる人もいるでしょう。
中にはステロイドの効果がアトピーの炎症に追いつかないという程に重度の人もいます。
そのような人は、副作用も心配されるでしょうし、凄絶なリバウンドに苦しめられる事になるのでしょう。


30 :K(患者):2000/05/23(火) 22:01
続きです。
「脱ステしたら良くなった」という事については、実は自分もそうなんですけど・・・(苦笑)
少し考えると分かりますが、脱ステしたからと言ってアトピーが治る事なんてあり得ないですよね。
脱ステして良くなるのは、ステロイド皮膚症と呼ばれている症状だと思います。
じゃあなんでアトピーが良くなったんだろう・・・と考えると。
実はアトピー自体は自然治癒で改善されていたのではないかと。それがステロイド皮膚症と呼ばれている症状に隠れて分からなかったのではないかと。
そう考えると、アトピーとステロイド皮膚症は別の次元で進行しているものだと考えられます。
つまり、ステロイド皮膚症は悪化しても、アトピーは改善される事があるのではないかと思います。
という事は? ステロイドの使用でアトピー自体が難治化する事はないのでは? なんて思ったりしますが・・・

アトピーって本当に個人差が激しいので一つの枠にはめて考えるのは無理だと思います。

ちなみに良く聞かれる「科学的根拠」ですが、これも不毛ですよね。
だって西洋医学の技術ですら科学的根拠のある原因の究明や根本的な治療法が確立されていないのですから、科学的根拠のある説明が出来る人などいないでしょう。
現在の全てのアトピーの治療法が根本的な意味では何の科学的根拠もないと言えるのではないかと思います。

あと「健康管理」の話は辛いっす・・・(笑)
とても簡単な言葉ですが、同時にあいまいな意味合いの言葉でもありますしね。


31 :匿名さん(患者):2000/05/24(水) 03:52
ミナサマ、ご協力ありがとうございます。m(_ _)m
いろんな意見が交わされる中、やはり患者か医者かまたその他の方
ということが分っていると実に読みやすく思います。

ステロイド云々についてはほかのスレッドでも沢山意見が交わされていますね。
僕の意見としては、ステロイドが悪なのではないと思っています。
酷い炎症はステロイドを使わないことには収めようが無いし・・・
悪である(大げさな表現かもしれませんが)、と考える患者さんは
精神的にもかなり追い詰められるから冷静な判断がつかないのかもしれません。
ぼくも実際、先に書き込みをした、リバウンド(?)の時期は今思うと
正直言って医者のことを信じられなくなったし、部屋に閉じこもって
何もする気が起きませんでした。鬱の状態でしょうか・・(^−^;

26のだからぁ・さんがかかれているように、健康管理に関して一番危なかったときが
悪化起こったときでした。現在はそこそこ規則的な生活を送れているので
日に日に回復しています。ステロイドも弱くなっています。

僕ほかのスレッドでも書かれている事ですが、極力刺激物を摂取しない、
もしくは肌に刺激を与えないということが症状を軽くすることに繋がるようです。
あとは汗をかいたらすぐふき取る。(塩分などが刺激に?)
風呂はぬるま湯(体温より少々高い程度)
卵、牛乳、豆腐、などといった収集のされやすいタンパク質を含む食品
に関してはアレルギーを持っていることがあるので、極力避ける。
そして、どうしても痒いときは「気功の呼吸法」を行って、掻く事で皮膚に
傷をつけないように・・・。ぼくが気をつけていたのはこんなところでしょうか。
特に呼吸法(単なる深呼吸のようなものですが)は、不思議なほど効果があります。
かかりつけの医師は中国人の方のためか、そういうアドバイスをいただきました。
ちょっと胡散臭いかもしれませんが、僕には効果がありました。(^−^;;

32 :>29:2000/05/24(水) 05:18
 そもそも、「自然治癒」て何でしょう。感染症ではないのだから
治癒するのでしょうか?やっぱり、生活環境やストレスの変化や
自己管理に気を使うようになったことで、症状が出なくなったのを
「治った」と思っているだけの人が多いのでは?
希には体質が変わって良くなった人もいるんでしょうけれども。
「ステロイド皮膚症」も怪しい気がします。ステロイドで皮膚炎に
なることはないでしょう。そういった反応を抑え込むのが
ステロイドなんですから。やはり大半の人は、ステロイドを
切ることによって、医者に依存して自己管理を怠ってしまう状況を
改め、自己管理に気を使うようになったからでは。
前と全く同じ生活で、仕事も勉学も同じように続けて、ただ
ステロイドを切ったこと以外は何も生活に変化なしで治った人なんて
いないのでは。ステロイドを切って何ヶ月も苦しんでやるのは
実は無駄な苦労で、ステロイドを使いながら一ヶ月ぐらいいい環境で
療養したら、もっと早く治ってしまうような気がします。
ただ、ステロイドを切らないとその踏ん切りが付かず、自己管理を
怠る「他者依存」が治らない人が多いのだと思います。
要するに、ステロイドを切る効果というのは、肉体的には
無駄な苦労だが、精神的に変革することで、結果として
治癒状態になるのではないでしょうか。だとすると、アトピーの
治療に必要なのは怪しげな民間療法ではなく、催眠術師でも
雇えば、一発で治るかもしれません。


33 :>26:2000/05/24(水) 05:27
何の科学者ですか。
まさか、天文学者とか。


34 :名無しさん:2000/05/24(水) 05:43
俺はステロイド容認派だが、使わないで治ったのならば問題なかろう。
しかし、ステロイドはドーピングであり近道でありずるである。
うまくやればこれほど良い方法はないってこと、覚えて置いてね。

しかし、このスレッドは建設的でいいね(笑)
コテハン名乗ろうかな。usuberってどお?

35 :>34:2000/05/24(水) 05:49
臼婆ってのはどう?

36 :usuber:2000/05/24(水) 05:53
>35
もっとかっこいいのにしてくれよ。
というかせっかくいいスレを荒らすな。

37 :usuber:2000/05/24(水) 05:57
飲むステロイドと塗るステロイドについて。
上の方にも書いてあったけど、塗る方ではとくに体に害はないようだ。
俺は白内障もやったのだが、調べてみるに、塗り薬より内用薬でなる場合が
多いそうだ。飲み薬はマジで劇的に効くが、副作用もやばいようだ。
塗る方は、それほど神経質になる必要はないみたいだな。

根拠が知りたければ、アトピー性白内障などで検索してみよう。

38 :>17:2000/05/24(水) 06:00
サイ○リニック行ってるの?
絶対止めたほうがいいよ。血抜くのは。

39 :匿名さん(患者):2000/05/24(水) 06:46
usuberさん、どうです。いい書き込みが多く僕も皆さんに感謝です。
僕の行っていた病院では注射もしていましたが、リスクが大きいらしく
よほどのことがないと使わないようですね。
飲み薬についてですが、僕は坑ヒスタミン剤をいただいています。
副作用で眠くなるのですが、かゆみで眠れないときにはいいですね。
最近では使わなくなりましたが〜。

40 :>39:2000/05/24(水) 07:45
ところで、抗ヒスタミン剤の副作用って、どうなんでしょう。
よく反ステロイド治療で、やたらと抗ヒスタミン剤を飲ませる
ところがありますが、内服薬である抗ヒスタミン剤が、
外用剤であるステロイドよりも体によいなどと言う保証は
どこにもないような気がしますが・・・。


41 :匿名さん(患者):2000/05/24(水) 22:51
40さん>患者さんでしょうか?はじめまして。(^-^
坑ヒスタミン剤を服用していたのは長い間ではないので副作用に悩まされた
ことはありません。ちょっと眠くなる程度です。
僕が通っていた医院は、漢方と西洋医学を同時に行っています。
かかりつけの医師の話では、バランスが大事との事です。
それが功を奏したのか、日に日に良い状態に向かっています。
痒みを和らげる効果は期待していいと思います。しかし、服用しすぎることで
生活のリズムが狂ってしまうようでは、マズイですよね(^-^;;
どんなことも医師に相談して、なるべくそういった不安要因を取り除くことも
大事だと思います。僕は、うるさいくらいに医師に質問攻めしました(笑)
その医師によってそれぞれの医療方針があるわけですから、薬の処方も様々だと思います。
少なくとも、ここで議論を交わすよりは先ず、かかりつけの医師を
質問攻めすることをお勧めします〜(^-^


42 :匿名さん(患者):2000/05/24(水) 22:52
40さん>患者さんでしょうか?はじめまして。(^-^
坑ヒスタミン剤を服用していたのは長い間ではないので副作用に悩まされた
ことはありません。ちょっと眠くなる程度です。
僕が通っていた医院は、漢方と西洋医学を同時に行っています。
かかりつけの医師の話では、バランスが大事との事です。
それが功を奏したのか、日に日に良い状態に向かっています。
痒みを和らげる効果は期待していいと思います。しかし、服用しすぎることで
生活のリズムが狂ってしまうようでは、マズイですよね(^-^;;
どんなことも医師に相談して、なるべくそういった不安要因を取り除くことも
大事だと思います。僕は、うるさいくらいに医師に質問攻めしました(笑)
その医師によってそれぞれの医療方針があるわけですから、薬の処方も様々だと思います。
少なくとも、ここで議論を交わすよりは先ず、かかりつけの医師を
質問攻めすることをお勧めします〜(^-^


43 :匿名さん(患者):2000/05/24(水) 22:56
2重カキコ、スミマセン(T-T)

44 :名無しさん:2000/05/24(水) 23:13
抗ヒスタミン剤は超眠くなって、仕事にならん。
医者に文句言ったら、弱いやつだからしばらく我慢しろだって。
とりあえず飲むのやめて、ステロイド軟膏だけにした。
経過は一進一退だけど、良好といえば良好かも。

45 :へんたいくん:2000/05/25(木) 00:12
>26
健康管理はステロイドやめる前後だけで区別するのは漠然としか言いようがないでしょう
屁理屈のコネアイになる
仕事やっていれば週、月で全く違ってきますから、遊びもあるし、気分も
ですが基本的には変わっていないと思う
確かに僕はずぼらなほうで部屋の掃除をこまめに、なんてことはそれほど気は遣っていなかった
検査で反応した食べ物は徹底的にさけていた。そのころは食事療法全盛の時代
そのころからボアラー、テクスメテンなどへび〜〜〜なのを毎日常用していた
しかし、ぱっとしませんね
それから就職して一人暮らしを初めて環境の変化か悪化の一途をたどった
食事面は極力野菜中心、コンビニ弁当は食べないを心がけた
いいことではあるが、やはりアレルゲン恐怖症だったのか。今では多少だが・・・
それからずーっと部屋に閉じこもりがち、普通の人よりかは品行方正でしょうね
気分は最悪だが・・・
ステもロコイドまで何とか下げたがひふはぶつぶつ、しょっちゅう爆発する
ある爆発をきっかけにステ切りを決心した
しかし、社会生活は何とか維持しようと顔だけはつけていた
からだは、ゾンビ、首から上は蝋人形、心を閉ざして必死に耐えた
そのころのことはよく覚えていない


46 :へんたいくん:2000/05/25(木) 00:15
(上の続き)
それから、3ヶ月(3月〜6月位かな?)でリバウンドは治ってうそみたいに炎症が止まった
顔につけるのもやめたがリバウンドらしき物は起こらなかった、
それから、ユベラEなどの保湿系のを使っていましたね。見た目はどす黒いがお肌つるつる〜〜〜ってかんじでした
そのころも、住居も変わっていないし、特別変わった事は見つからないですね
「ゼッテーー、ステつかわねー 使わなくても全然大丈夫だっしー」なんて思っていたがげんじつはキビシィー
次の年の春に大爆発「ステだけは絶対つかわねー、使うもんか」と思っていたが負けた
それでも夏までには保湿系に切り替えられました。
首とか肘とか局所的ステロイドはつけていましたが悪化したときだけです。背中、腹、下半身はほとんど正常
しかし、次の年も春はやばかったですね
いまは、基本的になにもつけていませんね(1年くらい)。ざらつく首、肘は保湿系をつけることもありますが
今の生活はなにも気にしていないです。そのぶん成人病が心配ですが・・・
これが、私の経緯です、根性いりますね(笑

けんか売りたくないんですが、ステロイド体に影響ないと言い切るのはどう考えてもおかしいって
思いたいだけなのでは?
おれを、今の状況にまでしたした真実は当然誰にもわからないが
おれは、ステ切り効果とはあったのではないかと感じる。あと根性も。あくまでも自分の場合という言葉を付け加えておくが・・・
よのなか、いいきれることなんてないでしょ?

しかし、かんがえてみるとおれは軽症の部類に入るんだろうか?
やっぱりステロイド使わなきゃだめな人もいるだろうなぁ、とも思うのだが・・・・・
まあ、参考程度にしておいてください。

でも、トライしてみようとする人を紛らわせるようなことは書かないでもらいたい

1くん>今の治療法で治ることを祈っているよ
    ちょくちょくくるからかきこやめないでネ


47 :匿名さん(患者):2000/05/25(木) 01:46
へんたいくん・さん>
どもども、ありがとうございます(^−^
以前は自弁勝手にステロイド使っていたので、ここまで悪化したと認識しています。
実際、現在医師の指導で以前に比べて驚くほど回復しています。
僕もステロイドを使いつづけることは良くないと思っています。
その辺も医師に相談してあり、脱ステロイドに向かってがんばっています。
やはり、覚悟してください、といわれました(^−^;
これからもしかするとリバウンドがあるんでしょうね〜。
そのときはあなたの言葉を思い出してがんばります。
ありがとう。


48 :usuber:2000/05/25(木) 07:26
ステロイドを慢性的に同じ場所に塗ることは良くないと実感出来る。
俺も痕が残ってるし、黒く色が付いてるところもある。
ただ、ステロイド外用剤自体が毒ではないということ、適度に使う
ことで十分使う価値が有るということを理解して欲しい。

使うー改善ーさらに使うー手放せなくなるー次第に強い薬でないと
効かなくなるーやばいと思ってやめるーリバウンド
これがステロイドを憎む人間のサイクル。

最初にやや改善した所でやめる。ステロイドでない軟膏を塗りまくれ。
皮膚に層を作るくらいでいい。そうして外界の衝撃を遮断する。
どうしてもかいてしまうやつは包帯を巻け。
そして毎日風呂に入れ。消毒薬で軽く拭くのもいい。

これをきっちり守れば治るはず。完治せずとも地獄からは抜けれるはずだ。
疑心暗鬼にならずに、西洋医学を信じて欲しいものだ。

既に慢性的に使っている人。
信頼できる医師と相談し、次第に量を減らそう。これは具合を間違えると
悪化するので強い薬に戻ってしまう可能性もある。しかしそれはいけない。
いわゆる「脱ステ」は注意して行って欲しい。

リバウンドを「覚悟」するのではない。リバウンドが起きてはいけないのだ。
起きないように注意して減らしていき、かつ症状を改善させてくれ。

49 :40:2000/05/26(金) 00:48
 ヒスタミンについて少し調べました。
ところで、ヒスタミンで眠くなる人は15%くらいらしいのですが
眠くならない人は効かないのでしょうか?
私は眠くもなりませんがあまり効いてもいないようです。
後、副作用については、女性の生理が止まるという事例が、
よく報告されているようです。ステロイドを嫌う人が好むにしては
けっこう劇薬のような気がします。


50 :K子:2000/05/26(金) 02:55
ステロイドよりもなによりも危ないのが素人判断だと思う。
とにかく情報を集めて、信頼できる医師を見つけて、しっかり相談して…
一歩一歩状態を良くしていきましょうよ。

51 :疑問:2000/05/27(土) 20:17
誰か抗ヒスタミン剤でリバウンドを起こした人はいますか。
もし外用ステロイド剤でリバウンドが起こりうるのなら、
その原因は、よくわかっていないのだから、抗ヒスタミン剤でも
リバウンドがあってもおかしくないのでは。
ステロイドに反対する医者にやたらと抗ヒスタミン剤を使う者が
多いのも疑問を感じます。
誰か詳しい人、教えて。


52 :名無しさん:2000/05/27(土) 20:23
>51
ステロイド外用剤でリバウンドが起きる仕組みは、はっきり証明はできてませんが、何も分かってないわけではないのです。
仮説というべきかもしれませんが。他のところで誰か免疫細胞の説明リンクを張ってた人がいるけど、ああいうのをお勉強してれば少しは見当がつくようになります。
抗ヒスタミンとはだいぶ違います。

53 :ラーメン大好き♪:2000/05/27(土) 20:49
抗ヒスタミン剤は、かなりの副作用を持った化学薬品で、
若い女性が、まじめに5年以上続けて内服すると、
ほとんど生理が無くなるそうです。
特に妊娠中はやばいみたいです。
そして子供の場合赤ちゃんの時から5@`6歳まで抗ヒスタミン剤
を飲んでる子供は、よく腎臓がやられていたそうです。
抗ヒスタミン剤はとても効果のある科学薬品なんですが、
科学薬品って言うのは、必ず、どこか正常な他の機能まで
(副作用で)たたかれてしまうそうです。


54 :51:2000/05/27(土) 21:00
>52
読みましたよー。
でも何だか、凄いあやふやで解釈の余地がいっぱいありそうです。
それはおいといて、抗ヒスタミンには慢性的な使用を切った場合の
副作用とかはないのか?と言うことです。
ステロイドもこれだけ言われていて、まだあの程度ですから、
あまり騒がれない抗ヒスタミンでも、今のところ明確でなくても
将来、危険性がわかることも有るかもしれないのでは。
そして、現在の所、抗ヒスタミンの副作用については
どの程度検証されているのかな、と言うことです。
ステロイドに反対しているのにやたらと抗ヒスタミンを使う
医者は、研究が進んでいて、副作用についてもわかってきて
いるので危険管理がしやすくなってきた「ステロイド」を
よくわからない「抗ヒスタミン」に置き換えているだけでは。
つまり、安全なところも危険なところもだいぶ見えてきて
安全に通り抜ける方法が明らかになってきているのに、
ちよっとでも危険があるからといって、実は何も見えていない
つまりもっと大きな危険があるかもしれない所を「安全」と
勘違いして通るような事をやっているのでは?
と不安になったからです。
抗ヒスタミンの副作用については、どこまで研究が
進んでいるのでしょうか。

55 :51:2000/05/27(土) 21:10
>53
なるほどー。
つまり、分量を間違えたり強いものを使いすぎたりしない限り、
影響が皮膚だけに止まる外用ステロイド剤の方が、抗ヒスタミン
より安全だと言うことですね。腎臓やられたら、死んじゃい
ますからね。といっても、抗ヒスタミンの分量にもよるんでしょうね。
と言うことは、やっぱり、ステロイド絶対反対なのに
抗ヒスタミンをやたらと出す医者というのは、不勉強で、
噂に流されやすい医者と言うことですね。一つの、見分け方かも。


56 :ラーメン大好き♪:2000/05/27(土) 21:51
抗ヒスタミン剤の副作用について補足します。
53番に書いた副作用のほかに、
95年の厚生省の調査で、トリルダン(抗ヒスタミン剤)
のため薬物肝炎、劇症肝炎にかかったので注意しなさい
と指示が出ていたそうです。
ステロイド外用の副作用は、他のスレッドに書いたのですが、
皮膚萎縮です、低濃度のステロイドだったら、
皮膚萎縮も軽度です、だから抗ヒスタミン剤を
長期的に服用するより、低濃度のステロイドの方が
副作用も少ないみたいですね。
けど、ステロイドの外用は低濃度の物でも
恐ろしいのだって言うのが、信仰のように
多くの人の頭の中にこびりついてるみたいです。


57 :名無しさん:2000/05/27(土) 22:18
>55
なんかすっごい危なっかしい人だなぁ。
副作用のない薬なんてないぜ?
ま、薬嫌いも個人の自由だからいいけどさ。
2chで独自の見解を述べる人の言う事を、すぐ真に受けるのはどういうもんかね。




58 :sage:2000/05/28(日) 03:23
抗ヒスタミン剤の飲みすぎで、腎臓悪くして死んじゃった人いるんですか?
(((.. )( ..)))ドコドコ、('' ) キョロ ( '') キョロ

59 :>ラーメン大好き♪:2000/05/28(日) 10:48
>抗ヒスタミン剤の飲みすぎで、腎臓悪くして死んじゃった人いるんですか?
死んだ人は知らんが、俺の行ってる皮膚科は、
俺がヒスタミン剤飲んでるので、半年に1度血液検査をする、
これがどうゆう意味かわからんか??
57の言ってるとおり、副作用のない薬なんてない、
もちろん漢方薬もそう。


60 :51:2000/05/29(月) 22:21
>57
逆ですよー。
むしろ私の意見は57さんに近いかな?
要するにステロイドに関しては、
”2chで独自の見解を述べる人の言う事を、すぐ真に受け”る
ような感じで悪い噂を信じて必要以上に恐れ、そのくせ、
ヒスタミンについてはそういう噂が少ないから、
同じ化学薬品なのに副作用はないと思って使うような
不勉強で迷信的で非論理的不合理な治療法について
私は疑問を述べてるんですよー。

>58
それは私が一番知りたいー。

>56
肝炎にまでなるんですか。
そりゃ、大事だー。


61 :きらりん:2000/06/04(日) 05:27
アトピ−持ちの薬剤師です。
10年以上、アトピ−に悩まされています。でも、いろいろ勉強して
今は、医者にかからず自分でケアしています。
抗ヒスタミン剤の内服薬は、かゆみに対して大きな期待は
できないと思います。でも、かゆみというのは、精神的な影響を
受けやすいので、効くと信じている人と信じていない人では
効果は違ってくるでしょう。抗ヒスタミン剤の副作用ですが
確かにいくつかあります。副作用のない薬は、ほとんどありません。
ひとくちに抗ヒスタミン剤といっても、全て同じ物ではなくて
止痒作用が強いものや、中枢抑制(眠気)作用の強いもの、
抗コリン(口渇)作用の強いものなどたくさんあります。
眠気、口渇などは副作用といえるでしょう。腎臓に対して
直接の副作用はないと思います。でも、薬は肝臓や腎臓で代謝される
ものが多いので、負担がかかるとはいえるでしょう。
トリルダンに警告がでたのは事実です。
ちなみに、原則的に抗ヒスタミン剤は血中濃度が必要とは
されていません。
ステロイドの外用ですが、長期にわたって連用すると
内服と同じような副作用が考えられます。
でも、症状がひどい場合は短期間であれば使用しても
いいと思います。実は、私はリバウンドでかなり苦しんだので
ステロイドは見るのも嫌なくらいなのですが、先日、
化粧品でかぶれてしまい、2ヶ月間治らなくてどうしようもなくなり
3時間だけステロイドをつけて、すぐに洗い流しました。
そうしたら、一発でかなりよくなり、それ以来ほとんど治りました。
でも、いくら低濃度でも長期使用していればリバウンドは
間違いなくおこるし、副作用も出てきます。
ちなみに外用非ステロイド剤でも、たまにリバウンドはあります。
とにかく薬は、どれがよくてどれがよくないとは
一概にはいえないと思います。症状、体質によっても違ってきます。
いろいろな病院にかかってみるのもいいと思います。
結果的に私は自分でケアする方法に行きついたのですが・・・。
毎日が、自分の皮膚とのにらめっこです。




62 :AP:2000/06/13(火) 17:52
どれくらい長期使用したらリバウンドが起こるのですか?
人によって様様かもしれないけど聞きたいです。
やっぱり期間と症状は比例するのかな?

63 :匿名さん:2000/06/14(水) 02:41
やぁやぁ、すっかりよくなってきましたよー


35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)