5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高校の有機化学の質問です

1 :limit:2000/04/24(月) 20:31
高校で、今有機をやっているのですが、そこで疑問が生じたので
質問を持って参りました。
一般に分子量が大きくなれば沸点・融点は高くなるはずです。
しかし、アルカンの最初3つ、メタン・エタン・プロパンの3つに関しては
わずかとはいうものの融点が下がっていたのです。
これはいったいなぜなのでしょう。
もしよろしければお答えください

2 :名無しさん:2000/04/25(火) 17:53
「一般に」分子量が大きくなって高くなるのは沸点です。
融点はあんまし意味ないのね。
分子の形が効いてきちゃったりすっから。

3 :Q:2000/04/30(日) 16:56
確かに分子の形が効きますね。
融点は分子が結晶状態から崩れる温度。分子同士のパッキングの強さに影響されます。
でも、メタン・エタン・プロパンではC-C結合回りの回転のため取りうる分子構造数が違います。
Cが増えるに従って様々な形を取るため、当然パッキングが悪くなり、融点が下がるものと考えられます。
Cがもっと増えれば、分子間力が強くなりそちらの強さに依存するので分子量と共に融点は上がっていくのではないでしょうか。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)