5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

イミダクロプリド

1 :名無しさん:2000/05/02(火) 02:14
ペット板に書こうかとも思いましたが
こちらの方が詳しい方が多そうなので書き込ませていただきます。

アドバンテージスポット(猫の蚤取り剤)の主成分は
イミダクロプリドという農薬の一種だそうですが
この薬は本当に安全なのでしょうか。
http://www.pet-vet.or.jp/Spons/bayer/info.htmでは
様々な試験によって安全性が確かめられているそうですが
どんな試験だかわからないし、ノミを殺せるものが
何故、猫に対しては無害なのかということも
説明されてないので今一つ納得し切れません。
そこらあたりをご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

2 :詳しくないけど:2000/05/02(火) 11:40
そりゃー、きんちょーるの殺虫スプレーをば人間に吹きかけても死なないわな。
よわいだけよ、ネコとかが死なない程度に。
農薬も虫が死んでも植物が死なない程度になってるのよ。
ネコが死なない程度かどうかを試験してるんじゃないのか?
ホラ、んー、皮膚病にならないかとか。

3 :1:2000/05/03(水) 01:26
ということは「毒性はある」≒「安全ではない」ということですね。
同じ蚤取り薬でもプログラム(ルフェヌロン)は
昆虫のキチン合成を阻害する物質なので
猫には無害であるということが納得しやすいのですが
アドバンテージスポットについては少し不安が残るので
当面は使わないでおきます。
ご意見ありがとうございました。

4 :ネオニコ:2000/05/26(金) 06:59
>3
毒性が主作用からのみ出てくるのであれば、
プログラムはネコに無害であるとなるでしょうが、
必ずしも主作用から毒性がでるとは限らないので、
あくまでイメージでしょう。

主作用に近いところから毒性が出てる薬なんて
制癌剤くらいじゃないですか。。

5 :名無しさん:2000/06/18(日) 14:10
ノミに対して選択的に
神経伝達をブロックすると聞いたような。

そんなこといったら、くすりはつかえないよ。
スミチオンだっていちおう選択性はあるわけだし。

6 :名無しさん:2000/06/20(火) 17:12
毒は毒だけど、人間や動物には代謝(無害化)できる毒ですので、それほど
心配はないでしょう。私は聞きかじり程度の知識しかありませんので、詳
しい説明は識者に任せますが、肝臓から分泌される酵素で代謝されるはずです。
虫にはこの酵素がないため、代謝ができません。すべての神経が麻痺し、
やがて逝ってしまうというからくりです。(農薬専門家、後はよろしく!)

人間や動物でも、代謝が追いつかないぐらい大量に摂取したら逝ってしまう
事もあるでしょう。キンチョールを一気飲みしたらヤバイかも。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)