5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

偉大な打者・掛布雅之について語ろう!!

1 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 04:53
忘れもしない1986年4月20日の対中日戦(ナゴヤ球場)。
斎藤投手から死球を受けた瞬間、ミスタータイガース・掛布雅之の
野球人生は終わった。あれがなければ、絶対40歳まで現役続けていた
だろうし、通算500本塁打・2500安打は確実に達成できたはず。
そう思うと口惜しい。三冠王だって取っただろうし。
もし掛布が33歳で現役引退せずに、40歳までプレーし続けていたとしたら、
どれぐらいの記録を残していたと思いますか?
また、阪神タイガースの歴史はどのように変わっていたでしょうか?
大いに語りましょう!!
まさしく、掛布雅之は天才打者だった・・・。

2 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 04:55
40歳までやってたらもう一回くらい優勝できたかな?


3 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 04:57
掛布は読売の犬

4 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:02
>1
86年はその死球以外に、2度プレー中に負傷したよね。
それで掛布のバッティングは逃げ腰というか、へっぺり腰になってしまい
完全に自分のバッティングができなくなった。当てるだけのバッティングにね。
40本ホームラン打った(85年)翌年が、9本(86年)・12本(87年)
・4本(88年引退)じゃねぇ〜。そりゃ異常事態だわ。
ほんとに惜しい選手でした。

5 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:04
能無しの清原も来年で33歳だよな。
厄年か<33歳

6 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:05
40歳までやってたら、確実に背番号31は永久欠番になってたと思う。
萩原、広沢はダメでしょ。

7 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:34
村山監督との不仲と故障が重なって最後は不遇の数年を送る
交通事故もやらかしフロントからも白い目を向けられる
その当時はスイングにならず反動をつけて弾みで打ってるだけのバッティングで
連日厳しいヤジも浴び、引退挨拶では「ファンの皆さんにご
迷惑をお掛けしましたが」と言ったらしい
最期は2軍で同じ所をやって引退
現在はよく言えば挫折を感じさせない、悪く言えばその当時の事が
全然生きてない解説がライバル球団の局にて聞け、その評価はこもごもである

8 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:52
歴代本塁打数、門田を抜いてたかも<578本だっけ?

9 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:54
42歳まで現役やって(つーことは97年まで現役か)イチローとか
松井と同時期にプレーするのが見たかった。

10 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:55
名球界入ってたら、今みたいにタレントはやってないだろうねぇ。

11 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:56
長いストッキングがよく似合った

12 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 05:57
45歳まで現役だったら、3000本安打達成。

13 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 06:00
昭和49年入団1年目ルーキーの年。
あの長嶋茂雄と1年間だけ同時期にプレーした。
すごいよな。

14 :掛布の通算本塁打:2000/06/06(火) 06:03
349本 歴代18位

15 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 06:07
入団時は身長168cmだったのに、引退する頃には175cmに伸びた。
実際の身長よりも大きく見えた野球選手だった。

16 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 06:38
蚊のカッチャンの愛称で、野球を知らない人にも親しまれた選手であった。

17 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 08:14
あの身体であれだけ長打を打ったのはかなり無理をしていたからで、引退時には既に身体がボロボロで、とても野球を続けられる状態ではなかった、と聞いていたが・・・

18 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 08:25
本当に死球? 膝かどこかの故障じゃなかったっけ

19 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 08:34
>15
いや確か176cm。でもホントに伸びたのかなあ。サバよんでるだけの気がするが。

20 :18:2000/06/06(火) 08:41
真弓だったか後の大洋スーパーカーおやじのどっちかが書いてた
のを読んだことがあるけど、
あの打ち方はヤの若松などと同じ中西太流の指導によるものな
のだそうで、
手首を効かせた打ち方で飛距離は出るけどそこに負担がかかっ
て故障しやすいのだとか

21 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:15
2000三振

22 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:28
一番ラッキーゾーンで得した選手じゃないか?>左への流し打ちホームラン

23 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:31
選手としては良かったけど。解説者としては、巨人の太鼓もちの印象が・・・。

24 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:35
掛布を骨折させたのは青エンピツじゃなかったっけ?
そのケガが治りきらないうちに試合に出させられて、ダメになったのでは?
「本当はまだ治っていなかったんだ。」悔しそうに言う掛布が印象的だった。
青エンピツもその死球がきっかけで、ダメ投手になって引退した。
掛布をクラッシュさせるためにプロになったような選手だった。

25 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:50
>24
青エンピツって誰の事ですか?
その遠藤投手のこと?

26 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:54
>25
青山投手

27 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:56
>20
確か昭和45年入団の八重樫捕手(ヤクルト)も、中西太コーチの指導を受けて
前かがみに構える打法にしたんじゃなかったっけ?
でもあれは打つ時に体が開く癖があったから、じゃあ最初から開いておけという
意味で極端なオープンスタンスになったらしいな。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:58
>26
いや、確か左腕投手の遠藤だったはずだよ。
記憶違いかもしれないけど。

29 :掛布のケガ:2000/06/06(火) 12:04
まず死球で右肩にクラッシュ。
次に守備中にバウンドの変わったゴロを、再び右肩にクラッシュ。
そして打撃練習中に腰を痛める・・・って感じじゃなかったっけ?
とにかく61年のシーズンは不運にも3度大きな故障をした。

30 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 12:14
バースもそうなると惜しい選手だったな・・・。

31 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 12:20
バースが辞めたのは、子供の病気がきっかけだったのか?

32 :今亜寿:2000/06/06(火) 12:26
>24〜27
中日ドラ1位のサイドスロー、斎藤学だよ。


33 :掛布の骨を打ち砕いたのは:2000/06/06(火) 12:30
斉藤学です。
D1位だったのに、彼もあれがきっかけでダイエーに左遷され
不遇な野球人生を終えた

34 :今亜寿:2000/06/06(火) 12:47
>31
子供の病気・看病で長期戦線離脱が予想されたため、
球団がクビ切ったんだよ。
このゴタゴタで当時の球団代表の見掛氏が飛び降り自殺し、
バースの日本球界復帰は事実上なくなった。
(ダイエーが食指を伸ばしていたがね)



35 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 13:05
阪神の首脳陣はヘタレだなあ。

36 :匿名:2000/06/06(火) 13:18
そもそも「青エンピツ」というあだ名は元Dの青山投手に
与えられたものであって、元D→FDHの斉藤学投手のものじゃ
ないっす。掛布に死球を与えたのは斉藤。彼の出身校が青山学院なので
その辺で混同してるのかも。
斉藤はFDHにトレードされて、そこでプロ初勝利を挙げたりして、
そのままDに在籍し続けるよりは幸せな野球人生を送ったと思う。

ともあれ、あの死球がなくても、恵まれない体格と手首、腰の故障(これは
勤続疲労的なモノも大きかったと思う)などで掛布選手は、35歳くらいまで
しか現役に耐えられなかったのでは、と推測します。
85年体制の急速な解体と、掛布に対するTファンの(期待の裏返しとはいえ)
激しいバッシングは、Dファンの俺からみても寂しさを感じました。
んで、今こうして振り返られるのも感慨深い。
「たられば」炒めはノーサンクスでも、大打者だったのは確かです。

37 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 14:16
もんちっち。

38 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 14:19
しかし、阪神はなぜバースをクビにしないといけなかったんだ?
新外人を採るにしてもバースを残しても良かったのでは?
あの頃のプロ野球はまだ、選手枠がなかったから、いくらでも選手は獲得できたはず・・・
やっぱり謎だ。

39 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 14:36
子供のそばに居たいというバースと、すぐ帰れという球団の間でケンカになって、
「だったら、お前なんかいらん!」という感じじゃなかったのか?

40 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 14:57
バース・掛布・岡田のトリオは85年以降も、かつてのONのように
黄金時代を維持して欲しかったと思うのは、私だけじゃないだろう。
もう15年も前の話だね<阪神優勝

41 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 15:01
今年からは、ニール・新庄・根本のトリオで黄金時代を築きます。

42 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 15:28
ひとつの球団に20年ぐらい現役でやれるスーパースターが
現れるのは、奇跡に近いと思う。掛布以後の阪神を見てるとそう思う。
新庄じゃダメだ。松井・イチローはまさしく奇跡だ!!

43 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 16:37
>38
バカフロントの体質は今も変わらない。
昨年も今年も一緒 来年には新外人また来るんじゃないの。

44 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 23:12
掛布は裏切り者。テレビで笑ってんじゃねー。

45 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 00:37
よく偉大だ偉大だ、とあとからこうやって誉められるけど、
当時は弱い阪神で勝利に関係ないホームランをポコポコ一人で打ってる、
なんて言われ方もされてたりしたなぁ...

でもそれは掛布じゃなくて阪神の責任なんだけどね。



46 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 01:56
掛布は通算本塁打550本。
安打数2700本。
打点1600打点ぐらい。
晩年はコーチ兼任。
でもスゴイ数字だ。

47 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 02:11
掛布は引退が早かったから、優勝時の四番だったから過大評価されている。
と思うのは俺だけか?

48 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 02:12
掛布の息子は太りすぎで、野球選手には向かないらしい。

49 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:01
47に同意。
過大評価とまでは言わないけど、岡田の晩年を見ていると・・・

50 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:26
あの程度の体格でホームランを打ち続けた事は
やっぱりすごいよ。



51 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:48
>1

掛布を追い出したのは阪神ファン。
掛布を引退に追い込んだのも阪神ファン。
掛布に嫌がらせの電話をかけたのも、阪神ファン。

もう掛布はミスタータイガースじゃないんだよ。
お馬鹿さん!



52 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:49
当時、甲子園にラッキーゾーンがあったのも大きい。

53 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:51
掛布は同じ千葉出身の長嶋ファンで、背番号31は長嶋の3と王の1から取ったていうのは本当?

54 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:58
掛布と髪は失ってその偉大さがわかるもの。

55 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:36
>たまたま渡された背番号が31だった。
D6位入団の掛布に選べる権利がある訳ない。
だから、偶然にせよ掛布はラッキーだと思ったそうだ。

56 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:41
自宅の工事代金未払いの話はどうなった?

57 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:42
訂正 55>53です。

58 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:52
当時、バッティングフォーム、特に打つ前のバットの
回し方を真似するのが学校で流行ったよね。

59 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:57
本来自分はアベレージヒッターのはずだったのに、田淵が抜けたことにより
HRを狙わざるを得なくなった、とどっかで聞いたことがある。
そういう意識を変えることで、実際に打てる選手なんて、今の阪神にゃ・・・。

>51
確かに引退間際、掛布と阪神ファン、球団との間になんらかの確執は
あったらしいが、引退試合での大段幕「夢をありがとう」というのを見て、
掛布本人はそれまでのすべてを水に流すことが出来たと言っていた。

60 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 05:52
でも、指導者として成功してる元大選手はたいてい晩年力が落ちて平凡な選手になってから〜
辞めた直後の不遇の時代エンピツ舐め舐めしてた頃の事をばねにしてるんだよね・・
他のバント専門やら代走やら有象無象のツナギの選手の動かし方とかやっとわかるというか
彼の場合それがすんなりタレントに転身して、すっかり水に流して忘れてしまってるというか、
無かった事になってるというか
四番は四番はと言ってるあのまんまでユニフォーム着るとかゆわれたら、わしゃ心配やなぁ

61 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 06:13
なんでロッテの監督を蹴ったのかねー。どうせ阪神の監督にはなれないのに。

62 :NANA SEA:2000/06/07(水) 06:21
>61
シーズン中、パリーグのゲームはほとんど見ないそうだ(本人談)。
地元千葉に本拠地があることすら知らないんじゃ・・・?

63 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 06:27
本人は巨人入閣が希望なのでは?

64 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 07:21
>60
あの四番のことばかり気にする傾向は監督の資質として凄く心配。
巨人贔屓に見えるのもバッターのこと中心に話すからかな。

野村の評論家時代の本を読み返すと、掛布はホームランを狙ったほうが良いと
思ってたようだ。リスクを嫌って一打席ごとに結果を出そうとして、逆に成績
が伸びない傾向があるということだったらしい。
監督になったら4番中心の打つ野球、采配は安全策ばかり、になりそうな気が
する。

65 :今亜寿:2000/06/07(水) 12:57
>59
田淵が出た翌年に48HRだもんな。

66 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 14:44
阪神にミスター不在12年

67 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 14:47
掛布を引退に追い込んだバカマスコミを恨む。

68 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 14:54
62年の断突最下位のA級戦犯に仕立て上げられる
など精神的にも追い込まれてた。
引退の年に槙原から内角のフォ―クボールを上手く救い上げた
ホームランは一番印象に残ってる。
実力あるのに・・・・・・・・

69 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 15:26
あの当時江川がよく解説で、故障の影響で下半身で粘って待つ事が出来ず、
反動をつけてバットをボールにぶつけてるだけでタイミングがワンポイント
でしか取れない、少しでも外されたら全部・・とか言ってた覚えがあるけど・・
 (そう言われると・・、やっぱりそういう風に見えた)

原も同じ時期不調の時があり、村山が「原君がいったん7番に落とされて
また一つ一つ打順を上げてクリーンナップに戻って来たのは迫力がありま
したねぇ。掛布もあれでは・・」と言ってて、監督に就任したらその通りやら
された。 >打順どころか2軍まで落とされた

割と人望があった岡田との不仲説は真偽どうだったんだろう

70 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 17:16
’85年優勝を決めた試合、
神宮で見たレフトポール直撃のHRが印象に残っている。
あれが絶頂期とは、その時は夢にも思わなかったな。

71 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 17:28
>58
俺の周りではバッターボックスでチ○コをクイクイッといじる真似が流行った(笑)

72 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 20:05
>70
優勝試合のビデオでも見るわ!!!!!!

73 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 20:07
同じハゲでも大豊と大違い

74 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 21:14
そう言えば48HRして初のキングになったときは圧縮バットが云々といわれたらしい。
王も使っていたのだが...

75 :実話です:2000/06/07(水) 21:42
掛布はあの優勝の前後、
高知のミス○○と名が付くような美人女子大生と
愛人関係にありました。
そのセックスにはまり、成績急降下。
この女子大生はオレの妹の友人なので、紛れもない事実。

76 :阪神大本営:2000/06/07(水) 23:23
絶頂期は48本塁打、打つまでのとき。
腰を悪くしてからは二度と40本を打てなかった。

あのとき、運悪く新婚だったので、
腰痛の原因を奥さんのせいにされて可哀相だったな。

77 :阪神大本営:2000/06/08(木) 01:12
高校出の小柄な選手が活躍するのを見て、
そのうちしぼむだろう、と思っていたら、
ホームラン王にまでなり、田淵をおしのける主軸になるまで伸びていった。
しかしそのときまでの上り調子のイメージと、
新婚腰痛の挫折から復活してからの掛布は別人格のように感じる。

78 :阪神大本営:2000/06/08(木) 01:20
骨折で本当に惜しいことをしたのは、実は「田淵」

西武に移ってから、数年目に絶好調になり、
王の本塁打記録を破るペースで打ちまくっていたのに、
手首を折られ、そのシーズンどころか
選手生命まで終わってしまった・・

79 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 01:22
>78

マニエルみたいだな

80 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 01:26
4番ということでバッティングにばかり目が行くが、掛布の真骨頂は
むしろ守備であろう。
特にライン際での逆シングル捕球→1塁へのダイレクト送球はまさに
「ロケットアーム」とイう表現がピッタリだった。
彼は必ずファーストにダイレクトで送球することにこだわっていたと
いうことを後年のインタビューで知り、ますます感動した。

ちなみに、日テレの解説はポーズで、TG戦で阪神が勝つとオフでは
メチャメチャうるさいらしい(笑)。

81 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 01:26
田淵といい江夏といい、何で阪神は良い選手を手放すんだ。

82 :阪神大本営:2000/06/08(木) 01:33
「骨折」をしたことのない人は、
入院すれば簡単につながるように思ってるかもしれないが、
そうではない。

元通りに動かせるようになるためのリハビリは実に辛い。
それでも元のようになればいいが、そうでないことも多い。

だから、巨人の高橋由が骨折をするまでの勢いがないのも仕方ないことだ。
完全に元通りになるには、というか、
骨折したということを心身ともに忘れて、
能力全開といくには来年・再来年までかかるかもしれない。

83 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 01:35
中日の山崎は明らかに骨折する前より調子がいいのだが...

84 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 01:39
>山崎
余計な力が入らなくなって、バッティングに好影響をもたらした?
水谷コーチもそんなこといってたかな?

85 :阪神大本営:2000/06/08(木) 01:42
二度と40本打ってない、と書いたけど
優勝時にちょうどそれだけ打ってるね、確か。

あのときのフリーバッテングでの飛距離は

バース>>掛布>佐野・岡田・真弓・長崎

といった感じに見えたが、第三グループ内の順位は正直よくわからん

86 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 05:51
48本打った時の打率はどれぐらいだったの?

87 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 05:56
掛布雅之
昭和54年 率.327  本48  点95

88 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 06:12
>彼は必ずファーストにダイレクトで送球することにこだわっていたと
いうことを後年のインタビューで知り、ますます感動した。

ブレイザーに何の意味もなく強い送球し過ぎと注意されたそうで・・
信者は嫌われるぞオイ

89 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 06:26
関東の番組と関西の番組ではなんかキャラが違う。

90 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 09:17
最初売り出し中の6番あたりを打ってた頃は、
他と違うような集中力や対応の柔らかさを感じたけど
選手生活後半状態の悪い時代もかなり長かったと思う。
ファンなのは解るけど、・・。


91 :>1:2000/06/08(木) 09:53
40歳まで現役だったら、って
お前本当に阪神ファンか?
35歳くらいで日ハムあたりにトレードだろ。

92 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 22:24
今日の解説者

93 :86:2000/06/09(金) 05:13
めちゃくちゃスゲーじゃん。
48本で3.27なんて凄すぎ。
でも打点はホームラン48本にしては低いね。

94 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 14:00
age

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)