5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

これ読んだら明るくなる! 頑張れる! ・・・ってゆう本、ある?

1 :名無しさん:1999/12/05(日) 17:30
「読んだら暗くなる」っつうスレッドが立ってるので
こういうのもいいんじゃないかと。

2 :私も是非知りたい:1999/12/05(日) 17:52
今自分じゃ思い付かないよー。

3 :名無しさん:1999/12/05(日) 19:16
「みんな元気に病んでいる。〜心がしんどい普通の人々」 藤臣柊子


4 :「人間みな病気」:1999/12/05(日) 23:30
筒井康隆編

5 :天然八歩:1999/12/06(月) 00:50
香山リカ「おかしくってもダイジョーブ!」(ハヤカワ文庫NF)
には勇気付けられました

6 :名無しさん:1999/12/06(月) 03:15
宮部みゆきの本を読むと、
なんとなく労働意欲がわいてくる。

7 :雨氷:1999/12/06(月) 08:09
北村薫「空飛ぶ馬」なんかどうでしょう。
「人間も捨てたもんじゃないよな」って気分になれます。

8 :「空飛ぶ教室」:1999/12/06(月) 19:38
ケストナーだっけ。
感涙したあとで、おっしゃ!と思える。

9 :名無しさん:1999/12/06(月) 22:01
スティーブン・キング 「刑務所のリタ・ヘイワ−ス」
あのラストの爽やかさはいったい何なんだろう。
映画も素晴らしかった。

10 :「誰のために愛するか」:1999/12/07(火) 02:43
曽野綾子著

エッセイです。元気でましたよ。私は。

11 :「小公女」:1999/12/07(火) 11:37
ものすごく落ち込んでるとき、頭使わずに読めるものを、と思って選んだ。
前向きになれた。

12 :「愛と心理療法」:1999/12/07(火) 14:50
スコット.ペック著

良いですよ。これ。

13 :「蒼穹の昴」:1999/12/07(火) 16:43
浅田次郎の傑作はこれだと思う。
読んだあと爽やかになれます。

14 :星の巡礼:1999/12/07(火) 19:37
パウロ・コエーリョ著
つらい時に読んだら、妙に納得してしまった。

15 :善良なOL:1999/12/17(金) 12:13
三島由紀夫のエッセイ。
物事の割り切り方が「スパッ」と音がするような感じで力つけられます。

16 :「正しき生きるとはどういうことか」:1999/12/17(金) 14:37
池田清彦著
そう元気がでるというわけではないが、現代においても「倫理」的に生きる
ことは可能だ、と思わせてくれます。
もちろんこの場合の「倫理」はつまらん道徳とかではなく、自分自身のルール
ということですが。

17 :フランクル:1999/12/17(金) 17:26
『夜と霧』
明るくは・・・なれないか、やっぱ。
学生時代読んだんだけど、いっぱい線を引いてて
今見ると少し恥ずかしいです。でも大事な本。

18 :フランクルなら:1999/12/17(金) 19:55
「それでも人生にイエスという」
「宿命を越えて 自己を越えて」(春秋社)
があるでしょう。なんか田舎の先公とかがパクって生徒に説教して
そうで嫌だけど、「夜と霧」から生き延びた本人の著作はやはり
重いですね。私はこれ読んで、哲学系からポジティブ・シンキング系まで、
ひとやまいくらの玉石混淆の人生論を漁るのは卒業しました。この2冊
で充分ですね。薄いからすぐ読めるのもいいですね。

19 :>18:1999/12/17(金) 20:19
17です。ほんとにその通りですね。
ちなみにさっき久々に『夜と霧』を取り出してみたのですが、
「人生から何をわれわれはまだ期待できるかが問題ではなくて、
むしろ人生が何をわれわれから期待しているかが問題なのである」
なんてところに線引いたりしてます。
当時、バカなりにいろんなこと考えていたんだな、と懐かしいです。


20 :名無しさん:1999/12/22(水) 13:57
大川隆法総裁の著作全て

21 :>20:1999/12/23(木) 10:36
そうそう。
こんなものを書いてるバカがいて、それを読んで喜んでる大バカがいる
ってだけで自分はこいつらよりはマシだと思えるし、こういう連中を
撲滅するために頑張ろうっ!っていう気になるね。

22 :名無しさん:1999/12/24(金) 05:45
池田大作先生の著作全て

23 :>22:1999/12/24(金) 08:16
21へ。

24 :名無しさん:1999/12/24(金) 11:13
真面目に書こうぜ

25 :名も無き人:1999/12/24(金) 16:05
箒木蓬生の『閉鎖病棟』や天童荒太の『永遠の仔』など
を読んでいると、「人をこんなにいたわってあげたいと
思う心」が残っている事に気付いて優しくなれます。

そして「自分でも誰かの支えになれるんじゃないか?」
と、一日を踏み出す力が生まれます。

26 :名無しくん:1999/12/24(金) 22:49
マジやけど。

ランボオ「地獄の季節」
石原吉郎「望郷と海」
恥ずかしい〜(*^_^*)


27 :最高ですか?:1999/12/27(月) 03:27
福永先生の「億万長者になった男」。
ビデオでも可。


28 :>27:1999/12/27(月) 17:58
21へ。

29 :>『剣と寒紅』:1999/12/27(月) 22:39
http://asyura.com/bd4/msg/426.html

長い、長い、時間を置いて、
真剣に福島さんが書いている。
初老になったから書けた。
三島由紀夫の母上の最後が哀れだ。


30 :天藤真:1999/12/28(火) 07:58
『大誘拐』

31 :名無しさん:1999/12/29(水) 04:14
子母澤寛「二丁目の角の物語」

32 :名無しさん:2000/01/03(月) 07:58
三木清「人生論ノート」

なんか模範解答っぽくてイヤですね。でも実感。
今流行りの、「癒し」っぽい自己啓発本は、
苦しい時、弱ってる時は読まんほうがいいと思う。
洗脳されやすくなってる時だからね。




33 :一個目のはYA向けですが:2000/01/07(金) 01:18
「ウォーターシップダウンのうさぎたち」上下巻
「フラニーとゾーイー」

34 :一個目のはYA向けですが:2000/01/07(金) 01:20
「ウォーターシップダウンのうさぎたち」上下巻
「フラニーとゾーイー」
「デミアン」

35 :北杜夫なんてどうかな:2000/01/07(金) 06:55
「ドクトルマンボウ青春記」「ドクトルマンボウ航海記」
「船乗りクプクプの冒険」「白きたおやかな峰」あたり。
特に「クプクプ」はかなり、えーかげんな気分になれます。

36 :名無しさん:2000/01/12(水) 23:22
エッセイ。それも異性のほうのエッセイ。
中には勘違いして奇麗事しか書かないやつのもあるから注意しなきゃいけないけど。
男の俺としては塩野七生の「イタリアからの手紙」、「人びとのかたち」かな。
気持ちが大きくなる。
なんにしても、最初っから「この本を読めば癒される」みたいな歌い文句の奴は買う気にならん

37 :あき:2000/01/13(木) 01:31
エッセイということで、はずかしいけど、書きます。
島村洋子さんの『家ではしたくない』と『せずには帰れない』(双葉文庫)
下ネタいっぱいだけど、なぜか元気になります。

38 :名無しさん:2000/01/13(木) 05:18
「バカはサイレンで泣く」

39 :名無しさん:2000/01/13(木) 05:43
「モテたくて・・・」でも可。

40 :『昨日と違う今日を生きる』:2000/01/18(火) 05:27
千葉敦子さん。
感動したです。

41 :名無しさん:2000/01/20(木) 23:43
あげ

42 :名無しさん:2000/01/21(金) 11:09
橋本治の桃尻娘シリーズ。
特に「雨の温州蜜柑姫」
人生ってやり直しがきくんだよね。

43 :名無しさん:2000/01/21(金) 11:32
加藤諦三「人間的強さ・人間的脆さ」三笠書房

44 :名無しさん:2000/01/31(月) 07:31
北村薫「スキップ」。
前向いて生きていこう、という気にさせてくれます。

45 :田宮虎彦:2000/02/01(火) 15:00
「絵本」だったかな? 中学だか高校の現代国語の
一番最後のページにあった。ぜんぜん明るくないけど、
読んだ後@`どうしてもガンバラなくてはって思った記憶
だけが残っている。


46 :名無しさん:2000/02/01(火) 16:34
橋本治の一連のエッセイ。
「自分の人生なんだから、自分で責任とろう」と思いました。

47 :名無しさん:2000/02/02(水) 05:35
橋本治、人気だね。
あの人のエッセイとか人生相談とか評論は基本的に強い人向けだからねえ。
癒し系じゃ絶対ないところが、好きでもあるけど、近寄りがたくもある。

小説はまた違って優しい感じもするけど。面白い人ですわ。

48 :ハインラインの:2000/02/02(水) 21:41
「夏への扉」ハヤカワSF文庫。
とにかく傑作。

49 :ユーモアミステリ:2000/02/02(水) 21:56
トニーケンリックの全作品。「バーニーよ銃をとれ」とか「俺たちには今日がある」とか。
って絶版じゃないか。
角川さん、復刊お願いします。

50 :ユーモアミステリ:2000/02/02(水) 21:58
て言うと勘違いされちゃいそうだけど、トニーケンリックの全作品。
「バーニーよ銃をとれ」とか「俺たちには今日がある」とか、って絶版じゃないか。
角川さん、復刊お願いします。



51 :くるくる少女:2000/02/02(水) 22:06
ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」がいいですね〜

あと「24人のビリーミリガン」「ビリーミリガンと23の棺」を
両方読んでみるのも良いかも。

52 :>49@`50(笑):2000/02/02(水) 23:16
ケンリックって1年くらい前に3冊だけ復刊されたね。
角川ってすぐ品切れにしちゃうからなあ・・・
同時期に復刊されたウエストレイクはその後2冊追加復刊になったから
まだ望みはあるかも。

53 :名無しさん:2000/02/02(水) 23:23
加納朋子「ななつのこ」。
連作短編集ですが、「白いタンポポ」だけでもぜひ!

54 :49、50です。初心者で失礼しました。:2000/02/03(木) 20:50
解説にも書いてあったけど、ケンリックは夕飯食べた後、3〜4時間くらいで読み終わって
幸せな気分で床につけます。
しっかしこんな面白い本を埋もれさせている角川はどうなってるんだろ。
あっもう出たかもしれないけど「しゃべれどもしゃべれども」佐藤多佳子
もお奨め。



55 :名無しさん:2000/02/04(金) 07:06
佐中南風の『心の絵本』シリーズ。
なんか癖になる。自分に関係ない本も見たくなる。

56 :名無しさん:2000/02/08(火) 04:00
age

57 :「ハリー・ポッターと賢者の石」:2000/02/08(火) 07:03
児童文学だけど、久々に興奮した本でした。
子供の頃の澄んだ感情やダイレクトな感覚がよみがえって
心の垢が落ちたような気がしました。

58 :わらえるよ:2000/02/08(火) 09:18
ウォーレン・マーフィー“トレース・シリーズ”。
早川文庫HM。全7冊。後になればなるほど翻訳がこなれてきて、面白い。

俺の周りだとほとんどの人が知らないんだよなぁ。

59 :ハインライン:2000/02/10(木) 22:51
「夏への扉」
・・…。だめ?

60 :ライナス:2000/02/11(金) 06:32
『アンナの小さな神様』立風書房
こんな神様なら好き。

61 :名無しさん:2000/02/11(金) 06:42
「A型の人の心のいやし方」三心堂
……気配りのしすぎが癒される。

62 :名無しさん:2000/02/12(土) 05:41
原田宗典のエッセイ全般
ほのぼのするよ

63 :名無しさん:2000/02/15(火) 07:29
age

64 :名無しさん:2000/02/15(火) 08:29
劇薬。
「心臓を貫かれて」
どうしようもない鬱の時に読めば一気に回復かあの世への片道切符か。

65 :公募ガイドの:2000/02/16(水) 01:37
公募ガイドと言う本の、「おきてだらけの挑戦」
という公募の一般人入選者の作品

だれか知ってる?

66 :浅野しん八?:2000/02/16(水) 01:46
名前にじしんないけど
「人を好きになる好きにさせる心理学」
どうすれば異姓に気をもたすことができるかってやつです。
10代の時読んだけど、身になってない20代です
ようはモテません

67 :名無しさん:2000/02/17(木) 05:32
佐中南風の「血液型……」

イヤなことをされても、その人を許せるようになりました。

68 :名無しさん:2000/02/18(金) 03:18
あげ

69 :名無しさん:2000/02/19(土) 06:19
「自分を変える34の方法」

70 :みそじの女:2000/02/19(土) 19:41
20代のとき
『コッコロから』佐野洋子
『女たちのジハード』篠田節子
で、元気でました。

71 :名無しさん:2000/02/19(土) 19:49
やっぱ佐中の「……いやし方」
>自分を徹底的に受け入れられるよ。

もう出た?

72 :童貞野郎:2000/02/19(土) 22:50
漫画ではいけませんか。
「ヒューマン・スクランブル」
弘兼さん、昔はこんなにいいお話を描いていたのですねって、作画と原作は別人でした。
でも彼の写実的な画風はよいです。全巻持っています。

73 :名無しさん:2000/02/20(日) 03:08
「酒に呑まれた頭」吉田健一
こんなふうな考え方で生きられたら〜と。

74 :>71:2000/02/24(木) 07:19
出ました。>佐中の「いやしかた」

現実世界でも、ああいうふうに考えられれば楽になれるのにね。

75 :中島とみゆき:2000/02/25(金) 00:50
村上龍の「69」。大笑いできて元気が出てきます。薄いし
文章も読みやすいのでお勧めの一冊。

76 :フィニーの:2000/02/25(金) 01:32
「ふりだしに戻る」騙されたと思って読んでみて。
古き良きニュウヨークの時代にあなたを連れて行ってくれるよ。
漱石の「我が輩は猫である」落ち込んだときの私のお薬。

77 :名無しさん:2000/02/26(土) 03:36
ルンルン……

78 :名無しさん:2000/02/26(土) 20:47
山田詠美「アニマルロジック」
・・・女性向けだと思うけど、これ読んで元気になる男性もいないことは無いと。
   前向きになります。
司馬遼太郎「竜馬がゆく」
・・・とにかく爽やか! 竜馬が殺されるのは史実なので、最終巻を
   読むのは辛かったけど。日本と日本人も捨てたもんじゃない、と思いました。
  

79 :名無しさん:2000/02/26(土) 20:51
江國香織「きらきらひかる」
──というと、周囲からどうかしてると言われます(^^;)

80 :好きずきですね:2000/02/26(土) 23:14
佐中南風「心の絵本」

81 :そういえば:2000/02/27(日) 03:13
昔「きらきらひかる」の主人公(笑子の方)に似ていると言われた事が・・・。
あんなにおかしかったのか?高校時代の私は?

82 :名無しさん:2000/02/28(月) 05:41
age

83 :名無しさん:2000/03/08(水) 00:59
藤沢周平『蝉しぐれ』
なんというか、読み終わったあと爽やかになれる。
明るくなるのとはちょっと違うけど、心地よさは
最高。時代小説といって敬遠せず、ぜひ手にとっ
てみてください。最高の青春小説です。

84 ::2000/05/15(月) 01:11
武者小路実篤の作品。
読む度に清く正しく生きよう、と思う。思うだけだけど(笑)

85 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 17:21
スー・ハリスンのアリューシャン黙示録シリーズ
生きるのに命がけの古代の世界って読むと妙に力がみなぎってくる

86 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 17:24
花田清輝「鳥獣戯話」

87 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 18:08
司馬遼の「竜馬」を読んで幕末と竜馬が分かったと思う奴はドキュソ

88 :黄昏亭:2000/05/23(火) 01:16
T・マクナブの
「遙かなるセントラル・パーク」
絶対にお奨めするわ。

89 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 10:46
安部和重
「無常の世界」  爆!
笑いがとまりませんでした  

90 :とんぼ:2000/05/29(月) 02:55
ゴーゴリの「外套」

91 :とんぼ:2000/05/29(月) 02:56
じゃなかったアランの「幸福論」

92 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 04:55
agemashou

93 :名無しさん:2000/06/04(日) 18:21
75さんに同感。
龍の「69」。ああいう本はあれ以外は龍も
書いてないと思うから、そういう意味でも読んどくべき
本。おもろいよね。
バリ封やる時のうんちのとこ、
笑いこらえるとこの描写とかまじでうけた。

94 :新人A:2000/06/04(日) 22:16
PHP文庫

95 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 00:36
 文庫版の「69」。
 林真理子のそぼろウンコみたいな解説文が読めて、なお良いです。
 肝心の本編は、生まれたてのびちゃびちゃウンコ。

96 :1:2000/06/05(月) 05:01
江國香織の『きらきらひかる』。
落ち込んでいる時に読むと、なんだ、まだ大丈夫と勇気づけられる。

97 :「ふしぎをのせたアリエル号」:2000/06/05(月) 19:30
おとなにもこどもにも

98 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 23:12
佐伯一実
『ア・ルースボーイ』


99 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 06:23
「完全自殺マニュアル」
これ読んで自殺をやめた人は数知れず。

100 :アホかって思われそうだけど:2000/06/15(木) 12:52
「だからあなたも生き抜いて」
でも実話なんだよ実話!すごいって。
この手の本の中ではかなり元気出るはず。
とりあえず「五体不満足」よりはおもろいし。

101 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 09:42
女の人なら。
『ブリジット・ジョーンズの日記』

102 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 18:31
村上竜「走れ!タカハシ」 井上靖「あすなろ物語」
うーん、うーん……


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)