5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

全国諜報員に告ぐ!−面白いスパイ小説を教えて!!

1 :007:2000/01/23(日) 12:00
面白いスパイ・諜報小説をどなたか教えて下さい!
今まで自分が読んだのは、「龍の契り」「鷲の驕り」「ジャッカルの日」
最近では「亡国のイージス」です。
映画では、007シリーズが好きですね。
本格的あるいは、古典でも結構ですので、教えて下さい。007って小説に
なってましたっけ?それって面白いのかな??

2 :炎の転校生:2000/01/23(日) 12:23
フリーマントルの『消されかけた男』。
チャーリー・マフィン・シリーズの第一作にして最高傑作です。
『別れを告げに来た男』もいい。

007は最近ハヤカワから改訳版が続々出てますよ。読んだことないけど(笑)。
小説になっているというより原作です。

3 :リーアム・デブリン:2000/01/23(日) 16:53
 IRAのリーアム・デブリンと言う事でジャック・ヒギンズかとお思いでしょうが、
 実は私のお薦めはアリステア・マクリーンです。
 ただし、第ニ次世界大戦のヨーロッパ戦線にほぼ限定されてしまいますが。
 「ナバロンの要塞」「荒鷲の要塞」「ナバロンの嵐」等々。
 後書きにも書かれてるけど、自然の描写が実に良い。良い。

 でも、僕は、本当は、マクリーンで一番好きなのは「女王陛下のユリシーズ号」なんだな。

4 :007:2000/01/23(日) 18:48
>2
早速探してみます。
>3
どうもです。
ジャック・ヒギンズといえば、「鷲は舞い下りた」も読んだ事あります。


5 :『53』:2000/01/23(日) 20:23
スパイ小説なら、ル・カレを忘れちゃいけねえよ。
ジョージ・スマイリーこそが最高のスパイでござんす。

現場工作員なら、クレイグ・トーマスの生み出した、
パトリック・ハイドのシリーズ、
特に『闇の奥へ』(扶桑社ミステリー)をお奨めいたしやしょう。


6 :名無しさん:2000/01/23(日) 20:44
 >4
 ヒギンズの作品では「鷲は舞い降りた」が確かに有名ですね。
 映画にもなりましたし。
 続編の「鷲は飛び立った」の方でデブリンとシュタイナーコンビ
 が再び復活しますが………映画化は多分ないでしょう。
 しかし、ナチス+IRA対イギリス諜報部のお話なんですが、スパイ小説
 なのかなぁ〜。ヒギンズの作品って……。
 >5
 ジョン・ル・カレかァ。
 確かに忘れてはいけない存在ですねぇ。
 ル・カレ自身がモノホンのスパイですから。


7 :『53』:2000/01/23(日) 20:52
ル・カレ、グレアム・グリーン、クレイグ・トーマス、
ジョン・ガードナー、フリーマントルetc・・・。
だいたい、エスピオナージュってえのは、
イギリス人のお家芸でござんすねえ。
ビル・グレンジャー『スパイたちの聖餐』てのも、


8 :『53』:2000/01/23(日) 20:53
在りやしたが、これはアメリカ人でござんす。

9 :『53』:2000/01/23(日) 21:00
連続書き込みで申し訳無え、勘弁しておくんなせえ。

ジョン・ガードナーで思いだしやしたが、007の旦那、
ガードナーのハービィ・クルーガー4部作、

『裏切りのノストラダムス』
『ベルリン二つの貌』
『沈黙の犬たち』
『マエストロ』(以上、創元推理文庫)

はスパイ物の大傑作でさあ。
是非是非お読みになっておくんなせえ。

10 :高村薫の:2000/01/23(日) 23:18
「リヴィエラを撃て」
ちょっと重々しく読み辛い感があるが、この重々しさが
スパイものらしくてよかった。
この人に関してはいろいろ賛否両論あるけど、俺には面白かった。
「マークスの山」よりおもろいかも・・・。



11 :サマセット・モームの:2000/01/23(日) 23:48
『アシェンデン』(ちくま文庫)
これも古典ですかねえ。第一次大戦中、英国諜報部員として、ジュネ
ーブで活動したというモームが、自身の体験を元に書いた小説。

かのゲッペルスが、「いかに英国人が狡猾で陰謀にたけているかは、
この本に如実に示されている」と言い、また、英国情報部の教科書と
しても採用されていたこともある『アシェンデン』。
どうです、面白そうでしょ?

なお、以上は、巻末の訳者あとがきに基づいております。



12 :梅4号:2000/01/24(月) 02:23
ちょっと変化球だけど、クィネル「イローナの4人の父親」(新潮文庫)
後は、ロス・トーマスの「黄昏にマックの店で」とか(スパイ小説とは
ちょっと違うかもしれないけど、傑作だからおすすめしときます)。
>9
「マエストロ」はほんと面白かった(いや「マエストロ」しか読んでな
いので)。めっちゃ長いので、時間はかかったけどその価値はありまし
たね。ラストは悲しかったなあ。


13 :007:2000/01/24(月) 09:24
>53
丁寧なレスをありがとうございます。
ひょっとして、落語とかやっていらっしゃるんでぇ?
私007より、ジョージ・スマイリー氏のほうが最高と。(笑)
とにかく私のエージェントにさっそく購入させますです。
>10さん
「リヴィエラを・・」はそういえば読んでます。高村さんらしい、
重厚で、長編のものでした。良かったと思います。

映画では、007シリーズとかミッションインポッシブルとかトゥルーライズ
とか言った、主人公が紳士的でユーモアがあって色男系が好きですね。
なんかストーリーが全体的にゴージャスな感じの。(ミーハー系ですかね・・)

それとトム・クランシーってどう思いますか?
自分は、ディテールが細かくて、結構好きなんですが・・・。

14 :『53』:2000/01/24(月) 12:25
007の旦那、
クランシーは、『クレムリンの枢機卿』が
スパイものでござんしたねえ。
あっしも好きでござんすよ、

11の旦那、
『アシェンデン』読んでおりやせん。
有り難うさんでござんす。早速読んでみまさあ。

梅4号の旦那、
ガードナーでござんすが、ホントのところ、
『マエストロ』は前3部作の後日談でござんすから、
是非、前の三作をお読みんなっておくんなせえよ。



15 :007:2000/01/24(月) 12:58
暗号「53」の旦那、
「クレムリンの枢機卿」はまだ読んでないです。
クランシーのは全体的にCIAとかがでてくるんですけど、
あれはスパイものとは言ってはいけないのですか?
幅を広げて、軍事諜報物も募集させていただきます。
通信終わる。

16 :『53』:2000/01/24(月) 13:13
007の旦那、
ジャック・ライアンのシリーズは、通してお読みになったほうが
よござんす。(この時の人物がアノ時にああだった人物etc)

軍事といえば旦那、
ノンフィクションでござんすが、
『SAS戦闘員』
『ブラヴォー・ツー・ゼロ』
『強襲部隊』(以上 早川書房)
は必読でござんすよ。
あっしなんざ興奮しちまって、
「こいつぁてえへんだ!こうしちゃいられねえ!」
と家ん中走りまわっちまったんで。

17 :007:2000/01/24(月) 13:40
>「53」
ジャック・ライアンシリーズは映画「パトリオットゲーム」や
「レッドオクトーバーを追え」でファンになり、一応読んでます。
実際はどうか知らないけど、あの詳しい兵器の記述には、まいります。
ライアンが大統領になるなんて・・・・
アナリスト時代のライアンが好きでした。

>16のノンフィクション、頂きます。

通信終わる。

18 :『53』:2000/01/24(月) 14:15
何しろ、“国家公務員機密保持法”により
英国政府より発禁処分を食らったってえ代物でござんす。

19 :007:2000/01/24(月) 15:31
>18
えっ?そんな本(16の)、まだ売っているのですか?

20 :『53』:2000/01/24(月) 15:53
その後、裁判を経て発禁解除になりやした。
二冊目は一冊目の続きみてえなもんでござんすが、
その『ブラヴォー〜』がもう、面白えのなんのって!

21 :炎の転校生:2000/01/24(月) 16:02
ノンフィクションだと『スパイ・キャッチャー』ってのも
英国で発禁になってなかったっけ?
朝日文庫で普通に手に入るけど(笑)

22 :007:2000/01/24(月) 17:25
>ALL、「53」の旦那、応答願います。

で、スパイの主人公で、ハートの熱いのってありますか?
人間臭さがでている主人公のもの。

アウト・・・・

23 :>16:2000/01/24(月) 17:41
同感
SASものはおもろいですなあ。
そいうそう、発禁になったことありましたよね。
『SAS戦闘員』
『ブラヴォー・ツー・ゼロ』
は著者同じだっけ?
あと、スカッドミサイルの発射基地を探して攻撃を加えるっていう
ノンフィクションもよかった。タイトル忘れてしまった。

>1
あと、落合信彦のフィクション(半分ノンフィクションっぽい)が
おもしろいですよー。

24 :『53』:2000/01/24(月) 17:52
007の旦那、
>で、スパイの主人公で、ハートの熱いのってありますか?
>人間臭さがでている主人公のもの。
前記しやしたが、それこそがクレイグ・トーマス書くところの
パトリック・ハイド物(ケネス・オーブリー物とも言う)で
ござんすよ。『闇の奥へ』必読でござんす。

ル・カレの『寒い国から帰ってきたスパイ』も人間味があって
よござんす。

23の旦那、
>スカッドミサイルの発射基地を探して攻撃を加えるっていう
>ノンフィクションもよかった。タイトル忘れてしまった。
それこそが『ブラヴォー〜』でござんすよ。

25 :>24さん:2000/01/24(月) 19:43
いやあ、失敬失敬。
ご指摘ありがとうございました。

26 :『53』:2000/01/24(月) 22:24
いや、25の旦那、
イラク側に捕まったのが『ブラヴォー〜』の著者で、
捕まらず逃げ切った同チームのSAS隊員の手記もありやす。

また、同じSASでも別チーム(高速車両部隊)で、
爆破に成功した隊員の手記も最近出版されたようでござんす。

あっしこそ言葉が足りねえせいで、混乱させちまったい。
申し訳無え、堪忍しておくんなせえ。

27 :>「53」の旦那:2000/01/25(火) 09:04
まさか、実は、本当はスパイなんですか?

28 :『53』:2000/01/25(火) 11:40
いや、とんでもねえ!
あっしゃあ只の、粋な江戸っ子でござんす。
神田の生まれたァ言わねえが、
霞町は愛育病院で産湯を使いやしたんで。

おっといけねえ、スパイに関係無えこと喋っちまったい。
どうも江戸っ子はお喋りでいけねえや。

29 :名無しさん:2000/01/26(水) 10:40
『SAS戦闘員』
『ブラヴォー・ツー・ゼロ』
は、まだ手に入るのですか??


30 :『53』:2000/01/26(水) 11:34
名無しの旦那、もちろん手に入りまさあ。

『SAS戦闘員』
『ブラヴォー・ツー・ゼロ』
 二冊ともアンディ・マクナブ/伏見威蕃訳 早川書房刊

書店で取り寄せておくんなせえ。

『強襲部隊』マーク・ボウデン/伏見威蕃訳 早川書房刊
もできれば御一緒にどうぞ。
ソマリア内戦下のモガディシュで孤立したデルタフォースの
壮絶な生き残り戦闘の話でござんす。
米パイロットの遺体をソマリア市民が街中を引き摺りまわす映像が
CNNで放送された、アノ事件でござんすよ。 

31 :>53の旦那:2000/01/26(水) 17:00
旦那は、詳しそうなので、聞きますが、
CIA、NSA、FBI、KGBといった組織の実態みたいなものが
書かれていて、お勧めの書なんかご存知?

32 :『53』:2000/01/26(水) 21:23
31殿、
    それがし、不勉強にて実は詳しくござらぬ。
    冒険小説やスパイ小説、ハードボイルド物等が
    大好きゆえ、いつのまにか偏った中途半端な知識が
    身についただけでござる。
    知ったかぶりはできぬゆえ、ご勘弁を願いたい。
    それがし不覚を恥じる次第でござる。
   
    なれど、CIAやKGBについては、たしか
    フリーマントルかル・カレが解説書のようなものを
    著していた気がするが、やはり記憶に自信ござらぬ。
    貴公ご自身にて検索されるが宜しかろう。
       

33 :『53』:2000/01/27(木) 02:00
不覚を恥じる→不明を恥じる、でござったな。
恥の上塗りでござるなあ。

34 :005:2000/01/27(木) 14:55
近所のスレッドで「カーラのゲーム」が絶賛です。
53さん、炎の転校生さん読みました?SASもの見たいです。

35 :炎の転校生:2000/01/27(木) 21:36
あれだけパタパタ煽られたら、読まないわけにはいかないでしょう(笑)
というわけで、早速買ってきました。上下本は久しぶりだなあ。
いつ読み終わることやら・・・(実はけっこう遅読だったりして)

#007は創元も出してました。

36 :『53』:2000/01/27(木) 22:41
005殿、炎の転校生殿

それがしも昨日、購入いたした。
なれど、コーンウェルの新作やR・ゴダード等、
“つん読”状態の本を先に読まねばならぬゆえ、
先に行ってくだされ。

それがしも高校生の時分、フレミングに夢中になり申した。
なにせ、酒の味もろくに判らぬくせに独りでバーに行き(大冒険)、
「ウオッカマティーニをシェイクで。」とほざいておったでの。
無論ジンで出されても気付く訳も無く、すぐにベロベロになって
帰されておった・・・・。切腹ものでござるな(大恥)。

チャンドラーにハマったときは、無論ギムレットで同じように
ベロベロになりながら、マーロウの台詞を呂律の廻らぬ口で
披露しておった高校生時代でござる。

37 :007:2000/01/27(木) 23:07
005も登場と。今は亡きミスターQも出てこないかなと。
私も「カーラのゲーム」今日買いました。
もちろんつん読状態です。「SAS戦闘員」「ブラヴォー・ツー・ゼロ」
も発注済み!みなさんのお陰でございます。
アウト・・・

38 :かーらの1です:2000/01/27(木) 23:53
煽ったわけじゃなくて、
でも読んでくれて嬉しいです。
薦めたくなる本なんですよ。
「警告」ほど、平積みになりませんしね。
53さん、先に読んでね。

39 :『53』:2000/01/28(金) 00:00
か−らの1殿、
      心得た。
      来週中に読むゆえ、その際は
      感想レスに付き合うてくだされ。


40 :>37:2000/01/28(金) 00:03
37さんも、先に・・。

41 :炎の転校生:2000/01/28(金) 00:10
>38さん
「煽る」ってのは2chではあまりいい意味では使いませんね(笑)。
俺としては「読む気にさせてくれるような書き込み」というような
意味で使ったんで、そのように解釈してください。
レスの人たちも含めて。

42 :>「53」さま:2000/01/28(金) 05:07
CIAやKGBの解説本は、フリーマントルです。新潮選書から出てます。新潮選書からは下記の4冊が出てます。

産業スパイ―企業機密とブランド盗用
ISBN:4106003538
Fix 世界麻薬コネクション
ISBN:4106002965
CIA
ISBN:4106002701
ブライアン・フリ−マントル;新庄哲夫
KGB
ISBN:4106002469


あともう一冊新潮選書から。これも面白かったです。
暗号の天才
ISBN:4106002159
ロナルド・ウィリアム・クラ−ク;新庄哲夫


43 :007:2000/01/28(金) 09:13
>42、みなさん
いろいろな情報をどうもです。
みなさんもご存知とは思いますが、書籍検索のHPを以下に。

http://www.trc.co.jp/trc-japa/search/trc_www.asp



44 :007:2000/01/28(金) 09:31
>36の「53」
そういえば、自分もそんなことが。
西部ものが好きで、アジアの某国のバーで塩とライムをさかなに
ショットでテキーラを。
良い按配にベロンベロンでありました。ハハハ

45 :007:2000/02/17(木) 09:39
「53」の旦那、「53」の旦那、応答願います!

えー、「ブラヴォー・ツー・ゼロ」入手し、読んでます。
これは凄い。文章も構成も作家並みのうまさ。
余計な言いまわしもなく、簡潔で、充分なことが書いてあります。
映画の世界のような実話ですね。これはいい。
おっと、ミステリー板にもお越し下さい。
待ってます。
OUT・・・・

46 :名無しさん:2000/02/18(金) 01:49
佐々木譲の太平洋戦争3部作(新潮文庫)
船戸与一の作品いっぱい
志水辰夫の『飢えて狼』(講談社文庫)

47 :>53のだんな:2000/02/19(土) 03:54
カーラのゲームの評価は如何でござんした?
あちきは今いちでござんした。
53のだんなのにこれからもついて行くつもりですんで
だんなの教えて下さる本はどんなことがあろうと手に入れて読むつもり
なあちきでござんす。よろしゅ、お頼みもうします。

48 :『53』:2000/02/20(日) 18:03
007殿、47殿、
   無沙汰を致し誠に相済まぬ。許されい。
   カーラのゲームでござるが、
   それがし、人に奨めるためプレゼント用に購入した
   藤沢周平を不覚にも読み耽ってしまい、
   先日、漸く読み始め、現在上刊の236頁でござる。
   昨夜出張中の新幹線の車中で、126頁辺りを読むうち、
   不覚にもウルウルしてしまい、恥ずかしい思いを致した次第。
   (それがし感情移入し、入り込んで読むでな。)
   「ブラヴォー(英SAS)」と「強襲部隊(米デルタ)」を
   読み比べると顕著でござるが、やはり英国人には
   騎士道精神が今だ生き残ってるのでござろうな。
   

49 :『53』:2000/02/20(日) 18:23
47殿、いまさらかも知れぬが、
   「極大射程」
   「ブラック・ライト」
   「狩りのとき」     スティーブン・ハンター
のシリーズはお読みになられたか?  

50 :梅吉:2000/02/21(月) 02:25
『ブラヴォ・ツー・ゼロ』を注文しましたえ。
「極太射程」 「ブラック・ライト」 「狩りのとき」は
 幸い読んでおりますえ。
 ブラック・ライトが一番よろしゅうおました。
もう戦争シーンやスナイパーやスパイ物でなまじな濡れ場のない
男だらけのがよろしゅおす。あちきは女の世界で生きてますさかいに
男はんの理屈抜きのバンバン弾が飛び交うのが好みどす。
藤沢せんせい すきどすわ〜
53さまが何処のスレッドへいかれましょうと探しますえ。
かなわんわ〜ストカーじゃおへんえ。


51 :『53』:2000/02/21(月) 10:56
梅吉どの、
    かように御支持を賜り、恐縮至極にござる。
    それがし、以前は「あめぞう」住人にて
    “北風と空気”、又は謎の江戸弁遣いとして
    寄宿しておったが、
    昨年末より、いささか詰まらなくなってきたゆえ、
    2chデビューと相成った。良しなに頼み入る。
    『53』とは、初見参のバイク板、某スレッドで
    最初の書き込みが53だったからでござる。

    文学に全く関係の無い書き込み、誠に相済まぬ。

52 :『53』:2000/02/21(月) 11:35
連続カキコ御免。
 梅吉どの、
  されば、やはり『闇の奥へ』クレイグ・トーマスをお奨め致す。
  主人公のハイドはSAS出身のSIS(MI6)現場工作員。
  トーマスの作品はJIC、SISの長サー・ケネス・オーブリー
  を中心に、彼が率いる男達がそれぞれ主人公となる各シリーズ
  に枝分かれしておる。(『闇〜』はシリーズ中期の大傑作)
  ex.
  パトリック・ハイドもの 『レパードを取り戻せ』
              『ジェイド・タイガーの影』
              『闇の奥へ』etc.
  ミッチェル・ガントもの 『ファイア・フォックス』
              『ファイア・フォックスダウン』
              『ウインタ−・ホーク』etc.       
  リチャード・ガードナーもの
              『狼殺し』
              『DC−3の積み荷』etc.
  登場人物達や事件が重なり合うておるゆえ、
  時系列に沿って読み進むが宜しかろう。

53 :梅吉:2000/02/21(月) 18:42
>『53』様 参る
ご教授下さったものは全部、必ず近日中に書店にて
手に入れますえ。今からぞくぞくでござんすえ。
『53』様からご返信戴けるなんてもうもう、感激でありんす。
他の方々お許しなさんておくれやす。
どうぞこれからもよろしゅうに・・・・
             あら あら かしこ

54 :007:2000/02/22(火) 12:48
>梅吉さん
ミステリー板に来てください。

55 :梅吉:2000/02/22(火) 17:46
>007さま
  お許しくださいね。
>『53』さま
 これからもずっとファンです。
  
  

56 :梅吉:2000/02/23(水) 02:42
そして誰もいなくなった・・・。
>007さんが新たなスレッド立ててくださりほっとしてます。
>53どのにふぁんれたー送っちゃいましてご迷惑かけました。
  こんどこそ目立たぬようにいたします。

57 :『53』:2000/02/23(水) 02:59
梅吉どの、
    過ぎた評価でござる。何ほどの事もござらん。
    なれど、この手の小説を奨め合い語り合う友達を
    久しく探しておったゆえ、
    そなたや007殿、また冒険、スパイ、
    ハードボイルド小説好きの御歴々と、
    当板にて邂逅できたことは望外の幸せでござる。 

58 :『53』:2000/02/23(水) 03:08
さて、梅吉どの、
    あまりにも名作中の名作ゆえ、殆ど
    お読みになられておるとは存じるが、
    「鷲は舞い降りた」     ヒギンズ
    「深夜プラス1」      ライアル
    「女王陛下のユリシーズ号」 マクリーン
    「興奮」          フランシス
    「シブミ」         トレヴェニアン 
    などは如何でござろう。 
       

59 :梅吉:2000/02/23(水) 03:29
『53』さま
   いまいちどの文おゆるしくだしゃんせ。
   名無しにもどったり うめ と小さくしるしたり
   『53』さまの出没するところ 影のごとくに
    ついて歩いておりまする。
   スターなる人々にこころときめかすひとがどうにも
   理解できませなんだがやっとわかりましたぇ・・
   もしレス名をお替えになる時は梅吉にヒントをかならずや
   残してくださいますように・・お願いどっせ。
   007さまがお優しくてほっといたしました。
『53』さま >何ほどの事もござらん。
        そのひとこと、男の中の男  やはり惚れました。

60 :『53』:2000/02/23(水) 03:45
梅吉どの、
    女子が、かように「惚れた」など申してはならん。
    武家をからかうものでは無い。
   
    さて、冒険ワクワクものならば、
    「タイタニックを引き揚げろ」を代表作とする
    カッスラーのダーク・ピットシリーズ が宜しかろう。

    ほかには、軍事カーアクション?シリーズの
    「A10奪還チーム出動せよ」
    「サムソン奪還指令」
    「鉄血作戦を阻止せよ」S・L・トンプソン
    のカーチェイスは、作者が元レーシングドライバーだけに
    読んでる内に何時の間にか夜が明けてしまうほどの迫力。

61 :梅吉:2000/02/23(水) 03:55
ここでは梅吉でお話してもよろしゅおすの?
この版なくなるまで使わせていただいても?
トレヴェニアンは「夢果つる街」しか読まずおりました。
「シブミ」読みまする。「深夜プラス1」は読んでおりまする。
フランシスも。他のご教示くだされたのは未読。
『53』さまの読書量と多岐に渡るジャンルの知識
・・・近日中に紀伊国屋で探しまする  

62 :梅吉:2000/02/23(水) 04:30
『53』さま からかうなぞとは・・めっそうもございません・・
でも 気をつけます。嬉しくて嬉しくて・・つい・・
他でもどこでも気をつけますからお許しを。
わたしが『53』さまに教えて差し上げる本がないのがうらめしい。


63 :007:2000/02/23(水) 12:31
「53」殿、梅吉殿、
夜更かしは、およしなされ。
とくに梅吉殿、美容によくないですぞ。

64 :007:2000/02/23(水) 12:34
>57の「53」
(泣)・・・・

65 :『53』:2000/02/23(水) 13:54
や、梅吉どの、
     そなたも、なかなかの読み手でござるな。
     相手にとって不足は無い。
     一手、いや一冊・・いや三冊御指南(御教示)
     頂きとうござる。いざ! 

66 :梅吉:2000/02/24(木) 03:58
>『53』どの

       きっと見つけて見せまする。
          既に一冊は・・
        残るは二冊・・・「ため息」・・
>007さま 申し訳ございませぬ。

67 :『53』:2000/02/27(日) 01:30
シンデレラボーイ殿、
     ようこそ参られた。

68 :梅吉:2000/02/27(日) 01:48
お久しゅうございまする。『53』殿。
さきほど、何処かですれちがいましたような・・
ご迷惑をおかけしたのではと心細うおもうておりました。
「ブラボー・ツー・ゼロ」「リモート・コントロール」読了。
「闇の奥へ」はこれから。『53』さまお薦めの本は全て読破いたします。
更にご教示くださいませ。いかようなるジャンルのも読みまする。

69 :レッド・オクトーバー:2000/02/27(日) 11:15
フレデリック・ホーサイス「騙し屋」はいかが。
結末の渋さでル・カレ「ナイト・マネージャー」

70 :『53』:2000/02/28(月) 03:32
「あげ」でござる。

71 :名無しさん:2000/02/28(月) 20:05
あげてあげる

72 :スパンコールのシンデレラボーイ:2000/02/29(火) 00:41
>67(『53』殿)
えっ? (なんでわかったんすか?・・笑)
すごいビビッた(苦笑)
こんばんは(笑)
>23
自分も落合信彦好きっす(ノンフィクションだけでなく、翻訳したやつもいいっすね)
フリーマントルも昔読みました
でも、やっぱり(ミステリーの方に書いたけど)『針の眼』がいい
主人公が好きなんす



73 :>72:2000/02/29(火) 02:01
私も高校生のころ落合読んでた。
最近のは読んでないけど。

74 :猛者度:2000/03/01(水) 00:37
ここってレス読んでいて結構レベル高いと思っていたのにさ
落合信彦なんてまだ読んでるのか。
やっぱり君たち只のオタクたちなんだね。
映画スレッドへ行け。君らの愛する傭兵やスパイやグリーンベレーが
激しく戦ってるぜ。

75 :『53』:2000/03/01(水) 01:26
猛者度殿、
   貴公、(読み手として)腕に覚えありと申されるなら、
   かように斜に構えておらんで、
   オススメ本の二、三冊紹介なされい。

76 :スパンコールのシンデレラボーイ:2000/03/01(水) 02:23
>猛者度殿
えっ、落合はダメなんすか・・

77 :くろすけ:2000/03/01(水) 09:01
お薦めスパイ本です。
●ギイ・テセール「女テロリストを殺せ」
逃亡中の女テロスリトを逮捕あるいは殺害すると過激派から報復措置がある。
そこでドイツ情報部はフランス情報部に、フランス国内でのテロ計画と犯人
名簿を交換材料に、女テロリストをドイツ国外で政治的な匂いがしないかた
ちで処刑することを要請した。フランス情報部は痴情沙汰に見せ掛けて女を
殺害することを計画。哀れなカモにされた男と女の逢瀬がシミジミよい。男
の愚直さゆえに計画は失敗するのだが、最後のドンデン返しも絶妙。


78 :落合:2000/03/01(水) 10:30
初期のものはよかったと思う。

79 :スパンコールのシンデレラボーイ:2000/03/02(木) 01:00
>78
今がダメなんすね・・
>猛者度殿&『53』殿
モサド物の傑作を教えて下さい

80 :『53』:2000/03/02(木) 01:52
ノンフィクションでござるが、
「標的は11人」ジョージ・ジョナス
ミュンヘンオリンピックの際、選手村を襲撃しイスラエル選手団を
皆殺しにしたテロ組織「黒い九月」の指導者達を暗殺するため、
訓練され送り込まれたモサド工作員達の死闘でござる。

他スレッドでも紹介なさった御仁がおられたはず。


81 :名無しさん:2000/03/02(木) 05:49
↑はメチャ面白かった。同じくノンフィクション物で「総統のスパイ」
もお薦め。針の目のモデルとなった親衛隊のエージェントの話。歴史
を変える寸前間で肉迫した男の物語。

82 :名無しさん:2000/03/02(木) 05:52
西木正明の『梟の朝』ってフィクション?ノンフィクション?
わかんないよー

83 :007:2000/03/02(木) 17:21
ミステリ板の下記に移動しましょう!スレッド立てました。
今後ともよろしくお願いします。

http://www.jbbs.net/2ch/test/read.cgi?bbs=mystery&key=951985143

84 :>80:2000/03/03(金) 00:53
それ頂き!面白そー

85 :スパンコールのシンデレラボーイ:2000/03/03(金) 01:20
>『53』殿
『標的は11人』最高っすね(自分も読みました)
というか、それでモサドにハマったのであります
>81
『総統のスパイ』は知らなかったです
どうもありがとうございます(めちゃ興味持った)
針の目自分も好きなんす

86 :スパンコールのシンデレラボーイ:2000/03/03(金) 01:22
>81
すいません
著者名と出版社を教えて下され(笑)

87 :消えてしまうのは偲びない気がして:2000/03/07(火) 17:30
age

88 :005:2000/03/09(木) 06:00
頑張って探しましたぞ。「憂国のスパイ」ゴードン・トーマス
面白いかどうかはわかりませんので。読んだ方はいらっしゃるんで?



89 :だから:2000/03/09(木) 06:06
スパンコールのシンデレラボーイ(長すぎますぅ〜)さん
「標的は11人」の出版社を教えてぇ〜。

90 :シンデレラボーイ殿代理『53』:2000/03/09(木) 11:17
だから殿、
   新潮文庫でござるよ。

91 :名無しさん:2000/03/11(土) 02:29
>くろすけさん
今更ですが「女スパイを殺せ」文庫ですか?
>90代理さん 了解しました。良かった、文庫ですね。

92 :消えてしまうのは偲びない気がして :2000/04/27(木) 04:04
ageU

93 :フォレットの:2000/04/27(木) 09:37
レベッカの鍵、トリプル。

94 :名無しさん:2000/04/28(金) 18:49
中国のスパイ物もあるよ。陳舜臣と伴野朗あたりかな。

95 :最高の:2000/04/28(金) 21:34
スパイ小説は

プリンス・マルコ シリーズ

に尽きる。

96 :名無しさん:2000/05/02(火) 05:06
ウォゥフガング・ロッツ『スパイのためのハンドブック』
ハヤカワ文庫NF
ちょっと違うかもしれないけど。
作者は自称元・モサド諜報員。でもネットオカマもいる時代だしなー。
地味ーなスパイ生活が書かれてます。
「スパイ能力テスト」は良かったけど。

もう廃刊かも
古本屋の100円コーナーでどうぞ。

97 :『53』:2000/05/04(木) 17:44
某板固定殿、こちらでござるよ。

98 :名無しさん:2000/05/05(金) 04:10
フレデリック・フォーサイスの5冊シリーズの
退職の査問にかかった渋いスパイの話はおもしろかった。
 ところでKGB文書の大量の写しをもとにした本の刊行は
どうなったのかしりませんか?
昨年、イギリスでその文書から老婦人や大学助教授、刑事などが
スパイだった事が明らかになり、
BBCやABCナイトラインでニュースになっていたけど。。。

99 :河童文庫堂:2000/05/16(火) 18:02
どうも始めまして、スパイ小説系では、マイケル・バー=ゾウハーを忘れてはいけません。特に初期の作品「パンドラ抹殺文書」、「エニグマ急襲指令」等はとてもレベルが高く、意外な展開、どんでん返しが楽しめますよ。それから、個人的には、ロバート・リテルの「チャーリー・ヘラーの復讐」新潮文庫がお勧めですよ。恋人を殺されたCIAの暗号解読係がたった一人でテロリストに立ち向かうという内容ですが、なかなか泣かせてくれる作品です。

100 :初心者ひかないでね(^^:;):2000/05/24(水) 00:46
ブンガク版の一服の清涼剤。
テレホ時間でもアクセスしやすいので、一応、ageときます

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)