5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

佐藤亜紀命!

1 :天然八歩:2000/01/29(土) 22:14
わたしがひそかにお慕いしております佐藤亜紀様について、
皆様はどのようにお感じなのでしょうか?
ぜひご意見をうかがいたく存じます。

2 :名無しさん:2000/01/29(土) 23:42
佐藤亜紀様最高!私も愛しております。

3 :名無しさん:2000/01/29(土) 23:56
HP更新しないのかな・・・。
http://www.momoinfo.com/tamanoir/

4 :名無しさん:2000/01/30(日) 00:02
モンティニーの狼男爵、男にとってはイタタタタな内容。
とくに小娘を誘惑しようとして失敗するところ。
なんつうかマゾな快感でした。

5 :梅4号:2000/01/30(日) 02:23
佐藤亜紀はいいよね。「戦争の法」は最高! 「1809」も
好きだなあ。


6 :名無しさん:2000/01/30(日) 04:07
エッセイの時の性格の悪さも魅力です。
でも食事をご一緒したいとは思わん。怖いもん。

7 :HAL9000:2000/01/30(日) 05:58
斜に構えたものいいがあざとい。

 命どころか金をかけるまでもない

8 :天然八歩:2000/01/30(日) 08:34
皆さんレスありがとう。
ファンの人が多くて心強いです。
>6さん。エッセイも確かに素敵です。「でも私は幽霊が怖い」とか

9 :名無しさん:2000/01/30(日) 09:01
>8
命は大切にしたほうがいいよ〜。
佐藤亜紀ごときで死んだら、「ナンセンス・自害」として
ある意味おもしろいけど。少なくとも、いかにもいかにも的な
罵詈雑言で文壇の世渡りをしている佐藤亜紀の小説よりは面白い。



10 :天然八歩:2000/01/30(日) 10:09
別に死ぬ気はないんでご心配なく(^_^;)
しかし佐藤亜紀様は「文壇の世渡り」という程売れているんでしょうか?

11 :名無しさん:2000/01/30(日) 10:37
佐藤亜紀様 佐藤亜紀女史 佐藤亜紀大明神様

皮一枚でなんとか文壇との生命線を保っているようです。

夫が年の割にはふけているのがキになります。大丈夫でせうか。

12 :名無しさん:2000/01/30(日) 14:57
罵詈雑言で世渡り・・・?
毒舌だけが芸ならばそれもあるかもしんないけどなあ。
良く分からないが小説が面白いので別にどうでもよろしい。

13 :名無しさん:2000/01/30(日) 14:59
>斜に構えたものいいがあざとい
そこがかわいいんじゃないか。

14 :ええと:2000/01/30(日) 15:03
はじめまして。
佐藤亜紀様はどんな小説を書いていらっしゃるのでしょうか?
よかったら、タイトルや出版社など教えてください。
このスレッド見てて興味が湧いたもので。

15 :名無しさん:2000/01/30(日) 15:17
http://www.momoinfo.com/tamanoir/list.html
にあるのと、

皆殺しブックレビュー 四谷ラウンド(福田和也、松原隆一郎との共著)
でも私は幽霊が怖い 四谷ラウンド(エッセイ)
ブーイングの作法 四谷ラウンド(エッセイ)
くらいでしょうか。
戦争の法とバルタザールの遍歴は新潮文庫で出ています。
戦争の法の方がおすすめでしょうか・・・。

最近エッセイの刊行が続いているのが気になる。
メッテルニヒの自伝を早く書き上げて新しい小説を書いて欲しい・・・。

16 :名無しさん:2000/01/30(日) 15:19
それからエッセイでは略奪美術館と陽気な黙視録がおすすめです。
佐藤亜紀の偏った(そこがいいんじゃないか)芸術観が堪能できます。

17 :名無しさん:2000/01/30(日) 15:23
皆殺しブックレビューはおすすめできない・・・。
批評としては乱暴で偏狭だと思う。他のを先に読んでくださいゼヒ。

18 :名無しさん:2000/01/30(日) 15:24
うわ。なんでメッテルニヒの自伝なんて書いちゃったんだろ。
伝記ですねもちろん。

19 :14:2000/01/30(日) 18:05
おおっ!早速レスが。
みなさんありがとうございます。早速ブックオフで探してみます。

20 :童貞野郎:2000/01/30(日) 19:00
>17 無着正恭師のことをボロクソけなしてましたね。
この人の妙な自信の根拠はどこからくるのかなあ。

21 :天然八歩:2000/01/30(日) 20:39
>20
座談会だと場の雰囲気でつい言い過ぎてしまうこともあるんだと思います。
17さんのいうとおり、皆殺しブックレビューだけで亜紀様を判断しないでください。


22 :名無しさん:2000/01/30(日) 22:56
佐藤亜紀はぜひ小説から読んでいただきたいです。
エッセイの毒舌も、あの佐藤亜紀がいうならしょうがないかなー。
というところが結構あります。

23 :名無しさん:2000/01/31(月) 01:13
少女趣味です。

24 :名無しさん:2000/01/31(月) 01:50
佐藤亜紀を少女趣味という人がいるとはおもわなかった。
俺は小説読みながらこの人男じゃねーのかと何度も疑ったんだが。

今はあのしたたかさは女性特有の物だなーと認識を改めている。
男がかなうあいてではないですな。うひゃひゃ。

25 :名無しさん:2000/01/31(月) 13:46
9号の服が体に合わず、「なんで11号を差別するのか」と
怒り狂うエッセイ(「でも私は幽霊が怖い」に収録)に激しく
共感しました。

26 :名無しさん:2000/02/01(火) 01:37
>23
そんなあなたにこそ「モンティニーの狼男爵」がおすすめです。

27 :天然八歩:2000/03/11(土) 18:23
亜紀様の新刊 「検察側の論告」が出ました。
こんどは書評集です。
エッセイ集の中ではこれが一番すごいかもしれません。
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=00009579

28 :名無しさん:2000/03/13(月) 13:51
うおう。買ってこなくては。

29 :>27:2000/03/13(月) 16:16
表紙はオオアリクイだろうか・・・。

30 :名無しさん:2000/03/13(月) 18:37
四谷ラウンドから出た、エッセイ三作、大蟻喰の絵が一つながりになってる
(こういうの、なんて言うんですか?)みたい。

31 :名無しさん:2000/03/14(火) 17:23
「鏡の影」がいくら待っても文庫化しないので、
仕方なく単行本を本屋に注文したら「絶版です」という返事。
そんなに売れていないのか・・・。

結局、図書館で借りて読んだけど、たしかにイマイチだった。
「戦争の法」がすごかっただけに、ちょっと期待はずれ。
でも数年で絶版はひどいよなぁ。


32 :名無しさん:2000/03/18(土) 05:20
『1809』がお気に入りです。
しかしパスキ大尉の心情がいまいちわからない。
読んだ方どう感じました?

33 :>24:2000/03/18(土) 10:19
えっ!!女性だったんすか。
勝手に福田和也のようなインテリデブをイメージしてた。

34 :>33:2000/03/18(土) 18:49
>インテリデブ
あたっているかもしれない。

35 :名無しさん:2000/03/20(月) 15:22
「陽気な黙示録」の最後の方で、だれかにケンカ売ってた(買ってた?)
みたいだけどだれに対して激怒してたんでしょう?
性格からして、衝突の多そうな人ですよね。
多分、そばにいたら嫌な人種だろうけど、作品はとても好き。


36 :名無しさん:2000/03/20(月) 21:55
>35
氏はケンカを売りすぎて(買いすぎて?)読者には推理しかねます。
最後の方ということはチェスタトンについての話でしょうか?
わからなかったです。

笑ったのは中ほどのエッセイで
“前髪をかきあげ、暗い情熱を帯びた眼差しで、青年はかくのたもうた。”
というくだりです。
底意地の悪い人だなあと思いました。
もちろん誉め言葉ですが。



37 :名無しさん:2000/03/21(火) 15:45
貴族が平民をなぶるセリフを書かせたら、
この人の右に出る者はいないような気がする。
・・・もちろん誉め言葉です。




38 :名無しさん:2000/03/21(火) 19:50
>インテリデブ
デブじゃないだろう。写真を見る限りでは。

39 :うわあ:2000/03/22(水) 03:49
http://www.dccinet.co.jp/tamanoir/idata/iken13.htm

新潮社と絶縁しちゃったのね…。うーむ。

40 :名無しさん:2000/03/22(水) 04:41
『戦争の法』『鏡の影』が絶版なんて世も末。
なんてこった。
ファンタジーノベル大賞受賞した他の作家の作品で新潮文庫に収められていたものもありますが、
それも絶版になるしね・・・
新潮社、憤るのを通り越してがっかりです。
・・いや、やっぱり許せ―ん!!!


41 :名無しさん:2000/03/22(水) 05:36
『鏡の影』と『日蝕』
比べ読みした人の感想きぼーん

42 :『鏡の影』の:2000/03/22(水) 08:53
装丁が某カルト作家の単行本(とっくに絶版)の装丁と
まったく同じ、という話は一部で有名らしいが。
装丁のパクリは問題にならないのかな〜

43 :名無しさん:2000/03/22(水) 12:53

知りたい〜>某カルト作家の単行本。

44 :名無しさん:2000/03/22(水) 13:16
実は「鏡の影」を読んだすぐあとに「日蝕」を読んで、驚いた記憶がある。
時代背景が同じだし、坊さんが出てくるのも同じ。
でも「似てるな〜」というだけで、パクリとまでは思わなかった。
今思うと、うまく加減したのかな。
「参考にした」と言えば、それまでの話だし。
正直な話、中身は「日蝕」の方が上と思った。
大蟻食のHPを見て、ちょっとショック。
出版社って、どこもこんなもん?
新潮社、最低。

45 :名無しさん:2000/03/22(水) 13:51
「鏡の影」の出版は1993年だから、今絶版でもおかしくないと思う。
「日蝕」は未読

46 :名無しさん:2000/03/22(水) 15:22
設定は似てます。
坊さん、異端・異教についてなど。
でも主人公の“あるべき世界を求めて”の方向は
微妙に違っているように感じましたが・・
「日蝕」肉体と世界を肯定するために世界の秘密を探し、
「鏡の影」世界を引っくり返そうと考えている、のかもしれない。
「日蝕」の主人公は世界に受け入れられない自分を感じ、
迎えられるはずの“あるべき世界”のために頑張ってるんだろうな。
「鏡の影」世界は変わらず自分が引っくり返った。
ああ、誰かうまく説明してください。
装丁は西洋美術史やってた氏にふさわしいなーなんて。
でも知りたいです>某カルト作家の単行本
>44
好みの問題ではなく「日蝕」の方が上なんですか?
良く勉強したな、という内容・文体だとは思いましたが・・
ただし同意見>新潮社、最低。

47 :名無しさん:2000/03/22(水) 18:59
絶句。知らない間にこんなことが…。
メッテルニヒの伝記、やぶいちまったのか。待ってたのによぅ。

48 :44です:2000/03/22(水) 20:47
上というと物議を醸すかな。
「私は『日蝕』の方がおもしろかった」と訂正させてください。

「鏡の影」の装丁は私も気に入ってたんだがなぁ・・・。


49 :>43、46:2000/03/22(水) 22:25
SF系の女性作家が三一書房から出した本でしょう。
確かに使用されている絵もデザイン処理も文字の配列も
全く同一で、「同じ装丁」としか言いようがない。
でもパクリとかいう悪辣なものじゃなくて、たぶんファン
なんじゃないのかな?と思った。佐藤亜紀が、その作家
さんのファンなのでは、ってこと。

50 :46:2000/03/23(木) 02:47
>49
何年前に出版されたのか御存じないですか?
SF関係全然わからないので検討がつきません。

「鏡の影」のヨハネスって最初はケプラーかと勘違いしましたが、
本当はどうなんでしょう?
ヨハネス+グァネリウスでジョルダーノ・ブルーノかな。

51 :爆睡少年:2000/03/23(木) 09:46
>50
ここを見てね
http://www.trc.co.jp/trc/book/book.idc?JLA=82-19854
でも、装丁は佐藤亜紀さん自身が口をだしてるわけじゃないと思う。
こんなこといっちゃ悪いけど、自分好みの装丁にさせるほど、あの人
が出版社に対して力があるとは思えない。

52 :>51:2000/03/23(木) 10:39
これ三一書房? 買えるの?
書影さえあれば……見てみたいんだけど、
見れる場所ってないんすか。

53 :『鏡の影』と『日蝕』:2000/03/23(木) 11:56
全体的に見ると別物なんだけど、部分的な類似点が多い。
佐藤亜紀も言ってるように「黒に近い灰色」。
彼女も複雑だろうね。
部分的にとはいえ、自分の作品を下敷きに練り直された(と思われる)
作品が芥川賞受賞で数十万部も売れて、同時期に自分の作品は絶版。
もし『日蝕』のあとに『鏡の影』が出版されたとしたら、
パクリのレッテルを貼られないまでも、「日蝕の真似」ぐらいは言われたろう。
平野啓一郎はそこらへん、どう思ってるんだろう。
だれか平野啓一郎に、
あんたが影響を受けたのは『金閣寺』じゃなくて、『鏡の影』じゃないの?
と指摘した人はいないのだろうか。

54 :名無しさん:2000/03/23(木) 20:12
「日蝕」に見られる大蟻食的な要素。
村の司祭ユスタスに会う直前の主人公と助祭のいる場面で、
“こう云う男と接するに、尊大な緘黙を守っていられるのは、
私のささやかな美点の一つである。”
どうでしょう?

55 :梅4号:2000/03/23(木) 20:19
今読みました。「日蝕」は読んでないので、何ともいえませ
んが、ほんと新潮社は最低。
森雅裕の「推理小説常習犯」とかを思い出しました。

56 :読んできました。:2000/03/24(金) 11:43
新潮社の体質云々というより、
『新潮』の編集長のワンマンと尊大さにすべての原因があるような。
この人↑無名の平野をいきなり売り出したときに思ったんだけど、
潜在的同性愛者というか、三島的なものへのコンプレックスがあると思う。
最新号の『新潮』に星野智幸を抜擢したことからもバレバレ。
『日蝕』は一種のカミングアウト小説だし、星野も性の越境をテーマにしてる。
文体がやけに装飾過多なのも同じ。

中年(老年?)ホモはほっといて佐藤氏には頑張って欲しい。
平野なんかよりよっぽど才能も教養もあると思うし。
それに文芸誌は『新潮』だけじゃないし。
しかし、そんなに文壇的評価にこだわらなくてもという気も。
やっぱり認められて(賞もらって)売れて(数十万部)なんぼの世界なのかな……


57 :名無しさん:2000/03/24(金) 19:12
っていうか、問題は絶版と、書く場所が無くなるって可能性だろう。
現代の文壇では、出版社が宣伝をするかどうかで売れる売れないが決まって
しまうから…。
よほど商売になるタイプの作家じゃないと、こういうことは厳しいよな。

58 :名無しさん:2000/03/24(金) 22:29
「噂の真相」が喜びそうな事件だな…。

59 :名無しさん:2000/03/25(土) 13:50
確かに問題は絶版と書く場所でしょう。
>56
文壇的評価にこだわらなくても・・というよりは
小説に対する愛情あふれる大蟻食氏の作品が、
批評も分析もまともに行われないってことに苛立ちを感じているのでは。
ところでメッテルニヒの伝記はいつどこで日の目を見るのだろう。


60 :名無しさん:2000/03/25(土) 21:35
もう破いてしまったと書いてありましたね。<伝記
俺はくやしいよ。

61 :>60:2000/03/26(日) 06:59
目の届くところから、消えて貰っただけでは?
目障りだから取り敢えず、ってことで。
きっとHDDには残ってるでしょう。
あと、その前に長編一本やるとも言ってますね。


62 :タイトル:2000/03/26(日) 21:55
「鏡の影」ってたぶんなにか含んでるところがあるんだろな・・
だれか一説あげて!

63 :土曜日に:2000/03/27(月) 00:15
神保町にいってみたら、佐藤亜紀はもはやエッセイ集しか売ってなかった。
チクショー出遅れた!

64 :かんそう:2000/03/27(月) 04:33
 それまで性格と見た目が怖くて読むのを敬遠していた佐藤亜紀氏
ですが、ここのスレの愛情あふれるレスを読んで、手に取ってみよ
うと思います。小説の方ですが。
 ここのスレのみなさん、ありがとう。

65 :46:2000/03/27(月) 14:22
タイトルの謎でしょうか>62
確かに隠喩的な題名。
コンラッドの「闇の奥」みたいな。
装丁のことは上の方でも話題になってましたが、ボスの「世界の創造」画面左側を見ると、球の表面になにか映りこんでいます。
いろんな説があって、これを虹だと見る説も、静物画にみられるように、みがかれたグラスや花瓶(鏡の役割を果たしている)などに描きこまれる光の反射だとする説もあります。
それでこの場合は後者の光の反射説。
ボスの球は世界を表したもので、そこに映りこむのは創造主の側の光の反射であり、球内からはその反射(影)を見ることしかできない。
というようなこともタイトルに含めてるのかなと思ってました。
でも50の爆睡少年さんのいう通りだとすると、
過剰解釈どころかまるっきり誤読になっちゃう・・
誤読には自信がありますが、
それでも鏡自体の影なのか、鏡に映った(鏡の中の)影なのか、
なんて考えるのは楽しいですね。
頑張って手に入れてくださいー>63、64


66 :名無しさん:2000/03/27(月) 20:08
市民図書館でだいたい揃うと思いますよ・・・。
絶版じゃ、もう一冊買って意思表示というわけにもイカンじゃないか。

戦争の法は3冊買って二冊人にあげた。あんまり良い反応はなかったけど。

67 :名無しさん:2000/03/27(月) 20:50
私の住むたわけた市の図書館にはないのでござる。(泣)
エッセイはあるけど。

68 :名無しさん:2000/03/28(火) 03:06
>天然八歩さん
あなたは色々と本にお詳しそうなのでお尋ねします
私は海外ミステリばかり読んでいるんですが
佐藤亜紀って読んだらはまちゃう?
悩んで書店でやはり買わずに帰ったんだけど・・・


69 :>68さん:2000/03/28(火) 06:46
佐藤亜紀は海外ミステリでいえばピーター・ディキンソンに似ているかな。
強烈な個性の持ち主なのではまる可能性は大だと思います。
比較的手に入りやすいエッセイ集「でも私は幽霊が怖い」「検察側の論告
」(四谷ラウンド)から読んでみられてはどうでしょう。

70 :名無しさん:2000/03/28(火) 07:42
本人があげてるんだかファンがあげてるんだか知らないけど
別のスレの全然関係ない話題の時にこの佐藤氏のリンク貼りつける奴、意図はなに?
感じ悪いんだよね。むかつく。


71 :名無しさん:2000/03/28(火) 12:54
>61
メッテルニヒの伝記は本当に消してしまったそうです。
HPの「文句・・」に書いてありました。

70については、ファンでも本人でもなく、
野次馬がやっているんだと思いたい。

72 :名無しさん:2000/03/28(火) 14:46
そんなの言うだけなら幾らでも言えますって。

どうも彼女は推敲で原稿が太るタイプのような
気がするんだが、もしそうなら、一度書いたモノ
簡單に捨てられません、そういう人は。

まあ、どっちでもいいんだけど、ファンの人に於
かれましては、希望的邪推ってことでご容赦を。

73 :名無しさん:2000/03/28(火) 16:27
>69さん
ありがとう。書店へ行ってさっそく買います。

74 :名無しさん:2000/03/29(水) 11:25
古本屋で「戦争の法」の単行本を発見。
文庫しか持っていないので、これは買っとこうかな、とか思ったけど、
もしかして私が買わなければ、だれか他の人が買って、
佐藤亜紀ファンが増えるかな〜とか思いつつ・・・現在、思案中。
決して金欠なわけではないですよ、ええ、決して。

75 :>74:2000/03/29(水) 16:02
因みに、いくらでした?

76 :74:2000/03/31(金) 17:25
750円です。
買っとこうかなぁ・・・。希少価値だもんなぁ・・・。
あとでものすごく価値が出るかもしれないもんなぁ・・・。

77 :74:2000/03/31(金) 19:26
なるほど、普通の値段ですね。
私見を言わせていただけば
同じタイトルの本を二冊も所有しているのは
ただの場所塞ぎにしか思えませんが、
この際、買っておくのも一興かも知れません。
ただ、中身は一緒ですよ。(←自爆)

78 :77:2000/03/31(金) 19:28
74=75 でした。

79 :名無しさん:2000/04/01(土) 14:35
メッテルニヒの伝記はライフワークにしてやる、
とおっしゃってますな。
書き直して、いつか出す!!
ということかな?

80 :本人のページが:2000/04/03(月) 22:22
すごい勢いで更新されてますな
つーか、あそこで書かれている「無記名の掲示板」ってココだろーよ
おいおい、チクられてますよ!


81 :ixion:2000/04/03(月) 23:32
『鏡の影』と『日蝕』、たいして似てないじゃんね。
オモシロ道中記と引きこもり探求記。でも後半は
ちょっと面白いか。

詳細に比較検討してみようと思ったが、ふと、時間の無駄遣いの
やり方にも優劣があると思ってやめた。


82 :それでも無記名:2000/04/04(火) 19:03
佐藤氏のページの

>例のページを無記名の掲示板にはりまくってる奴がいて云々。

2chに入り浸っている身としては、めずらしくもないことなので、
また馬鹿があばれとると思って終わりなんだけど、やっぱ本人は気
にしてるんだな。
当然か。俺らはちょっとこういうことに無神経になってきてるな。

83 :でも、あんなリンク禁止文を:2000/04/04(火) 21:41
書いちゃまずいんでないかい
J禁ページだったらクソミソに叩かれて酷い目にあうのに
文学界ってのどか…

84 :同人女は消えろ!:2000/04/04(火) 21:48
って言われる前に書いておきます。失礼しました。


85 :名無しさん:2000/04/04(火) 21:50
>83
 昔の文章よく読んでみ、「事前に通知してくれ」であって、許認可
するとは書いてない。
 が、今の文章は、前のが「無断リンク禁止」だったと認めちまってる
なあ。俺に言わせればこっちのほうが失策だ。

86 :転載「今の文章」:2000/04/04(火) 22:57
お願い:
--------------------------------------------------------------------------------
無記名OKの掲示板に匿名でこちらのアドレスを張られた方がおります。お読みになればお分かりの通り、やや特殊な内容ですので、当面の間、

無断転載はお断りさせていただきます。
リンクを張られる際にはURLをお知らせ下さい。
ページの内容が批判的だから、という理由でリンクをお断りすることはありません。
ただし、匿名では、賛同も批判も、お断りします。
御意見・御批判・御質問をお寄せ下さい。
『文句のある奴は前に出ろ』 にて返答いたします。
ただし、特別の場合を除き、お寄せいただいたメールを
名前・アドレス入りで公開することになりますので御注意下さい。


87 :もういいかな?:2000/04/24(月) 00:31
オール読物5月号に短編が載るはずだったんじゃないの?
なんでお酒についての鼎談なんだよう・・・

88 :名無しさん:2000/04/24(月) 01:16
日曜の毎日新聞、読書欄に
新刊エッセイのインタビューが写真つきで掲載されてました。
文章や作品から過激な容姿(石井苗子とか荻野アンナ系)を想像していたのに、
意外なことに純和風でびっくりしました。
こういう人がああいう絢爛ゴーカな小説を書いたり、
映画のタイタニックのセットのちゃちさに怒りを表明しているのかと思うと、
ちょっとさみしくなった……
しょせんうちらは大和の国の農耕民族、ガイジンにはなれやせん……
でも、小学生の頃から一日四冊、少なくとも二冊はいまでも
本を読むという話にはひきました。
自分がいかに博識かを言いたいんだろうけど……なんか怖かったです


89 :へえ…意外:2000/04/24(月) 19:34
あの人って、結構速読な人なんだねえ。
もっとなめるように読むタイプかと思ってたけど。
それとも、なめるように読んでそのくらい読めるってことなのかね。

90 :名無しさん:2000/04/25(火) 03:46
狂五郎との対決はどうなったの?

91 :名無しさん:2000/04/28(金) 10:45
繰り返し読むみたいなことも書いてた様な気がする
ところでなんか自作自演がどうのとか書かれてるけど
一体何があったの具体的にどのスレッドに行けば見れる?
根拠はIPとか言うやつ?誰か教えて



92 :名無しさん:2000/04/28(金) 20:01
よーするに、ここで結構な話題になって、2chに良く湧くタイプの
馬鹿が、関係ないスレッドにまで例のページのURLを貼りまくった
というだけの話です。

ここの書き込みでのIPは抜けないので、すべては状況から推測する
しかないわけですが、賢い2ch人は推測すること自体無意味だと理
解していると思います。
発言が真実かどうかは発言者が誰であっても変わらないというのが
2chに働いている基本的な論理でしょう。

ただし、あれを佐藤亜紀が宣伝のために行った自作自演だと考える
人というのは少しパソコンから離れた方がいいような気もするね。

93 :名無しさん:2000/05/10(水) 16:36
作者は自分の作品は「表面」しか読めない人には詰まらないって言ってるけど
俺は表面しか読めないが大好きだ
『戦争の法』で主人公が最初の方でこの物語はフィクションだと言ってるから
実際はどうだったのかとか妄想したりさ。
鷹取嬢は千秋と主人公が同一人物だと思ってたり妄想のネタは沢山ある
……いやもう片方のスレッドが作品論とかやってるからこっちにはこういう馬鹿なの書いてもいいかなと思ったもんで


94 :「戦争の法」:2000/05/10(水) 19:02
の舞台は新潟。
ということで、あのカッコ良い伍長や千秋たちも、こんな↓言葉で話しているのだった。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/8706/tango.html

佐藤亜紀(ていうか語り手か?)がリアリティを追及しなくて良かった。

95 :噂の真相:2000/05/12(金) 22:46
なかなかいいじゃないか。
これで前号の無礼はチャラにしてやってもいいと思わんか皆の衆。

96 :1809:2000/05/12(金) 23:37
最後の辺、ステンツィだらしなさすぎるとは思わんか?
パスキ風情にいいようにやられてしまってもう。そこが不満。

97 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 01:49
佐藤亜紀って新潟出身なんだよね。おいら同郷。

98 :佐藤亜紀の大ファンではあるが>95 :2000/05/22(月) 13:28
やっぱり、盗作ってのは無理がないか?

99 :95:2000/05/22(月) 18:59
その辺りは読者一人一人が判断するしかない所。
ただ、その後の経緯なども考えて俺はクロだと思う。俺はね。

100 :名無しさん@1周年 :2000/05/22(月) 19:57
佐藤亜紀は山形浩生級厨房怒窮鼠




101 :>93:2000/05/22(月) 22:00
実際千秋と「私」は同一人物だったりしてぇ。
近眼さえなんとか理屈が付けられればそういう読み方も可能か?

102 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 22:01
近眼じゃなくて乱視か。

103 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 14:26
>100
これを見たのか?ひょっとして
http://www.post1.com/home/hiyori13/cut/cut200004.html
だからどうしたって?103をGETしたかっただけ

104 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 06:18
そうですねぇ

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)