5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

福田和也「作家の値打ち」

1 :名無しさん:2000/03/28(火) 12:28
「作家の値打ち」の採点表
◆90点以上(世界文学の水準で読みうる作品)
96点 「仮往生伝試文」 古井 由吉
「ねじまき鳥クロニクル」 村上 春樹
「わが人生の時の時」 石原慎太郎
92点 「楡家の人びと」 北 杜夫
91点 「テニスボーイの憂鬱」 村上 龍
90点 「グイン・サーガ」 栗本 薫
◆80点以上(近代日本文学の歴史に銘記されるべき作品)
89点 「舷燈」 阿川 弘之
「夫婦茶碗」 町田 康
88点 「柔らかな頬」 桐野 夏生
87点 「ぼぎちん バブル純愛物語」 横森 理香
84点 「武王の門」 北方 謙三
82点 「弟」 石原慎太郎
◆70点以上(現在の文学として優れた作品)
78点 「プリズンホテル」 浅田 次郎
75点 「嗤う伊右衛門」 京極 夏彦
「透光の樹」 高樹のぶ子
72点 「丘の上の向日葵」 山田 太一
「本所深川ふしぎ草紙」 宮部みゆき
◆60点以上(再読に値する作品である)
67点 「海峡の光」 辻 仁成
66点 「永遠の仔」 天童 荒太
65点 「親指Pの修業時代」 松浦理英子
63点 「女たちのジハード」 篠田 節子
◆50点以上(読む価値がある作品)
58点 「新宿鮫」 大沢 在昌
「ホワイトアウト」 真保 裕一
56点 「沈まぬ太陽」 山崎 豊子
54点 「星に願いを」 林 真理子
50点 「ステッセルのピアノ」 五木 寛之
「ゲルマニウムの夜」 花村 萬月


2 ::2000/03/28(火) 12:29
>1の続き
◆40点以上(何とか小説になっている作品)
49点 「花埋み」 渡辺 淳一
48点 「家族シネマ」 柳 美里
46点 「総門谷」 高橋 克彦
45点 「下天は夢か」 津本 陽
42点 「日蝕」 平野啓一郎
◆39点以下(人に読ませる水準に達していない作品)
39点 「東京セブンローズ」 井上ひさし
37点 「刺青」 藤沢 周
35点 「リング」 鈴木 光司
32点 「スティル・ライフ」 池澤 夏樹
30点 「カエサルを撃て」 佐藤 賢一
◆29点以下(人前で読むのが恥ずかしい作品)
29点 「テロリストのパラソル」 藤原 伊織
26点 「同時代ゲーム」 大江健三郎
「不機嫌な果実」 林 真理子
23点 「争いの樹の下で」 丸山 健二
22点 「女ざかり」 丸谷 才一
「失楽園」 渡辺 淳一
「夢の島」 日野 啓三
◆20点以下
測定不能 「蝦夷地別件」 船戸 与一
「砂のクロニクル」 船戸 与一
17点 「バースデイ」 鈴木 光司

文芸評論家、福田和也さん(39)が、現役の日本人作家100人の作品
を独自採点した前代未聞の書「作家の値打ち」(飛鳥新社刊)が近く発売
される。日本文学の崩壊を危ぐしたゆえの壮挙。その筆致は鋭く、「無私
の立場を通した」採点に、文壇内外の反響は必至だ。

http://www.zakzak.co.jp/top/top0328_2_01.html

個人的には福田和也ってあまり好きじゃないから無視しようかと思ったけど、
ま、一応書いとくわ。


3 :う〜む:2000/03/28(火) 12:58
石原慎太郎が、世界文学の水準で読みうる作品を生み出しているとは
知らなかったな。
……白ブタの感性は、よくわからん。

4 :90点 「グイン・サーガ」 栗本 薫 :2000/03/28(火) 13:15
この時点でだめだな。

5 :?:2000/03/28(火) 13:37
「測定不能」船戸与一への寸評を教えて!
(寸評があるのなら)

6 :う〜む:2000/03/28(火) 14:33
「私は、こういう馬鹿者です」
って宣伝するだけで金が貰えるとは
つくづく変なショーバイだ。

7 :天然八歩:2000/03/28(火) 14:34
◆0点以下
「作家の値打ち」福田和也

8 :>5:2000/03/28(火) 15:12
登場する8作品すべてが「20点以下、測定不能」の船戸与一氏は
《一応「商品」として流通していること自体が信じられなかった》
と酷評されている。

だ、そうです。

9 :名無しさん:2000/03/28(火) 15:26
全般に、右翼は点が高くて左翼は点が低い。
自覚的なのか無自覚なのか、一種の党派臭を感じるな。

10 :名無しさん:2000/03/28(火) 15:44
『砂のクロニクル』傑作じゃねえかよ。どこが気にくわないんだ?
しかし、『海峡の光』67点ってどういうこった。
あれが「再読に値する作品」かあ???

11 :>7:2000/03/28(火) 16:06
自己採点では「作家の値打ち」福田和也は89点だそうな(爆笑)

12 :名無しさん:2000/03/28(火) 16:22
>17点 「バースデイ」 鈴木 光司

17点 もやる?
何か貰えるのかな?



13 :名無しさん:2000/03/28(火) 16:33
横森理香なんぞを作家扱いしている時点でだめだめでしょう。

14 :こけか:2000/03/28(火) 16:49
>96点 「わが人生の時の時」 石原慎太郎
小説じゃねえ、雑文集じゃん。



15 :名無しさん:2000/03/28(火) 17:18
いや、笑わせてもらいました。情報ありがとう>1

16 :名無しさん:2000/03/28(火) 20:00
私は右翼で石原ファンなんですが

>「わが人生の時の時」 石原慎太郎

にはちょっと疑問。
10点ばかり加算してないか?


>90点 「グイン・サーガ」 栗本 薫

あんなの読むなら、出来のいい少女漫画読んだ方がいいと思うが。

要はこれからはダブル村上と仲良く、石原には媚びつつ世渡りをして
いこうという福田らしい打算を数値化したもんじゃないですかね?


17 :名無しさん:2000/03/28(火) 20:30
島田雅彦にはもう見向きもしないってわけか

露骨、というより醜悪、というよりネタか

18 :名無しさん:2000/03/28(火) 23:34
私も9と同意見。右翼系は点が高いな。
だいたい石原に媚び売りすぎだよ。露骨だな。

これで自称右翼の馬鹿の相手をしてくれる人がまた減ったな。
下手すりゃ総スカンくらうんじゃないかな?

それにしても福田和也って何をして有名になったんだっけ?

19 :クランツ:2000/03/29(水) 00:23
>18サン
すくなくともデッド・ケネディーズとは
関係ないと思いたいです。。

20 :ぼけ:2000/03/29(水) 01:42
>◆90点以上(世界文学の水準で読みうる作品)
>96点 「仮往生伝試文」 古井 由吉
>「ねじまき鳥クロニクル」 村上 春樹
>「わが人生の時の時」 石原慎太郎
>92点 「楡家の人びと」 北 杜夫
>91点 「テニスボーイの憂鬱」 村上 龍
>90点 「グイン・サーガ」 栗本 薫

 どうして? 世界レベルで読める作品なんて一つもないよ。誉めときゃ
後で得になると思ってる奴の作品というなら分かるけど。


21 :名無しさん:2000/03/29(水) 01:58
これから街で福田和也を見かけたら手叩いて笑えばいいんですね。
機嫌悪ければ石投げてもオッケーですね。

22 :事情通:2000/03/29(水) 02:33
>それにしても福田和也って何をして有名になったんだっけ?
さて、次のどれでしょう?
1.江藤淳にゴマすって
2.島田雅彦を殴って
3.大福早食い競争で優勝して
正解者には白川代議士の秘書を通じて慶大助教授
のポストがプレゼントされます。


23 :名無しさん:2000/03/29(水) 04:40
うんざりするほど党派性むき出しだなあ、このランキング。
船戸与一の評価が異常に低いのは、酒場で喧嘩になって殴られたとか、女取られたとか、
そのレベルだと思うよ。知らないけどさ。

24 :よく知らないけど:2000/03/29(水) 06:15
 ここで見るかぎりじゃ
うんざりするほど、話題作をきちんと拾い上げてるなあ…

まあマイナーものばかり傑作とかベストとして上げる
自意識過剰野郎も困り者だが。

25 :名無しさん:2000/03/29(水) 07:52
私も石原嫌いではないですが明らかに点数加算し過ぎだと
思います。30〜50点加算してる感じ。対談したりして
仲がいいだけでこんな甘い採点になるなんて・・・

26 :名無しさん:2000/03/29(水) 07:54
90点 「グイン・サーガ」 栗本 薫

を見て、この本がブラックジョークというか誉め殺し本だと
分かった。

27 :名無しさん:2000/03/29(水) 08:54
>21。その通りです。直ちに笑って、次に殴って下さい。
>23。船戸に殴られたってのは当たりかも。
それにしても、福田和也ってこんなゴミ仕事ばっかりやってても
商売になるんだから、文学界ってすごいね(笑)。

28 :名無しさん:2000/03/29(水) 09:53
潜ってるから、もう一度あげとこう。
http://www.zakzak.co.jp/top/top0328_2_01.html

>あの「失楽園」も、《ミルトンの古典名作と同じ題名をかくもお粗末な作品につけたというだけで十分犯罪的》と切り捨て、22点の“激辛点”をつけた。

 本気でゆーとるの?
 その辺の専業主婦でも言わないよ。

>今回の企画について、「議論の肴(さかな)になればいい。出版社、編集者は気にすると思うけど、緊張してくれることで作品の質が上がっていけば」と語る福田さん。

 おう! ちゃんとなってるよ、オマエガナ!!

>最後に同書を自己採点してもらうと、「89点。世界文学には1点足りないくらいかな」。

 つーわけで、結論。
「また馬鹿が発見されました。」



29 :?:2000/03/29(水) 09:55
天敵=車谷長吉に触れてねえな。
あいつの場合マジで五寸クギ打ちこむからな。

30 :ixion:2000/03/29(水) 10:58
村上春樹なら、ダブル・フィクションに挑んだ『ハードボイルド…』
の方が遥かにいい。古井由吉はいいけど、そこまで極端にほめるほど
でもない。大江が低いのは頷ける、今もし電車で読んでる人いたら、
ちょっと引いてしまう(ただ、20何点は低すぎるか)。
…て、まじめに取り合うだけムダか。本人もブンガクの話題作り
として仕掛けたんだろうし、誰かさんの採点批評と同じかな。

あ、『千日の瑠璃』は、確かに誰かとめてやれよ、って思った。

31 :名無しさん:2000/03/29(水) 11:29
島田雅彦って殴られたことあんの?状況はどんな感じ?

32 :名無しさん:2000/03/29(水) 12:14
福田和也、ははは、いいわこれ。やっぱりデブがいじめられっこ体質だってのは、
こういうこと言うからだよね。ははは。

33 :age:2000/03/30(木) 02:01
どうさ?

34 :名無しさん:2000/03/30(木) 10:31
マッチョ船戸はデブを虐めたのか?
デブの虐められッ子の恨みは恐ろしいね。
魔太郎のようだ。



35 :名無しさん:2000/03/30(木) 11:11
福田氏の悪口ばかりですね。
しかし、今の文芸評論家に彼に匹敵する人がいますかね。
浅田がいうとおり、いないんでしょうな

36 :>35:2000/03/30(木) 11:25
>しかし、今の文芸評論家に彼に匹敵する人がいますかね。

いないでしょうね。
別の意味で。

37 :>34:2000/03/30(木) 13:07
田中康夫さんですか。ご苦労様です。
ところで神戸空港の後は何をされるつもりですか。

38 :>30:2000/03/30(木) 14:38
クロニクルは少なくともモンゴル、満州の部分はかなりいいんじゃないでしょうか。
ここ10年間くらいの小説にはない出来だと思いますよ。
ただほかの部分と最後がね。

39 :名無しさん:2000/03/30(木) 20:12
所詮は文学界の寄生虫。
芸能界の某ババァと同レベル。

40 :名無しさん:2000/03/30(木) 21:09
グインサーガは最初の方だけ読んだんだと思うよ。
最初の頃は確かに傑作だった。世界文学水準とまでは言わないけど。

石原慎太郎に媚びるのは賢い生き方ではある。
比喩じゃなく本物の権力を持ってるんだから、逆らうと怖いよね。
リストに入ってないけど、本の中で堺屋太一にも媚びてんだろうな。

41 :age:2000/03/31(金) 11:51
くくく

42 :わろうぅ:2000/03/31(金) 14:27
今生きてる作家のだけでしょう批評したのは。
こんなもんなんじゃないんすかね。
やっぱりレベルさがってるんすかね。

43 :>42:2000/03/31(金) 15:06
今の文壇が終わっているのは、福田自身も言っていることですよ。
「日本文学の歴史に残る」云々は洒落で言っているんでしょう。
まあ、ランキングとしてはだいたいこんなもんでしょう


44 :>43:2000/03/31(金) 19:35
そんなこと本気で言ってんのか>福田。
だったら、文学語ってSFCで高給むさぼってんじゃねえ、このデブ!

45 :名無しさん:2000/03/31(金) 19:36
「世界文学の水準」というより「アメリカで売れそうな本」とか。

46 :>44:2000/03/31(金) 19:38
田中先生そんな熱くならずに(ワラ)。

早く小説書いてりゃランキングに載ったのに。残念ですな。

47 :名無しさん:2000/03/31(金) 19:42
デブが文学を語れる時点で、文学は死んでるんでしょう。
デブは文学をやってはいけません。
文体にも贅肉がつきます(山田詠美風)

文学やる奴は、ある程度の容姿(平野とか)の持ち主か、あるいは
怪異な容貌の持ち主でなければ、文学界に商業的な将来は無いでし
ょう。


48 :>47:2000/03/31(金) 20:08
田中先生よ。アンタもデブだよ。

それからデブだから文学できないちゅうなら、スタンダールだって文学
できないわね。

49 :鳩山:2000/03/31(金) 22:22
今日買ってきました。
とりあえず、一つの尺度として眺めるには面白いと思います。
また、自分が知らない作家も多く取り上げられているので
本屋さんに行くのがより一層楽しくなると思いますよ。

50 :田中田中って:2000/04/01(土) 01:42
芳樹と康夫とどっちやねん

51 :>田中田中って:2000/04/01(土) 03:46
啓文とか哲弥とかはSF界でしか注目されてないんやな。

52 :るるん:2000/04/01(土) 07:53
評論家を評論する人がいればいいのに・・・・。

評論家も一人の読者であることには変わりがないんだから
要するに私見なわけでしょ?影響力ってどれぐらいあるもんなのかな。
評論家の言葉を信じて買う買わないを決めたりする?
私はしないなぁ・・・・

53 :A.M.:2000/04/01(土) 10:28
こんな子としている暇があったら、もっと院生の指導をちゃんとしたら
どうなんだ。山田潤治の『喪われた轍』(文芸春秋社)なんかレベル
以下だよ。

54 :>52:2000/04/01(土) 13:17
評論を批評しても意味無いですよ。
「だったら、自分で批評本出せ!」
で、終わりです。

55 :名無しさん:2000/04/02(日) 13:45
よくわからんけど、何でこんなデブ馬鹿のことを、浅田や柄谷は評価してるんだろ。
「福田は、最低限の審美眼は満たしている」(浅田)
「日本の文壇の抑圧はアンタに任せた」(柄谷)
浅田・柄谷の「審美眼」も地に堕ちたな。


56 :>55:2000/04/02(日) 18:05
他の奴も馬鹿しかいないからイロニーじゃないの?

57 :>38:2000/04/02(日) 19:24
そこは確かにおもしろかった。夢中で読んだ。

58 :名無しさん:2000/04/03(月) 02:17
>55
そりゃ、柄谷と浅田もバカだからだよ。

59 :名無しさん:2000/04/04(火) 15:17
立ち読みでパラパラと読んだけど結構面白かった>「作家の値打ち」。
でも買う気はしないな。暇つぶしにいい感じ。


60 :名無しさん:2000/04/05(水) 03:04
車谷に関しては相変わらずこっぴどく貶してはいるのだが、
作品自体に対する評価はかなり高く、90点近くをつけていて、
少々驚いた。

そう言えば、『喧嘩の火だね』でマイナーな作品を取り上げて
誉めていた田中康夫に関しては、触れられていなかったな。
島田に対しても公正な評価を下しているように思えたけど。

61 :名無しさん:2000/04/10(月) 07:24
元パンクだって(爆)、元暴走族と言ってるくらい
恥ずかしいってことに気づけ

62 :>61:2000/04/10(月) 12:41
田中先生、自分が出てないからって八つ当たりしてはいけませんぜ。
ちゃんと小説かきましょうや。

63 :名無しさん:2000/04/10(月) 22:00
読みました。
おもしろいっす。なんで広告されていないか分かりました。
でも慎太郎ほめすぎ。
「弟」評価するなんて(そもそもありゃ口述だろ)。

64 :名無しさん:2000/04/17(月) 05:04
age

65 :つまり:2000/04/24(月) 01:01
http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2000_03/g2000032809.html

66 :名無しさん:2000/04/26(水) 09:53
他の雑誌で誉めまくってた作品の
点数がとても低かったので
こいつは信じられんなあと思いました。

67 :フェランド:2000/04/27(木) 14:35
この本自体はおもしろかった。
ただなぜ暇つぶしで書いたようなエッセイ集
「わが人生の時の時」 石原慎太郎
が最高評価なのか、さっぱりわからず。

今、文藝春秋に連載中の「わが人生の時の人々」は面白い。



68 :>67:2000/04/27(木) 18:07
どっちも文春社員M氏のゴーストらしいんですけどね・・・口述だとしても、マトモに慎太郎は書いていませんよ。福田も知ってるはずだが・・・三島賞の恩義は深いようで。

69 :名無しさん:2000/04/27(木) 19:44
なんだ、そういうことだったのか。

そういえば宮沢章夫も日記で芥川賞の選考委員の黒井千次に
ゴマすってました。
芥川賞発表の後になぜか「群像」にクソ面白くもない黒井の長編が、
掲載されたときに、すごく不思議に思ったんですが……
文壇ってそういう世界なんだ。

70 :名無しさん:2000/04/27(木) 19:55
ようは福田のおじちゃんは、自分の評価基準をいまだに持っていないということだよね。
石原のおじちゃんを持ち上げているのは、政界進出を考えてるんじゃないの?


71 :名無しさん:2000/04/29(土) 23:32
福田って笙野頼子に顔が似てません?
写真見たとき双子かと思ったよ。

72 :おしゃれ菩薩:2000/04/30(日) 18:49
ダンプ松本と似てると思う

73 :うーむ:2000/05/02(火) 03:33


ナンシー 関に似てない?

74 :名無しさん:2000/05/02(火) 07:55
ぷよぷよに似てない?

75 :だだ:2000/05/02(火) 18:23
船戸与一氏、自殺しないかな〜。
ほほほ。

76 :名無しさん:2000/05/03(水) 11:11
新聞広告で見出し「作家を格付けして何が悪い」
雑誌で吠えてるようですが。誰か文句言ってるの?
マッチポンプで論争作り出しちゃいかんちょ


77 :だだ:2000/05/03(水) 12:10
まあ、商売人だからね〜

78 :名無しさん:2000/05/05(金) 21:35
石原慎太郎には大甘
船戸与一には激辛

  小説としてのの評価より思想で選んだか〜。福田〜。


79 :名無しさん:2000/05/06(土) 09:38
だださんって、福田についてはどう思ってるの?

80 :だだ:2000/05/06(土) 17:26
好きですよ。(考え方は違うけど。私の場合、考え方の違
いと好き嫌いは無関係です)

「日本人の目玉」なんか大好きです。
「作家の値打ち」もいい度胸してる。
他の評論家には書けないでしょう?
文壇、論壇で生きにくくなる。
こういう本大好き。

けど、彼は思想的に近い石原慎太郎に甘すぎ。
そこが好かんのですわ。

81 :だだ:2000/05/06(土) 17:38
俺、同じ考え方、同じ思想に甘い奴いやなんよ。
身びいきつーか、目が曇るのよ。


          仕事中なので・・・また夜に来る。

82 :浅田 彰:2000/05/07(日) 10:41
『作家の値うち』は読んでないけど、石原を評価してるってだけでもう問題外だね。
ぼくは、倫理的判断と美的判断は別だと思うんで、美的判断については福田を相対的に評価するって言ってきたんだけど、
あれでは福田の美的判断も全然ダメだって言わざるをえない。
政治的なすりよりだとしても、露骨すぎるよねえ。敵も味方も両方切らないと。


83 :↑本物?:2000/05/07(日) 19:26
偽物さんだとしても上出来だね。
いかにも言いそう。


84 :栗本薫:2000/05/07(日) 20:41
まあ当然の結果よね90点台って(笑)
スティーブン・キングも私と同じくらい良い作家だしぃ(爆)
ミュージカルの片手間に書いてるだけでも評価されるんだし
池波正太郎だって私に似てるとこあるし
福田さんも判ってらっしゃるわん(大爆)
最近は多重人格モノ流行りだけどアレも私がルーツだし(笑)


85 :柄谷行人:2000/05/08(月) 07:18
任せるとはいったけど、少々心配になってきた。

86 :高木ブー:2000/05/11(木) 07:52
似てるよね

87 :victor:2000/05/12(金) 12:04
age

88 :GQ:2000/05/13(土) 16:18
>82 83
「GQ」で康夫ちゃんとやってる「憂国呆談」の浅田君のセリフだよ。
「週刊朝日」で斉藤美奈子(字が間違ってたらスマン)が
ソムリエ福田は「読んではいけない」を書くべきだったとケナしてたのは鋭いと思った。
三島賞の選考委員だった宮本輝を、自分に賞をくれたからベタほめだもんね。
奴は創価学会なのにほめたら、後見人の石原都知事が怒っちゃうのにね。
恥ずかしいなあ、福ちゃん

89 :名無しさん:2000/05/13(土) 17:21
>「作家の値打ち」もいい度胸してる。
>他の評論家には書けないでしょう?
>文壇、論壇で生きにくくなる。

権力者には媚びてるんだから、闘っている姿勢じゃないよ。



90 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 07:48
あーげ。

91 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 18:27
爆笑>89

92 :宮台:2000/05/23(火) 04:17
福ちゃんは文壇の大将になりたいんだね。

93 :入場:2000/05/23(火) 05:34
1、2に出てるの以外で他に誰がいた?
おせーておせーて

94 :宮台:2000/05/23(火) 10:34
小島信夫は平均点90以上。

95 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 11:44
高橋源一郎が、91点(『さようなら、ギャングたち』)と
21点(『ゴーストバスターズ 冒険小説』)をとってるのが笑えた。
1人の作家が、70点も評価に開きのある小説を書いた例は、ほかになし。
以下、その全体評価の丸写し。

「現在、高橋源一郎の小説を読むほどに痛ましいことがあり得るだろうか。
かつて燦然たる輝きを放った作を世に問いながらも、あまりにも早すぎる
自己模倣への後退と、その後の惨憺たる文化人的活動。無論こうした運命
が高橋を襲ったのは、作家・文化人を極度に甘やかし、軽佻さを善しとし
た時代の科もあるだろう。その点で高橋は、現在の日本文学のみならず、
文化全体の「疲弊」と「不毛」を象徴する存在である」

あと、車谷長吉の全体評価も面白い。車谷の人物像を「ここまで言うか」
というくらいメッタ斬り。でも、作品は評価してるんだよね。

96 :>車谷長吉:2000/05/23(火) 22:27
 自ら「私小説作家」を任じている。しかしその本質は田舎者
根性丸だしの文学至上主義者であり、徹底して低回する人生経
路は裏返しのダンディズムである。葛西善蔵をはじめとする私
小説作家への敬意は、彼らの宿命にたいしてではなく、その作
品がある意味で文学表現の極北を形作っているからにほかなら
ない。車谷は、葛西や嘉村礒多のようにどうしようもなく愚劣
な人生を生きざるをえない存在ではなく、その人生を演じてい
るにすぎない。
 けれども、ハイカラな意識から虚構されたその作品世界が、
きわめて濃厚なものであり、今日においては比類のない独自性
と完成度を備えていることは、認めるべきだろう。その点で著
者が、今日、新作が待たれる数少ない作家であることは、銘記
すべきである。


・・・・・・福田和也は悪口言ってるほうが冴えるね。

97 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 22:33
悪口の方がさえるというのは、
優れた批評家の条件だと思うけど
そればっかやっていると
駄目になってくるんじゃないかと思う。
やっぱり、批判て(批判にもよるけど)
何かを構築する作業より楽なのよ。

98 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 00:19
車谷長吉の悪口なら「喧嘩の火だね」に書いてあるのが
面白いと思います。

99 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 00:47
『無人島レコード』だっけか?
あれでシャングリラスの「リメンバー」を選んで気が利いているつもりになっているような奴に牛耳られる文壇って......。

シャングリラスに罪はないが!


100 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 01:52
福田和也と柳美里は、なぜ喧嘩したのですか?

101 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 12:29
理由なんか聞かなくても納得出来るな

102 :スタンダール:2000/05/26(金) 00:15
個人的には暇つぶしでは楽しめた。

文学を点数で評価するのはどうかと思う。
ちょっと前に、「買ってはいけない」という本が
出て話題になっていたが、もし「読んではいけない」という
本が出たとすれば、「作家の値打ち」は載るんじゃないかと思う。


103 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 00:56

 /)/)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´ヮ`)<    ふとってる
 U   つ|
 | ・| |
(__)_) \___________________
  スッキリ

104 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 00:57
>文学を点数で評価するのはどうかと思う。
渋谷陽一みたいなこと言うなよ。


105 :スタンダール:2000/05/26(金) 01:45
>104

俺は渋谷陽一が好きなんだ。
ロッキン・オンは毎月買っている。

106 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 22:51
>105
洋楽板でちょっとシボられて来い。


107 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 00:57
横森理香ってこういう「お友達」に支えられて生きてるよね。
おすぎとか(笑)ピーコだっけ?
こないだ「本ビニ」で褒めてた。最悪。

108 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 20:37
柳美里に江藤淳(だったかな?)を紹介してあげる約束をしたら、
当日フリフリのワンピースを着て髪をかわいいみつ編みにして来た
と書いたのを読んで激怒したとか…

違うかな。

109 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 04:37
グインサーガ90点という時点で終ってる

110 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 06:23
痛っ!<グイン90点
まだ読んでるけどさ(自嘲)

111 :100:2000/05/29(月) 03:21
108さん、ありがとう。

112 :斎藤美奈子:2000/06/02(金) 23:23
このフクダって野郎ムカツク!
ウッキーーッ!!

113 :名無しさん@中国3000年:2000/06/03(土) 06:40
1のリストを見ていると、まさしく「文壇チキチキマシーン猛レース!」って
感じだね。(^∇^ )

114 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 23:23
ウッキーーッ!! か・・・。

115 :鈴木 邦男:2000/06/06(火) 23:57
見沢知廉は一日も早く白ブタと手を切りなさい。

116 :ずれてすいません:2000/06/08(木) 00:00
こないだ死んだらしい作家で
ゆうみりさんの(漢字変換がでない!)
彼氏って?教えてください

117 :>116:2000/06/08(木) 02:41
それは東由多加だろうけど、
ゆうみりを柳美里と表記するのになんで漢字変換が関係してくるの???
「やなぎ」「うつくしい」「さと」と打てばいいじゃん。
知恵遅れ?

118 :121>122:2000/06/08(木) 03:03
東由多加って、作家、か?
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/quimito/yumiri.html

知恵遅れとか言うお前は知恵かぶれ>117


119 :>116:2000/06/08(木) 03:04
上の名前間違った


120 :「新潮」で:2000/06/08(木) 03:16
笙野頼子が福田批判書いてる。


121 :瀬名秀明:2000/06/10(土) 05:16
文学界のパラサイト。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)