5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

卒論何書いた?

1 :名無しさん:2000/05/13(土) 04:35
文学部卒の人(もしくは修士・博士)
卒論(修論・・・)何かきましたか?
専攻は問いません。
国文・英文・仏文・独文・露文・中文・スペインetc


2 :名無しさん:2000/05/13(土) 08:34
いやん、恥ずかしい

3 :名無しさん:2000/05/13(土) 21:12
文学部だが神学士。卒論バッくれた。

4 :00:2000/05/14(日) 07:55

日本文学専修卒業っす。
「怪奇説話にみる大衆の精神性」。
はじめは今昔物語あつかう予定だったんだけど、
いつのまにか都市伝説とデマゴギーの研究になっていた…。
卒論のクオリティはいまいちだったけど、
ライフワークとして、永遠に興味がある分野でっす。


5 :メイ:2000/05/14(日) 21:42
去年ですが、村上春樹で書きました。
扱ったのは『羊をめぐる冒険』です。まだ生きている人の作品は
多少書きにくいと言われましたが、春樹は割と文献も多かったし
特に困る事はなかったです。ただ、初めは『TVピープル』という
作品の中の、さらにマイナーで短い話でやろうとしたら、さすがに
ちょっと危険なので(枚数的な意味で書き上げられるかを心配して)
「よく考えた方がいい」とアドバイスされました。(自分でも
心配になってきて結局変えてしまった)
その他漱石や太宰なんかも好きなのでその辺の人を扱うことも
考えました


6 :名無しさん:2000/05/15(月) 10:19
10年近く前に卒業しました。
一応、アメリカ文学ってことで
スタインベックの「怒りの葡萄」
ですが、英語で読むのがつらかったので
翻訳頼ってました。論文は英語で書きましたが・・・
評価がよかったので助かった。

7 :ゆきじるし:2000/05/15(月) 10:28
「浜松中納言物語」
当時は資料が少なかった・・。
んで、「更級日記」・「日本霊異記」・ユング・「豊穣の海」・ジュリ
アン・グリーンの「ヴァルーナ」をからめて70枚書いた。

8 :あこき:2000/05/15(月) 15:56
「落窪物語」
「これはねー、今までに色々書かれているから、よほど練らないとつまらない卒論になるよー」と言われた。
結局プレイボーイだった男君が、どうして女君一本に絞ったかを書きました。
オチは『愛』で(嘲笑)。恥かしかったー。

9 :名無しさん:2000/05/19(金) 23:20
三島由紀夫・・・結構ディープな論になってしまい
疲れ果てた。豊穣の海以外は当分読まないだろう

10 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 03:36
英文科卒ですが、卒論はHenry David Thoreauの『市民の反抗』について書きました(英文で)。
でも、はっきり言って自他共に認める駄作で、もう自分でも二度と読み返したくない論文
(論文とも言えない、ただの感想文みたいなもの)です。

こんな自分が、大学院に入学してしまい、来年、修士論文を書かなければならないのですが、
ネタがなくて(って言うかあるんでしょうが、自分で新しい発見とか、人とは違う見地で論文を
書くことができない)困っています。アメリカ文学の分野で書こうと思っているのですが。誰か
助けてください。文学の分野で真新しい論文を書くのって、難しくないですか?

11 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 04:22
<10
 私も大学院進学を希望してるんですが、他大院進学ですか?
 因みに私はイギリス文学ですが。
 卒論はHenry Jamesにしようかなー(これって、アメリカ文学?)
 その辺教えてください。
 因みにソローはちょっと僕じゃ分かりません。
 おまけにまだ学部生なので。(修士論文どころか院受かるかどうか・・・)
 因みに僕が米文学で一番好きなのは
 Sherwood Andersonの"Winesburg@` Ohio"です。

12 :10>11:2000/05/21(日) 06:22
僕は他大学の大学院に入りました。まさか受かるとは思っていませんでした。
学部は私立で、大学院は国立です。

Henry Jamesはアメリカ生まれのイギリスの作家なので、一応イギリス文学ってことに
なると思います。

僕は今、修士1年生ですが、ただでさえ落ちこぼれている上に、学費稼ぎのバイトのほうが
忙しく、自分の時間をキチンと取って勉強することができずにいるので、必然的に修了まで
に3年はかかるでしょう。だからもう開き直って3年計画でいます。

13 :10:2000/05/21(日) 06:38
<11
僕もいま、本屋で週4日、塾で1日バイトして、院の学費貯めてます。
(塾で去年、高3やったら、えらく予習時間かかったからいまは中1のみ)
浪人したりして、親が進学にあまり賛成でないみたいだから・・・
学部は今、私大ですが、大学院は国公立に行きたいですね。(大学入試落ち)
僕は都立大学あるいは九大を考えてるんですが・・・(Yahooスレではレスなし)
どうでしょうか?
なんか、相談されにきてるのにこっちが相談して申し訳ないですが。

14 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 06:48
上記13は
11
<12
に訂正

15 :12>13:2000/05/21(日) 06:51
都立大がいいんじゃない?とよく聞くけど。
具体的にどんな教官がいるのか調べてから決めた方がいいよ。
学校よりもまず教官で決めるべき。

16 :11.13.14:2000/05/21(日) 07:05
教官までは、あまり調べてないです。
多少専攻がずれててもいいんですかねぇ。(教官と)
それとも合致してたほうがいいんですか?(院の入試の場合)
まぁ、Henry Jamesもアスパンとデイジーミラー読んだだけ
(The Portrait of a Ladyは長くて・・・)だから、これに
完全に決めてるわけじゃないんですが・・・
(一時はWildeとかもいいかなーと思ったり、Poundの詩も・・・って考えたり)
今のゼミの教授(イギリス人)の人の現代詩のゼミも面白いんですが、
なぜか、学部と博士課程だけで教えていて、修士やってないんで
やっぱり他大学にしようかなぁ・・・

これは文学板のねたじゃないですね。

17 :ixion:2000/05/21(日) 09:32
お節介と知りつつも…
まず、米文学で研究続けるなら、都立大は良い大学らしいです(師匠談)。
ただ、確かに研究する時代、作品、作者を決めないと、挫折します。
あと、ジェイムズはアメリカ文学でもOKです。ただし、その際アメリカの
「ロマンス」(ホーソーン『七破風の家』序文とか)伝統を踏まえた議論と、
故郷喪失者の実験性(ジョイス、ナボコフ、パウンドもそうですね)は前提
になるでしょう>11さん

で、10さん。真新しいのは切り口だけで良いんです。大体、アメリカン・
ルネサンスやそこらへんを相手にしたら、新しいものなんて1行のアイデア
ぐらいでしょう^^; だから、ソロー→エマソン→ホイットマンで、例えば
詳細な文体分析をしたり(比喩表現、語の選択による印象の違い、構成etc.)
もしくは、ソローなら手紙を対象にして思想を探る手もあります。自然と
文明のテーマ批評では修論かけないでしょうから…。
例えば(ふらっと思いついて…)ソローは「私の人生は書き得ただろう詩だが、
それを生きることと言葉にすることは同時にはできなかった」って言ってます。
あと、『コンコード…』でこう言ってます:
"Poetry is the mysticism of mankind....If you can speak what you
will never hear@`--if you can write what you will never read@` you
have done rare things."
この「詩」であることと、外に生き内に思索すること、『ウォールデン』で
宣言する「この本では"I"は省略されない」って言葉とか手紙とかをいろいろ
絡めて、さらに「詩は思索の内なる言葉」なんてハイデガーっぽいことも
いれていけば、ソローの詩によって自分は生きるって思想が明確に立ち現れて
来るかもしれません。さらにホイットマンとの交流に触れれば面白いかも。

ただ、必ず先人の踏んだ道を汚すことにはなります。完全に新しい創造は
無理です。そこを割り切ればいいんじゃないでしょうか?

私は金銭的理由から院に行かず働きましたが、そのほうが気楽だったし^^;


18 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 09:46
イタイ事を言うようですが、院卒業後の就職って厳しいんじゃないですか?
都立大と言えども、いきなり、講師になるのはむずかしいでしょう。
皆さんはどのようなところを目指されるのですか?意地でも学問を続けるのですか?
それとも、出版関係などに就職されるのですか?
好奇心から聞いてみました。気を悪くされないでください。

19 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 13:24
>18
ははは。毎日が不安ですよ。実社会って、どーんなところだろうって夢想しながらね。
なんぼ理論武装しても、こればかりは出たとこ勝負って奴ですよ

20 :10:2000/05/22(月) 01:56
>17
大変参考になりました。どうもありがとうございます。院に行っていなくて学部卒なのに
よく勉強しておられますね。あと、私も都立大学の院が良いと聞いています。

>18
もちろん修士を持っているくらいでは大学の講師なんてすぐにはなれませんよ。博士を
持っていても厳しいくらいです。
ただ修士を持っていると、中学・高校の教員就職には有利です。最近は私立高校などは
修士を持っている人を優先的に採るらしいです。
私立の高校もピンキリで、ヒマな学校(いい加減な学校とも言える)に行けば、授業を適当に
やって、自分の時間を勉強や論文作成の時間に費やせる。そうしながら大学(院)時代の恩師
と仲良くしておいて、大学のポストを狙うという手もある、と先輩から聞きました。その人は、修士
をとって、高校で10年間教師をやって、高校教師時代に学会にどんどん論文を提出して業績を
つくり、その後短大の助教授に招かれ、今、大学の助教授をやっています。

21 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 13:16
卒論のテーマに結構メジャーな作品、
とりあげてる人、多いんだなあ。



22 :18:2000/05/23(火) 00:32
>19@`20
どうも、お答えありがとうございます。私も院に行こうか迷った時期があって、
結局やめてしまいました。講師や助教授など、安定した地位につくにはやはり
時間が掛かるようですね。私は仏文だったので、高校で仏語を教えている所は
限られているので、20さんのおっしゃるような手段でチャンスを窺うという
のも難しそうでした。仏文の場合は、大抵の人が留学して向こうで数年かけて
博士論文を書き、その評価が良ければ講師の地位を得る事ができるようです。
私の場合は親に心配をかけるのはかわいそうだったし、そこまでの文学人生を
送る自信がありませんでした。
だから、院生の人には道のりは長いようですが頑張っていただきたいです。
こんな世の中であなた方のような方々は貴重であります。

23 :ixion:2000/05/23(火) 00:49
卒論って、マイナー作品取り上げると指導教官にとーまわしに
なんか言われませんか?あと、存命の作家とかも…>21さん

卒論で、創作やった人とかいないんですかねぇ。



24 :無関係:2000/05/23(火) 14:29
たしか、どっかの大学(法政だったかな?)では
文学作品の翻訳(もちろん英訳)
でもうけつけてくれる、って聞いたような・・・(英文科のはなし)
うちじゃ、存命作家はあんまり薦められなかったね。
教授は古典ばっかりやってんのかなぁ(笑)
ベケットとかいきてたもんね、俺らのころは。
まぁ、ノーベル賞ものはいいんだろうけど。
流行作家みたいなのはたぶんダメ。

25 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 00:23
仏文科にも翻訳を卒論にしていた人がいたけど、学部4年間で得る仏語力なんて
大したものではないので、やめといた方が良いと思います。あとで読み返して
赤面するに決まっています。(でも、卒論てみんなそんなものだけど)

26 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 06:18
agee

27 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 19:31
           

28 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 00:01
私の知人は「ロードス島戦記」と「スレイヤーズ」で卒論を書いて卒業してしまった。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 07:57
ウチの学校では卒論での創作が認められてはいる。
認められてはいるが条件があって、卒論の提出期限までに何かしらの賞を
受賞したものでなければならない。
「新人賞なんてちょっと頭使えば簡単に獲れる」
とは指導教官の弁だが、本当にそうなんでしょうか?

30 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 14:15
創作でした。文芸だったので。3年の期限までに習作を提出して指導教官から
OKをもらうことが条件でした。

31 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 00:20


32 :関係ないのですが・・・:2000/06/15(木) 05:03
ちょっと院に関係した書き込みがあったので私も。
大学院で「探偵小説」「推理小説」に関係するようなことを研究できるところは
あるんでしょうか。(推理小説板で書いた方がいいのかな)
もし、誰か知っていたら教えてくださいませ。
大学の方に相談した方がいいのでしょうが、そんなことやるわけないだろう、って
教授に鼻であしらわれたら怖いので・・・。
(私の大学ではそのような研究はしていないようです。)

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)