5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京大生芥川賞作家の盗作疑惑

1 :名無しさん:2000/05/13(土) 15:13
うわさの真相にのってますね。ぼくもそっくりだと思ってました。

2 :え?:2000/05/13(土) 15:32
前から話題になってたやつのこと?
ちょいまち!
読んでくる。

3 ::2000/05/13(土) 19:06
読んできた。
前から言われてたことばかりだなあ。
まあでも、神学大全の話はナイスでした。
シャレにきまってんじゃん!
頑張れH君。




4 :名無しさん:2000/05/14(日) 00:11
佐藤亜紀?
にてねえだろ(ワラ

5 :名無しさん:2000/05/15(月) 02:24
関係ないけど、平野ってムカつくんだよ。ザマアみやがれだ!!!

6 :名無しさん:2000/05/15(月) 02:40
「噂真」の感想。
う〜ん、なんで新潮はそこまで平野に過保護なんだろう。
ドル箱作家だから? 確かに「日蝕」は売れたけど、
平野の書き下ろし千枚?の次作はもうそれほどは売れるとは思えない。
無名の現役京大生がシンデレラボーイに!という売り出し方はよかったけど、
ここまでバケの皮がはがれちゃねえ。
今回の芥川賞二作が全然売れてないことからもわかるように、
あからさまに作為的なものに読者は厳しい。
ま、次回作がホントに勝負でしょう。


7 :名無しさん:2000/05/15(月) 03:40
5>俺も俺も!ヒラノ死ね!!!そして、この際消えろ!!!

8 :東浩紀:2000/05/15(月) 08:12
まあ、まあ、落ち着きなさい。
僕は、ああいう小説があってもいいと思ってるし、
別にファンタジーが悪いって言ってるわけでもない。
ただ、純文学の騎手ぶるのはよしてくれ、って思うだけだ。
芥川賞受賞時のインタビューで、
「こういうのが選ばれたことは芥川賞にとって意味がある」
ってことを言っているのを聞いたとき、『おっ、そう来るか』って思ったね。
その後のインタビューでも、
「ドストエフスキーやトーマスマン、三島由紀夫に影響を受けた」
ってことを彼言ってたけど、そんなことを権威付けに使ったって仕方ないじゃない。
彼の小説の想像力の出所が、文学のそれじゃあなく、
「エブァンゲリオン」や「ベルセルク」といったアニメ・コミックの
ものとおんなじだってことは、明らかじゃない。
(俺たちアニオタの仲間じゃないか、平野君)
あれだけのものを書ける才能を僕は凄いと思うよ。
でも、五十万部売れた責任はとってもらわないとねえ。

9 :名無しさん:2000/05/15(月) 09:44
落馬!落馬!

10 :名無しさん:2000/05/15(月) 09:51
何で今更ユングと澁澤のミックス味が賞取ってんのかと思った。
受賞取り消しとかできないのかなー

11 :名無しさん:2000/05/15(月) 11:14
まあ、いいじゃん。純文学なんだから(わらい
こんなことだから、小説読みは恥ずかしいとか言われるんですよ。



12 :名無しさん:2000/05/15(月) 11:58
純文学の伝統に“恥をさらす”ってあるじゃない。
倒錯疑惑もネタにしてね。

13 :名無しさん:2000/05/15(月) 13:57
>11
「小説読み」を他の言葉に置き換えたらよその板でも書き込めるような
くだらない煽りはやめよーね

14 :名無しさん:2000/05/15(月) 14:19
若くして出てきた才能には、
必ず出るんですよね、盗作疑惑。
詐欺沢萌の文学界新人賞受賞作が吉田秋生のマンガをパクったとか。
でもその後も彼女は消えてないから、平野も消えないって。
詐欺沢を文学界という老舗文芸誌が守ったように、
芥川賞という権威が平野を守るんでしょう。
本人が書くのをやめないかぎりね。
平野に人並みの羞恥心があるなら当然潔く断筆だろうけど、
言動を見ると彼は謙虚という言葉とは無縁の恥知らずらしいし。

15 :>14:2000/05/15(月) 18:11
いや、だって詐欺沢はかわいいもん(爆)
で、平野はいくらなんでもかわいくないもん(爆^2)


16 :>14 :2000/05/15(月) 18:25
煽り?
〉若くして出てきた才能には、必ず出る

〉平野に人並みの羞恥心があるなら当然潔く断筆だろうけど、
〉言動を見ると彼は謙虚という言葉とは無縁の恥知らずらしいし。

むじゅんしてるぞー

大体@`根拠のない言いがかりつけられてなんで筆折んなきゃいけないの

17 :名無しさん:2000/05/15(月) 20:10
しかし、平野のあの小難しくて読みづらい小説を
買った人のうちのどのくらいの人が読み通したのだろうか

18 :名無しさん:2000/05/15(月) 21:36
>17
たしかに読みづらい。
主人公の無意味な思索が余計です。
話の筋に関わってこないし、言われ尽くされてることばかり。
四割ぐらいの人は読みとおしたと思うよ。

19 :名無しさん:2000/05/17(水) 14:01
デビューのきっかけが嘘だったことがショックでした。
悪い大人に騙された感じ。

20 :名無しさん:2000/05/17(水) 14:22

ちょっとナイーヴすぎるんじゃ?
「ものごとには裏がある、人を見たら泥棒と思え」
くらいの心構えが大切です。よけいなお世話ですが。

21 :名無しさん@1周年:2000/05/17(水) 17:46
だってカッコイイじゃないですか、
小説書く前に、数枚の手紙だけで才能を発掘されたなんて。

考えてみればこれほどうさんくさい話はないのですが、
そのとき、スゲエ!って思った…

22 :誤解しないでください:2000/05/17(水) 18:46
金を儲けた者が勝ち。

23 :名無しさん@1周年:2000/05/17(水) 20:35
>小説書く前に、数枚の手紙だけで才能を発掘された

ゲロゲロとしかいいようがないなぁ。

24 :名無しさん:2000/05/17(水) 23:44
近くに「噂真」売ってないのですが、どういうことが書かれていたのでしょうか?
私としても彼のデビューエピソード(手紙攻撃)に騙されていた口なので真相が
知りたいです。

25 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 13:13
いまの純文学の世界は、
作品より、その作品を書いた人の神秘性(いわゆる話題性)
が優先される世界。いくら無名の現役京大生とはいえ
それだけではインパクトが弱すぎる、と考えた編集部が、
「神童物語」を演出したんでしょう。
それ事態はそんなに珍しいことではない。
いい小説書けば評価は後からついてくるなんて考えている、
素朴な作家志望者は一生日の当たる場所になんか出られません。
平野のすごいとこは、反抗心と潔癖さが失われていないはずの若干23歳ですでに、
そういった大人社会の裏取引に抵抗を持たなかった老成ぶりでしょう。
きっと苦労したんだね。

26 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 13:18
まあ芸能界と同じだよな。

27 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 14:33
>きっと苦労したんだね。
これが、トッショリの誤解。今の若いやつらは、はなっから
美味しいとこ取りの小狡いのばかりだから、彼氏も渡りに船で
ホイホイ話にのったに決まってるじゃん。 老成じゃなくて、
悪辣なんじゃないの?

28 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 15:20
そういえば芥川賞を受賞したときあまりうれしそうではなかった(不機嫌そうだった)。
盗作したということで良心が傷んだのか?

29 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 17:31
こんな無内容な小説があれだけ売れたのが
平野くんのキャラクターの凄いところ

30 :平野:2000/05/18(木) 18:52
ボク勝ち組。あんたら負け組。

31 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 19:11
そうだね。

32 :負け犬の遠ぼえ:2000/05/20(土) 17:07
>21
手紙読んだだけで才能を発掘したとか言いふらしてる編集者が
頭悪いだけだって。一種の権力パフォーマンスだよ。
だって噂の真相によると新潮の編集長って山村美紗担当だったんでしょ。
そいつに才能を見ぬく目なんて……うげげ、あるとは思えないって!


33 :名無しさん:2000/05/20(土) 17:20
関係ないけど、故山村美紗って、各社の編集者達を集めて
お花見とかパーティーとかで、一斉にハダカ踊りを命じて
踊らせちゃったってホントですか??

34 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 17:46
月蝕よむんだったら 薔薇の名前のがいい

35 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 19:12
でも話題性や演出でスターになった作家って誰かいる?
出版社がそれを狙ってるのはわかるけど、はっきり言って売り方下手くそ。
どうせなら電通あたりにプロデュースしてもらったらどうだろ。

36 :うじ:2000/05/20(土) 20:42
高橋源一郎の奥さん。
違ったっけ?

37 :名無し:2000/05/20(土) 20:52
ジミー大西に似てるよ。

38 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 22:13
>34
ナニあたりまえのこといっとるか。それと日蝕だ。

39 :椎名桜子:2000/05/21(日) 00:48
>35
「新人作家、ただいま処女作執筆中」としてアンアンに登場
売れなかったけどね、


40 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 13:33
平野 けいいちろーの本って読んだことないから、作品がどうなのか
わからないけど、作家の評価なんて数年位待ってあげたら?
デビューして一年たってないんだろ?
第一まだ23か24才なんだろ。お前等のほとんどより若いだろうが。

41 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 13:33
平野 けいいちろーの本って読んだことないから、作品がどうなのか
わからないけど、作家の評価なんて数年位待ってあげたら?
デビューして一年たってないんだろ?
第一まだ23か24才なんだろ。お前等のほとんどより若いだろうが。

42 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 13:34
あ、2重になっちゃった。
ゴメン。

43 :>40@`41:2000/05/22(月) 05:39
いや、もう三年目ぐらいじゃないの?
でもいまだに京大生なの?じゃ、留年は三回目ぐらい?
卒業しちゃうと現役京大生って売り文句がなくなるからかな……


44 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 11:49
>39
この人、当初は事務所がタレントとして売ろうとしてたけど当てが外れたから無理に
作家に仕立て上げられたんだよね

45 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 11:57
しいな・・・・さくらこ・・・・

すまん。なぜか知らんが、いま脳内を電波が(笑)

46 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 16:26
新作がいっこうに出なくてエッセイだけ書いて半タレント状態だけど、
このまま庄司薫のように消えてしまう可能性ありそう。
でも、下手な駄作を書いてそっぽむかれて消えていくよりは、
いまの状態で消えて伝説の作家になってしまう方が本人のためにはいいかも。

47 :?:2000/05/23(火) 02:49
強大なら、もひとりいるじゃないか、
せいりょういんなんとか。

48 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 03:57
「日蝕」
28点 駄文。無内容。「恥知らず」の一言。

49 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 00:16
シャレだと思えば、それなりに面白いのでは?
芥川賞受賞のコメントはそういうことではないのか。
こんな冗談に賞を与えることに意味がある。
「文学コスプレに未来あれ!」か?

50 :平野啓一郎:2000/05/24(水) 00:49
いやあ、「日蝕」のような性格の小説がこんなに支持されるとは
正直、驚きでした。「日蝕」のような性格の小説は万人受けする
ものとは、僕もおもっていませんでしたし。でも、「日蝕」のよ
うな性格の小説が芥川賞まで頂いた事は、これからの日本文学、
文壇にとっても大きな意味かあるでしょう。
しかし、「日蝕」のような性格の小説は本来万人に受けるような
ものでもないので、これからは、「日蝕」のような性格の小説で
はなく、別の方向性を考えていきたいと思います。
あの旧仮名遣いについてですが、「日蝕」のような性格の小説に
とっては必要不可欠なものでありましたので、表現上、どうして
も使用しなければならない箇所だけ使用しました。
また、「日蝕」のような性格の小説にあのような漢字の必然性を
感じないとおっしゃられる方々がいるようですが、「日蝕」のよ
うな性格の小説をよく理解していないためだと思います。
だって、自分はこんなに漢字を知っているんだぞ、という事を自
慢したいバカなんていませんから。

51 :>50:2000/05/24(水) 01:03
おもしろい。ありがとう!

52 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 01:40
面白いので、あげ。

53 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 05:06
これ書いた人絶対2チャンネルを見てると思う。
http://www.cogen.co.jp/gazette/cross/cross002.html
↑平成文学三馬鹿トリオ

54 :>53:2000/05/24(水) 13:21
見たけど間違いない。その通りですね。

平野をジミー大西に例えるあたりなんか特に。


55 :50:2000/05/24(水) 14:08
おいおい、そんなの見てないぞ。

56 :>53:2000/05/25(木) 01:27
花村萬月の受賞作がリライトだったなんて初耳でした。
ちなみに、花村萬月の小説に出てくる美男美女と作者の顔を結びつけたことはありません。
だって、あの怪異な風貌はすでに別次元だったので無意識に追いやってました。
もし本人が自分のことを美形だと思ってるなら怖いかも。

57 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 01:39
「ニュース・ステーションのお天気お姉さん」って誰ですか?
デビッド・ゾペティなら知ってるけど。

58 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 01:54
松本侑子です。
ちなみに選考会当日もニュースステーションに出ていて、
さっきすばる文学賞の受賞の連絡が入りました、
ニュースステーションから作家が誕生しました、と久米さんがはしゃいでいたのを、
不覚にも見てしまった私は当時高校生でした。
出てきた松本侑子が、それほど綺麗な人じゃなかったので、
ああ、こういう人なら小説書きそうだな、と子供心に納得したのを覚えています。
別枠だったのですか……

59 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:20
純文学というのはしょせんアイドル産業。
なのに、文芸時評とか、ブンガクといった批評的俎上に登る率は、
エンターテイメントよりも高い、というの矛盾はいかがなものか。


60 :>59:2000/05/26(金) 04:33
ちなみに噂の福田和也「作家の値打ち」ではエンタメと純文を
半分ずつ俎上にあげることで、純文学に発奮をうながしている。
過去に点数で文学作品を扱った渡部/スガ両氏以降のひとつの
試みとしてアイロニカルにせよ批評家の現状認識を示した。
エンタメにも方法意識の高い作家は多数いるにせよ、批評に値
する作品がなかなかないのが問題であり、平野を退けてエンタ
メに去った東浩紀がその流れを追認するかたちになっていると
いえる。

61 :エンタメも純文も:2000/05/26(金) 05:57
福田の点数づけ(もっと他に方法があったとは思う)は、
納得できないけど、純文とエンタメを同じ土俵で勝負させた
というのは評価に価する姿勢だと思う。
エンタメにまともな批評家が出てこないのは、
商業的セールスがなにより重要で、内容はともかく売れれば勝ち!
といった風潮が蔓延し、結果、出版社の太鼓持ちのような批評家しか
生き残れないということもあるのでしょう。
その点、純文学の世界ははなから商業セールスと無縁だから、
それなりにシビアで厳しい意見も出てくると。
しかし、最近はけなすことがイコール批評家の仕事だと勘違いしている、
評論家もどきが増殖している気も。
辛口批評も結構だけど、それが結果的に「ああ、しょーもないのばっかなんだ」
と読者離れを起こさせ、ここまで純文の読者を減らした原因なのでは?
新聞の文芸時評、文学界新人賞の選評、新人小説月評などを読むと、
「あなたたち、自分で自分の首絞めてないか?」と思うことが多いです。




62 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 06:15
>58

>出てきた松本侑子が、それほど綺麗な人じゃなかったので、

松本侑子はだいぶまともな部類に入る顔だと思うぞ。
あれが「それほど綺麗な人じゃなかった」とすると、
文壇の他の女の立場はどうなるんだ?(;´Д`)


63 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 07:42
テレビタレントとしては、レベル低いと思う。


64 :つけたし:2000/05/26(金) 07:50
っていうか芸能人枠なんだから、
他の文壇の女流→正当派作家枠の人と比べちゃ気の毒。
ちゃんと新人賞での真っ当な選考を勝ち抜いて出てきて、
なおかつ綺麗な人っていうのは、希少価値ゆえに価値があるのでは?


65 :age:2000/05/30(火) 15:03
agemasu

66 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 11:34
噂の真相、手に入らなかったんで

1・平野が盗作した作品、作家名
2・「神童」伝説が作り事とはどういうことでしょう?
  ほんとのデビューの経緯を教えてください。

お願いします。

67 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 15:00
神童は担当編集者がつけたセールストーク
そんなもん本気にしちゃいかんな

68 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 15:30
詳しくおしえんかい!

69 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 22:15
わたしは噂の真相以上のことを知ってるけどね
あそこはまあ間違ったことは書いてないがネタは
古い。60点と言ったところか。でも他人のこと
なんてあんま気にしない方がいいよ

70 :参考ね▼:2000/06/10(土) 23:42
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=book&key=954771618

71 :う〜ん:2000/06/10(土) 23:49
 ひらのけーいちろう、才能はある人なんだと思う。
いくらこむずかしーといっても、あそこまで書ける人ってなかなか
いないと思うし。でも売れないよね、あーいうのって。
これからどーゆー感じで作品出してくのかがかなり気になる。
やっぱ消えちゃうのかな??それもなんかさみしー気もするが。

72 :名無しさん@うまい棒:2000/06/11(日) 00:08
同じことやってたら、6作目ぐらいで絶対みんな離れていくよね。
その後どうするのかが、ちょっと見物だと思う。


73 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 17:29
そうか?
大衆をおまえ甘く見過ぎてないか?
もうとっくに離れてるよ
2作目、公称7万だけれども、まだやまほど初版が
残ってるからずばり実売は3万いってないだろうな
1作目の公称40万と比べてみ?
1作目、2作目足しても今の段階では新潮社では採算
ラインを割ってるだろうな。瞬間バブルみたいなもの
もう赤字で担当は頭かかえてるはずだね
いったいおまえが編集者だったらどうやってこんな
多田建設みたいな作家の本つくるんだ?
よく考えてみ。誰が手出すと思う?

74 :72です:2000/06/11(日) 20:19
いや、あのね >73

私は、あの第1作が30万部というのは、新潮社がどっかの団体にでも
動員かけたんだろうと思ってますんで、固定ファンの数はもっと
はるかに少ないと思ってますよ。
まともに読んでるのは1万人ぐらいでしょう。カンだけど。
それもやばいんじゃないかなぁと思ってるわけですよ。


75 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 00:57
関係ないんですけど、
よく公称ン万部っていうのは実売は半分っていいますが、
実際のところはどれぐらいなんでしょう?
「日蝕」は公称50万部ですよね、ホントはどれぐらい売れたんですか?

76 :74です:2000/06/12(月) 05:46
ああ、50万部うってるんだ。


77 :>74:2000/06/12(月) 18:51
読んだ読んでないと言い出すと話がややこしくなるから
あくまでも売れた数にかぎって言うと
まだいたい半分。しかし
1 何かの都合で本が話題になってしまう
2 注文が殺到
3 あんまり刷ってなくてあわてて増刷
4 全国の本屋に展開された時点で、なんだそれほど
  でもないじゃん、となると
5 8割は返ってきて売れ残る
今回はそれ以上にひどいんじゃないの 

78 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 18:58
でもレコード(CDか)業界に比べればかわいいもの
だれとはいわないけど、3,4年前100万枚売った
アーテイスト(ワラ)の次のアルバムで、まあ安全パイ
で初回40万出荷、ところが返品率が9割超えた例も
あるくらいだから、いかに数字が水物かわかるはず。
さすがに担当は左遷されたけど。出版はまだそこまで
の話も聞かないから、楽なんじゃないの。

79 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 20:19

たけしの娘?

80 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 21:55
ちがうよ
自称いい女。

81 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 01:51
昨日の新聞に村上龍「共生虫」10万部って出てました。
結構長く文芸書のベストセラーに載ってるのに、
まだ10万なのかーって
(焦ってテレビに出まくってプロモーションしてるのはそのせい?)
そう考えるとベストセラーに一二週顔だしても、
数万部なんだろうな。
でも、文芸書なんて一万いけば結構やったーの世界らしいから。
平野クンも当分は大丈夫じゃない?

82 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 18:02
「売れない文芸」が彼のセールスポイントに
なっただけ
>81
過去の実績からすると
初版の数が交渉しにくい
出版社がわからすると
商売のしにくい作家
ということなのでは


83 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 18:29
共生虫って10万なんだ、ふーん、
なんかムラリュウの鼻息を見てると
とっくに100万ぐらいは行ってるんだと思ってましたよ。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)