5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中上健次の最新情報ください。

1 :中上建設(株)後援会:2000/05/18(木) 01:17
単なる情報でも、関連サイトでもなんでもいいです。死んでるのは知っています、念のため。

2 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 01:20
宇多田ヒカルは『異族』がお気に入りだそうな。

3 :中上建設(株)後援会:2000/05/18(木) 01:25
レスはやっ。ウタタ゛が中上を?知らなかった…。ちょっとだけ、ウタダ好きになった。

4 :卑劣な公務員:2000/05/18(木) 01:42
http://plaza8.mbn.or.jp/~nakagami/

ウタダ・・・金くれ。

5 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 05:21
娘の、中上紀が、芥川賞の候補になる可能性もあるらしい。

6 :中上組(これも実在):2000/05/18(木) 10:19
奈良柏原の水平社記念館で8月末まで中上健次展やってるよ〜。

7 :余計なお世話ですが:2000/05/18(木) 11:14
>6
奈良の「かしはら」は「橿原」ですー。
「柏原」は大阪だと思いますですー。

8 :名無しさん@1周年:2000/05/18(木) 12:12
渡部直巳に授業を受けてた昔を思い出した。

9 : 中上建設(株)後援会:2000/05/18(木) 23:07
もっと情報おくれ。

10 :幸徳しゅうすい:2000/05/19(金) 01:23
晩年はインポだった。
柄谷との仲もうまくいってなかったらしい。

11 :名無しさん@1周年:2000/05/19(金) 01:49
もし生きていたら、平野を新宿に呼び出し殴り飛ばたうえ、犯していたらしい。

12 :死刑囚。:2000/05/19(金) 05:46
>8
ご愁傷様。

13 :名無しさん@1周年:2000/05/19(金) 23:22
紀が出てきた時点で中上ファンをやめた。
だって北野井子みたいじゃん。

14 :>5さん:2000/05/20(土) 00:39
ほんとですか。どの作品が候補に?
まだノンフィクションを合わせて
4作しかでていないですよね。

15 :5>14:2000/05/20(土) 01:10
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=book&key=950675511

140さんのレス参照。

16 :>15:2000/05/20(土) 02:05
ありがとうございました。
でも、彼女の「八月のベーダ」って、明らかに失敗作ですよね。
「フェイドアウト」はまだ読んでいないですが。
あんなんで芥川賞、
やはり純文学って危機なんですね。

17 :5:2000/05/20(土) 02:28
作品の善し悪しはアレですが、その感性を評価した場合は、まあまあだと考えております。でも、父を超えられるかどうか。

18 :中上建設(株)後援会 :2000/05/20(土) 03:48
もっとおくれ。

19 :>16:2000/05/20(土) 04:44
いまの純文学は低迷と言われつつそれなりにいい作品は出ていると思います。
ただ、芥川賞は作品の質より、いまは話題性重視の偏重があるから…
確か、大宰の娘の津島佑子なんかも作家としての資質は父に及ばないけど、
七光りで書く場所は多く与えてもらって結果的に賞レースに強かったと思う。
中上の系譜は、娘より佐藤洋二郎なんかに受け継がれてると思うけど、
佐伯一麦なんかも中上の影響を強く受けた作家だと思います。

20 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 04:52
>19
ある意味では松浦理英子も。

21 :追加情報:2000/05/20(土) 05:01
中上の愛人ということで「文學界」の優秀賞かなにかに推してもらって
その後、「すばる」から正式デビューした茅野裕城子なんていうのもいましたね。
紀もデビューはすばる文学賞。
愛人も娘もまとめて面倒みるなんて太っ腹な文芸誌だ「すばる」。
あと、妻も作家なんだよね、よく知らないけど…

22 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 05:29
若い男性作家が出てくると中上が強制してオカマ掘ってた
という話は読んだことある。
<噂の真相>のネタなんだけど。島田雅彦などが犠牲者だとか。
何でそんな権力があったんだろう? 「文壇の和田あきこ」ですか?

23 : 中上建設(株)後援会 :2000/05/20(土) 05:47
>21
彼の妻のペンネームは、紀和鏡、ですね。一回だけ古本屋で文庫をみた事があります。その写真が、ほとんど貞子。中上にはさぞかし苦労させられたでしょうからねえ……。父親は皇室にも入った事があるほど、有名なピアノ調律師だとか。
>22
ほんと?2丁目にはよく飲みにいっていたらしいですけど。ゴールデン街の勢いで(ワラ


もっとおくれ

24 :名無しさん@1周年:2000/05/20(土) 13:48
柄谷が中上に「お前、女だろ」と言ったら
(たぶん「精神的な傾向として」という意味だと思う)
彼は否定しなかったという話を読んだことがある。

25 :紀州弁:2000/05/20(土) 14:19
柄谷『坂口安吾と中上健次』の中に
「あいつ(中上)は俺のことを詩人だと思っていた」とか,「中上とは緊張関係が続いていて,どっちかが怠けたらおいていくぞという雰囲気があった」
というような事が書いてあった気がする(うろおぼえ)

ところで教えて欲しいのですが,ウタダが好きな本としてあげている中上の「紀州弁」って,どこかに掲載されているのですか?

26 :中上建設(株)後援会 :2000/05/20(土) 16:44
>25

「鳥のように獣のように」の第一章に掲載されています。

中上と名のつく本は全て持っており、読破しております、たぶん。答えられる質問にはお答えいたします。

もっとおくれ。

27 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 01:57
スレ、全部読んでませんが、マンガ「南回帰船」(双葉社・アクションコミックス)
1巻(1990年6/29)〜数巻未完ででた作品の原作もやっていますよね。もう
誰かレスしてたらイミないけど。

28 :中上建設(株)後援会 :2000/05/21(日) 02:13
>27
4巻まででております。ちなみに、主人公が母を捜し、フィリピンのミンダナオ島に到着したところで、未完となっています。全体的に話が急でめまぐるしいですが、絶品です。漫画でも原作者によっては物凄い傑作になりうる、と痛感した作品です。ちなみに画は、たなか亜希夫。

29 :名無しさん@1周年:2000/05/21(日) 04:59
>28

でも南回帰線、なかなか手にはいらないよ。

30 :名無しさん:2000/05/21(日) 18:51
>28、29
27です。
私は、四巻まで持ってます。そうか。これで全部なんだ。それが判っただけでも
超カンドーです。ずっと識りたかった!

編集部の意向など、物語の展開に、第三者の軌道修正をつい邪推しつつも、それ
でもちゃんと中上のハナシになってるとこが大好きです。雑誌掲載分は、もう少
し先まで展開したのかな? それとも、ここまでで打ち切りだったのか?


>中上と名のつく本は全て持っており、読破しております、たぶん。答えられる質問にはお答えいたします

ここには、スゴイ人がいるんすねえ。でも、質問が思いつけない。勿体ないなあ……。


31 :中上建設(株)後援会 :2000/05/21(日) 23:28
>30
なんでも聞いてね。それと…………もっと情報おくれ。

32 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 00:44
「国文学」に連載してた物語論って、単行本になりましたっけ?

33 :中上建設(株)後援会:2000/05/22(月) 02:14
>32
調べてみます。

34 :白石昇:2000/05/22(月) 10:48
>32
全集に入ってます。

35 :中上建設(株)後援会 :2000/05/22(月) 13:20
32の方のおっしゃるとおり、全集第15巻に掲載されています。
また、「風景の向こうへ」という単行本にも掲載されています。

全集の方は、佐藤春夫、谷崎潤一郎、上田秋成、折口信夫、円地文子。
「風景の向こうへ」は、円地氏以外が載っています。

36 :名無しさん@1周年:2000/05/22(月) 23:25
あげ

37 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 00:39
全集に、天皇性と物語をめぐってのシンポジウムとか
の発言は入ってないですかね?

38 :奈良県内地方公務員:2000/05/23(火) 01:25
>6.7さんへ
奈良柏原は奈良県御所市柏原では?水平社記念館⇒水平社博物館
ここ2,3か月の部落解放という雑誌に中上の特集をしていたような気
がします。確か回覧でみたような。

39 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 01:49
>37
天皇制やろ。

40 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 02:10
村上龍も中上に・・・?

41 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 02:31
>40
中上に、何や。気になるやないか。


42 :>38さん:2000/05/23(火) 18:48
6の中上組の者です。
自分で書いててなんかおかしい気がしてたんですが、「御所市」をど忘れして
どーしても出てこなくて。
水平社発祥の地、つまり住井すえの「橋のない川」の舞台になったとこですね。

43 :名無しさん@1周年:2000/05/23(火) 23:11
主旨とずれるし、こういうこと言うとアレなんだけど、
三島由紀夫の出自が路地と深くかかっているのは自明
の事である、と中上が書いてましたが、本当ですか。

44 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 00:25
父方の家系がどうとか・・・。

45 :>43:2000/05/24(水) 00:34
三島の家系って皇族だか華族だかに関係あるんじゃ?

46 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 05:59
「剣と寒紅」の前にも問題になりませんでした?
回収騒ぎがあったり・・・。

47 :>43:2000/05/24(水) 06:21
ま、あの問題にかんしては中上も多少電波入ってたからね。
「噂の真相」でも取り上げたことあるし、猪瀬直樹、野坂昭如と色んな人が
本書いてるのでちゃんと読んで下さい。

48 :名無しさん@1周年:2000/05/24(水) 06:39
あの天皇へのこだわりはどこからくるのか?
人は自分の対立物と合一化したいのかね〜。

猪瀬は参考にならんでしょう。
彼はいつも1番大切なことから逃げてるから・・・・。
「ミカド・・・」でもね。

49 :名無しさん:2000/05/24(水) 08:42
>中上建設(株)後援会さん

中上と村上春樹が対談したのは、どの雑誌ですか?
結構面白かったと思うのだけど、見つからない。

50 :中上建設(株)後援会 :2000/05/24(水) 14:13
>49
どの雑誌かはわかりません。私の知る限り、本にもなっていません、。

中上健次発言集成の対談集にも何故か掲載されておりません。でも、期待したほど面白くなかったような……

51 :中上建設(株)後援会:2000/05/24(水) 14:30
調べました。

1985年(昭和60年)

仕事の現場から(対談/村上春樹)

國文学 3月号

52 :名無しさん:2000/05/24(水) 20:28
>51
どうも。
確かこの対談で、春樹は「路地」という表現に興味を示して
いたはず。その後「ねじ巻き鳥とクロニクル」で「路地」が
舞台になる。
健次と春樹では、路地の意味付けが異なる。その点を
もう一度読み直したいと思っています。


53 :ixion:2000/05/24(水) 23:55
あの対談読むと、中上ってめちゃ勉強してたんだなぁ、と純粋に思う。
春樹は当時ラシュディも知らなかったらしいが、『真夜中の子供達』を
中上が意識してるのが面白い。なる、「関係の粘着性」と神話(の解体)
かぁ、と。あと、言葉の重みとして、関係性を通過してない村上が
地勢学や北海道について語っても、なーんかつまらん。ところが中上
が北海道(札幌)を『百年の孤独』のようにして書いたら面白い、と
言うと、なぜかマジで面白そうで、その今だ書かれざる開拓小説に
思いをはせてしまう(もと一道民の意見^^;)。

しっかし、あの写真…もっさい野郎二人…。

54 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 03:52
>三島の家系って皇族だか華族だかに関係あるんじゃ?
三島由紀夫の先祖、平岡家は、現在の兵庫県加古川市志方町。部落じゃないよ。
実家の近くだから、それしか知らない。


55 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 23:21
はいはい、あげあげ

56 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 01:24
中上は仮面の告白を一番評価していたが、そこで路地に関する告白が
されていない事に憤りを感じていた様ですね。

57 :56さんへ質問:2000/05/27(土) 08:18
『仮面の告白』のファンだけど『路地に関する告白』ってどうゆう事?

58 :>57:2000/05/27(土) 12:50
56は中上の電波に毒された人ってことだね。
中上は川端康成にもついてもしつこく同じ事言ってた。
今思えば、中上はあの出自ゆえにそういう発言が許されていたわけで、
普通だったら、文壇、いや一般社会からも抹殺されてるよ。


59 :ユキ:2000/05/28(日) 02:04
おとろし

60 :浜村龍造:2000/05/29(月) 02:28
なんでもかまうかァ

61 :『仮面の告白』のファン:2000/05/29(月) 04:33
『路地に関する告白』ってのも解らないし、川端康成に何をしつこく言ってた
のかも解らない、誰か教えてくれ〜〜。


62 :『仮面の告白』のファン:2000/05/29(月) 04:49
このスレッド全部読んでみたけど、『路地』=『部落』って事?

63 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 10:19
なんか2chっぽくなってきましたな

64 :>62:2000/05/29(月) 10:22
勉強しなさい!

65 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 11:21
ぼくも路地=部落なのかなとスレッドを読んでいておもいました。
でも64のレスからするとどうも違うみたいですね。
なんだろ。。
アジアとか?

66 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 13:27
62さんので正しいです。それと……モロ表現はやめませんか?そのために、わざわざ「路地」と言ってるンだから……

67 :つーか:2000/05/29(月) 13:37
「路地」の解釈だけで研究者がたくさん論文・エッセーを書いてる・・・
それぐらい難しい問題なのよ。
おそらく中上自身も一言では説明できなかったんじゃないかな。

68 :>61,62:2000/05/29(月) 13:48
この板に来る人間でも川端康成の事件知らないのって結構多いんだろうね。
臼井吉見の「事故のてんまつ」って言えば、日本文壇史上(文学史上じゃない)
あまりにも有名な事件だよ。
中上も間接的にからんでる。

69 :人面神経衰弱:2000/05/29(月) 14:56
ワシはバカボンのパパのモデルなのだ!


70 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 01:42
川端康成の事件って何ですか?
過去ログも探したのですが、見つけられませんでした。
ここにカキコするのは、差し障りがあるでしょうから、
よかったら、そのことがわかるサイトかなにか教えてもらえませんか?

71 :『仮面の告白』のファン:2000/05/30(火) 06:49
関東で生まれ育った人間にとって部落問題って全然解らないんだよね。
秘境探索って感じで、すごく神秘的な感じがします。おせーて、おせーて、って気持ち。

72 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 12:51
>71
例えば、東京にも部落っていっぱいありますよね。「関東だから解らない」
の真意は? 秘境探索……ねえ。秘境ってどういうコト? 何んか差別的
意図があっての発言なのですか? 差別で言ってるんなら、自覚があるん
だから、何も言わないけど、そうではないのなら、関係者の気分を害する
かもしれない言い回しは慎んだ方が良いのではないでしょうか?

73 :>71:2000/05/30(火) 15:06
「鬼の首」をつかって慣用句をつくれ
(30字以内 時間10分 昭和15年 九州大)

74 :>71:2000/05/30(火) 15:53
三島由紀夫の読者に一般常識欠落してるドキュンが多いってわかったことは
このスレの収穫。

75 :>73:2000/05/30(火) 15:56
かるいきもちでカキコしたのに、鬼の首を取ったような反撃にあった。
71は気にする必要ないよ。

76 :>71:2000/05/30(火) 16:00
ネタ?

77 :>76:2000/05/30(火) 16:28
寝た子をおこすネタとみた。

・・・ああ。、いいよ、ザブトン全部取れよ

78 :68を書いた者:2000/05/30(火) 17:30
少しは真面目なやつだったら、レスつけようと思ってたが・・・
やーめた!

79 :知ってるけど:2000/05/30(火) 17:36
まあ、>73からの方がおもしろいよ。
グレシャムの法則、おおいに結構(笑)

80 :なんとなくポストモダン:2000/05/30(火) 17:50
>・・・ああ。、いいよ、ザブトン全部取れよ

ここで、ウケタ。おもしろい。

81 :70:2000/05/30(火) 23:20
あの、68さん。教えて頂けませんか?

私、真面目です。

82 :『仮面の告白』のファン:2000/05/31(水) 00:20
>東京にも部落っていっぱいありますよね。
東京、新宿区で生まれ育ったけど、どこにあるんだかまったく知らない。
マジで教えて欲しいよ。
どっかの掲示板で見たんだけど、部落の人しか知らない言葉があるらしい。
話を『路地』に戻すと、この言葉は部落の内側の人が自分達を指して使う言葉なのか、部落の外側の人が使う言葉なのか、教えて欲しいな。
>関係者の気分を害するかもしれない言い回しは慎んだ方が良いのではないでしょうか?
関係者の人で気分を害した人がいたらがんがんレス付けて下さい。

83 :『仮面の告白』のファン:2000/05/31(水) 00:29
>74
俺は仮面の告白だけに魅力を感ずるんだよね、あとの三島はつまらん。

84 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 02:05
あのーーーモロ表現はやめませんか。路地がわかりにくかったら、Bとか……


85 :『仮面の告白』のファン:2000/05/31(水) 02:13
真摯な態度で『部落』って言葉を使えばいいんじゃないの?

86 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 02:45
そうでしょうか……
あの、失礼ですが、「開同」という恐ろしい
組織をご存じないのでは……

87 :や、やめてくれーー:2000/05/31(水) 02:48
開同はしっているし、いろいろしっている。ついでに、ここが
どうカキコしようと匿名性をたもつネットだということも知っている。

・・・そういう方向での話の展開は、いろんなBBSでみたから勘弁して。

88 :『仮面の告白』のファン:2000/05/31(水) 04:19
もし、ヤバクなったら管理者がこのスレッドだけデリっちゃえばいいんじゃないの?そんな甘いもんじゃないの?

89 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 04:49
「破戒」読んで寝よ。

90 :無知と想像力ナシ:2000/05/31(水) 06:33
無知と想像力のないことって違うと思う。

「ええー?生れてから自分の足で立ったことがない人がいるのー?それはぜひ
見てみたい。イベントみたいで面白いから、オセーテ、オセーテ」

「ええー?両親いなくて、しかも、餓死しそうな人が沢山いる国があるの?
それはゼヒ知りたい。秘境探索ってかんじだよね、行きたい、行きたい」

「『ええー?身体障害者って、東京にもいるの?見たことがないぞ。見たい
見たい』って書いたら『身体障害者の親の人を思いやった書き方をしろ』って
書かれたけど、『親でムカついた人がいるなら、マジでレスがんがん下さい』」

上記、非差別の人達がそうだっていう訳ではありません。

真意は、上記のようなことをいうバカはいなくても、非差別問題では、
単純で無知な人が、「俺、悪いこと言ってないじゃん」って顔で、
ちっとも思いやれないことがままある。思いやることなんて当事者で
はないとできない、おごった考え方なのかもしれないけれど、最大限、
人の気持ちや立場を想像して、へりくだった態度で議論することはで
きると思う。

最初から想像力を働かせない人がいる。ある意味、羨ましい生き方だ。でも
俺のダチには、一人もそういうヤツはいない。

91 :非差別=被差別:2000/05/31(水) 06:38
字を間違えました

92 :『仮面の告白』のファン:2000/05/31(水) 07:57
身体障害者だったら、言葉で聞けば大体わかるし彼らを差別する気は全然ないよ。
部落の人に対しても差別する気は全然ないよ。
現在、部落差別があるってのも半信半疑なんだよね。
で、もしあるなら部落の問題ってーのはオレの想像力を越えるんだよね。
だから不思議の世界なんだよね。だから聞いてみたい訳。うん。
で、この話題が不快ならココを見なきゃいいし、この話題そのものに文句が
あるなら言ってちょーだいって訳。繰り返して言うけど俺は全然差別する気は
ないよ。ただ、興味があるだけ。

93 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 08:07
平行線では?

セクハラ問題って、セクハラしてる方は、してない、
されてる方は、されたって、意識のギャップからくる
わけでしょ?

オレは、セクハラなんて意識は全然なくて言ってるん
だ、感じる方が悪い、なんて議論はもう通らないから
気をつけるようになった男は多いけど、ほんねの部分
では、オレは、気をつけるようにはなったけど、やっ
ぱりこれはセクハラとは思わない!って意識は残って
ると思う。

それと似てない?

だから、団体の人が、ネタ子を起こすこともあるし、
よく知らない人の無責任な議論そのものを封じちゃ
うんでしょ?

94 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 10:04
このスレッドの展開見てると、中上はある意味正しかったと言えるな。
作品の中ではっきり部落というテーマを打ち出してしまうと、
すぐに解放同盟や差別といった政治的・通俗的な問題にからみとられちゃうから
嫌なんだ、と何処かで生前言ってた。
ただ中上は若い頃は新宮の支部にも関わってたけど。

95 :>94:2000/05/31(水) 12:42
そうだね。
文学のためには全てを裏切る人だから。

96 :>94:2000/05/31(水) 12:56
同感。

>92
興味があるなら、まず下記を見てみましょう。
http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C9%F4%CD%EE%B2%F2%CA%FC%C6%B1%CC%C1

97 :『仮面の告白』のファン:2000/06/01(木) 03:29
うん、http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%C9%F4%CD%EE%B2%F2%CA%FC%C6%B1%CC%C1どうもありがとう。
で86@`87の人に聞きたいんだけど解放同盟の人がこの手の掲示板を発見するとサーバーに対して圧力を掛けてデリっちゃうって感じなんですか?

98 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 05:25
三島ファンが低能だと思われたくはないので、
黙っていろよ。お前の発言は恥ずかしいものだぞ。
そもそも、お前が三島のなにを知っているんだよ。
「仮面の告白」のタイトルも使うな。

99 :『仮面の告白』のファン:2000/06/01(木) 05:34
あら、それはゴメンなさい。

100 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 06:21
部落ヲタ電波は死ね

101 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 06:22
-----------------------大尾------------------------

102 :『仮面の告白』のファン:2000/06/01(木) 06:39
『部落ヲタ電波は死ね』の電波ってどうゆうこと?意味不明

103 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 06:42
ーーーーーーーーーーーーーー完結ーーーーーーーーーー

104 :こりゃ:2000/06/01(木) 09:39
統帥権干犯問題だよ。ほとんど。
・・・だから、ヤメテクレー、いうたのに。ま、しょせん鬼の首よ。臭いものに
フタして、別な話題いきましょ。

105 :>97:2000/06/01(木) 09:43
解放同盟のページには、現在もある差別の実例、それに、問題があった
人へ、解放同盟の人達が反省をうながした記録なども、掲載されています。
(私も今見ました)

行間を読めば、「圧力かけてデリっちゃう」のかどうか、解放同盟が、そうい
う団体なのかどうか、判断の材料にはなるでしょう。

きっと、お知りになりたいことの多くが掲載されていると考えます。

できれば、このスレ、中上の話題に戻しましょう。

106 :中上建設(株)後援会 :2000/06/01(木) 16:45
ああ、よかった。………では、気を取り直して

        情報おくれ



107 :名無しさん:2000/06/01(木) 21:38
ところで中上の墓って、処理場の近くにあるんだよね。

108 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 23:06
処理場?

109 :『仮面の告白』のファン:2000/06/02(金) 04:01
また、あぶない方にいく

110 :>105:2000/06/02(金) 04:13
>行間を読めば、「圧力かけてデリっちゃう」のかどうか、解放同盟が、そうい
で、行間には何て書いてあったの?
ネット上の言論に対して解放同盟がどうゆう態度をとるのか興味あるんだけど。

111 :ユキ:2000/06/03(土) 02:46
おとろし

112 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 03:17
よっぽどこのスレ上げときたいアホが居るようだな。

113 :野末陳平:2000/06/03(土) 03:46
中上健児って、なんでインテリに受けるの?

114 :おめこ:2000/06/03(土) 05:27
俺も105に聞きたいな
>行間を読めば、「圧力かけてデリっちゃう」のかどうか、解放同盟が、そうい

で、行間には何て書いてあったの?
ネット上の言論に対して解放同盟がどうゆう態度をとるのか興味あるんだけど。

115 :105:2000/06/03(土) 20:06
行間は行間です...

「ネット上の言論」に限らず。解放同盟は解放同盟の被差別意識の琴線に
ふれる=人々の心を無差別に傷つける=言論の発話者に対し、さまざまな
手法で、糾弾を行ってきたらしいですよね。皆さんの方がご存知でしょう。

糾弾は組織的に行なわれることによって社会的にも認められ、差別した人
の真の反省と差別された人たちの自覚を促し、差別を許さない集団(国?)
を創るというのが目的なのでしょうから、場所がネットに移されても、
理念・方法は変わらないのではないでしょうか。

具体的方法論は想像するばかりですが、目に余る差別発言を放置しておく
はずもないところでしょう。街の不快な落書きや、無罪の罪を着せられる
人が現れぬよう、解放同盟には、今後も頑張って欲しいものです。

中上の話題とも文学とも離れますので、別の場所にスレッドを立てられた
らいかが?


116 :『仮面の告白』のファン:2000/06/04(日) 03:46
>中上の話題とも文学とも離れますので、別の場所にスレッドを立てられたらいかが?
たぶん、中上文学の本質を語る場合、部落ってのは避けて通れないんだろうし、
路地って言葉の奥にある物も知りたいし、
解放同盟の掲示板に対する振る舞いもしりたいし、
うん。だからヤッパ、おせーて、おせーてって感じたね。

117 :中上建設(株)後援会 :2000/06/05(月) 00:12
>中上文学の本質を語る場合、部落ってのは避けて通れない

確かにそうかもしれません。

>路地って言葉の奥にある物も知りたいし

その思いも理解できるのですが、ここは中上健次の最新情報についてカキコしてい
ただきたいと考え、立てたスレです。
『仮面の告白』のファン さんは差別、被差別、あるいは被差別部落について知識を
深めたいとお考えになっていらっしゃる様に思います。でしたら、それ専用のスレを
立てられたらいかがでしょう?
なぜなら差別、被差別とは非常にデリケートな問題であり、そういった一切の事に関
して発言自体を控えたいという方はいらっしゃると思います。そのためにこのスレの
本来の目的が反故にされてしまうのは、私としては残念です。
私は差別、被差別について発言をしたくないとは考えておりませんし、もし 『仮面
の告白』のファンさんがスレを立てられたら、そちらに自分の考えをカキコさせて頂
きたいと思います。よろしくお願い致します。


118 :おめこ:2000/06/05(月) 02:31
>中上健次の最新情報についてカキコしていただきたいと考え、立てたスレです。
了解しました

119 :隣の女:2000/06/05(月) 23:40
また、牛やったかよ

120 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 02:14
さ、こっちを上げるか。
ところで「19才のジェイコブ」って失敗作と評されるけど、そうですかね?
個人的には初めて読んだ作品(角川文庫の装丁を見た瞬間、釘付けになった)
なんで「この前死んだバカボンパパおじさん、こんな凄いものを書ける人だったんだ!」
ってかなり興奮しました。全集揃えて一気に中上作品読み直そっかな。

121 :中上建設(株)後援会 :2000/06/10(土) 02:42
上げて下さってありがとうございます。もう、あきらめていました。

122 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 16:10
なんでみんなムキになってあっちをあげてしまふのれすか?
読む気ないっていうならもういいだらうに。

123 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 20:23
あの〜、実際にあった事件を基にして作られ、太地喜和子主演
で映画化された「火祭り」(?)とかなんとかいう映画の原作
はなんという題の小説なのでしょうか?

124 :>123:2000/06/10(土) 20:37
あれはオリジナル脚本です。
脚本そのままも「火の文学」というタイトルの角川文庫に収められました。
おそらく全集にも入ってるでしょう。

125 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 20:48
123>124
どうもありがとうございます。
ずっと、気になってたんですが今日なぜか太地喜和子の顔が頭に
浮かんだので…(笑)
さがしてみます。

126 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 21:24
太地喜和子かあ・・・、あの人も妙な死に方しましたねえ。
素敵な女優さんでした。合掌。

127 :124:2000/06/10(土) 21:33
ところであの映画、太地・中上も含め関係者がボコボコ死んでるって話、
皆さんご存知?
雑誌やテレビでも取り上げられたことある。
モデルになった事件が事件だったからね〜。

128 :新宮高校卒業生:2000/06/11(日) 01:43
俺は新宮高校の卒業生だけどその当時の現代国語や古典の先生が
中上の事ばっかり触れていてうるさかった記憶があるな。
その当時はまだ亡くなっていなくて、俺は小説なんか読まない人間だったから
中上の偉大さがわかっていなかったが。
このスレを立ち上げた中上建設(株)後援会 さん、
ジャズと爆弾(角川文庫)を持っていますか?まだ若かりし頃の中上と村上龍の対談のやつ。
確か廃盤になってると思うけど。俺は古本屋で見つけたときは結構感激したけどな。


129 : 中上建設(株)後援会 :2000/06/11(日) 01:54
持ってます、持ってます。角川のやつね。僕は北千住の古本屋で
50円で買いました。カバーなしだけど、20回は読み返しました。
夏の朝に、土手で汗かきながら何度も何度も読んだものです。

話は逸れますが、あのころの村上龍は、本当に突出した資質を持って
いたという事がわかりますね。
と、いうかカッコよかったですね。

130 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 13:17
それじゃあ、村上龍はいつごろから、
なにを理由に、どのように変わったのかを教えてよ。

131 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 14:07
>130

鬱病になってからじゃないの?(わら



132 :中上建設(株)後援会 :2000/06/12(月) 02:40
>130

「コインロッカーベイビーズ」の成功の後くらいからで、自分は才能あると
自負し始めた頃からではないでしょうか。


133 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 03:05
中上を読む人は、龍もよんでいるのかな?
「かぎりなく〜」は確かに面白いけれど、
「灰色のコカコーラ」にはなりえない。
どこか比較しちゃうよね。

134 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 03:12
「コインロッカー・ベイビーズ」を書き上げたなら、
作家として、自信が持てるのではないでしょうか?
作家の力量と人気がつりあった作品ですから。

135 :中上建設(株)後援会:2000/06/12(月) 03:26
ですから……才能がないとは言っていませんよ。
で、「作家として、自信が持」つ事が悪いとも思っていません。

136 :新宮高校卒業生:2000/06/12(月) 04:08
中上建設(株)後援会 さん、なるほど、やはり「ジャズと爆弾」の文庫本も持っていたか。
おぬしは相当の中上通と見た。ということは当然HNの中上建設も「ナカウエケンセツ」と読む
のも知っているのだろうな・・・新宮にある中上の親戚の土建屋だが。
俺の実家は和歌山の那智勝浦なのだが
中上が癌に冒されて最期は中上の同級生が病院長である那智勝浦にある日比記念病院で息を引き取ったのだが、
俺の昔の同級生がそこに今でも勤務しているよ。スーパー・オークワ勝浦店の隣にあるよ。
中上が主宰していた熊野大学の理事長って肩書きになってるな、その日比紀一郎っていう病院長は。
あと新宮高校の指定書店になっている荒尾成文堂っていう本屋のオヤジが中上のなんとか会の実行委員長か
なんかだった気がする。
以上、思いついたことを書いただけなので脈略のない文章でごめんなさい。
また何か思いついたらカキコしますので。


137 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 04:42
ですから、あなたが才能がないと思っているとは
言ってはいません。「あのころ」(1977年)と比べて、
どうして現在を過去形で語ったのかを聞いたわけです。
「あのころ」と「コインロッカー・ベイビーズ」以後が、
どのように変わったのかを挙げて欲しかった。

138 :レス不要:2000/06/12(月) 15:19
>137
何ムキになってんの?ここは中上のスレなんだから村上龍の話はあつちでやれ。
「どのように変わった」かなんて、いちいち人に聞かなくてもわかるだろ。
それとも、てめえは村上龍がデビュー当時から変わってないとでも思ってんのか。
とにかく自分で考えろや。


139 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 07:09
『ユリイカ』で今年のカンヌ映画祭批評家賞とった青山真治が中上のドキュメンタリーを撮っているそうです。
本人(中上)がとりっぱなしにしておいた熊野にかんする映像をもとに再構成したというものらしいです。こういう企画はえてして熱狂的なファンの反感を買いそうなものだけど、どうなんだろうね。

140 :むすめ:2000/06/13(火) 10:42
 今週のサンデー毎日の表紙が中上紀です。
読んだことはないんですけど、七光り?それとも才能あり?

141 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 22:55
才能無し。集英社も相手にするなよ。

142 :中上建設(株)後援会 :2000/06/13(火) 23:36
新宮高校卒業生 さん、またレスしてくださいね。もっとお話聞きたい
です。

ところで、中上紀って美人なんですかね?
父親がアレだから、私は結構、オオッと思わされましたが。

143 :名無しさん:2000/06/14(水) 09:15
中上健次のHPみると何故か、七光り娘の小説の宣伝までやってる。
おい、こんなの許していいのか?

144 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 11:54
しかし中上の娘だからって、最初から七光りだと決めつけちゃかわいそうだろ。
もう少しあたたかく見守ってやろうよ。
中上と仲良かった津島祐子だって最初は似たようなもんだったんだから。

145 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 15:10
中上建設(株)後援会さん
最近買った中上選集(12)の年譜に、「1986年11月、パリ、
ポンピドゥーセンターでのシンポジウムでJ・デリダと公開対談。」
という記載があるのですが、この公開対談って何かで読めるのですか?

146 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 17:43
中上紀はまだ習作を書いてる段階。
新人賞だって明らかにデキレース。
ただ、いまの純文学界はアイドル?を必要としてるし、
使う側からすれば重宝なんだろうね。
本人もうかれてないでもう少し自覚的になった方がいいと思う。
何より同じ名字を名乗ってることが納得いかない。
ちょっとあさましいっていうか。
最初は別名で経歴を隠してぐらいの覚悟が欲しかったというか。
父親はデビューまで結構苦労してるし、決して最初から恵まれてた訳じゃない。
売れなくて腐って酒場でケンカして相手に怪我させて慰謝料が払えなくて、
いまの幻冬舎の社長で当時は角川の見城という編集者に金借りて、
芥川賞獲ったら返す、って約束したけど本人も編集者も獲れるとは、
思ってなくて、蓋を開けたら受賞。賞金で金返して、受賞第一作をその編集者に渡して、
なんて伝説、マジカッコイイよね。
だからいくら娘だろうと、オレは中上紀にはなんの期待もできないなあ。
オレのなかでは別物。
あと津島佑子も太宰とは別物。

147 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 17:53
中上の娘が七光りでないなんてのは、小渕の娘の擁立が小渕とは
関係ない、って言うのよりもっとひどいね。(意味不明)
あんなブスがアイドル?てやんでえ、笑わしてくれるぜ(笑)

148 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 18:31
まぁ,たとえ七光りでデビューできたとしても,ホンモノで無かったら
淘汰されていくんじゃない?流行り廃りの早い世の中だし.
親父を背負ってる以上,廃れた方が悲劇だと思う....

>146
中上紀ってそんなにうかれてるの?

149 :>中上紀:2000/06/14(水) 23:15
「親が紀州出身なのでこんな名前付けられちゃいました〜」
てな感じで藤原紀香との対談、「文春」あたりできぼーん。

150 :中上建設(株)後援会 :2000/06/14(水) 23:37
>143 

中上のHPのURL教えて頂けませんか?私も探していたのですが…

>145

J・デリダと公開対談については、私の知る限りでは書籍になってい
ません。もし知っている方がおられたら、教えてください。

>ALL
中上紀は、すごい言われようだなあ……

151 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 00:22
NHK教育の「しゃべり場」とかいう番組に出ていたな。
中・高生相手に「おしゃべり」していたよ。


152 :>150:2000/06/15(木) 00:30
4のカキコのアドレス

http://plaza8.mbn.or.jp/~nakagami/

153 :>151 :2000/06/15(木) 00:31
紀が?

154 :でも:2000/06/15(木) 09:07
どーいわれよーとチャンスは多いわけだから
うらやましーわー。七光り・・・。

155 :名無しさん:2000/06/15(木) 10:11
中上健次発言集成の第何巻か忘れたけど、
デリダとの対談は単行本になっている。

156 :=145:2000/06/15(木) 13:09
>155
検索した結果、発言集成の第3巻に入っているみたい。
ありがとうございました。

157 :中上建設(株)後援会 :2000/06/15(木) 23:14
本当だ。「穢れということ」、第3巻に入ってました。
失礼しました。

158 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 13:55
下がるのが早いなあ。age

159 :名無しさん:2000/06/16(金) 19:03
>145
ちなみにデリダと中上の対談のあとの質疑応答で、
浅田彰が質問に立ってしまったわけだけれど、
そこまで、収録されてたかな?
記憶が曖昧だ。

160 :中上建設(株)後援会 :2000/06/16(金) 23:57
>159

はい。三島とジャン・ジュネについての質問から収録されております。

161 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 03:42
中上あげ

162 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 02:52
中上揚げ

163 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 19:30
こんなんやるらしい。
>http://aoyamabc.co.jp/public-html/abc-fair/fair-event.html#nakagami

164 :中上建設(株)後援会 :2000/06/19(月) 00:48
>163

ありがとうございます。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)