5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者

1 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 14:03
今まで読書嫌いだったんですが、
「大学生にもなって本も読めないようではまずい。」
と思い、最近本を読み出しています。
とりあえず、何となく名前を知っている作家から入ろうと思い、
宮部みゆき「龍は眠る」馳星周「不夜城」山田詠美「ぼくは勉強ができない」を読みました。

1番最近には村上春樹の「TVピープル」を読んだのですが、
表題作からして意味がわかりませんでした。
でも文章自体は読みやすいし、次は「ノルウェーの森」あたりを読もうと思っているのですが、
実際どんな人を読んでみるのが良いのでしょうか。ご教授願います。

2 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 16:03
次は赤川次郎あたりがオススメかと。

3 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 16:11
いや、絶対、北方謙三。マジオススメ。

4 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 17:21
舘淳一。いやでも読むだろう。そのうち。

5 :ヒゲ魔神:2000/05/25(木) 17:52
村上龍かホモ三島由紀夫がいいんじゃない

6 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 18:11
井原西鶴

7 :>1:2000/05/25(木) 18:26
上記の本を読んだ感想は?
どれがフィットしましたか?

その上でどういう話が好みなのでしょうか?
情報が少ないと一般論になりすぎて有益ではないでしょう。

8 :1:2000/05/25(木) 19:09
みなさん、レスありがとうございます。

それと、書き忘れてましたが自分は男です。
一応それも前提にしといて下さい。

>上記の本を読んだ感想は?
宮部みゆき「龍は眠る」はまあまあ面白かったです。
が、具体的にどうというのはちょっと思い付きません。

馳星周「不夜城」に関しては、同じ裏社会を描いたものとして、
漫画の「代紋TAKE2」の方が面白いと思います。
まあ実際内容の良し悪しというより、自分が活字が苦手だってことですが。

山田詠美「ぼくは勉強ができない」は
結構共感できましたし、面白かったです。
ただ、高校生のうちに読んでいればと結構悔やんでます。

この中では「ぼくは勉強ができない」が一番好きですね。

あと、書いてませんでしたが、
シドニー・シェルダンの「真夜中は別の顔」「明け方の夢」は面白いと思いました。
話の展開が早いので。あと、情景の描写とかもそんなにないですし。
(情景の描写とか読むのが苦痛です。飛ばしちゃってもいいんですかね?)

>その上でどういう話が好みなのでしょうか?
どういう話というよりも、とりあえず活字嫌いを直せそうなものがいいです。
例えば、中毒性の高いものとか。

あと、理屈っぽい人間なので論理的な物語(そんなのなかったら、すいません)
なんてのも読んでみたいです。

9 :名無しさん@1周年:2000/05/25(木) 19:20
>8

なんだか、電車の吊り広告に載っているような本ばっかりだよね(ぷ
心意気は認めるけれど、本屋に飛び込んでみて、今まで行かなかった
コーナーに行ってみるとかもしてみたほうがいいと思うよ。


10 :なんか:2000/05/25(木) 21:18
1の話聞いてたら恥ずかしくなってきちゃった。。

11 :>1:2000/05/25(木) 21:39

 「秘密」 東野 圭吾
 「岸和田少年愚連隊」 中場 利一
 「熊谷突撃商店」  ねじめ正一
 「へらへらぼっちゃん」  町田 康
 「さよならギャングたち」  高橋 源一郎
 「夜を賭けて」  梁 石日
                    こんなのはどうでしょう。

12 :スタンダール:2000/05/26(金) 01:34
日本男児なら、司馬遼太朗と池波正太郎の時代小説は、
読んでおくべきだと思う。
「竜馬がゆく」と「真田太平記」は、読んでおいて
損はないと思う。
最近ちゃらちゃらした若者が多いが、そういう奴らに
司馬さんと池波さんの作品を読ませてやりたいものだ。

13 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:02
あなたが読んでいる本はとても本を好きになるしろものじゃないことは
確実。そのあたりから入るのならもう一人の村上の「コインロッカー・ベイビー」
をお読みなさい。


14 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:06
龍のイビサ、読んでみ。

15 :>1:2000/05/26(金) 04:06
君とは趣味があいそうにもないからなにも言えない。

16 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:37
あのね、ハーレクイーンロマンスという傑作シリーズがあるから、それをオススメします。

活字嫌い病は、絶対にそれで治癒しますから。

17 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:46
「我が輩は猫である」  夏目漱石

基本です。

18 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:49
だから、マジレスしなくていいって…………

19 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:15
古事記

20 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:16
太平記

21 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:16
梁塵秘抄

22 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:17
神曲

23 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:17
3日でわかる相対性理論

24 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:19
失われた時を求めて

25 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:19
破戒

26 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:19
旧約聖書

27 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:19
自殺について

28 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:20
ヘプタメロン

29 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:21
志茂田景樹の本

30 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 12:23
も、・・・盛り上がらねえ

31 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:43
日本書紀

32 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:44
地獄の果実

33 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:44
重力の虹

34 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:45
トム・ジョーンズ

35 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:45
オーレリア

36 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 14:46
大唐西域記

37 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 15:01
どうせなら、しりとりでやってみては?

38 :36の「き」:2000/05/26(金) 15:29
黄表紙

39 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 15:31
新古今和歌集

40 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 15:33
宇治拾遺物語

次は「り」

41 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 15:36
龍言飛語

42 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 16:02
後拾遺和歌集

43 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 17:15
姑獲鳥の夏


44 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 17:18
積木くずし

45 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 17:37
可哀想に。

46 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 17:42
死に至る病

47 ::2000/05/26(金) 19:46
>16
>あのね、ハーレクイーンロマンスという傑作シリーズがあるから、それをオススメします。
>活字嫌い病は、絶対にそれで治癒しますから。
読んでみようと思います。
著者名を教えて下さい。

48 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 20:41
リー・ハーベイ・オズワルド『令嬢ジャクリーンの華麗な冒険』(子狸ハーレクイン文庫)
ジャーナリスト志望とか親の金でぶいぶいいわせていた奇麗どころが、好き者旦那に囲われた。
いろいろやって旦那はえらくなったが撃たれて死んだ。そのあと船問屋の大旦那に後妻として囲われたが、
歳の差はいかんともしがたい。
案の定、先妻の娘と遺産相続をめぐってしっちゃかめっちゃか。主人公は浮世離れした揉め事に巻きこまれたが、
死ぬ直前、こういう。
「でも、あたしは負けない」
直後、死ぬ

49 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 21:01
>直後、死ぬ
負けちゃったね。

続きを参ります。「イリアス」

50 :>50:2000/05/26(金) 23:35
「スワン家のほうへ」(プルースト)

51 :趣味の押し売り:2000/05/27(土) 01:01
五木寛之「青春の門」            三浦綾子「氷点」             
石坂洋じ郎「あいつと私」「陽の当たる坂道」 井上やすし「しろばんば」
三浦朱門「教師」              筒井康隆「文学部唯野教授」        
林真理子「女文士」「文学少女」       松浦理恵子「親指Pの修行時代」
落合恵子「セカンドレイプ」         大江健三郎「死者の奢り」「17」
宮部みゆき「火車」             村上春樹「ダンスダンスダンス」
笙野頼子「200回忌」           曽野綾子「天上の青」
山崎豊子「大地の子」            村上龍「エクスタシー」
山田詠美「マグネット」           石原慎太郎「太陽の季節」
遠藤周作「私が棄てた女」          〜〜河童「少年H」




52 :趣味の押し売り:2000/05/27(土) 01:29
ゆう美里「家族の肖像」

53 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 05:23
>47

もう死ぬほど種類があるので、どれでも。あなたのインスピレーションで
選んでもらって結構です。古本屋で五冊100円で売っていたりします。

恋愛版の時代劇みたいなものです。

54 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 10:00
>50
「ヘリオガバルス」(アルトー;マジレスにもなっていたりする)

>53
恋愛版の時代劇、というより恋愛小説の綿菓子版、という感じでは。

55 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 10:26
そろそろトマス=ピンチョンの「重力の虹」でもいっとくか。
その次は、プルーストの「失われた時を求めて」かな。

活字好きになること請け合い。

56 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 10:47
ボルヘス「伝奇集」「砂の本」も活字好きになれます。
その中でも「砂の本」だけは騙されたと思って読んでみて〜。
短編集だから読みやすいと思う。

57 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 16:18
 田中芳樹「銀河英雄伝説」
 完結してるので安心して読めます。

58 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 23:38
・・・ま、これ全部読んだら、文学部の院生になるかマニアになって人生棒に振るか
どちらかというところでしょう。

ちなみに「銀河英雄伝説」おすすめ。
これよめば、火野ショウヘイとか、アクタガワショウとか、すくなくとも彼岸方面には
いかずともすみます

59 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 13:30
プルーストが挙がっているのなら
ジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」も。

60 :>51:2000/05/30(火) 14:25
妹尾河童「少年H」は止めた方が良いですよ。
理由は山中恒「間違いだらけの『少年H』」参照。
あれよりは
小松左京「やぶれかぶれ青春記」が良いです。
絶版だけど。


61 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 01:24
>60
どうしてだめですか?すこしだけ教えてください

62 :奥歯:2000/05/31(水) 19:53
伊丹十三の、初期のエッセイ。「女たちよ!」、「ヨーロッパ退屈日記」なんかは、下手な小説読むより面白い。

63 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 00:01
日本の作家のものなんてよんでるのが、イタイです。
翻訳ものしか呼んではダメです。なんも得るものなどありません。こんな
日本のものでは。アニメと漫画だけです、日本でいいのは。

64 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 00:45
>63
頭の悪さが滲み出てますよ。

65 :皆さん:2000/06/01(木) 01:23
意地悪だなあ・・・
しかし意地悪になりたくなる気持ちもわかる

66 :>55:2000/06/01(木) 02:32
俺、重力の虹、本棚の飾りになってる。
楽しい読み方教えて!

67 :というか:2000/06/01(木) 02:46
ここのひとって本の薦め方をしらない。

68 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 05:19
とりあえず中高生に勧める気持ちで書くと、活字慣れしてない人は
星新一のショートショート集から読み始めたらいいんじゃないかと思う。
それから、有名作家の短編集に進み、
気に入った作家がいたら、その作家の長編を捜してみる。

長い本を読む途中で挫折したら、
ますます活字嫌いになるだろうからね。

69 :55:2000/06/01(木) 05:35
俺も知りたい。

70 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 10:29
エンデ「はてしない物語」
活字嫌いでも最後まで放り出すことができない長編(・・と思う)。

71 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 10:36
>67
何も具体的な書名を挙げないで厭味書き込んでる輩がこの中でもとりわけ意地が悪くて
本の薦め方を知らない連中だ・・あんたも含めてな。

72 :51さんへ:2000/06/02(金) 17:24
もしかして他スレッドででた書名ばっかり意識してあげてませんか?
200回忌とか山田詠美とか天上の青とか・・・

73 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 18:03
「読書について」を読め

74 :素晴らしき一冊:2000/06/06(火) 01:17
「世界文学の名作と主人公」
正直 しったかしたくて 借りた本だけど
230個の作品紹介があって
ストーリー 作家のプロフィール 時代背景
ありーので
ほんとにしったかができます   そして私はこの本から興味を得て
読み始めた作家が3人います


75 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 19:28
星新一『ブランコの向こうで』(新潮文庫)
ミヒャエル・エンデ『モモ』(岩波書店)
マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(新潮文庫)
原田宗則『平成トムソーヤ』『スメル男』(集英社文庫?)
山田詠美『ラビット病』『風葬の教室』『色彩の息子』
村上春樹『夜のくもざる』
村上龍『ラブ&ポップ』(幻冬社文庫)
三島由紀夫『夏子の冒険』(角川文庫)
太宰治『女生徒』『パンドラの匣』(新潮文庫?)
ディケンズ『クリスマス・キャロル』
エラリー・クイーン『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』『最後の悲劇』
立花隆『宇宙からの帰還』(中公文庫)
1さんの趣味から言って、こんなリストはどうでしょう?
読みやすい小説(『宇宙からの帰還』以外)だと思います。このへんから始め
て、ピンときた作家の他の作品を読むといいのではないでしょうか。「新潮文
庫の百冊」なんてのも結構いいと思います。

76 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:27
ユリシーズなんて読めるわけねえだろ

77 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 06:38
星新一から筒井康隆に移行。後に文学へ。これ定番。

78 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 09:14
埴谷雄高『死霊』




79 :>77:2000/06/07(水) 11:40
 確かに。俺はそうだった。
 ちなみに筒井は初期作品ね。最近のは入門に向かない。

80 :75:2000/06/07(水) 19:23
>77@`79
わたしも星新一、眉村卓、筒井康隆、赤川次郎、あたりから入門しました。
それが小学高学年から中学生の頃。
今だったらきっと、原田宗則とか村上春樹の短編集を読んでいたと思う。
上のリストに加えるならば、筒井康隆『家族八景』。
なんか2ちゃんねるに来ると七瀬のような気分になる。ふだん顔に出さないけ
ど本当はみんな、こんなに意地悪なんだ、という感じ。

81 :75:2000/06/07(水) 20:01
1さん
上記にわたしがあげた本は、有名な作家の作品の中でも読みやすく、面白いと
思うものです。わたしが読書をしない大学生の弟に薦めた本です。全部じゃ
ないけど、読んだものは面白いと言っていました。
書き忘れましたが、中島らも『ガダラの豚』なんかも、夢中になって読める
と思います。
ジャーナリズム・脳死問題なら立花隆、精神病の分野なら笠原嘉、臨床心理
なら河合隼雄、アメリカ文学なら川本三郎、文芸一般については荒川洋治、
なんていうのも、一般教養としての読書なら、読みやすく面白いと思います。

上の方で薦められたハーレクイーンロマンスはからかわれてるの。
まさか買ったりしてないでしょうね(笑)。

82 :ハーレクイーンロマンスを勧めた者:2000/06/07(水) 23:35
別にからかってない。活字アレルギーを直したいっていうから、勧めただけ。
読みやすいし、活字には違いないんだから。

83 :75:2000/06/08(木) 22:06
82さま
恐れ入りました。失礼いたしました。
もしわたしが本気にして本屋に行って、手に取った本がハーレクイーンロマン
スだったら、かつがれた!、と腹を立てるだろうと思ったものですから。
でもたしかにあの手の本は、アレルギーを直すにはいいのかもしれないですね。
お笑い板で漢字魔先生も似たようなこと言ってました。

84 :75:2000/06/08(木) 23:02
>83

からかってるでしよ?

85 :ずらずら書名を挙げた者:2000/06/09(金) 12:23
ちなみに私は真剣に以上の書名を挙げました。

86 :まずは、:2000/06/09(金) 17:44
パパラギを読んで、本を読むことのおろかさを知れ。
そしたら本を読まなくなるから。おすすめです(キャハ

87 :>1:2000/06/09(金) 17:46
オレを読んでみろ。骨の髄までな。

88 :>87:2000/06/09(金) 17:47
意味がわかりません

89 :>88:2000/06/09(金) 17:50
そう?オレはすごく良くわかるよ。つまりは、アレだろ。
むずかしく考えるなってことだろ。リラックス、リラックス、
8回裏満塁だぞ。しまっていこうって、ベンチ奥の女監督の心のつぶやきだろ。

90 : 本は:2000/06/09(金) 22:55
本はちょっと読んだら「かしこく」なった気分になれますよ!
読みすぎると…読みすぎた事ないのでわかりません
でも、生きることがしんどくなる人もいるみたい

91 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 04:56
しんどくなった後はらりぱっぱが待ってるぞ!
俺も待ってる。頑張れ!っへへ。(よだれ

92 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 07:59
文学ものも結構ですが、それでは大江健三郎のように
偏った人間になってしまうかもしれません。
科学系の本を読む前におすすめなのが、
@「クリティカル進化論-OL進化論で学ぶ思考の技法」北大路書房
  道田泰司(琉球大助教授、知覚・教育心理学)
  宮本博章(兵庫教育大助手、教育・人格・認知心理学)
  秋月りす(漫画家) による共著
A「カール・セーガン 科学と悪霊を語る」新潮社
  カール・セーガン(天文学者、小説家、科学啓蒙家)
B「死角 巨大事故の現場」新潮社
  柳田邦男(ノンフィクション作家)
以上の3冊がとてもお奨めです。
@は因果関係や議論の展開の把握を、より厳密に行うことの大切さを
秋月さんの漫画をもとに、とても楽しく教えてくれます。
Aは科学知識の基礎と科学的思考の立て方を知らない事が、
現代の文明社会に生きる人にとっていかに危険かを警告する、熱意にあふれた著作です。
Bは15年近く前の本ですが、航空業界で発達していた安全工学やフェイル・セーフ、
ヒューマン・ファクターといったノウハウを、医療や交通、生活の場にとり入れる事の
必要性を説いた本です。最近ようやく、医療のインシデント報告や子供に安全な公園作り、
事故被害者のための捜査や救済の仕組みが一般的に論じられていますが、
Bはこれらのことを網羅した内容を展開しています。
(医学生に参考書として読ませてもいいくらい)

本を買うのは、出費がかかるので公共図書館にリクエストしたり、古本屋で探したり、
書店で立ち読みしてみて下さい。
私はそうやって本を読んで、そのうち本当に手元に置いておく価値のあるものとして、
上記の3冊は実際に購入しました。
オマケ:「理科系の作文技術」中公新書 木下是雄
専攻が文系であれ理系であれ、この本は読んでおいてください。
分かりやすく明快・簡潔な文章、書類の作成のコツを教えてくれる、
最も優れた本です。



93 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 11:27
>89
オモロイ

94 :あまり:2000/06/11(日) 00:35
教えたくないんだが、夏目漱石の「坊ちゃん」は傑作!
あと、ヴァン・AE・ヴォークトの「非Aの傀儡」も押さえとけ!

95 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 01:34
2chの腐ったところは
ダメな本をいかにもおすすめなように紹介したり
明らかに難解な本を「俺ってこんな難しい本読んでるぜって」
感じにいったりってゆーかこれは2chに限ったことじゃねーな(w

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)