5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ねじまき鳥

1 :メイ:2000/05/26(金) 04:01
ねじまき鳥で村上はるきが、いいたいことは
1番いいたいことはなんなですか、おれ、
わからないので、だれかおしえてください。

2 :86をもうコテハンにしてやろうか?:2000/05/26(金) 04:10

巨大なる悪(ワタヤノボル=主人公の自意識)との対決。

3 :86:2000/05/26(金) 04:13
限りない喪失、を取り戻す方法。ノルウェイでは取り戻せなかったものをもう一度……って感じかな?


4 :メイ:2000/05/26(金) 04:15
そんな、わかりやすいかな、それがほんとにいいたいのかな
そんなレベルの作家?村上春樹は、わかんないや、
ごめんなさい

5 :メイ:2000/05/26(金) 04:16
3番のレスははチョット納得

6 :86:2000/05/26(金) 04:17
ゴメン、違うかも。下のスレいってみたら?オレ今超眠たいから、変な事かいてるかも…………オヤスミナサイ。

7 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:20
メイって笠原メイ?

8 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 04:32
そりゃそうでしょ

9 :メイ:2000/05/26(金) 05:02
86さんべつに、へんなことゆってない、
とおもうけど

10 :メイ:2000/05/26(金) 05:32
ワタヤノボルは悪かな?



11 :メイ:2000/05/27(土) 18:38
村上春樹のとこのレス見たんですけど、ねじまき鳥の、解釈がいまいち、しっくり
きません。ねじまき鳥つまんなくはないでしょ。

12 :名無しさん@1周年:2000/05/27(土) 23:41
では、あなたなりの解釈は?

13 :メイ:2000/05/28(日) 08:21
うーん、まとまらないので、すこしかんがえます

14 :天然八歩:2000/05/28(日) 08:59
もうずっと前に読んだんで、記憶違いがあるかもしれませんが…
作者の言いたいことは、
世界を動かしているのは社会システムなんかではなく、個人の内部に宿る力である
ということですか。「個人」といっても、ここでは人々に癒しを与える芸術家と
いうか、文学者が想定されているみたいですが…
つまり社会(成功者ワタヤノボル)対文学者(世間的にはダメダメ人間の主人公)
の戦いを象徴的に描き、最後には文学者が勝利をおさめる物語だと思います。
一種の自己肯定小説ですね。

15 :メイ:2000/05/28(日) 09:53
オカダ・トオルが、ナツメグのところでしていてことは、物語をあたえるってこ
とですよね、アンダーグラウンドで村上さんが言っていた、オウム真理今日の
システムとにてるって、解釈していいんですか。

16 :メイ:2000/05/28(日) 09:56
メインは、僕と、クミコの関係ですよね、そおゆうところから、
かんがえていけばいいんですよね。

17 :メイ:2000/05/29(月) 19:41
第3部は別にしてよんだほうがいいってほんとうですか?


18 :メイ:2000/05/29(月) 23:13
ダレカナンカユッテヨネ

19 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 23:34
はははは。果報は寝て待てと古の賢人もいってるみたいです。
一晩寝てレスがなければ、まあ、そのていどの小説と読者くらいに思っておれば
よいでしょう

20 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 01:38
もう忘れちゃったヨ
古すぎるんじゃない?

21 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 02:05
なんかメイさんって正直でいいね。

私の印象では、この小説は失敗作です。おそらく、村上氏もそう考えている
のではないでしょうか。
何故失敗作なのか?
主題がまとまっていないからです。あの、モンゴルのえんえんと続くシーン
がありましたよね。あれなどは、もはやエンタメ小説の域をでていませし、
だいたい、ああいった残虐シーンの力を借りて、文学上に何者かを召喚しよ
うという魂胆は、氏の悪い部分が最も顕著にあらわれた作品だと言えます。

氏はこれまで、音楽、食べ物、セックス、極限まで疲れて→ぐっすり眠る、
などといったモノで小説を彩ってきましたが、この作品に於いて、それすら
うまく機能しておりません。
小説の中で(物語とは言えません)、主人公は常に模索していますね。そして
、常に外的なものに翻弄されている。これはこの小説を書いている作者自身で
はないでしょうか?
妻クミコや加納マルタ(?)が消えてしまい、主人公は途方にくれますが、その
結末までもが不完全なままでは、読者も途方にくれるしかありません。

きくところによると、氏はこの作品から、氏の奥様が推敲なさっていたとか。
そしてその奥様が、ああだこうだとクチをはさんでいたらしいですが、そのため
にこのような小説になってしまったのだとしたら、どうでしょう?

22 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 04:02
なんだか21さんの物言いって、
ああだこうだとクチをはさんでいた氏の奥様みたい(笑)

彼の場合、書いてること自体が立派に機能しているような気がする。
書き続けていること自体も(確か彼はどこかでそんなこと言ってたんだっけ?)

23 :21:2000/05/30(火) 04:41
あ、そうですか。

24 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 05:09
マジでバカばっかりだな。

25 :メイ:2000/05/30(火) 08:52
うわ、なんか、レスいっぱいきた、ありがとうがざいます。
失敗作ですか。おれおもしろいんだけどな。ねじまき鳥。


26 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 09:30
言いたいことか。なんか国語の問題みたいですね。

27 :メイ:2000/05/30(火) 10:04
つまんナイ、質問して、ごめんね、ほんとに、わかんないんだもん>26

28 :メイ:2000/05/30(火) 10:35
ねえ、ツインピークスてなに?作品?なんかそれの、ぱくりって
レスみたんだけど、よんで見たいのでだれかおしえてください。

29 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 13:50
ひょっとして、からかってる?

30 :メイ:2000/05/30(火) 15:27
え?だれが?からかってんの?>29

31 :>28:2000/05/30(火) 16:29
お、と、ぼ、けっ!!

32 :26:2000/05/30(火) 17:30
面白かったなら、作者が何が言いたいかなんてどうでもいいことのようにわたしゃ感じます。
書いてあること以上に作者が書きたいことなんてないと思うし。

33 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 19:14
>32
それをいっちゃあおしまいでしょ。

「ねじまき鳥」をどう読むかは、結局綿谷昇をどう解釈するかってこと。
自分は「綿谷昇=日本のメインストリームの象徴」と考えたけど、そうすると「ねじまき鳥」のテーマは「メインストリームとの対決」という何とも平凡なものとなってしまう。結局村上春樹の文体を楽しんだだけなのかもしれない。確かにあの文章には生理的な心地良さを感じるけど。

34 :???:2000/05/30(火) 20:55
冷静に考えたら現代社会は異常なはずなのに、そのことに気づいているのはねじ
まき鳥に頭のねじを巻かれて(ただねじまき鳥の音を聞いただけなのだが)正常な
判断ができるようになった人たちだけで、そういう社会の異常さを異常と思わな
い人々を先導しているのが綿谷昇であり(あるいは33さんの言葉を借りれば日
本のメインストリームの象徴)、学校や会社勤めをクソッ食らえと考えている村
上春樹さんは、ここでの綿谷昇との対決を通して、すっきりしたかったのではな
いでしょうか?

35 :age:2000/05/30(火) 21:14
age

36 :メイ:2000/05/31(水) 00:18
ねえ,まじで,ツインピークスってなんですか?

37 :メイ:2000/05/31(水) 00:45
ナンカ,映画なんですか?ツインピークスって

38 :>メイ:2000/05/31(水) 01:03
アメリカのテレビドラマだったと思います。
ビデオになってるから借りてみれば?


39 :メイ:2000/05/31(水) 01:06
どうもありがとう、しばらくしたら、かりてみます>38さん

40 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 01:11
>37
そう。たしか、もとはアメリカかどこかの連続テレビシリーズ。デビット・リンチ監督。
謎が謎を呼ぶ展開に、熱狂的ファンも多かったようだが、風呂敷を広げすぎて収拾が
つかなくなった(謎ときを放棄したままシリーズが終ってしまった)ため、後に(一部から?)
酷評されてもいるらしい。
映画は、その後始末をする、と銘打ちながら、またも拡散してまったもよう。
後日譚の小説も出ているとか、いないとか……。
(以上、どちらも観ていないので全て伝聞と推測)
「ねじまき鳥」を失敗作と位置付ける人にとっては、「似ている」となるのかな?
より正確なところは、サーチエンジンででも調べてみては?

41 :メイ:2000/05/31(水) 01:28
ありがとございます>40

42 :メイ:2000/05/31(水) 03:14
うーんとね、またちょっとかんがえます。

43 :メイ:2000/05/31(水) 22:06
あのー、思うんですけど、怖いから今までちゃんと皮はぐところ
よんでなかったんですけど、あんなのありなんですか?
剥いだ皮には乳首がついてたとかもうなんかすごい、気持ち悪くて、
あんな描写ひつようなんですかね。たしかにすごい,描写力とゆうか、
想像力だとおもうんですけど。

44 :>メイ:2000/05/31(水) 22:46
春樹氏は「村上朝日堂」で「僕だって書きたくなかったのです」みたいなことを言っていた。作者の中にどうしても皮剥ぎシーンを書きたい、という衝動(といっていいのか)があったということでしょう。「ネジ巻き鳥」には他の作品と比べて暴力的なシーンが多いですよね。ギターのお兄さんとか、最後の綿谷昇(脳内?)撲殺とか。デタッチメントからコミットメントへの変化と何か関係があるのかないのか、これからの作品を読まなければなんとも言えないけど。

45 :メイ:2000/05/31(水) 23:30
デタッチとか,コミットとかよくわかんないんですけど、
かきたくなかったんですか、そうですか、ナンカ,チョット安心。
だってあんな描写喜んで書いてたら,もう読みませんよ。
でも,あの暴力シーンがあるのとないのじゃ、やっぱ、
全然作品の質とかに、影響するかもしれまんよね。
よねって、べつに、同意もとめてないですけど、
ただ,僕思っただけです

46 :メイ:2000/06/02(金) 01:37
同意もとめてないってゆったけど、
ホントはレス欲しいんだよ。

47 :たぷり:2000/06/02(金) 01:42
かっこう

48 :メイ:2000/06/02(金) 01:58
さげってなんですか?レスいれたらあがるよね

49 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 22:40
>49
2chの使い方(http://www.2ch.net/info.html)→FAQ(http://www.2ch.net/faq.html)
メールアドレス欄に時々入っている「sage」って何ですか?(http://www.2ch.net/faq.html#4Q3)
で説明されてます。私も初めは(FAQ 読んでも)良く分からなかった。

ところで、私の記憶の「ねじまき鳥」の物語って、
『最後まで、出ていった妻との関係修復ができなかった男の一風変わった独白』
でしかなかったんだけれど、これって間違ってる?


50 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 22:41
>48
の間違い

51 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 22:48
ねじ職人がメインです。

52 :ただの酔っ払いにゃあ:2000/06/02(金) 22:54
文学板はほのぼのするにゃあ。

53 :メイ:2000/06/03(土) 01:38
49さんへ
どうもありがとうございました。
さげのいみわかりました。
でもなんかそれちょっとひどくないですか?
要するに、お前のなんか,さっさと消えちゃエってことですよね。
ハーツショック。

54 :メイ:2000/06/03(土) 01:41
再び49さんへ
俺も全部読みきれてないから、わかんないけど、
ねじまき鳥はそれだけじゃ、ないと、思います。

55 :>53:2000/06/03(土) 05:54
いや、今回の私のように、
内容の無いレスであげてしまうのもなんだかな、
というときにも使いますからご安心くださいな

56 :49の名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 03:57
>54
> ねじまき鳥はそれだけじゃ、ないと、思います。

「それだけではない」ということは少なくともこれが一部を占めている、ということには
賛同してもらえているのですね。(私にしてみれば、これでほぼ全部、となったわけですが)
では、「それ以外」とは何か? ということになるわけですが、それは「加納クレタ」や
「綿谷ノボル」や「井戸」や「メイ」や「戦争」のことになるわけですよね。
(他にもあったのでしょうが、ちょっと記憶が定かでないです)
極論すると、これらの人やモノや出来事は、無理して小説に織り込まなくても「物語」を
損なう要素ではないですよね? もちろん、面白さを損なうかどうかは別として、ですが。
私が前回書いた「それだけでしかない」とは、こういう意味です。
だからこそ「それだけ」でしかないはずの物語が、なぜこんなに面白いのか、不思議に思う
のです。(言い忘れましたが、わたしも「ねじまき鳥」は好きですよ)

どうも中途半端ですが、また何か考えついたら書き込みます。

57 :名無しさん:2000/06/04(日) 17:46
春樹ファンの文章ってマジで面白い。
読み込んでいるのですね。

ねじまき鳥の感想を少し書きます。
「個」と「世界」は対等。
「世界」が暴力で「個」を圧殺しようとするなら、やり返せば良い。
なぜなら「現実世界」を創造するのは「個」である自分だから。
しかしチャンスはそう多くない。一生に一度かもしれないよ。
って感じなのかなぁ。

58 :メイ:2000/06/05(月) 00:04
56さんへ、嫌いじゃないんだ、おもしろいもんね、
やっぱ、ねじまき鳥、何で面白いか、おれも考えます。

59 :メイ:2000/06/05(月) 00:11
うんとね、ワタヤノボルがね、第2部でね、
おれの本だとP134なんだけどね、
「よろしいですか、〜〜〜〜」ってワタヤが、ずっと
TVで演説してんだけどね、そのへんが、あー、なんだろ
だめやっぱ、わかんない、ごめんなさい。


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)