5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

純文学ってなに?

1 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 15:30
純文学ってなんですか?どういうものを指して
純文学というのですか?

2 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 18:00
純喫茶みたいなものです。


3 ::2000/05/28(日) 18:08
・・・・、マジでわかんないんですけど。
何を持って純文学というのかが・・。

4 :名無しさん:2000/05/28(日) 18:32
(1)生物学、医学、工学、社会学、法学等が混ざっていない文学に徹した純粋な文学
(2)繊細で傷つきやすいガラスの心を持つ純情な登場人物を描いた文学
(3)文学を群像型、すばる型等の編集分離機にかけ、不純な語彙・表現を取り除いて得られる文学

5 ::2000/05/28(日) 18:41
ふむ、なんか丁寧にどうも。
ある作家が、「私は昔、純文学を志していたが、なんせ食えない。
だからエンターテイメントを選んだのだ。」って発言をしていて、
その頃から疑問だったのですが、純文学だってエンタテイメントな作品は
あるし、ないものはないし、なんだかよくわからないって印象を受けました。
一般にこれは純文学、これはエンタテイメントです、と作家を分けて
見てくれませんか?そうすればわかりやすいのですが。

6 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 19:28
よくわからんが・・
文芸誌は純文学系とエンタテイメント系に分かれてないか?
それで純文学系の文芸誌に掲載された小説が芥川賞で、エンタテイメント系の
文芸誌の小説が直木賞を・・

純文学系=群像、文学界、新潮、すばる、文藝…

7 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 20:27
自分探しみたいのが純文学なんじゃない?

8 :>7:2000/05/28(日) 20:45
じゃ、猫をさがす話みたいなのは、純文じゃないわけ?

9 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 20:54
いまいち分からないんですけど、
夏目漱石、川端康成、太宰治、島崎藤村、三島由紀夫、宮本輝
ここら辺を純文学とその他に分けてみてもらえますか?

10 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 20:55
5000部以上印刷しないのが純文学です。
大江健三郎はノーベル賞を受賞した後はエンターテイメント作家に
なりました。

  「燃え上がる緑色の猿」
  「三回転宙返り」       等

11 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 21:18
一般的に文学をその娯楽性に関わらず二分するとき、
(娯楽性とはあくまでも個人の主観的な趣向である)
現代思想家による解剖学的にまで緻密な分析の批評に耐え得るものが純文学、
耐え得ないものが純文学でないその他のものではなかろうか。

>夏目漱石、川端康成、太宰治、島崎藤村、三島由紀夫、宮本輝
上に基づくとすべて純文学系作家。

12 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 21:44
宮本 輝の作品すべてが批評に耐えられるのか疑問である。
作品ごとの個別的判断になるであろうな。



13 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 22:05
ハードボイルド小説は純文学ではないらしい

14 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 22:50
純文学って、英語では何というのでしょうか?

15 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 00:41
>14
リタラリーフィクションよ、ピンチョンとかね
食えてる作家なんてごく数人らしい
もち、大衆文学はコマーシャルハクション

16 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 01:36
人間を書くのが純文。
人間模様を書くのがエンタ。

どうでしょう。

17 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 03:26
>16
うまいこというなあ。

18 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 03:38
文学に対する幻想の有無。

19 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 04:19
人間に対する高度な認識を持った作品を
純文学てよぶことにしちゃえばそれでいいと思う。
それ以外の基準を設けると
話がこんがらがる。

20 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 05:06
18が正しいね。



21 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 06:39
→18

あるほうはどっちなんですか?


22 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 10:50
メタフィクション実験小説は純文学ですか?

23 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 14:14
サゲがないのが純文学

24 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 16:04
なんかで、「主人公が定職についていないのが純文学」だとか
読んだ記憶があります。

25 :ハローワークなんか:2000/05/31(水) 16:46
純文学左派だな

26 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 23:22
自己申告。
「純文学」と名乗れば、それは「純文学」。


27 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 23:36
結論。制度的囲い込みによる分類。
一般には、発表媒体の種類によって腑分けされる。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/01(木) 01:39
単なる自分探し。つまらん。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 04:40
純文学とエンターテイメントは、矛盾しているのであって対立しているのではない
これらはアルマーニとエンポリオアルマーニのようにイデアを分有してはいない
例えば最近も話題になっている盗作問題は、このへんの勘違い。
純文学とはそもそも、近代日本文学における中心的存在である
「結社中心の政治小説」に疑問を投げかける観念として誕生したもので、
仕事における「金」のような賭け金。金のからまない仕事は存在しないがゆえに
仕事は金によって規定されえない。純文学もこれと同じ。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)