5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

庄司薫に気をつけて

1 :ゴンザレス:2000/05/29(月) 13:56
私が子供の頃、ちょっと流行った作家さんで庄司薫という人がいたと思うのですが、
彼は今何をしているのでしょうか。文芸誌を買うことはないのですが、文芸誌の広告
を見る限りではあちこちに書いているようには思えません。才能が枯渇してしまった
のでしょうか。それとも、単に時流に乗った作品で脚光を浴びただけで、もともと
才能なんかなかったのでしょうか。

奥さんが働いてらっしゃるので生活には不自由しないんでしょうが、彼には作家と
しての生き甲斐がある人生を送っているのでしょうか。丸山ゼミの関係者としては
彼のことが心配です。ミーハーな私で、文壇にはうとい私ですが、お教え願います。


2 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 14:13
奥さんのゴーストライターしています

3 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 19:51
サリンジャーの真似して雲隠れ。作品もサリンジャーのパクリだけど。

4 :名無しさん@1周年:2000/05/29(月) 22:35
それにしても今から思えば、いやみな小説だったなあ。
エリート高校の都立日比谷高校の卒業生で、東大受験生が主人公。
自宅には女中がいて、当時としては珍しい差し込み式電話があった。金持ちのボンボンだ。
それで何を悩んでいたか?
自分のような人間は、なにをやっても一般大衆からはイヤミに見えるのでは?と、ぜいたくな悩みを抱いている。
学生運動のせいで東大の入試が中止になって、そういう意味でホッとする気持ちさえ抱く。

小説では悩みばかりだったが、しかし随筆「狼なんか怖くない」で、結論を見いだす。
つまり、エリートは、一般大衆に優しくなければならない、というわけだ。
読んだ当時は自分も進学校に在学していた高校生だったからあまり感じなかったが、落ちぶれた今から見ると、つくづくいやみな作品だ。
こんな作品で、いったいどれほどの読者が共感得られたのであろうか。共感するのはエリートだけだ。


5 :昭和40年代生まれ:2000/05/30(火) 00:53
高橋源一郎のエッセイの文体って、庄司薫の文体に酷似してませんか。
たしか、庄司薫のエッセイに「ぼくがネコ語を話せるわけ」というのがあったけど、
高橋源一郎も「ぼくがシマウマ語をしゃべった頃」というエッセイがあったはず。

で、(小説中の)庄司薫はまさに高橋源一郎と同年齢!

だからどうしたって言われそうだけど、70年安保の年に20代前後だった作家は、
少なからぬ影響を受けてるんだと思う。



6 :昭和50年代生まれ:2000/05/30(火) 01:07
 庄司薫って誰ですか?

7 :昭和40年代生まれ:2000/05/30(火) 01:15
強引に言えば、小沢健二的なものを感じる。
彼は、「東大卒」「小澤征爾の甥」「父親が筑波大の副学長」
等の周辺情報が先行して、
過大評価もしくは過小評価されるかで、なかなか正当に評価されてない。

しかし、同年代の人ならわかると思うけど
なんか気になる存在であることは確かだったりする。

8 :昭和40年代生まれ:2000/05/30(火) 01:22
それと、山本七平や小渕総理が亡くなった時の
中村紘子さんのコメントを読むと、彼の周りって
ある種、保守反動のサロンのようになっているような気がする。

9 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 05:46
中村紘子も保守反動なんですか?

10 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 06:15
保守と反動を一緒にするんじゃねえ。

11 :カナブン:2000/05/30(火) 07:00
小沢は自己啓発セミナーに行ったりして小物っぽい。
庄司はヒモの立場に甘んじてて、じたばたしてないのが偉いかも。

12 :名無しさん:2000/05/30(火) 09:56
中村紘子の亡くなった母親が、自民党大物たちご用達の
画廊「月光荘」を経営してて、パトロンに超大物もいたので、旧ソ連と
コネクションがあり、チャイコフスキー・コンクール入賞も
その後のソ連との関係も当然のこととされてました。
中村紘子自身も超ド級の大物フィクサーかなんかの娘らしいです。
この親娘の場合、保守、反動を分けることはできないんじゃないの?
生きる保守反動政党裏面史みたいな人生じゃあない。そういえば、
ダ・ヴィンチの素描事件なんてのも画廊月光荘のスキャンダルだったし。

13 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 23:25
なんか胡散臭いのはわかった。
で、作品は面白いのか、つまらないのか。


14 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 23:51
>12
中村紘子はショパンコンクール入賞でしょ。


15 :4です:2000/05/30(火) 23:52
>13
ご自分で読んでみてください。中公文庫から出ています。
文体は饒舌体で、それほど読むのに苦はないと思います。
しかし内容は・・・、先にも述べたとおり、いやみですねえ。
エリート高校生だったころには共感を覚えないこともなかったのですが、今となってはとうていそんな気持ちになれません。
だれか、庄司薫の作品に共感を覚えた人は、いますか?
「影響を受けた」とおっしゃった人がいるようですが、どういうふうに影響を受けましたか?


16 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 23:56
続編がなかったけか?


17 :>16:2000/05/31(水) 00:14
「赤ずきんちゃん気をつけて」「白鳥の歌なんか聞えない」「さよなら怪傑黒ずきん」「僕の大好きな青ひげ」
東大紛争のせいで東大受験ができなくなった、薫クンシリーズ、4部作です。


18 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 00:22
>16
たしかヒロインと結婚して4作くらい続いたはず。
>庄司薫の作品に共感を覚えた人は、いますか?
大学附属の小学生時代に読んで、
なんとなく自分も東大へ行くんだなと思ってました。
もちろん行けんかったけど。
でもドキュソに対する嫌悪感は影響受けたかなあ。



19 :昭和40年代生まれ:2000/05/31(水) 02:39
>15
ぼく自身は世代が異なるので、特筆するような影響は受けてません。

ただ、文庫本の解説によると
当時は日比谷高校の3年生が実際に書いたと思われていたんですよね。
だとすると、同世代だった人は何らかの影響を受けていると思うのです。
例えば、村上春樹が79年まで沈黙していた理由の一つが
ここら辺りにあるような気もします。

20 :昭和40年代生まれ:2000/05/31(水) 02:40
当時の時代背景を考えると、大衆化社会が急激に進行中でした(想像)
大衆化社会というのは要するにエリートの大衆化であり、大衆のエリート化です。
そんな中で苦悩するエリート高校生「庄司薫」なわけです。
で、村上春樹は苦悩する大衆側だったわけです(強引)

21 :昭和40年代生まれ:2000/05/31(水) 02:41
なお念のため、
早稲田だから大衆、東大だからエリートと言っている訳ではありません。
そういった考えが一般化するのがまさに大衆化社会なんだと思います。

22 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 18:40
「庄司薫、田中康夫、村上龍」
当時、これを三大馬鹿作家と言っていた。

23 :離婚調停:2000/06/08(木) 21:10
いま、2chのジャズ・クラシックで、
奥さんのことで盛り上がってる。

24 :名無しさん:2000/06/08(木) 23:05
庄司薫を名乗る前に実名(福田しょうじ?)で2,3篇小説だしてたよね。
たしか群像新人賞だかもらったはず。

25 :名無しさん:2000/06/09(金) 14:41
ところで、最初の質問だけど、彼は今何をしているの?
主夫?

26 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 21:21
その昔NHK銀河テレビ小説で赤ずきんちゃんがドラマ化された際に
主人公を演じた役者が亡くなったことを、新聞記事で読んだ憶えがあります。
さすがに再放送はないでしょうね。


27 :ばぼちゃん:2000/06/10(土) 00:12
荒谷公之さん(だっけ?)亡くなったんですか?>26
ウルトラマンティガに出ていたように記憶していましたが、
あれも数年前のことでしたね(とんだ人違いかも)。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 01:23
昭和40年代生まれさんの書き込みをマメに読んでたんだけど、
今日、高橋源一郎の年表見てたら、このひとも灘高のとき、
東大紛争で東大受験できなかったんだね。
灘高って「赤ずきんちゃん」の主人公、かおるくんの通ってた
日比谷高と毎年、東大合格者数の競争をしてたところなんでしょ?
源ちゃんはその後、学生運動でパクられて鑑別所送りになり、
出所してから10年くらい工員とか土方とかやってたんだってね。
この間は文章がかけず沈黙状態。79年からようやくものが書けるように
なったらしい(春樹とも符合するものがある気が)。
ほんで源ちゃんもデビューは群像。しかも79年の新人賞が村上春樹
(応募時29歳)で、源ちゃんは80年に応募(29歳)。81年の発表時に
最終選考まで残ったけど受賞できずに、編集者から群像新人長編
小説賞に応募をすすめられたんだそうな。
なんかこのへんの絡み方って、興味深いですな。


29 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 00:45
・・ということで、庄司薫にはじまり、村上春樹、高橋源一郎、そして
村上龍もまた田舎モノではありますが、「69」の遠景に学生運動ネタ
が出てきたりするということで、この年代の「群像」出身者は
東大紛争の亡霊にとりつかれたまま、文壇でいきつづけているので
ありました。
                      ....FIN

30 :昭和40年代生まれ :2000/06/14(水) 01:50
>24,28,29
「群像」ではなく、
「中央公論」新人賞ですね。

それと、庄司薫(福田章二)の年齢は、ほぼ蓮見重彦氏と同じはず。
村上春樹、高橋源一郎、村上龍、田中康夫とは年代が違うのでは。
>22,29


31 :>30:2000/06/14(水) 16:02
W村上、高橋源一郎が群像出身だろ。
あと村上春樹、高橋源一郎、村上龍、田中康夫と同年代だったといいたいのは
庄司薫の小説の中の「薫くん」だろ。


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)