5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三島由紀夫大好きな人!!

1 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 01:53
なんっかさ〜自作自演してストーキングしてくる不細工思想政治オタクがいる
からキショイわ〜。ほれたのかー?ミス日本に相手してもらいな。
ほらほらほらほら

2 :どないしました?:2000/05/31(水) 02:03
何か辛いことでもあったら、おいどんの胸に、どーんとぶつけてください。
(By 西郷隆盛)

3 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 05:29
何を言いたいのだ。

4 :名無しさん@1周年:2000/05/31(水) 05:35
こんな事のために新しくスレ作るなよ…

5 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 20:58
あの人は日本の右翼に絶望してわざとあんなパロディやっちゃたんですよ。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 02:45
>5
そんなんでよう死ねたな。

7 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 03:47
生首写真、見た人います?

8 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 03:56
ホモ心中で国家を巻き込もうとした非国民。

9 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 04:09
>7
国会図書館に行けばフライデーの創刊号あるかもね〜。

10 :ある版での会話:2000/06/03(土) 10:00
20 名前: では、余談をば 投稿日: 2000/05/28(日) 20:05
筒井康隆さんの推理なんですが、
「三島由紀夫の市谷消化器殴りこみ切腹事件(一部事実誤認)」
は、あれはイタリアのダヌンツィオという文豪が、
ムッソリーニのローマ進軍の前前年の1919年に私兵を率いて、
フィイメという町を占領し独立国家をつくった、
というロマンティックな事件に憧れてたから、という説をだしておりました。

戦後日本という途方もなく安定した社会において、騒乱は、むしろ
これくらいロマンチックでバカらしい動機のほうが、むしろリアリティ
あっていいと思います。


21 名前: 自営業 投稿日: 2000/05/28(日) 21:07
じゃ、私も余談を・・・・
「盾の会」の生き残りが一水会の親分やってるんだ・・・・・・

三島と一緒に市ヶ谷に行って、帰ってきた一人なんだ。


22 名前: おっとっと。 投稿日: 2000/05/28(日) 21:19
これは失礼しました。一水会というと、SPAとかで連載されてる方ですね。
当方としては、政治に興味はないですが、あの事件の一解釈を提出した
のみです。

自衛隊のクーというテーマは、<実社会に対する不満>というより、
「忠臣蔵」とか高倉健と吉永小百合とか、ある種、日本人の情緒に訴えると
考え、興味をもっております。

いうなれば真夏の夜の夢ですね。あれはいい台詞でした(^^:;)


23 名前: 自営業 投稿日: 2000/05/28(日) 22:10
もう一つ
ベトナムに行ってんだぜ。
反共十字軍として・・・・・・・

このネタはお終いにしよう。


24 名前: やれやれ 投稿日: 2000/05/28(日) 22:20
ぼくも去年、札幌にいってきました。
観光客として。

ま、いろいろ大事なものがあるというわけですな

ぼくと源文さんの会話(笑)
・・・というか、何気にかいたら、センセにかみつかれてしまいました。



11 :>10は:2000/06/03(土) 10:01
ある版で何気にかいたら、源文センセにかみつかれてしまいました。(^^:;)


12 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 04:50
「豊饒の海」おもろかったス。
最後の主人公の生まれ変わりが「五衰」を防ごうとして最後に毒を飲む所なんか。

13 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 04:52
今僕も読んでるところ。今は暁の寺だけどね。

14 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 16:20
age

15 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 17:05
「豊饒の海」もよかったけど、わたしは「夏子の冒険」とか「永すぎた春」、
「潮騒」なんかも好きです。

16 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 17:13
「青の時代」はひどい。ほとんど読むに耐えないと思うのだが、そういう声を
ほとんど聞かないのはなぜ?読んだ人います?

17 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 18:42
読んだと思う。金持ちの奥さんと恋愛をして、旦那を殺す小説、だっけ?
忘れるぐらいだから、面白くなかったのだと思います。

18 :K:2000/06/06(火) 19:14
「豊饒の海」、今読んでるけど面白い。
「午後の曳航」は行ったことのあるところが出てくるので特に楽しめた。
「不道徳教育講座」と「三島由紀夫レター教室」は、笑えた。


19 :17:2000/06/06(火) 19:31
「午後の曳航」でした。失礼いたしました。

20 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 19:44
17,19はどちらもハズレですな。


21 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 20:22
青の時代は、金貸しの小説だっけ?学生社長の。

22 :16:2000/06/06(火) 21:26
山崎晃嗣の光クラブ事件に材を取った話で、後の「金閣寺」みたいに、
心理描写は(たぶん)三島の全き仮構の世界、というような小説だったと思う。
俺自身読んだのは10年も前だからね。うろ覚えですけど。
連載小説だったのか、とにかく龍頭蛇尾というべきか、全体の布置結構が
滅茶苦茶、破綻している、完全なる(?)失敗作だと感じたんだけど、
好評も聞かないかわりにそれほどの悪評も耳にしないのが不思議だったんで、
知っている人がいれば、と思ったんだけど・・・。

23 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:58
age

24 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 03:06
オレも「青の時代」は失敗作だと思った。
16と同じように昔読んだんでうろ覚えだけど、
なんつーか、書き飛ばしてるというか、
三島由紀夫でもこんな小説書くんだ・・・・・・と思った記憶あり。

25 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 03:35
>22&24
同感
「青の時代」では最後のほうで「収集つかなくなっちゃた〜♪ごめんネ」ってな
感じの終わり方でしたね。
「金閣寺」も「青の時代」も実際の話のほうが面白かったりします。
しかしこの三島由紀夫・・・色と光りの描写には独特の味わいがあります。


26 :>12:2000/06/09(金) 15:54
「豊饒の海」は、あの保田與重郎ですら絶賛してたそうな。
確かに少なくとも「奔馬」「天人五衰」は、数百年生残るような気がするな。
でも、だいたいの三島ファンは、「金閣寺」とか「潮騒」の方が好きなようですね。

27 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 21:54
私も「青の時代」は、あれ?という感じでした。
気に入っているのは「鏡子の家」。いろんな人物が出てきて、どの人も
三島の作り出した独特の味を持っています。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:07
「青の時代」は本人も失敗作と認めてるしね。
でも、よく三島の小説を「観念的」だとか「登場人物に厚みがない」とか
いって批判する人がいるけど、よくわからないな。
自然主義を嫌悪して観念のバベルの塔を打ちたてようとした人間に対する
論評としては、むしろ賛辞と理解したほうがいいのか。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 18:38
>28

「賛辞」じゃないだろう?すべてが作り物めいている、ってことでしょ。
自然主義への嫌悪とか文学主義的文学への批評的スタンスからそうなっている
ようには自分には見えない。開高健とかドナルド・キーンとかも言ってるけど、
三島って人は、誰も知らないようなことを知ってる人間であったと同時に
誰もが知ってることを全然知らない人間だったということなんだと思う。

30 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 23:06
頭が良すぎて常人の思考パターンが備わってなかったのかね。

31 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 09:52
三島は確かに実力あったと思うけど、
そんなに評価すべき人かな。
読んでて面白いけどね。
あまり刺激を受けません。

32 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 11:31
「三島由紀夫レター教室」はマジ笑える。あと「反貞女大学」も。

実は、「青の時代」はここの皆様が言う程失敗だとは思いませんでした・・・
一番好きなのは「豊饒の海」だけど、「命売ります」とか「幸福号出帆」
「肉体の学校」「愛の疾走」なんかも好きです。

33 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 00:13
age

34 :名無しさん:2000/06/17(土) 00:20
「宴のあと」が左翼礼賛だとか誤解されなかったら
ノーベル文学賞だったのにね。

35 :名無しさん:2000/06/17(土) 00:26
三島の小説は旧字体、旧仮名遣いが良くにあう。
新字体、新仮名遣いに直したの価値半減。
(原文が新字体、新仮名遣いのやつは別として)

36 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 01:47
なぜか『仮面の告白』が出てこないな。
『豊饒の海』『サド公爵夫人』とならんで三島の最高傑作を
争う作品だと思うが。

37 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 02:10
『サド公爵夫人』も『わが友ヒットラー』の方が面白い気がした。

38 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 02:12
何が言いたい?

39 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 03:11
芥川の氏、太宰の氏、三島の氏、そして奥野の氏…。
もう何もありません。
空虚だけが残った。

40 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 04:05
>35
それはあるね、岩波文庫とかの新仮名ばっかり読んでたから
学校の図書館で読んだ旧仮名版の全集は新鮮だったな。

41 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 23:37
>39
空虚が残ったのならそれでよし。
空虚すら残らなかったらどうするんだい。

42 :39:2000/06/18(日) 02:00
>41
ングッ…、スンマヘン。ぐうの音もでまへん。

43 :>41、>39、>23:2000/06/18(日) 23:31
おれはあと、もう3回しか来ないぞ 三島由紀夫電波ども!
http://asyura9.hypermart.net/bd7/msg/596.html
有働正治君
警察の方にお尋ねします。日本青年社の最高顧問西口茂男なる人物は、住吉
会とはどういうかかわりがありますか。
説明員(植松信一君)
お尋ねの件につきましては、日本青年社最高顧問西口茂男と
住吉会会長の西口茂男については同一人物と見ております。

だから、おまえらミシマ電波に少しでも憧れた自分を恥と思いつつ
池袋を去ろうと思う。
おれはもうこんなところにはあと2回しか来ない。
ったくミシマお花畑の低能どもに惑わされてたよ
今度は内田有紀とユースケサンタマリアとおれと3人で
ビジュアル系のバンドを作る。
こんなところに、いる必要なんて、さらさらなかったんだ、
人のあら探しのうまい君たちは、せいぜいがんばってくれ
まっ、所詮くず鉄ジャンジュネ命と言われても、反論できないんだろうけど
社会の恥だ!ということを身に沁みて自覚しろ。
あと4回しか来ないからな、
寂しがるなよ。

44 :>43:2000/06/19(月) 00:26
>あと4回しか来ないからな、
>寂しがるなよ。

・・・淋しがるもなにも、あんた誰?
上手くいえないのですが、4回といわず、もう少し・・・(笑)



45 :>43:2000/06/19(月) 00:35
リンク先と何か関係あるの?(笑)
関係あると暗示したいの??

・・・なんか、痛々しいからやめなよ

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)