5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

では、あなたが良いと思うエッセイは?

1 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 23:51
作家のもので、ひとり五つまでね。

2 :タンゴ@黒猫:2000/06/06(火) 00:10
澁澤龍彦

3 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 00:18
ナンシー関
いつか、どっかに辿り着けそう

4 :メルマガエッセイ:2000/06/06(火) 07:37
田口ランディ
ナンシー関が好きな人なら、はまると思う。
名前もなんとなく似ている。
書いている内容は全然違うけど。

5 :3:2000/06/06(火) 08:34
>名前もなんとなく似ている
って、いいね。

奥さんの妹の名字と、奥さんの旧姓が似てるんだよな(ボソ

6 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 19:05
大槻ケンヂ
ネタがかぶってることもあるけど、結構好み。

7 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 19:32
佐野洋子。面白い。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 21:16
坪内祐三。鹿島茂。阿川佐和子。
なかなかシブイでしょ?


9 ::2000/06/06(火) 23:57
>3
ナンシー関は、学生の頃はよく読んだ。
最近はあまりテレビを見なくなったので少し遠ざかってます。
でも、先週の週刊朝日の「(坪内順子は)ばかかなぁ」のところは
久しぶりに笑った。

文章で「自分突っ込み(?)」始めたのって、彼女ですよね。

ただ、
>奥さんの妹の名字と、奥さんの旧姓が似てるんだよな
田口ランディは女性なのでこれは?



10 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 01:04
坂口安吾「精神病覚え書き」

みんな題も書こうね〜

11 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 01:24
>10
安吾は、「エッセイ」と言って済ませるには文章が深すぎる。


12 :川本三郎と久世光彦:2000/06/07(水) 01:32
うまいよ。ふたりとも。

13 :ixion:2000/06/07(水) 01:43
久世光彦って最近(恥)読んで、おおっ、と思いました>12さん
俺源ちゃん好きだったな…「だった」な…。

14 :12:2000/06/07(水) 02:24
どもども。キングの初期のバカ話ですれ違ったものです。
久世さんは、30年間TV脚本を書き捨ててたので、ともかく量をこなしていますので、
過不足なく文章を書くすべを知っているのでしょう。

さいきんの芥川賞作家など僕は読みませんが、すくなくとも<本当に書きたいことを書いている>
という点で評価してます

15 :ixion:2000/06/07(水) 02:28
あー、小人さんね(笑)>12さん
川本三郎は、『スタンド・アローン』と『フィールド・オヴ・イノセンス』
『走れ、ナフタリン少年』読みました。カポーティ好きだし。

いろんな本の話を上手く入れてくるところが、なんか高山宏みたいですごく
上手いし、面白かったです<久世さん

16 :そうです。人食い冷蔵庫です(笑):2000/06/07(水) 02:44
エッセイストといえば高山宏もめちゃくちゃいいですね。
「アリス狩り」にはじまる膨大な蓄積は、読んでて楽しいものです。

川本三郎は全共闘に肩入れするスタンスが、昔、鼻についてアレだったんですが、
東京下町探索系統や、場末映画館めぐりなど、今となってはフェイバリットな散文家です

17 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 10:11
遠藤周作の古狸庵VS北杜夫のドクトルマンボウ



18 :ゆきじるし:2000/06/07(水) 13:36
中井英夫「暗い海辺のイカルスたち」
塚本邦雄「夕暮れの諧調」
写実に支配されていた'50-60年代の歌壇において、他者の追随を許さない美的世界を
開花させた人々の作品の魅力を伝えてくれるエッセイ集です。


19 :珍念:2000/06/07(水) 17:29
倉坂鬼一郎のエッセイ、というか漫文・書評
・映画評は面白いです。十年くらい前に、
「死霊の盆踊り」評で笑い転げた。最近本に
なってます。

20 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:25
寺田 寅彦

21 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:59
>20
同感です。

22 :名無しさん:2000/06/07(水) 19:41
山本夏彦「日常茶飯事」中公文庫
セックスについての感覚がヘン。変態っぽい。

あとは百閧セな。

23 :名無しさん:2000/06/07(水) 19:54
夏彦は「冷暖房ナシ」(文春文庫・絶版)の中にある「丸山ワクチン」
が泣ける。ガンにかかった奥さんとの闘病記。感傷がベタ付かないのが
スゴイ。それでいてちゃんと読む者の胸に迫るものがある。

24 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 01:08
宮沢章夫

25 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 01:11
村上龍『すべての男は消耗品である』

26 :>25:2000/06/09(金) 01:14
馬鹿丸出し

27 :いや25は:2000/06/09(金) 01:26
確信犯か、もちっと深いかもしれん(笑)

28 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 01:44
作家とはいえんが殿山泰司

29 :へるめす:2000/06/09(金) 02:18
 団鬼六「牡丹」
 三島由紀夫「太陽と鉄」

30 ::2000/06/15(木) 12:28
丸谷才一。

31 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 13:07
宮沢章夫『牛への道』

32 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 14:13
向田邦子ぜんぶ。

33 :童貞野郎:2000/06/15(木) 17:54
信仰の現場

毎度おなじみ関さん。

34 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 20:11
松尾スズキ

35 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 03:02
大槻ケンヂさん。笑えるし、読みやすい。


36 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 03:21
伊集院静『二日酔い主義』

37 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 05:27
山本夏彦『やぶから棒』

38 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 15:04
大槻ケンヂ『行きそで行かないとこへ行こう』
本編よりも宮沢章夫の解説の方が笑える珍書。
解説と言うより独立した一個のエッセイといっても良いくらい。

39 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 23:26
土屋賢二関係

40 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 23:27
土屋賢二関係

41 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 23:51
塩野七生……今、はまってます。


42 :名無しさん@2年目:2000/06/17(土) 00:00
>39
哲学?

43 :味醂:2000/06/17(土) 01:20
柳美里。
「水辺のゆりかご」でショック受けた。

44 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 09:35
内田百間『御馳走帖』。好きなんだよね。
やせ薬を飲みすぎてやせ過ぎたりして。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)