5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どこの文庫が好き?

1 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:14
中公文庫が好きです。色が好き。

2 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 03:25
岩波文庫。まだ安い

3 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 04:55
ハヤカワ文庫。心から好き。
それが文学かハヤカワかと問われれば、やっぱ、ハヤカワだな(笑)

4 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 07:55
新潮文庫。ヒモがついてるから。

5 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 09:37
新潮文庫
ラインナップが好き。


6 :タンゴ@黒猫:2000/06/07(水) 09:56
ヒモ(スピンと言うらしい)はありがたいけど、書体読みにくいぞ>新潮

7 :>1:2000/06/07(水) 10:10
同意見だが、読売資本がはいってから、あの多色の背表紙と、「逆転レニングラード作戦」
とかマヌケなラインナップが混ざり始めたのは悲しい。

金子光晴とかドナルド・キーンとか、あるいは「中世の秋」とか名作ぞろい

8 :タンゴ@黒猫:2000/06/07(水) 10:21
ビュトールの「時間割」もね>中公

9 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 11:42
岩波は投げやりな翻訳が多くていや。
サンリオSF文庫を見つけると嬉しい。

10 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 11:45
岩波の、つつましやかな書体が好きです。6さんも指摘しておられるように、
新潮文庫の書体って、字が大きいというか、ひらがなの平べったさが目に付いて、
時々気持ち悪くなる。
その点、岩波文庫は字が小さめかつ控えめで、大変よろしい。
ただ、本棚にしまうとき、背表紙の色がなんか汚く思える。
全てに完璧な文庫は、ないのか?

11 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 12:56
岩波文庫が好き。
いい匂いだから。

12 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 13:32
>11
匂い?比喩ですか?

13 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 13:37
木の、というか甘い匂いがするんですよ。
(11さんじゃありません;通りすがり)

久々岩波よんだら紙栞がついていたんですが
やっぱり岩波好きだぜっ☆って気がしました。

でも結構廃版(絶版?)するのが早いです(号泣)

14 :K:2000/06/07(水) 13:48
>13
その後神田の古本屋で
べら棒に高い値段で売ってたりしますね。

15 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 14:49
>14さん
どもども。13です

御茶ノ水駅から下って最初の文庫たくさん売ってる
お店に目星つけてるんですけど、もっと岩波の絶版
売ってるお店ってありますか?
95年に刷ってたような最近ので、古くて価値が出るような
のではないんですけど。

あ、岩波って翻訳がちょっと…なんですか?
本棚に並べるときはかえって他の本を全部岩波文庫
の表紙にしたいです。私ワ。

文庫といえば月間ペン社の[妖精文庫]もよいですが
ちょっと文庫ちがいすね。
(長くなってごめんなさい。ROMに戻ります)


16 :名無しさん:2000/06/07(水) 16:04
凄く些末なことだけど、新潮の背表紙(カバーじゃなく本体の方)の題字の書体が
いかにも「活版印刷」って感じで好きでした。
が、ここ最近のは印刷が変わったみたいで(緑色のインクの物)ちょっと残念。

自分の趣味とあうっていうことではちくま。かるーい教養路線。

17 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 16:31
>16
筑摩は、確かに興味深いものばかり出してくるな。
ただ、総じて文章が平易だが、どの読者層に向けて書かれたものなんだろうか。

18 :>Kさん:2000/06/07(水) 17:35
岩波ブックセンターの二階の、岩波書店専門の古本屋ですか?
あそこの値段の付け方は正気とは思えない。

19 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:06
幻冬舎文庫が出てないな。
アウトローもあるよ。

20 :珍念:2000/06/07(水) 18:07
福武文庫の海外物が、10年くらい前に充実してたような
気がします。しおりひももあったし、カバーを取って裸に
したときの美しさは、自分の知る限りでは文庫史上最高。
澁澤訳コクトー「大股びらき」とか、今でも宝物です。

21 :>18:2000/06/07(水) 18:07
まーでもわりと良心的なんですよ。復刊情報とかをマメに仕入れていて、客に
「もう少しすると復刊されますが(この高い本を)買いますか?」とか教えて
くれる。

それに高いといってもせいぜい、ちくま学芸文庫なんかとそんなに変わらない
から、本当に必要な人にとっては高くないんじゃないかな? 安い値段にする
と、コレクターとか本当に必要でない人に買われてしまうので、その防衛もあ
るのだと思います。


22 :K:2000/06/07(水) 18:16
>18
そうです。高いです。
一階で絶版になると上の店頭に並び、
同じ文庫でも、訳者と第何版かによって
大きく開きがある。

岩波文庫とカバーを外した新潮文庫がいい。

23 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:20
新潮文庫のひも好きなんですけど、ブックオフとかだと切られてることが多い。
あれはたいへん見苦しいのでやめてもらいたいなあ。

あと、新潮と岩波でラインナップがかぶっていると、優柔不断なので真剣に悩んでしまう。
「魔の山」が読みたいんですけどどっちの訳がいいですかね?

24 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:29
講談社文芸文庫、頼むから安くしてー
『白鯨』上巻 1900円ってさー、、、
巻末に年表とか著作目録とか付いてて、好きなんだけどなー、文芸文庫。

25 :チエ:2000/06/07(水) 18:37
>24
講談社文芸文庫って青い背表紙のものですか?

26 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:39
>24
カバーの感触もいいですよね。よっぽど金に余裕があれば買うんだけど。
買ってもあまり粗末に扱えないし。

27 :>20:2000/06/07(水) 18:42
そうそう、昔は福武、河出あたりががんばってたんだよねえ。
恥ずかしながら、私にとって河出=渋澤、福武=百間でこつこつ買ってました。
今は文庫の種類増えたから普通の本屋ではこの辺の棚すごく縮小してるよね。
河出なんて、「溺れ行く人妻〜」(笑)とかの性生活実録シリーズばっかり。
でも、渋澤、足穂で稼いでいた時と出版社の意識は大差なかったりして。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 18:58
>23
「魔の山」は、岩波文庫版で、決まりです。翻訳もぴちぴちしていて面白いし、
字が読みやすいから。

私は、カフカの「審判」、ぜひとも新潮文庫で読みたいんですが、なかなか
お店になくて、岩波版でがまんしようか、と思っているところです。

29 :珍念:2000/06/07(水) 20:28
>23

「新潮か、岩波か」っていう問題は別にスレッドを立てても
いいくらいの大問題かも。トウェインとか「白鯨」とか、全く
別物で、強烈すぎますよね。ドストエフスキーなんかは皆さん
どうなんでしょ。

30 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 20:37
おい、福武文庫、ナボコフの「賜物」出してくれたのは
感謝してるから、ほかの著作も出してくれよ〜〜。
希望は「アーダ」

31 :こけか:2000/06/07(水) 20:42
現代教養文庫
左翼書からケルト民話、ドグラマグラ、ゲームブックまで
個人的にツボをおさえられてる。

32 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 20:45
なんだなんだ、文春文庫を挙げるヤツは、いないのか?
エッセイが充実していて、読みやすいぞよ。

33 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 20:58
学陽書房の「人物文庫」を読んでる人って、いるんだろーか。

>31 現代教養文庫、「未解決事件」とか、「浴槽の花嫁」とか、
ゾクゾクしながら読んでおります。しかしあの文庫、佐高信サンが関わって
いるらしいんですが、それは一体どーゆーことなんだろう。

34 :現代教養文庫は・・・:2000/06/07(水) 21:52
第一勧銀事件で有名になった小池某なる総会屋の黒幕である木内だか木所だかいう
大物総会屋の所有する出版社じゃなかったのかな・・・?

佐高信が件の事件について歯切れが悪いのは、そのせい。
(もともと左翼系のアカ雑誌だしてたし・・・)

・・・・生々しすぎましたね。ご歓談をおつづけください。

35 :11>12:2000/06/08(木) 00:11
失礼な! 文字通りの意味ですっ!

36 :KAORI:2000/06/08(木) 02:52
新潮文庫の何たらフェアでさ
裏表紙のマーク送るとグッズがもらえるのあるでしょ。
その中に「文豪ウォッチ」なるものがあって
前回は太宰・川端・漱石・鴎外だったのがさ、今回は
鴎外がリストラされて、代わりにカフカになってたね。

37 :K:2000/06/08(木) 08:56
>32
文春文庫で開高健の「最後の晩餐」は好きなエッセイの一つ。
辻さんのフランス料理、中華料理、収容所の情景、喫人。
ピンからきりまで幅広いです。

38 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 09:03
>34
現代教養文庫はいい本も出しているけど、なんか傾向が変。
小栗虫太郎があるからまあいいんですけど。


39 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 02:09
冨山房百科文庫って、知ってる?
佐藤春夫の「退屈読本」のように、渋めのものが、そろっているよ。

40 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 18:33
今、日本には文庫がいくつあるんだ?

41 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 19:17
けっこう重要、東洋文庫

42 :珍念:2000/06/16(金) 19:44
>39

ジョン・オーブリーでしたっけ?
「名士小伝」は。
倉橋由美子が誉めてたので買いました。

43 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 01:45
幻冬舎アウトロー文庫。かっこいい―――。
普通なら文庫化されないようなのが文庫になる。

44 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 01:48
河出の。グラデーションがきれい。

45 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 09:25
あの栞の紐、あれは手作業なので一冊いくらだかかかってしまうので、あちこち
がやめてしまったと聞いたことがあります。新潮文庫なんかは頑張ってて偉い。
ブックオフは天地を断ち切っちゃうんですよね。だから紐も失われている。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)