5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「二十歳の原点」高野悦子

1 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 11:33
「ノート」「序章」「原点」と今順番に読んでる。
顔も美人だし好きになった。鉄道自殺って悲しいね。
誰か詳しい人いますか? もっとこの人の事知りたい。

2 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 12:04
立命館だったんですよね。
何故自殺に至ったのか、日記だけではわからないけど
彼女はなにが孤独だったのか考えてしまうときが今もあります。

3 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 13:22
自意識に殺されてしまった人の典型だと思う。

4 ::2000/06/16(金) 14:06
不安神経症気質のとこも多くありますね。
ずっと怖がってる。対人とか。
自殺願望は中学の時からあるし。
あと太宰を熟読してからまた一気に傾いた。
僕は彼女の日記は文学的に優れているとは思わないけれども、
やはり悲しいんですよね。希望を抱きながらも葛藤してて
苦しんでて、そうして二十歳で自殺ですから。
発作的なものだったのかとも思う。衝動を抑えられなくなって。

あとこれは男としての感情ですけど、彼女の写真みて、
あんまり綺麗な方だから好きになってしまったというのも
あるんです。不謹慎で申し訳ないけど、彼女の顔が綺麗じゃ
なかったらここまで悲しくなかったかなって。


5 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 14:26
読んだ事ないし、読む気も無いけど、3さんの言うとおりのような気がする。
って言うのは、そもそも美人じゃなかったら自殺してないのでは。
そして美人じゃなかったら自殺しても本にもならない。
まぁ敬して遠ざけるのが賢明だと思うよ。


6 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 15:15
高野悦子に興味を持つなら、『アルゴノオト あおいの日記』(葦書房)
おすすめします。
著者井亀あおいは高野よりも一段階若い高校生の時期に自殺しています。
若い分だけイタイ所もあるけど、著者の心理はこっちの方が詳細に書かれ
ていると思う。


7 ::2000/06/16(金) 16:06
>5
>って言うのは、そもそも美人じゃなかったら自殺してないのでは。
美人故の繊細さという事かなあ。非美人は違った理由でまた自殺してしまうよね。

>そして美人じゃなかったら自殺しても本にもならない。
同感・・。これベストセラーだったそうですね。


>6
>高野悦子に興味を持つなら、『アルゴノオト あおいの日記』(葦書房)
>おすすめします。
>著者井亀あおいは高野よりも一段階若い高校生の時期に自殺しています。
>若い分だけイタイ所もあるけど、著者の心理はこっちの方が詳細に書かれ
>ていると思う。
ありがとうございます! 是非読んでみます。僕はこういうのに
惹かれてしまうんですよ。山田かまちとかは嫌いだけど。女は
なんか好き。漫画家の山田花子も好きだし(24歳で自殺ですね)。


「二十歳の原点ノート」(中学時代の)には自慰行為についても出て来る。「
どうしてもしてしまう。快楽に負けて」って。ここ読んでてたまらなく
いとおしく思った。処女崇拝とも重なってるのかな。
両親は当時出版に反対だったそうだけど確かに娘のオナニーなんて世間に
出したくないよね。しかし随分儲けたんだろうな。鉄道自殺の損害倍賞金
の元は優に取れたでしょう。
まあこんな云い方しちゃいけないね。失礼。悲しいからこんな云い方して
しまう。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 16:17
高野悦子は何度も他人、特に自分が思いをかけた男性に期待を裏切られて
失望するたびに手記に書き付けてるけど、それっていつも自分の中で
相手に対する幻想をどこまでも肥大させた結果なんですよね。
他人に対して膨れあがった幻想=肥大した自意識。

でも、最後に書かれた詩は彼女の容貌や彼女の文才と切り離して読んで
も、文句なしに美しいと思います。

>6さん
「アルゴノオト」、工房時代に読んだとき衝撃を受けました。
あの描写力は、やっぱりパラノイアだったから・・でしょうか。

9 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 02:44
あんたら、何歳?
時代背景とかちゃんとわかった上で言ってる?
そうだとしたら、「挫折」した者を嘲笑う現役運動家 or 学生運動崩れ?
「文学的に優れているとは思わない」なんて、このシリーズを文学として
評価しようとしている時点で×。

10 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 02:56
>5
読んでいないのにどうしてそんな気がするなどと言えるのかな?
敬して遠ざけるのが賢明なんだってサ。(^O^)

11 ::2000/06/17(土) 03:17
>9
>あんたら、何歳?
>時代背景とかちゃんとわかった上で言ってる?
わかっているつもりです。

>そうだとしたら、「挫折」した者を嘲笑う現役運動家 or 学生運動崩れ?
あなたにとってはただの学生運動の時代の一女生徒の日記かも知れないけど。
僕にとってはもっと文学的な随筆の類いです。時代とは関係ない、もっと
普遍的な。今の学生が読んでも共感出来ます。

>「文学的に優れているとは思わない」なんて、このシリーズを文学として
>評価しようとしている時点で×。
出版されている以上は文学として見ます。随筆ですよ。ただ評価はそれほど
高くないけど。もっと個人的なレベルで興奮するなっていう。

12 ::2000/06/17(土) 03:27
>11さん
出版されている以上は文学として見るとおっしゃっても、
著者は公表を予定して書いたのではないから、評価ってのは
どうかと思う。

13 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 03:37
評価対象外のものを、わざわざ評価して、んで「評価は高くないけれど」とは…。
共感しているというより、バカにしてるんじゃないの?

14 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 03:56
しあんくれ〜るがあったところは今更地になって
駐車場みたいになっています。

15 :>7:2000/06/17(土) 09:12
>「二十歳の原点ノート」(中学時代の)には自慰行為についても出て来る。「
>どうしてもしてしまう。快楽に負けて」って。ここ読んでてたまらなく

そんなこと書いてあるんだ。萌え〜。違う意味でたまらなくなる。読んでみよ〜
(逝ってよし、おれ)

16 :>9:2000/06/17(土) 13:32
あんた、何歳?
ちゃんとレス読んだ上で言ってる?
そうだとしたらとりあえず誰にでもケンカふっかける煽ら〜さん?

17 ::2000/06/17(土) 13:52
>12さん、
>出版されている以上は文学として見るとおっしゃっても、
>著者は公表を予定して書いたのではないから、評価ってのは
>どうかと思う。
でもちょっと考えてしまうんですよ。彼女はこれを遺したまま
死んだんです。どっか死後に発表される事を期待していたのかなあ、
なんて。読まれたくなかったら捨てて自殺すると思うし。
そして彼女の文体ってどっか日記を超えてるとも思える。
詩も多く書いてるしね。
とにかく僕は文学として見ています。


>13さん、
>評価対象外のものを、わざわざ評価して、んで「評価は高くないけれど」とは…。
>共感しているというより、バカにしてるんじゃないの?
あなたにとっては評価対象外だろうけど僕にとっては
評価作品なんです。日記文学ってジャンルもあるから。

評価が低くたってバカにしているって事でもありません。

18 ::2000/06/17(土) 20:25
「序章」でまた出て来た。彼女は寺山修司を読みながら
自慰行為に耽っていた。

それはまあいい。1968年12月16日。彼女が19歳の時、
初エッチがレイプである。元々鬱気質であった彼女に、
この動物的性的暴力はあまりに痛手だった。
  信頼は罪なりや
太宰の「人間失格」にも通じる悲しさだ。
鬱と道化が一気に振り切れ、彼女は太宰を読みながら
自殺の階段を昇って行く。煙草を飲み、指を切る等の
自傷行為。コードで首を絞めてみたり。
徹底した孤独の中で。彼女の見た地獄は深いものだった。

今とても悲しいです。苦しい。俺も死にたい。

19 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 21:56
>俺も死にたい。
だったら死ねば?

20 ::2000/06/17(土) 22:46
>19
>だったら死ねば?
それが出来ないから苦しんでる。


全て読了しました。手が震えてる。

21 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 23:23
読んでみようかな。

22 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 01:56
>1さん
学園紛争華やかかりし頃の京都の大学生のお話だから、その辺のことを
モチョット考えて、あまり思いつめないで、ネ。
この本、青春白書としては貴重な本だと思うよ。

23 ::2000/06/18(日) 02:11
>22さん、
>学園紛争華やかかりし頃の京都の大学生のお話だから、その辺のことを
>モチョット考えて、あまり思いつめないで、ネ。
いや、もっと普遍的ですよ。彼女の苦しみの比重は失恋が
大きかったりするし。「学園紛争」はそれほど重要ではありません。
大変に思いつめてます。もう彼女のことしか考えてない。
苦しい。悲しい。生きてるのが辛い。彼女と話がしたかった。



24 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 02:15
なんか読んでみて思ったのですが、自殺の理由を一言で言えば
      
         「もてなかった」
これにつきると思う。

25 :>23:2000/06/18(日) 02:18
死ねば?
誰もおまえの事必要としてないし

26 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 02:38
おいおい。とりあえず、1。死ぬなよ。
お前が死んだら後味悪いじゃねえか。

27 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 04:13
彼女の顔って妙に印象にのこるよね。電車に飛び込んだのは凄いね、富士の樹海
で、自殺じゃないもんね。ずいぶん前のことですね。佐藤首相訪米で沖縄返還実現
した年に自殺。本の読みすぎには注意かなー

28 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 06:30
>どっか死後に発表される事を期待していたのかなあ、
なんて。読まれたくなかったら捨てて自殺すると思うし。

捨てて、とか考える余裕があるうちは、または羞恥心があるうちは自殺なんて
しないと思います。それすらどうでもよくなる瞬間に飛び込んじゃうのでは。
作家として作品を残した人の物と違って、まったく無名の人なので、文学とは
思えないです。それを超越した力はあるとは思いますが。
と言っても、読んだのは20年ぐらい前の十代前半だったので、印象しか残って
ないけど。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 06:43
1さん、柄谷行人は読んだことありますか?

30 ::2000/06/18(日) 08:09
>24
>なんか読んでみて思ったのですが、自殺の理由を一言で言えば
>     
>         「もてなかった」
>これにつきると思う。
そうそう。要所要所で失恋してばかり。男を好きになって
抱かれたいと思っても、いつもその彼には恋人がいる。
電話しても出ない。必死で信号を発してる。もし恋が
報われたら死ぬことは無かったと思える。
絶対的な孤独感が何より彼女を死へと走らせた。


>25
>死ねば?
>誰もおまえの事必要としてないし
自惚れかも知れないけど、誰かが必要としてそう・・・。
そして何より怖くて。


>26
>おいおい。とりあえず、1。死ぬなよ。
>お前が死んだら後味悪いじゃねえか。
ありがとうございます。少し勇気が出てきました。
感謝。


>27
>電車に飛び込んだのは凄いね
自殺の仕方は沢山あるけど、鉄道自殺と飛び降りって
100%の成功率だそうですね。悲しい。

>本の読みすぎには注意かなー
かなり入りこんでしまいました。彼女の電波を
キャッチしてしまったみたい。言わば電波系じゃ
ないですか。二十歳のイカれた女の自殺日記です。
悲しみが直に入ってきてしまったんですね。
ここに書き込んでるのも「救い」みたいなのがある。
今僕が孤独なままだと怖い。誰かに共感してほしい。
この苦しみを共鳴して欲しい。

高野悦子の研究本とか無いのだろうか? ベストセラー
になったのだそうだからありそうなものだ。見たい。


>28
>捨てて、とか考える余裕があるうちは、または羞恥心があるうちは自殺なんて
>しないと思います。それすらどうでもよくなる瞬間に飛び込んじゃうのでは。
そうですね。本人も書いてます。死ぬ時はこのノートを
そのままにしておいて発作的に死ぬか、全てを
焼いてから死ぬかのどちらかだろう、と。結局
遺して死んだ訳だから発作的だったという事ですよね。
でもあまりに流れにそった「発作」だなあ。最後に
書いたのがああいう詩であるし。
でも最後の詩は22日に書かれたもの。死んだのは
24日の未明です。この最後の空白は何なのだろう?
何かあったのだろうか? 酒に酔ったとこをまた
レイプされたか? とか色々考えてしまう。
苦しい。

>作家として作品を残した人の物と違って、まったく無名の人なので、文学とは
>思えないです。それを超越した力はあるとは思いますが。
そういう云い方だとわかります。
僕は自殺に弱いのかも知れない。自殺した人は
どっか本物だと思ってる。愛してしまう。死んだ
人を愛する苦しみが、今来たみたいです。


>29さん、
>1さん、柄谷行人は読んだことありますか?
ありません。どういう方ですか?

31 :>24:2000/06/18(日) 20:15
鋭い気がする……

32 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 21:27
女(男)にはまるか宗教団体(学生運動を含む)にはまるかで、大体
の問題は解決する。
彼女は、男にもはまれず、宗教団体にもはまれず、民青にもはまれず
新左翼にもはまれなかった。

1へ
 1)上記の何かにはまりなさい。
   危険度と私の経験から考えて、<女>がいいと思う。
   はまりまくりなさい、はめまくりなさい。

 2)孤独に耐える。
   自分固有の人生の意義を生み出しなさい。
   これは困難を極めます。

 いま、貴方は2)に耐えられないのでしょう?
 

33 :あはは:2000/06/18(日) 23:51
文学青年だったら、誰でも一度は通る道。
これが今後の人生の免疫になればいいじゃん。
みーんなそうやって生きてるの!




34 ::2000/06/19(月) 13:52
テスト

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)