5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国の人肉食文化について

1 :佐川君:2000/01/31(月) 14:06
中国人は人肉を食べますか?

2 :文化大革命では:2000/01/31(月) 14:12
げっぷがでるほど食べちゃいました。(by 江宅民

3 :株屋:2000/01/31(月) 14:42
なんでも食うよ、あの人達は。喫人(チーレン)については
故開高健氏の著作に詳しい。

喫人ではないが、辛亥革命の頃、名前忘れたが革命戦士の女性
が射殺により処刑された。付近住民はその死体から流れ出てい
る血を肉まんの皮に染み込ませてありがたがって食ったそうな。
きもちわる!

4 :名無しさん:2000/01/31(月) 14:49
>付近住民はその死体から流れ出てい
>る血を肉まんの皮に染み込ませてありがたがって食ったそうな。

魯迅《薬》はお読みになったことない?

5 :>4:2000/01/31(月) 15:00
どんな話?(3じゃないけど・・・

6 :株屋:2000/01/31(月) 15:08
>4
おー、そうそう。シュウキンじゃなかったっけ?
うろ覚えだけど。

7 :4>5、6:2000/01/31(月) 19:30
昔の中国では包子に人血を染み込ませたものが肺薬の薬になるという
迷信があったのさ。きちんとした薬を買うことのできない貧しい人々
がその迷信にすがる様と、清朝政府による秋瑾殺害とを絡めて旧中国の
世界を描いたのが《薬》という短編小説。株屋さん、この小説で秋瑾が
出てくるとは流石。

8 :4>5、6:2000/01/31(月) 19:30
昔の中国では包子に人血を染み込ませたものが肺薬の薬になるという
迷信があったのさ。きちんとした薬を買うことのできない貧しい人々
がその迷信にすがる様と、清朝政府による秋瑾殺害とを絡めて旧中国の
世界を描いたのが《薬》という短編小説。株屋さん、この小説で秋瑾が
出てくるとは流石。

9 ::2000/01/31(月) 19:34
>4
さんきゅ。でもげろげろ。。。
 日本で言えば鯉の生き血か。。。

10 :中国に限らず:2000/01/31(月) 21:59
 食人文化は各地に存在するので、中国だけを「ヲエ」という反応で
書くってのは好きじゃないです。
 で、やっぱり上記の迷信は血を生命の象徴とする考え方から出たので
しょうね。肺病に必要な十分な栄養(生命力)が得られない以上、という
ことなのでしょう。他者の生命を血や肉を通して取り込むという考え方の
系譜に属するものと思われます。

11 :名無しさん:2000/02/01(火) 04:15
孔子は弟子の肉を食ったことがあるそうです。

12 :ついでに:2000/02/01(火) 13:08
魯迅の《狂人日記》も忘れんでくれ。

13 :アルバート・フィッシュ:2000/02/03(木) 01:53
以下の記事について信憑性はありますか?
中国人が子供を料理として売っていたということはありますか?
今でも売られたりしていますか?

--------------------------------------------------
http://www.wisnet.ne.jp/~alice/hanzai_fish.html
1934年11月11日。ある家庭に一通の手紙が送られる。
以下はその手紙の一部分である。

『親愛なるバッド家の皆様、突然の手紙をお許しください。私には
デービスという名の船乗りの友人がいます。彼は日本・中国などア
ジア航路を主に回っている大変風変わりな人物で、この間帰国した
折、私に「中国で人間の肉、それも子供の肉を食べてきた。」と言
うのです。私は大変驚きましたが、彼は滞在期間中ずっと人間をた
べつづけていたと言うのです。私が彼に「どんな感じだ」と尋ねる
と「そりゃあ、子供は柔らかくて絶品さ」とあまり自慢気に言うの
で、ついつい私も試してみたくなっていたところ、お宅で昼食を招
かれました。その際、思いがけず膝の上に乗ってきた、お宅のお嬢
ちゃんの笑顔を見て”この子を食べてみよう”と決心したのです。




14 :>7.8:2000/02/03(木) 16:14
日本でも人肉か血かが病気に効くとかいう迷信あったよ。
その話を信じて子供に大けがさせただとか、実際病気になってる人が
知人に人肉だというのを持ってこられて喜んで食べたけど、実は犬か
何かの腐った肉だったとか。
そういう話を明治のだいぶ後の方の新聞で見たことがある。


15 :阿部謹也という:2000/02/04(金) 00:52
ヨーロッパ中世史研究家(一橋の学長かな?)の本によると、
中世ヨーロッパには首切り役人、屠殺業者、皮革加工業者、粉屋、
ろうそく職人、等々の被差別民がいたが、首切り役人は普段から
普通人と口も利けないのに、夜中に病人の家族がこっそり刑死者
の血を高額の薬として買いに来たという。城郭都市といい、被差
別者の扱われ方といい、中国ってヨーロッパに似てると思うこと
が、よくある。



16 :名無しさん:2000/02/04(金) 02:45
んで、中国人はいつまで人肉を食べてたの?
ひょっとして、今でも・・・・(恐怖)

17 :名無しさん:2000/02/04(金) 05:24
なんでも蒸して食べちゃうよ。

18 :名無しさん:2000/02/04(金) 09:14
「足のあるものは、机と母親以外は食べる」って言うよね。
つまり、椅子と父親は食用です(笑)。


19 :株屋:2000/02/04(金) 09:44
>16
いつまで食ってたか知らんが、今でも食ってるのか知らんが、
北京猿人は人肉を食ってたらしい。彼等は同類を殺した後、
その肉を食って頭蓋骨を水鉢として使ってた、と中国人研究
者がいつだったか発表してた。
食人の歴史は長いのだ。4000年どころじゃないのね。


20 :名無しさん:2000/02/04(金) 17:54
北京原人は現生人類の直接の祖先じゃないよ。

21 :>20:2000/02/04(金) 23:34
だからさメンマの先祖でしょ。
ヒューマンビーイングじゃないのよ、やっぱ。

22 :莫言の:2000/02/04(金) 23:53
『酒国』とかは?

23 :名無しさん:2000/02/05(土) 03:02
縄文人の骨にも食人の痕跡があるよ。

24 :名無しさん:2000/02/05(土) 10:23
首筋のトコが一番美味しいんだよね。
もちろん、噂ね(笑)


25 :名無しさん:2000/02/05(土) 22:05
中国人は、食材が人間でもきちっと料理してたんでしょ?
珍しくない?
親友とかへの最高の料理として、妻子を料理して出したって
どこかで見たことあるけど、ガセかな?
どう?

26 :名無しさん:2000/02/05(土) 23:02
食材なら、調理するのはフツーじゃない?
でも、人間を食材として見るのは、ちょっとね。


27 :名無しさん:2000/02/06(日) 00:35
中国人は、人間でもきちっと料理して食べてたんでしょ?
単に、火を通すとか煮る、とかのレベルじゃなくて。
珍しくない?
親友とかへの最高の料理として、妻子を料理して出したって
どこかで見たことあるけど、ガセかな?
どう?


28 :それは:2000/02/06(日) 07:39
古代の中国では人肉食をやっていたみたいです。もちろん生贄として
人間も使われてました。

29 :名無しさん:2000/02/06(日) 10:40
飢饉がおきると町で人肉市が開かれ人間をさばいて食べていたそうです。「酷刑」という本に書いてありました。

30 :株屋:2000/02/07(月) 11:46
肉の調理法は大別して次の4種ある。
臠…サシミ
脯…ひもの
羹…煮物
醢…塩辛
注意すべきは対象となる肉がブタでも羊でも、もちろん人間でも
関係ないってとこ。三国志を読んだ事がある人は知ってると思う
が、劉備をもてなすために妻を調理した人の話があるよね。
水滸伝でも人肉饅頭の話が出てくるし、文革の頃にも食ったらし
いよ。
つまり「ひかりごけ」的状況でのやむを得ぬ食人とは一線を画し
ていると予は解す。どう?


31 :名無しさん:2000/02/07(月) 12:27
生けとし生けるものすべて、分け隔てしないわけですな。
素晴らしきかな、漢民族。



32 :>31:2000/02/07(月) 14:24
日本軍がちゃんころを食ったとか、デマを流さなければ
「へぇー」ですむんだけどねぇ。

33 :名無しさん:2000/02/07(月) 15:08
「人間を食材として見る文化」は漢民族ダケである!

と、誇り高く主張してください>中国の人々。



34 :名無しさん:2000/02/08(火) 08:05
饅頭も人食いを我慢させるために造ったんだっけ?
人間っておいしいのかな?
>29さん
人肉市で売ってた人肉って、死体や罪人、敵の肉かな?
それとも、立場の弱い人を殺して料理して売ってたの?
どう?

35 :名無しさん:2000/02/08(火) 09:23
>34
饅頭の起源は三国志を信ずればちと違う。
詳しい人プリーズ。


36 :>35:2000/02/09(水) 07:05
孔明が南蛮制圧中現地の河を渡るのに、現地民が人を生け贄にしないと渡れない、といわれたので、
代わりにお供えしたのが饅頭の始まりって話だったはず。
ただ、三国志の中に、逃亡中の劉備のために妻(だったかな)を殺してその肉を振る舞った人の話もあったね。
(飢饉でなにも食べるものが無いためっていうバックグラウンドあったけど、この話にはちょっと抵抗あったなあ)
でも人肉食いって中国に限った話じゃないよねえ。


37 :>36:2000/02/09(水) 09:46
スレッド全部読みましょう。

38 :名無しさん:2000/02/10(木) 04:16
でも、日本には人肉を食べるなんて風習はないよ。

39 :36:2000/02/10(木) 06:51
>37
読んで書き込みしたけど何か問題点は??


40 :名無しさん:2000/02/10(木) 07:11
人食いを食文化とするのは、恐らく中国のみ。

41 :>40:2000/02/10(木) 07:30
熱帯地域に食人の習慣があった部族っていなかったか?ひょっとして彼らも中国人(笑)

42 :40:2000/02/10(木) 07:35
あー、いたような気がする、ってことで40は撤回。

43 :名無しさん:2000/02/10(木) 07:53
食肉文化があるからこそ、日本兵がシナチク共の汚い肉を
食った、などのでっち上げができる。>支那畜共
我々日本人には、到底考えられない事である、と思う。
日本人を『(日本鬼子)リーベンクイズ』だの、
『東洋鬼(トンヤンクイ)』だの言ってるが、
どっちが鬼畜なんだか・・・

44 :>43:2000/02/10(木) 09:24
でっちあげは確かに良くないけど、
彼らにとっては食人は文化だからなぁ(笑)。
それだけでは鬼畜とは言えないと思う。


45 :株屋:2000/02/10(木) 09:50
水滸伝で武松だったかな?
茶店で饅頭を食べていたら毛が入っていたのでこれは人肉に違
いない、ってことはお客を殺して饅頭の具にしてやがるな。
シビレ薬でも入れてオレまで具にするんじゃねーだろーなぁ。
てな感じで「おぅ、おかみ。これは人の肉だろ?」と尋ねるシー
ンがあったはず。違ったかな?
ここで注目すべきは、武松の懸念が人肉ではなくシビレ薬に向
けられている事。人肉饅頭?ギャー!じゃないのだ。

あと、ソースは忘れたが、南北朝時代(大陸のね)に飢饉が起
きた当時、死者多数に上った結果、市場では人肉が値崩れを起
こして豚肉より安くなったという記録が残っていたと思う。

やはり大陸では人肉を食材の一種と見る風があったのでしょう。
我々の価値観からすれば、あるいは現代の世界共通の価値観と
しては蛮習に見えるが、大陸では別の価値観が存在している(た?)
ってことだと思う。
おもろいね、大陸は。

46 :名無しさん:2000/02/10(木) 22:13
今日の「どっちの料理ショー」の肉まんvs中華ちまきは、
どっちも美味しそうだった。


47 :>46:2000/02/11(金) 03:41
ほほお、なかなかハイソなねたですなぁ。

48 :蛙鳴:2000/02/11(金) 12:03
香港でよく報道されているが、シンセンの医院では堕胎児とか胎盤とかを販売しており、
女性や老人が「美容」「若返り」などの薬として買って行くとか。
こっちでは「体にいい」というのを一般的に「補身」といったりするが、
そういうもんだというとらえかたのよう。

漢方薬なんかと煎じて食すのが一般的のようだが、
生で食べる剛のモノもいるそうな。
雑誌の記事では、「生食は感染症の元なので絶対に避けるように」と書いてあった。
注意する方向がちがうと思うが・・・

中国人に聞くと、「ホンマかどうかは知らんけど、あっても別におかしくないね」と、
きわめて冷静であった。

なんでも食う広東省だけの風習かもしれません。

49 :名無しさん:2000/02/11(金) 12:34
さすが中国人ですなあ・・・
こりゃあ隠れて子供や美女を食ってる奴がいても
「別におかしくないね」

50 :名無しさん:2000/02/11(金) 16:57
子供は、肉が柔らかいって事で理解できるが、
美人ってのはナニよ(笑)。
つーか、美人はブスより旨いのか?
気持ちはわかるけどね。


51 :>50:2000/02/11(金) 23:15
活けずくりにした場合、見場がいいから、かな。


52 :名無しさん:2000/02/12(土) 00:24
うはは、これぞホントの女体盛り(笑)。

・・・あわわ、こんなコト書くと
日本人の方が残酷だ!とか言われそう。


53 :阪京:2000/02/12(土) 00:39
カニバリズムか?
食うのは上海ガニくらいにして欲しいな。

54 :名無しさん:2000/02/12(土) 01:34
お〜い、山田君。
53さんに、座布団一枚!


55 :名無しさん:2000/02/12(土) 04:03
確かに、活け造りはやってたようだから、見場がいいほうが高値がついたろね。

56 :名無しさん:2000/02/12(土) 04:04
見場>見栄え

57 :中国の方に質問です。:2000/02/14(月) 05:30
人肉は何味ですか?
豚、牛、馬、羊などと比べて近いものは?
回答よろしく。

58 :>57:2000/02/14(月) 12:52
両脚羊って言うくらいだから羊の味に近いんじゃない?

59 :ほれほれ:2000/02/14(月) 22:04
「・・・・二日後には別の捕虜が引き出され、機関銃中隊長の中島昇
大尉が木刀で乱打したあと兵隊に銃剣で突かせ、絶命した後、やはり
寺木が解体の仕事をやらされた。摘出したキモと肉はその夜、的場大
隊長の開いた酒宴に供されたが、そのあと兵隊たちが死体の肉を争っ
て持ち去ったため、ほとんど骨ばかりになってしまった」

「グアム島の米海軍による軍事法廷は、五月から九月まで半年かけて
進められた。・・・・もっとも注目を集めたのは父島事件で、凄惨な
証言が次々に登場した。なかでも立花中将の当番兵が人肉を供した酒
宴の様子を述べ、立花が『これはうまい、お代わりだ』と要求したく
だりになると、法廷は水をうったようにシーンとなってしまった」

(秦郁彦『昭和史の謎を追う(下)』文芸春秋)

60 :>59:2000/02/15(火) 01:52
戦争中の話しね、
これが中国の平時における食人文化の話しと何か関係あるの?

61 :>59:2000/02/15(火) 01:56
一部を全体に置き換えて、論点のすり替えをはかる。サヨの毎度の手口
ですな。

62 :空気の研究:2000/02/15(火) 07:37
ちょっと水を差してみたくなっただけよん(^^)>60、61

63 :名無しさん:2000/02/15(火) 09:07
62=ガキンチョ。


64 :>59:2000/02/15(火) 09:37
それはホントの話?
A@`B@`C級各戦犯裁判ではドキュン証言がそのまま素通りしたとか
聞くけど、そのたぐいじゃないの?

 あと、戦時中の異常心理状態と平和時の心理状態は違うよね。
人肉を食うのはよっぽど飢餓状態じゃないと許せないが、
アメリカ軍だって日本兵の頭蓋骨を収集した変態さんだったもんなぁ。

65 :>64:2000/02/15(火) 21:37
>それはホントの話?
>A@`B@`C級各戦犯裁判ではドキュン証言がそのまま素通りしたとか
>聞くけど、そのたぐいじゃないの?

それは秦教授に確かめるのが一番でしょう。

>あと、戦時中の異常心理状態と平和時の心理状態は違うよね。
>人肉を食うのはよっぽど飢餓状態じゃないと許せないが、
>アメリカ軍だって日本兵の頭蓋骨を収集した変態さんだったもんなぁ。

そ、ほじくり返せばどこの国だっていろいろ出て来るんだよね。
ちなみに古代の話なら日本でも人身御供との絡みで食人習俗の存在が疑われてる、
って話もあるらしいよ。

66 :>65:2000/02/16(水) 15:21
そこまで古代の話はしてないやろ。。。
と一応つっこんどくね。

67 :名無しさん:2000/02/16(水) 16:37
文化として食人が存在したか。
そーゆーのを楽しくお話していたんだけどな。
場の空気の読めないゲス>誰かさん。


68 ::2000/02/16(水) 17:03
お前もな

69 :>66:2000/02/17(木) 01:05
でも三国志とかだって卑弥呼の頃の話だし。。。
と一応返しとくけど、所詮付け焼き刃なんでこのへんでやめときます (^_^;)

へんな茶々いれちゃってゴメンね>ミギヒダリレイシズム抜きで
純粋に知的好奇心からレスしてた方々

70 :ミギヒダリレイシズム抜き:2000/02/17(木) 16:52
中国に喫人の風習があったのはまずまちがいないかと思われまーす。
しかし当たり前ですがフツーの現代中国人はそんなこと認めたがりませーんし
話題にしたがりませーん。当然ですな。

一方、全世界のどんな民族にだって「非日常」
(「ハレ」っていってかまわないんですか?)
の場における食人風習はあったでしょう。
儀礼として、飢餓に迫られて、あるいは59さん引用みたいな場で。

しかしながら日常の場においてさくっと食人していた(らしき)文化がお隣にあったら、
カルチュアショックと純粋に知的好奇心からレス入れたくもなりますわいな。

といって「だからシナ畜は」系の話へ持っていかれると、
ミギヒダリレイシズム抜きとしてはうんざりですね。


71 :名無しさん:2000/02/17(木) 19:30
俺もほんとは一回ぐらい人肉を食ってみたい気がしなくもない。
薬(栄養剤)としてなら「胎盤エキス」の入ったものを飲んだことが
ある。


72 :>11:2000/02/18(金) 14:13
>孔子は弟子の肉を食ったことがあるそうです。

ねーよ。だいぶ前の書き込みだけど、一応つっこんでおこう。
子路が出仕先で殺されて、塩漬けで送られてきたのことは『史記』にある。
それ以後孔子は塩漬け肉を食べなくなったという。史実かどうかは怪しいが。
中島敦の『弟子』にも出てくるね。
それを元ネタに、世界史板の「なりきってください」に、孔子が誤って子路の
肉を食うというネタを書いたのは、他でもない俺です(ワラ。


73 :>72:それってこれのこと?:2000/02/18(金) 16:25
>19 名前: 孔子 投稿日: 2000/01/16(日) 16:11
>(萩本欽一の口調で)
>子貢や、肉はもっと細かく切りなさいといつも言ってるでしょう。
>だっめっだっよー飯は白くなるまで突きなさい、これじゃ玄米だよ。
>この肉うまいね−どしたの?送られてきた?よそで加工したものは
>買うなってあれほど・・・見せてごらん、うっ、これは子路・・・
>げぼげぼっ・・・

おもしろいね。前半は『論語』ネタだね。高度すぎてそりゃ厨房にはわからんよね。

74 :名無しさん:2000/02/18(金) 18:09
殺した後に食べやすくして送ってくれるんだ。
中国人って親切。

75 :名無しさん:2000/02/18(金) 20:59
荒巻鮭だね(笑)。


76 :ほら、:2000/02/25(金) 01:19
日本では刺身にするために死体をドライアイスで保存するじゃない。
あれと一緒。

77 ::2000/02/25(金) 09:13
佐川くん?


78 :そかそか、:2000/02/26(土) 18:15
中国に連れ去られた日本人は刺身にされてるのか。
踊り食いはしないの?

79 :>78:2000/02/26(土) 20:46
>踊り食いはしないの?
それはやめて。

80 :>78:2000/02/27(日) 00:37
中国では刺身を食べないんだよ。知ってた?
しゃぶしゃぶにするらしいね。

81 :皆バカ:2000/02/29(火) 20:54
中国で日常的に食人があった言いながら、確実な例を出した人はひとりもいない。
一部の異常者や特殊な状況下以外であったことを示す例を出してくれ。

82 :名無しさん:2000/02/29(火) 21:03
>81
あっそう、んで、それがどーしたの?


83 :>81:2000/03/01(水) 16:50
いくつか出てるだろ。
よく読め、寄生虫めが。

84 :>83:2000/03/01(水) 18:08
アホか。
>一部の異常者や特殊な状況下以外

この条件に当てはまるのがどれだ?
特殊な事件だったら、日本だって東北の飢饉時や父島事件、
パプアニューギニアとかいっぱいあっただろうが、


85 :名無しさん:2000/03/01(水) 18:25
ザリガニの共食いと同じなのかな?

86 :名無しさん:2000/03/01(水) 21:03
楽しいスレッドだったけど、ワケワカ君が来ちゃった。
はぁ、つまんね。


87 :84:2000/03/02(木) 10:38
ウヨの楽しい自慰大会を邪魔して悪かったね。
ワケワカっつ言われたけど、俺は言葉が悪いけど、一応理屈つけてるぞ。
「平時に食人があった」とか「人を食材とする」とか言ってるくせに、
信憑性のある実例は一つも出てないじゃないか?(飢饉時の例は当然例外)
知識も何もなく、単にウヨク本をうのみにしただけだろう。
根拠のない決め付けをやめて、もうちょっとまともな議論をしよう。
単純性食人が中国に存在した証拠を誰かさん出してください。

それから、ついでに水滸伝について、そもそもこれは完全なフィクション。
それに、中のヒーローたちはいわゆる悪のヒーローとして書かれている。
殺人や強盗を働く一方で、義理堅い面も持っている。日本の極道映画と似ている。
あと、人肉を食うようなことを書くのは中の人物が常人から離れた度胸を持つこと
を表現したかっただろう。

ちなみに日本も江戸時代にオランダからエジプトのミイラを輸入して薬として使ったそうだ。
今でも、人間の胎盤エキスを使った薬があるとどっかで効いたような気がする。

88 :名無しさん:2000/03/02(木) 13:16
しょうがなくて食うのか、食いたくて食うのかの差かな?

89 :名無しさん:2000/03/02(木) 13:35
食人云々はイギリス人宣教師の
デッチアゲという話を聞いた事がある。

90 :>87:2000/03/02(木) 16:30
>悪かったね。
そう思っているのなら、土下座して謝罪しろ!
得意だろ?


91 :>90:2000/03/02(木) 23:18
相手しない、しない。
誰かにかまってほしいだけのウジムシなんだから。
ここで披瀝できるほどの知の蓄積もないタダのクソ。
実生活では、社会の最底辺をはいつくばって生きてる
存在価値なしの日陰者なもんだから、こういう所でいきがって
相手してほしがってるだけなんだよ。それだけで、自分の
存在価値ができたって喜んでるんだから。
オレや90さんが相手したモンだから、この基地外、今、大喜
びだよ。
「オレを相手してくれる人はっけーーん!(泣)」ってね。
しかし、イタイやつ。


92 :名無しさん:2000/03/02(木) 23:35
>91 そこまで罵倒できるのはある意味大したもんだ。

でも、84は確かにイタい。
「飢饉時の例は当然例外」だって。こいつ、物しらんなぁ。
中国の歴史上、ほとんどの時代が飢饉だったってこと、知らんのか?
「証拠を出してください」だって。アホも極まってるな。
ミイラの薬、証拠だせる?
ここは証拠探しするとこじゃないの。共通の話題でみんなが知っ
てることを出し合って、盛り上がる場なの。ガキだねぇ。チンゲはえてる?
「悪のヒーロー」だって。劉備もか?おまえ、三国演技や水滸伝
読んだこと、、、ないな。その知力じゃ、消化不良おこしそう。
哀れ哀れ。
ワラ ワラ ワラ ワラ ワラ

93 :胎盤じゃないけどさ:2000/03/03(金) 02:24
臍帯血(へその緒の血)なら漢方じゃなくても使うよね。
飲むわけじゃないけど。そういうCMもたしかあったね。
やっぱり薬効あるんだろうね。

94 :SAGE:2000/03/03(金) 05:42
日本ではライ病の薬として、人骨を用いていました。
また、万病に効く薬として、人の肝を用いていました。
ふぐ毒に当ったときは、人肉が効く、とも言われてました。
日本の歴史は、ほとんどの時代が飢饉だったそうですね。日本から飢饉が消えたのは、ついこの間のことです。

95 :名無しさん:2000/03/03(金) 08:55
いつか横浜中華街の本屋で読んだけど、中国人が書いた本で、
文革の時に各地で人食いが起こり、周恩来がそれを聞いて
なんとか止めさせようと躍起になっていた、という話が
あります。確か「醜い中国人」とかいう本だったと思う。

96 :84:2000/03/03(金) 10:13
>「飢饉時の例は当然例外」だって。こいつ、物しらんなぁ。
>中国の歴史上、ほとんどの時代が飢饉だったってこと、知らんのか?

単純性食人とほかの食人の違い分かってないな。
飢饉が例外じゃないのなら、日本だって東北地方にそう言う事件あったし、
戦争のとき仲間を食ったり、白人を白豚、原住民を黒豚とよんで食った。
父島事件の時はは必要もないのに、好奇心で食ったんだよ。
中国だけのことじゃないぞ。
ミイラの薬はNHKでそういう放送があった。

>ここは証拠探しするとこじゃないの。共通の話題でみんなが知っ
>てることを出し合って、盛り上がる場なの。

何の根拠もない妄想で盛り上がる訳だ。ただ知ってることを出し合っているならぜんぜんOKだけど、あんたら、決め付けてるじゃん。決め付けるなら、それなりの物を出さないと。
劉備は食べ物がないときだ、しかも知らずに食った。部下の忠義を表現するためだろう。その辺も物語りの脚色。確かに日本人から見たら理解できない話だ。その程度の指摘なら合ってる。でも、だから平時に人肉食は普通にあったんだと結び付けるのは強引だ。
文化大革命の時はあっちっこち人民裁判で罪人を懲罰的な意味で皆で食った。
地方のある幹部が「あの人民の敵の肉を食うんだ。」って、誰か反対を唱えたら、その人も殺された。で、農民たちが死体に群がった。それから、その時代は3千万人が餓死した時代でもある。集団狂気というか、戦争に準じる事態と言っていいと思う。

97 :>96:2000/03/03(金) 11:14
実証好きだね。

>その辺も物語りの脚色。
脚色かどうか実証してよ。


98 :>84:2000/03/03(金) 12:16
相手してもらって嬉しそうだなぁ。
NHKで見た?お前にとってそれが証拠か?笑わせようとしてるのか?
そうだよな、きっと。
でも、96みたいな幼稚な思い込みの話なんて誰も相手にしてくれないぞ。
これはキミへのアドバイスだ。謙虚に聞け。

そんな事より92さんの重要な問題に答えてないだろう。早く答えろよ。
ちんげ、生えてるのか?おまえ。

99 :名無しさん:2000/03/03(金) 13:02
関西大学社会学部の宮下三郎教授は、「江戸時代の古い文献を見ると、日本にミイラが大量輸入された記録がある。」と語った。長崎商館仕訳帳によると、1673年オランダ船が約300kgのミイラを長崎に持ちこみ、売り捌いていた。内臓を取り除かれて完全に乾燥されたミイラの重さは、一体約5kgと推定される。つまり、60体以上のミイラが輸入されたことになる。1743年、8代将軍徳川吉宗からもミイラの注文が入っていた。また、1681年京都の製薬店主・遠藤元理が薬の種類と効能をまとめた「本草辯疑」という書物で、薬の一つとしてミイラが記されていた!当時日本ではミイラを粉末にして、薬として服用していたのだ。日本に初めてミイラが輸入されたのは1573年、最初に飲んだのは豊臣秀吉といわれている。1673年以降は大量に輸入され、江戸で爆発的に流行した。ミイラには肺病や子宮出血などの止血作用、胃腸炎症や痛みの緩和などの効果があるとされ、14世紀のヨーロッパでも薬として認知されていた。ヨーロッパや日本のミイラ薬ブームがエジプトの墓からミイラを奪い去った要因のひとつだったのである。


100 :名無しさん:2000/03/03(金) 13:08
「陳氏菜経」の完全本の最終章は人肉料理って話を、諸星大二郎のマンガで
読んだのですが、これはホントの事でしょうか?
勝手ながら、罵倒語を交えず話せる人にレスいただきたく存じます。
・・・って2chにはいないか(^^;;;。


101 :素朴な疑問だが:2000/03/03(金) 14:06
ミイラを薬にしたかどうかって、スレッドの主旨からはどうでも
いい事なのでは?
なんか、一人熱くなってがんばってるドキュソ君がいるけど。
ちんげ、俺も知りたいなぁ。

102 :名無しさん:2000/03/03(金) 14:59
チンゲ生えてない方に、1億ペセタ。


103 :名無しさん:2000/03/03(金) 16:01
古代の白髪三千丈本の話とかじゃなくてさあ、近世以降のまともな
旅行記とか宣教師の記録とか人類学者の文献とかに基づく話はないの〜

104 :名無しさん:2000/03/03(金) 16:04
中国人は新鮮な人肉しか食べないっていいたいのかな?(ワラ

105 :名無しさん:2000/03/03(金) 16:06
近世以降のまともな・・・・(笑)。
たったウン十年前の南京の事だってアヤフヤなのに。
                ^^^^^^^^\
                     一応中立のフリ(^^;;;


106 :文明人:2000/03/04(土) 13:24
>戦争のとき仲間を食ったり、白人を白豚、原住民を黒豚とよんで食った。

人食をやった日本兵は肌がツヤツヤしているので、
一発でわかったそうです。

107 :>106:2000/03/04(土) 14:06
食う時は女性の乳房を最初に調理するそうです。
すごくグルメ

108 :>107:2000/03/04(土) 21:00
女性の乳房なら俺も食べられそうな気が・・・
膣壁の弾力ある筋肉の刺身とかたたきとかも

109 :名無しさん:2000/03/04(土) 22:58
>100
「栞と紙魚子」読んだけど「陳氏菜経」はもちろん諸星の創作。
俺なら「陳家菜譜」とするかな。

110 :ぎゃはは!:2000/03/05(日) 01:11
チンゲはえてないキティガイ、逃げたようだね。
おーい!ひきこもりの童貞くーん、相手してもらってもう
人生に悔いなしだね、よかったね。

111 :>110:2000/03/05(日) 12:03
おい、ガキ、罵倒以外に何かまともなこと書けないの?
「俺は中国の食人についてこんなことを知ってる」とか、
「こう言う理由でこう思う」とか。

112 :名無しさん:2000/03/05(日) 12:11
>白人を白豚、原住民を黒豚とよんで食った

ああいう悲惨な状況の下でもこんなユーモアセンスがあったとは

113 :名無しさん:2000/03/05(日) 14:03

で、ミイラくんは逃げたのか?だらしねーな。



114 :えっ!?:2000/03/09(木) 05:39
中国人は人肉好きなんだよね?

115 :名無しさん:2000/03/09(木) 12:59
だーいすき☆

116 :グル高橋:2000/03/09(木) 22:28
ミイラって珍味なんですか。

117 :名無しさん:2000/03/16(木) 13:50
半分壊れてるけど、読んでて気持ち悪くなってきた・・・・・

http://www.bekkoame.ne.jp/~allan/

118 :参考文献紹介:2000/03/16(木) 14:44
カッパ・ブックス

食人宴席―抹殺された中国現代史
鄭義【著】黄文雄【訳】

中国共産党秘密文書が暴く「狂気」と「凄惨」。

1章 食人犠牲者たちの絶叫―プロレタリア独裁のもとで展開された狂乱行為
2章 「広西大虐殺」の現場報告―なぜ、残酷行為が公然と展開されたのか
3章 〈人肉宴会〉大流行―暴君の統治下の愚民は、暴君よりもさらに凶暴だ
4章 周恩来首相への「告発状」―“私は北京の元秘密党員。一人の共産党員の使命として…”
5章 マルクス主義と孔子―マルクス主義は、中国人の苦難の上にさらに苦痛を与えた


119 :名無しさん:2000/03/16(木) 16:03
>117
壊れているって、そーゆー意味ね(笑)。
色んな人がいるモンだ。

120 :名無しさん:2000/03/16(木) 16:12
>119
そそ、内容も壊れてるが、リンクも壊れてるものも多い(笑)

121 :参考文献紹介:2000/03/16(木) 19:11
秀嶺作戦
「第一一一大隊第二中隊が五月になって、とある山村に宿営したときがやはり「空室清野」であった。第一日は前の部落から略奪してきた食料で何とかまにあわせたが、二日で食いつくした。手に入る物といえば、村の畑にわずかに残る野菜ぐらいのものである。
主食類も秋の収穫時期にほど遠いこの春らんまんの季節だ。とりわけブタ・ロバ・ニワトリなどの動物性蛋白源が全くに当たらないのがこたえる。三日目の食事の準備にとりかからねばならない時刻だった。指揮班長の榎本正代曹長にも着想が思いうかばない。
「今日はもう肉類が全然無くなっちゃったんでどうするかなあ」と中隊長の伊藤誠少尉(愛知県出身)に、話しかけるともなく独り言を言った。
「そうだなあ、オイ、ひとつやっちゃうか」と伊藤少尉が榎本曹長をのぞき込むように言った。小柄だが目のクリッとした賢そうな青年だった。榎本曹長からみれば四、五歳若く、二十二、三の上官である。榎本曹長には、「やっちゃう」の意味が、その瞬間よくのみこめなかった。

122 :参考文献紹介(続き):2000/03/16(木) 19:14
「仕方がない、人間をやるんだ」少尉が曹長の表情に応えるようにつけ足した。中隊長(長田註:伊藤少尉のこと)はそう言い残して、宿舎として使っていた農家から出ていった。やっと榎本曹長にも、これから何事が起こるかがよくわかった。程なく中隊長が戻ってきた。彼が連れてきたのは、年のころ一七、八と見える中国人の娘だ。この部落の農民だった。皇軍は三日前この部落に侵入したときに、部落に残っていた者をことごとく捕らえた。男たちは「労力」として皇軍の使役に使われようとしていた。女たちは「尋問」の名目で捕らえておくのだが、尋問をされる風にも見えなかった。若い女性が十余人はいたはずである。その一人が今少尉に連れてこられたのである。少尉が少女の後ろに回り、どんと榎本曹長の方に突き飛ばすのと、曹長の短剣が少女の胸を刺すのと、ほとんど同時だった。(中略)
 二人は目配せをし合っただけで、無言のまま、たちまちにして少女を「料理」してしまった。もっとも短時間に「処理」できる部分として、二人は少女の太股の肉のみを切り取って、その場でスライスして油でいためてしまった。一個中隊分といっても、最前線にあっては七〇人ほどだったのだが、人肉の分量は意外に多く、各人にふた切れは渡りそうに思えた。
 中隊長は別の部屋に五個小隊の炊事班員を呼び集めていった−「今日は特別に大隊本部から肉の配給があったので各小隊に配ることにした」
 もちろん中隊長は嘘をついたのである。」

123 :パプアニューギニアで:2000/03/16(木) 19:18
「この悲惨な出来事は、わたしの目の前で起きたのです。日本兵が、わたしの母をレイプし、そのあと殴り殺したのです。母は体をバラバラに切断され、皮をはがれ、肉片として軒先に吊るされ、飯盒でゆでられました」
 いわく、「日本兵にブタをもってこなければ母親をころすと脅かされたので、ブタを工面してもっていくと、日本兵は母親をレイプしてから殺しました。それも胸だけをカットして、ゆでて食べるとう方法です。母は出血多量で死ぬまで、そこに放置されました」

124 :ある老人の告白:2000/03/16(木) 19:29
私の生まれは中国の北京で、終戦の年6歳までいて、その後仙台に引き上げ中学生まですごしました。私の女肉グルマンは多分に育った土地と時代背景に影響されておるように思います。中国から引き上げる時、上海の引揚者収容所におりましたが、そこでで日本の若い女性と子供が十数人いなくなり、大人達の話で人肉市場、云々の話を聞いてしまいました。大人達は中国のそう云った事情に詳しかったのでしょう。
仙台では、にきび面して友達通し女の話によくふけったものですが、彼らは昔から飢饉のたびにおこる女の肉を食うという東北の風習をまわりの大人の話から聞き知っていたのでしょう。それと終戦前後の食料不足で、買出しにきた女も相当数犠牲になったとも考えられます。(多分現在50歳以下の方々には飢えの苦しみは分からないとおもいます。)いずれにせよ彼らはまるで自分達も人肉を食らった経験が在るがごとく、物識り顔で女の肉は脂がのって美味しいそうだ、などと話をした。

125 :ある老人の告白(続き):2000/03/16(木) 19:34
 私の知るところでは、少なくとも昭和20年代までは人肉を食べた話をよく聞きました。又、小説(オール読み物等)でもよく女の料理をモチーフにした作品がよく出ておりました。
 私の小学生時代から高校生時代にかけ、人肉はどんな味がするか(1例:小学生時代には‘スッパイ味がするそうだ’と小学生の友人がよくいっていました。そのときはまだ女も男もありませんでした)そしてクダンの高校生の友人の女肉は脂肪がのって美味しい 云々と子供の世界まで人肉食が話題によくなっておりました。終戦直後の食糧難、飢饉といった時代背景を考慮にいれると、私は人肉食があったのは事実だと思っております。{尤も公然と行われたわけではないと思いますが。}でなければそういった風評は子供の世界にまでおよばなかったでありましょう。

126 :ここは:2000/03/16(木) 20:04
日本人の人肉食犯罪を世界に紹介するところなのか。
日本人に人肉を食べたことのある者がいたかどうかが
そんなに重要な問題か?
中国に他の国々とは違ったそういう文化がほんとにあるのかどうか
ガ知りたいのです。
日本の兵隊がかつてどんなひどいことをしたかという「お話」は、
子供の頃から日教組の先生に十分叩きこまれてきたからいまさら教えて
もらいたくもないな。


127 :名無しさん:2000/03/16(木) 21:04
参考文献紹介と言うからには著者と書名を明記すること。
どの程度信憑性があるのか確認できない。
元ネタを引用者が改竄してるかも知れないし、そもそも
全くのでっち上げの可能性もある。

128 :>126:2000/03/16(木) 22:23
>中国に他の国とは違ったそういう文化がほんようにあるかどうかしりたい

129 :>126:2000/03/16(木) 22:25
失礼
ここの掲示板ではほんとうのことなんかわからんよ
悪意にみちた便所の落書きだから

130 :>129:2000/03/16(木) 22:56
きみ最近来たばかりだろ。
慣れてくればだんだんわかるようになるよ。
中国専門家も来るしね。
ただここしばらく政治思想系の荒らしが目立つようだけど。


131 :名無しさん:2000/03/17(金) 02:13
参考文献紹介?オール読み物だって、馬鹿じゃないか。
あれは、フィクション雑誌だろ。
そうまでして日本人を卑下したいのか?
だいたい、猟奇趣味や戦時異常下での人肉食を持って人肉食“文化”が
日本にもあると言うのか?いい加減にしろよ。
そうじゃなくて、中国には異常下でも飢饉でもない平時に人肉食という
食文化があったと云う事を話してるんだよ。
根拠をと言われると今手元には無いので残念ながらこれだとは言えないが
中国の料理書、それもかなり権威ある料理書に人肉の調理法が詳しく
書いてあるんだよ。
それも「奇書」と言う類の物ではなく、山海の食材、海の食材、獣肉の
調理法などの項目の中にちゃんと「人肉の調理法」として・・・。
だれか、その料理書の題名知ってる人いませんか?
多分、あの服部さんなら知ってると思うんだけどな・・。

132 :>131:2000/03/17(金) 11:19
文化の対比のために出しただけだよ。中国人だけが特別だと思ってる人のために。
日本人を卑下したいのではない。

>オール読み物だって、馬鹿じゃないか。あれは、フィクション雑誌だろ。

水滸伝はフィクションじゃないのか。三国志も大部分がフィクション。
強盗が人殺して人肉饅頭を売るのは民間で伝わる有名な恐怖伝説だし、家臣が腹の空いた君主のために自分の肉を切って差し出すのも何回も物語に出る定番パターンだ。

>そうじゃなくて、中国には異常下でも飢饉でもない平時に人肉食という食文化があったと云う事を話してるんだよ。

そうだよ。まさにそこを知りたいんだよ。でも、そんな例誰も出さなかったじゃない。
文化大革命の例は平時なのか?人肉宴会は人民裁判の一種で、それが起こったところは大体食糧難だった。
料理書のことまた出てきたな。向こうの古代の有名な料理書には、龍やキリンや鳳凰などの
料理法が書いてあるよ。ってことはそんな動物居たんだね。
そもそも、あなた、中国人が平時に食人をすると断定する根拠はこの料理書だけ?
信憑性はさて置いといて、まず出せるものから出してください。
父島事件や秀嶺作戦は戦時だけど、何か食わないと死んでしまうほどの飢餓や死の恐怖で
精神異常を起こした状態ではない。やった人はごく普通な精神状態の持ち主だ。
敵国人ならやっても罪にならなかったから、やっただけだろう。

133 :名無しさん:2000/03/17(金) 12:13
>悪意にみちた便所の落書きだから
どっかで聞いた言葉だ(笑)

>132
日本人の食人習慣を語りたいのでしたら、日本史板でどうぞ。
ここは虚実ありまぜて、中国について語る板です。
また比較論をしたいのでしたら、民族・神話板あたりかな?
なんにせよ、君痛すぎ。


134 :名無しさん:2000/03/17(金) 12:14
人の太股の肉は、万病に効く薬。という伝説があったらしいです。
映画の、西太后で、病気の東太后に、ささげるという話がありました。


135 :名無しさん:2000/03/17(金) 12:21
「両脚羊」に該当する日本語ってあるのでしょうか?


136 :名無しさん:2000/03/17(金) 14:03
>132
まぁ、良く日本人の猟奇物語を知ってるね。
きっとその手の書物をコレクトしてるんだろうね。
あんたが異常に食人に興味を持つ人格というのがわかるね。
食人を客観的に見ようとはしてないようだ。
異常な食人趣味を持つ人間と話すのは気持ちが悪いので、
以後、あなたへの返事は差し控えます。



137 :名無しさん:2000/03/17(金) 14:03
>>悪意にみちた便所の落書きだから
> どっかで聞いた言葉だ(笑)

確かどっかの死にかけのじいさんがつぶやいていたような・・・>水滸伝はフィクションじゃないのか。三国志も大部分がフィクション。

水滸伝や三国志の時代には、フィクションとかノンフィクションという
概念自体がなかっただろう。ある意味でみんな「ほんとの話」として
語られたわけだし、「お話」はお話にすぎないとも言えた。
そういう区別のなかった時代の史料を、「オール読み物」といっしょに
するのは知能が低いやつとしか言いようがないな。「東スポ」がウソを
書いたといって裁判を起こして負けた人もいるが。
「日本書紀」だって虚実ないまぜだが、今日でも重要な史料であること
は言うまでもないだろう。

すくなくとも、思いつきもしないようなことはウソでも書かないし、
心理的抵抗のあることがらを書くときは、それなりの作法や手続きを
踏むものだろうと思う。




138 :>135:2000/03/17(金) 15:15
あなたは「両脚羊」の出典知ってんの?
南北朝時代の飢饉を書いた歴史書の中にはじめて出ててきた言葉だ。
一般的に使われている言葉じゃない。
一部の限られた書物に数回登場しただけだ。

139 :132:2000/03/17(金) 15:28
私が問題にしてるのは、中国の食人を語ることではなく、ぜんぜん知識も根拠もないのに
「平時にあった」って決め付けること。
まともにカニバリズムに興味のある方はそんなこと言わないはず。
やはり特定のイデオロギーの持ち主かなって思ってしまう。

三国志、水滸伝  = オール読物
南北朝などの飢饉 = 日本の東北の飢饉
文化大革命    = 太平洋戦争
そんな簡単な構図も分からん人が一部いる。水滸伝や南北朝の飢饉、文化大革命の例を持って中国に平時に人を食う文化があったと決め付けてしまうと、日本人もそうだになってしまう。
例えていうなら、「他の女をブスだとあざ笑う山田花子」状態。

ネット上でいろいろ探し回ってる内に、「人肉食に性的な快感を感じる人たちがいる」ということが分かった。カニバリズムをテーマにした猟奇サイトの掲示板に「私にもこんな欲望がある」というような投稿がのっています。おそらく人肉食は生物学的に人間に潜在する欲望の一種だと思います。中国はたまたま国土の広さや人口の多さ、戦乱の多さのためにそういう事件が多く起きただけだろう。
古代中国はキリスト教ほど人肉食を絶対なタブー視していなかったことは事実だが、
それは麻薬に対する日米の意識の差のようなものだ。
欧米で大スターが麻薬を使用することは日常茶飯事だが、だからといって
「欧米人には麻薬使用の文化がある」とは言えない。

140 :132:2000/03/17(金) 16:48
>137

オール読物は確かにそんなにいい例じゃない。ぼくも水滸伝とオール読物を完全に同列に論じるつもりはない。しかし、完全なるフィクションである点では一致している。

>水滸伝や三国志の時代には、フィクションとかノンフィクションという
>概念自体がなかっただろう。ある意味でみんな「ほんとの話」として
>語られたわけだし、「お話」はお話にすぎないとも言えた。

無知を晒してるのはどっちだ?
あの時代でノンフィクションの歴史書にフィクションが含まれることはあるが、
でも逆のことは言えない。
始めからフィクションとして書かれた小説はいつの時代でもフィクション以外の何物でもない。
日本書紀は一応ノンフィクションとして書かれただろう。聖書と同じ。

141 :132:2000/03/17(金) 16:52
>すくなくとも、思いつきもしないようなことはウソでも書かないし、心理的抵抗のあること
>がらを書くときは、それなりの作法や手続きを踏むものだろうと思う。

ぼくは面倒くさいから詳しく書かなかったけど、よく読めば作者がちゃんと防護線をはっていることがわかる。
じゃあ、まず水滸伝の武松の人肉饅頭の酒屋の話をしよう。まずは知らずに食ったこと。人肉を食ったって気づいた時になんとも思わなかったという描写だが、さっき言ったように古代中国では人肉食のタブーはやや薄い。だから、食ったことはしょうがないということだろう。しかも、その人肉饅頭を作った顧おばさんは後に武松と一緒に梁山泊に加わった。人肉饅頭を作った強盗が108人の英雄の一人として入ってるんだよ。おかしな話だろう。だから、水滸伝の英雄は正邪を併せ持つキャラクター。人肉饅頭を出す強盗酒屋の伝説は日本でいえば缶詰に人間の髪が入ってたという都市伝説と一緒で、民間で伝わっていた有名な伝説だ。
もう一人の李かいの場合は、みずから進んで人肉を食ったんだが、李かいは三国志の張飛とそっくりな人物だ。蛮力があって豪快な性格だが、頭の神経のどっかがおかしい人だ。ようするに常識はずれな行動を取る人物だ。
劉備の話は、飢餓の時に、それも知らずに食ったという二本の防護線がちゃんと張ってある。
もし劉備が腹減ってないのに自ら進んで食ったのなら問題だが、そうとは書いてないだろう。

いろいろごちゃごちゃ言ったけど、ようするに古代中国ではそのタブーのラインがキリスト教圏と比べてやや下にあっただけだ。そのラインが全くないというのは間違い。

142 :無明斎:2000/03/17(金) 17:09
確か春秋戦国時代の斉の名宰相管仲が補佐した桓公(だったっけ?)が、
「私は今まで色々なものを食ったが人間の肉はまだ食ったことがない。」
と、もらしたところ、料理番の易牙は、自分の長男を蒸して料理して出し
たそうである。
出典は十八史略だが、韓非子等の中国古典の解説本にも多数収録されてます。

143 :名無しさん:2000/03/17(金) 18:10
>さっき言ったように古代中国では人肉食のタブーはやや薄い。
よくわかりました(笑)。
それを知りたくて、みんなでお話していたんだよ。
問題は「やや」が奈辺にあるか?だね。


144 :青い目!:2000/03/17(金) 18:55
新宿で食べれるよ!フルコース!みんなで行ってみれば?

145 :132:2000/03/17(金) 18:55
>無明斎さん

>「私は今まで色々なものを食ったが人間の肉はまだ食ったことがない。」

もし、当時に普通に食人文化があったのなら、王であるはずの桓公がそんなことを言うはずはない。絶対的な君主である桓公と家臣の易牙の二人の間にあった出来事で、当時に一般的にあったとは言えないと思う。
普通に人肉食があったのなら、どこからでも手に入るはずで、わざわざ自分の長男を材料にすることもないだろう。
劉備の例もそうだが、その記述には儒教の特殊な考えが伺える。
親や君主の為なら、自分あるいは家族の体を差し出しても尽くせという教えがあったようだ。
歴史書は桓公のことを批判的に書いてはいないが、全く普通のことのようにも書いてない。
西洋だったら、「この王はとんでもない罪を犯したのだ」って書くだろうけど、
中国では「そういうこともあった」と書いている。その辺は文化の違い。
適切かは分からないが、麻薬を例にすると、日本ではマリファナを吸ったことのある男は絶対に総理になれない。アメリカでは違う。
アメリカでは麻薬は基本的にはいけない事だが、吸ったからと言ってこの人はとんでもない悪人だってことにはならない。
古代中国では何らかの理由で人肉を食べてしまった人間には寛容だったと言えるかもしれないが、普通にみんなが自ら進んで食べているのとは違う。

>143
その「やや」は少なくとも「平時に普通に人肉を食う」のラインよりは上だ。
そもそも人肉食を絶対なタブー視するのはキリスト教の考えでしょう?
昔のアジアはどこもそうではなかったと思うよ。
「わ〜い、中国人は食人種だ」って騒いでるウヨ坊が知ったらがっがりだろうけど。

146 :sage:2000/03/17(金) 20:59
>145
>「わ〜い、中国人は食人種だ」って騒いでるウヨ坊が知ったらがっがりだろうけど。

否定であれ肯定であれ、そういうレベルの話をいちばんしたがってる
のが自分だと言うことにまだ気づかないかね。自分のカキコはじめから
もう一度読みなおしてみろよ。恥ずかしくないか。

ここは中国板、ウヨサヨの話がしたかったら政治思想にいきな。




147 :>145:2000/03/17(金) 21:15
>水滸伝や三国志の時代には、フィクションとかノンフィクションという
> >概念自体がなかっただろう。ある意味でみんな「ほんとの話」として
> >語られたわけだし、「お話」はお話にすぎないとも言えた。
> 無知を晒してるのはどっちだ?
> あの時代でノンフィクションの歴史書にフィクションが含まれることはあるが、
> でも逆のことは言えない。
> 始めからフィクションとして書かれた小説はいつの時代でもフィクション以外の何物でもない。
> 日本書紀は一応ノンフィクションとして書かれただろう。聖書と同じ。

オマエが勝手にそう思いこんでいるだけだよ。本物のドキュンみたいだな。
根拠を挙げてみろ。
フィクションとノンフィクションを厳格に区別するようになったのは
近代になってからのことだし、史料としてはどちらも価値があるんだよ。
史料批判が必要なのはどんな意図で書かれたものでも同じだろ。
ほんとの馬鹿だな。早く消えろ。

水滸伝はともかく三国志がフィクションとして書かれた?

148 :無明斎:2000/03/18(土) 06:27
>145

なるほど。貴殿のスタンスは解りました。

ただ俺的な考えでは、古代中国では人肉を食うことは寛容どころか全然
問題無しで、肉は何の肉だろうと、タダの肉だが、人肉はそうそう出回
らない、ということだと思います。
また怨敵、仇敵は殺した後に食う、という話も史記や十八史略で散見します。
とはいえ唐代で人肉を食うことは禁止されたと思います。


149 :132:2000/03/18(土) 12:18
例えとして、Aさんがとっても悪いことをしました。
Aさんの行為に対するBさんの態度「なんて恐ろしいことだ。」
Cさんの態度「あ、そう。そんなことしたんだ。」
Bが西欧、Cが古代中国。それは文化の違い。
でも、CがAさんの行為に対してそれほど拒絶反応を示さなかったとしても、
だからCもAのやったことをしたい、またCもやったとは言えない。
もし、中国のそういうところを批判したいのであれば、どうぞしてください。
しかし、「平時に食人文化があった」となると、
直接に「平時に一般庶民が人肉を食べていた」を証明する何かを出さないと。
それから、昔のアジアは人肉に対してどこも中国と似た価値基準じゃないかと思う。
日本も含めて。

>無明斎さん
>古代中国では人肉を食うことは寛容どころか全然問題無しで

それほど拒絶反応がそんなになかったとしても、全くOKでもないと思います。
中国の書物は大体「善玉」とそのほかを分けて書いている。
本当の善玉(孔明、劉備、周文公・・・)は自ら進んで人肉を食うことはない。
知らずに食ったのはしょうがないとしても。だから、本当の善人は自分から進んで人肉を食ってはいけないという意識があったでしょう。
また、歴史書に「あの人は人肉を食っても平気だ、すごい度胸だ。」というような記述がよくある。だから、人肉を食うことは絶対の罪ではないとしても度胸のいること。
水滸伝の武松や李かいが人肉を食ったのもようするに人の出来ないことをやる度胸があったを表現したかったでしょう。まあ、究極のゲテモノのようなものでしょう。
また、人肉饅頭を出す酒屋という恐怖伝説、客を殺す強盗酒屋だけで怖い話なのに、どうして人肉饅頭を出すところを強調するでしょうか。
だから、人肉饅頭を売るという脚色で恐ろしさを一層だすんでしょう。
仇討ちで敵の肉を食うのは懲罰な意味で食ったのであって、所謂食文化とは違う。
そうめったにあったことではなく、特殊なケースです。

150 :132:2000/03/18(土) 12:19
>147

>水滸伝はともかく三国志がフィクションとして書かれた?

三国志は正史をもとに書いた歴史小説だ。
だから、歴史事実を知りたきゃ正史を読めばいい。
「三国志演義」の演義はどんな意味か知ってか?
「歴史事実を修飾して面白く書く大衆小説」のこと。
大体、三国志は俗語で書いたじゃないか。正史ならちゃんと文語で書く。
どうせこのような知ったかぶりで「中国に食人文化がある」と思い込んでるだろ。
俺が「本物のドキュン」ならおまえはどうなるの?

151 :>150:2000/03/18(土) 21:57
ばーか。それは「三国志演義」だろ。
三国志と三国志演義とはまったくべつもの。
そんなこともしらないのか。
厨房氏ね


152 :名無しさん:2000/03/18(土) 22:18

132は「三国志」の存在を知らないわけだ。

「聖書」もろくに読んだことないだろうね。
たぶん持ってもいないだろう。
「聖書がノンフィクションとして書かれた・・」って?
詩篇、箴言、預言書、黙示録、、、「聖書」は
フィクションでもノンフィクションでもない。
「聖書」にはそんな概念的区別自体がふさわしくない。
聖典として編纂された宗教的諸文書としか言いようがない。



153 :132:2000/03/19(日) 12:20
>151 152

普通三国志と言ったら、羅貫中の書いた「三国志演義」。
孔明が呪術で天風を呼ぶとか庶民が面白がるように書いたものだ。
あんたら、陳寿の編集した正史を読んだことあったの?
ここに三国志ファンの方も結構いるようだから、聞いてみろ。

聖書のところは間違いを認める。
聖書を編集した人は一応ノンフィクションの意図で書いただろうと書きたかったが

154 :132:2000/03/19(日) 15:05
一般的に三国志と呼ばれるものは厳密的に
陳寿の「正史 三国志」と羅貫中の「三国志演義」。
日本の三国志人気を広めたのは演義の方。
演義より先に正史を読んだした人はほとんどいないだろうし。
よほどコアなファンでなければ、正史を読まない。
だから、一般的に会話に「三国志」が出てきたら、「演義」の方だと考えるのが自然だ。
それから、正史はノンフィクション、演義はフィクションとはっきり分かれている。
いずれにしても「三国志はノンフィクションでもフィクションでもない」なんてのは阿呆。

155 :「食人」とはちっとズレるが・・・:2000/03/19(日) 22:04
『本草綱目』全五十二巻。薬物学の本であるが、巻五十二が「人部」。人体各部の様々な薬効が述べられている。人体が日常的に「薬」とされていたことを示す資料だな。ご参考までに。

>だから、一般的に会話に「三国志」が出てきたら、「演義」の方だと考えるのが自然だ。

クルシイ言い訳。「一般的」?。大笑い。
正史の『三国志』はなにも冠さずにそのままで正史の「三国志」なの!これと混同しないために『三国志演義』というの。「演義」を冠したフィクションも、各時代のものが作られているよ。『民国演義』や共産党の内ゲバを扱った『中華人民共和国演義』まである。
自分の偏った知識が、普遍的なものだと思わないことだ。

156 :名無しさん:2000/03/21(火) 15:34
「薬」と「食」を同レベルで考えているから(医食同源ですよね)、
食人に対してもわりと寛容だったんでしょうかね?
日本人でも「薬」ならゲテモノでも食べやすいでしょう?

157 :つーか:2000/03/21(火) 17:55
正式には『三国志演義』ではなく『三国演義』ね?

158 :名無しさん:2000/03/21(火) 18:11
>157

どっちでも可

159 :>132:2000/03/21(火) 18:59
>いずれにしても「三国志はノンフィクションでもフィクションでもない」なんてのは阿呆。

だれもそんなことは言っていないと思うが。
どうやらこの人は見えない論敵と戦っているようだな。

>どうせこのような知ったかぶりで「中国に食人文化がある」と思い込んでるだろ。

これもねえ。本人に聞いて見ないとね。
ログに表れている限りでは、そう思う根拠があるとは思えないが・・・



160 :で、132よ:2000/03/22(水) 10:59
結局、おまえちんげは生えてるのか?
この質問に答えろ、話はそれからだ。

161 :しかし132くんは:2000/03/22(水) 11:51
右翼か左翼かどっちかに分類しないと物を考えられないと言うのは
本当に知能が低いなぁ。中国共産党保守派は右翼かね?左翼かね?
まぁ、物心がついた時に小難しげな本でも読むと、そういう分類を
してちょっと大人になった気分を味わいたくなるんだね。
しかし、古い世代なら知らず、今時、右翼だの左翼だのってのは
ちょっと痛すぎるなぁ。その知力の低さには同情を禁じ得ない。
なるほどガキだね。しかもアタマが悪い。かわいそうだ。

>みなさん
もう相手するのやめません?幼児虐待みたいで気分悪いでしょ。
こんなアホいじくっても生産的じゃないですよ。ストレス解消
にはなるが。

162 :ただ:2000/03/22(水) 12:27
文脈を無視して、日本人の人肉食物語を延々と紹介するあの感覚が
理解できない。結局ほんとのところ132は何をいちばんいい
たかったのかなあ。まあ自分でもよくわからないもやもやした青春の
蹉跌感みたいなものかな。

163 :もういいから:2000/03/22(水) 13:25
この陰気なタイトルのスレッド、あげるのよしませんか?
内容のある話は明るい名前の別スレでしましょう。

念のため説明:書き込みの際、mailの欄にsageと書いておけば、スレッドが
上がりません。

164 :要するに:2000/03/22(水) 15:32
132は人肉食に異様な関心を持つキティガイなんだな。
せっせと資料(ビデヲ含む)集めてるんだな。で、その情景を
思い浮かべてはヨダレたらして恍惚となる。
きもー!
犯罪予備軍の典型じゃ。野放しになってる基地外多くってやだね。

165 :名無しさん:2000/03/24(金) 03:50
関係ないけど、人肉って“すっぱい”って聞いた。
遭難中の登山家が、自分の仲間を食った感想らしいが・・・
名前は忘れたけどね。

166 :ガチャピン:2000/03/26(日) 17:22
>165

酸っぱいわけねーだろ ばか !

167 :名無しさん:2000/03/26(日) 17:57
>164
何で132だけ攻撃するの?
ほんとはレイシストが中国たたきをして楽しんでたのに、
132が水を差したから腹を立ててるてるだけだろ?
あんたのほうが犯罪的だよ

168 :>167:2000/03/26(日) 18:38
「レイシスト」って人種主義者って意味だろう?
中国が嫌いだというだけでレイシストなのか?ましてや、
中国の人肉食文化に興味持つだけでどうしてレイシストに
なるわけ?私は興味もないが。
とにかく、このスレッドは気持ち悪いから下げようよ。

169 :名無しさん:2000/03/26(日) 19:06
>167
そもそもこのスレは「中国人の食人文化について」のスレである。
そこへ、日本人もだのとスレとはそぐわない横槍を入れてきた
132はその時点ですでに主旨を外れた存在。つまり、状況無視の
アラシともいえる。
それと132自身、猟奇的な趣味のホームページを探し歩いている
コトを白状してしまっている。ノーマルではないと云う事も歴然だ。
ここでは人肉食を否定し、それをしてる?(た)?中国人を確かにバカに
するような意味も無いとは云えない。
しかし、人肉食を否定する立場であるからそうなるのである。
しかるに132は人肉食を否定してはいない。
むしろ、肯定している様にさえ取れる。
いや、飢餓、その他の状況では当然とでも言いたげである。
更に、快楽による食人さえ否定していない。
その様な考えはやはり異常である。
132が将来、食人しない事を願う。

170 :名無しさん:2000/03/26(日) 21:28
>169
アホか。

171 :名無しさん:2000/03/26(日) 21:42
>そもそもこのスレは「中国人の食人文化について」のスレである。

スレッドの設定自体が間違っている。

>そこへ、日本人もだのとスレとはそぐわない横槍を入れてきた
>132はその時点ですでに主旨を外れた存在。つまり、状況無視の
>アラシともいえる。

ウヨ坊達が嬉しそうに食人事例を紹介して「文化だ、文化だ」と言って
いるのに対して、そんな非日常的状況での食人なら日本でもあった。
そんなこというなら日本にも食人文化があることになる。
そんなことは言わないので、それは中国に食人文化の証拠にはならない、
と言う意味だろうが。

>しかし、人肉食を否定する立場であるからそうなるのである。
>しかるに132は人肉食を否定してはいない。
>むしろ、肯定している様にさえ取れる。
>いや、飢餓、その他の状況では当然とでも言いたげである。
>更に、快楽による食人さえ否定していない。

どれだ?どれだ?
オレにはそんなふうに読めないぞ。
もしかしたら、
「ナチのユダヤ人虐殺は、集団狂気の中ではありうることだ。」
っていったら、
ユダヤ人虐殺を肯定したことになるって意味か?電波くーん。

172 :171>170:2000/03/26(日) 21:45
君の指摘は的確過ぎて、
オレの投稿が野暮にみえるな。

173 :名無しさん:2000/03/26(日) 22:07
132=171。

174 :名無しさん:2000/03/26(日) 22:12
>どれだ?どれだ?
>オレにはそんなふうに読めないぞ。

はい、失格。



175 :>171:2000/03/26(日) 22:20
>スレッドの設定自体が間違っている。

だったら上げるなよ。上げるのよそうってみんな言ってるじゃん。
ウヨ坊について語りたいなら政治思想へ。日本人の人肉食なら
日本史かニュースでやれよ。

176 :>171:2000/03/26(日) 22:22
>スレッドの設定自体が間違っている。

だったら上げるなよ。上げるのよそうってみんな言ってるじゃん。
ウヨ坊について語りたいなら政治思想へ。日本人の人肉食なら
日本史かニュースでやれよ。やっぱり132なのか。

177 :要するにこのスレッドの目的は:2000/03/26(日) 22:36
中国人が、料理として、あるいは薬として
人肉を食する文化を持っているか否かと言う
問いなわけでしょう。事実問題なんだから、
だれか専門家が書いてくれればそれで終わり。
政治的な論争にする必要は全然ない。
中国は広いし多民族国家だから、地方や民族によって
そういうことがあっても、へえーそうかと思うだけで
だれも反中感情を強めたりしない。アメリカの人権オバサン
ならともかく、たとえ現在の中国の一部に人肉食の習俗があった
としても、日本人がそれを知って中国人一般を非難したりも
しないだろう。


178 :キティは自分を正常と思うもの。:2000/03/26(日) 23:00
どうでもいいけど171=132が人を「電波くーん。」と呼ぶとは。
このスレで唯一で最高のオカシサ。笑えた。


179 :170:2000/03/27(月) 06:42
175さん、ご免、さっきはつい上げてしまった。
でも政治思想版にも日本史版にも私は行っているので、電波な人は
あちらに進出しないでほしい。十分間に合ってます。

180 :名無しさん:2000/03/27(月) 17:57
私の問題にしてるのは一般性の問題です。
食人が一般的にあったのか、それとも特殊な状況に限ってあったのかです。
「平時に普通に人肉を食べていた」の根拠を知りたいだけです。

日本人の事件を出してスレッドの主旨に合わないと言われたけど、
相対的な比較で出していけないの?そんなにずれてる?
ここはそんなに厳密にすこしもずれてはいけないところなの?
それよりも、内容のない下品な罵倒や思想政治ガラミの発言の方が問題だろ。

137@`147@`151、152、155の方々との「三国志」論争ですが、
前は確信なかったので言えなかったが、本で調べて見たら、
劉備が人肉を食べたという記述は完全に演義の中の創作で、正史には書いてない。
妻を殺して劉備に料理を振舞った「劉安」は架空の人物で、「安心」の安からその名前が付けられたそうだ。
「三国志=正史」と言った人へ、どうしてこの「人肉食を議論する」スレッドで
人肉食とは関係のない正史の話をした?知ったかぶりすんな、アホ。

181 :sage:2000/03/27(月) 22:23
>180
本当に人肉食の話が好きみたいだねえ。
170=179=180だろ。
小細工するなって。
電波はおまえだろ。政治思想に行ってる
なんてよく恥ずかしげもなく言えるね。
さげ

182 :181:2000/03/27(月) 22:26
政治思想が2chでいちばん便所板だということね。念のため。
政治思想の人は専門板にはきてほしくないですね


183 :>182:2000/03/28(火) 01:42
そもそもこのスレッド自体、政治思想板の人肉食スレッ
ドでグヘグヘした薄笑いうかべながらキーボード叩いて
たちょっと目付きがつり上がり気味な欲求不満のマーマ
レードボーイくんがたてたものだと思うが?
で、そっから流れてきてるレイシスト数匹がちょろちょ
ろ汚物まき散らしてるみたいだけど不思議とその類はな
んにも言われてないみたいだね。なんでかな?

184 :名無しさん:2000/03/28(火) 02:51
>180
まだ、わからないらしいな。
主旨が良いとか悪いとかじゃなく、お前はズレてるんだよ。
お前、このスレを全部コピーしろ。
そして、レスのうち自分の書いた部分には判るように印をつける。
そしてそれを持って病院にいって、精神科医に見せろ。
今ならまだ間に合う可能性も3%くらいはあるかもな。



185 :170:2000/03/28(火) 07:21
>184
君が望んでいることは、うちわの中だけで、よその悪口を言いたい、ということでしょ?


186 :132:2000/03/28(火) 09:32
>181
>政治思想が2chでいちばん便所板だということね。念のため。
>政治思想の人は専門板にはきてほしくないですね

いまこの中国板の方が政治思想板で「便所板」と馬鹿にされているよ。
誰のせい?おまえのような知識も何もなく、ただ中国嫌いのアホのせいだよ。
専門板に来てほしくないって?じゃおまえになにか専門的な知識あるんかい?

>184
だからそんなにずれてるの?俺のよりもずっと問題にすべき投稿いっぱいあるだろ。
結局自分の気に入らない人を排除したいだけだろ。

187 :181:2000/03/28(火) 19:39
>132
>いまこの中国板の方が政治思想板で「便所板」と馬鹿にされているよ。
>誰のせい?おまえのような知識も何もなく、ただ中国嫌いのアホのせいだよ。
>専門板に来てほしくないって?じゃおまえになにか専門的な知識あるんかい?

ほんとに最後にしたいけど、おまえおまえって、
俺が誰だかどうしてわかるの?俺の思想や背景や知識までどうしてわかるわけ?
いつも思うんだけど、君のそういうところがほんとにわからないんだよね。

「ただ中国嫌いのアホ」って、どういう根拠から言ってるのかな。
俺のカキコになんかそれらしいところがあるかい?

俺がここに来るのは、実生活で中国人と付き合いがあって、いやでも
中国に関心を持たざるを得ないからだよ。
政治思想板が便所臭いと思うのは、あのウヨサヨの罵倒合戦を見る限り
だが、彼らには実生活というものが抜け落ちているように感じるからだ。
ここにきている人のほうが、このテーマに関心を持つ必然性がある人
が多く、地に足がついているような気がするという意味だよ。

ところで君は、中国にはどんな関心があるの?あるいは、どうして
関心を持つようになったの?
ぜひ教えてほしいね。


188 :132:2000/03/28(火) 20:43
>181

あなたは思想板で「中国人は食人種だ」と騒いであれこれの事例を出して、
この論争をきっかけを作ったあの人でしょう?
で、根拠は飢饉の時の人肉食と料理書など、当てにならないものばかり。
しかも、知り合いの中国人の女の子に「人肉食ったことあるか?」って聞いただろう。
よくもこんなひどいこと聞けるなあ。俺はあれでむかついたんだ。
カニバリズムについて調べ始めたのもあの時からだ。
あんたがああいう風に騒がなければ、俺も一生人肉食について考えることもないだろう。

「自分は純粋に中国に関心があるだけだ」と言ってるけど、
純粋に中国に関心のある人が中国人を食人種と決め付けるか?
根拠があるならまだしも、全然出てないじゃん。

>ところで君は、中国にはどんな関心があるの?あるいは、どうして
>関心を持つようになったの

中国史専攻、一応原語もある程度分かる。それでよろしい?
別に何でも中国がいいとは思ってない、ただレイシストがむかつく。

189 :181:2000/03/28(火) 21:12
>188
>あなたは思想板で「中国人は食人種だ」と騒いであれこれの事例を出して、
この論争をきっかけを作ったあの人でしょう?

いいかげんにしてくれ!
だれかIP見れる人いないのか。ハッキリさせてやってくれ。
吐き気がする。
俺はそういう気持ち悪い話題自体、関心がないの!

おまえは中国人とちゃんと付き合ったことがあるのかよ。
レイシストはおまえだよ。
俺の彼女が北京出身なの!
他にも仕事で中国人と付き合わなきゃいけないの!
政治思想に帰ってくれ。たのむから。

190 :名無しさん:2000/03/28(火) 21:35
>別に何でも中国がいいとは思ってない、ただレイシストがむかつく。
要するに自己の満たされない攻撃衝動を発散する相手としてレイシスト
呼ばわりできる相手が欲しくて少しでも因縁を付けられそうな相手なら
レイシストと決めつけて罵倒してるに過ぎないね。
マジで病院に行った方がいいぞ。
そのうち絶対に取り返しの付かない傷害事件を引き起こすから。

191 :181:2000/03/28(火) 21:37
このスレッドは最近になく特異な電波の標本になるかもね。

188=132よ、怒りを押さえてハッキリ言っておくが、
君の推測は間違いだよ。政治思想のそのスレッドなど
存在も知らない。もしIPを見れるならたしかめてほしいね。
そのような邪推をされるのは、こちらにとってとても不愉快だ
ということはわかるよね?たとえ匿名だとしても
君はすこし寝不足か、勉強のし過ぎじゃないかな。



192 :132:2000/03/28(火) 22:18
違うならごめん、とにかくそういう人いたんだ。
まえに人肉料理のレシピの載ってある料理書を持ち出した人がそう。
他人の話として聞きながしてくれ。
俺はあくまであなたがあの人だという仮定の元で188を書いただけだ。

俺も181で
>170=179=180だろ。
>小細工するなって。

間違えられたんで、お会いこということで許して。

あなたが別にレイシストでもなんでもないのに、
どうして俺に向かってくるの?
罵倒が多少入ってるけど、俺の言ってることそんなに間違ってる?
根拠なしに「中国人は食人種だ」と決め付けてはならんと言ってるだけじゃない。
なにが気に入らない?

193 :132:2000/03/28(火) 22:50
>181

俺は最初はこのスレッドを黙って見てただけ。本来無視するつもりだった。
だが、途中からむかついてきて、初めて81で発言した。
人肉食にやけに詳しいと言われるのも反論するために勉強しただけ。
もともと、興味どころかほとんど知らなかった。
このスレッドの最初の方を見れば分かると思うが、
どう考えてもまともじゃない発言がいくつかあった。
例えば、これ

>33 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/07(月) 15:08
>「人間を食材として見る文化」は漢民族ダケである!
>と、誇り高く主張してください>中国の人々。

181さんがとにかく人肉食というテーマがいやなら、
なんで最初の方で33のような人に対して何も言わないの?
なんで俺だけなの。おかしいよ。

194 :名無しさん:2000/03/28(火) 23:09
一人のキティが見逃されたからと言って、自分が免責?になると考えるのはどうか?
つーか読み直したけど、33はたぶんに政治的な意図?がありそうだけどね。
2chごときで熱くなるなよ>132


195 :181:2000/03/28(火) 23:28
>132
>181さんがとにかく人肉食というテーマがいやなら、
> なんで最初の方で33のような人に対して何も言わないの?
> なんで俺だけなの。おかしいよ。

どうしてそんなに他人の内心を詮索したがるのかな。
俺はいつもここを見ているわけじゃないし、過去ログは基本的に
起こしてみない。33辺りなんか見たこともないが、そんなの
一見して煽りじゃない。
無視してやり過ごしていれば、こんなスレッドすぐに沈んで行く
だろうに、熱くなってわざわざ上げることないと思うよ。
君が上げてるところもずいぶんあるんじゃないか?
それとも33みたいな煽りを世の中から根絶しようとでも思ってるの?
それこそ報道管制や思想教育でもしないと無理だね。
煽りはほっとけばいいんだよ。

196 :132:2000/03/29(水) 00:59
>195 194

おっしゃってることはごもっともだが、
前半の展開は酷かった。33だけじゃない、そういうレイシストは確実に何匹かいた。
誰かが水を差すと、すぐその人を攻撃する。そういうのを見て我慢できなかった。
最初はちょっと一言のつもりだったが、いったん始めたら
罵倒や反論がどっと来て、引くに引けない状況に。
僕が一番最初にそういう人にむかついたきっかけは政治思想板で
バイトの中国人の女に「おまえ人肉食ったことあるか」って聞いたと自分で得意洋々に書いた
人に怒りを感じたことだ。その人は今この板に居るかもしれない。
多分あの料理書に人肉の調理法が書いてあるって言った人。思想板のあの人も同じこと言ってた。
そういう伏線もあるということで、理解してほしい。
これからは出来るだけ控える。では。

197 :名無しさん:2000/03/29(水) 07:40
>132
>・・・、そういうレイシストは確実に何匹かいた。

人を数えるときは「何匹」とは数えないんだよ。
そんなお前に人をレイシストなどと呼ぶ資格は無い。
結局お前は自分が絶対的に善というスタンスを持っている。
そして、「自分とは異質の他人」の存在は悪と考える。
そういう人格を昔から「キチガイ」と言うんだよ。
手遅れにならないうちに病院へ行くことを進める。



198 :名無しさん:2000/03/29(水) 08:02
心理学板に132の人格分析スレッドでも立てるか?

199 :まあまあみなさん:2000/03/29(水) 11:48
こうやって砂かぶりでキティガイの一連の行動が見られたんですから
面白かったじゃないですか。
世間にはこーゆーキティもいるんです。通り魔とか猟奇殺人が起こる
理由も実感できますね。

200 :>198:2000/03/29(水) 12:21
2chには素晴らしい言葉があります。
それは・・・
 ・・・・・・・「厨房」。


201 :では、仕切りなおして:2000/03/29(水) 17:05
中国の人肉食文化について、情報大募集。

202 :「食人」とはちっとズレるが・・・ :2000/03/29(水) 18:06
155 投稿日:2000/03/19(日) 22:04

『本草綱目』全五十二巻。薬物学の本であるが、巻五十二が「人部」。人体
各部の様々な薬効が述べられている。人体が日常的に「薬」とされていたこと
を示す資料だな。ご参考までに。

203 :ふむふむ:2000/03/30(木) 02:15
中国の「医食同源」っつー考え方(肝臓の悪い人は、動物や
魚のキモを食べれば、病気を癒す薬を飲むのと同じ効果があ
るっつーアレ)が、行き着く所までいった結果なんでしょう
かね?>「本草綱目」

204 :名無しさん:2000/03/30(木) 10:56
きっと保存しやすいように薬材をミイラ状にしたでしょう。

205 :202:2000/03/30(木) 16:28
もっといろいろあるよ。
絞首刑にされて死んだ死刑囚の「魂」とその薬効とか。

「中国人は四つ足は机以外は何でも食べる」っていうけど、何巻か忘れたけど机とか金ダライとか、お玉とかも一定条件のもとで薬になるらしい。

何?信じてないな。信じない者は中国を疑う者である。

206 :>205:2000/03/30(木) 19:51
>絞首刑にされて死んだ死刑囚の「魂」とその薬効とか。

「魂」を食べるの?どうやって食うんでしょう。
中国にも「たましい」って観念あるのでしょうか。
とても興味があります。
ぼくはすこし気功に興味があって(あくまで「保健」気功)
中国人の先生に習ったこともあるけど、「意念」とか
「意念力」と言う言葉はよく出てきたけど、「魂」とか「霊」と
いう言葉は出てこなかった。
中国人の先生から漢方薬を個人的に買って成分を
聞くと「秘密」だといわれることも多いです。虎の骨や
犀の角ぐらいは入っているかもしれませんが、
私は本当に効くならまあいいやという立場です。
人肉でも胎盤ぐらいなら、薬ならまあいいかと思います。
料理になるとちょっと・・・ですが。


207 :>205:2000/03/31(金) 09:16
おっ!机も食べちゃうの?
俺の聞いた冗談は「母親と机以外は食べる」ってヤツでした。
「父親っていうのは、どこの国でも報われないねぇ」というのが感想(笑)。


208 :名無しさん:2000/04/01(土) 13:55
ならば、母親を食べないというのもあやしいな、

209 :どうでもいいけど:2000/04/02(日) 23:08
確か、カチカチ山の話では、バーサンをスープにして食ってたな。

210 :名無しさん:2000/04/03(月) 01:46

バーサン食ったの中国人だっけ?


211 :名無しさん:2000/04/03(月) 09:35
>209
「たぬき」にダマされての話でしょ?>カチカチ山
無理矢理「日本人の食人習慣」の話にもってこうとすんなよ。
ところで、ちん毛生えたか?>厨房


212 :>211:2000/04/03(月) 13:26
よっぽど「ちん毛」が気にいっちゃったんだね。
「ちん毛小僧」って呼んでいい?>リアル高坊

213 :名無しさん:2000/04/03(月) 15:41
211は自分にやっとちんげが生えてきて自慢したくてしょうがないリアル厨房だろう。

214 :>209:2000/04/03(月) 16:26
カチカチ山は昔話だろ。
中国の人肉食の事例の書かれた三国志などはちゃんとした歴史書だぞ。
昔話と歴史書を混同するな。

215 :名無しさん:2000/04/03(月) 16:46
209=212=213
ご苦労な事で(苦笑)。

216 :>214:2000/04/03(月) 23:04
めずらしいことは歴史書に書かれる! 日常茶飯事は昔話として残る!

217 :名無しさん:2000/04/03(月) 23:18
>めずらしいことは歴史書に書かれる! 日常茶飯事は昔話として残る!

ほほぉ。
狸が人を化かすのが日常茶飯事だと主張するとは。
やはり君には鉄格子のはまった病院で安静にする
事を強くお薦めする。
念のために言っておくが君以外の全員が君は精神
異常者だとの判断で一致してるんだよ。
あくまでも自分は精神異常者ではないと言い張る
のならまず医師の診断を受けてくれたまえ。


218 :>214:2000/04/04(火) 11:10
>中国の人肉食の事例の書かれた三国志などはちゃんとした歴史書だぞ。

まだ三国志を出すの?正史の三国志に人肉食の記述はないっつってたじゃん?

219 :名無しさん:2000/04/04(火) 11:41
史記にも色々と人肉食のことは書いてあるじゃないですか。
斉の桓公は料理番の易牙のだした(彼の長男の)人肉料理を食って、易牙
を重臣に取りたてたし、劉邦は功臣を誅殺した後、塩漬けにして、臣下達
に振る舞ったし、別に三国志じゃなくても、ぼろぼろ出てきますよ。

220 :名無しさん:2000/04/04(火) 11:49
また出てきたのか132、懲りない奴だな。
この執着性は確かに異常だな。
こいつの文章を最初から読んでると人肉食を異常に調べてるのが
解かる。相当興味があるのは明白で人肉食願望をもってるはず。
いや、既に食ってるかもしれない。
だから、それを発見されるかも知れないという恐怖が妄想になり
このスレ自体を否定してるのかも・・・。
(やつは人肉食は否定していないし、むしろ肯定してる)
なんか中国人の人肉食のことよりこのキチガイの事の方が
気持ち悪くなってきた。
まさか、ウチの近所に住んでるんじゃないだろうな?


221 :名無しさん:2000/04/04(火) 13:16
132は中国人を差別するレイシストに反論するためにカニバリズムについて
調べたと188で主張してるけどどう見ても嘘っぽい。
139で発言している内容から判断すると元々カニバリズムに異様に興味を持
って猟奇系のサイトを回ったりしていたのが、たまたまこのスレッドで中国
のカニバリズムが話題になっているのを見て「素人が知ったかぶりしやがっ
て」とオタク特有の発想でしゃしゃり出てきたのは明白。

>23 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/05(土) 03:02
> 縄文人の骨にも食人の痕跡があるよ。

てのも132と同一人物だろうな。
オタクもその対象がアニメ等なら周囲の迷惑にはならないが、人肉オタクは
最終的に人肉入手のため犯罪に走りかねないから今のうちに自発的に治療を
受けるべき。
もう手遅れかも知れないが。


222 :結局:2000/04/04(火) 15:32
キティー相手だと堂々巡りなんですね。
それにしてもコワー。きっと食ってるな。

223 :名無しさん:2000/04/04(火) 16:41
132の言う事を分析してまとめると、
縄文人も食ってた。(想像)
日本人も食ってた。(戦時非常時下、全てが確認されてる訳では無い)
中国人だけが食人してたわけじゃない。(平時、その為の証拠多数あり)
つまり、「食人のどこが悪いんだ?」と言いたいわけだよな。
レイシスト攻撃と言うのならこの板にはもっと露骨な中国人差別スレッド
はいっぱいある。
結局、食人嗜好のキチガイが食人を批判したり否定されるのが
我慢ならなくて脈絡の無い、したがって堂々めぐりになるしかない
屁理屈をこねてるだけ。まあ、そこがキチガイたる所以だけど・・・。
おそらくこいつは食ってるね。
こいつの所在が判れば行方不明者、特に女性行方不明者の足取りが
何人かは解かるかもしれない。
もっとも、食われちまって証拠がなくなってるか・・・。



224 :名無しさん:2000/04/04(火) 17:24
132のカキコミ抜粋。(139より)
>私が問題にしてるのは、《中国の食人を語ることではなく、》ぜんぜん知識も根拠もないのに
>「平時にあった」って決め付けること。
>《まともにカニバリズムに興味のある方》はそんなこと言わないはず。

《》内の発言に注意。《》は私がつけたもの。


>カニバリズムをテーマにした猟奇サイトの掲示板に
>「私にもこんな欲望がある」
>というような投稿がのっています。
>おそらく人肉食は生物学的に人間に潜在する
>欲望の一種だと思います。

ソノテの所の常連の様です。掲示板もあるんですねー、コワッ。


225 :>223:2000/04/04(火) 22:30
また現れたな、電波くん。

人間の動物的一面に興味を持っていたら、

>おそらくこいつは食ってるね。
>こいつの所在が判れば行方不明者、特に女性行方不明者の足取りが
>何人かは解かるかもしれない。

とはね。悪くは言わん。病院に行け。

226 :名無しさん:2000/04/05(水) 03:30
>225
ホントのこてでしょ?本物のキチガイ君。

227 :名無しさん:2000/04/05(水) 03:44
225=132ね。
次は食味についての見解でもはじめるのかな?
真性狂人君。


228 :名無しさん:2000/04/05(水) 05:00
放置プレイに出来ない時点で身許バレバレ

229 :>226:2000/04/05(水) 07:34
226、132は人肉食いだと
223に賛同。
電波に認定。

>225=132ね。
227、電波に認定。

230 :名無しさん:2000/04/05(水) 11:59
>224

ばかじゃねえの?
《まともにカニバリズムに興味のある方》=食人風習に人文的な知的な好奇心を持つ人
学校で国語が1だろう。

231 :名無しさん:2000/04/05(水) 12:57
132が逆切れしてるな。
電波のくせに他人を電波呼ばわりするとはね。
ま、鉄格子のはまった病院には「自分が狂ってるのではなく
まわりが狂ってるんだ」って主張してる患者が多いらしいが。


232 :>227:2000/04/05(水) 16:01
兵隊いった人達のあいだでは「ザクロの味」
っていう話が結構有名だったみたいですね。

233 :>232:2000/04/05(水) 19:07
ザクロ味って乳首のとこでしょう?

234 :232:2000/04/05(水) 22:02
>233
あ、そうなんですか?
なんか子供の時にラジオで聞いた話なんですけど。
それ以来人肉って酸っぱいものなのかと思ってました。

235 :つーか:2000/04/05(水) 22:05
ザクロを割れた頭に見立ててるだけだろう。


236 :>235:2000/04/06(木) 19:33
脳みそも食うの?

237 :>236:2000/04/06(木) 20:01
中国人は何でも食べるよ〜ん

238 :名無しさん:2000/04/06(木) 22:13
何故、中国の誇りとする食人文化の話題には、
すぐ話をそらそうとする輩が出現するのか?

239 :>238:2000/04/07(金) 09:00
異なる文化を受け容れる事ができないからでしょ。

240 :名無しさん:2000/04/07(金) 15:13
んで、本当に普通の人々が、普通に選択できるメニューとして、
人肉を食っていた時代はどうもこの議論からは無いみたいですねえ。
結局人間てそんなもんですかねえ。
まあアフリカやニューギニア、日本にも人肉食は場合によってはあったけど、
それに比べて中国はよりポピュラーだったかどうかの是非議論が成立するレベルですね。

竜やホウオウ無しに本気で料理書に載ってたら、それはそれで文化としてすごいけどなあ。
野蛮をとおり超して、もはや神の視点?でしょ。
あ、でもイヌを食う時点でそれに似たものはあるなあ。
(大阪もそうだけど。なんとなーく中国と大阪はイメージでつながる。俺だけ?)

241 :名無しさん:2000/04/07(金) 16:02
>竜やホウオウ無しに本気で料理書に載ってたら、

本気?冗談で載せていたとでも?その料理書に載っているのは
全て嘘?実際に手に入るものについてもテキトーな調理法を載せたと?
実際に塩漬けとかやってたんでしょ?


242 :>236:2000/04/08(土) 00:43
ニューギニア戦線での話だけど、飢餓で人の味を覚えた
兵士の中には、脳みそを飯ごうに詰めて持ち歩いていた
連中もいたとか。
実は人体の中では比較的 ”美味 ”らしい・・・(-_-;) ウーン

243 :名無しさん:2000/04/08(土) 15:59
しかし、いなくならないねキチガイの132。
あれだけ言われても居付いてる。
しかも遂に人体の部分的食味にまで言及しだした。
まさに、人肉食マニアの本性を出し始めたな。



244 :そういえば:2000/04/08(土) 16:04
考えてみれば、日本人も、戦国時代は「首刈り族」だったんだ。

245 :132:2000/04/08(土) 16:16
>243

ちょっと一言。
242は俺じゃないよ。
もういいかげんに妄想をやめたら?

246 :名無しさん:2000/04/08(土) 17:10
ほーら、やっぱりまだいた132。>245

247 :>244:2000/04/09(日) 05:57
おフランスは1970年代までギロチンを使って人間の首を
刎ねてましたよ。

248 :>:2000/04/09(日) 15:20
戦争中の日本人でも人間の脳味噌食べれば梅毒が治るという話を信じて、
死体の脳味噌を持ちかえり焼いて食べたという話は読んだことがある。
大抵は話した本人が、ばかばかしくてやめさせたというはなし。
食った本人は、もちろん梅毒治らないので、死んでるんでしょ。
でもさすがに同胞の脳を食ったと言うのは聞かない。
別件でキモ(肝臓)はうまいと言うのは日本の噂としては古くからの定説で、
九大では人肉試食事件なんてのがありましたね。

だから結構は人肉食は中国に限らずアジアにはところどころあったようだし、
アフリカや、パプアニューギニア、オーストラリアは有名。
世界的なもんなんだと思う。

むしろ人肉食を早くからやめたのがヨーロッパであって、その価値観でみたらひどいけど、
それ以外の世界の価値観からみたら、それ程びっくりするものではないのかもね。

僕は、食ってみたいきもする。
畑正憲は食ったことがあるそうだね。

249 :名無しさん:2000/04/09(日) 15:32
私が脳天かち割られた日本の人肉食習慣。
結婚して、初めて子供が生まれたとき、
妻の実家のお母さんが、あとざん(胎盤)を食えという。
産後の肥立ちにいいから、焼き肉でひとかけらでいいから、
食べろというのです。
静岡だけの習慣かと思い、驚きつつ自分の実家(東京)に聞いたら、
平然と「ここいらにもそういうひともいるね、あれは迷信じゃ無いの?」という。
日本中にある習慣だそうだ。
産科の先生も「よく言われます。すこし御分けできますよ。」という。
現在まで日本中で女性だけに語り継がれ、守られてきた因習で、
男性にはまったく知らせない地方もまだ多いと言う。

現代日本でそんな猟奇的な習慣があったなんて、
キツネにつままれた気がした。
独身の男友達に聞いたらほとんど知らなかったが、
子持ちに聞いたらかなりが知っていた。
なんか、大人だけの秘密を知った気がして、どきどきしつつ、
日本が現代でも余りにもバカな国なんであることを、初めてしった。
父親になるというのはそういうことでもあるのねん。


250 :そういえば、:2000/04/09(日) 17:29
うちの大学の先生が「沖縄の人肉食風習について」という論文出したな。
結局アジアのどこの地域もそうだったじゃない?

251 :名無しさん:2000/04/09(日) 18:34
うむむ、アジアとはそんなとこなんかのう・・・
取り敢えず、中国人の人肉食文化の話をしてくれんかのお。


252 :冗談じゃない:2000/04/10(月) 05:26
人肉の話題はもうやめてくれ。

253 :文化に是非はない。:2000/04/10(月) 08:28
結局は中国だけに特異的な人肉食文化なんか、
あるのでしょうか?
我々日本人が抱いている「そうあってほしい」幻想に過ぎず、
結局我々や、アジアの民族、世界中の民族と、
そう大差はないのでは。
つまりここでわざわざ話題に挙げるほどの、
素晴しく特異で猟奇的な、特殊な文化なんて、
中国は持っていないのでは?

むしろ、現代もなおひろく実行されている249の
「日本の胎盤食風習」の方が、世界の先進国を「あっ」といわせる、
すごい文化ではないでしょうか?
他の国にありますか?

254 :名無しさん:2000/04/10(月) 09:14
後産を食べるのは猫と一緒だね(笑)。


255 :>251:2000/04/10(月) 10:12
君変わってるね。
人肉と言う話題が嫌だと言うならともかく、
「日本の人肉食のことは話してはいけないが、中国のはどうぞやってほしい」っていうスタンスだもんね。
なんか特別に中国の人肉食に執着する理由でもあるの?
ここは中国板だからというのはただの都合のいい言い訳であることは君自身が一番分かってるはず。

256 :名無しさん:2000/04/10(月) 10:25
まあまあ、なかには中国だけが世界で一番野蛮だと、
言いたい人もいるのでしょう。
いわゆるはやりの中国蔑視なのだとおもいますが、
でもそんな根拠は突き詰めれば無いですよ。
人類なんてみーんな野蛮ないきものですから。
自分は野蛮になったり、低俗な差別主義者にならないように、
心がけて、世界から「さすが日本人!」と賞賛されるように
成りましょう。ネットではみんな日本の代表です。

257 :名無しさん:2000/04/10(月) 12:52
>255
おかしいのはお前だよ。例え中国人差別や蔑視と考えるのは
お前の勝手にしても、このスレの主旨は
「中国の人肉食文化について」とことわりがある。
そこへ、只の人肉食マニアのお前が主旨と外れた「人肉食賛美発言」を
何度もたしなめられたにも関わらず狂気の発言を繰り返してる。
後産を食う習慣が日本全土に普通にあるって?
どうせお前の好きな猟奇ページからもって来た話しだろうけど、
お前が頭の狂った人肉愛好キチガイと云う事がよく解かる発言だよ。
いくらとぼけてもお前が自作レスを付けてるのは解かるんだよ。
或いは、お前がお気に入りの猟奇ページから同好のキチガイの
お友達を呼んだかだな。
いずれにしろお前の主張は一つの事には一貫性がある。
つまり、人肉食は異常では無い。と言い張ろうとする事だ。
頼むからこのスレの主旨を理解して、お前が本来好きな猟奇人肉食
を専門にやってるページに帰ってくれ。



258 :>253:2000/04/10(月) 13:03
>「日本の胎盤食風習」の方が、世界の先進国を「あっ」といわせる、
>すごい文化ではないでしょうか?
>他の国にありますか?

中国。堕胎児も食べる中国。

259 :>256:2000/04/10(月) 13:15
わたしゃ、中国に食人文化があっても別に蔑視したりはせんが、
>ネットではみんな日本の代表です。
こーゆー寝言を言うヤツは心の底から「バカだな」と思う。



260 :名無しさん:2000/04/10(月) 13:21
ちょっと話題がずれるが,この間のサピオの中国特集に人肉食のこと出てたな。
国際政治雑誌としてそういう差別的なこと書くのまずいじゃないの。例え真実だとしても。
外国のメディアが「日本人は昔歯を黒く塗ってたんだぞ,非文明的だ」とか書いたら、
日本人がどう思うのかを考えれば。

261 :名無しさん:2000/04/10(月) 14:01
>このスレの主旨は「中国の人肉食文化について」とことわりがある。

こんなキチガイスレッドの主旨を守りたがる君は異常だよ。>「中国人は人肉を食べますか? 」

262 :名無しさん:2000/04/10(月) 14:48
257くん、自爆モードに突入の模様。

263 :キチガイのこの情熱には脱帽だ:2000/04/10(月) 15:43
ここまで頑張る情熱を他に向ければ・・・
いや、キ印が他に情熱を向けると事件が起こるから、ここで騒がせとく方が
国民は安心か?

264 :名無しさん:2000/04/10(月) 16:12
わかったわかった、何でも良いから消えろよ132。
お前が複数投稿してるのはミエミエなんだよ。

>こんなキチガイスレッドの主旨を守りたがる君は異常だよ。
>「中国人は人肉を食べますか? 」

そうかい、そうかい、じゃ、お前がこのスレッドから消えればいいだろ。
このスレが始まったときはキチガイはいなかったんだよ。
お前が来てからおかしくなったんだよ。
ココはお前のような人肉食肯定愛好家のスレじゃなかったんだよ。
お前のような猟奇人肉食愛好家のページの常連の真性狂人が来る
トコじゃないんだよ。
それにしても真性狂人が人をキチガイだの電波だのとよくいうもんだ。
もっとも、キチガイは自分以外の普通人をキチガイ呼ばわりするという
定説もあるしな・・。
つまり、お前にキチガイ呼ばわりされると言う事は取り敢えず
キチガイではないという事の証明だな。
>260
歯を黒く塗るのと人肉食を同じに捉えてるのか?
日本人は昔葉を黒く塗ってたんだ、だから中国人が人を食ってるのも
おかしい事じゃないといってることだよな。
お前も132か132に猟奇ページから付いて来た人肉愛好家だろう
けど、言ってる事が支離滅裂だな。


265 :名無しさん:2000/04/10(月) 16:45
>264

ここで君と反対意見をもってるのは132だけだと思ってるの?
132と言う人が人肉愛好家で、中国を擁護する発言は全部彼の自作レスか同じ猟奇趣味の仲間の書いたものだとか。ここまでくれば立派な妄想。
あとなんでこんな人肉食を論ずるスレッドで君はやたらと仕切りたがるんだ?
主旨から外れちゃだめ,自分と反対意見を持つ人はみんな人肉愛好家・・・
とにかく自分の意に添うように議論を進めたがる。やけに熱心じゃないか。
どう見ても危ない願望を秘めてるのは君の方だよ。
それから、君がサピオ信者だということもよくわかった(笑い)
それから、国語力が中学校レベル以下だということも。

266 :つーことは:2000/04/10(月) 16:58
265君はまた別の(キャラの)キティガイなんだね。
デビューおめでとう。何かHNつければ?
数字じゃややこしいでしょ?いろんなキャラがいて。


267 :名無しさん:2000/04/10(月) 17:30
>このスレが始まったときはキチガイはいなかったんだよ。

・・・・・

268 :>267:2000/04/10(月) 18:09
自分で自分のことをキチガイというわけないもんね。

269 :名無しさん:2000/04/10(月) 19:14
中国の人肉食文化の話をしてくれと言うのがおかしいのかのぅ・・・
中国人が美談や英雄談として残しておるのにのお・・・
日本人の目から隠すことが中国擁護のつもりなのかのお。

270 :>267:2000/04/10(月) 20:02
そもそもこのスレ作った人がキチガイだと気付いてないらしい。

271 :名無しさん:2000/04/10(月) 21:24
文化だとは言えない
がウサギと偽って食堂でだしてたそうで、(騙すわけね)
繁盛していたそうです、

272 :249です:2000/04/11(火) 02:39
ごめんなさい、僕の発言が誰か他の人のものと誤解されている様ですね。
胎盤の話は、本当のホントの話です。貴方のお母さんに聞いてご覧なさい。
それから、たまごクラブひよこクラブ、とか妊婦雑誌を見てください。
大抵のっていますし、妊婦さんのホームページとかでも聞けると思います。
僕自身、すごいショックでしたから、信じられない人も多いと思うけど、子持ちの女性で親しい人がいたら、
聞いてご覧なさい。
でも目から鱗とはこういうものをさすと思いました。日本のことは全て分かったとおもってる自分に反省するチャンスをくれました。

これをみている子持ちの女性いませんか?
ここは匿名です、どうぞ、産後の胎盤の話、あるいは体験、教えてください。
子供を育てる責任ある人間として、産後の肥立ちや、おっぱいの出を良くするために、食べるのです。
僕は恥すべきことではないと、今では思っています。実際ホルモンの含有等、根拠もあるそうですし。
ちょっとびっくりするけど、生活の知恵の範囲であると思います。
ここに出すのはまずかったと思っています。

273 :Y:2000/04/11(火) 03:01
>264
253/240は自分の発言です。自分では
「食べたいために殺す」=殺人肯定は話になりませんが、
「死んでしまった人」を、例えば弔の意味で食すのなら(ex. アフリカ)、
これは葬式の一種、一つの文化と呼べるもので、
野蛮かどうかという尺度で計るべきものではないと思います。

例えば西洋文化からみたら、屍体を焼くのはかつては野蛮な土俗の風習と、
見られていましたが、今は誤解が解けて、問題無くなりました。
葬式人肉食も、日本の胎盤食も(僕は知ってましたよ、職業上)文化であり、
けなしたり、蔑んだりするするものでは無いと思います。

中国を蔑む目的でここで中国の人肉食の話題を続けたいなら、
そんな恥すべき低俗な行為は、同じ日本人として止めるべきです。
また文化的議論なら、他国の例、日本の例も比較議論のため、
出てもいいと思いますよ。一部の方は出し方が変ですけどね。



274 :名無しさん:2000/04/11(火) 07:18
>273
あなたの言う胎盤食が事実か否かはどうでもいいが
胎盤食とココでの中国における人肉食の話しとは整合しない。
胎盤を食べる為に人を殺したり「公然と売買」したりするという話は
聞いた事が無い。
しかし、中国では人肉食の為に人身を売買したりしたと思われる
話しがあり、そのことについて始まったのがこのスレッド。

>中国を蔑む目的でここで中国の人肉食の話題を続けたいなら、
>そんな恥すべき低俗な行為は、同じ日本人として止めるべきです。

あなたは勝手に自分が日本人の良心の代弁者とでも思ってるのか?
中国の人肉食に付いては共産党の圧政がらみの中国人による告発も
あるんだよ。
中国人の人肉食を暴く事は中国人を蔑む事と短絡に考えるモノでも
低俗な行為でもない。
また、傲慢なあなたにもう一つ。確かに私は日本人だが
「同じ日本人」等という言い方は止めて欲しい。
なにも、あなたと同じである必要は誰にも無いのだから。



275 :ミスター味っこ:2000/04/11(火) 08:49
美味しいよъ( ゚ー^)

======== 完 ========

276 :Y:2000/04/11(火) 09:37
>274
何か怒らせちゃっ様でごめんなさい。でもね、

>しかし、中国では人肉食の為に人身を売買したりしたと思われる話しがあり、そのことについて始まったのがこのスレッド。
>中国の人肉食に付いては共産党の圧政がらみの中国人による告発もあるんだよ。

それはここでの話題によれば三国誌、文革などの「昔の話」であって、
「現在の中国」のことではないし、証拠もでない。
ひどい飢餓で人を食った話なら中国だけではなく、日本にもある特別なケース。
その現状で

>中国人の人肉食を暴く事は中国人を蔑む事と短絡に考えるモノでも 低俗な行為でもない。

暴くも何も、今現在食用人間として囚われの人でもいるの?それなら助けなきゃ。でもちがうんでしょ。
また過去のことであってもそれが民族文化なら尊重すべきと、僕は主張しています。
心に何かやましいことがあって、怒るのかな?
僕がいいたいのは、他国の人を蔑むことが「目的」の議論なら、先進国の知的人間として恥ずかしい行為はやめなさい、
そうでなく、純粋に文化人類学的興味や、早急に改善すべき問題点があるなら、構いませんよ、文化を尊重しながら話を続けましょうと言っているのです。

「人種侮蔑が目的」の議論なら、日本人として恥をしるべきですよね。
日本人が公然と人種侮蔑議論をするような民族とは、よそから思われたくないですし、
日本人としての誇りが自分にあるのなら、日本人のイメージをおとしめ、日本人の顔に泥を塗るような行為は自ら慎むべきですね。
それこそが真の愛国者です。(まあ日本には非国民も沢山いますが。)
文化の議論や、政策の批判なら、そのまま議論されても僕はいっこうに構いませんよ。でも人種差別は........。
僕の言いたいこと解りました?




277 :>274:2000/04/11(火) 11:32
>しかし、中国では人肉食の為に人身を売買したりしたと思われる
>話しがあり、

古代の飢饉の時に人肉市が公然とあったと聞いたことあるが、
平時でも公然とあったんですか?
蔑視するとかしないとかの前に、事実を曲げられては困る。

278 :転載:2000/04/11(火) 11:35
4 名前:>3 投稿日:2000/04/11(火) 00:44

1.前提
まず、カニバリズムは人類であるかぎりどの民族にも起こり得る。
これが大前提だ。よって、大陸でも起こったであろうし、日本でも起こっている。

2.胎盤(現代の話)
参照スレッドには、現代でも胎盤を薬としているとの表現があった。
これは、正確に言うと胎盤中に含まれる「造血幹細胞」を骨髄移植に使用するということだ。白血病などの血液の病気は、この造血幹細胞
を移植することにより治癒する可能性がある。胎盤から採取できるのがごく少量の為、今まで利用できなかった。しかし培養技術の進歩で近年やっと
利用の道が拓けつつある。その意味で「薬」とはちょっと違う。

3.明治初期の新聞
に、その事件は出ている。若い男が殺害され、臀部の一部が無くなっていた。結局犯人が捕まり、その父が病気であった旨が書かれている。
尚、その種の薬を販売記録は多く残っている。(例)越後屋の棚卸(虫干し)の記事等を調査の事。

279 :>278:2000/04/11(火) 12:10
2は間違いですよ。それは臍帯血のはなし。
胎盤は集めて抽出してホルモン剤などの原料になります。
多くの科学合成の難しい有効成分を含んでいます。
(後産食はそういう根拠があるのです。)
こうして作られた薬は広く社会に普及して、大変役に立っています。

280 :これまでの経緯をまとめると:2000/04/11(火) 12:42
薬用では日本でも中国でも昔はあった。
今も・・・?
食用では特殊の事件を除いて、日本にはなかったが、中国は・・・?
ってとこかな?
で、焦点は中国には食文化としての食人があったのか否かだと思います。
これに絞って議論を進めてはいかがですか。

281 :名無しさん:2000/04/11(火) 12:59
とりえずは、調理方法の載った書籍があるようだし、
例え飢饉の時にせよ「公然と」市場がたった様だし、
様々な文献にもかなりの頻度で出てきますので、
やはり「食人文化」はあったと見なして良いのではないかなぁ?
と、僕は思います。


282 :>281:2000/04/11(火) 14:46
「食人文化」という言葉がある種の人を刺激するんじゃないかなぁ?
「平時にも人肉を食材として扱った」って事を言いたいんだと思うけど。


283 :名無しさん:2000/04/11(火) 16:49
あったかどうかよりも、「人がどう考えていたか」の方が「文化」かも知れないな。


284 :日本でも:2000/04/11(火) 22:55
江戸時代は、首切り浅衛門の家では、自分が切った刑死者の肝を取って
薬品として密売していた。だから首切り浅衛門は大金持ちだったそうだ。

285 :浅右衛門は:2000/04/11(火) 23:20
当然、非人か穢多でしょう。
薬と料理とでは違う。
人間は本当に苦しいときはどんな手段でも取るものだけど、
料理として人肉を味わうとすれば、
文化といえるでしょう。

286 :名無しさん:2000/04/12(水) 04:54
食わず嫌いはよせ。

287 :名無しさん:2000/04/12(水) 12:16
>276
やっぱりアンタは支離滅裂。
>それはここでの話題によれば三国誌、文革などの「昔の話」であって、

「昔の話」をも含めて中国の食人文化の話しををしてるんだよ。
何も現在の中国の食人に限っての話しなど最初からしてはいない。
それに、文革時やダライ・ラマがチベットにいた頃はそれほど昔ではない。

>また過去のことであってもそれが民族文化なら尊重すべきと、僕は主張しています。

「尊重すべき文化」と言ったね?ではなぜその尊重すべき文化を
語る事が日本人の恥じになるんだ?

>僕の言いたいこと解りました?

あなたの言いたいことは整合性が無く理解出来ない。
しかし、あなたが支離滅裂な人格であるのは大体においてわかった。



288 :山田浅右衛門:2000/04/12(水) 20:00
>当然、非人か穢多でしょう。
なんだこれは?
ほんの少しでも山田家のことを知っていたらこんなこと書けないぞ!
自分の知らんことは、最低でもインターネットで調べてから書け。
というか、自分の知らんことを書くな、ボケ。

289 :名無しさん:2000/04/13(木) 02:03
とりあえず、古代には食人風俗の存在を伺わす文献もあるけど、
少なくとも近世以降の中国に風俗としての食人を伺わす資料は存在しない、
ということみたいですね。

ところで『戦争論』に人肉市場の様子を描いたコマがあったけど、
あれはなにかしらの歴史的資料に基ずいて描かれたものなの?
それとも小林がイメージだけで描いたもの?

290 :名無しさん:2000/04/13(木) 12:44
なぜか右翼メディアは中国の人肉食については熱心である。
サピオやゴー宣、右翼学者(岡田なんとかなど)の書いた中国本には
よく出てくる。
ここの一部の人間もちゃんとした人文学の資料からじゃなくて、
それらから情報を仕入れてるのだろう。

>あれはなにかしらの歴史的資料に基ずいて描かれたものなの?
>それとも小林がイメージだけで描いたもの?

あのアホが史実に基づいて書くわけないでしょう(ワラ
大体、例え事実だとしても戦争論でそんなこと描いていいのか。
どう考えてもまともな意図(人文的な冷静な批評)で描いてるとは思えない。
まさに276さんの言ってる「「人種侮蔑が目的」だろう。
(こう書くと必ず誰か信者が反論してくるだろうと予言しておく。)

291 :名無しさん:2000/04/13(木) 17:16
>(こう書くと必ず誰か信者が反論してくるだろうと予言しておく。)
つまんない事書くなよ。
話がしづらくなるだろ?


292 :>291:2000/04/13(木) 18:20
別に小林信者であることははずかしいことじゃない。

293 :名無しさん:2000/04/13(木) 21:48
恥ずかしい?
290なんかを相手にするのが、うっとおしいだけだろ?


294 :名無しさん:2000/04/14(金) 15:56
なぜか右翼メディアは中国の人肉食については熱心である。
サピオやゴー宣、右翼学者(岡田なんとかなど)の書いた中国本には
よく出てくる。

*****************************

中国人は人食い人種だと印象付けたいのでしょう。


295 :名無しさん:2000/04/14(金) 17:20
政治バカが出てきたので

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇完◇◇◇◇◇◇◇◇◇

296 :名無しさん:2000/04/14(金) 18:47
中国人は人食い人種だ

297 ::2000/04/14(金) 20:29
うんこサヨの煽り注意報が発令されました。
sage

298 :名無しさん:2000/04/15(土) 00:31
>296
でも日本人も食ってたんでしょ?

299 :>298:2000/04/15(土) 01:51
九大で宴会で捕虜の肝臓を食った話は、
戦時下ではあれ、明らかに飢饉でも食料危機でもないね。
九州には中国同様の食人文化があったのでしょうか?

300 :名無しさん:2000/04/15(土) 08:35
モノを食べる行為を「文化」と呼ぶには、
調理法を吟味するとかの文化的な行為が必須。
ex.鼻くそを食べるヤツがいるが、あれは文化ではない。


301 :>300:2000/04/15(土) 10:40
中国で人肉の調理法を吟味する文化があったの?

302 :名無しさん:2000/04/15(土) 13:06
飢えて食っただけだろ。

303 :>301:2000/04/15(土) 16:08
ちゃんとした有名な料理書に人肉の調理法が書いてあったんだ。


304 :>303:2000/04/15(土) 16:26
その書物名は?

305 :131>304:2000/04/15(土) 20:06
最初にそういう料理書があると書いたのは私ですが、
残念ながら書名は忘れました。でも間違いなくそういう書物があった。
中国人ならだれでも知ってる大変権威のある料理書です。
ちなみに、結構まえに職場にいた中国出身の女性に聞いたら、やはり知ってるといいました。
あの服部さんなら知ってると思うんで、
今度手紙でも出して聞いててみようっかな・・・

306 :名無しさん:2000/04/16(日) 08:17
なんだスレッド立てるほど確実な情報じゃねえなあ。

307 ::2000/04/16(日) 09:31
確実な情報(笑)がなければスレッドたてちゃダメなのか?
おバカ決定。

308 :>306:2000/04/16(日) 11:37
つーか、レイシストに確実な情報を出すことを期待すること自体
間違ってますよ。


309 :ドキュン通行人:2000/04/16(日) 14:37
なんかこの板、やんわりレイシスト差別になってない?
ムキになって変なこと書いてる約1名をみんなでやんわりコケにしてる状態。
303=305=307vsその他
この=は同一人とは限らないけど、同一人と同じような
金たろ飴の小林信者のレイシスト。
バカとかドキュンとかの単語をよく使う。

310 :そうだね:2000/04/16(日) 15:02
>バカとかドキュンとかの単語をよく使う。

あとやたらとチン毛に興味がある。
やっぱりレイシストと同じレベルに成り下がっちゃだめなので、
そろそろ大目に見てあげましょう。

311 :名無しさん:2000/04/16(日) 16:32
132がまだ来てるね。
病院行かないのかな?

312 :名無しさん:2000/04/16(日) 19:34
ちょっとよしりん信者に聞きたいんだけど,
どうしてそんなに中国人を食人種にしたいのですか?
やっぱり「公」のためですかあ?

313 :名無しさん:2000/04/16(日) 21:54
よしりん信者だのナンだのって根拠も無く人を決め付けてるバカがいるね。
ずっと読ませてもらったけど、この話しはもう発展しないね。
なぜなら、ハッキリ言って在日朝韓人と日本人の対決になってる。
132は間違い無く在日だし、人肉嗜好キチガイでもある。
何を言っても結論が出ないのは他の在日、部落スレッドで実証済み。
もうやめようぜ。


314 :>313:2000/04/17(月) 02:14
中国人を差別しない日本人は在日に決まっている、ってか?
君が思うほど、日本人は民度が低くないだけだよ。
でも君がいるから、決して民度が高いとは言えないね。

315 :名無しさん:2000/04/17(月) 09:13
あはは、おもしろい。
313のアホは「よしりん信者だのナンだのって根拠も無く人を決め付けてるバカがいるね。」
言いながら,自分が「132は間違い無く在日だし、人肉嗜好キチガイでもある。 」
と根拠もなく人を決め付けていることに気付いていない。
在日、部落差別でもろに自分がレイシストだと白状してるし。

316 :312>313:2000/04/17(月) 09:23
あのホモマンガ家の信者じゃなかったのか。
あっそうか、決め付けて悪かったな。謝るよ。
やっぱりあの糞よしりんのファンがこの高尚な中国板に居るはずないよな。(ワラ

317 :名無しさん:2000/04/17(月) 09:45
キティが一人でムキになってるね。


318 :名無しさん:2000/04/17(月) 13:09
困ったモンだ。


319 :名無しさん:2000/04/17(月) 18:33
三国志を読んだ事がある人は知ってると思う
が、劉備をもてなすために妻を調理した人の話があるよね。 ????
dokodesuka kore?
donna hanashi? oshiete?

320 :名無しさん:2000/04/17(月) 20:49
つーか、313は132かその仲間の自作自演だろ。
ばればれなんだよ。



321 :314:2000/04/18(火) 05:15
しまっただまされた。
でも、人種差別者はキライ。日本の恥やな。
だけど人肉はちょっと食ってみたい。

322 :名無しさん:2000/04/18(火) 08:41
アミン大統領思い出すなあ。
革命後、宮殿の冷蔵庫から人肉が出てきた、とか。
あれは結構最近だよねえ。佐川君よりは昔だけど。

323 :名無しさん:2000/04/18(火) 18:01
そうか、僕には313が自作自演にみえないんだけど、
もっともいいそうなことじゃない。
とりあえず、313の人の新たな発言を待つ。

324 :名無しさん:2000/04/19(水) 00:35
で、手紙は出したのかな?>131
料理書関係の発言を待つ。<中国の人肉食文化関係ならなんでも良いけど。
-----------------------------------------------------------
305 名前: 131>304 投稿日: 2000/04/15(土) 20:06

最初にそういう料理書があると書いたのは私ですが、
残念ながら書名は忘れました。でも間違いなくそういう書物があった。
中国人ならだれでも知ってる大変権威のある料理書です。
ちなみに、結構まえに職場にいた中国出身の女性に聞いたら、やはり知ってるといいました。
あの服部さんなら知ってると思うんで、
今度手紙でも出して聞いててみようっかな・・・

325 :131>324:2000/04/19(水) 15:41
いやいや、手紙を出すというのは冗談ですよ。見りゃ分かるでしょ。(ワラ
でも本当に本当にこのような料理書があったんですよ。
信じてもらえないじゃしょうがないけど。
何れにしろ,中国に食人文化があったのは間違いないです。
職場の中国出身の女の子に「中国で人肉食うの?」みたいな質問をしたことがあって、
彼女は恥ずかしいそうに「うちはないけど、近所に食ったという噂のある人が居る」
って言ってたよ。

326 :>325:2000/04/19(水) 15:47
中国人がそんな簡単に国の恥を外国人に言うわけない。
もしくは、かつがれたのだろう。

その料理書が春秋あたりの起原のものなら、
竜の調理法とは蛇の調理法のこと、
鳳凰の調理法とは、尾長鶏のこと。
おそらく人は猿の調理法の事であろう。
昔の中国人はわざと大袈裟に書く風習があった。詳しい人に聞けば解るはず。
本当に人間の料理法が載っていれば
奇書としてもっともっと世界中で既に有名になっているはず。


327 :名無しさん:2000/04/19(水) 17:08
>支那鬼子!支那人、男者男色、女者淫売、『須之人肉食愛好国民』。
>支那人「屠殺」人間、『之為食其人肉』。


328 :名無しさん:2000/04/20(木) 02:34
>その料理書が春秋あたりの起原のものなら、
>竜の調理法とは蛇の調理法のこと、
>鳳凰の調理法とは、尾長鶏のこと。
>おそらく人は猿の調理法の事であろう。
>昔の中国人はわざと大袈裟に書く風習があった。詳しい人に聞けば解るはず。
こういう情報を書いてくれれば、中国人への誤解が解けるのにね(誤解なら)

>131
冗談だったんですか・・・

中国出身の彼女のいう”噂”ってなんだろうね。
その手の”噂”(人気のある店のシュウマイが人肉入りだったとか)
はたまにみるけど、その類の事件ってよくあるの?

329 :名無しさん:2000/04/25(火) 02:58
人肉食願望キティの132が政治思想板にスレッド立ててるよ。



330 :>329 これのことか?:2000/04/25(火) 18:23
http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=955386649

331 :名無しさん:2000/04/25(火) 21:26
おれの大学の大先輩が人を実際に食ったらしい・・・。


猫の肉と人の肉はほぼ同じ味らしい。

332 :実は日本人は食人種:2000/04/26(水) 19:07
ミルキーはママの味〜♪


333 :>332:2000/04/26(水) 20:23
こら〜、出てくるな、132。
おまえやっぱり在日だな。間違いない。
日本人がこのようなこと書くわけない。


334 :332:2000/04/26(水) 21:41
ちゃうちゃう、俺は132とちゃうでぇ(^^;;;
夕べマンガで読んだネタでぇ〜す。
もちろん、日本のマンガっす(笑)。


335 :名無しさん:2000/04/27(木) 00:13
在日は逝ってよし

336 :>325:2000/04/27(木) 00:16
>職場の中国出身の女の子に「中国で人肉食うの?」みたいな
>質問をしたことがあって、 彼女は恥ずかしいそうに「うち
>はないけど、近所に食ったという噂のある人が居る」 って
>言ってたよ。

いい大人がそんなこと聞くな。

337 :名無しさん:2000/04/27(木) 06:32
犯罪者について検索したことがあるのだが、
人肉をキーワードにすると中国がやたら引っかかったな。。。

338 :>337:2000/04/27(木) 11:35
猟奇サイトを回ってると自白してるな,
この人肉マニア。

339 :>336:2000/04/27(木) 12:51
いいじゃないか、中国人なんてたいしたプライドを持ってないんだから,
どんな失礼なこと聞いても平気さ。
こっちが冗談っぽく明らかに馬鹿にした質問を聞いても,
それとは気付かずにまじめに答えてくれるよ。

340 :337:2000/04/27(木) 13:21
変な奴にレスされた。。。
”,”を使ってるのが気になるが、、、まあいいか。。。(他板の話)

341 :>337 :2000/04/27(木) 14:19
あの馬鹿だな。確かに、似たタイプだな。(笑

342 :食わず嫌いとはまるで子供だな。:2000/04/27(木) 18:19
食わず嫌いとはまるで子供だな。

======== 完 ========

343 :337>341:2000/04/28(金) 06:27
だな(笑

344 :名無しさん:2000/04/29(土) 04:59
中国=食人の認識は世界共通だね

345 :>:2000/04/29(土) 05:46
どっちかっつうと、食人=アフリカの方がメジャーでないの?
中国はルーキーだな。

346 :名無しさん:2000/04/29(土) 09:49
>345
中国4000年の歴史があります。


347 :日本にも人肉料理を取り入れて文化を大胆に発展させませう。:2000/05/01(月) 14:54
日本にも人肉料理を取り入れて文化を大胆に発展させませう。

348 :名無しさん:2000/05/01(月) 16:25
食用肉はドコで調達するのだ?>347


349 :>348:2000/05/01(月) 18:35
もう一度戦争を起こせば余るほど材料を調達できるぞ。

350 :名無しさん:2000/05/01(月) 19:42
うーん、自分が食材になりそうなのでそれはパス。

351 :名無しさん:2000/05/02(火) 01:34
うーん、敵に食われるのはしょうがないとしても、
戦友に食われる状態になったらやだなあ。
「あいつ普段生意気だから、先にあいつからやっちゃおうぜ」とか
と言われないように気をつけなきゃ。

352 :sage:2000/05/02(火) 02:24
まさに、食うか食われるか!?だ

353 :なるほど:2000/05/02(火) 02:29
中国ってすごいところだね!

354 :食わず嫌いとはまるで子供だな。:2000/05/03(水) 06:08
食わず嫌いとはまるで子供だな。

======== 完 ========

355 :結局:2000/05/03(水) 17:51
大山鳴動して鼠一匹だったね

======== 完 ========

356 :名無しさん:2000/05/04(木) 03:48
下げ方間違えたので最後にもう1回。
======== 完 ========

357 : :2000/05/08(月) 14:23


358 :名無しさん:2000/05/08(月) 14:54
それでも地球は廻っている・・・・・

359 :食わず嫌いとはまるで子供だな。:2000/05/08(月) 17:08
食わず嫌いとはまるで子供だな。

======== 完 ========

360 :名無しさん:2000/05/08(月) 17:27
それでも地球は廻っている・・・・・

361 :食わず嫌いとはまるで子供だな。:2000/05/09(火) 13:49
食わず嫌いとはまるで子供だな。

======== 完 ========

362 :名無しさん:2000/05/09(火) 14:57
喰った事があるらしい>361
もしかして132君か?

363 :>362:2000/05/11(木) 08:11
美味しいよъ( ゚ー^)

364 :名無しさん:2000/05/11(木) 09:19
どんな味?>363

365 :名無しさん:2000/05/11(木) 19:52
絶品だねヽ(´ー`)人(´ー`)ノそうだね

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)