5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シナ畜残酷史

1 :名無しさん:2000/02/09(水) 13:14
シナ畜がどんな残酷なことをやってきたかを書き上げよう!
まず、万人抗ってのを聞いたことあるな。
万の人数を殺して穴に埋めて「柱」にしたってやつ。
こんな感じ。時代は問わない。
 いってみよう〜

2 :え?:2000/02/09(水) 21:29
まんこう?

3 :名無しさん:2000/02/09(水) 23:25
赤ん坊を放り投げて落っこちてきたところを
銃剣の先で突き刺して大喜び。
あ、それは爺さんの世代の日本人か。すまん。

4 :所沢とこトンまつり:2000/02/10(木) 01:08
んなわけねーだろ

5 :有名な話で:2000/02/10(木) 02:17
呂后がやった人豚なんかどうよ。

6 :>5:2000/02/10(木) 02:23
なにそれ?教えて欲しいな。

7 :名無しさん:2000/02/10(木) 04:17
シナの皇后か何だかが、美人のナントカさんを妬んで
手足を切って目をつぶして便所のなかで糞食わしてたってハナシだっけ?
シナではこんな話多すぎてややこしい。

8 :>7:2000/02/10(木) 09:36
えぐいぃ。。。。

9 :三ッ目犬:2000/02/10(木) 17:55
>7のひと
ついでに舌も抜いて言葉も奪ったです。
皇后の息子に人豚を見せたらショックで頭が
おかしくなり、ほどなく氏んだそうです。
(息子はまあ、普通だったらしい)

10 :名無しさん:2000/02/10(木) 18:23
確か最初は、手足切った後で水を入れた瓶に入れていたんだよね。
んで、それだけでは満足できず便所に落としたんじゃなかったのかな。

そんな「モノ」にされても、人間って生きているんだ・・・・
と、的外れな感想を持ちました。




11 :名無しさん:2000/02/10(木) 22:06
やったのは漢の初代の劉邦の皇后の呂后で、やられたのは劉邦の
妾の戚夫人です。美人だったそうですが、やられたときは確か4
0過ぎだったと思います。

で、それを見た二代目皇帝「恵帝」はその日以来トラウマで酒色
にふけるようになってしまい、6年後24歳の若さで(俺と同じ
歳だ)病死してしまいましたとさ。
糖尿病か高血圧でしょうかね?

というか、呂后がこういう残虐な行動をとった理由自体が、女の
嫉妬というよりも(それが重要なファクターのひとつなのは肯定
しますが)、あまりにも息子がだらしないことでしょう。
息子の恵帝があまりにもボンボン過ぎることに不安を覚えた母の
愛の暴走といえるでしょうね。
恵帝が「ヒトブタ」を見たのは18歳の時なのですから、その程
度で精神に失調を起こしていては最初から皇帝なんか無理でしょ
うしね。
帝王教育の失敗例かも知れません。
秦始皇帝や李世民や毛沢東あたりなら、平然とヒトブタに放尿し
てのけるかも知れません。

12 :続き:2000/02/10(木) 22:24
あ、このヒトブタの話には続きがあります。


ヒトブタにされた戚夫人を見て、サディスト呂后のまともな息子恵帝
はせめて異母弟の如意(ヒトブタの息子)だけは守ろうと、幼い弟を
わざわざ自室で暮らさせたりしたのですけど、恵帝が狩猟に出かけた
隙に幼児は毒殺されてしまいました。

結末。
呂后の死後、呂一族は全て誅殺されました。
呂后の長兄の孫で宰相だった呂産は、便所に逃げ込んだところを切ら
れたそうです。


13 :私論:2000/02/10(木) 22:28
私論ですが、中国人が日本人よりも飛びぬけて残虐だとは思いません。

しかし、私は「女」は「男」よりも確実に残虐な生物だと思いますし、
そしてさらに残虐な「宦官」という、男でも女でも無い生物が、中国
には存在しました。

文化大革命も「江青」の存在が無ければ死者は何百万人か少なくて済
んだかもしれませんし、中国と日本の違いは「女」ないし女性的男性
が権力を握れるか否かということかも知れません。
北条政子や日野富子が何百人もいた歴史。
バケモノ(女や宦官)が徘徊した国。
それが中国史でしょう。

そういう意味では「アイリス・チャン」は恐いですね。


中国人が日本人よりもとりわけ残虐ということは無いでしょうけど、
「中国」には人間の残虐性を制限するストッパーとなる文化や制度
が確実に欠けているとは思います。

14 :質問ですが:2000/02/10(木) 22:36
呂一族が滅んだ後、少帝が廃された上殺害されましたが、
この帝は恵帝の子ではないのですか?
「女官の子を皇后の子に仕立て上げた」そうですが
「女官の子」とは恵帝の庶子ということでは?

史記を読んでいると、この帝やその弟が可哀想で・・・。
まだ少年だった筈です。族滅は中国のならいとはいえ
いつも「三族を滅ぼした」とかの記述を読む度に
痛々しさを感じます。
文帝は、少帝殺害にどこまで関わっていたのかというのも
興味があります。

15 :>13:2000/02/10(木) 23:20
煽りじゃなくて、純粋に質問します。
「中国人が日本人より、とりわけ残酷なわけではない」
と、考える根拠を教えて。



16 :>15:2000/02/11(金) 00:18
同感。どう考えても不自然な考えでしょ。
13が考える日本人の残酷さってのを教えて欲しい。

17 :名無しさん:2000/02/11(金) 00:47
>呂一族が滅んだ後、少帝が廃された上殺害されましたが、
>この帝は恵帝の子ではないのですか?

少帝は恵帝の息子ですね。
ただ面白いのが少帝の后も呂氏一族(押し付け)だと言うことです。
当時は儒教的倫理は薄かったのでしょうか?


>「中国人が日本人より、とりわけ残酷なわけではない」
>と、考える根拠を教えて。

単純です。
恵帝のヒューマニズム溢れる精神をご覧下さい(笑)

これまた私見ですが、儒教的倫理観やヒューマニズムは中国史に脈々
と存在し続けたとは思います。
「残虐」も中国文化の一面ですが、洗練された文明的なヒューマニズ
ムも、また中国文化の一面だと思うということです。

ただ、中国の場合「儒教」のルールから完全に逸脱する「宦官」や「
女」というバケモノ、さらには非読書階級のドキュン愚民が何千万何
億とひしめき、彼らこそが中国的残虐性の当事者だと思うというのが
私の意見です。

文化大革命も、あれは「ドキュンのインテリ虐め」という一面もあり
ますしね。
呂后も元は田舎のドキュン女ですし。

18 :ドキュンだJ:2000/02/11(金) 00:50
でもなあ…日本の戦国時代にも似たような残虐刑があったじゃないの。
殺し殺されるのが普通の世の中じゃ、世界中どこでも似たようなものなんじゃないかな。

ただ、日本人は人間を調理することを美談とするような民族じゃないのは確かだね。

19 :>17:2000/02/11(金) 10:48
も一回質問。
中国にもヒューマニズムがあるのは、それは当然認めます。

でも、それが何故
中国人は日本人よりとりわけ残酷ではない
の、理由になるのかわかりません。

宦官やバケモノ女やドキュンは残酷だが、
他の中国人は違うという論旨でしょうか?


20 :>18:2000/02/11(金) 10:52
極限状態でのお話なんて、してましたっけ?


21 :名無しさん:2000/02/11(金) 18:23

>宦官やバケモノ女やドキュンは残酷だが、
>他の中国人は違うという論旨でしょうか?

中国において「宦官」「女」「ドキュン」に当てはまらない存在は、
基本的には「君子」、儒教的知識人です。
まあ仏教的知識人も加えても良いでしょう。
で、私の私見では、そういう中華帝国の知識階級と日本の知識階級
を比較した場合、むしろ「残虐」度の世界的な定評は日本の知識階
級つまり「武士」にこそあると思うのです。
「中国人残虐伝説」を日本国内で吹聴している分には、それなりの
説得力と娯楽性を持ち得るでしょうが、おそらく国外に持っていく
と足元をすくわれる説です。

もっと実証主義的に、「中国史における食人の伝統」を文化相対主
義的な態度を表向きは装いつつ冷然と指摘するのが、インテリっぽ
くて私の好みです。

いえ、私は「サムライだって腹を切ったじゃないか」などと相対化
したいわけではなく、「暴力」の専門家である「武士」の存在こそ
が、日本において際限の無い暴力の暴走を防ぎ続けてきたのではな
いかとも指摘したいのですがね。

「儒教」は「暴力」から目を背けたヒューマニズム
「武士道」は「暴力」を受け入れたヒューマニズム

それが両者の差であり、暴力を下敷きにしたヒューマニズム「武士道
」こそが「万人の万人に対する闘争」という無限にエスカレートする
暴力の循環にストップをかけることが出来、「儒教」は「暴力」に関
してはほとんど無力だったのが、日本と中国の歴史を分けたと思うと
いうことです。



22 :名無しさん:2000/02/11(金) 18:33

異様な性的束縛が特徴の「ピューリタニズム」こそが西欧やアメリカ
での性の暴走を生み、比較的性におおらかなラテン的モラルが性の暴
走に制限をかけていることに似ているかも知れません。


明るい性を否定するキリスト教的モラルこそがヘンタイを生み
明るい暴力を否定する儒教的モラルこそがヘンタイを生んだ


中国史上の変態的な残虐歎は、魔女狩りのそれによく似ていると私
は思います。


>中国人は日本人よりとりわけ残酷ではない
>の、理由になるのかわかりません。

私は残虐性は、日本人とか中国人とかの問題ではなく、普遍的な人間
性に関わる問題だと考えています。
「XXXは俺たちより残虐だ〜」というような言説は、ドキュンっぽ
くてイヤだというのもあります。




23 :結論:2000/02/11(金) 18:41
とにかく私の言いたいのは

「中国人が他の人種より残虐とは言わないが、中国文化には人間本来
の残虐性にストップをかける要素が確実に欠落している」ということ
です。
「XXXは俺たちより残虐だ〜」というような言説は、ドキュンっぽ
くてイヤだというのもあります。


しかし他人の事は言えません。
私の個人的な意見では、「武士道」的モラルを喪失しつつある日本人
は中国人並みに「暴力制限装置」を喪失しつつあるのかも知れないと
も思います。

「中国残虐伝説(というか事実ですが)」を語る時に、無意識に戦後
民主主義的モラルを取る方が、右派を自認している方の中にも多いで
す。
そして、私はその戦後民主主義的モラルが暴力を制限し得るかという
こと自体に懐疑的なのです。
戦後民主主義の原型でる西欧的モラルは「暴力」の制限にあまり良い
評判はありませんし、しかもさらに悪いことにその「戦後民主主義」
モラル自体日本にしっかり根付いているとは言えません。
「戦後民主主義」は単に日本の良き伝統的モラルを破壊しただけにと
どまり、日本は「中国人」のレベルにまで落ちつつあるのではないか
と私は危惧しているのです。



24 :とにかく:2000/02/11(金) 18:46

まあ「中国人は日本人よりも残虐だとは思わない」などと一見リベラ
ルっぽいことを言っている私こそが実は一番中国人を差別していて一
番右翼的で一番軍国主義者なのかも知れませんね。


あ、私は実は日本茶の某常連です。



25 :名無しさん:2000/02/11(金) 19:42
お手数取らせてしまいました。
おっしゃること理解できます。
対比するに「日本人」を持ち出さずに、
「他の民族」とでもしておけば、と思います。
中国人vs日本人なんて対比は、面白くないですもんね。



26 :>1:2000/02/11(金) 20:40
万人抗って撫順炭坑のだろう。本当かどうかの議論は別にして
あれは日本軍がやったものって事になってるんで、このスレッドの
最初に書くには全くそぐわないと思うけれど。
寒いよ、J。

27 :名無しさん:2000/02/11(金) 20:58
>26
いやいや、万人抗自体はもともと中国人がやってたんですよ。
戦乱の勝者がね。撫順炭坑が初めての万人抗じゃないんですよ。

28 :>26:2000/02/12(土) 01:51
>あれは日本軍がやったものって事になってるんで、
万人抗ってのは大昔の中国にすでにあったものだよ。
どれぐらい昔かは知らんが、三国志の時代(<=って表現でいい?

 日本軍が万人抗をやったってのは中国人が作った与太話です。
中国人が「日本人はこれだけ残酷なことをやったんだよ」と
いう作り話。

寒いよ、J。

29 :>28:2000/02/12(土) 14:59
確か項羽も降伏した秦の軍隊を万人坑にしてるし、
それよりもっと以前、春秋戦国時代からポピュラー
な処刑法だったよ。
中国四千年の伝統ってやつですな。
それで、デマをとばすときに自分達がやってきた事
の主語を「日本軍」に換えて話す。


30 :名無しさん:2000/02/12(土) 16:47
「嘘をついてはいけません」
つーことは、儒教にはないの?


31 :>30:2000/02/12(土) 17:08
あるよ。
確か「朋友の為に謀りて信ならざるか」とかいって
毎日自分の身を顧みるというのが論語にあった。

32 :名無しさん:2000/02/12(土) 19:04
それは、朋友のためだけなんですね。
朋友以外には嘘をついても良いのかなぁ?


33 :まぁ:2000/02/12(土) 19:35
26さんのように中国のデマをそのまま信じてる方は
多いと思うので、誤解を解く材料になるでしょうね。このスレッドは。。。
 三光作戦とかもそのまんまうのみにしてるんだろうなぁ。。。

34 :うへほ:2000/02/12(土) 19:57
偽文書”田中上奏文”によると、日本国は
ショッカ〜みたいな悪の集団らしい。

http://member.nifty.ne.jp/reveal/youkoso.htm

35 :某日本茶常連:2000/02/12(土) 20:31
>偽文書”田中上奏文”

あれは笑えるよね(笑)

皇居の橋を渡ろうとすると、サムライが出てきて足を薙ぎ払うので
「足きりの橋」とか呼ばれてるんだそうだ(笑)
「田中偽一」首相ってのは児玉襄のギャグだったっけ?


36 :>32:2000/02/12(土) 21:04
「己の欲せざる所を人に施すなかれ」
論語最高の名言。

37 :>32:2000/02/13(日) 21:21
んでも、なかなか実現されない(笑)。

つーか、ずいぶん都合のいい言葉だね。
だから実行されないのかな。


38 :阪京:2000/02/14(月) 02:38
>偽文書”田中上奏文”によると、日本国は
>ショッカ〜みたいな悪の集団らしい。
偽文書だからねぇ。最近、ソ連の“創作”だって説出てたね。


39 :うへほ:2000/02/14(月) 02:49
 で、ソ連はレ〜ガンに悪の帝国呼ばわりされたと。
因果は巡る、なんまんだぶ。

40 :中華帝は:2000/02/15(火) 01:04
田中上奏文が本物だと信じているようだぞ。

41 :名無しさん:2000/02/15(火) 19:46
>「己の欲せざる所を人に施すなかれ」
>論語最高の名言。

これは確かに名言。
ちなみにキリストの山上の垂訓の一節に

“Do to others as you would have others do to you.”=「己の欲する所これを人に施せ」

っちゅーのがある。
西洋よりも東洋の方が勝ち。

42 :中華帝:2000/02/15(火) 20:56
「田中上奏文」とはなにか?尋ねたからと言って罵倒するなよ。警告しておく。

43 :36です:2000/02/15(火) 23:08
>41

キリストの山上の垂訓は、他者に善を行う事を勧め
論語では、自ら悪を為さぬよう訓える。

私は、西洋の方に積極性で軍配を挙げたいです。
まあ、私はクリスチャンですので、そう思うかも。

44 :ところで:2000/02/16(水) 00:00
妊婦の腹裂いて胎児の観察してみたり
池に人流して三刃の矛でつついて遊んだり
獣姦ショーやって喜んでたおちゃめな王様もいたらしいね。
確か「武烈」とかいう名前だと思ったけど・・・・

45 :阪京:2000/02/16(水) 00:38
>「田中上奏文」とはなにか?尋ねたからと言って罵倒するなよ。
罵倒せずにはいられないが、ま、いいか。
昭和の初め頃(6年頃から?)に中国各地にばらまかれた、田中義一首相が
昭和天皇に奏上したということになっている偽書。
「世界を征服するにはシナから、シナを征服するには満蒙から・・・」と
日本が着々と世界征服をたくらんでいるかのような印象を与える内容。
トロツキーが亡命先の米国で早い時期に英語版を目にしたとか最近報道され、
日本語版より英語版が先んじてあった可能性から、旧ソ連の創作によるもの
とも考えられている。

46 :中華帝:2000/02/16(水) 00:51
>阪京
田中上奏文の説明感謝する。謝謝!

47 :>43:2000/02/17(木) 07:27
ヒステリックに捕鯨禁止を叫ぶバカとか、環境保護のために人様のモノをぶっ壊したりするアホは
その積極性が間違った方向に走りだした結果じゃないのかなと思います。

つーわけで、俺は東洋の「己所不欲勿施於人」を支持しますです。西洋のソレとは似てるようで、全然違うと思う。


48 :名無しさん:2000/02/17(木) 10:53
>47
お節介を通り越した「俺が正しい!」はカルトの元祖?キリスト教の
特徴ですよね。はた迷惑にもほどがある。


49 :名無しさん:2000/05/05(金) 13:13
面白いから掘り起こし

50 :名無しさん:2000/05/05(金) 19:37
>44
それは日本だよ。
昔の天皇。
http://www.net-b.co.jp/jbox/I3/9611I301.htm

51 :>44:2000/05/05(金) 20:24
実は、武烈の次の継体天皇は出自があやしくて、それをごまかすため、
日本書紀には、武烈はやたらと悪い人で、継体はやたらといい人だと
捏造して書かれているという説がある。

ほんとかどうかどっちにしろ、そんな昔の話はあてにならん。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)