5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

国姓爺合戦を大河ドラマに!

1 :台湾独立支持者:2000/02/27(日) 00:18
台湾の歴史的英雄、鄭成功はご存じの通り、日本人と中国人のハーフです。
日台共同製作で国姓爺合戦を翌々年の大河ドラマにすれば
日台の交流に一役買うと思います。

2 :ああ、:2000/02/27(日) 00:41
良いアイディアだ。できたらいいけどな(泣)。

3 :名無しさん:2000/02/27(日) 01:56
源氏物語の大河ドラマ二三年かけてやったらどうだ?

4 :株屋:2000/02/28(月) 08:54
壇ノ浦夜合戦のほうがいいな。

5 :三ッ目犬:2000/02/28(月) 12:30
>1: 台湾独立支持者 さん
前、「三国志」とか人形劇でやってたから
「国姓爺合戦」も可能性ないとは言えない
です。
あと、モンゴルとの合作で「蒼き狼」なんて
いうのもよいと思いますワン。


6 :名無しさん:2000/02/28(月) 13:31
「秩父原人」ネタの大河ドラマはどうでしょう?
ほとんど「おかしなおかしな石器人」
みたくなってしまいそうですが。

7 :でも:2000/02/28(月) 13:34
中国側がなんか言って来るんじゃない?

8 :名無しさん:2000/02/28(月) 17:01
よし、金城武主演でどうだ!

9 :名無しさん:2000/02/29(火) 16:58
すばらしい。だけどこういういいスレッドは世界史板で立てて欲しい。
向こうの方がいい返答がつくよ。

10 :名無しさん:2000/02/29(火) 17:20
NHKと台湾の放送局で国姓爺合戦を大河ドラマ化したら、北京はそれを
政治的メッセージと受け取りますよ、間違いなく。マジで政治問題になり
ます。

11 :名無しさん:2000/02/29(火) 20:20
だから日本の江戸文学として国姓爺合戦をやればいいんじゃない?
大河ドラマはたいていそのまま台湾でもやるし
その主演を金城武に となると圧力がかかるのだろうか(汗)

12 :名無しさん:2000/03/10(金) 15:47
鄭成功は大陸でも英雄だから、日中台共同制作で良くないか?

13 :名無しさん:2000/03/12(日) 14:34
1>このネタ日本史板で読んだよ。

鄭芝龍・成功親子は唯一の日本と中国圏共通の英雄だろ。
敵は西洋(オランダ)だ。あの時、徳川政権が鄭成功の求め
に応じ援軍をだしてたら、東洋史、世界史、日本史も大きく
変わっていただろう。
大河ドラマより映画にして欲しいなあ。


14 :名無しさん:2000/03/12(日) 21:06
こんど映画になるよ
http://www1.neweb.ne.jp/wa/midori/zh8_8.htm#jincheng_wu

15 :名無しさん:2000/03/13(月) 06:26
この映画、こくせんや合戦じゃなくて
ただの鄭成功もの。それなら台湾や大陸に
テレビドラマがあるし、台湾には映画もすでにあるはず。
>14


16 :名無しさん:2000/03/13(月) 20:13
14>
ジョン=ローン、ショーンコネリーですか、ウ〜ン。見てみたい。
15>
国姓爺合戦と鄭成功ものってどう違うんですか?


17 :童貞野郎:2000/03/20(月) 21:42
>1すばらしいアイデアです。
鄭成功はトヨエツさんですね。私の理想です。

18 :名無しさん:2000/03/21(火) 07:33
>国姓爺合戦と鄭成功ものってどう違うんですか?
まず歌舞伎の演技と新劇とは違う。
それから、話の中でも確か変な人物とか出なかったっけ?
城門でお母さんがどうたらとか。
中国のドラマでは基本的に史実通りですが。


19 :先走る〜:2000/03/22(水) 13:34
あらかじめ企画とシナリオだけ用意して金庫に保管して、中台開戦の後
日本の台湾支持が確定したら撮影開始、ってのもいいね。

史実通りでタイトルのみ「国姓爺合戦」でもいい。「新・」を付ける
という手もある。大河ドラマでよくある。
となると原作者は?大河ドラマは小説が原作、というのが通例だが、
『琉球の風』以来久々の陳舜臣の旧作『旋風に告げよ』か?
他に何があったっけ?



20 :名無しさん:2000/03/23(木) 07:01
陳舜臣しょぼすぎ。
台湾の作家でいいのはないのかなあ。


21 :早口言葉:2000/03/23(木) 14:54
シャンソンチャンピョン陳舜臣新春シャンソンショー!!!

22 :>20:2000/03/25(土) 00:16
とりあえずこいつは最高に面白かった。以下紹介文転載

海覇王 上・中・下  荒俣 宏著  角川書店

 表向きは商人、裏では海賊の顔をもつ明人“鄭芝竜”は、長崎で日本人マツと
 結婚し、男子福松が生まれる。福松は日本で成長し、その後国性爺“鄭成功”
 と呼ばれ、台湾の英雄として知られる親子二代の物語。

 不思議な雰囲気に包まれ、オカルト的な要素も含みながら、父と子の対立へと
 物語は進む。

23 :19:2000/04/06(木) 13:10
>22
んー荒俣宏かー・・・読んでみたいんだけど大河向きじゃないなー
陳舜臣以外に台湾出身でもう一人、邱永漢(字こうだっけ?)が
いるね。都知事選に出たこともあり、バブル期には「財テクの神様」
とも言われたこの人、サラリーマン受けするから大河ドラマにもって
こいでは?まだ書いてないなら書き下ろしていただくとか。この人なら
台湾人も喜ぶし。「食は広州に在り」「象牙の箸」などの古典的な
美食エッセー書いてるから、毎回ドラマに盛り込むと受けるはず。
・・・でも邱永漢(芥川賞作家)、何十年も小説書いてなかったよう
な気が。うーん、すると故・司馬遼太郎か?書いてたっけ?


24 :名無しさん:2000/05/11(木) 21:33
age

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)