5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「支那」の呼称:資料篇

1 :延信:2000/04/07(金) 14:01
「支那」という呼称を考察する上で有用な資料を投稿してください。
意見を述べたり、議論をする場合はこちら↓
 http://www.jbbs.net/2ch/test/read.cgi?bbs=china&key=949650541&ls=20

2 :「シナ」は今でも差別語か:2000/04/07(金) 14:02
金子秀敏(毎日新聞夕刊『論外ですか?論説室より』2000年4月5日(水曜日)より)

 「けしからん」。日本に研究のため滞在している高齢の中国人学者が怒り心頭だった。
 「ある学会で、支那などという輩がいた。抗議したら、支那は歴史的概念であり、地理的概念では中国と言うとぬかしおった」と机をたたかんばかりだ。
 老先生は、若いころ日本に留学し、その時に「支那」がさげすんだ言い方だったということを身をもって体験している。だから許せない。
 ふと、わが家の近くのラーメン屋にかかっている「支那ソバ」の看板が頭に浮かんだ。ラーメン屋の店主は、ほかの店よりうまいと強調したくて「支那ソバ」と書いたのだろう。自分の店のラーメンを店主がけなすはずはないからである。
 私自身は、普通は「中国」という。そのほうが自然に思えるからだ。「支那」は古くさい。
 もちろん、敵意をこめて「支那」という日本人はいる。だがその一方で、ラーメン屋のようにプラスイメージの「支那」も理解できる。「支那ソバ」の例をあげて、今の日本語は「支那」イコール差別というほど単純ではない、と申し上げたが、老先生をもっと怒らせただけだった。


3 :「シナ」は今でも差別語か:2000/04/07(金) 14:03
 日中が戦争状態にあった当時、「支那」と言おうが「中華」と言おうが、憎悪がこもっていただろう。同じように中国人も憎悪を込めて「小日本」と言った。問題は、ことばではなく、時代状況ではないか。
 「支那」の語源は高島俊男氏の「本が好き、悪口いうのはもっと好き」(文春文庫)の中に詳しい。古代インドの仏典の中に、「シナ」ということばがあった。始皇帝の「秦」が起源らしい。その仏典を古代中国人が漢訳したときに「支那」(チナ)の字を当てた。
 「支那」は中国製だと言ったが、老先生は耳を貸さなかった。
 だが中国から届く電子メールに「SINA.COM」(シナ・ドット・コム)というドメイン名がある。「シナ・コム」という中国語のインターネット会社を利用しているのだ。中国のほか米国、台湾、香港で営業している大手である。
 「SINA」はIMFのように略語かもしれないと、香港営業所に聞いた。答えは明快だった。「シナは中国の意味です」。そういえば「シナントロプス・ペキネンシス」なんてのがいたな。
 老先生にはついにご同意いただけなかった「支那ソバ」だが、「支那・ソバ」としたらどうだろうか。すなわち「シナ・ドット・ソバ」。

4 :名無しさん:2000/04/07(金) 14:17
中国の学者なんて石頭のドキュソばっかなんだからな。
こんな連中が吠え立てるのは相手にしなくていいよ。


5 :名無しさん:2000/04/07(金) 14:40
下にそばがついたり、チクやら海やらがつくのは、
人間対象じゃ無いから問題は無いけど、
中国人をシナと呼ぶのは、相手は人間だから、感情がある。
海やたけのこと同じレベルでは議論できない。
小犬にポチと名付けようと悪魔くんと名付けようと問題無いが、
人間にポチでは問題がある。

民族の呼称を物質名称と一緒に議論にするところが変。

具体的にはラーメン屋は中国人のことを思い浮かべて
「シナそば」は名乗らない。この場合「シナそば」はそばだけに通用する、
特別な言葉であって、「うまそうなラーメン」をさす特別な言葉だ。
逆にラーメンや中華料理以外ではシナを付けてもプライドの表現につながらない。
その様なラーメン特例をもってして、民族呼称というはたまた特別な場合を論じるのは、
そもそも議論としておかしいのだ。

民族としてシナを使う時、我々日本人はどの様な感情を抱いているかを、掘り下げるべきであり、
ラーメンやら海やらは特例にすぎない。
例えば新井議員をチョン公と馬鹿にしていた、石原慎太郎氏はやはりシナの使用者だが、
彼は中国人を軽蔑しているのだろうか?



6 :>5:2000/04/07(金) 16:35
>民族としてシナを使う時、我々日本人はどの様な感情を抱いているか
わたしゃ、ノスタルジックで優しい気持ちになりますけどね。
欧米人に「china」と呼ばれても怒らないのに、日本人だけに「支那」を
使うなと言うのは、明らかな日本人差別。


7 :名無しさん:2000/04/07(金) 21:11
要するに今だに日本人が中国のことを支那と呼ぶときには
蔑視の気持ちが強い と誤解している中国人がいるってことの問題で
これはまさに中国国内での情報が閉鎖的であることに起因する
中国国内の内政問題なのではないでしょうか?
今や中国人は豚を食うから臭いとか骨をしゃぶるから怖いとか
そんな馬鹿な理由で差別する人は少数派といっていいでしょう。
現在、中国人が差別される理由の最大のものは日本国内で目に止まる
中国人は不法入国してチャイニーズマフィアになってる人が多く
明らかに日本国内にいる中国人は犯罪者である確率が高い。
これも中国国内で生活が安定しないとか不法入国者の処罰が甘いとか
に起因してる中国の内政問題の一環ではないでしょうかね?

8 :>7:2000/04/09(日) 15:09
それが一概に誤解といえないんだよね。
僕は蔑視の意味は感じないけど、僕のおやじ(71才)は、
まじで侮蔑意でシナを使うんよ。
個人の自由やから文句はいって無いけど、
ときどき、困るよ。
おやじの友人も同世代はたいていそう。シナとかチョン公とか呼ぶ。
どういう意味かというと、日本人より劣る、劣等民族の意味だという。
何をいっても「奴らはどんなにがんばってもシナチョンだから、
日本は抜けんねえ」とか平気で使う。

この世代が死んで滅亡するまでは、誤解とは断言できないねえ。
でも古い考えでも我が父だから、長生きして欲しいよ。

だから文句言われても仕方が無い。そっちの方があってる日本人も、極一部いるんよ。
だからいいじゃん、中国で。しかたがねえよ。昔の人だから、考えかわん無いし、
中国人に嘘ついてまで、つかわ無いと日本が壊れるというわけじゃなし。


9 :>6、7、8:2000/04/09(日) 16:27
つまり日本人だけがシナを侮蔑的に使うから、日本人だけにシナを使うなと、いっているのですね。
じゃあ日本人だけがシナを使わないでチャイナにすれば解決ですか?
チャイナも、日本人が使ったら駄目なんですか?アメリカ人はいいのに?

10 :>8:2000/04/09(日) 17:21
英米人が「China」を侮蔑的に使っていないと本当に信じているとしたら何ともおめでたい。

11 :>10:2000/04/09(日) 17:37
Chinaは英米人は侮蔑意ではつかってないだろ。
でも彼等も
Sina-とか、Sino-のつく侮蔑っぽい言葉はある。
このときの発音は「シナ」にちかいね、チャイナよりは。
例えばSinophobiaとか。
Chinaが侮蔑語だったら米中公式会見は不可能だろうなあ。
会話が成立しないだろ。


12 :>11:2000/04/09(日) 18:04
日本だって「シナ」を侮蔑的にだけ使ってきたわけじゃない。

英米だって「China」を非侮蔑的にだけ使ってきたわけじゃない。(Chinaman)


米中公式会見で、「China」の語が侮蔑的にも使われたことのある歴史的事実を
米中はお互いの了解のもと無視しているだけ。

日中公式会見で、「シナ」の語が非侮蔑的にも使われたことのある歴史的事実を
無視せずに、日本に対して使うなと文句を言うシナ人は、だから日本を差別して
いる。

以上。



13 :>12:2000/04/09(日) 18:06
日中公式会見で、「シナ」の語が非侮蔑的にも使われたことのある歴史的事実を
無視して、日本に対して使うなと文句を言うシナ人は、だから日本を差別してい
る。


に訂正

14 :>12、13:2000/04/10(月) 08:47
しかし現在の日本にはシナに代ることば「中国」が既に普及してしまっていて、
一般に侮蔑意がある場合はシナ、無い場合は中国、
と使いわけられているケースが、8の投稿のように「現存」するのは「事実」であり、
その現状でいきなりシナに戻すのは、国語的無理があるうえに、
侮蔑意でシナを使ったという誤解を避けることは難しい。
むしろ、「いやがらせ」捉えられる可能性大である。

>12
英語を誤解していますね。
Chinamanと例を出したように、manを付けないと、侮蔑意が表わせられないのが、
Chinaという単語なのである。裏を返せば、Chinaだけでは侮蔑意はない、
Chinamanのいみを出せない、としか考えられない。
英語は日本語よりも論理的な言葉なので、上記事実はほぼ間違い無い。
つまり現代英語でChinaは侮蔑意は0である。

一方日本語のシナは「現在も侮蔑意」でご使用の方も居られる。
彼等(主に高齢の先輩方々)を無視して日本語を語るわけにも
いくまい。高齢者は敬わねばならない。人数は少ないが配慮も必要だ。
彼等の意思を尊重するためにも、むしろこのままシナを侮蔑語として、
国内だけで使うべきである。
侮蔑したくない人間、公式の場では使わなければいい。

下手に公式の場で使いたがると、シナに侮蔑意が無くなってしまう。
それはそれで、困るではありませんか。



15 :>14:2000/04/10(月) 09:09
>それはそれで、困るではありませんか。
全然困りません。
侮蔑語が必要なのは、必要とする側の民度が低い証拠です。
あっ、俺は「支那使用賛成派」ね。


16 :名無しさん:2000/04/10(月) 10:33
民度は関係無く、侮蔑語は必要です。無いと飲み屋で中国侮蔑話で盛り上がれません。
シナであるからこそ、盛り上げれる時もある。シナが公用語になって侮蔑意無しになったら、どうやって会話で侮蔑意を出せばいいのでしょうか?

つまり中国言葉狩り反対です。現行のように、公式中国、侮蔑意(スラング)シナが、一番いいと思います。
むしろ民度が高い程、言語の数は増えるのでは?さまざまな隠語も増えるはずです。

17 :名無しさん:2000/04/11(火) 13:37
>16
文脈で分かるだろ?侮蔑かそうでないかは。
会話っちゅーのは、そーゆーモンだ。
「支那の夜」は侮蔑なのか?オマエにとっては。


18 :名無しさん:2000/04/11(火) 14:12
じゃ、ラーメンの「支那そば」はどーなる?
そもそも中国ってもともと意味は、世界の中心でそれ以外は野蛮な国って意味じゃないの?

19 :>18:2000/04/11(火) 16:58
誰に何を言っているのか不明。
支那そばはどーなる?って、食べないとのびるよ。


20 :名無しさん:2000/04/12(水) 04:08
やべっのびるっ!!!

21 :万国人:2000/04/14(金) 03:18
>16

>シナが公用語になって侮蔑意無しになったら、どうやって会話で侮蔑意を出せばいいのでしょうか?

 ちゃんと「チャン」とか「チャンコロ」という美しい(?)日本語があります (^^;)。



22 :名無しさん:2000/04/15(土) 08:05
>21
それはあからさますぎて、
ゴー宣で使え無いから、だめ。
世の中はなんでもゴー宣が基準なのです。


23 :>22:2000/04/15(土) 08:22
電波君?

24 :名無しさん:2000/04/18(火) 11:04
シナはやっぱ民族呼称には使えんよね。
現存するシナ侮蔑用語使用者が滅亡しないとムリ。
そばや海、地名ならいんじゃない。
シナ人、シナをそのまま中国人の意味でつかうと、アウトな感じ。
18とか上のカキコ読めよなあ、恥ずかしいヤツめ。

25 :脂那、至那、支那:2000/04/18(火) 22:56
インドに留学したシナの仏教僧たちが、インドでの発音Chinにあわせて
漢字表記したのが、上記の「脂那、至那、支那」だそうです。
昔はシナ人も他人にあわせるという知恵があったんですね。シナが
大国だった頃は。
「脂」や「至」の文字は彼らにとって良いイメージがあり、「脂那」
や「至那」ならそれほど嫌でもなさそうです。
「支那」に対する嫌悪感は、もっぱら対日関係の歴史に基づくものの
ようです。要するにコンプレックスなんですね。Chinaなどは気に
ならないそうです。
日本のような小国にどう呼ばれようとどう軽蔑されようと、大国だと
いうなら気にしなければいいのにね。

参考:劉傑「中国人の歴史観」(文春文庫)

26 :名無しさん:2000/04/19(水) 06:19
それだけ日本が大国になった、ということでは。

大国日本としては、途上国の隣国の訴えくらい、
「奴らは日本だけを差別している!!」なんてケツの穴の小さい事、いわないで、
認めてやってもいいでしょう。

「あ、そう。」てなかんじで。

27 :名無しさん:2000/04/20(木) 03:10
age


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)