5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嫌いな音楽評論家っていますか??

1 :宇野といえども中日ではない:2000/01/07(金) 17:19
宇野こうほうが大嫌いです。
アカデミー賞はヴァント&ブルックナー。
あー、またかい。ま、これは宇野さん一人の罪ではないが。
レコ芸1月号「なんというスケールの雄大さであろう。以前のヨッフムには決して見られなかったものだ」
以前のヨッフムって・・・とっくに死んでるじゃん、ヨッフム。


2 :すてねこ:2000/01/08(土) 12:16
∧∧
(・x・) >1
    宇野先生の辛口批評は好き嫌いがはっきりと
    あらわれると思いますが、私は好きな方です。
    同語反復の目立つ黒田恭一が嫌いです。
    こいつ、例えば「あなたのお勧めのCDを
    10枚選んで・・・」とか言われても、毎回
    「そもそもお勧めのCDとは何をして
    お勧めと言っているのか・・・」というような
    調子で本題に入るのが遅いのもイヤです。

3 :名無しさん:2000/01/08(土) 16:04
だいたい自分自身で芸術活動(創作でも演奏でも)やってない奴が人の作品や演奏にケチをつけて、それがおまんまのタネになるというのがどうにも納得いかないね。

たとえば自動車の教習所で、自動車運転できない奴から運転技術について偉そうなことを言われたら誰でも腹が立つだろ? ところが芸術家というのはそれと同じことをやられておとなしく黙ってるわけだ、たいていは。偉いと思うなー。俺にはぜったい真似できないね。



4 :3の追加:2000/01/08(土) 16:07
宇野は指揮活動もやってるけど、どだいプロの仕事と同列に置いて論じられるような代物じゃないでしょう。


5 :名無しさん:2000/01/08(土) 16:24
次あたりに嫌われそうな吉田秀和は、
けっこう好きです。
『私の好きな曲』(新潮文庫)の「ストラヴィンスキー『春の祭典』」の
文章とか、とてもいいです。

6 :>5:2000/01/08(土) 23:33
音楽についてまったく触れない音楽時評というジャンルを作った人(笑)

7 :名無しさん:2000/01/09(日) 03:23
>「そもそもお勧めのCDとは何をして・・・」
特定の人ではないんですが、↑とか、あと言い訳じみたこと(「このようなスペースで
全てを語るのは到底無理だが・・・」「1枚選べなんて無理難題だが・・・」など)を
書くような人は嫌いです。
批評対象には無理難題を言ってるくせに!

8 :>5:2000/01/09(日) 15:06
実は吉田翁、好きです。
LP300選とか真剣に読んでました。

9 :>2:2000/01/09(日) 15:50
ううーん、宇野さんの批評って「辛口批評」なんすか・・・。
えらく様式化されていて、全然批評じゃない!なんて思ってましたが。
オレは、数年前に
「ブルックナーでこんなことをやってはいけない、なんて民間療法みたいな音楽批評はもう沢山だ」
って言い放ってくれた山崎浩太郎さんのファンです。
「戦前のメトロポリタン歌劇場」みたいに、余り他の人が手を触れてないものを積極的に取り上げているから。


10 :長木誠司氏:2000/01/19(水) 14:42
はどうなのですか?

坂本龍一の画期的なオペラも批判してましたし、
この前の小澤さんのマーラーまでも批判してましたよね?

3の作者に同感。

11 :名無しさん:2000/01/20(木) 11:00
>10
批判するのは良いんじゃないですか?評論家なんだから。
大事なのは「どの点を、どのように批判するか」ということだと思います。
例えば宇野さんのように
「さすがはクナ、XXXXだ。それに比べてショルティは・・・」
というふうに
「自分が気に入っている演奏&演奏家を持ち上げるために、他の演奏&演奏家を完膚なまでに貶す」行為は、そのような行為自体が非難の対象になるでしょう。


12 :>11:2000/01/20(木) 21:03
あなたの言う通り。


13 :>9:2000/01/21(金) 09:57
山崎さんの「ブルックナー・・・」発言はよくぞ言ってくれたという感じですね。
ただ、あの人の文章を読んでると、作りすぎてるというか、なんか古臭い感じがします。
無声映画の弁士が喋ってそうな感じとでも言うのか・・・あと、「かれ」「かの女」とか。

昨日発売された「レコ芸」で、恒例の読者によるチョイスが載ってましたが、
やはり、いますね。宇野さんの子供達が。読んでて頭がクラクラしてきました。

14 :名無しさん:2000/01/21(金) 14:32
9です。
山崎さんの文章が大時代的だっていうのは分かります。
HMVの雑誌に寄稿してる頃が良かったんですけど。
「日本ではマリア・カラス以前のオペラ演奏について、ちゃんと知っている音楽評論家は皆無だ」
っていう意味のことを書いてました。
やはり新鮮でした。戦前のメトの話なんか特に。
レコ芸の連載も好きですけど、本当はメトの話を書きたいんだろうな、あの人。

15 :思うに:2000/01/25(火) 18:08
音楽評論家というのは、批評を加えることでその演奏者なりに助言
を与えて、よりよい作品・演奏を目指していただこうとしている
と思うのです。

しかし、よい作品や演奏というのは何なんでしょうね?
結局は個人の好みの問題になっちゃうと思うんですが。。。

16 :名無しさん:2000/01/26(水) 13:59
>15
やっぱし、良い仕事をしてる人は、誰かが誉めなくちゃいけないねってことでしょうか?
CDの売上だけが基準じゃあダメだよっていう。
ところで、その評論という仕事が、どのくらい評価されているのかは知らないが。


17 :ふらしっく:2000/02/07(月) 23:45
一昨年末に佐々木節夫さんが亡くなってしまったので、
信じて良いクラシックの評論家という人がいなくなりました。
どなたか推薦してくれないかな。

18 :レコ芸で:2000/02/08(火) 21:12
異彩を放っていた中野和雄さんはどうしていらっしゃるのでしょう。
協奏曲→「フリー」と担当が変わったと思ったら、あっという間に
消えていかれましたが。

19 :思い出した:2000/02/09(水) 01:17
http://www17.big.or.jp/~amezo_/clsc/で話題になっている
高本さん。この人、本当に評論家なのか?
招待券もらえなくてネットで騒ぐセンセイははじめて見たよ(苦笑)


20 :>19:2000/02/09(水) 14:29
先生じゃないって、こんなの。

宇野さんのCD購入枚数がレコ芸に出てたよ。
年間5枚だってさ。5枚だよ、5枚!
オレなんかより全然少ないじゃん。
つまり、あれですな。
レコード会社から「見本盤」ってことでダータで貰ってるんですな?
なんだ、高本さんと同じじゃんか、宇野さんも。

21 :>20:2000/02/09(水) 14:34
宇野さんのコメント(プライベート・ベスト5)。
クナの神々の黄昏(例のテスタメントで出たやつ)について、
「クナはやはり怪物」・・・笑ったね。
「最近ディスクを聴きながら、こんなに興奮、感動の極みに達したことはなかった」

自分の金で買ってれば、な。

22 :名無しさん:2000/02/10(木) 05:01
寺島靖国ってどう?

23 :名無しさん:2000/02/10(木) 05:32
白石美雪萌え〜。

24 :>23:2000/02/10(木) 15:39
あるCDの解説でマンボのことを「ジャズのリズム」と書いた
無能評論家だぜ。

25 :名無しさん:2000/02/10(木) 15:42
片山杜秀は?

26 :>25:2000/02/10(木) 15:47
ああ、オレ結構好き。
オタクとしての自覚があるところとか。

27 :名無しさん:2000/02/10(木) 22:55
やっぱり本物の評論は実作者じゃないとできないんじゃないかな。その意味では吉松隆なんかいいと思う。文章もうまいし。


28 :>27:2000/02/11(金) 05:58
実作者じゃあ、客観的立場に立てないんじゃない。
それに、文章が面白いのはいいけど、この人自作を
べたぼめするのがなあ。

29 :これ:2000/02/11(金) 11:20
よく、演奏が出来ない人が評論するのはだめだ、
と言う人がいるけど。
そうかな〜。
演奏は抜群だけど、文章や話が下手ってこともあるし。
一概に演奏出来ない奴は評論するな、というのは乱暴じゃないかな。


30 :浅田彰が:2000/02/11(金) 14:26
「自分は音楽について発言するときは、当該の曲を一通りピアノで
弾いてみることにしてる。ピアノも弾けない、楽譜も読めないやつ
が音楽評論家を名乗ってるのはナンセンス」とか言ってました。

31 :名無しさん:2000/02/11(金) 14:41
>一概に演奏出来ない奴は評論するな、というのは乱暴じゃないかな。

評論はすればいいと思うが、
演奏できない奴の評論は全く説得力がない場合がほとんど。



32 :>30:2000/02/11(金) 15:22
>>当該の曲を一通りピアノで弾いてみることにしてる。
またまた、浅田さんってば無茶言って・・・
ゴドフスキー編のショパンのエチュードでも弾けると?
っていうか、オレの場合、自分で弾いた後で、プロのCD聴くと
打ちのめされるんですけど。

33 :>30:2000/02/11(金) 16:07
どこで言ってたの?

34 :>30:2000/02/13(日) 02:24
浅田彰氏ってやはり楽譜が読めてピアノ弾けるんですね。
なにしろ、「天才ピアニストになって二十歳前に夭折するはず」
だったそうですから。

35 :>33:2000/02/13(日) 10:09
え〜と、記憶が定かではないのですが、以前『ユリイカ』のグールド
特集号での、坂本龍一との対談だったような。

>34
昔京大の学園祭で、誰ぞとジョイント・コンサートまがいの講演会を
やったことがあるとか。

36 :嫌腐:2000/02/13(日) 18:17
>32
同感!っていうか満足に弾けない曲が多すぎるため楽譜屋を潤すために
スコア買い込んでる状態です。

37 :名無しさん:2000/03/17(金) 12:07
許光俊もえ〜

38 :名無しさん:2000/03/24(金) 01:44
芸術家でない人が芸術家を批評する事について批判している
人には私は違和感を感じます
聴取するのも演奏するのと同じくらいの
芸術的行為だと考えているからです
音楽ではないが小林秀雄の存在を考えたらそれは一目瞭然ではないかと

ただし下らない音楽評論家が多すぎるのは否めないですが・・・
もっと勉強しろよって感じですね


39 :>38:2000/03/24(金) 14:34
同感。
評論家で勉強してないヤツ、多すぎ。
特に宇野!お前だ〜!!
おかげさんで
「ダメダメ評論家」と「ちゃんと勉強してる評論家」
の区別がつくようになりました。
宇野さん、ダメ過ぎ・・・

40 :名無しさん:2000/03/27(月) 16:29
>39
私も宇野功芳は嫌いです。私小説的ナトコが。
でも音楽学者が書くような批評より、
読む人を惹き付ける所が在る分ましだと思う。
お勉強小僧の長木誠司が嫌い。

41 :>40:2000/03/27(月) 17:18
 わたしは別に長木さんが嫌いというわけではないが、
基本的に「学者」が「演奏評論」する事には賛成しない。
 学者は「いい演奏」をするための、資料的・歴史的基礎付け
をするべき。業績は演奏評ごときではなく、手加減抜きの著作・論文
で示せ。「評論家」がそれをわかりやすくかみ砕いて万人に紹介
すればいい。
 最近は「評論家」のレベルもあがってきてるから(例外もあるが)、「学者」は
最先端の研究に専念してほしい。


42 :宇野功芳といえば:2000/03/27(月) 19:29
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6085/koho.htm

ここ、面白いと思ったんだけど、更新止まってますね。

43 :名無しさん:2000/03/28(火) 01:34
宇野功芳=サンダー平山

44 :>40@`41:2000/03/28(火) 02:19
でも長木さんのは著作にしても評論にしても役に立つ。特に全然知らない曲の場合。(私にはね。)

金子建志はどう? 場合によってはもっとお勉強小僧っぽいけど。

宇野、全然役に立たない。使命は終わった。もういいよ。(私にはね。)

45 :名無しさん:2000/03/28(火) 10:13
金子建志萌え〜
まにあっく。

46 :名無しさん:2000/03/28(火) 14:09
金子建志って声がすごくセクシーだね。でも顔はひょっとしたら不細工?


47 :名無しさん:2000/03/28(火) 14:23
金子建志↓
http://plaza28.mbn.or.jp/~ichikyo/ichikyo/kenjikaj.htm

48 :>42:2000/03/28(火) 14:48
>現在、音楽評論界で吉田秀和氏と双璧をなす

なしてないなしてない。

49 :名無しさん:2000/03/29(水) 06:38
遠山一行きらい。評論家というより評判家。

50 :名無しさん:2000/03/29(水) 15:27
遠山一行の息子がうちの大学で教授やってます。

51 :名無しさん:2000/03/29(水) 17:46
遠山景完

52 :早稲田大学万歳:2000/04/07(金) 14:02
あまり有名でないけれども、
長谷川武久が大きらい。

53 :名無しさん:2000/04/07(金) 16:50
長木誠司は許せない!
ロクに取材もせず、自分の思い込みと憶測だけで記事書く不届き者。
彼が営業妨害した音楽事務所の如何に多いことか。


54 :>53:2000/04/07(金) 19:25
高本さんですか?

55 :>53:2000/04/07(金) 19:44
高本がここでも誹謗中傷を始めるみたいだぞ。

長木さんは音楽学者。原稿の依頼が来る人。
高本さんは自称評論家。原稿の依頼もないプーな人。

この結末は、音楽事務所やオケ事務所に尋ねるまでもないでしょ。
何だったら尋ねたっていいけど。

56 :馬脚:2000/04/07(金) 19:49
ついに馬脚ばかりか鹿脚まであらわしたようですね。

このトピに「高本」って書かれなかったのは、誰も高本の事を評論家だって認めてないからなのですよ。

ところで、高本問題に関する議論は、
「招待券もらえないで怒る評論家高本氏」
のトピに集約ね。これ当然。


57 :>56:2000/04/07(金) 20:24
>ついに馬脚ばかりか鹿脚まであらわしたようですね。

爆笑してしまいました! いや〜、高本ってなんでこんなにバカなんでしょうね。

58 :馬脚2:2000/04/08(土) 15:04
また、長木一派でひとくくりにされるぞ。
自分に反するものは皆、長木派かいな?

59 :名無しさん:2000/04/08(土) 15:32
でも、業界で長木嫌いが多いって話は聞いたことある。
高本とは関係なくね。

60 :>59:2000/04/08(土) 17:57
歯が立たない人のやっかみでしょう。
明らかに力不足の長老物書きとかのね。
人脈(徒弟制度)系の評論家じゃないからね。
長老は子飼い以外には冷たいのよ。
下克上が嫌いなのよ。利権欲しいから。
この国の洋楽業界をダメにしてるこのシステムが、
評論業界もダメにしてるのよ。
カバン持ちやってつけ入ってきた評論家は大抵ダメ。

この話、高本とは関係なくね。
あいつは誰でも知ってるとおり、業界非認知のあくまで「自称」だから。

61 :60:2000/04/08(土) 18:14
 古楽(オリジナル楽器)の評論家はレベル高いよ。
 研究者が多いし、いわゆる「力不足の長老物書き」
も少ない。古楽ファンは演奏家には甘いが、評論家には厳しいからね。
だから、例えばオリジナル楽器によるベートーヴェン
を宇野氏あたりが論じると、一般の古楽ファン以下の
水準になって、非常に面白い。

62 :>61:2000/04/08(土) 18:27
あはは、常にお笑いコーナーと化す「宇野の古楽評論」。支離滅裂。

63 :名無しさん:2000/04/10(月) 02:22
渡辺和彦が嫌い。
技術については(特にバイオリン)小姑みたいに、ねちねち
あげつらうくせに、自分の書いてる文章がヒステリックで論理もない。

64 :名無しさん:2000/04/12(水) 09:35
>61
宇野は好きな人の公演じゃないと行かないんだと。
シロートと同じ。

65 :名無しさん:2000/04/12(水) 10:08
宇野氏って、もう結構なトシじゃなかったっけ?

66 :バーバラ>65さん:2000/04/12(水) 10:55
確か今年で70。間違ってたらごめんね。

67 :名無しさん:2000/04/23(日) 18:59
石原立教。こいつの下品で単細胞な文章、何とかならんのか。

68 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:26
ふかつ

69 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:41
許光俊どうよ。

70 :許光俊萎え:2000/04/25(火) 02:40
オペラのジャンル自体のカオス性や泥臭さ、さらには
ライヴの内在する熱気を全否定した上でオペラを評論するのは
本末転倒だと思うぞ。


71 :>69@`70:2000/04/25(火) 03:49
いいじゃん、場外乱闘。
ヒマつぶしの読み物としてサイコー!
よく知ってるのにズラして書いてるね。
本気にしちゃいかん、と思うのだ。

72 :ojyou:2000/05/04(木) 13:20
あんまり関係ないかも知れないけど小林亜星が「ある種の世界では「感動
させる音楽」よりも理論で相手を屈服させる「感心させる音楽」がはやっ
ている」といっていたような。他の話はかなり笑えたけどこれは一理ある
かも。だって数学のような共通性のある「感心させる音楽」の方があいま
いで移ろいやすい感性にもとずいた「感動させる音楽」よりも作曲家や学
者さんにとっては確実で長持ちするからいいんでしょうね。

73 :名無しさん:2000/05/04(木) 14:11
確かにあんまり関係ないみたいだね。
ところで、音楽が「確実で長持ち」ってどういう意味だ???


74 :名無しさん:2000/05/28(日) 13:25
洋泉社系は最初面白いと思うが、結構パターン化してつまらん。

75 :名無しさん:2000/05/28(日) 14:56
そうなんだよなあ。パレーとか再評価につながって欲しいのだが。

76 :名無しさん:2000/05/28(日) 15:05
私も宇野さん嫌いです。

彼自身の個人的な好き嫌いを論じるのは勝手だが、そのために
他の芸術家を貶めるのは止めて欲しい。
ケンプ・ポリーニ・ブロムシュテットなど、被害者の数知れず。

そもそも、感情的な好き嫌いを論じることしかできないのならば、
評論家を名乗るのを止めてくれ。


77 :名無しさん:2000/05/28(日) 15:33
9 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/18(火) 13:04

宇野のどこが嫌いかというとだな、
好き嫌いをハッキリ言うからではない。
自分が気に入っている演奏&演奏家を持ち上げるために、
他の演奏&演奏家を完膚なまでに貶すところだ。
その方法が下劣で目に余る、大嫌いだ!
嫌いな演奏があるのは一向に構わないぞ。
それならそれで、個別に論評してみろ、と言いたい。
どうせ「ブルックナーでこんなことはやってはいけない」みたいな
怪しげな民間療法みたいな論評しかできないくせに。
あと、やたら「ホルンが意味深く」なったり
「木管がチャーミングの極み」だったりするのが、嫌いだ。
あんなのただのマスターベーションじゃないか。
レコ芸の月評なんて宇野のマスターベーションを無理矢理見せられている気がする。
あんなのが「個性ある評論」という扱いになるのか?
ちなみにオレは喜多尾道冬を支持する。
浅学非才のオレには、「ムーサの贈り物」は実に勉強になる。

78 :名無しさん:2000/05/28(日) 15:34
9 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/18(火) 13:04

宇野のどこが嫌いかというとだな、
好き嫌いをハッキリ言うからではない。
自分が気に入っている演奏&演奏家を持ち上げるために、
他の演奏&演奏家を完膚なまでに貶すところだ。
その方法が下劣で目に余る、大嫌いだ!
嫌いな演奏があるのは一向に構わないぞ。
それならそれで、個別に論評してみろ、と言いたい。
どうせ「ブルックナーでこんなことはやってはいけない」みたいな
怪しげな民間療法みたいな論評しかできないくせに。
あと、やたら「ホルンが意味深く」なったり
「木管がチャーミングの極み」だったりするのが、嫌いだ。
あんなのただのマスターベーションじゃないか。
レコ芸の月評なんて宇野のマスターベーションを無理矢理見せられている気がする。
あんなのが「個性ある評論」という扱いになるのか?
ちなみにオレは喜多尾道冬を支持する。
浅学非才のオレには、「ムーサの贈り物」は実に勉強になる。


79 :78 or (9):2000/05/28(日) 15:38
しかし、オレはかつて宇野の文章で泣いたことがある。
そう、感動して泣いたのだよ。
バーンスタインがウィーン・フィルと録音したマーラー「大地の歌」。
そのライナーで。恥かしいよねえ。でも、中学生だったから。

80 :名無しさん:2000/05/28(日) 15:53
しかし、オレはかつて宇野の文章で泣いたことがある。
そう、感動して泣いたのだよ。
映画にもなった「濡れて打つ」。
恥かしいよねえ。でも、中学生だったから。


81 :名無しさん:2000/05/28(日) 16:46
それは「宇野」が違うだろ!

82 :>80:2000/05/28(日) 16:56
しかし笑えた。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)