5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

バロックorそれ以前のファン集まれ!

1 :阪京:2000/01/29(土) 06:34
ここって案外バロックとかルネッサンス期のスレッドがないんですね。
バッハ、バード、ダウランドのファンとかいません?

2 :名無しさん:2000/01/29(土) 13:21
おお!バロクーの人がいるんだな。
クリスティがスキスキです。
に、してもバードって深いですね・・・

3 :バッハは:2000/01/29(土) 15:25
除外したほうがいいのでわ。バッハファンと古楽ファンはずれるような
気がします。で、モンテヴェルディ「聖母マリアのための晩課」いかが
でしょう?古楽には比較的冷淡なかの宇野功芳先生も絶賛しておられ
ましたよね。

4 :ドルチシマ・ミア・ヴィタ:2000/01/29(土) 15:35
ルネサンスの声楽曲はストライクゾーンがすごく狭いから、
なかなか共通の話題にはなりにくいものがありますね。
ダウランドの5声のポリフォニーとか、斬新な和声進行は
現代でも新鮮に響いていいんだけどねえ。

5 :ぴねる:2000/01/31(月) 01:49
 今日(もう昨日か)、ブリュッヘン・18世紀オーケストラのバッハ「ミサ曲ロ短調」聴いてきました。

 いかにも古楽の演奏だったのですが、、
 ブリュッヘンの歩き方見てると明らかにパーキンソン病ですね、雑誌とかでそんなこと読んだことがなかったのでびっくりしました。

6 :阪京:2000/01/31(月) 05:13
レスついて安心した。おいらはバッハもビバルディもジョスカン・デ・
プレも大好きです。
モンテベルディ、「聖母マリアの夕べの祈り-聖処女の晩課」ももちろん
大好きです。



7 :名無しさん:2000/02/04(金) 14:59
>6
あ、良いですねぇ実演聴けて。
オレも聴きたいな・・・でも、パーキンソン病っていうのはショックです。
あのリコーダの獅子王が・・・。

8 :リコーダ:2000/02/07(月) 23:05
>5
ワタシもその日ブリュッヘン聴いていました。
本当にパーキンソン氏病なんですか?
ワタシ、ブリュッヘン大好きなんで、気になります。

9 :名無しさん:2000/02/10(木) 18:38
フレスコバルディ、パーセル、ジャン・フィリップ・ラモーなんかはどうでしょう?

10 :ブリュッヘン:2000/02/10(木) 20:59
そうですか。ご病気だったんですか。ヤバい薬に手を出してたって
聞いてたんですが。よかったよかった(で、いいのかな?)

11 :>9:2000/02/11(金) 16:37
ああ、そのへんツボですよ!
パーセルはデラーが沢山歌ってくれたなあ。
随分聴きました。
ラモーはね、最近インドの優雅な国々っていうオペラを聴いたんですけど、
「も、最高!!(クッキング・パパ)」って感じですね。

12 :阪京:2000/02/13(日) 01:41
ジョスカン・デ・プレとか、パレストリーナとかどうですか?

13 :ぴねる:2000/02/13(日) 01:53
 ジェズアルドって聴かはります?
 最近『大貴族・殺人者・前衛作曲家”ドン・カルロ・ジェズアルド”』(水原冬美/草思社)って読んでみたんですがとても面白かったです。貴族だってのは知ってましたが大公ってレベルの高位の貴族で叔父がナポリ大司教、彼が殺した相手も公爵だったとは知りませんでした。

 ブリュッヘンですがパーキンソン病は見た感じほぼ間違いないと思いますよ。座って指揮してたし、顔の表情も硬かったし、何よりあの歩き方!!

14 :阪京:2000/02/13(日) 01:59
>ジェズアルドって聴かはります?
わたしゃわりと好きです。あんまりCDリリースされてないのがたまに
きず。

15 :デデ:2000/02/13(日) 02:03
>ブリュッヘンですがパーキンソン病は見た感じほぼ間違いないと思いますよ。

そうですねえ。昔から前屈みで笛を吹いていましたけど・・・
本当に今回の演奏は、拍子を取っているだけど残念な結果でしたね。


16 :雅楽:2000/02/13(日) 22:43
W.バートの「三声部のミサ曲」素敵です。
とくに曲頭のキリエ合唱のうつくしさ!
天にものぼる心地です。

17 :阪京:2000/02/14(月) 02:31
>W.バートの「三声部のミサ曲」素敵です。
>とくに曲頭のキリエ合唱のうつくしさ!
>天にものぼる心地です。
同意見です。タリススコラーズ以外にお勧めCDありませんか?

18 :阪京:2000/02/14(月) 02:33
ブリュッヘンはCD持ってないなぁ。今度、買ってこ。デイビッド・マンロウ
みたいに早世しなきゃいいけど、ってだいぶ歳くってるだろけど。

19 :名無しさん:2000/02/14(月) 10:35
バロックリュートの大家、シルビウス・レオポルド・ヴァイスが
好きです。ちょっとマニアックですがギター弾きには欠かせないレパートリーです。

20 :阪京:2000/02/15(火) 05:39
>シルビウス・レオポルド・ヴァイス
おっ、珍しく、知らんなぁ。教えてちょうだい

21 :阪京:2000/02/15(火) 05:53
>フレスコバルディ、パーセル、ジャン・フィリップ・ラモーなんかは
>どうでしょう?
フレスコバルディ、あんまFMで、やってくれないですね。嫌いやないけど。
パーセル? オペラてあまりすかんな。モンテヴェルディのオフェリオも
いまいち好みやないし。
ラモーか? 案外、耳にしてへんな。

22 :ほかの板でもそうだけど:2000/02/15(火) 09:31
>フレスコバルディ、あんまFMで、やってくれないですね。嫌いやないけど。
>パーセル? オペラてあまりすかんな。モンテヴェルディのオフェリオも
>いまいち好みやないし。
>ラモーか? 案外、耳にしてへんな。

あなた、自分の好きな物を振るだけ振っておいて
他人の意見はないがしろにする人だねえ。
「俺の気にいる話だけしろ」と言っているように
見えるよ。

23 :>20:2000/02/15(火) 12:37
バロック時代、すでにリュートは衰退の兆しがあったのですが、ドイツだけは
リバイバル現象が起こりバロックリュートが結構盛んになったようです。
そんななかでヴァイスは宮廷リューティニストとして活躍し、J.S.BACHとも
親交がありました。その影響を受けてバッハが幾つかリュートのための作、編曲を
したとも言われています。
ドイツグラモフォンからナルシソ・イエペスが10弦ギターでバロックに挑んだ
”イエペス、バッハとヴァイスを弾く”というCDがあります。バッハについては
シャコンヌの熱演、後半のヴァイスはなんとも明るく軽やかな組曲が入っていて
これは超お勧め版の一つです。



24 :>モンテヴェルディのオフェリオ:2000/02/15(火) 13:08
オルフェオじゃないの?

オフェリアはハムレットのヒロインだと思うけど。

25 :モーゼ:2000/02/15(火) 13:45
アレグリのミゼレーゼはどうでしょう。
あの天空を突き抜ける、高音へのチェンジングはぞくぞくしませんか?
バードは3声がベストですが、4声はどうでしょう。
トーマス・タリスの作品、多声部ものの醍醐味は圧巻です。
昔40声というのを聴いたことがあります。
バッハは没後250年で、今年は大曲のマタイ、ヨハネ、ロ短調のコンサートがめじろ押し
ですが、モテットの1番、3番、カンタータ147番は捨て難いです。

26 :名無しさん:2000/02/15(火) 14:20
>>アレグリのミゼレーゼはどうでしょう。
ミゼレーレ、ね。CDGIM339ざんしょ。

27 :モーゼ:2000/02/15(火) 14:36
26>そうでした。レでした!!!

28 :名無しさん:2000/02/17(木) 00:02
お〜、バロックだ!
盛りだくさんすぎて何から書いていいかわからへん!(沈没)

29 :阪京:2000/02/17(木) 01:15
>あなた、自分の好きな物を振るだけ振っておいて
>他人の意見はないがしろにする人だねえ。
>「俺の気にいる話だけしろ」と言っているように
>見えるよ。
そらえらいすんまへん。
>オルフェオじゃないの?
そうでした。失敬。
>アレグリのミゼレーゼはどうでしょう。
>あの天空を突き抜ける、高音へのチェンジングはぞくぞくしませんか?
>バードは3声がベストですが、4声はどうでしょう。
>トーマス・タリスの作品、多声部ものの醍醐味は圧巻です。
>昔40声というのを聴いたことがあります。
>バッハは没後250年で、今年は大曲のマタイ、ヨハネ、ロ短調のコンサートがめじろ押し
>ですが、モテットの1番、3番、カンタータ147番は捨て難いです。
ミゼレーレいいですね。バードは3声〜5声とグレイトサービスがお気に。
タリスは勉強不足だな。CD屋行って仕入れてこー。
バッハは楽しみです。カンタータはBWV4@`106@`147@`26あたりかな。



30 :名無しさん:2000/02/17(木) 15:50
アルビノーニのオーボエ協奏曲が好きなんですが駄目でしょうか?

31 :阪京:2000/02/18(金) 01:36
>アルビノーニのオーボエ協奏曲が好きなんですが駄目でしょうか?
おいらも好きです。Op.9

32 :名無しさん:2000/03/02(木) 14:05
オレ、あの曲の魅力がイマイチ分からんのよ。
誰の演奏で聴いてるか、教えて貰えますか>30,31

33 :名無しさん:2000/03/04(土) 02:35
ブクステフーデとかはどうですか?

34 :>33:2000/03/04(土) 03:01
 をおー、ブクステフーデ!この掲示板でこんな話題が出るとは・・・
 オルガン曲全集で聴きましたが、初期のバッハと見分けつきませんよ。
カンタータは今のところ、1枚だけ。でもいいっすよ〜

35 :阪京:2000/03/04(土) 04:31
>32
>誰の演奏で聴いてるか、教えて貰えますか>30,31
ありがちだけど、イ・ムジチ
>33
>ブクステフーデとかはどうですか?
割りに好きですが、CD持ってません。お勧めあったらお願いします。

36 :34:2000/03/04(土) 05:55
 オルガンはアブリゼル。ただし廃盤。何とかしてくれ、ハーモニック!
 カンタータはインマゼール。最近コープマンがたくさん出しているが、
出来映えは知りません。

37 :阪京:2000/03/04(土) 21:43
>36
ありがとうございます。あした見に行こーっと。

38 :名無しさん:2000/03/06(月) 23:23
ゼレンカとか好きなんですが。
お勧めの演奏ありませんか?

39 :名無しさん:2000/03/07(火) 01:26
ひょっとして、BCJのマニフィカト聴いたの?
まあ、あれはいい演奏だけど。ゼレンカって、何回も聴いてると飽きがくると思うんだけど、
根強い支持者がいますよねえ。
 曲はいろいろあるけど、「レクイエム」なんてわりと好きです。
コルボのちょっとふるい録音(80年代中頃)がいいけど、まだ手にはいるのかな?


40 :もつ:2000/03/07(火) 22:09
もっと古楽の話をしましょうよ。

ワタシ最近ムジカ・アンティクワ・ケルンを聴いていますが、
おすすめはなんでしょうか。


41 :グールドとか...:2000/03/08(水) 00:12
Byrd(Byrde)の鍵盤曲がいい。
ピアノがまたいい。
Ashton's Grounde とか...

42 :名無しさん:2000/03/08(水) 01:34
アンティクワ・ケルン・・・
 フーガの技巧が有名だったっけ?わたしはようしらん。
グールドのバード・ギボンズのヴァージナル作品集はいいですね〜
でもレオンハルトあたりで基本をしっかり押さえておいてね。
阪京さん、ブクステフーデどうでした?
 じゃあ、また。
 

43 :>40:2000/03/09(木) 17:19
MAKって80年代の方がトンガってましたよね。
2,3年前実演聴いたけど、ちょっと大人しくなったように思います。
やっぱ、分離しちゃったのが効いてるのかな・・・

44 :>43:2000/03/09(木) 21:08
 イタリアの新しい団体やベルリン古楽アカデミーなんかができて、
インパクトなくなってきたね。

45 :阪京:2000/03/12(日) 19:17
>阪京さん、ブクステフーデどうでした
残念ながらおすすめのやつ売ってなかったです。こんどまた探しに行きます。

46 :中世の:2000/03/13(月) 03:01
ドイツの吟遊詩人、オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインとかはどうでしょう?

47 :名無しさん:2000/03/13(月) 03:45
 >45 録音新しかったらはずれは少ないよ。インマゼールはうまくいけば
600円くらいで手にはいるから奨めただけ。
 >43 あそこが昔からメンバー安定しないのはゲーベルのせいですね。
良くも悪くも個性的だから。
 >46 中世のドイツ・・・ドイツはバロック以降しかわからへん。
で、このひと、CDあるんですか?


48 :雅楽:2000/03/22(水) 01:19
H.シュッツ、心にしみる音楽です。J.S.バッハのちょうど100年前
ドイツ30年戦争で荒廃したドレスデンで活動したドイツバロックの出発点
に位置する作曲家です。簡素な編成による研ぎ澄まされた音楽(長い戦争の
ため音楽家が激減したので必然的に小編成となる)、’神’への真摯な想い
(長い戦争のため生きていくこと自体が大変な時代だった)、感動します。
「十字架上の七つのことば」「レクイエム」「クリスマス物語」・・・
淡野弓子さんがシュッツ合唱団を率いて日本国内のみならず海外でも
活躍されています。世界的なシュッツ復興運動にもおおきな貢献をされたとの
こと。意外と我が国とも縁が深い作曲家なのです。

49 :名無しさん:2000/03/22(水) 07:08
ああ、シュッツ・・・
ヘレヴェッヘ盤、さいこ〜

50 :名無しさん:2000/03/23(木) 03:38
マショーはどうでしょうか?
厨房時代、初めて聞いて、教科書に載っているもの以外でも
すごいのあるんだと思いました。

51 :名無しさん:2000/03/23(木) 14:20
マショー凄いっすよね。
オレもノートルダム・ミサの変な和声に吹き飛んだ一人です。
あと、ペロタンとかね。

52 :>50:2000/03/23(木) 18:09
 お〜マショー!!
ハーモニックの「ノートルダム・ミサ」、聴いてね!
あの和声は、ルネサンス以降の音楽では聞けないですね。
中学の教科書の音楽史ははっきり言って、詐欺ですね。

53 :名無しさん:2000/03/23(木) 23:58
おお。スバラカなスレッドですな。

>阪京さん
バードの3声のミサ、良いですよねえ。
タリススコラーズの演奏も素晴らしいですが、
ヒリヤードアンサンブルの演奏も素敵ですよ。オススメ。

私のお気に入りはルイス・ミランのエル・マエストロ。
それから最近ピッファロという合奏団がお気に入りです。ぞくぞくします。


54 :>50〜52:2000/03/24(金) 00:21
ましょ〜〜〜〜〜(木亥火暴)
私はこれでトリップしてしまいます.

55 :匿名希望:2000/03/24(金) 00:41
BIGLOBEに問い合わせても無駄です。
私は既に再三問い合わせました。
誹謗中傷に関しては、被害者本人が異議を申し出ない限り、それには当たらないというのが、私がBIGLIBEから頂いた返事でした。
もうこの掲示板に書き込みをしないつもりでいました(詳しくは言えませんが事情があるのです・・・。高本氏の出方によってはこちらの対応を変えなければなりませんが・・・。)が、%

56 :匿名希望:2000/03/24(金) 00:44
失礼しました。
55番の記事は投稿するスレッドを間違えました。
ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

57 :阪京:2000/03/24(金) 01:13
>ドイツの吟遊詩人、オスヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインとか
>はどうでしょう?
たいてい、名前くらいは聞き知ってるのですが、これは知りませんでし
た。近ごろ、勉強不足ですみません。
>H.シュッツ、心にしみる音楽です。
3Bに比する3Sと言う割りにいずれの御方もあまり耳にすることがないで
す。一度、CD買ってみます。
>マショーはどうでしょうか?
マショーあたりになると、ちょい最近はFMでさえも耳にしてないです。
近ごろはMJなどという技術誌しか購読してないもので、最新の演奏家
の情報にも疎いです。ノートルダム・ミサですか? 今度、トライして
みます(昔、FMで聴いたはずですが、記憶が薄れてます)。
>ヒリヤードアンサンブルの演奏も素敵ですよ。オススメ。
スケベなのか、タリススコラーズの女声の方が好みだったりして(ワラ
でも、ヒリヤード・アンサンブルも好きです。
>私のお気に入りはルイス・ミランのエル・マエストロ。
>それから最近ピッファロという合奏団がお気に入りです。ぞくぞくします。
それはいいことを聞きました。




58 :名無しさん:2000/03/24(金) 14:40
古いんですけど、パニアグアが好きなんです。
いや、ミランの話題が出てるから、ちょっとスペイン古楽系ってことで。

59 :>58:2000/03/24(金) 16:04
 ヴィクトリア萌え〜

60 :阪京:2000/03/26(日) 00:41
>58
スペイン古学系は詳しくないです、私は。友人に、「古学がええで
〜」とずっと言ってたら、その友人はスペイン古学系に走ったよう
ですが、東京在住なんで、その後は聞いてません。

>ヴィクトリア萌え〜
私はレクィエム萌え〜ですが、他のミサ曲は出てるのでしょうか?

61 :名無しさん:2000/03/31(金) 18:08
シュッツ・・・ファンがいるんすね(涙)
聴いてるとなごみます。一番好きなのは「わが子アブサロムよ」です。
ムジカリシェ・エクセークヴィエン(ドイツレクイエム)も好き。

もっとブレイクしてもいいと思うんだけどなあ・・・

62 :名無しさん:2000/04/01(土) 04:25
学生時代、「四大元素」なる曲があったような。
アルヒーフで出たと思うのですが、この曲、メジャーに
なったんですか?
当時のコピーでは、ストラビンスキーを超えた、なんていわれて
たのですが・・・

63 :名無しさん:2000/04/01(土) 16:50
賢王アルフォンソのカンディガって、後白河の梁塵秘抄に通じないか?

64 :阪京:2000/04/01(土) 20:26
>62
ステレオ誌あたりに広告出てたやつでしょか?
メチャメチャ大昔ですね。その頃はガキでクラシックファンでも
なかったからなー。
>63
んん? 聞いたことあるような、ないような

65 :>62:2000/04/01(土) 20:45
 ルベルの「四大元素」のこと?
 数年前に東京で公演がありましたよ。
いまではフランスバロックの主要レパートリー
の一つです。

66 :>61:2000/04/01(土) 20:47
 シュッツ、結構人気でてると思うんですけど。
まあ、ちょっと曲想が暗いから、ブレイクするところまでは、
いってませんが。

67 :阪京:2000/04/02(日) 17:29
>66
シュッツ。おすすめCDがあったら教えて下さいませ。
墨絵の世界という「マタイ受難曲」だったら、うれしいなー。

68 :阪京:2000/04/02(日) 19:52
あ、それと大昔にクリネクスティッシュのTVCMで使われてた、フレスコ
バルディの曲について知っている人がいたら、教えて下さいませ。
トッカータだったかな? けど、声楽曲でトッカータいうことはないか・・・



69 :>67:2000/04/02(日) 21:16
 フランス・ハルモニア・ムンディからヘレヴェッヘが2枚ほど
出していて、このあたりが基本ですね。
ちなみにリヒターのデビュー作はシュッツの ムジカリシェ・エクセークヴィエン
です。
「マタイ受難曲」は私も探しているのですがCDあるんでしょうかねえ。
クリネックスの件は知りません。


70 :>69:2000/04/03(月) 01:31
マタイ受難曲はポリドール(ロンドン)から出てますよ。
ノリントン指揮のシュッツ合唱団です。

71 :雅楽:2000/04/25(火) 01:08
マショー出てますね。同じギョームでデユファイはいかがですか。
ブルゴーニュ・フランドルの区分はともかくイタリアの影響を受けた
伸びやかな明るい曲想は今でも新鮮です。デユファイ音楽の魅力を
教えてくれたD.マンロウに感謝。

72 :名無しさん:2000/05/07(日) 03:32
ローレンス・キング萌へ〜

73 :>65:2000/05/10(水) 02:25
「四大元素」って、結構出てますよね。
お薦めってあります?


74 :阪京:2000/05/27(土) 16:39
>デユファイ音楽の魅力を教えてくれたD.マンロウに感謝。
交通事故で早世しちゃった。実に残念。ブルゴーニュ学派はヘンに
浮かれたように明るくていまいちなじめんかったけど

75 :名無しさん:2000/05/27(土) 22:26
>69
HMFならヤーコプス演奏のクリスマス物語も捨てがたい。

76 :名無しさん:2000/05/28(日) 00:23
シュッツは「十字架上の7つの言葉」(SWV478)
が凄いです


77 :阪京:2000/05/28(日) 03:49
>76
素朴な疑問
Eli@` Eli lama asabthani
以外の3っつをおせーて。

78 :>75:2000/05/28(日) 10:56
クリスマス物語はシュッツ入門としては最適だね。

79 :名無しさん:2000/05/28(日) 13:01
タリススコラーズ萌え〜

80 :名無しさん:2000/05/29(月) 11:35
おお!タリススコラーズはいいですなあ。
ルネッサンス期の合唱曲って、なんか良い。

81 :阪京:2000/06/04(日) 03:10
わいもタリススコラーズ萌え〜。ディビッド・マンロウやカルル・リヒター
みたいに早い目に神に召されんといてやー。ピーターはん

82 :名無しさん:2000/06/06(火) 17:21
バッハの息子カール・フィリップ・エマヌエールの曲で
D#2 C2 D#2 G2 C3 D#3 D3 C3 B2 G2 B2 D3 G3 F3 D#3 D3
D#3 C3 D#3 G3 C4 D#4 D4 C4 D4 C4 B3 A3 G3 F3 D#3 D3
という出だしで始まる鍵盤の曲があるんですがこの曲の名前
知ってる人いましたら教えてください。
(リズムは均等、数字の大きいほうが高い音です)
バッハの息子ってバッロクになるんでしょうか?違ってたらここに書く
事じゃないかも知れませんがお願いします。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)