5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チャイコフスキー

1 :チャイコフスキー:2000/01/29(土) 16:04
俺について語れ

2 :ホモ:2000/01/29(土) 17:47
ホモ

3 :名無しさん:2000/01/29(土) 18:52
(^O^)ホモ

4 :sage:2000/02/07(月) 06:24
生水には気を付けよう。

5 :Chopin:2000/02/11(金) 00:31
主題の作りは結構好き。
でも、和音が単純。
いまで言う、映画音楽みたいのが多い。
その分思いきり演奏できる。
音楽家というより芸術家。

6 :壇ふみ:2000/05/18(木) 11:33
萌え〜

7 :通りすがり:2000/05/18(木) 17:51
>5 映画音楽みたいのが多い。

そりゃ逆。映画音楽を作る人がチャイコフスキーの
まねをした。

8 :名無しさん:2000/05/18(木) 18:24
>5、7
オーケストレーションをまねしてるんだ。よく鳴るんだよ。
リムスキーコルサコフ、ブラームスから続く系譜だ。
演奏して気持ちいい。

9 :>8:2000/05/18(木) 19:39
> 演奏して気持ちいい
そうか、、、オレはひたすら恥ずかしいぞ。

10 :脳天気:2000/05/19(金) 10:33
9>恥ずかしいの、よくわかる。紙一重だ。
悲愴のドラで大笑いししたことがある。
俺はでかい音を出していれば幸せな脳天気ラッパ吹きだ!!
ははは。

11 :>10:2000/05/19(金) 11:02
オレも金管吹き。
4番・5番の金管の譜面を見ると、
「ロシア人って食ってるもん違うな」っていうか、
やっぱこのパワーってロシア人じゃなきゃ出せんだろうな…って気になる。


12 :名無しさん:2000/05/19(金) 14:42
>「ロシア人って食ってるもん違うな」っていうか、

って言うよりか、たいしたもん食ってもいないのに、なんでそんながむしゃらに
デカイ音出す事だけに命賭けてんの? …って気になる。



13 :>12:2000/05/19(金) 16:14
そりゃちゃうわ。
あんたもロシアオケでのチャイコのSymの実演聴いてみろや。
やっぱり日本人じゃこの世界は、完全には表現不可能なんだなって感じるから.


14 :名無しさん:2000/05/19(金) 19:17
ロメオとジュリエットをカラヤンの演奏で聞いて見ろ。
やらし〜い、ねちっこいセックス描写そのものだぞ。
カラヤン、滅茶苦茶うまい。一緒にいけるぞ。アシケナージ、へたくそ。
高校生のオケを指揮していてこのことに気が付いて、困っちまった。
音楽の通りに演奏しようとすればするほど、自分のセックスを表現
しちゃうんだよ。だから、そこそこにやっといたよ、高校生相手に。

15 :>14:2000/05/19(金) 19:27
チャイコはホ○だから、ア○ルセックスだな(ワラ

それは置いといて、カラヤンのロメジュリは確かに最高だ。
アシュケナージ、早すぎ。早漏のロメオだな。

16 :>15:2000/05/19(金) 19:33
じゃあチェリビダッケのはさながら、超絶倫のロメオっていったところですか(藁

17 :>13:2000/05/19(金) 21:31
そりゃちゃうぞ。

へへへ



18 :脳天気:2000/05/19(金) 21:59
なに人だから、とか、食い物が云々っていうのほんとうざいよな。
志鳥栄八郎@スモンでおわりにしてほしいよ、まったく。

脳天気なラッパ吹きは、どんな曲でもラッパが格好よきゃいいんだよ。
ラーメン食って、カレー食って、エイジアン顔で、バリバリ吹きまくりさ!!
いいじゃねぇか。チャイコ好き〜、なんっちゃって。


19 :名無しさん:2000/05/20(土) 04:34
この前、うちのアマチュアオケでチャイ5をしたんだけど、
やっぱりチャイコはいいね♪

チャイ5は、チャイコの”運命の交響曲”って言われるけど
本とにそうだと思ったよ。
2楽章の”運命からのつかのまの開放・やすらぎ”。
これがチャイコの理想の世界なのかな〜。という感じでした。


20 :>11:2000/05/20(土) 09:47
だいたい、露西亜のオケのメンバーなんて、まともな食いもん食ってるのか???
日本人のミュージシャンの方がよっぽどいいもん食ってるはずだぞ。


21 :>11:2000/05/20(土) 09:48
だいたい、露西亜のオケのメンバーなんて、まともな食いもん食ってるのか???
日本人のミュージシャンの方がよっぽどいいもん食ってるはずだぞ。
例えが悪い。



22 :名無しさん:2000/05/20(土) 10:21
岩城宏之の「悲愴」の過剰なセンチメンタリズムは、
欧米人には絶対真似できないって聞いたけど(つーか、本人が言ってた)
ほんとかな。誰か聞いた人いる?

23 :>22:2000/05/20(土) 20:04
「欧米人」って範囲広すぎだろ?こういう杜撰な物言いが厭なんだよ。
自分で聞いてもいないくせに。誰かが書き込んだら、それを自分の意
見みたいに言おうと思ってるんだろ。せこい。

何人だからどうだっていうの、いい加減やめてくれ。


24 :名無しさん:2000/05/21(日) 11:54
ロシア人はとっても腋が臭いです
鼻が曲がります

日本人は醤油臭いです

メキシコ人はみんな腋臭が臭いと思ったら、
それはチリの臭いでした


25 :名無しさん:2000/05/21(日) 12:06
派手な旋律ではナンバー1かも知れませんね。

チャイコが好きと言うと何か子供じみたような感じがして恥ずかしい時も
ありましたが、今では堂々とチャイコが好きと言えます。

26 :名無しさん:2000/05/21(日) 15:31
何人はなになにという、ステレオタイプ偏見ジョークは好き。
やってよし。

27 :名無しさん:2000/05/21(日) 16:42
でも、ヴァントのチャイコフスキーとか、
ムラヴィンスキーのブルックナーとか聴くと、
やっぱりドイツ・オーストリア音楽とロシア音楽は
相性悪いなって思うよ。
まあ、指揮者というよりオケの違いなのかもしれんけど。

28 :名無しさん:2000/05/22(月) 05:46
ロシアもんだけはロシアのオケじゃ聞きたくないな。
理由:ヘタだから



29 :名無しさん:2000/05/22(月) 09:51
評論家には酷評されるけど、大衆には愛されるってところが、太宰治や
庵野秀明みたい。すぐイジケやすい性格なところも、ソックリ。

30 :名無しさん:2000/05/22(月) 11:00
バレエ音楽作品が好き。
チャイコフスキー独特のヘミオラワルツが、どれこもれも素晴らしく
洗練されている。彼の美意識は、超一流だ。
>27さん、「ドイツ・オーストリアとロシア」と大きくくくらず、
個別の、指揮者、オケの違いと捉える方が実態にあうと思いますよ。
なるべく先入観を持たないで聞きたいものだと思うので・・。

31 :>22:2000/05/22(月) 15:55
仙台フィルで聴いたことあるけど、過剰なセンチメンタルというのなら
コバケン・日フィルの5番の方が上だと思いました。
あと、ロイヤルクラシックで出てる、バルビローリの5番も、相当過剰
なセンチメンタリズムだと思いますけど。

32 :過剰だと:2000/05/23(火) 07:57
不愉快なの?それとも良かった?

33 :31:2000/05/23(火) 09:14
個人的には過剰な演奏は好きです。

34 :過剰だと:2000/05/23(火) 09:42
面白いよね。チャイコはやりすぎてかまわない・・と。
俺もそう思う。

35 :名無しさん:2000/05/23(火) 10:33
そもそもffffとかppppppとか、
作曲者自身の指示が過剰な場面もあるし。
むしろ楽譜に誠実に取り組むと、結果的に
過剰なセンチメンタリズムになっちゃうのかも。


36 :作曲者が:2000/05/23(火) 11:30
もともと過剰だと・・・。なるほど。
実りのあるスレの展開ですね。

37 :>36:2000/05/23(火) 12:48
けどね、スコア見てると結構細かい事やってるんですよ。
同じフレーズを同じ楽器の組み合わせで二度繰り返すのに、
二度目は片方の楽器だけダイナミクス変えるとかね。
だからffffとかppppppとかは過剰な指示というより
奏者任せにしない細やかな指示と見るべきだと思います。

なもんでチャイ5は小澤の演奏なんか個人的には大変興味深いです。

38 :>37:2000/05/23(火) 14:12
DG盤ですか?某クラシック専門CD屋のオヤジが「お茶漬け的解釈」って言ってました。過剰さと対極って意味なんでしょうけどね。

39 :ボク、まだ子供だから:2000/05/23(火) 19:46
あんまし難しいコトは分かんないです。でもチャイコのオジさんは大好きです。
4番の最後なんか特に好き〜。賑やかだし速いから。
耳寄り情報。ムラヴィンスキーは死んだ僕のおじいちゃんとお顔が似てます。

40 :過剰な:2000/05/23(火) 20:40
36ですが、>37さん>38さん
作曲者の指示を過剰に実現していくと、過剰の対極になってしまうと・・。
面白い。
いわゆる「ロシアのオケ」の金管楽器の人たちは、過剰な体重、過剰な音量
が特徴ですね。チャイコフスキーを演奏するのにはふさわしいのかな?
節度あるチャイコフスキーはどんな感じでしょう。つまんないかな?

41 :>39:2000/05/23(火) 20:42
ムラヴィンスキーの顔は、確かに郷愁をそそられるね。
おっかないところも懐かしい。

42 :名無しさん:2000/05/23(火) 21:56
おいらはチャイコと言えば、やっぱりストコフスキーが一番好きだ。
特に5番。クドさの極致。

43 :名無しさん:2000/05/23(火) 22:31
ストコフスキーといえばシェエラザードもまたクドくて・・・・
っていかん、ここはチャイコのスレッドやん。
メンゲルベルグ/BPOの5番なんかどうでっしゃろ?
終楽章なんて、シロウト耳にも分かるカットの嵐。やりすぎや。

44 :42です:2000/05/23(火) 22:50
おいらメンゲルベルクの5番はACOのしか持ってない(泣)。
でもこれもエエよ、相変わらずカットありだけど。弦、ポルタメント
かけまくりでイヤラシサ大爆発してます。でもチャイ5の場合やりすぎ
る位でないと面白くないんだなあ。茶漬けチャイ5はつまんない。

45 :そうかな?:2000/05/24(水) 09:06
でも交響曲の様式美って重要だと思うが…。
スコアみながら聴くと考え変わるかもよ。


46 :42,44です:2000/05/24(水) 10:46
おいらスコア見ながらも聴くよ。だって前アマ・オケの指揮してたし。
ストコの曲いじりなんか良く解るので、ある意味参考になります。
音符改変なしだとヤッパ、コバケン最高(チャイ5)。

47 :そうなんですか:2000/05/24(水) 12:05
だとしたら趣味の違いという事で。
私は最近の原典主義の音楽が好きなもんで指揮者が大幅に曲の改変をするのは好きでは無いのです。

48 :46:2000/05/24(水) 12:27
あ、でも誤解しないでね。改変主義ではないです。ほとんどの曲は
いじりません。ブラームスなんか怖くて触れませんよ、音楽観が
一変しますから。

49 :名無しさん:2000/05/24(水) 18:36
昔、なんかの本で読んだ事あるなぁ。
チャイ4の3楽章の演奏の解釈で、
ムラヴィンスキーはチャイコの意図に沿っていじってて、
ストコフスキーは指揮者の気分で好き勝手いじってるって。
で、最近トスカニーニはどうよ?<知るかぃ

50 :名無しさん:2000/05/24(水) 22:54
ベートーヴェンで終わっちゃった交響曲の様式を、チャイコは自分なりに
ちゃんとやりたかったんだな。5番の終楽章のとってつけたような凱歌に、
苦しんだけど努力してハッピー!っていう脳天気な世界観を無理やり作っ
ている。その結果、とても通俗的な曲になった。好きな人は多いと思うけ
れど。私は、演奏するのはいいけれど、好んで聞く気がしない。
6番は、負けたままでもいいんだ、と諦めたとたん、すごい曲になった。
あれ書いたら、死にたくなるよな。でも、様式感は無いだろ?怒濤のよう
にひたすら流れ去っていく。そこがすごくいい。チャイコの本質が現れて
いる。6番、演奏するより聞くの、好き。

51 :名無しさん:2000/05/25(木) 00:32
マゼールのチャイコ4番すごいえぐい。
クリーヴランドと入れてる方は特にね。

>43、44
カットと言えばロジンスキーもやってなかった?

52 :名無しさん:2000/05/29(月) 12:07
NAMIで出ている小泉/九響の5番って、けっこう盛り上がって好き
なんですが。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)