5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

バッハ無伴奏バイオリン

1 :ウイリアム:2000/02/13(日) 16:44
クレーメルの演奏は危機迫るというか
脅迫神経症的演奏で大好きなんです。
特にシャコンヌでもアルペジオの連続の
所で天にも昇るような感覚を呼び込みます。
他にいいのはないのでしょうか。
生演奏で聴いたフライクペーターツインマーマン
のリサイタルでも失神しようになりました。

2 :ウイリアム:2000/02/13(日) 16:48
ツインマーマンのCDは出てないのかな?
生で聴いたなかでは最高だったんですよ。

3 :P・G:2000/02/13(日) 22:45
クレーメルの無伴奏ソナタ第3番のプレリュードの弾き方があんまり好きでない。



4 :もつ:2000/02/14(月) 04:00
昨年ワタシが聴いたCDのベスト10にも入るのですが、
レイチェル・ボッジャーのバッハ無伴奏バイオリン・ソナタ&パルティータ、
おすすめです。
古楽器なんですが、この人、凄いテクニシャンですね。
本当に気持ちのいい演奏です。
(東京エムプラス・CCS12198@`14498)です。
騙されたと思って、いや、騙されて下さい。


5 :ブアイオリンマン:2000/02/14(月) 12:26
♪楽譜について・・・見ながら聴くと発見があるだ。
ポケットスコア
・旧バッハ全集版 Lea Pockett Scores社(L.P.S.35)
 無伴奏チェロも同梱。印刷不鮮明。誰か(多分、奏者)の書き込みが印刷されていたりする。
・新バッハ全集版 音楽の友社-BARENREITER
 一番手に入りやすくかつ見やすい。BARENREITER現物輸入版は表紙がこげ茶で硬いのに、
  音友版は黄色でペラペラ。
実用版
・自筆譜面の全曲写真製版 Inter National CO.社
 ガラミアンのモダンなボーイングと指がついていた実用譜の付録として。
 バッハの手蹟が拝める。非常に丁寧、このまま演奏に使うために書いたのがよく分かる。
 パルティータ6番のガボットにバッハ自身の指使いがちょこっと書き込んであったりして、
 やっぱ、あの人もここで苦労したのかい・・・と感慨。
・ほんとに使える実用版 Schott社
 シェリングのボーイングと指。アーティキュレーションも点線の弧なんか使ったりして
 精密。ただし、ギュンター・ケ−アの付けた古楽奏法の文章とはマッチしていない。
時代遅れ版
・ペータース版
 古本屋(楽譜の)でよく見るヨアヒム版。譜尾の書き方がキライ。指も奇数ポジション偏重。
 ぼくは買わなかった。ペータースでオイストラフ版もあったかもしれない。

6 :ブアイオリンマン :2000/02/14(月) 17:23
訂正と補足。↑>5パルティータ6番は3番。
変り種版紹介
・バッハ自身によるリュート編曲版 全音楽譜出版社「バッハ・リュート作品集」
パルティータ3番と無伴奏チェロ組曲5番全曲とバイオリンソナタ1番のフーガのリュート編曲。
リュート版ではコードが補完されてされていて聴きやすい。演奏例:ルッツ・キルヒホーフCSCR8378〜9。

 ぼくは「無伴奏」の全曲リファレンス(音色でなく曲を聴く用)として、山下和仁のギター演奏をおし
ます。バイオリン:CRCC-7001〜2、そしてチェロ:CRCC-7003〜4。
理由のとして、バッハは決してVnやVcで譜面通りの演奏を望んだわけでなく、どんな名人の演奏でもポリ
フォニーが聞き取りにくいからです。
 偽バッハ弓を用いたルドルフ・ゲーラーのBVCE-38015-6を聴いてもそう思いました。「無伴奏」は平均率と
同様、鑑賞用というより、弟子に免許皆伝を与えるための試金石・エチュードとして作られたのでしょう。
例としてソナタ三番フーガ158小節目には四声部内にオクターブが2つあり、これは、左手にもう1本指が必要ですが、
バッハは承知の上でこれを書いたのです。つまり、厳密に譜面通りの演奏しろ、というのでなくリアリゼーションを
工夫しろ、というのでしょう。というわけで、Vn、Vcの「無伴奏」は大概苦しげです。山下和仁のギター演奏版は、
バッハ本来の持ち味である和声とポリフォニーが明快で、Vn/Vcよりバッハ的に聴こえます。

7 :名無しさん:2000/02/14(月) 19:50
なるほどね。素晴らしい意見ですね。
ギターもいいですがピアノ版はどうですか?
キーシンが弾いたものをFMラジオで聴いたことがありますが
大変明快で面白かったです。


8 :ブアイオリンマン :2000/02/14(月) 20:51
>7 ピアノ版って、シャコーーンヌだけでしょ。これのピアノ版は
ニコライエワ演奏しか持ってませんが、大スキです。キーシン君演奏とやら
ブゾーニ版でやってませんか?バッハもびっくり!の大音量、エキスプレッション
過剰の。でも、これもこれでスキです。ちなみにチェンバロなら、レオンハルトが
全曲編曲・演奏しましたが、一番つまらなかった。CD化されたかな?
シャコンヌなら、その話題だけで1スレッド欲しい。もう、あったっけ?



9 :名無しさん:2000/02/28(月) 15:49
演奏会でクレーメルがシャコンヌだけ弾いてくれたことがあって。
あれはよかったな。
ん?自慢だってばさ。


10 :名無しさん:2000/02/28(月) 17:35
ギターの演奏、いいんだけどさ、アーティキュレーションのためじゃなくて
運指の都合でスラーつけるでしょ。時々聴いてていらいらしてくる。
山下和仁の演奏はその点もわりと気を使ってると思うけど、音が汚いのは
ちょっと。

11 :>10:2000/02/28(月) 22:59
確かに汚いよね。
ギターの音が割れちゃう限界以上に強く弾いてるから?
それが効果的な曲も確かにあるんだろうけど、みんなそんな風だと参っちゃうよね。
癖なんだろうね。それでも最近丸くなってきたと思うけど、
新しいビートルズの曲やったアルバム聴いてまた笑っちゃいました。
そんなに力まなくてもいいのに、聴いてて疲れちゃう。
でも、彼のシャコンヌは確かにいいよね。迫力ある。

12 :名無しさん:2000/03/02(木) 00:04
無伴奏バイオリンの為のソナタ&パルティータって本当に良い曲揃ってますよね。



13 :>12:2000/03/09(木) 17:20
全く同感ですね。
バッハの無伴奏モノって、ハマると長引きますね。

14 :名無しさん:2000/03/18(土) 01:55
ムローヴァ。懸命に弾いている感じがして好き。

15 :名無しさん:2000/03/18(土) 08:24
シャコンヌのアルペジオの弾き方に二通りありますね。
以前にハイフェッツの演奏でその両方を聞いたことが
あります。DVDでですが。クレーメルがやる早いアルペジオの
方が現在は主流のようですが。
とにかくあのアルペジオの連続、2分近く続くんですよね。
本当にあの曲はバイオリニストによって恐ろしい曲です。
歴史上最もね。

16 :名無しさん:2000/03/18(土) 19:46
シゲティはどうですか?

17 :名無しさん:2000/03/21(火) 06:43
シュムスキーもいいよ。聴き疲れしなくてよい。

18 :名無しさん:2000/03/21(火) 14:50
パールマンってだめ?シャコンヌ好きなんだけど。

19 :名無しさん:2000/03/21(火) 16:14
「案外良い」程度かもしれませんが、4/26に再発売されるカール・ズスケ。
木訥ですが、「歌う」のではなく「語る」に徹した演奏は、ピリオド奏法
に通じる味わいがあって、捨てがたい。

20 :>18:2000/03/21(火) 16:49
 パールマン軽蔑していた俺は、シャコンヌ聴いて少し見直した。
でも中の上くらい。
 人に奨めるならポジャー。自分で楽しむのはダール女史。
楽しみに待っているのは寺神戸。


21 :質問:2000/03/21(火) 18:09
ハイフェッツの演奏はCDで全曲聴けるのですか。


22 :名無しさん:2000/03/25(土) 22:49
私はメニューインすきです。ねっとりしてて。
クレーメルは冷たい感じが嫌。あんなに速く弾かなくても・・・

23 :名無しさん:2000/03/26(日) 01:17
クリスティアン・テツラフがすごいんだな、これが。

24 :名無しさん:2000/06/13(火) 03:50
 

25 :名無しさん:2000/06/13(火) 20:09
メニューインがアンコールで弾いた、パルティータ第三番のプレリュード
が今でも耳に残っています。確か、1987年のサントリーホールでした。

ややテクニックは衰えていましたが、何か神々しささえ感じました。


26 :>1:2000/06/14(水) 00:15
>クレーメルの演奏は危機迫るというか
>脅迫神経症的演奏で大好きなんです

「鬼気迫る」「強迫神経症的」ではないでしょうか。
それとも、そんな言葉があるのかな

27 :名無しさん:2000/06/15(木) 04:58
ヴァイオリンとギターばっかり。。。
チェロはだめですか?(TT)

28 :名無しさん:2000/06/15(木) 07:45
ナナサコフ演奏(?)の、ゴドフスキー編無伴奏ソナタ集を買ってきました。
とりあえず感想は「相変わらずだな」。
続いてパルティータ集も発売されるそうなので、シャコンヌ聴くのが
楽しみです。

29 :ども:2000/06/15(木) 08:28
私の場合もクレーメル好きなんですが、
レイチェル・ポッジャーの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ」(Tokyo M Plus ccs12198)も、とっても生き生きとして、素晴らしい演奏だと思います。
クレーメルで聴いた時は、クレーメルの演奏が凄い、と、感じたのですが、
ポッジャーで聴いた時は、この曲は凄い、と感じました。

古楽器に対して偏見がないようでしたら、
ぜひ、ぜひ、の、おすすめです。

30 :名無しさん:2000/06/17(土) 05:06
クレーメルは好きキライももちろんあると思うけど、
楽曲分析への「取り組み方」(内容そのものでなくて)が
脳外科手術的緻密さでスゴイと思うのでまず尊敬してしまう。
ロジカルかつ情熱的なんだと思いますが…。
俺の如き頭じゃそんなに考えたら知恵熱出るって。
あ、内容的にも好き。

31 :名無しさん:2000/06/17(土) 06:11
ミルシテインの旧盤はどうかな?
これも凄い演奏だと思うのですが・・・
ちょっと、くせがあるけど一番のソナタのフーガの各旋律の
弾き分けは凄いと思います。

あと、ヴェーグのはどう?
上手ではないけど私は大好きです。

32 :名無しさん:2000/06/17(土) 15:48
私もクレーメル好きです。
善悪はともかく、現代的だと思う。
ピアニストに例えると、ミハイル・プレトニョフって感じ。

33 :名無しさん:2000/06/20(火) 23:19
 

34 :名無しさん:2000/06/21(水) 02:09
フルートもだめかしら?。。。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)