5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オススメのヒストリカル物

1 :名無しさん:2000/03/27(月) 01:52
Biddulphっていうレーベルがあって、メンゲルベルクのチャイコとか
聴いてみましたが、ちょっと・・・。
みなさんのオススメ、ありますか?
TESTAMENTから出てるカンテッリのメンデルスゾーンは最高!っす。
あと、ミケランジェリのロンドン・ライブも。

2 :今だったら:2000/03/27(月) 07:24
やっぱりナクソスの戦前のメトライヴ録音シリーズ!!
ポンセル、レーマン、ピンツァ、ティペット、ポンス……
キラ星のような黄金時代の歌手達を聴いてみませう!

3 :1:2000/03/28(火) 13:54
>2
ありがとうです。
でも、どーいうわけか近所に売ってないんすよね〜。
オーダーしたいのですが、録音が聴きやすいのは、どれでしょうか・・・。


4 :TESTAMENTといえば:2000/04/04(火) 22:25
まあ有名どころですがトスカニーニのブラームス交響曲ロンドンライブ。
これは音も演奏も凄い。私的にはブラームスのベストに近い。

5 :名無しさん:2000/04/04(火) 22:29
オーマンディの1300円シリーズ
ほんといい録音と名演ばかりだった。

6 :名無しさん:2000/04/24(月) 18:14
naxos最高!

7 :hiki:2000/04/26(水) 16:29
ホロヴィッツとバルビローリのラフマニノフP協3番。
ホロヴィッツとセルのチャイコン。
ホロヴィッツとワルターのブラコン1番。
これ聴くと他の演奏がものたらなくなっちゃうな。

8 :名無しさん:2000/04/27(木) 21:03
ヒストリカルの範疇にはいるかわからないけれど
ドビュッシー自演のピアノロール盤。
とくに「沈める寺」の美しさといったら...


9 :名無しさん:2000/05/02(火) 21:59
1929年バイロイト音楽祭の「トリスタン」。
フルトヴェングラーより濃厚なベッドシーンに昇天。
(カール・エルメンドルフ指揮)

1960年ボリショイ劇場の「カルメン」
ロシア語の飛び交う中、一人デル・モナコがイタリア語で熱唱。

1947年、レオ・ブレッヒとベルリンフィルのグレート。
軍楽隊の指揮者然としたブレッヒ、実はやるときはやりたい放題
できるんです!

1970年、クレンペラーがドイツで最後に指揮したときの「エロイカ」
1時間を越えるエロイカは、チェリとこれだけか。

1950年頃のクレメンス・クラウスの「真夏の夜の夢」序曲。
コーダ直前でいきなりテンポを2倍ほど落とす。
シュヴァルツバルトのメルヘンの世界が現出した。

1944年のブルーノ・キッテルのモーツァルト「レクイエム」
暗い・重い・怖いの情念のこもりきった(笑)合唱。
1930年代のワルター・VPOの同曲も同様の趣向でした。

1960年代のロスバウトのブルックナー・7番は逆に感情移入の
まったくない、カラカラ演奏。
チェリ・ヴァント・朝比奈ファンは絶対に受け入れないだろう。

コルトー&ロナウド&ロンドン響のシューマン・Pコン。
孤氏、好き勝手にテンポ変えてます。
えっ、フリッチャイ盤のほうがすごい。スイません、聴いてません。

イグナーツ・フリードマンの「メフィスト・ワルツ」(ピアノロール)
トレモロを延々と延ばす。デッキが壊れたのかと思った。

シェルヘンの壊れた演奏は多々あるが、お薦めはメサイア。
最後のアーメンコーラスで普通4分くらいのところを9分かける。
アスカでなくても、精神汚染されちゃうよお。

ロシアの豚骨スープ、ゴロワノフの「展覧会の絵」
油が2センチくらい浮いている感じ。

1926年、クナの「ルスランとルドミュールラ」序曲。
極遅テンポのおかげで、オケがきしんでいます。よく空中分解しなかったものだ。

1950年ホフナング音楽祭。当時の古楽器団体(家族らしい)が
チャイコフスキー・4番の終楽章を演奏。
聴衆は笑っていたが、今だったらおおうけだろうに。

一度はCDになったものばかりだから、がんばって集めてね。


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)