5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クラシックとジャズのピアニストってどちらが上手いの?

1 :名無しさん:2000/04/09(日) 09:32
テクニック(というかメカニック=指が早く動く)という点では
ジャズピアニストはクラシックピアニストの敵ではない、ということを
どこかで見たのですが本当のところどうなんでしょうか?

2 :kuchiban:2000/04/09(日) 10:01
クラシックの一流がトチ狂ってクラシックを辞め、ジャズを鬼のように
聴き、弾き狂ったら凄いことになるだろうな。ジャズ屋は誰も歯が立たないだろうね。
人間、向き不向きもあるけど、クラシックで一流まで行った人なら
努力しなくても並のプロジャズピアノ弾きぐらいにはなれるよ。

3 :名無しさん:2000/04/09(日) 20:05
確かに指の動きの速さなら互角だろうが、
難しい運指や音の安定感、リズムの強烈さ
などではジャズ屋はクラシックの一流には勝てないだろう。
というか、指が動くだけならクラシックのアマチュアでも、
相当な人はいて、それは大したことではない。
クラシックの一流のテクは、はっきり言って言語を絶するものがある。

4 :おでん屋:2000/04/10(月) 02:03
そりゃガキの頃からの訓練の質も量も違う。
まあ、そうだな、問題なのは、若い頃のポリーニ(ショパンのエチュードの頃)みたいなのが路線変更して超一流のジャズピアニストになれたかどうかだな。
綾戸スレッドみたいに「スイングしてない」って言われるかも。
スイング出来そうなのは誰だろう?
少なくともアシュケナージは絶対に無理だと思うが・・・

5 ::2000/04/10(月) 02:40
一流のプレーヤーにどっち?はないんじゃあない?
楽器は同じでも感性がぜんぜん違う。デジタルのように正確に弾くほど
つまらない音楽はないね。アシュケナージが演歌も無理でしょう。

6 :名無しさん:2000/04/10(月) 12:13
黛敏郎とか戦後の頃ジャズピアノ弾いて食ってたらしいけど、
何となく、作曲やってる人の方が向いてるのではないかなぁ?
グルダってジャズ屋さんの評価はどうなんでしょ。
個人的にはあれじゃもう一つだったような気が・・


7 :名無しさん:2000/04/10(月) 12:19
>1
4の人が言うように訓練の質が違うので比較しても仕方ないと思いますが・・・。
「指がまわるかどうかの勝負」というのも、余り意味がない気がします。
まあ、ジャズは軽音楽なので、高度な技術は必要ない気もしますし。



8 :>7:2000/04/10(月) 12:50
>ジャズは軽音楽なので、高度な技術は必要ない気もしますし。

あ〜あ、言っちゃった。荒れてもしらないよ。

9 :名無しさん:2000/04/10(月) 12:53
プレヴィンはもともとジャズ?クラシック?
彼のジャズピアノはそこそこいいような気がするけれど。

10 :名無しさん:2000/04/10(月) 12:59
グールドがジャズやってたら、どんなもんだったんでしょうね。グルダ
は、「グールドは(精神的に追いつめられて)自殺したようなもんだ。
俺みたいにジャズやってたら、ああならずにすんだのに」とか言ってま
したが。

11 ::2000/04/10(月) 14:09
↑そそ、そーゆー根性やからあかんねん(笑)

12 ::2000/04/10(月) 14:15
>8
やっぱり荒れる・・・ですかね?
>9
プレヴィンはもともと映画音楽か何かでしょう。
プレヴィンの演奏は結構好きです、と言っても指揮しているものしか聴いたことはないですが。
>10
グールドには、ジャズをやる理由はないでしょう。
トロントがウィーンよりも「音楽の伝統」から遠いように、グールドもグルダより伝統から自由でしたから。
グルダもウィーンのようなところを拠り所にしなければ、ジャズをやらずに済んだかもしれません。
グールドと同様、あるいはもっと正面から伝統や因習と対決できたかも知れません。
惜しいかな、その天賦の才。
しかし、ジャズをやってくれたお陰で、グルダの多面性を理解できる(楽しめる)わけですから、そんなに残念がることもないかな。


13 :take:2000/04/10(月) 19:40
クラシックとジャズのテクニックについてだけどさ結構ジャズの方は
譜面を読まないでアドリブでやってるからさ、技術のがどうだこうだ
と言う領域じゃないんだよね、ようはその人に感性があるかどうかで
あると思う。

うんでクラシックのほうはアドリブではなく譜面を読みそれを弾く
いってみれば死ぬほど練習をして鍛錬していかなければ到底弾くことは
できない。

まあこう見てみるとジャズもクラシックもテクニックでいけば同等
だと思うのですが。どうでしょう?

14 :○○屋:2000/04/10(月) 19:52
キース・ジャレットがモーツァルトの協奏曲を弾くっていうので行ったんだが、音は小さい、表現は単調、指はモツれる、スタミナも足りないってな具合だったんで、餅は餅屋、オケはオケ屋、ジャズはジャズ屋だと教訓得て寂しく帰ったのも、もう随分昔の話。

15 :名無しさん:2000/04/10(月) 20:15
>まあこう見てみるとジャズもクラシックもテクニックでいけば同等
>だと思うのですが。どうでしょう?

「ジャズもクラシックもテクニックでいけば同等 」
と思う根拠はどこに書いてあるの?ずいぶんピントがずれてるんじゃない?

16 :>15:2000/04/10(月) 21:22
スレ自体ピントがずれてるから良いんだよ。

17 :名無しさん:2000/04/10(月) 21:39
4迄で結論出てるじゃん。もういいよ。

18 :名無しさん:2000/04/11(火) 05:31
クラシックは譜面が全て。その人の個性が薄い。
ただ速いだけ
曲芸だね

19 :名無しさん:2000/04/11(火) 09:05
単に指がよく動いて譜面通りに弾けるが表現力が希薄なのを
うまいというのか、
指はそれほど動かなくても自分の表現方法がはっきりしているのが
うまいのか。
そういう問題にも絡んでくるな。

20 :名無しさん:2000/04/11(火) 09:09
某版では口番がジャズをクラッシックと並べて”難しい音楽”と
言っていたけどねえ、、、、、、、>15

21 :名無しさん:2000/04/11(火) 10:35
クラシックってのは、
すでに出来上がっている譜面という「家」の壁の色を塗り替えるようなもので、
ジャズってのは、手許にある木材を使って「家」を組み立てるようなもので、
それぞれの技術者をつれて来て「どっちがうまい?」って質問しても
それは意味ないと思うなあ。

22 :天国のアンソニー:2000/04/11(火) 11:15
山下洋輔のラヴェルのボレロを聴いてみると、この答えが感じとれるかも?

23 :名無しさん:2000/04/11(火) 11:26
んじゃ、ジャズとクラシック、
作曲するならどっちが難しいんかなぁ?


24 :名無しさん:2000/04/11(火) 12:35
ポリーニの演奏は精密なだけでなく、音楽から皮も肉も剥ぎ取って
ホネを見せているようなものだ、だから嫌いだっていう評論を
どっかで読んだ気がする.
グールドにしても、優秀な奴はそこまで行き付くけど、そこから
先どういう世界を開いて行っていいか解らない。
一方でその、皮とか肉とか壁塗りだけ見せてるような気楽な演奏がはびこる・・。

25 :名無しさん:2000/04/11(火) 12:36
>テクニック(というかメカニック=指が早く動く)という点では
とありますが、これは「譜面どおりに」指が速く動くという意味でしょうか?
もし、そうならジャズ・ピアニストで「譜面どおりに弾く人」を探さないといけないかも知れません。あんまりいない気がしますが。
逆に「譜面どおりというわけではないが指が速く動く人」なら、オレだって結構速いですぜ、いやマジで。
コードが合っててテキトーな装飾音を乗っければ良いよ、というのなら、指が回る人なんていくらでもいる。
1さんは「メカニック」とハッキリ言っていますが、そもそもジャズの人でメカニック鍛えてる人っているのかな?
いたら、ごめんね。っていうか教えて下さい。

26 :クラシックの人:2000/04/11(火) 12:50
ジャズの人ってハノンみたいな練習(音階やアルペジォなど)はしないのでしょうか?

27 :名無しさん:2000/04/11(火) 12:58
>>ポリーニの演奏は精密なだけでなく、音楽から皮も肉も剥ぎ取って
>>ホネを見せているようなものだ、だから嫌いだっていう評論を
>>どっかで読んだ気がする.

それは素晴らしく音楽を理解していない評論家ですね、誰だろ?宇野か?

28 :>26:2000/04/11(火) 13:14
しますよ。
だって、
それはジャズをやるとか、クラシックをやるとか以前に、
「ピアノを弾く」ために必要な練習だから。

29 :名無しさん:2000/04/11(火) 18:40
>2
番長さんの発言だけど、これって本当なのかなあ。
「ノリ」の問題を度外視したとしても、何を弾きゃいいんだ?
ってことになりはしませんかい?

30 :3:2000/04/11(火) 19:24
 このスレッドは単純にテクニックについての話だろ?
「音楽性」を比べても意味ないよ。「音楽性」は、お互い敬意を払ってると思うが。
俺の見解は3に書いたとおりだけど、ジャズ畑の人が
クラシック演奏家のテクをどう見ているのか、聞きたいね。

31 :名無しさん:2000/04/11(火) 20:38
不毛スレ発見

32 :天国のアンソニー:2000/04/11(火) 23:50
>30
その演奏を感じて表現をする。jazz
譜面と監督の意思を忠実に音を出す。欧楽

33 :kutiban:2000/04/12(水) 02:39
>3
> このスレッドは単純にテクニックについての話だろ?
>「音楽性」を比べても意味ないよ。「音楽性」は、お互い敬意を払ってると思うが。
その通りだね。でも、自分の好きなジャンルを貶されると黙っていられない人や、
客観的に考えられない人、20のように言葉そのものや主旨を理解できてない人が
必ず混ざってくるし、こういう話題を掲示板でするのは難しいよね。
結局19みたいな意見が出て主題とずれていって収拾がつかなくなる、というパターン。

>ジャズ畑の人が
>クラシック演奏家のテクをどう見ているのか、聞きたいね。
自分としては17と同意見。結論は出てるでしょ。
「ジャズピアノ弾きはテクニックではクラシックピアノ弾きにかなわない。」
これでいいんで?
♯当然、ガキしか教えられないその辺のインチキPiano教室のセンセあたりは論外
♯それから最近のジャズピアノ屋ほとんど全員、(どこまでやったかはともかく)
♯クラシック経験者だし、28のいうように基礎練習はするよ。楽器鳴らせないとどうにもならん。

>29
だから「ひたすら聴く」これが大前提。
クラシックでかなり上まで行ったヤツならどう弾けばジャズらしくなるのか
さえ解れば、そういう風に弾く技術はあるはず。
♯もちろんジャズらしいアドリブをしたいなら、ジャズ理論の習得も必要になる
ただそう弾くことを自身、許せるかどうかが問題だな。
それ以前にそれなりのヤツがこっちに来ること自体、まず無いけどね。
理由は言うまでも無かろう。
♯余談 クラシックで一流まで行けないのは物心つく頃には解るから、
さほど好きでもないのに平行してジャズを始めたらモノになってきた。
そのうち好きになってきたからクラシックを捨てる決心が付き、
ジャズに専念〜結局プロ。こういう人は多いね。


34 :名無しさん:2000/04/12(水) 06:58
どうして、厨房丸出しのスレだとレス一杯つくんだろうね。
普段は殆ど無人なのに。

35 :結論が出たので:2000/04/12(水) 11:39
============終   了==============

36 :みたむらかづみ:2000/04/12(水) 22:39
誰か私といいことしない?
メール待ってるわ

37 :名無しさん:2000/04/12(水) 22:44
キース・ジャレットがショスタコの24の前奏曲弾いてたな。
次があるなら、シャルル・アルカンもきぼーん。

38 :天国のアンソニー:2000/04/13(木) 00:18
何がうまいかって?


39 :kutiban:2000/04/13(木) 06:20
>20
今気づいたけど、あんたジャズギ練習スレッドの58じゃん。
まだ根にもってるのね、、、執念深いな。遺恨はあのスレッドの更に前からだもんな。
直接俺を煽るのは構わんが、それを人に頼るなよ(笑)
やっぱ会社でもそんな感じなん?嫌いな同僚の失態を上司に告げ口してみたりさ(笑)
いいオッサンが格好悪いよ。程々にな。


40 :20>39:2000/04/13(木) 09:32
悪いけど、別人だぞ、俺は。
つーか、あのスレッドは長文ばっかりで読んでないよー、電波君。


41 :密偵君:2000/04/13(木) 10:12
チェックしてみました(^^;
あのー40さん
引用の仕方句点の打ち方時間帯 数字は大文字
20とそっくりですね・・・ストーカー?
同じ煽りぽいキャラでもちゃんと話せる分口番さんの方がいいよ。
氏んでください。

>名前: 58 投稿日: 2000/03/31(金) 01:51
>
>やり方の問題だってこと、、、、、ジャズを間単に
>やってもいいじゃない、楽しくやれればね。
>口番さんの応援団って、いつも同じパターンですね。
>
>
>58 投稿日: 2000/03/29(水) 11:44
>
>書き方が悪かったです。
>私は凡人に属する方です。”私も含めた凡人”と書くべきでしたね。
>来ると思いますよ。ジャズ的なアプローチだけが音楽じゃ無いん
>だから。自分に合うのが一番です。>1
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
>名無しさん 投稿日: 2000/04/11(火) 09:09
>
>某版では口番がジャズをクラッシックと並べて”難しい音楽”と
>言っていたけどねえ、、、、、、、>15


42 :名無しさん:2000/04/13(木) 11:07
うわ、なんか気持ち悪い、こういうのって…
>39、41
なにが楽しくて生きてるんだか…(悲)


43 :名無しさん:2000/04/13(木) 19:39
↑も20

44 :42>43:2000/04/14(金) 12:24
俺は20を演じた40だよ。
ややこしくてすまん!
へへへ


45 :名無しさん:2000/04/14(金) 13:16
つまるところ、ジャズを演るのも語るのも三流の場合は
マスターベーションだということでよろしいですか?

46 :名無しさん:2000/04/14(金) 13:23
↑よろしいです。

47 :名無しさん:2000/04/14(金) 20:38
45も46も20でよろしいでしょうか

48 :名無しさん:2000/04/14(金) 21:08
見苦しいからここで荒らしは止めてね。39もいちいち相手しない。


49 :45:2000/04/14(金) 23:08
>47
よろしくないです。ワタシは初登場です。
最初のほうはよかったですが、あまりにくだらない書き込みの応酬に
つい茶々を入れたくなりました。

50 ::2000/04/15(土) 03:11
あんたも煽っとるがな

51 :名無しさん:2000/04/16(日) 14:41
で、どっちが上手いって?

52 :名無しさん:2000/04/16(日) 15:05
2〜4、33を見よ。
*************終  了*******************

53 :名無しさん:2000/04/16(日) 15:58
え? どっちよ???

54 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:03
テクに関しては圧倒的にクラシックの方が上。ジャズピアニストの一番うまいやつでも
クラシックの中堅どころとトントン。
ちゃんと訓練を受けてないジャズピアニストに至ってはそこらの音大生にも劣る。


55 :名無しさん:2000/04/24(月) 21:10
モンクって上手い方なの?

56 :クラシック人:2000/05/04(木) 12:47
モンクが上手い、ということをきちっと説明できない限り
クラシック>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ジャズ
になってしまうぞ!

ジャズファンの奮起を期待する。

57 :名無しさん:2000/05/04(木) 12:53
説明なんてしてる暇あったら、だまって聴けっ!
要は「幅広い音楽を受け入れる気持ち」だぞ。



58 :名無しさん:2000/05/05(金) 21:39
クラシック的な「技術」だったら、クラシックの方が圧倒的に上。
それはジャズファンも分かってるから、すでにこのスレッドは終了してるの。

ただし、モンクの音楽をモンク以上に効果的に弾ける人間はどこを探しても
いないの。
それも一種の「技術」でしょ。違いますか?

59 :いや、それは:2000/05/05(金) 21:42
「個性」だ。


60 :名無しさん:2000/05/05(金) 21:47
いや、そうじゃなくて、その個性を支えている独特な「技術」ってことですよ。

クラシックの管楽器の奴で、ローランドカークみたいに楽器を同時に三本吹ける奴が
いるか?いねーだろ。ヴァーカ。

61 :いや、:2000/05/05(金) 21:50
「技術」は足りてないが、それを補ってあまりある「個性」が
彼を唯一無二の偉大な「ピアニスト」にしているのだ。

しかし、何故カークがここで出てくる???


62 :要はモンクなんて:2000/05/05(金) 22:01
ただのヘタウマだろ???


63 :名無しさん:2000/05/05(金) 22:04
だから、クラシック的に上手いやつが、モンクのコピー譜を見て、モンクより
モンクらしく弾けるかっつうのが俺の主張なわけ。
モンクらしく弾くっつうのだって技術だろ?
技術ってのが「クラシック的に良い技術」のことだけだっつうならそれはそれで
いいよ。

64 :すごろく:2000/05/06(土) 03:04
55に戻る

65 :名無しさん:2000/05/06(土) 05:56
ああいうのは正確に記譜できない、しない、ので、コピー譜通り弾いても
それらしく聞こえない。記譜できる、されているなら当然酷似させることはできる。
初見では無理だろうけど。

>技術ってのが「クラシック的に良い技術」

と思ってる人が大半でしょうな。主張するだけ無駄です。
今後はジャズを演るのにも、しっかりした基礎が要求されるので
クラシックの技術には敬意を表しましょう。
モンクもカーターもあの時代にああだったから素晴らしかった
わけで、現世にあの程度で出てきてたらここまでの評価は得られないでしょう。
それでもモンクは素晴らしかったと思いますが。
カーターは近年まるで進歩がないので話になりません。




66 :名無しさん:2000/05/06(土) 06:11
というより、56は煽りなのでいまさらあげることはなかったと
思うのですが。

67 :>65:2000/05/06(土) 06:57
>今後はジャズを演るのにも、しっかりした基礎が要求されるので
>クラシックの技術には敬意を表しましょう。

てことは、あんたの主張が正しいものと仮定すれば、
ジャジーがしっかりした技術を身につけちゃったら
クラシック野郎は即興できないぶんだけ
ジャジーに劣ってしまうことになるぞ。

そしたらジャズの技術に敬意を表しましょうね(笑)

つーか、クラシックの技術ってなによ。
単に「楽器を弾く技術」だろ。
「楽器を弾く技術」=「クラシックの技術」なんて勘違いしてんじゃねーよ。
それともクラシックってのは楽器が上手く弾ければそれでいいってだけの音楽か?
つーか、それじゃ、音楽とはいわんな(笑)

68 :>67:2000/05/06(土) 07:32
65だけど。
俺をクラシックの人だと思ってんの?あんた病院行き決定な。
やはり56に速攻で反応してしまう人だもんな。だめだこりゃ。

>ジャジーがしっかりした技術を身につけちゃったら

だからとうの昔にここのスレを終結させてんの。バカにつける薬なし。
あんたの主張は全然説得力無いもの。このスレの主旨を考えて発言しろよ。
俺が65を書いたお陰で話はそれて、あんたは叩かれんで済むな。よかったね。
ゼロから出直せよ。さいなら。



69 :>67:2000/05/06(土) 07:39
なんか勘違いしてない?65はもろに某固定だぞ。ジャジーな。

70 :69:2000/05/06(土) 07:46
69の間に既に本人が書いてるじゃん(^^;まいった。

71 :>68:2000/05/06(土) 07:47
ジャジー同士の仲間割れか?
ジャジーはみなゼロから出直せ。
で、クラシック聴け。

72 :名無しさん:2000/05/06(土) 08:06
71は山に帰れ。

73 :65が:2000/05/06(土) 09:50
いちばんまっとうな事を言ってるね。


74 :名無しさん:2000/05/06(土) 13:17
65は正しい。三流で性根腐っててもプロはプロってことか(笑

75 :名無しさん:2000/05/06(土) 23:03
65はプロなの?
例の結婚式場でオルガン弾いてる人?


76 :>:2000/05/07(日) 00:19
クラシックの超一流どころが即興できないと思っているの?


77 :名無しさん:2000/05/07(日) 02:49
思って鱒

78 :両方弾ける人間:2000/05/07(日) 03:28
フリードリッヒ・グルダ、ミシェル・ルグラン、アンドレ・プレヴィン。
この三人の演奏を仔細に検討してみれば、分かる人間には分かるね。
頭の足りない諸君よ、そういうことだね。
で、結論。ジャズのほうがずっと難度が上。
時代が経過していっているんだから、ま、当たり前だな。
あの天馬空を行くグルダが、ジャズでは飯喰えないのだから当然でしょ。
だからってピーターソンがリスト弾けるわけじゃないけどね。
それから若い時分のミシェル・ルグランは、ビル・エヴァンスの前では
びびってピアノ弾いていませんよ。
しかしまあ、知識がないということは恥づべきことだね。

79 :名無しさん:2000/05/07(日) 04:44
グルダは、私が尊敬するジョー・ザビヌルと友人関係だったので(ヨーロッパ
では、よくジョイントライブやってたみたい)意識してたけど、1回だけNHK
でジャズやってるのをみたけど、ほんとにつまらなかった。お手軽フュージョン
って感じのやつで、こんなことをやることの意味がわからなかった。ザビヌル、
注意しなかったのだろうか。ただ、本人にとってはいい息抜きにはなってたのだ
ろう。のってて楽しそうだったし。彼のバッハ「平均率クラビーア」持ってます
が、こちらのほうが本領であるのは素人でもわかる。しかし、あの変な帽子はザビ
ヌルの影響なのだろうか、あるいは逆かな。けっこうかっこよかった。



80 :>78:2000/05/07(日) 05:34
>知識がないということは恥づべきことだね。



81 :名無しさん:2000/05/15(月) 03:58
世界で一番のテクニックの持ち主は、コンピュータです。
知識の量も半端じゃない。

82 :>80:2000/05/15(月) 05:23
お前がな。

83 :名無しさん:2000/05/15(月) 06:59
単純な演奏技術では確かにクラシックが抜きん出てるでしょう
ただしそれとジャンルの優劣とは無関係
追求しているものが違うというだけのこと
たとえば78のあげたプレヴィンについて
知ってる人は知ってると思うけど、クラシックで一番まともにアドリブできる人かも
彼はジャズは難しくて挫折したと言っているそうです
ジャンルで分類するのはナンセンスで
この世にはいい音楽とそうでない音楽(受け売り)しか存在しないってこと


84 :名無しさん:2000/05/15(月) 07:04
>76
誰かいたら教えて
聴いてみたい

85 :>82:2000/05/15(月) 08:34
>知識がないということは恥づべきことだね。


86 :名無しさん:2000/05/15(月) 12:22
知識がありすぎるということは哀しきことだね。

87 :名無しさん:2000/05/15(月) 15:32
大笑い!


88 :名無しさん:2000/05/15(月) 19:27
>この世にはいい音楽とそうでない音楽(受け売り)しか存在しないってこと

受け売りというのは
数百年前の作品と全く同じ旋律を奏でる音楽のことかな。



89 :>88:2000/05/16(火) 00:30
っていうか、そのセリフがエリントンの受け売りなんじゃねーの。

90 :名無しさん:2000/05/16(火) 05:09
>89正解
エリントンか誰か忘れたけどせりふのことね


91 :ニャハハ:2000/05/18(木) 04:13
ホロヴィッツがアート・テイタムのピアノを聞いて驚愕した
という話しってる?凄い有名な話です。
テイタムが黒人じゃなかったら・・・

92 ::2000/05/18(木) 05:03
だから有名な話を書くなって。

93 :両方好きだけど:2000/05/19(金) 22:05
アート・テータムはすごいよね。
今のクラシック奏者でも太刀打ちできる人はあまり思いうかばない。
セゴビアがジャンゴ・ラインハルトを聞いて楽譜を分けて欲しいと
本人に連絡したら、楽譜が書けないのでかってにどうぞという話も
あったし。
グラッペリとメーニュインの共演版もいい。
メーニュインなんてシャンカラともやっているしね。
おもうに、一流の演奏家はジャンルに拘らないのでは。
ジャンルに拘らずいい音楽はいい。
ある意味ジャズは現代音楽の最も発達した形だと思う。
本来、西洋音楽とアフリカンとの混合音楽だし。
偏見から、クラシックしか聞かない人は自分の耳を鍛えた方がよいのでは。
クラシックでソリストで通用する人のレベルは高いと思う。
しかしながら、レコードの発明によりクラシックのメインシーンでは
今世紀以降あまり重要な発達がないのも確か。
シンセサイザーによるサンプリングを使ったテクノなども
最初はクラシックの現代音楽家が理論的に導入したもの。
クラシックの場合演奏家や作曲家よりリスナーの保守性が
問題であると思う。
ジャンルを超えた影響の例は深く調べればいくらでもある。
また、技術はジャンルの問題ではなくて個人の問題なのでは。

94 :名無し:2000/05/19(金) 22:09
クラシックも生きた音楽であり続けるためには
どんどん変化していくべき。
ジャズも今停滞しているしね。

95 :名無しさん:2000/05/19(金) 22:10
↑こうゆうの書くと、ここのえらい人(多分次世代をになうアーティスト)
から怒られますよ・・・

96 :ここのえらい人:2000/05/19(金) 22:21
伝統を守りつつ洗練させていく手法もあるのだ。
94はリスナー確定。
氏ね。



97 :93=94:2000/05/19(金) 22:51
>96
>伝統を守りつつ洗練させていく手法もあるのだ。
その通り。それが正当。洗練というのが変化。
クラシックのマーケットが余りに保守的で現代音楽に偏狭な
点を指摘したかっただけ。


98 :ここのえらい人2:2000/05/19(金) 23:26
そもそもグラッペリは一流じゃないぞ。嫌いじゃないけど。
ヴァイオリン弾きでなかったとしたら、
ジャズプレイヤーとしては注目されることはなかったと思う。

99 :不死蝶:2000/05/20(土) 06:27
>93番さん
僕バカテク大好きです。ア-ト・テイタムについては話は聞いたことありますが
まだ一度も音は聴いたことありません。なんか視力もほとんど盲目に近いお方
だっつたとか。
おすすめのCDあれば教えてください。できれば入手可能なもの^^:
ちなみに僕の好きなピアニストはハ-ビ-、ジャレット・チック、マッコイ、K.エマ-ソン
など。ギタリストでは2人のパット、マクラフリン・カルロス・野呂さん、ウエスなどです。
よろしくね。あっ、ギタ-は蛇足です(^△^)

100 :名無しさん:2000/05/20(土) 12:48
いま、クラシックピアノ界でのテクニシャンといえば、アムランだけど、
そのアート・テイタムって人はアムランより凄いのかい?



101 :>99:2000/05/20(土) 14:02
都会にお住みならばタワーレコードなどを
詮索して比較的新しい50年代のを探して
見るといい。ついこないだ入手した、
ピアノディスカバリーズ(ヴァーブ)55年
は音質もすこぶるよくテクニックがありあま
っているテイタムを満喫できました。ほとん
どジェット機並みです。ただ少々疲れるけど。
パブロのトリオとかテイタム〜ウェベスターは
定番だけどピアノの音が甘くて残念だ。
尚、彼はジャズピアノの神様って言われてます。


102 :名無しさん:2000/05/20(土) 14:04
>>また、技術はジャンルの問題ではなくて個人の問題なのでは。
この意見に一票。


103 :>96:2000/05/20(土) 14:11
>94はリスナー確定。

??????????
リスナーって煽りの文句になるの???
??????????

へんなやつ


104 :名無しさん:2000/05/20(土) 17:34
趣味
音楽鑑賞、スポーツ観戦
履歴書に誇らしげにかくバカは死んだ方がよろしい。

105 :名無しさん:2000/05/20(土) 20:13
趣味
パチンコ、競馬、麻雀
履歴書に誇らしげにかくバカは死んだ方がよろしい。

106 :不死蝶:2000/05/21(日) 05:41
>101番さん
情報ありがとうございます。タワ-レコ-ドに行ってみます。
ア-ト・テイタムのバカテクぶり聴くの楽しみにしています(^△^)

107 :おろかなマジレス:2000/05/21(日) 05:55
>104@`105
おれ、音楽鑑賞って書いてるけどべつに誇っちゃいない。趣味欄
はただ、字でうめるだけのもんだよ、そもそも。競馬は趣味だけど
書きません。審査する人があんたみたいな人である可能性もあるから。
オークス、シルクから数点でせめるつもり。で、どうせだめ。



108 :趣味は:2000/05/21(日) 11:48
映画と音楽鑑賞、読書です。


109 :名無しさん:2000/05/25(木) 18:55
グルダって結局、クラシックでもジャズでも
中途半端な人なわけね

110 :名無しさん:2000/05/25(木) 20:59
グルダはクラシックでは頂点を極めたのであとはどーでもいいやと
好き勝手をするようになったのです

111 :>109:2000/05/25(木) 21:05
そのどっちにも属さないような「自作自演」が、いちばんイっちゃってて
すごいぞ。中途半端どころじゃない。
チェロ協奏曲とか、ピアノ協奏曲って聴いたことない?
まさに「好き勝手」>110の世界。


112 :111:2000/05/25(木) 21:06
あ、ちなみにチェロ協奏曲は「自演」じゃありませんが…


113 :名無しさん:2000/05/25(木) 21:06
しかし、忘れ去られそうですね。
好き勝手やっているのがつまらんし。

114 :名無しさん:2000/05/25(木) 21:21
グルダって自伝を読むとピアノの楽器にはかなりこだわっているくせに、
エレピでバッハ弾いたりしてるな。そこんところどうなんじゃろうねえ?

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)