5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アレクサンドル・スクリャービンに光を

1 :ハルシゲニア:2000/06/05(月) 20:52
初めて2ちゃんねる使います。
ここではクラシック音楽に詳しい人たちがたくさん
居るらしいが、
小生が特にハマッタスクリャービンが
好きな人はいるでしょうか・・・
今、『神秘劇序夜』という、160分の作品を
聴きながらこれを書いています。


2 :名無しさん:2000/06/05(月) 22:36
法悦の詩、ピアノソナタのいくつかは、もろセックスを表現している。
ピアノの小品でも、欲望、舞い踊る愛撫、など、官能的で好き。
天才だと思う。

3 :おでん屋:2000/06/05(月) 23:53
俺も大好きだ。

4 :ハルシゲニア:2000/06/06(火) 15:41
おぉ、あの有名な(?)「名無しさん」からメッセージ来てる!
例のバスジャック事件の少年と猫キャラでやりあっていた人とは
別人かな?
2の“舞い踊る愛撫”は、管弦楽編曲版も出ておりますよ。
最初にも書きましたが、スクリャービンが脳漿にその構想を
秘めたまま亡くなり、未完作品となっていた“神秘劇”が、
ロシアのアレクサンドル・ネムティンという人物によって序幕部分
だけ補筆完成されて発売されております。
SEXの喘ぎ声シーンさえ思い起こさせる“法悦の詩”、
調整が完全に消え失せている“プロメテウス-火の詩”を遙かに
凌駕する神秘的且つ官能的な音の大洪水。是非皆さんに聴いていただき
たい作品です。
小生はスクリャービンもそうですが、近代・現代音楽をこよなく
愛するクラシックファンであります。
知られざる爆裂的作品、瞑想的作品等々時間があったらこの場で
ご紹介申し上げたいと思っとります。宜しく。

5 :名無しさん:2000/06/06(火) 15:52
「ファイナルミステリー」のことだろ?
ロンドンレーベルからアシュケナージ指揮のが出てるってことぐらい
書かなきゃだれも聞いてくれないぞ、こんなマイナー盤。


6 :ハルシゲニア:2000/06/06(火) 15:54
一番大切なこと書くの忘れてた。
小生が近代・現代にハマルきっかけとなったのが、
イゴール・ストラヴィンスキーの『春の祭典』です。
16歳の時の春でした。
ブラスバンドでトロンボーン、ユーフォニウム、テューバを
かけもちでやっていた小生は、そのころ一般的に聴かれている
作品群にソッポをむき始め、何か、魂の叫びのような作品を探して
いたんです。
そこで聴いたのが“ハルサイ”。もう本当にブットビでした!!
こんな完全で猛烈な不協和音、奇怪なリズムの音楽が80年も前に
存在していたのか、遂に見つけた!と熱狂したのを覚えています。
ハルサイ、これも最高ですよね。

7 :ハルシゲニア:2000/06/06(火) 17:12
内容がスクリャービンから離れつつある。スレッド名変えなくちゃ・・・。
でも、変えること出来るのかなぁ・・・。ま、いっか。

8 :名無しさん:2000/06/07(水) 10:25
よく煽られないなぁ、これ。
あまりにマイナーなネタだからか?


9 :ハルシゲニア:2000/06/07(水) 14:14
やはり、危険な人物が登場してくるな、
この2ちゃんねるってのは・・・。
書き込みには十二分に注意しなければ・・・。
おバカさんになっちまう。
さっさと消えようっと。

10 :名無しさん:2000/06/07(水) 14:40
9には非常〜〜〜に危険な臭いがするんだが?
いろんな意味で… ただの煽りよりよっぽど怖いかもしれない…
これ以上、触らないでおこう… っと

11 :名無しさん:2000/06/07(水) 14:56
オレがハルサイを初めて聴いたのは13歳の時。
当時、評判だったC.ディヴィスとアムステルダム・コンセルトヘボウ管の演奏だった。
「旋律がわからない」とか「変拍子」とか、考えもしなかった。
圧倒的な音響の洪水に、震撼したのを覚えている。

12 :春師恩丼:2000/06/07(水) 15:10
俺のノイズな友達は、冷房もない立川の運動公園に面したボロアパートで、
おずおずと伊福部のヴァイオリン協奏曲のLPと共に、春の祭典のテープを取り出して、
花火大会の興奮いまださめやらぬ俺に「これちょっと聞いてみろ」と言った。
普段ノイズだのパンクだのしか聞かない名古屋出身の内気な(でも内には燃えるものをもってたぜ、
あと、死体写真を初めて見せてくれたのも、奴だった)彼は、「おれ、これならイケるんだよね…」
と言いつつ、まずは伊福部をプレーヤーに乗せた。
当時伊福部といえばゴジラぐらいの知識しかなかった俺は、そのバーバリスティックな管弦楽法に
一瞬にして虜になったのだ。今思えば、あれが俺と現代音楽(と今呼べるかどうかは別にしてだ)との
出会いだったのだ。なぜか、春の祭典の事は、ほとんど記憶にない。
なんだ、シャカタクの方がよっぽどクールじゃん、とでも思ったんだろう…。


13 :名無しさん:2000/06/07(水) 17:51
このスレ、電波な人が吸い寄せられているみたい。だから俺も一言。
春祭をはじめて演奏したのは20歳の時。某有名指揮者2人で、7回
の公演をした。その後も、TVの仕事で一部を、アマチュアのトラで
3回、いい加減、飽きた。終わりの変拍子、暗譜してしまった。
ヴァイオリンの女が飛び出したりすると、思い切りにらんでやる。

14 :名無しさん:2000/06/07(水) 20:42
俺がクラシック聴き始めの頃だったな。高校3年の時だった。
ウチの親父に「何かお勧めある?」と尋ねたら、バレエ音楽で
いいのがあるって、2、3日後に買ってきてくれたのが
メータ/NYPの春祭だった。
親父は半年後に骨肉腫で死んだ。この曲聴く度親父を思い出す。


15 :名無しさん:2000/06/07(水) 21:07
ええ話や…

16 :>14:2000/06/07(水) 21:15
感動。

17 :名無しさん:2000/06/08(木) 02:20
age

18 :名無しさん:2000/06/08(木) 12:51
あげ

19 ::2000/06/09(金) 09:15
>やはり、危険な人物が登場してくるな、
>この2ちゃんねるってのは・・・。
>書き込みには十二分に注意しなければ・・・。
>おバカさんになっちまう。
>さっさと消えようっと。

ハルシゲニア君出てこないなぁ。ひそかに大暴れを期待してたんだけど…
ただの天然だったのかな?


20 :名無しさん:2000/06/09(金) 10:05
ハルちゃん、出てきて。

21 :元ショスタコービッチの愛人:2000/06/09(金) 12:44
スクリャービンの”ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調”は わたしのお気に入りの曲の一つです。
彼の曲に はまり始めた高校生のときに 何度も繰り返し聴きました。
特に、出だしのやるせないメロデイー。光と陰。甘美すぎるきらいはありますが、
とにかく 青春の1ページの曲でした。ピアノソナタ 第4番の二楽章はなかなか
かっこいいですよぉ。(弾いて良し、聴いて良し)


22 :>21:2000/06/10(土) 08:40
ピアノ協奏曲いいね。
官能的じゃ。

ピアノソナタは3番が好きだな。

23 :名無しさん:2000/06/10(土) 14:29
スクリャービンのピアノ協奏曲もいいよ。
ベタな曲だけど。
ソナタでは「黒ミサ」がすき。


24 :名無しさん:2000/06/14(水) 17:59
あげてみる。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)