5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

藤子(F)不二雄のSF短編

1 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 06:51
って良質なの多くなかった?

多感な頃読んだんで、泣いちったのもいくつか……

タイムマシンモノは似たバリエーション多すぎて読んでて
ちょっとウンザリしたけど……(^_^;

2 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 07:05
「ドラえもん」しか知らない人は
SF短編のブラックさ(作品によるが)に驚くでしょうね。
私は両方好きですが。

3 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 07:09
諸々のSF短編に比べればドラえもんの方が下です、俺としては。

アニメにもなったけど、ウルトラスーパーデラックスマンが一番すき。

4 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 09:59
『ミノタウロスの皿』!!
「言葉は通じるのに話が通じない」怖さ、というのは
初めて読んだ子供の頃より、だんぜん今の方が身にしみるよ。
『超兵器ガ壱号』も好き。さんざ盛り上げといて、あのオチ!!

小学館と中央公論とで、合計10冊くらい文庫本で出てるから、
『ドラ』しか知らん人は、いっぺん読んどけ。面白いってホント。

5 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 10:53
パラレルワールドの話が良かった。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 11:02
「ふたりぼっち」かな?

7 :>4:2000/06/08(木) 11:09
オレもミノタウロスの皿好き。容赦ない。
血を香辛料入りのそれと入れ替えるとか、
生命維持装置を付けて活造りになりつつ賞賛の声を聞けるとか……
Fの変態! 人でなし!(<絶賛)

8 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 11:26
「定年退食」は今読んでも泣けます。ラストのセリフで大泣き。
それにしても、SF短編集て未来を悲観した話が多かったような。

9 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 11:32
『気楽に殺ろうぜ』の乱食パーティーってそんなに楽しいんですか?



10 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 11:39
「藤子F不二雄・異色短編集」が面白かった。
>8「定年退食」は俺も泣けたよ。

11 :通りすがり:2000/06/08(木) 17:49
カメラシリーズは?

欲しいカメラがいっぱいありました。

12 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 17:57
うちの弟が「すこしふしぎ」っての聞いて大爆笑してました。

13 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 19:25
>11
値踏みカメラのラストが一番好きです。
あとノスタル爺のラストもSF短編では気に入っています。

14 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 21:07
「箱船はいっぱい」が怖かった。
本当に悲観的な未来の話が多いと思う。

15 :マンガさん:2000/06/08(木) 21:34
・FとAの対比という事で言えば、一見Aの方が残酷趣味で大人向けと云う評価をされる事が多いけど、Aの残酷性は恨み、妬み、羨望、憎悪とかの単純で幼児的な情念に裏付けされているのに対し、Fの持つ残酷性は寧ろ虚無的、ある種の諦観や切なさわ感じさせられる。
 言い換えれば、Aの残酷性は「生」の残酷性で、Fの残酷性は「死」の残酷性でもあるのでは無いかと思う。
 世をのろい、下から睨め付けるような嫌らしい視線で物事を捉えつつも、常に人と交わり、人を必要としていたAの生き方と、ある種世捨て人的に漫画という世界に埋没していったFの生き方にもそれは現れている様にも思える。

 つまり。

 「やれーー!! やるんだー!!」
 「うるせー、じじぃ!!」


16 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:15
Aは世俗にまみれているだけに表現が露骨だよな。
Fは達観していると言うか、冷た過ぎるくらいだよ。
「定年退食」なんて怖いくらい現実的だし、
「征地球論」の冷徹な議論は寒気がする。
「鉄人を拾ったよ」・・・海に捨てんなよ、公害だろ・・・

17 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:15
「流血鬼」だったかな?2巻だったと思う
あれがなんか恐かったし
最後のみんな新人類になったのが
納得いかなかった

18 :>17:2000/06/09(金) 00:20
俺はあのラストで何かすごい開放された気持ちになったよ。
夜空が好きになった。

19 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:26
>17
あのラストが最高なのでは・・・

20 :名無しさん@:2000/06/09(金) 00:34
よんでないのがあるな・・・。
俺が持ってるのは、小学館から出てたハードカバーの
単行本なんだが。他にどんなのがあるの?

21 :俺は・・:2000/06/09(金) 00:47
ベタだけど「箱船はいっぱい」
なんかの原作にならなかったっけ?
最後に天気が悪くなるところが怖い

22 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:53
うわーーー!!
俺、小学校一年か二年の時ドラえもんが大好きで、
んで同じ人の漫画ってことで「緑の神様」っていうのを読んで
死にそうに恐くなった記憶がある。
まじ、絶望するよね。Aなんかメじゃない。
ある面では手塚治以上だと思う。ところで、他のも読みたくなちゃったんだけど
今も売ってるかな?
どこ行けば買える?

23 :17:2000/06/09(金) 00:55
小学生のときに読んだんですが
自分も簡単に別の物になりそうな気がして
恐かったんです
いや、別に話は好きなんですけどね

24 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 00:55
「自分会議」って矛盾がありますよね?
くだらないことだけど……

25 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 01:15
「大予言」が忘れられない。6ページくらいのショートショート。
「シンちゃん。おまえに残してあげられる未来はもうないんだよ・・・」

中央公論新社の全3巻のSF短編集が一息に読めて便利。
でも今はもう絶版なんだよね・・・
驚異的なまでに分厚かった。完全に常軌を逸していた。

「絶滅の島」は雑誌と単行本で全然違うって知ってます?
雑誌に掲載されたのはなんとシネスコサイズなんです。

26 :22:2000/06/09(金) 01:20
>25

中央公論新社のは絶版ですか・・・

何年か前に文庫サイズで出てませんでしたっけ? あれは違うのかな?

27 :初代:2000/06/09(金) 02:54
>20
小学館の藤子不二雄少年SF傑作選全3巻
(ひとりぼっちの宇宙戦争、ポストの中の明日、宇宙船製造法)
中央公論社の愛蔵版で3冊
(カンビュセスの籤、みどりの守り神、征地球論)
自分の知ってるのはこれだけ。


28 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 03:19
隔絶された核シェルターに住む一家の話が
暇つぶしかなんかで近親相姦してて、主人公の長男がその行為の
是非について悩むとかいう話があった気がしたんだが、
漫画喫茶で読んだ短編集には入ってなかった。
詳細知ってる人、情報求む。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 04:29
物事を徹底的に相対化していたよね.
ショックを受けつつ,のめり込むような魅力があった.

例えばミノタウロスの皿だけど.牛の行為,人間が非難するわけにいかないよね.
人間も牛に対して同じ事をしているわけだから.
しかし,食料とされている人間型の生物に親近感が涌くのもまた事実.

感情では納得できないが,理屈は合っている.
その辺りのせめぎ合いが心に残ったね.

30 :>21:2000/06/09(金) 04:41
じゃあ俺が持ってるのは相当古いのかな。今手元に無いけど、単行本で
6冊以上あったような気がする・・・実家に帰る機会があれば確認して見よう。

31 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 05:46
愛蔵版は異様に分厚いぞ。値段は1200〜1300円だったと思う。
個人的には「ミノタウルス」とセットで「カンビュセス」も好きだよ。

32 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 06:54
「週刊ドラえもんクラブ」によると
短編集がハードカバーで新しく出るみたいです。
「毎月1冊刊行、全8冊の予定」「単行本未収録作品が多数掲載」とのこと。

私、中央公論の愛蔵版持ってるけど買うんだろうな…コレ。

33 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 09:57
私は全部、文庫で読みました。

○藤子・F・不二雄 異色短編集(小学館文庫) 全4巻
(ミノタウロスの皿/気楽に殺ろうよ/箱舟はいっぱい/パラレル同窓会)
○藤子・F・不二雄 少年SF短編集(小学館コロコロ文庫) 全2巻
(未来ドロボウ/絶滅の島)
○藤子・F・不二雄 SF短篇集(中公文庫コミック版) 全4巻
(創世日記/メフィスト惨歌/超兵器ガ壱號/ぼくは神様)

ダブってる作品はありませんでした。
代表作はほとんどこれで読めるんじゃないかな。

34 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 10:13
確か、中公文庫だけだと、愛蔵版から抜けてる奴があることは確か。
中公以外の文庫も全部持っているんだが、これで全部カバーできる
のか? まあ、金に余裕があったら、32氏の言ってるハードカバー
を買ってしまうだろうな・・・。

35 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 10:33
劇画オバQ

夢とか希望とか、そんなものらを奈落に落とす名作。

36 :名無しさん@20:2000/06/09(金) 10:47
おお、皆さんありがとううございます。
32氏の言ってるのを買おう。

37 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 12:46
32>いつ頃発売なんでしょうか。

38 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 12:59
これでやっと「異人アンドロ氏」が読めるようになるのか?



39 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 16:36
「街がいた!」はこえーよ。
直接的な表現はないが、住人皆殺しだもんな。

40 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 17:35
流血鬼はいいね。
ラストで救われる

41 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 21:49
32さん、いつ頃発売になってたか教えてください。

42 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 22:35
「宇宙船製造法」
あのアイディアは、銀英伝にも流用されていますね。

43 :名無しさん:2000/06/09(金) 22:45
「ヒョンヒョロ」のうさぎみたいな生物を
ぜひ商品化して欲しい。

44 :>43:2000/06/10(土) 00:44
そうかなー? 微妙にかわいくないと思うんだけど……

45 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 03:36
未来ドロボウは感動的。

ところで、これは長篇だけどなんで「未来の思い出」は手に入らないの?


46 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 06:03
>28
その話は手塚治虫の「ガラスの城の記憶」だと思います。
あまり確かではないのですが。

47 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 06:05
>45
えっ、絶版になったの?

48 :32です:2000/06/10(土) 06:50
「週刊ドラえもんクラブ」というのは小学館のweb内にある
ドラえもん&藤子・F・不二雄に関するサイトです。
ハードカバーの発売日はまだ掲載されてませんでした。
私もいつ出るのか早く知りたいです。


49 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 07:22
藤子・F・不二雄SFパーフェクトコレクション・第1巻 NEW!!
00年7月25日発売 小学館・価格未定
*藤子・F・不二雄先生のSF短編作品を収録するシリーズ

予定だけど 7月25日 らしいです。
情報は↓からです。

http://member.nifty.ne.jp/neoutopia/newscliping.html



50 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 11:43
F先生の短編って、海外SFからのイタダキが多いらしいけど
「流血鬼」=「地球最後の男」
ぐらいしか俺は知らないんだけど
他にどんなのがあるのかな?

51 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:19
>49
おお、ありがとうございます。買いだね。

52 :>50:2000/06/10(土) 13:26
「みどりの守り神」≠小松左京「復活の日」
手塚の短編によく似た話はかなりあります。
でも手塚もパクリか・・・


53 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:36
「休日のガンマン」と「ウエストワールド」、
なにかと「ソイレントグリーン」が似ているとF先生が自分で
あとがきに書いていた。ん〜忘れた!カンビュセスの籤だったかな?


54 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:38
ひとりぼっちの宇宙戦争って,「闘技場」の影響かなり受けてるね
F先生上手に咀嚼してると思うけど

55 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:45
F先生,かなりのSF好きなんだろうな.
早川文庫の表紙,F先生が描いた物があって
4本脚のロボットなんだけど

硬質な中にも暖かみがあって面白かったな
こんなイラストかけるんだと思ったよ

56 :>53:2000/06/10(土) 13:46
「定年退食」じゃなかったっけ

57 :>55:2000/06/10(土) 13:52
おおー、見てみたいなぁ〜
タイトル教えてもらえませんか? その作品自体は面白かった?

58 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 13:59
>55@`57
ジェイムスン教授シリーズっすね。
人類が滅んだ後に気のいいゾル星人に蘇生させられて同じ体に改造されて
宇宙せましと暴れまわる話。通称「カンテラ人間」。
数冊出てるけどもう絶版なので古本屋っすね。

59 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 14:03
フレドリック・ブラウンの短編に、けっこう元ネタっぽい話はうかが
える。ただ、世間一般で言われているほど、もろにパクっている訳で
はまったくない。多分読んでないで、また聞きで騒いでるだろ、お前
ら〜、と昔思ったな(^^;)。悪いがタイトルまでは、ぱっと思い出せぬ。

60 :55:2000/06/10(土) 14:08
うーーーーーむ.面白いとは言えないかも.
愛好家しか喜ばないと思います.

1931年にアメージング・ストーリーズで連載されていたものを
野田昌宏氏が翻訳した物で,タイトルは
「二重太陽系死の呼び声」です.残念ながら絶版となっております.
ニール・R・ジョーンズ作,早川文庫SF65

はっきり言って,古くさいと思います.例えばこんな感じ

「しかし彼はこの宇宙の暴れものとロケットが衝突する危険を
排除することに成功した.ロケットの内部にラジウムを使った
反撥放射線の発生装置を取り付け・・・」

61 :54:2000/06/10(土) 14:14
>59
同感.パクリとかそう言う訳じゃなくて,作品はちゃんと
F先生の作品になっている.発火点というか,発想の元に
なったというか.

ドラえもんにもキテレツ大百科にも,これはあのSFが元
になっているのかなと思ったことはあった.ほんの些細な
点なんだけど.

F先生もSF好きなのかなと楽しく思っていたよ.

62 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 14:37
まず、基本的に60年代のSF漫画において、パクリはすべて恩赦(笑)。

つうか、「サイボーグを出したい」といったら編集者が「細胞具」と
メモする時代、なんつうか共通認識としてのSF知識、センスオブワンダー
をふつうの人に啓蒙する必要があったのだから。

描写の仕方、テイストはみなが言うようにきちんと自分のもんにしてる。

「未来の思い出」と「リプレイ」?うーん。それも可。



63 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 17:50
筒井康隆がある話のオチを誉めてたけど、題名忘れた。
確かおしゃべりな奥さんに話を聞いてもらうために宇宙飛行士になった男
の話だったが・・・

64 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 23:56
短編の話じゃないけど、なんだかお茶目な(笑)F氏の
エピソードが紹介されています。

http://www.techwin.ne.jp/view.cgi?file=weekly/anige/anige11.html

65 :<64様:2000/06/11(日) 00:25
「老男大いに語る」とか、そんなタイトルだったかな?<うろ覚え、スマン

66 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 00:30
>49
パーフェクトってほんとなの?
いつもこの手のコピーにだまされているから、
にわかには信用できないなあ

67 :>66:2000/06/11(日) 02:29
何がパーフェクトなのかが問題なのでは?(笑)

68 :28:2000/06/11(日) 03:28
>46
情報サンクス。
F先生の絵だったような気がしてましたが、
昔の記憶はアテにならないからなぁ。
今度教えてもらったヤツを探して確認しておきます。

69 :63:2000/06/11(日) 08:17
>65さん
ああ、思い出しました確か「老雄大いに語る」でした、感謝!


70 :初代:2000/06/11(日) 09:47
ハリィ・ハリスンの「宇宙兵ブルース」(名作)もF氏の挿絵だね。



71 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 13:37
>64
マンガくんがヤングサンデーの前身だったとはね。
世の中わからんものですね。

72 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 14:25
>71
エスパー魔美、球道くんの掲載誌が、いまや
殺し屋イチ、ワールドイズマイン の掲載誌ですもんね(笑)

73 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 23:55
age

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)