5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フィリピン娘・ジーナとの物語

1 :森 膣外:2000/02/03(木) 20:38
久しぶりにこの店にきた。連れの男は近ちゃんとフーさん。顔見知りの
娘がまだ何人かいる。ママが来て指名は誰にすると聞くので知っている
ウェイウェイとジーナとこずえを指名。暇だったためか、エリカともう
一人、ニューフェイスだという葵もやって来た。
ウェイウェイとこずえ、それに葵は台湾人。ジーナとエリカはフィリピン
人である。葵はこの街が初めてで、前は広島だったと言う。敬意を表して
近ちゃんの横に座らせた。その内にだんだんとフーさんとエリカがいい
雰囲気に成って来たので、フーさんがカラオケで歌っている間にジーナ
とエリカに頼んだ。
「フーさんは外人と付き合ったことないし、いい友達でデート位してやつて」
エリカは
「うん、わかったよ」と言い、俺にウインクを送ってきた。
俺も近ちゃんも女の娘とバカ話をしながらチラチラとフーさんとエリカ
を観察していた。そのうちエリカがフーさんの耳元で何かを囁き、フーさん
はチョコチョコとメモを書き、エリカに渡した。
1セットだけで店を出て、居酒屋へ流れた。
フーさんは「エリカっていい娘だなぁ」としきりにホメている。
近ちゃんが「何か約束したんか?」と聞くと
フーさんは「今度、食事!初めて誘われちゃった」と嬉しそうにしていた。

フーさんが帰ってから、俺と近ちゃんで善後策を打ち合わせ。まぁダメ
だろうけど、フーさんの恋をバックアップすることを確認。そして
「近ちゃんは誰にする?」と聞くと
「じゃあ、この間は葵で行くわ。お前は?」と聞くので
「それならジーナにする」と答える。この時点で近ちゃんは葵の携帯番号を
聞いていたが、俺はまだ何にも知らなかった。



2 :名無しさん:2000/02/05(土) 19:03
なんだこりゃ?ネタか?
友達ならわるいこといわねーから素人の娘紹介してやれや。
ケツのけばぬかれんぞ、友達。

3 :森 膣外:2000/02/05(土) 23:40
>2 これね、ネタじゃなくて現在進行中の実話ダス
  だから進むペースは遅いと思うけど・・・。


4 :原田泰造:2000/06/01(木) 14:26






























































5 :名無しさん:2000/06/02(金) 03:03
却下!

6 :名無しさん:2000/06/09(金) 04:27
あの〜
続きがよみたいですぅ〜

7 :名無しさん:2000/06/09(金) 11:14
恋・・・・?カモられておしまい。
知り合いのおじさんで結婚した人。現地にいって式あげて、家建ててやった。
もう6年くらい前。まだ、こないよ嫁。
でも送金している。少しでも遅れると催促。
「あなた冷たい人、日本行くの怖い。」と泣き声。コレクトコールでね。
長期の休暇とれて突然尋ねたら妊婦になってた。
「神サマがくれたのよ」だとさ・・・。都合悪いと「神」だよ。
よく日本人とのハーフの子の話題がでるけどさ、相手にするなよ、弁護士。
アイツラの言っている事なんざ、妄想よ。双方の話聞いてみろよ。
金のありそうな人間にゃ自分から乗るのさ。なぜ、ここまで言うのか?
オレのオヤジの相手がそうだったからよ。オヤジは遊び人でオフクロもあきらめていて
バイプカットをする、素人とは遊ばない、金で解決できるのと遊ぶ、だけを遵守させてた。
それが何狂ってんだか「ベビーいます。別れてください。」だとよ。
笑ったね,オレ的には。でも、オフクロは哀れだったよ・・・。「産めば?でも,その子主人の子なの?」
結果、産んだよ。産まれるわけない血液型の子をね。誰に押し付けているのかね。今ごろ。
オヤジはいわゆるビョーキな人間だよ。ただきれいに遊ぶ。金払いもいいしね。
あっちのオンナなんざ まず「マネー」だよ。口にはしないけどね。
「愛」とかわけわかんねーこといってたんじゃねーよ。
傷つけられている家族の身になれよ。てめーら、金で納得ずくなんだろ?
延々と金引出したいからって、騙すんじゃねーよ。
裁判にでたら、どちらが悪いかハッキリわかるんだぜ?ハッキリさせるか?




8 :名無しさん:2000/06/09(金) 12:05
**************終了**************

9 :森 膣外 :2000/06/11(日) 03:48
こう言った店の女の娘達は、特に日本に何度も来てるような娘は日本に
彼が居る事が多い。ジーナもエリカも日本は長いしこの街も長い。葵は
この街が初めてで日本に来たのも2度目だった。だから俺はてっきり葵が
一人身でジーナもエリカには誰かいるだろうと踏んでいた。しかし、2.3度
店に通っているうちにまったく逆なことがわかった。普通、女の娘達に
「彼はいるの?」と聴いても絶対にいるとは言わない。しかし、俺も近ちゃん
も前からジーナとエリカを知っていて本音で話してくれる。今、彼がいる
のは葵だけで、ジーナとエリカには本当にいないようだった。ならば
フーさんのチャンスは大きい。今度こそ外人の彼女が出来そうな予感が
していた。フーさんに
「エリカ、今は一人だって。」と言うと、フーさんは目を輝かせ
「おぉーし!」とりきんでいた。しかし、まだ二人でデートはしていない
ようだった。彼女達には月8回の同伴のノルマがある。だから食事して
店に同伴すると言えばまずデートは出来るのだが、恐妻家のフーさん
は中々夜家を開ける決心がつかないようだった。しょうがなく俺はフーさん
を誘ってジーナとエリカを呼び出し鮨屋へ行くことにした。



10 :名無しさん:2000/06/11(日) 05:41
ワタシ、ジーナ。フィリピンから来たの。
ニホンに来るの三回目。
前は、売春宿に送りこまれて、ツラカッタヨ。
一日に何人も客とらされて。涙がとまらなかったよ。
「お前は、もういい年だからこんなトコしか斡旋できん。」と言われたよ。
もう2度とくるもんか・・・。と毎日思いながら、カラダ売ったよ。
だから、グッバイする時もSo@`Long.のつもりだった。
まさか、See.You.になるなんて、ゆめにも思わなかったよ。
フィリピンでは、ストアをするつもりだったよ。
でも、そのための、ワタシがカラダ売って稼いだマネー、
旦那がすべて遣っちゃったよ。旦那は働く素振りもみせずに
「またいってくれるんだろ?」とワタシのカワイイエンジェル
6歳になるムスメを膝にのせ、笑ってた。彼のママも
「ニホンにまで行って,家立て返せる金も作れないなんて・・。」と言うし。
ワタシ再びエージェントに頼んだよ。
「何人乗せてでもイイ。マネー作る。」と誓ってね。

11 :名無しさん:2000/06/11(日) 06:12
再びニホンにやってきたよ。
今回は売春宿じゃ、ナイ。だけどここも、スケベそうなオヤジばかり。
隣に座るのすら、イヤ。でも、「マネー」のためよ。
ジーナいつも思う。ニホンのオトコ一人で行動しない。
まったく魅力ないし、こう言う人をハズバンドにもつなんて思えないよ。
同じお店の葵にはニホン人の「彼」がいる。フィリピンには三人の子がいるのにね。
「マネー、いい、アイシテルっていうだけで、くれるのよ。
使えるだけ利用するよ。淋しい人の為のボランティアよ。ジーナも、
ほら、いつも来るさえない親父三人組なんて、どうよ?」
「今度、食事でもどうか?ってさそわれたよ。」エリカが笑う。
彼女は四人の子持ちだ。前回来たときニホンのオトコに結婚切り出され
偽装結婚をしたというツワモノだ。ダンナが二人いることを隠している。
無論、新しいダンナを探す為にね。だから、お食事は彼女にとって大事な
ビジネスチャンスだ。相手の懐具合を調べる為の大切な場だ。
「スシだってよ。」ひゅーと口笛を吹く。最高ランクに近い。
名前いや顔すら思い出せない相手だけど財布の厚みは想像つく。
「行こうかな・・。」そうエリカに告げ「財布」となるべくオトコの待つ
スシ屋へと向ったよ。

12 :名無しさん:2000/06/11(日) 12:18
ホントは、お店にきてもらってお金おとしてもらった方が
こちらとしては、ありがたいんだけど、片方の都合があわないらしい。
ま、事情なんてどうでもイイよ。マネーさえしっかりくれれば。
「スシよりもファミレスの方がイイのになー。」というと、エリカが
「これは、ビジネスよ。巻き上げたマネーでいくらでもいけるでしょ。
スシなんてニホンでは高級なランクなのよ。どれくらい絞りとれるか、競争する?」
さすがにダンナが二人いる人は、考え方が立派だ。見習わなくては・・・。
スシ屋に連れて行ってもらうと、カウンターの人達が一斉にこちらを見る。
店員すら「いらっしゃい。」とも言わずにイヤそうな視線を投げる。
「奥の座敷に、お願いできますか・・・。」女主人に導かれて、奥へと向った。
奥は畳部屋だ。畳は苦手だ。足をなげだす。エリカはワタシに
「まだ、マネーもらっていないのよ。サービスしないの。」とタガログ語で言う。
そういうエリカはジーンズだ。懐具合を確認しないと見せない。
そういう彼女の行為は尊敬に値する。ワタシときたらいつものミニ。
エロオヤジ達は、鼻の下伸ばして気づかない素振りで覗きこむ。
「ね、わかった?」これからは、エリカの助言には素直に耳を貸そう。
「ホラ。」着ていたジージャンを貸してくれた。腿の当たりに掛ける。
思惑に気がついたエロオヤジどもは、目を逸らす。
逆にワタシとエリカは目を合わせ互いにウインクを投げかけた。

13 :森 膣外:2000/06/11(日) 14:58
適当に鮨をつまみながらジーナを見る。フーさんとエリカのことはほっとけばいいだろう。
フーさんが慣れてなくてもエリカは適当にあしらってくれるだろう。少しの夢でも見ることが
出来たらそれでいい。たとえ多少はまってもフーさんには良い経験になるだろう。
ジーナは小柄で童顔のためか二十、二・三にしか見えないのだがたしか27の筈だ。
しかしプロポーションに文句はない。どうゆう風に持っていこうかなと思案をしていると彼女は
「貴方、エデリのいた時からうちの店来るようになったんだったね?」と言う。「あぁ、そうだったな」
と答えると「エデリの次がカンナでその後はボボだったね」とマレーシア、台湾、フィリピン取り混ぜて
前の女の娘達の名前を挙げた。前からの顔なじみというのはこの辺がやり難い。俺の付き合った女を
大体覚えていやがる。落せるか、落すべきか、色々考えながら鮨屋の時間が流れた。


14 :名無しさん:2000/06/11(日) 16:32
「ジーナ,イイよ。」スシ屋からでた後エリカが目配せしてくれた。
「ワタシの三人目のダンナね。遊んでなさそうだし、すぐ落とせるよ。」
「うーん、ワタシは・・・。」パスしたいとこだけど、
しばらくは純情可憐な「グループ交際」をエリカは望むだろう。
「一度寝たオトコはマネー出し渋る。」エリカの哲学のひとつだ。
二人で会えば、誤魔化しが効かない。すぐにベッドヘゴーだ。
そうなる前に引き出せるだけ、ひきださなければいけない。
大体ニホン人にすら相手にされない哀れなオヤジだ。
さっき店でカマかけたら、うれしそうにしてるの・・。サイテ−。
なにアジアのオンナばかりを相手にするか・・・。
金がないのにエロだからなのに。
モテテいる、遊び人だと勘違いするアタマの悪さ。ちょうどイイのかも・・。
ダンナに言われこんなトコまで出稼ぎにくるワタシと・・。
多分エリカもそれを望んでいるのだから・・。
フィリピンでワタシの帰りを待っているマイエンジェルが目に浮かぶ。
少しでも稼いで帰りたい・・。
このアツイ財布を持つエロ親父はちょうどイイ相手なのだ。
「OK」ウインクしてエリカに答えた。カモたちは相変わらずニヤニヤしている。
気持ち悪い・・・。「マネーのもと、マネーのもと・・・。」繰り返さずには、いられない。

15 :名無しさん:2000/06/11(日) 17:01
なぜ、ニホンのオトコは「恋愛ごっこ」をしたがるのだろう。
不思議でならない。すべてマネーがらみなのに、何を望んでいるのだろう。
確かに売春宿に送り込まれた時は、ツラかった。でも、ハートはラクだったよ。
こういう「恋愛ごっこ」特に「遊びなれているぜ、モテるんだ、オレ」風の
エロ親父扱いは、疲れる。エリカの遊び慣れてないエロ親父の方がよかったよ。
だから、エリカはあっちを選んだのか・・・。
ホントにジーナ、アタマ悪いよ。いつもいつも、そうだ。
エリカには、後で少しわけてもらわなきゃ。ラクな方ゆずったのだから・・。
なんか、バカエロ親父が戯言いっている。
ニホン女にゃ相手にしてもらえないだろう。ワタシだってゴメンだ。
マネーだとビジネスだと思わなきゃ、やっていけない。
「このエロ親父、死んじまえー!」エリカがニコニコしてタガログ語で叫ぶ。
隣のエロ親父はわけわからず、気味の悪い笑みを浮かべる・・。
言葉の通じない相手と一緒にいて楽しいのか・・?
そんなに誰にも相手にされないのか・・?だろうね。こいつらじゃ。
「エロバカ親父ーーー、死ね。寄るなー!!」ワタシも叫ぶ。
叫んだ後、エリカと顔を見合わせて、笑った。


16 :名無しさん:2000/06/11(日) 17:29
ねえ、本家さん続きまだ?
遅いよ。分家の続き書けないんで、お早くお願い致します。
それにしても、こんなの書いてる人ってだれよ。
あ・自分か。
失礼しました−。
ジーナがサイボーグっていうの、どうよ。
オッパイがミサイルで出来てんの。
で、愛撫されたりして興奮すると発射すんの。
だから、ビザはいらないの。
兵器として日本に輸出されてきたの。
どう?とりいれてみてね。

17 :名無しさん:2000/06/11(日) 20:35
>1
業務連絡
オフロ入ってくるので、その間にレスつけとくように。
            以上

18 :森 膣外:2000/06/11(日) 22:46
以前のことだがフーさんが台湾の女の娘に惚れたことがあった。
近ちゃんが今も付き合っている智子の従姉妹でヒトミと言う娘だった。
「どうやって誘えばいい?」というフーさんに近ちゃんは
「飯でも行くか?」と聴いてみろと答えてやっていた。
フーさんは言われた通りヒトミを飯に誘ったのだが、後がいけない。
待ち合わせを午後3時にしたらしい。3時に彼女を迎えに行き、
飯を食べ終わって店を出たのが5時頃。車に乗ったヒトミが
フーさんに言ったのは「ありがとう。ご馳走様でした。悪いけど私、
5時半にお客さんと約束があるから、部屋まで送って!」だった。
飯を誘われて、飯だけで終わるなど普通考えられない話である。
フーさんがヒトミの趣味ではないことは薄々解かってはいたが
聞いてびっくりした。以来フーさんの陰気さに磨きがかかっていた。
3時という早い待ち合わせのため、ヒトミはホテルにでも連れ
こまれると考えたに違いない。彼は絶対に大丈夫なのだけど。

19 :森 膣外:2000/06/12(月) 02:49
それ以来、一年ぶりに好きな娘を見つけたフーさんは嬉しそうにソファー
にもたれていた。横にエリカを座らせて。カラオケ歌たっり、飲んだり
そてしる二人の横、俺とジーナはずっと話し込んでいた。昔のこと、
友達のこと、店のことなど色々と。艶っぽい雰囲気はなく、古い友達と
再会を楽しむという風に過ごし1セットだけで店を出た。ジーナも俺も
携帯の番号を聞くこともなく「また来てね。」「あぁ、またね」と
別れた。今日、ジーナと一緒にいて俺の心の中に口説いて落そうという
気持ちは無くなっていた。いや、ちょっと違う。さし当たってどうでもいいか
という気分だった。プロポーションもいい、性格もいい、顔もそこそこ
可愛い。けど何か少し違うものを感じていた。俺にとって女の娘と遊ぶという
ことはSEXが目的なのではなく、二次的なものに過ぎない。女の娘を本気に
させるまでのゲームと言っていい。だから金目的で売りをしている娘は相手
にしないし指名もしない。いくら可愛くても綺麗でもその手の娘には
興味はない。勝手にやってろである。今、俺には2年付き合っている
台湾の娘と、店に行かなくても電話一本で逢える娘が二人ほどいるし、
SEXに不自由はしていない。ジーナのことは暫くは様子を見て
落し方を考えてみることにしようと思う。ちょっと難しいかなという
気持ちとどっちでもいいやという気持ちが入り混じっていた。
店を出ると雨が近いせいか雲が厚く、星の見えない夜だった。

20 :名無しさん:2000/06/12(月) 04:51
ワタシ「板尾の嫁」ヨ

21 :名無しさん:2000/06/12(月) 16:38
正直いうと、この「遊び人」と勘違いしているオトコがキライだ。
マネーでしか繋がりを留められないくせに
「不自由してないんだ。」などと嘯くオトコの事など。
今までのマネーがらみのオンナの名を挙げたら嬉しそうな顔をしてた。
牽制しているとでも思っているのか?だとしたらこの人は本物のバカだ。
心底、軽蔑しているのだ。
ニホン人に相手されずにコンプレックスを抱えワタシ達をマネーで買う事を
「恋」と誤解するおばかさん・・。星が見えない。当然か。ここは、ニホン。
「ジーナ、ワタシ達は女優よ。」
ワタシの心を覗きこんだようにエリカがつぶやく。
「イイ?彼らが望んでいる事は、寝る事じゃないのよ。恋するハートなのよ。
すぐ寝てはいけないの。ドキドキが欲しいのよ。
かわいそうじゃない、マネーでしかコミュニケーションとれないのよ。
この可哀想な人達は、そう言う風にしか付き合えないの。
ワタシ達は彼らのニーズをすぐに察知してそのニーズを的確に演じる女優なのよ。」
「バカみたい・・・。」そっと、つぶやく。彼らにも、ワタシにも。
「そうよ、バカになんなきゃできないわよ・・。バカ相手はね。」
そう,バカだ。ダンナに言われこんなトコにまで出稼ぎに来る自分。
こんなバカで勘違いしているオトコの相手がお似合いなのだ。
汚い空、フィリピンに続いているのだろう。どこからが、フィリピンなのか
区別がつかない。でも、ハッキリした事ひとつ。
ワタシの横にいるのは、「自分は不自由していない。」と
マネーの力と恋の区別がつかないバカがいること・・・。




22 :名無しさん:2000/06/12(月) 19:12


読む気にならない。

23 :森 膣外:2000/06/12(月) 19:31
了解。終了。

24 :>森 膣外:2000/06/12(月) 20:27
ふふふー。
現実の話なんでしょ?
目をさましてねーーー。
ま、フィリピーナのキモチはこの程度よ。
バカにされてんのに気づいてね。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)