5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チョムスキーってどうよ

1 :名無しさん:2000/03/20(月) 02:51
とりあえずミニマリストプログラムを借りてきたんだけど、
読むための取っ掛かりみたいなものがつかめない。


2 :ジュガシビリ:2000/03/21(火) 15:31
統率・束縛理論系も読んでおかないと、しんどいのでは?




3 :名無しさん:2000/03/23(木) 17:04
Radfordの書いた入門書から読めばいいんでない?
ちょっと書き方がクドイ気がするが、おおむね初心者向きで判りやすいと思う。

個人的にはチョムスキー系結構好きッス

4 :名無しさん:2000/03/28(火) 01:02
http://www.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psycho&key=944139175&ls=50
昔のスレッド〜〜

5 :名無しさん:2000/03/28(火) 01:14

チョムスキーといえば、ちょっと前の政治思想板で、
彼の政治的な言説について盛り上がってましたね。

6 :だめもと:2000/03/28(火) 20:49
生成文法理論って、なんなの?
なにかに役に立つ理論というのとは違うの?

7 :衝動派:2000/03/31(金) 22:28
>6さん
何かに役立つ理論って、えてして、ダメ話だったりすること多くないですか?
分子ってなんなのさって考えていって、原子とか出てきて、原子って
どんな構造なんだよ、って量子論とか出てきて、じゃあ、それを実証して
みようって実験が考案されて、その実験の応用で電子レンジができあがって、
今じゃ、コンビニで「暖めますか?」なんて女の子に言われちゃうんだから
俺の心も暖めてよ、なんて思っちゃったりするのも、これ発端は、
役立つものもとめてたわけじゃなかったんだろーなって、これ、ダメもと?

8 :名無しさん:2000/04/15(土) 13:18
生成文法の入門書とか読むと構文のツリーが出て着たりしますが
This is a pen. みたいなbe動詞の文が例にないような気がするのは
僕だけでしょうか。

9 :Faithfulness:2000/04/17(月) 01:26
>8さん
be動詞って純粋な動詞じゃないです。んで、後々辻褄が合わなくなったりするんで、入門書とかだと避けるんですよ。
でも、入門書とかでも最後の方には結構be動詞も取り扱われているとおもいますよ。

10 :hanage:2000/04/17(月) 13:24
>9さん

>be動詞って純粋な動詞じゃないです。
純粋な動詞じゃないってどういうことですか?
詳しく解説していただけたら光栄です。

11 :Faithfulness:2000/04/18(火) 11:16
うまく説明ができるかどうか分かりませんが...
大まかに言うと以下のようになります。
純粋な動詞って言うのは、たとえばhit‘たたく’とか、kiss‘キスする’とかです

まずbe動詞は意味的に他の動詞と異なります。
1)John hit Jim.
2)John is the weird guy in class.
(2)の文はJohn=the weird guy in classですけど、(1)ではJohn=Jimではありませんよね。
つまりbeには動作的な意味がなく、二つの物事をくっつけているだけに過ぎません。
変わりに(1)の文の二つの動詞はどっちも動作的な役割があります。
こういう動詞自身に意味が無く、主語と動詞の後に来るものがイコールの関係で結べるのをCopulaといいます。
英語以外の言葉を見てみるとこのCopulaの扱いが結構異なります。
たとえば、中国語では名詞と名詞をくっつけるときに「是」を使いますが、名詞と形容詞の場合にはいりません。
3)他「是」一個学生。‘かれは学生です'
4)他很奇怪。‘彼は変です’
日本語も、形容詞はそれ自体が動詞のようになったり変化をしますよね。
あと、インドネシア語は確かbeにあたるものが完全に無いと思います。

12 :Faithfulness:2000/04/18(火) 11:46
訂正:「(1)の文の二つの動詞」→「...の名詞」

んで、シンタックス(統語論って言い方堅苦しくない?)的なものをいいますと、

まず否定文でbeは異なります。
1)John kissed Sally/John did not kiss Sally. でも、
2)John was happy/*John did not be happy.
じゃ無いですよね。(*マークは間違った文をさします)
3)John was happy/John was not happy.
これが正しいですよね。
つまり、一般的な動詞を否定する時はdoが時制をおびて、んでその後ろに元の動詞が不定形になって現れます。
でも、beの場合にはnotがただ直接くるだけです。これを生成文法的にあらわすのはちょっと骨が折れます。

次に、受身です。一般動詞は [目的語 be 過去分詞 by 主語]という決まって形で受身にできます。
まああたりまえなんですけどbeから受身構文はできません。
4)Sally was kissed by John.
5)*The weird guy in class was been by John.
深くは言いませんが、これには意味的にもシンタックス的にも理由があります。

でも、これをGenerative Grammar入門で最初からやると結構つらい事になってしまいます。
というわけで、beは最初の段階で扱われないんだとおもいます。


長々と御清聴ありがとうございます。あと、ここは違うってのがありましたら(たぶんあるんだろうけど)、ご指摘ください。
日本語で説明するのは初めてなんで、うまく説明できてればいいんだけど、、、

13 :>1:2000/04/18(火) 16:05
とりあえず、大修館「英語への旅路」小西友七著に簡単な
英文法の現状が書いてありますよ。

14 :餌彦:2000/04/18(火) 23:35
おれも借りたぜ!!ミニマリストプログラム!
う〜ん、疲れそう。

どうでも良いけど、邦題の「統率・束縛理論」「障壁」「極小主義理論」て
知らない人がみたら何の本かわからんね。


15 :Faithfulness:2000/04/19(水) 15:21
MITでPh.Dを取るのでなければ、Minimalismは「深く」やらない方がよいと聞きます。
って言うのは、チョムスキーが新しいペーパーを出した時点で一瞬で時代遅れになることがあるからだそうです。
あと、全体的な移り変わりがとても早いです。(OTもそうですが)
あと、チョムスキー自身が言っていますが、Minnimalist Programはプログラムすなわち「計画」でして、理論として独り立ちしているわけではありません。
だから、理論言語学を極めたいのでしたら、クラッシックなGBとかHPSG・LFGを押えておくのも重要だと思います。

16 :もと服部派:2000/04/21(金) 18:28
>クラッシックなGBとかHPSG・LFG
むかし苦労して読んだのに。
そんな風に言われちゃう時代が来るなんて(シクシク)。
これだから生成文法、やる気しないんだよなー。

17 :名無しさん:2000/06/01(木) 04:35
チョムスキーってコンピュータのプログラミングできるのかな。

どうでもいいか。。


18 :衝動派:2000/06/03(土) 20:03
できないと思います。推測です。息子さんが、計算機おたくになった
という話は聞いたことがあります。(少し、溜め息)

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)