5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日刊ゲンダイを読む

1 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:31
http://mypostpet.to/nikkangendai/

2 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:32
 情けない話ではないか。総選挙の公示日をあす13日に控え、自民党の候補たちが
「どうか推薦してほしい」と公明党に駆け込んでいる。
 公明党は8日、第1次の推薦候補128人を発表。うち116人が自民党候補だ。
 驚かされるのは、ここ数日で自民党の推薦要請が倍増したことだ。当初、自民党か
らの推薦要請は70人程度で、公明党は50人くらいを推薦するとみられていたが、
ここにきて要請が急増。森首相の「神の国」発言で当選が危なくなったと、雪崩を打
つように公明党を頼る動きが出てきているのだ。もちろん、自民党候補たちの狙いは
創価学会票で、さらに30〜40人が推薦される予定だという。自民党はまさに党を
挙げて創価学会にオンブにダッコだ。
「過去にも小渕派を中心に創価学会の票をもらう候補はいましたが、これほど大々的
な推薦要請は初めてです。学会の票をもらえば、逃げる票も出てくる。それを考えれ
ば、普通なら、選挙区で自公一体化を表に出したくない。
 しかし、自民党候補は自力で勝ち上がる自信がないから、“自公隠し”や“学会隠
し”をやっている余裕もないのでしょう。恥も外聞もなく、学会にすがりついている
のです。自公一体化を自ら宣言したようなものです」(政治評論家・山口朝雄氏)
 公明党・創価学会の疑惑の体質や不気味さは、政界の裏の裏まで知り尽くした自民
党議員がいちばん分かっている。それでいて、公明・学会の推薦を受けなければ当選
できないと泣きついているのだから、どうしようもない。物ごいじゃあるまいし、政
権政党、第1党の政治家としてのプライドはないのか。そんなくらいなら、自民党で
なく公明党を名乗ったらどうか。



3 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:32


◇◆ 森首相まで地元で公明党にペコペコする醜態 ◆◇

 この自民党の弱腰というか、弱体化は公明・創価学会を喜ばせ、ツケ上がらせるだ
けだ。
 自民党は「参院が過半数割れだから」という理由で公明党と手を組み、自公連立に
踏み切った。当初は公明党なんて補完勢力にすぎないと強調していたが、いまや主客
転倒だ。何をやるにも、公明党にお伺いをたて、許可をもらわないと動けなくなって
いる。
「森を首相に決めたのは公明党との連立を優先させたものだし、森が“神の国”発言
で陳謝したのも、国民の批判が強かったからではなく、公明党・創価学会が信者に説
明がつかないと怒ったためです。さらに6月25日が投票日になったのも、創価学会
の都合だといわれています。学会は組織的な選挙準備に最低でも1カ月半は必要です
が、5月3日の池田名誉会長の会長就任40周年で燃え上がった学会員のエネルギー
を最高潮にもっていくには6月25日が最適となったのです」(事情通)
 後継首相や解散日程の決定権を握られたうえ、さらに選挙まで学会票頼みになった
ら、どうなるのか。政権政党・自民党はもはや骨抜き、池田大作の高笑いが聞こえて
くる。
 創価学会票をアテにするような堕落議員たちは落選運動で排除するしかない。宗教
評論家の丸山照雄氏がこう言う。
「有権者の7割近くは自公連立に批判的で、公明党がこれ以上、政権の中枢に入り込
むことを危険視しています。しかし、自民党議員はそんな批判も何のその、“自公新
党”的な選挙態勢に突き進んでいる。創価学会依存は強まるばかりです。有権者はナ
メられているのだから、こうなったら、創価学会票頼りの自民党候補には投票しない
ことです。ウラでこっそり応援してもらっていると分かりにくいが、今回は推薦が公
表された。学会に頼る候補はハッキリ色分けされたのですから、有権者も白黒をつけ
やすいというものです」
 推薦された一人である森首相は、地元へのお国入りで、帰りの飛行機をキャンセル
してまで、公明党支部へアイサツに出向き、歓心を買おうとした。また自民党の中に
は「私は3党連立候補です」などと学会員にコビを売る姑息な連中もいる。本当に落
選運動が必要になってきた。


4 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:33


◇◆ “隠れ学会議員”が大量当選したら民主主義の危機 ◆◇

 学会票の世話になる連中が次々と当選したら大変だ。“隠れ公明議員”が自民党内
にまん延し、国政は完全に学会・公明に牛耳られることになってしまう。評論家の岡
本愛彦氏が言う。
「公明・学会の後押しで当選した自民党議員は間違いなく学会に頭が上がらなくなる。
自民党議員は選挙で助けてくれる個人や団体に弱い。自民党がゼネコンや医師会に甘
いのはそのためです。学会が最大の支援者となれば、自民党が学会の事情を最優先し、
学会中心の政治を行うのは目に見えています。池田大作名誉会長はかつて“(公明党
出身の)デージン(大臣)は皆さんの部下だから”と発言、ひんしゅくを買いました
が、自公連立の下では自民党の首相や大臣は、池田学会にアゴで使われることになる
のです」
 公明党が独自で擁立する候補は小選挙区18人、比例区53人。当選は、せいぜい
35〜40議席とみられている。これだけなら衆院(480議席)の1割以下にすぎ
ないが、学会票の後押しで当選した自民党議員が100人、150人もいたら恐ろし
い事態だ。
 これまでは、池田大作の国会喚問を持ち出されることが、学会・公明の最大の“弱
み”であり“抑止力”になってきた。しかし“隠れ公明議員”が小渕派まで抜いて最
大派閥にのし上がることになったら、池田喚問どころの話じゃない。学会・公明党の
やりたい放題に歯止めがかからなくなる。
「池田学会は、公明党の衆院議員なんて不要と考えている。そのくらいなら、300
選挙区の勝てる議員を応援して、全員を子分にした方が手っ取り早い。自民党候補の
推薦要請ラッシュは、まさに学会の思い通りの展開です。笑いが止まらないはずです
よ」(学会事情通)
 池田大作は内輪の会合で「天下を取ろう」と檄を飛ばし続けてきたというが、“そ
んな悪夢”が迫っているのだ。


5 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:33


◇◆ 学会の政界制圧を食い止めることが最大の争点 ◆◇

 そんな政治になっていいのか。投票日を前に、国民はじっくり考えるときだ。
 創価学会・公明党は、今回の選挙でも「政教一致じゃないか」と言われていること
を平気でやっている。聖教新聞には、連日「勝利」だの「怒とうの前進」「征け、征
くんだ」といった檄があふれ、宗教新聞というより、まるで選挙動員新聞だ。
 それにあおられて、学会員はシャカリキになって全国の激戦地を飛び回っている。
宗教的行事で学会員が騒ぐのならまだしも、政治的にここまでやっていいのか。
 それだけじゃない。気に食わない候補には組織を挙げて恐ろしい“イジメ”を繰り
返している。選対関係者が言う。
「自公批判の急先鋒である自民党の白川勝彦、平沢勝栄両氏に対しての攻撃は常軌を
逸しています。ある学会幹部は“社会の厳しさを教えてやる”と公言。各地から動員
された大量の学会員が対立候補の応援に回り、まさに“宗教戦争”の感じです。派閥
の幹部にも圧力がかかったらしく、いったんは快諾した応援演説まで当日にキャンセ
ルされ、候補者はホトホト参ってしまっています」
 多くの国民もうなずいている自公批判を、組織力でつぶし、一般有権者の目に触れ
させないようにする。こんなことが許されたら恐怖政治だ。民主政治の危機である。
 問題はその危機を伝えるべき大マスコミがまったく黙殺していることだ。先日、池
田大作名誉会長の著作本の1ページ広告が全国5紙をはじめ地方紙、スポーツ紙のほ
とんどに掲載された。今や大新聞・TVにとって、池田学会は印刷やら広告でスポン
サーだから、民主主義の危機も見て見ぬふりなのである。
「創価学会は、海外でカルト教団扱いされている。国や国民のことよりも、組織のト
ップの意向を最優先させるから問題が尽きない。そんな集団が司法警察、公務員、マ
スコミにまで入り込み、さらに政界を制圧しようとしている。それを許していいのか。
今度の総選挙で公明党と隠れ学会議員を勝たせたら、取り返しのつかないことになり
ますよ」(丸山照雄氏=前出)
 危機感を持つ有権者にできることは、総選挙で推薦候補に票を入れないことだ。今
度の選挙の最大の争点は、危険な学会のこれ以上の政界侵食を止められるかどうかな
のである。



6 :マイポストペット:2000/06/12(月) 22:34
─【矢野絢也の永田町一刀両断】─ 連載 ───────────────────
▼ 動き鈍く噛み合わない自民・公明の選挙協力 ──
──────────────────────────────────────

◇ 現場では疑心と不満だらけ ◇

 日経新聞(6月10日付)の世論調査によると、東京での民主、共産、自由、社民
の野党4党の支持率は41.2%で、与党3党の37.1%を上回っている。比例代
表選挙でも野党に投票すると回答した有権者は42.3%で、与党の31.0%を大
きく上回っている。どうやら都市部で自民党は大苦戦だ。
 そこへ反創価学会系の宗教団体でつくる「四月会」の立正佼成会、霊友会、仏所護
念会は自主投票で臨む方針を決め、小選挙区でも基本的に創価学会の支援を受ける候
補者の対立候補を推す方針を決めた。従来は、これら宗教団体や建設業などがポスター
張り、ビラ配りなど運動の重要な足だったから、自民党候補は困り果て急きょアルバ
イトを多数雇っている。
 そこで創価学会票頼みで、公明党の推薦が欲しいと要請が相次いだ。公明党は当初、
60人程度と考えていたが、一挙に増えて保守党など含めて計128人を推薦するこ
とになった。自公連立最初の選挙だけに「負けられない」という思いが公明党、創価
学会首脳にあるからだ。
 だが、「学会員の自民党支援の動きは期待したほど活発ではない」(自民党首脳)
という。公明党の活動家は友人、知人から「今まで非自民だったのに、なぜ自民と組
んだのか?」と問われ、森首相の「神の国」発言の説明で苦労している。
 だから創価学会首脳は「やりにくい」と言い、「公明党の選挙固めが先決だ」と言
う。おまけに自民党の公明党向け選挙協力が動かないことに「不満がある」と説明し
ている。
 たとえば東京では、公明候補の出るところに自民公認候補や保守系無所属候補が出
て熾烈な争いになっている。大阪でも自民は8選挙区で立候補を見送り、そこまでは
良かったが、公明支援の動きは鈍い。
 5月20日、大阪府選出国会議員や府議らが集まった自民党府連の選対会議では
「要は何もせんこっちゃ。それでも自公保協力になる」「『比例は自民、選挙区は公
明と書いて』と頼めるかいな」という調子だったという。学会員から「いったいどう
なっているんだ」と怒りの声が出ている。
 そこで公明党は「話が違う」と自民党を責める。自民党幹部は「困ったことだが仕
方がない。自民党の場合、後援会、地方議員との調整など一朝一夕でできない」とサ
ジを投げ、「公認調整のしこりで、あとの突き上げが恐ろしい」「これで学会票が来
なければ踏んだり蹴ったりだ」とボヤいている。自民党では無理やり、小選挙区から
比例区に回され、しかも順位が低いという不満も充満し、高齢を理由に降ろされた人
も腹の虫が納まらない。選挙結果が悪ければ、森・野中体制へのそれらの不満が一挙
に噴出することになる。



7 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 22:47
昨日の沖縄の結果を見て真っ青になってることでしょう>矢野氏
思えば3年前の総選挙でも民主大躍進と予想を大きく外していました。
未だ政治評論家として活躍しているのが甚だ不思議です。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 23:50
池田(尊)副会長「竹入の次は矢野ですね。」
池田太作名誉会長「矢野の役割は終わった、消せ。」
池田(尊)副会長「承知しました、早急に手を打ちます。」


9 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 05:18
ageage

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)