5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの隣にいる名族の子孫

1 :仁木:1999/12/14(火) 00:12
あなたの友人、知り合い、職場の同僚etcに
名族の子孫と名乗る人はいませんか?
あなた自身の話でも結構です。


2 :出雲大社:1999/12/14(火) 00:24
の千家家

3 :右府:1999/12/14(火) 02:21
佐賀の鍋島家の子孫がいる。
本人はそのことにまったく興味がなく、詳しいことは全く知らない。

4 :>3:1999/12/14(火) 03:12
反射炉を個人所有してたりしないの?

5 :友達の結婚式で:1999/12/14(火) 09:32
甘粕さんていたので、二次会の時に聞いてみたらやっぱりそうでした。
坂本龍一には似ていませんでした。

6 :蛮勇演説の:1999/12/14(火) 14:41
樺山資紀の孫が高校の数学の担任でした

7 :本多忠勝:1999/12/14(火) 14:57
の子孫。その人名家ですよ。

8 :平七:1999/12/14(火) 19:55
南部の別家が同級生でした。
やっぱり津軽という姓を嫌ってました

9 :それは私です。:1999/12/14(火) 23:55
阿野全成の子孫です。
その他、大学受験の時、佐倉市出身の伊能君と知り合いました。
伊能忠敬の子孫でした。

10 :それは私です。:1999/12/15(水) 00:07
>9  訂正、佐倉でなく、佐原です。

11 :名無しさん:1999/12/15(水) 01:22
さがせばいるもんだねえ..あたりまえか

皆さん恥ずかしがらずに
どんどん名乗ってくださーーい

12 :しょーぐん:1999/12/16(木) 00:10
毎晩ニュースを読んでいる。
人を●●ったこともある。

13 :火狩:1999/12/16(木) 00:18
学校の同級生に、生麦事件でイギリス人を殺傷した武士の
子孫がいた。(母方の家が直系らしい)
母親は結構隠していたらしい。


14 :名無しさん:1999/12/16(木) 13:14
桜田門外の変に参加した水戸脱藩浪士(正確には神官)の子孫っていうのが友達にいるよ。
さらに母方は香宗我部の血をひいてるらしい。

15 :名無しさん:1999/12/17(金) 00:40
火狩さん
私もその子孫の方知ってます
私が知ってる人は父方ですけどね
おまけに下のカキコの桜田門外にも関係していますよ

16 :それは私です。です。:1999/12/17(金) 02:08
桜田門外の変で井伊をヤッタ芹沢氏の直系の子孫を知っています。

17 :名無しさん:1999/12/17(金) 10:39
伊達正宗の家臣の子孫て人がいた。
「独眼竜正宗」ではいかりや長介がやってたらしい。

18 :私も:1999/12/17(金) 18:23
政宗公の家臣の子孫です。
「独眼竜政宗」ではあおい輝彦さんが演じてました。


19 :>18 :1999/12/17(金) 18:27
「独眼竜政宗」にはあおい輝彦出てないよ。

20 :>19 :1999/12/17(金) 18:56
大和田伸也のまちがいじゃないかなあ…
「水戸黄門」つながりで。
だとすりゃ、宇和島の御家老さんってことだけど。

>17
すると村田雄浩の子孫ってことでもあるわけですな。

21 :>20:1999/12/17(金) 19:27
もっと安直に西郷輝彦のまちがいだとおもう。

22 :ほんとうです:1999/12/17(金) 23:42
私は古河公方足利家の子孫です。父方の実家のまわりには畠山姓や小俣姓などの支流の方も多く住んでいます。


23 :名無しさん:1999/12/17(金) 23:53
私は時々友達を「うっかり八べえ」ではないかと思ってしまいます。

24 :宇和島伊達の家臣というと:1999/12/18(土) 19:00
もしや穂積家ですか?
明治民法作った穂積陳重以下、えらい学者を多数輩出してますな。
(名前にだいたい「重」がつくのでわかる)
それから俳優の穂積隆信、穂積ぺぺは関係者なんでしょうか?

25 :名族ではないけど:1999/12/19(日) 00:01
歌舞伎の『暫(しばらく)』に登場する、鎌倉御霊神社で祭られている
武神鎌倉権五郎がご先祖だと聞いています。
千年も前の話なのでなんだかな、とも思いますが。

26 :>25:1999/12/19(日) 15:20
すごいじゃないですか!千年の家系なんて
鎌倉権五郎って何した人ですか?
歌舞伎しらないんです。

うちの先祖はそのころ何やってたんだろう?


27 :まみぞう:1999/12/19(日) 16:03
妹の友達のえっちゃんは、大石内蔵介の十一代目の直系で、
現在、演歌歌手になり「大石雪絵」として、がんばってます。

28 :>22:1999/12/19(日) 16:28
小俣雅子っていう、へんな声を出すアナウンサーがラジオの文化放送
にいるのですが、小俣っていうのは足利家関係の名家なんですか?

29 :べき:1999/12/20(月) 03:42
小俣っていうのはバカ野郎でキチガイに多い姓です。

30 :ここに行け:1999/12/20(月) 04:04
http://www.minc.ne.jp/shimadzu/kyokusui/PAGE04.htm

名続の子孫目白押し

31 :名無しさん:1999/12/20(月) 20:24
維新の雄、薩摩藩の島津家も今は島津興業って会社になっちゃったんだね
まあ皇族にも島津はいるけどさ
医療の島津は○に十字だけどあれまったく関係ないんだよね島津家と...

32 :名無しくん:1999/12/20(月) 20:34
今の学習院院長も島津姓だけど、直系子孫じゃないらしい。

33 :九六九六:1999/12/20(月) 20:47
バイト先に新田義貞の直接の子孫で当主の人が居るよ。

34 :ノーネーム:1999/12/20(月) 21:59
大学の租税法の教授が老中某の子孫でした。

35 :名無し:1999/12/20(月) 22:37
友達が松永久秀の子孫。ばあちゃんの旧姓が松永らしい。
将軍殺しが先祖で、ちょいへこんでた。

36 :名無しさん:1999/12/20(月) 23:10
同じクラスの田中君は与平の子孫らしいです。


37 :>1:1999/12/22(水) 03:04
国際政治評論家の中丸薫の父親・堀川辰吉郎は明治天皇が側室に生ませた息子らしいが、カーレーサー・浮谷東次郎の祖父の名もやはり堀川辰吉郎。ということは、浮谷は明治天皇の曾孫?

38 :ガールフレンドの:1999/12/22(水) 03:18
由美子ちゃんは、徳川吉宗と松平定信の直系の子孫。と、ゆーことは、松平定知アナの親戚ということになるわけだが、顔は松平アナには全然似てなくて結構美人である。ちなみに彼女は松平姓ではない。


39 :筑前住人:1999/12/22(水) 03:43
俺、藤原氏の末裔。傍流の傍流のそのまた傍流だけど。
戦国時代は○○越前守(おそらく自称)でした。
      ↑この部分おいらの名字

40 :鹿児島県人:1999/12/22(水) 06:06
自分の家が何かややこしいらしい。
平清盛の次男、平とももり(漢字を忘れた)が源平合戦で壇ノ浦に逃げた時、
神社の巫女に手を付けて、巫女が孕んでしまったが平家は全滅。
平家の落ち武者狩りで殺されないように、その巫女さんは薩摩の国に逃げて
産まれた子が男だったから、殺されないように島津の殿様に仕えるようになったらしい。
・・・自分でも訳解らないが「日本姓氏辞典」でも自分の家の名前が出ている。
私の家は貧乏なのに、「結婚は婿養子だ」とか「墓と過去帳を継げ」と言われてる。
私は普通に嫁行きたいぞ!

41 :そういえば:1999/12/22(水) 07:23
歌手の松田聖子の実家の蒲池家は、嵯峨源氏の渡辺綱の子孫で、
戦国時代は、18万石で柳川城の殿様だったらしい。
鎌倉時代の初代の蒲池久直から数えて聖子の兄の蒲池光久で44代目
とのこと。

42 :39へ:1999/12/22(水) 14:27
安心しろ、江戸時代に系図を作ってもらって
藤原にしたものだろう、関係無いから
そんなことで自慢しないように

43 :39へ:1999/12/22(水) 14:33
こういう話があった、
大学時代に、近江佐々木源氏を名乗る
デブの運送屋の息子がいた。ヒトラー信奉者小心者無能
確かにそいつの家はかなり前から商売をやっていたようだ
親父もかなりのデブで自信過剰、海軍自慢ときたもんだ。
ただね、君らが商売やっていたのなら、なおのこと怪しい
のだよ。
近江佐々木源氏の末裔というのは、近江商人が、江戸時代
に京の公家あたりに金払って、はい名族の子孫でございと
はくをつけてもらっただけなのに。
それを自慢しまくるとは悲しい奴、
現世がつらいのだろうな、、、、、



44 :>39:1999/12/22(水) 16:25
第一ホントに藤原直流か、それに近い家柄だったら
今ごろ藤原なんて名乗ってないっつーの!傍流でも
あやしい。ちなみに俺も藤原だけど、どうやら家は
平家の某落人の子孫らしい。信じちゃおらんが。

45 :42.43だ:1999/12/22(水) 17:19
おおわし以外にも39をおかしいと感じる人がいたか
本人の解答を求む

46 :>44:1999/12/22(水) 18:04
その手のいいぐさなら、うちも清和源氏の傍流の傍流のそのまた傍流にあたるけどね。
でも源氏は名乗ってないよ。
藤原名乗っているのは歴史上ごまんといるから、これぐらいなら、けっこういるとおもうけどなあ…


47 :筑前住人(本人の回答):1999/12/22(水) 22:08
(なんかバッシングされてんなぁ。 冗談ぽっく書いたつもりだけど。)
>42@`43&44
自慢してる? あのねぇ、自慢するんだったら、「傍流の傍流の
 そのまた傍流」とか「おそらく自称」なんて書き方しないっつうの。

48 :埴輪:1999/12/22(水) 22:42
私の大学の先輩に明智光秀の直系の子孫がいました。
あだなは裏切り者でした。

49 :オホエヘヘ:1999/12/22(水) 22:59
昔サバイバルリストとして紹介されてた元フランス外人部隊
伍長の毛利さんどうしてるかなあ。
なんか東南アジアで教官してたけど。
名字が毛利だったらほんとに末裔っぽいよね。
名字が変わってんのに末裔、末裔っつうのもどうかね。
しずかちゃんは源氏。



50 :名無しさん:1999/12/23(木) 11:57
会社に「土岐」さんってみえます。
元華族で、ご実家は南青山でお母様が
ピアノを購入されたからと、音あわせのために
オーケストラよんだりしてるそうです。
でも会社ではただのサラリーマン。

51 :ノーネーム:1999/12/23(木) 12:38
>48 面白い。

52 :>141516:1999/12/23(木) 14:17
会社の知り合いで井伊直弼の直系の子孫の方がいます。育ちがいい方でおとのさまって顔してます

53 :名無しさん:1999/12/23(木) 15:25
井伊といういじめられっこストーカーがいるが
妄想文章だしまくり、先輩にぐちる
これはお殿様かな

54 :藤原の本家って:1999/12/23(木) 16:05
五摂家(近衛、鷹司、一条、二条、九条)のことか?

55 :名無しさん:1999/12/23(木) 20:23
源氏だの平家だの壇ノ浦だの落人だの藤原だの
その辺のお話はどの家にでもあるっちゅーの
頼むから最近(江戸時代末期や明治初期)の話までにして欲しいよ

56 ::1999/12/24(金) 14:26
あまり信ぴょう性はないかもしれませんが、本家に伝わる系図では、
坂上田村麻呂の子孫とのことです。

57 :名無しさん:1999/12/27(月) 15:58
うちは苗字から判断してたいした家系でないと思っていたが、
1年ほど前詳しく調べたところ信濃(長野)の小豪族の棟梁
(ちなみに江戸時代に松本藩の家臣に組み込まれた)
だったと分かってちょっち嬉しかった。・・・小市民やなぁ。

58 :>56:1999/12/29(水) 01:38
おじゃる丸ですか?

59 :名無しさん:1999/12/29(水) 08:04
ウチの近所(ちなみに滋賀県)に真田大助の末裔を自称されている大地主の方がいます。
本当かどうかはともかく。


60 :ぷぷっ。:1999/12/29(水) 08:42
真田大助は享年14歳だぞ、墓は仙台だし。

>56
本家は一関藩主?田村さん?

61 :くははは:1999/12/29(水) 08:54
59地主あわれ
是非事実を教えてあげましょう

62 :名無しさん:1999/12/29(水) 11:23
先祖自慢はヤメヤメ
しかしこの時代になっても信じてしまうんだね
まるで何でも鑑定団に出てくるニセモノ抱えた素人みたい
先祖鑑定団でもやればいいのに

63 :>62:1999/12/29(水) 11:35
オイラはおもしれーなーと思って読んでるが、アンタはこのスレッドに
なんか求めてるのか? 

64 :名無しさん:1999/12/29(水) 14:49
真田の子孫を自称するなら片倉氏(伊達家臣・重長婦人が幸村の娘)
のほうがまだマシ。

65 :名無しさん:1999/12/29(水) 14:51
だいたい、武士の子孫なんて1割程度のはずだが他人に聞くと
8割くらいが「武士の子孫」を名乗るよな。

66 :>65:1999/12/29(水) 14:57
うちの母方の旧戸籍はしっかり「士族」と記載されてるんだが、薩摩なんだな〜、これが(笑)。
たしか、あの地方は半分以上が武士じゃなかったかな。
西郷軍に従軍して戦死した人間も出てる。


67 :>65:1999/12/29(水) 15:02
6代もさかのぼれば先祖は64人もいるから、そのうち1人でも武士なら「武士の子孫」なんじゃない?

68 :名無しさん:1999/12/29(水) 15:56
江戸時代は農民と士族の結婚なんてごく稀だから士族は士族で
何代にもわたって固定化されてたんじゃない?それが崩れたのが
明治時代でそのとき士族と農・工・商の結婚が多かったみたいだけど。


69 :名無しさん:1999/12/29(水) 21:22
たとえば農の身分でも、功績があれば士分として苗字帯刀をゆるされることはざらだったようですし、豪農ともなれば基本的には商の身分との差ははっきりとつけられてなかったみたいです。
逆に士の身分でも、部屋住みから農、工、商へ養子にいったり、士籍をはく奪されることもおおかったようなので、系図が残っていながら士分以外の身分でいることもざらだったようですよ。
特に最近の研究では、農・工・商の身分でも、許されなかっただけで実は江戸時代以前に祖先が名乗っていた苗字を伝えていた家系も少なくなかったらしいですし、村単位の行事などではその苗字を使っていた記録が多数発見されています。

70 :鹿児島県人:1999/12/30(木) 08:56
>66さん
私も同感です。薩摩の武士は多い方だと聞いています。
それに旧戸籍(現戸籍)の場所で、武士の身分が解ります。
有名な人では「大久保利通」「西郷隆盛」の出生した場所は、甲突川に
近い人々は、下級武士。
現天文館周辺から鶴丸城跡に住んでいたのは、中級武士。
現鶴丸城跡から山手(現清水町辺り)は上級武士が住んでいました。
ちゃんと自分のルーツをを調べるのでしたら、自分の家の過去帳・
代々自分の家のお寺とか、図書館で自分の戸籍に書いてある昔の地図
時間と手間が掛かりますが、自分で調べられますよ。


71 :農家の苗字:1999/12/31(金) 08:27
新撰組の近藤勇や土方歳三も士分ではなく、実は農家の出。
でも苗字は先祖代々のものをちゃんと持っていたらしいね。
ちなみに日野には土方歳三の縁戚がまだ住んでいる
とのこと。

72 :え〜ん!:2000/01/01(土) 05:04
先祖代代船乗りじゃあ!
丘に上がって3代目、悪かったな貧乏人で。
くそぅ・・・。

73 :名無しさん:2000/01/01(土) 08:19
うちなんか修験者、まつろはざる者だぜ。
ヤマト朝なんか認めん。

74 :名無しさん:2000/01/03(月) 16:44
山口の萩に行くと武家屋敷に子孫がいまだに住んでいたりします。
と言っても武家屋敷に洗濯物が干してあったりして庶民的。
萩では普通の事みたいだね。たくさんいるから。
(有名どころの子孫はもういない場合が多いが)
家老の家柄でもそのまま住んでる家もあるよ



75 :名無しさん:2000/01/03(月) 21:28
角館とかもそんな感じだね。家柄がまだ人物評価に結びついてる
土地柄。

76 :taro:2000/01/03(月) 23:03
74、75の様な土地ではまだ
うちは武家出身だからあの百姓の娘なんぞとの
結婚は許さん!みたいなことってあるのかな?
その辺の身分差ってのこってんの?

77 :>41:2000/01/06(木) 17:12
松田聖子の実家の蒲池氏って江戸時代は何やっていたんですかねえ。
ご存知の方おられます?

78 :>74:2000/01/07(金) 14:08
あれは子孫じゃなくて、全然別の人が住んでいる場合が多いよ。
持ち主が変わっちゃってるんだわ。

79 :名無しさん:2000/01/07(金) 16:41
角館はどうかな?あそこはつい近年まで交通が遮断されてたからね。

80 :名無しさん:2000/01/07(金) 21:47
論点ずれて申し訳ないのですが、角館の武家屋敷、数年前訪れて見たの
ですが、一部にとても商業主義的なお屋敷があって興ざめでした。あれ
じゃ、台無しです。武家屋敷がいっぱいあるところって他の地方でもあ
んなかんじなのでしょうか?

81 :名無しさん:2000/01/09(日) 07:47
>76
公家の友達(この言い方も変だけど・・)は小さい頃
「あそこの家は靴屋(または、肉屋)だから遊んじゃダメ」
と躾られてきたそうです。
その家では結婚も遊びも百姓なら問題ないみたいです。

82 :名無しさん:2000/01/09(日) 11:58
>78
確かに持ち主変わってる場合多いけど
変わってない家も多いよ
ちょっと観光コースからはずれてるところとかね
名字見れば元武家ってすぐわかる
普通の人だけど

83 :江戸時代の蒲池氏:2000/01/09(日) 21:09
>41さんへ
下は蒲池氏の歴史と系図のWebです。
嵯峨天皇から蒲池初代の蒲池久直から江戸末期・明治までの
詳細な系図があります。
江戸時代の蒲池氏は、近隣の諸藩の藩士だったようです。
もっとも高位なのは、鍋島藩諌早家の家老だったようです。
後は、医師、学者が多く、特に医師関係は多く、病院経営の
子孫も多く、松田聖子もそうした親戚の病院で生まれています。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1235/index.html

84 :>83:2000/01/09(日) 21:16
それで、松田聖子の実家は江戸時代には何をしていたのかごぞんじ
ですか?(77の者です)聖子の実家にも系図があるとかいう話も
あるんですが、蒲池氏の本流なの?

85 :>76:2000/01/09(日) 22:50
会津若松出身。
祖父、曾祖父は戊辰戦争後斗南に流されました。
代々、日新館(武士の子弟の為の学校)の先生を
していました。
私(3*歳)もお見合い話の際、お宅は旧家だから...とか○○家も同じ士族の家柄で..とか言って話を持って
こられること多かったです。


86 :名無しさん:2000/01/10(月) 07:21
松田聖子の実家は、蒲池徳姫により再興された嫡流の蒲池鎮並の子孫に
連なる家です。江戸時代初期は、龍造寺氏の探索を逃れるため柳川城の
別名の舞鶴城にちなんで鶴姓を称し、後に蒲池に復姓しています。
有馬藩の中級藩士で、明治になると「福岡県士族」となり、代々公務員
をしています。聖子の父親の蒲池孜(嵯峨源氏の一字名らしいです)氏
は、社会保険局長でした。聖子の兄の蒲池光久(「○久」は、蒲池氏の
伝統的な名前のタイプの一つです)氏は、代数では、鎌倉時代の初代の
蒲池久直から数えて44代目らしいです。
聖子の実家にも系図は伝わっています。聖子の実家は、現在の蒲池嫡流
ではありませんが、聖子の活躍により、一族が一丸となって聖子を応援
しているようです。聖子の周囲は、蒲池家の親戚で固められています。

87 :名無しさん:2000/01/10(月) 15:09
友人の同級生が鷹司家のお嬢様。某女子大の日本史専攻。
友人は彼女と京都御所行って、アポ無しでいっしょに入ったって言ってた。
(普通ハガキで事前申し込みいるよね。)

88 :名無しさん:2000/01/10(月) 15:54
86さん解説ありがとうございます。有馬藩士の子孫なんですか。
そう言っちゃなんだけど、あんまり由緒ある家系のお嬢さんって
いうふうには見えないんだけど、実際はそうなんですねえー。
芸能界の中で敵が多い理由の一つが、彼女の出自にあるなんてほか
の板なんかに書き込みあるけどホントなんでしょうか。
まあそれを言ったら久我美子とか今は亡き河内桃子とか、加山雄三
とかのほうが名家の末裔ということになるし、彼らへの風当たりっ
ていうのはあまり聞かないから、やはり彼女の個性が問題なのかな?

89 :>76:2000/01/10(月) 16:28
身分差はないけど出身差はある。
越後長岡では、いまだに薩長出身の人との結婚は
良い顔をされません。特に士族。
夫がそうで、親に「結婚したい」と言ったら
「薩長じゃないだろうね」と確認されたそうです。
長岡で「二度の戦争」と言ったら第二次大戦と
戊辰戦争のことです。
ちなみに私は米沢藩の農民出身なので問題なく
結婚できました(笑)。

90 :あ、間違い、:2000/01/10(月) 16:33
米沢藩じゃなくて、正確には伊達藩。
政宗と一緒に米沢から仙台に付いて来た、らしい。
…ま、どうでもいいか、農民は(苦笑)。

91 :88さんへ:2000/01/10(月) 21:48
あまりテレビなどの印象だけで判断されない方がよいです。
松田聖子のよいところは、決して他人の悪口を言わないことです。
性格的に気さくで、ひょうきんな人ですが、じかに会うと、名家の
末裔だということは実感できるという話を聞きました。

92 :名無しさん:2000/01/10(月) 21:54
>91
ごめんなさい。わたしが間違っていました。

93 :名無しさん:2000/01/10(月) 22:23
松田聖子って名家なの?
殿様の末裔?
華族じゃなきゃ名家とは言えないんじゃない?

94 :しゃもじ:2000/01/11(火) 00:23
 小生の父方の先祖は秋田で庄屋をやってたんだけど、
物とかを全部売って北海道に流れてきたらしい。
 母方の先祖は「八幡太郎義家」だってバアチャンが言ってた。

あと、同じ学年に「阿蘇唯人」っているんだけど、
いかにも阿蘇家の子孫だよね?あそこって名前に「唯」って
入れるじゃん。

95 :名無しさん:2000/01/11(火) 03:51
大学の同じ専攻(日本史)に「藤原」がいたので
よくある普通の「藤原さん」だろうと思いきや,
実は奥州藤原氏の末裔だった。

96 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:04
奥州藤原氏に子孫なんているのか?代々藤原を名乗ってきたわけ?
滅ぼされた家が、少なくとも鎌倉時代にその苗字を名乗れたのかな?
日本史専攻なら、京都の藤原一族が平安末期から藤原とは名乗らなかった
ことはご存知でしょう?そのあたりの疑問に答えてくださいません?

97 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:12
奥州藤原氏って亘経清が勝手に藤原秀郷の子孫だとか称した
だけでしょ。名族でもなんでもない、ただの夷。

98 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:23
松田聖子の先祖は、嵯峨天皇の後裔の嵯峨源氏の一族で、筑後屈指の名族です。
戦国時代は、18万石の大名で、柳川城主家でした。つまり「殿様」です。
蒲池という姓は、地元の歴史に通じている方には有名です。
龍造寺隆信の謀略により戦国末期に嫡流は滅ぼされますが、もし存続したら、
立花家並の華族に列せられていたでしょう。立花家は13万石でしたから。
ただ、「華族じゃなきゃ名家とは言えないんじゃない? 」というのは
正しくありません。華族にも先祖不明の華族はたくさんあります。
華族の蜂須賀家と、士族の武田信玄の子孫の家のどちらが名族でしょうか。
蜂須賀家は、先祖不祥ですが、武田家は新羅三郎義光であり、れっきとした
清和源氏です。
もちろん、遠い先祖の系譜だけで「名家」かどうかは、決められません。
しかし、明治期の一時的な「華族制度」のみを基準にするのもおかしいのです。



99 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:28
藤原氏の子孫は平安末期から、すべて姓=藤原ではなくて、苗字を名乗り、
源氏も源実朝の死後は、足利や新田、武田などの苗字を、平氏も壇ノ浦以後は、
和田、三浦、北条と苗字を名乗っています。
ですから、現在の「藤原」「源」「平」は、かつての藤原、源、平の各氏とは
何の関係もありません。
これは、日本史や家系学の常識です。

100 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:35
私の家は、江戸時代は旧家で、明治に男爵の爵位ももらっていますが、
先祖は、華族認定のための系図では「橘諸兄」になってますが、本当は
不明だそうです。
爵位は、次のような基準だったようです。
公爵:公卿
侯爵:徳川家
伯爵:大藩主家
子爵:小藩主家
男爵:神社宮司、維新勲功者、他

101 :名無しさん:2000/01/11(火) 04:36
足利等は実朝の死まで、源を名乗っていたのですか?
北条は壇ノ浦以前も北条姓だったのでは?同族の大庭氏は壇ノ浦以前
に本流は滅んでいて、そのときすでに大庭を名乗っていたのでは?
姓から苗字に変わったのはいったい何がきっかけだったのでしょうか?
いちどきにワァーと変わったというより、かなりの時間差があったの
ですか?

102 :安部清明:2000/01/11(火) 04:54
の子孫ているんだろうか?

103 :名無しさん:2000/01/11(火) 05:04
足利氏の祖は、八幡太郎義家の子の義国で、義国の母の里が足利なので
彼は足利式部大夫義国と名乗っています。
ただ、もう少し厳密に言うと、義国の長男の義重は、新田庄を開いて
新田義重と称し、義国も義重の家に身を寄せています。ただ、足利の
家名を嗣いだのは、次男の義康でした。だから、足利氏の祖は、足利義康
になるかもしれません。
源氏や平氏の一族で、源姓や平姓を称したのは、都の公卿や天皇に仕えていた
家です。源氏では、源頼光の系統の摂津源氏で、源三位頼政が有名です。
次いで、関東を勢力下にしながらも都に本拠地を置いていた源頼信の系統の
河内源氏で、八幡太郎義家が有名ですし、後の源氏の主流です。他の、地方に
土着した源氏は、新田、足利、武田、佐竹その他、土着した地名を苗字にして
います。それは、その地が自分の「支配地」であることを示すためです。
平氏も同様で、関東に下った平氏は、すべて土着した地名を苗字にしています。


104 :名無しさん:2000/01/11(火) 05:29
江戸時代に朽網豊庵の著した『蒲池物語』によると、蒲池氏の元の祖は
藤原純友の子孫で、そこへ嵯峨源氏の松浦氏族の山代源三郎圓が婿養子
になったとのことです。ただ、蒲池姓の初代は、圓の4代後の鎌倉時代
の久直ですから、嵯峨源氏になりますが、男子血統の系譜とは別な家史
は、そのような面もあるらしいです。
後に、南北朝期に宇都宮久憲を婿養子にしているため、『肥陽軍記』な
どでは、蒲池氏を藤原氏族の宇都宮氏の後裔としているのも、そうした
事情によるのでしょう。

105 :妹尾兼安:2000/01/12(水) 00:11
の子孫...でしたっけ?
なんでも、瀬尾って名前でくらましてたそうです。
それで、ほとぼりが冷めたころ(笑)に また妹尾に戻したそうです。
岡山に妹尾って言う地名であって、そこの人から聞いたのですが

106 :喜連川公方:2000/01/12(水) 00:20
当家では現在、足利姓ですが明治まで喜連川を
名乗ってました。鎌倉公方、古河公方と破滅の
道を歩んだ家です。みなさんは当家をどう評価
いたしますか?

107 :>97:2000/01/12(水) 02:14
訂正
亘経清>亘理経清


108 :自称男爵の癖に馬鹿か?:2000/01/12(水) 06:22
>公爵:公卿
>侯爵:徳川家
>伯爵:大藩主家
>子爵:小藩主家
>男爵:神社宮司、維新勲功者、他
家格による序しゃくは多少の例外はあるが
公爵 徳川宗家 五摂家
侯爵 御三家、15万石以上の大名、清華
伯爵 5万以上の大名、大納言直任の多い公家
子爵 小大名、その他堂上公家
男爵 分家、宗教系の多く

成り上がりや一階級特進はどこの階層にもいるが叙爵内規位知っておけや

109 :>108さんへ:2000/01/12(水) 08:07
馬鹿か?と言われましたが、
僕は1978年生まれなので、たとえ家が元男爵の爵位を授与されていたと
しても、その当時に生きていたわけでもなく、またあまり興味もなかった
ため、「叙爵内規」については正確には知りませんでした。お教えいただき
ありがとうございます。


110 :私の友達、琉球王家の血を引いているらしいけど:2000/01/12(水) 08:18
某大河ドラマで王様の役をジュリーがやったときに
「本当にあんな顔だったら自分は美形だっただろう」と
しょーもないことを悔やんでいた。

111 :名無しさん:2000/01/12(水) 17:43
元名族より、田舎の土地や山林財産を受け継いだ
庄屋のほうが御利益がある。
その金元手に親なんか株で儲けてますわ
公務員で旧地主趣味株式
田舎では最強です

112 :>110:2000/01/12(水) 22:36
先祖がドラマ化されるとみんなそう思うみたいだね。

友人の高校の講師が伊達の人だったそうだ。
あと、その子の友達が白虎隊の生き残りのひとの家系。

113 :大阪府民:2000/01/13(木) 05:05
ウチは毛利の直系なそうな。親戚に中国地方在住がいないんだが・・・。

114 :>113:2000/01/13(木) 05:09
幕末まではどういうご身分だったのですか?

115 :おお!:2000/01/13(木) 12:23
まさか、相手にしてもらえるとは思いませんでした。嬉しいので
真面目にお答えします。

ウチは結構ややこしいんですよ。母方が毛利一族らしいんですが、
母とは死別していて、更に父方と仲が悪かったので今は断絶状態
なんです。(つまり、大っぴらに聞けません。)

ところがその母も父親とは死別していて、私が祖父と呼んでいた
人は本当の祖父ではないのです。つまり、どの家の方がそうなの
かはっきりしないのです。(結局回答になってませんね・・・)

今度伯母(密会に近い)に会うので聞いてみます。ただ、伯母も
母とは父親が違うので、知っているかどうか微妙ですね。

116 :するとつまり:2000/01/13(木) 16:48
どういうことなのでしょう?

117 :115:2000/01/13(木) 21:55
やっぱり訳分かんないっすね。今自分で読んでても、同じ疑問が沸いて
きました。何かただの身の上話になってますな。

つまるところ、僕も良く覚えてないので、聞いて来るから待って下さい
ってことです。うる覚えですが、商人だったと思います。とにかく確認
して、週明けまでにはレスを書きます。それまで見捨てないで下さいね。

118 :長州カ:2000/01/13(木) 22:40
毛利家は明治維新の活躍によって公爵にまでなったはず(違ったらゴメン)
その直系の子孫が得体の知れない一家と関係があるだろうか?
ちなみに毛利博物館(防府)に毛利家

119 :115改め毛利:2000/01/13(木) 23:42
そうなの、力さん(←片仮名のカじゃないっすよ!)ふつ〜〜は、
そう思うの。ジジババの戯言だと思ったのよ。

ところが、死んだ母親が妙にこだわるんだ、毛利に。ちゃんと話を
聞いとけば良かったんだけど、当時はガンダムで頭が一杯だったか
ら、てんで話を思い出さないのよ。バカでゴメンて。

んで冗談半分で書きこんだら、114=116さんが知恵をお貸し
下さるようなんで、あら大変。真面目にやれば、「得体の知れない
一家(ほっとけ!!)」になんかあるかも知れない。まっ、何も無
くても「やっぱり勘違いだったよ。」って墓前に報告できれば、と
思っとりヤス。

それでは114さん、カさん、調査してまいりますんで、今後とも
よろしく願います。

120 :>118:2000/01/14(金) 00:06
毛利宗家の公式な記録(歴史関係書に掲載されているもの)では元公爵毛利元敬氏は昭和51年に没しその後家督は一子元栄氏が継いでいます。
ただ、これ以上詮索すると、個人を特定できてしまいそうですが…

121 :偽毛利へ:2000/01/14(金) 00:16
今度書くときは、ちゃんと考えをまとめてから書くように。


122 :>115:2000/01/14(金) 03:50
とりあえず、直系ってのは違うぞ。
母方って時点で直系姻族はあっても、直系血族にはならないから。
家督を継いでないなら、なおさらだな。
ついでに言っとけば、日本って戸籍が結構しっかりしてるから、
名のある家系なら、そんなにあやふやにならないのだよ。


123 :>122:2000/01/14(金) 05:20
ただ、直系の男系が途絶えて女子しかのこっておらず、傍系への家督相続が問題になっているときには直系とこだわることもあるのでは?
私の知人で、徳川家に正室を出したある公家華族の家で同じ問題が起こっているんですけど、そこでは外孫を養子として迎えるかどうかが問題になっています。

124 :毛利さんへ:2000/01/14(金) 05:57
114と116の者です。
いろいろ言われてしまっているようですが、お気を悪くなさらずにね。
興味深いお話なので、続報お待ちしていますよ。ちなみに毛利の血を
引いているということを毛利さんに教えてくださったのはどなただった
んですかね?亡きお母様ですか?そうであれば119の文面も辻褄はあ
っているのかな。つまりあなたにその情報を教えてくださった方という
のがもう生きてはいらっしゃらない、ということですかね?
もし伯母様もご存知なければ、122さんもふれておられるように、
戸籍をとってみるという方法もあるとは思いますが、あまり古いものは
廃棄されるようですが・・・。直木賞作家の故・川口松太郎(探検隊長
川口浩の父)は徳川16代の徳川家達氏のご落胤だと自分でいっていた
という話を聞いたことがあります。ご落胤だと、戸籍に載っていない
かもしれないなあ。

125 :名無しさん:2000/01/15(土) 06:25
作家の広津和郎は、嵯峨源氏の蒲池氏の血が入ってます。
母が蒲池鎮久の娘で、鎮久は、柳川城主の蒲池鎮並の子孫です。

126 :>125:2000/01/15(土) 06:40
このごろ、蒲池氏についての文章が目立ちますが・・・。
125さんもその係累の方ですか?

127 :松田聖子:2000/01/15(土) 07:55
>125さん

えっ? わたしの家って、そんなに名家だったの?

128 :有馬藩っていえば:2000/01/15(土) 10:00
有馬記念も中央競馬会理事長だった
有馬頼寧にちなんで作られたものだよね。
俺にとってはもっとも身近かな(笑)。

129 :稲嶺沖縄県知事の:2000/01/16(日) 16:39
秘書をしている尚(しょう)さん(35歳)は、琉球王朝尚氏の直系です。
名門の方らしく温和です。

130 :名無しさん:2000/01/17(月) 21:43
代々木ゼミナールの古文の竹内先生は、武内のスクネの直系の子孫で
当主で、神社の神主もしています。

131 :名無しさん:2000/01/17(月) 22:25
偽毛利はやっぱりニセだったのかな?

132 :毛利改め贋毛利:2000/01/18(火) 00:58
皆様、お馴染み贋毛利でございます(あまりの雰囲気にヘコミ気味の私)。
先週末、所要で伯母とは会えずじまいでした。申し訳ありませんです。

戸籍ですか・・・。仮に私の母の父方の家系が毛利と関係ある場合、そちら
の戸籍が必要なんですよね?そうなると大変なんですよ。そちらの家系の方
とは、生まれてこの方一度も会ったことが無いし、苗字すら知らないんです。

母は、元々の苗字?から父親と死別した為にKとなり、更に結婚してMにな
っています。この?を調べるにはどうすればいいんでしょうか?

最後に母を始め、?の家系は癌の発生率が高く、早死の傾向があるようです。
何かの参考にはならないでしょうか。

133 :名無しさん:2000/01/18(火) 02:11
ワシんちは高山彦九郎の子孫らしい。家宝もあるぞ!。でも何故三つ
葉葵の日本刀やねん。矛盾してないか・・・。祖母がいうには「水戸
公拝領」だそうだが。ま、眉唾であろうな。只、貧乏人の祖先はやは
り貧乏人だったという事でそういう面では信憑性はあるわい。

134 :贋毛利へ:2000/01/18(火) 05:57
ここでいろんな人が、誰々の子孫ですと書きこむのを見て、
自分も毛利の子孫であると思いたいのはわかるが、混乱して
までルーツを探ろうとするのはよせ。
そんなことより今現在の自分を生きろ うははは
君は前世妄想のムーオタク変わらんな

135 :名無しさん:2000/01/18(火) 07:45
>134
たしかにな。先祖が有名な武士だの貴族だのってのは、ほんとどが眉唾だな。
いまじそんな奴は自分がドキュンだって言っているようなもんだ。
お宝探偵団で恥かくタイプや。

136 :宇都宮:2000/01/18(火) 13:53
って名字です。TMネットワークの宇都宮って人が
親戚かどうかは知りませんが。
北九州出身なんですが、先祖は戦国大名だったらしいっす。
大昔にハマった「信長の野望」というゲームでは
毎回のように1560年春(ゲーム開始すぐ)にこの家が
滅亡してしまうのが情けなかった。でも栃木には
親戚はいませんが。栃木の宇都宮とは関係ないのかな。


137 :鈴木:2000/01/18(火) 14:35
って名字です。元総理大臣の鈴木善幸って人が
親戚かどうかは知りませんが。
北海道出身なんですが、先祖は戦国大名だったらしいっす。
大昔にハマった「信長の野望」というゲームでは
毎回のように1560年春(ゲーム開始すぐ)にこの家が
滅亡してしまうのが情けなかった。でも和歌山には
親戚はいませんが。和歌山の鈴木とは関係ないのかな


138 :>137:2000/01/18(火) 16:59
昔の「信長の野望」だと和歌山(紀伊)は堀内
ネタにしてもつまらん

139 :>132:2000/01/18(火) 17:41
124です。戸籍を取るのにご親戚の承諾等は必要ないですよ。
あなたの父上を戸主とする戸籍は取れますよね?そこに母上の未婚時
の本籍が載っているでしょう?そこの役所に郵便で問い合わせれば
(料金とできればあなたと母上の関係を示す戸籍のコピーを同封して)
お爺様を戸主とする戸籍が取れるはず。そうして順々にたどっていけば
手がかり、自宅にいながらにして得られると思いますよ。

140 :>133:2000/01/18(火) 17:47
高山彦九郎氏とわたしの母方の先祖は面識があったようです。
題名失念しましたが、日記を残されてますよね。
わたしの先祖は九州のさる藩の武士で、彦九郎氏が面会した人物の
中に名前が載っています。

141 :>136:2000/01/18(火) 18:37
豊前宇都宮氏と、栃木県宇都宮は関係ありますよ。
藤原道長の兄である道兼のひまご藤原宗円という人物が栃木の宇都宮
に下向して土地の名前をとって宇都宮を称したようです。(宗円が
藤原氏かどうかには異説多し)
その宇都宮氏から分かれて鎌倉時代に九州に移住したのが、あなたの
ご先祖でしょう。宇都宮氏というのは黒田長政に攻め滅ぼされて
大名としての座を失ったのでしたよね?その直系のご子孫なのですかね?
北九州というと、江戸時代は黒田氏ではなく小笠原氏の領地かなあ?
違うかもしれませんが・・・。
わたし上の140と同じ人間なんですが、宇都宮氏の血も少しだけ
入っています。
江戸時代はどのような境遇にあったのですかね?宇都宮氏の方々は。
もしご存知だったら、書いてみてくれるとうれしいです。

142 :133:2000/01/19(水) 01:11
>140
もし我が家が本当に高山彦九郎の家なら、「日本は狭いね〜」という
感じですな〜。ま、多分我が家の話は眉唾で、家宝の日本刀はどこぞ
から盗んできた物だろう(その方が腑に落ちる)

日記ですか? ん〜、うちには無いです。

143 :贋毛利 :2000/01/20(木) 07:09
>134、135
だから私が言ってるんじゃないです〜〜〜。ところでムーオタクと
お宝探偵団というのは何なんですか?いい意味でないのは文面から
判るのですが・・・。
>139
良かった、先生まだいらしたんですね。先生が来なければ、もうや
めようと思ってたんですよ。元々嘘っぽい話ですから・・・。

それはそうと、なるほどそうやって調べるんですか。駄目元ですが
やってみることにします。それでは、結果が出しだい報告いたしま
すので、今日のところは失礼いたします。


144 :坂本斬り:2000/01/20(木) 19:25
父の会社に徳川家の子孫がいます。
あと、うちの親戚は坂本竜馬を殺った人らしいです。


145 :名無しさん:2000/01/20(木) 22:00
>144
徳川家の子孫の人って名字なんていうのですか?



146 :藤原利仁:2000/01/20(木) 23:13
・・・の子孫です。北陸鎮守府将軍だった人物で、北家です。

147 :名無しさん:2000/01/20(木) 23:30
ダメ毛利ってなんか憎めないな
たぶん見てる人の99%がニセだって思ってるだろうけど(おれもそうと思う)
がんばって調べてよ
そうやって真剣になるのもたまにはいいじゃないですか!続き聞きたいし

148 :名無しさん:2000/01/21(金) 04:17
知り合いに、右近って苗字の人がいるけど、どの辺の家かわかります?
本人に聞いたら、武家だったらしい位しか知らないようです。

149 :>144ではないが:2000/01/21(金) 10:53
>うちの会社に、徳川という苗字の子がいた。
尾張徳川家と関係があるらしいと聞いたことがある。

150 :三ッ目犬:2000/01/21(金) 12:37
取引先に馬場美濃守信春の子孫がいましたです。
身長180cm、体重90kg、不言実行型で黙々とよく働く人でした。
こんなのに馬上から槍を振るわれたりしたらたまらんな、と思いました
ですワン。

151 :たけてん:2000/01/22(土) 12:03
名族でも直系でもありませんが僕の家は毛利家の
家臣乃美家の子孫だそうです。「信長の野望」に
でてくる乃美宗勝(マイナーですが)もそうみたい
です。父もあまり興味なさげで僕も殆ど忘れかけてい
てたのですがこれ読んでてふと興味が湧いたもので
かいてみました。どなたか乃美宗勝について知っている
方いますかねぇ?
>147
僕も贋毛利さん何か憎めなくて好感もてます。
ご意見にも同感ですね。

152 :坂本斬り:2000/01/22(土) 14:30
>145
昔のまんま・・徳川という名字です。
その人の許可を得れば普段入れない日光東照宮の奥に
入れるらしいっす。

153 :名無しさん:2000/01/22(土) 22:17
>たけてんさん
山口の方でしょうか?
山口には能美と言う名字も多いですね
能美島に関係しているのでしょうか?
乃美と関係あるんですかね

154 :名無しさん:2000/01/22(土) 22:24
昔同級生に霧野(きりの)という奴がいて、霧隠才蔵の子孫とか言ってた
ドキュン君がいました。

155 :名無しさん:2000/01/22(土) 23:22
織田無道が信長の末裔というのは本当なの?

156 :名無しさん:2000/01/23(日) 03:02
むかしよく行ってたBBSに、十河さんがいた。
他にはまず見ない苗字なので、多分本物。
デパートのそごうも、この一族が経営してるのは有名なハナシ。

157 :>156:2000/01/23(日) 03:28
「会社四季報」見てみたが、役員にも大株主にも「十河」姓の
人物なんてひとりも居らんぞ。ホントか?

158 :贋毛利 :2000/01/23(日) 04:55
>147
ダ、ダメ毛利・・・またバージョンアップしてますね。一体何所まで落ちることやら・・・。

さて、気を取り直して報告致します。まず、伯母に会ってきましたが「ウチじゃないんじゃない?」
と、これまた素っ気無い返事でした。伯母が言うには、「両親からそんな話は聞いたことは無いが、
それは私が歴史に関心が無かったからかもしれない。」そうです。そう言えば、母は歴史に強い関心
を示していました。伯母は姉(伯母は姉妹)にも聞いてくれるそうなので、連絡が来次第報告致しま
す。それと戸籍ですが、現在手配中です。言わなければ良かったのですが、父にこの事を話すと異常
に嫌がられたもので・・・。父方は皆農民ですから、この話を嫌悪したという事はひょっとするかな
と多少期待を持っております。

以上なのですが、ほとんど内容がありませんね・・・。今回はちゃんと調査してます、決して逃げま
せんという事で許して下さい。それでは、今日のところは失礼致します。

159 :名無しさん:2000/01/23(日) 05:05
テニスの伊達さんが戦国・江戸期の伊達一族の
末裔って本当?

160 :名無しさん:2000/01/23(日) 05:15
十河存保だっけ?島津と戦って戦死した人だよね。
子供は大坂の役で豊臣方について戦死してるはずだけど、
生き残った一族がいたんですか?

161 :名無しさん:2000/01/23(日) 11:01
私の中学の時の担任の奥様は、京極家の末裔でした。滅茶苦茶おっとりした
人だったそうです。


162 :たけてん:2000/01/23(日) 12:34
>153
ありがとうございます。
僕は山口出身ではありませんが父は山口なんで
関係はあるとおもいます。乃美もそこからきてる
のかもしれませんね。

163 :153:2000/01/23(日) 18:57
>たけてん様
たぶん父上は萩のご出身でしょうか?
萩には乃美、能美などの姓は多いですよ
(能美の方が多いかな?)皆、元は毛利家の家臣の家です。
一度調べて見ればいかが?
先に書いたように元々毛利藩は中国地方全体をおさめていたので
中国地方の地名にちなんだ名前は多いですね
特に瀬戸内の島と同じ名前は村上水軍の流れではないかと勝手に思っています


164 :たけてん:2000/01/24(月) 14:47
>153様
いろいろありがとうございます。
乃美家は小早川家と関係が深いと
以前きいたことがあるので、おっしゃる
様に水軍とも大いに関係はあると思います。
1度調べてみます。


165 :宇都宮氏:2000/01/24(月) 17:55
筑後宇都宮氏の系図が、ここに出ています。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/1235/index.html

166 :上杉家重臣の千坂景親の子孫:2000/01/24(月) 18:02
上杉謙信の重臣の千坂対馬守景親の子孫と聞いており、本家には系図や古文書類
が伝わっています。千坂家は、戦国時代の上杉戦記にはあまり登場しないのが
残念です。聞いた話では、謙信の親衛隊のような任にあったため、常に本陣に
いたためらしいです。赤穂浪士物で、上杉家の江戸家老として千坂兵部高房が
登場していますが、他に千坂氏の子孫の方はおられないでしょうか。


167 :名無しさん:2000/01/30(日) 03:25

敗北しました、ここまで自分の家柄を力入れて主張する方は
はじめてみました。
戸籍抄本掲載、参考資料満載
http://www-user.interq.or.jp/~ivory/familyties.htm

168 :名無しさん:2000/01/30(日) 12:54

それラウンジからの転載でしょ?
盗作ダメ!

169 :>1:2000/01/30(日) 22:21
もしかして二木謙一大先生ですか?

170 :ご存知と思いますが:2000/01/30(日) 23:58
日本郵船の役員に徳川さんがいます。
徳川宗家の御当主だそうです。

171 :鹿児島の士族:2000/01/31(月) 00:01
は今は何してらっしゃるんですか?
やっぱり鹿児島県庁勤務が多いんですか?

172 :名無しさん:2000/01/31(月) 00:29
>170

でも徳川恒孝(つねなり)さんは松平家からの婿養子だよ。お母さんが先日おなくなりになったようだけど。

ところで、息子の徳川家広くんってどういう人なんだろう? 知ってる人いますか?


173 :うちの彼女:2000/02/07(月) 00:59
うちの彼女のご先祖様は
あの有名な 熊谷次郎直実だそうです。
今でもご先祖様が平敦盛を討ったことを自慢しています


174 :名無しさん:2000/02/07(月) 03:39
くだらねえ自慢する女とは別れろ


175 :名無しさん:2000/02/08(火) 14:57
>102
自分の友達、安倍清明の末裔って言ってたよ。
このスレッド見てるんじゃないかな。
書き込め。安倍。


176 :名無しさん:2000/02/08(火) 15:22
安倍清明の末裔は土御門とか倉橋と名乗ってるのが多いと思うのだけど
(すくなくとも本流はね)安倍を名乗ってるのもいるのかな。

177 :名無しさん:2000/02/08(火) 18:50
>175
そーいう仕事やってるわけじゃないから振られても
困るんだが・・・(苦笑)傍流もいいとこだし。
あと「清明」じゃなくて「晴明」ですな。

178 :みんな、自信持て:2000/02/09(水) 00:47
俺の先祖の有名人はひとりじゃないぞ。いっぱいいる。
例えば斉明天皇。また藤原鎌足、子沢山の蓮如上人も俺の先祖だ。
証拠は……ない!
しかし、1000年のスパンで考えても、1代/25年とすると
1000年で40代。先祖の数は2の40乗。ダブリを差し引い
ても1000年前に日本で生きてた人間はほとんど俺の血の中に
入ってると断定する。


179 :178:2000/02/09(水) 00:57
訂正:
誤 1000年前に日本で生きてた人間はほとんど
正 1000年前に日本で生きてた有名人の半分は

180 :>179:2000/02/09(水) 01:03
それはどうかな? #まじレス御免
昔は今程地域間の交流が盛んではなかっただろうし
身分の壁もある。有名な血筋だとかならともかく 歴史に残る有名人とそれ程血縁があったとは思えんぞ


181 :名無しさん:2000/02/09(水) 01:22
上の例でいえば蓮如はちょっと疑問だよね。
子沢山とはいっても江戸時代になれば180の言うように身分の壁に
阻まれて血の伝播は限定的だという気がする。
斉明天皇・鎌足は天智天皇・不比等が彼らの実の子なら(違うという
説もないわけじゃない)かなり確率高く、日本人の大部分の先祖
だと思うよ。
著名人ほど経済的に子孫を残しえた可能性が高いことを考えても
彼等の血をまったく受けずに我々がこの世にあることのほうが
確率的に難しいと思うけど。まあ両親とも先祖代々田舎の山奥の
村に住んでいましたってことになるとちょっとどうかという気は
するけどね。

182 :身分の壁を突破する:2000/02/09(水) 01:34
ある名士に10人の子が生まれました。その中のひとりは、誰にも
好かれないような気の毒な子でした。名士の父は不憫に思ってお相
手を探しました。身分は違うけどお相手は見つかりました。
また、ある名士の息子は親に反抗して乱暴者になりました。息子は
強姦魔でした。

183 :名無しさん:2000/02/09(水) 01:41
>182
君の先祖の話か?

184 :>183:2000/02/09(水) 01:59
まぁそうかも…。
君の先祖のかもね。

185 :>183、184:2000/02/20(日) 18:04
君たちは仲が良いなぁ。仲良き事は美しきかな。

186 :名無しさん:2000/02/26(土) 03:41
すみません。真田幸村の末裔と言われる福山藩士幸村家の一族です。ちなみに祖母は富岡鉄斎の一族です。ドモ\(^_^ ) ( ^_^)/ドモ

187 :名無しさん:2000/02/26(土) 03:57
武田の重臣、秋山家の末裔です
代々高学歴で身を立てていた様ですが私は一流大学出て
2年間社会人やった後に引きこもっています。

188 ::2000/02/26(土) 04:09
先祖の呪いです。

189 :名無しさん:2000/02/26(土) 17:42
毛利さんはそういえばどうなったんでしょうかね。
戸籍とれた?

190 :名無しさん:2000/02/26(土) 17:59
うちの先祖は鍋島の殿様らしいんですが、
先祖が皿割ったぐらいで女中斬り殺していたりするので、
うれしくないです。
そのまた先祖が、囲碁で負けたのが悔しくて、相手を斬り殺しているらしいです。
やばい家系なのかな・・・。

191 :名無しさん:2000/02/26(土) 18:05
>190
マジレス?ネタのような気もするけど。

192 :名無しさん:2000/02/26(土) 19:15
>191
単なる電波だから温かく見守ってあげようよ

193 :190:2000/02/26(土) 20:24
誰が電波じゃーい! 本当だよ。
ただ、正当な家系ではなく、腰元として上がったらお手がついたって
パターンだけど。 うちの婆さんがよく言っています。
でも、たしかに婆さんは佐賀の出身だけど、お手つきの証拠はないからなぁ。

194 :名無しさん:2000/02/26(土) 21:56
>193
ちなみに、差し支えない範囲で、姓はどういうものを名乗って
いるんですか?また、鍋島家からは江戸時代、鍋島の血を分けた
一族として認められていたのでしょうか?(家臣だったの?)

195 :190&193:2000/02/27(日) 00:59
母方の方の家系なんで、今は全然関係ない名字です。
祖母は、佐賀時代(その後うっかり保証人になって、没落して東京に
出てきたそうです) 副島のお嬢ちゃんって呼ばれていたそうですが、
でも実際の名字は古賀だったそうです。(なんか複雑)

江戸時代の役職は武器庫番頭だったそうです。なんかぱっとしない役職だ・・・。

196 :名無しさん:2000/02/27(日) 01:44
平安時代の頃から続く信濃3000石の豪族。ちなみに僕は先祖から
数えて45代目。長ーい家系図残ってます。40年ほど前にごちゃごちゃ
になってたのを編纂したそうです。この程度の豪族(土豪というほうが
正しいか)は日本全土に星の数ほどいるけど、いわゆる「殿様」だったので
なんかちょっと嬉しいかも。諏訪湖南あたりがテリトリーだったそうです。

197 :名無しさん:2000/02/27(日) 02:24
>正当な家系ではなく、腰元として上がったらお手がついたって
パターンだけど。

やっぱり電波ですね。やれやれ。
そう言えば僕の友達に熊本藩の殿様の子孫らしいとマジ顔で
言っていた女性がいました。
ちなみに彼女は細川家のことは何も知りませんでした(ワラ
友達なので見逃してあげました


198 :名無しさん:2000/02/27(日) 02:30
>197
彼は鍋島家について多少は調べたみたいだから
その労力だけは認めてやろう(ワラ

199 :名無しさん:2000/02/27(日) 02:31
>190
そう言えばあなたにピッタリのお友達がいますよ。
このスレッドの上の方にある「毛利さん」です。
よかったですね。
お二人で心ゆくまで先祖について語り合ってみたらいかが?(ワラ

200 :名無しさん:2000/02/27(日) 02:38
毛利と鍋島の末裔か。
話は戦国期にまで遡ってさぞかし盛り上がる事だろう(ワラ

201 :名無しさん:2000/02/27(日) 12:35
おかしくなって上の「毛利さん」のレスを見ました。
なんか笑えるけど彼が親戚にその話をしたら歴史に興味なかったから
知らないのかもと言われたらしい。そして他の親戚に聞いてみるとのこと。

何かわかったような気がしたよ。
先祖が殿様だの名門だ信じている家系ってこう言うことから
はじまるんだろうなー。話にだんだん尾ひれがついてそのうち
みんな自己暗示みたく信じちゃうんだろーな。

202 :名無しさん:2000/02/27(日) 22:45
鍋島はドキュン殿様

203 :>202:2000/02/27(日) 23:13
ドキュンにドキュンなんていわれたくねえな。

204 :鍋島って言えば:2000/02/28(月) 02:25
梨本宮家の伊都子妃。

平民出身の美智子さまを毛嫌いして
今上天皇御成婚の時「日本ももう駄目」とか
日記に書いてたけど

鍋島家って、そんな御大層な家柄かね。

ちなみに、僕はただの百姓。

205 :名無しさん:2000/02/28(月) 02:42
鍋島といえば反射炉

206 :hohoho:2000/02/28(月) 10:56
大学の時いろんなひとがいたよ。

教授が徳川慶喜の曾孫(本物、系図に名前がちゃんとある)
友達の母上の実家が土御門家(これは眉唾臭かったが)
などなど。


207 :名無しさん:2000/02/28(月) 17:28
佐竹家の末裔の方のHPです

http://www.ne.jp/asahi/home/sata/rekishi/rekishi/rekishi.htm

208 :名無しさん:2000/03/03(金) 16:11
そういえば平家みつよは?


209 :名無しさん:2000/03/03(金) 21:21
三井りほうは?

210 :名無しさん:2000/03/04(土) 15:57
源しずかは?


211 :名無しさん:2000/03/04(土) 16:13
サザエさん一家(磯野家)は源氏です。

212 :名無しさん:2000/03/04(土) 16:21
佐竹家のホームページよかったね
しかし今は庶民になったんだね
でもそれでも先祖への誇りを持ってるんだね
そのギャップがいいね
明治維新は大変なことだったんだと実感した
インターネットも明治維新に近いと思うけどね

213 :名無しさん:2000/03/07(火) 00:58
でもさ、元公爵や侯爵家くらいでないとね。
近代日本国家の中枢にあった家系じゃないと「名家」
とは言えないね。
徳川さんとか、五摂家さんとか。
「藤原」さんは、まずドキュンだからね。


214 :名無しさん:2000/03/09(木) 01:04
元同級生に上杉謙信の直系の子孫と、澁谷栄一(何をやった人か
よくわからんが有名人らしい)の曾孫がいました。

215 :名無しさん:2000/03/09(木) 04:51
214>澁谷栄一

それって渋沢栄一のことでは?

216 :え?:2000/03/09(木) 06:06
上杉謙信の直系の子孫?

217 :名無しさん:2000/03/09(木) 12:21
どきゅんにされちまった(笑
屋号に藤○屋とか、不二屋、富士屋を使ってた商人が、藤原姓を
名乗っている場合が多いようですね。

218 :名無しさん:2000/03/09(木) 13:32
高杉晋作の子・東一の子孫って、生きてますか?

219 :名無しさん:2000/03/09(木) 17:23
うちの母方が、紀伊藩に仕える旗本だったそうな
母の祖母は武家言葉を使ってたとか聴いたことがある。
けど、旗本もピンキリだからな〜
ちなみに父方は東北が本家で、征夷大将軍と同じ名前(苗字)です。

220 :名無しさん:2000/03/09(木) 17:31
旗本っていうからには幕府直参のことでしょ?陪臣を旗本とは
呼ばんでしょう。吉宗について幕臣になったって意味ですか?
あと東北出身でT川さんってどういうこと?家康の子孫?
水戸ではなく?松平さんじゃないの?疑問だらけです。

221 :sage:2000/03/09(木) 18:00
電波&無知とそれへの突っ込みで長々続いてるけど
このスレ心底つまらん。


222 :名無しさん:2000/03/09(木) 18:38
>221
でも面白いと思う人間もいるから200を越えてるわけでも
あるんだろ?というより、俺なんかが思うのは、むしろこの種の
スレッドに時折(執拗に)差し挟まれるキミみたいな嫌悪感を露わに
した書き込みのほうだな。同じ人がやってるのかどうか知らないけど。
よかったら、どこがそんなにキミを苛立たせるのか、教えてくれない?

223 :>222:2000/03/09(木) 18:53
オマエ消えろヤ、クソブタが。クソブタは西友へ行け。( ̄ー ̄)ニヤリ

224 :222>223:2000/03/09(木) 19:00
なにそんなに怒ってるの?
俺別にこのスレッドを賞賛してるわけじゃないし、批判しちゃいけない
なんて言ってないよ。というか、どういう批判なのか知りたいだけ。

225 :221:2000/03/09(木) 19:15
223は俺では無いよ。(それ以前のも)
逃げたと思われるのもイヤなので一言書いておく
219、220みたいなやりとりをあなた面白いとおもいますか?
いままでずっとこんな感じで続いてるけど。
無知&電波まるだしの自慢話と、いわでもがなの突っ込みの
どこを面白がればいいのでしょうか。
史料としての価値も与太話の痛快さも感じることができませんけど。

226 :>220:2000/03/09(木) 23:10
東北出身で征夷大将軍だったら、田村じゃないの、その人。

227 :>226:2000/03/09(木) 23:39
いや坂上だろう。

228 :名無しさん:2000/03/10(金) 00:47
羽賀健二

229 :>227:2000/03/10(金) 01:28
「東北出身」ってことはやっぱり田村さんでしょうね。
田村氏から姫をもらった伊達政宗もわざわざ田村姓を息子に残したくらいだからね。

230 :214:2000/03/10(金) 01:41
>215
そうでした、澁谷じゃなくて渋沢栄一でした。馬鹿まるだし失礼。

>216
「日本の名家」みたいな本の上杉家のところに彼の父がちゃんと
載ってました。オーケストラの楽団員をされています。

231 :名無しさん:2000/03/10(金) 02:49
でもその上杉家の血統は謙信の血筋ではないだろう。
近世大名の上杉家は

232 :名無しさん:2000/03/10(金) 04:56
上杉謙信って子供いたの? 確かホモだった筈だが…

233 :名無しさん:2000/03/10(金) 16:12
友達が勤めている某会社には鍋島さんと松平さんがいます。
二人とも直系です。調べれば直ぐ分かるでしょう。

234 :名無しさん:2000/03/10(金) 17:57
おれの中学の同級生は有馬家の直系でした。

235 :>232:2000/03/10(金) 18:10
景勝は、謙信の甥っ子だから、一応、血は繋がってるけど。
その後、江戸時代になってから、吉良家とか、いろんな所から
養子取りまくってるから、血は途絶えてますね。
有名な上杉鷹山も、どっかの養子だろ。

236 :株屋:2000/03/13(月) 13:55
ユダヤ系資本のアメリカの証券会社、モルガンスタンレー証券
の日本の会長は可児才蔵、笹の才蔵で有名なあの武将の末裔だ
そうです。本人が言ってた。

名家の子孫とかじゃなくって、有名人の子孫スレッドの方が
盛り上りそうな。

237 :>235:2000/03/13(月) 15:31
上杉家は江戸時代に二度、他家より養子をとっています。
景勝から数えて四代目は高家吉良家からの養子、あと九代目つまり
上杉鷹山は日向高鍋藩秋月家より養子に入ってますね。
但し次の代は先代の四男が継いでいるので、現在の血は高家吉良家
の血統ということになりますが、その吉良家より入った養子も先代の
妹の子(つまり甥っ子)ですから、一応血は繋がっていることになり
ます。

238 :蝉丸:2000/03/13(月) 17:51
上杉鷹山の母は黒田家の出身ですが、その母が上杉家から来ています。
だから鷹山も上杉景勝の血を引いています。
わずか2万7千石の秋月家から15万石の上杉家に養子に入ったことには
そうした背景があります。名君になったのは結果論ですからね。
多少なりとも上杉の血が混じっている人を後継にしたい、ということを
端緒にした人選だと思います。

239 :>218:2000/05/13(土) 08:27
東一の勝さんが東京に御健在です。高杉晋作関係のシンポジウムによくいっらしゃいます。

高杉家は明治維新後家族揃って東京に引っ越されています。東一に中央での教育を受けさせたかったためだそうです。

240 :ANA全日空:2000/05/14(日) 03:46
傭兵の毛利元貞(広島出身)つーのがいましたが、このオヤジは
毛利家となんか関係あるのでしょうか?

(ちなみにフツーのあんちゃんにしか見えない毛利元貞だが傭兵
としての実力は柘植久慶を上回るらしい)

241 :名無しさん:2000/05/14(日) 07:38



むしろ、「1000年さかのぼってもうちは農民。」と
言うほうが自慢できるんじゃないでしょうか?(笑)

先祖が武士でも華族であっても、どうだっていい世の中だし。
------------------ 終了 -----------------------------

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)