5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本国に天皇は必要か不必要か・・・

1 :なんし〜:2000/04/19(水) 16:00
「天皇は日本の象徴だ」とか、言っているが
そんなに必要か?
みんなどう思ってる?

2 :名無し:2000/04/19(水) 16:09
いらんと思うぞ・・・俺は・・・

3 :名無しさん:2000/04/19(水) 18:38
いると思うぞ・・・俺は・・・


4 :名無しさん:2000/04/19(水) 18:48
国王(天皇は国王ではないですが)がいる国は割と平和だと
思うのですが・・・

5 :名無しさん:2000/04/19(水) 19:04
日本史で、このような話題は不敬だな。

6 :Dファン:2000/04/19(水) 19:49
>5
なぜ?
歴史学者には親天皇もいれば反天皇もいる。
歴史愛好家にも親天皇も反天皇もいると思うが。

7 :名無しさん:2000/04/19(水) 21:17
必要不要のレベルを超えて、惰性で続いているんでしょう。
別になくなっても当初は騒がれるだろうが1年も経てば
みんな忘れるだろうし、いればいるで別にどうって事はない。

8 :名無しさん:2000/04/20(木) 01:32
対外的にはどうなんでしょう?
世界にもこれほど長く(一応)一系の王を戴く国は無いと思いますが、
ここら辺には外国はあんま関心無いんでしょうか。

9 :>8:2000/04/20(木) 02:20
アラブ諸国なんて、日本の皇族が来ると特別扱いみたい。
世界最古の王室だからね。

10 :>9:2000/04/20(木) 02:27
それは初耳です。


11 :ムエタイ:2000/04/20(木) 02:30
なんで天皇っていう位(?)ができたんだろ〜?
誰か知ってる・・・おしえて!!

12 :名無しさん:2000/04/20(木) 02:35
>4
そうですね。
ヨーロッパにある現存している君主制国家こそが、
世界でもっとも安定し、かつもっとも繁栄していると言われてますね。
1998年度の一人あたりのGDP(国内総生産)をみても、
ベルギー王国 (23400ドル)
デンマーク王国 (23300ドル)
リヒテンシュタイン公国 (23000ドル)
ルクセンブルグ公国 (32700ドル)
オランダ王国 (22200ドル)
ノルウェー王国 (24700ドル)
スペイン王国 (16500ドル)
スウェーデン王国 (19700ドル)
イギリス王国 (21200ドル)
という具合で、総じて非常に高い数字が出てます。
やはり、安定という面が大きいのでしょうかね。



13 :なぐら:2000/04/20(木) 02:36
わしにもおしえて!!

14 :今日のNHKの:2000/04/20(木) 02:59
ブガンダ王(ブガンダはウガンダ共和国内にある昔からの王国)の
結婚式ドキュメンタリーは、非常に為になった。
君主と臣民の一体感が守られている小王国。

君主制の美点が見事に撮られていた。

15 :名無しさん:2000/04/20(木) 03:46
いつ代わるか解らない首相よか天皇の方が国家元首として
対外的に相応しいと思う。

16 :名無しさん:2000/04/20(木) 09:13
世襲に酋長がいるなんてのは土人と同じ。

17 :>4:2000/04/20(木) 10:38
ヨーロッパだけ見るからそうなるわけで、君主制のある貧乏な国
だっていくらでもあるんじゃないの?

18 :>16:2000/04/20(木) 12:05
土人で何が悪い?



19 :名無しさん:2000/04/20(木) 17:01
>9 世界最古の王室だからね。
したがって日本が世界で一番古い国のひとつである、と聞いたぞ。
っていうか、ここまで続いたものを止めるのは一大事。
止めるのは簡単(でもないけど)だけど、また始めるのは大変。

20 :>16:2000/04/20(木) 20:05
土人の国(村)がここまで大きくなった証拠。
=国の発展に歴史的継続性があるという証拠。

21 :名無しさん:2000/04/20(木) 20:43
美女とか美少女が天皇になったら、なんか忠誠誓っちゃいそうな気がするにゃん

22 :名無しさん:2000/04/20(木) 20:45
 >19に全面的に賛成です。
 やっぱりアメリカの植民地みたいな国で、「伝統は?」なんて聞かれたら
ほとんどのこってないわけです、残念ながら。そしてそれを保持する力さえ
ないんですね。
 馬鹿げたイデオロギーに翻弄されないで、現実をみろ、と思います。
そういう連中は文化とは何かわかってないんですね。

 外交的にも「一人の君主は100人の外交官に勝るなんて聞いたことがあります。

23 :名無しさん:2000/04/20(木) 20:47
>21
やっぱ女帝の国の血ですかねー。
確かに今みたいなしょぼいおっさんじゃ、
こいつがわしらの代表なんて言いたくねーもんな。

24 :名無しさん:2000/04/20(木) 21:01
とりあえず、皇室タブーはアホらしいからやめてほしい。

25 :名無しさん:2000/04/20(木) 22:55
でももうすぐ万世一系じゃなくなるんだろ?
この際廃止するのも時代の流れか・・・

26 :別に天皇はいてもいいけど:2000/04/20(木) 23:00
安易に「それが文化だ」という物言いは気になるのよねえ・・・
伝統があればいい国だとも一概に言えないし・・・

27 :>26:2000/04/21(金) 00:01
伝統なくして日本はかたれんだろ〜が!!


28 :22:2000/04/21(金) 00:02
↑仰る通りです。私は例えば現在の家元制度を悪しき伝統だと思っています。
しかし天皇制に関しては価値のある伝統だと思っています。天皇家は
われわれと1500年以上共にあったわけです。そしてその日本が辿った歴史の
重荷を共に背負っているわけです。
 過去に一時それが悪く利用されたかもしれません。だからといってそれを
消して忘れてしまおうなんていうのは意気地なしですね。過去の過ちさえも
運命として受け入れる、それぐらいの意志の強さをもって生きるべきだと思います。

 私が安易に、新しい国歌や国旗をつくろうなんていう運動に反対なのも
それが理由です。こんなおちゃらけた時代に作られた国歌や国旗が果たして
昭和という激動の時代を経験した共同体の過去を共に背負うことができるでしょうか?

29 :>26:2000/04/21(金) 00:02
伝統なくして日本はかたれんだろ〜が!!


30 :22:2000/04/21(金) 00:08
28は26のレスです。
>25
すでに万世一系ではありません。天皇家の系図をご覧になってください。

31 :>28:2000/04/21(金) 00:09
よくいった!!
国歌を歌いたくないとかいってるやつら
そんなにやだったら日本からでていっちゃいなさい!!!!

32 :名無しさん:2000/04/21(金) 02:24
>31
早くドラえもんに頼んで100年前までタイムマシンで逝っちゃって

33 :名無しさん:2000/04/21(金) 03:28
まあ、イギリス王室ほど酷いんだったら俺も考えさせられるけどね。

34 :名無しさん:2000/04/21(金) 06:35
家元制度と天皇制なんてかなり似てると思うけどなあ。
というか天皇制のほうがタチ悪いじゃん。
家元制は嫌いな人はかかわらなくてもすむけど、天皇制のコストは
誰彼関係なく支払ってるしね。
どっかの神社の宮司にでもして、崇拝者の献金で維持すればいいん
じゃないの?

35 :名無しさん:2000/04/21(金) 15:01
日本って、天皇の命を奪うってことを歴史上、原則的にしてないじゃない?
あんまり詳しくないけど、せいぜい島流しとか…?
こういうのって、世界の王家のなかでも珍しいらしいよ。
なんだかんだと重んじてるのも…。
一応、武家政治も天皇からの勅命でっていう形ことだし。

36 :名無しさん:2000/04/21(金) 15:32
今の天皇家一族の顔は、忠誠を誓うにはあまりにもショボすぎる。

37 :>35:2000/04/21(金) 22:50
>日本って、天皇の命を奪うってことを歴史上、原則的にしてないじゃない?

安康天皇
崇峻天皇
弘文天皇
安徳天皇
伏見天皇(暗殺未遂)
孝明天皇(暗殺疑惑)

38 :>34:2000/04/21(金) 23:24
>崇拝者の献金で維持すればいいんじゃないの?

天皇制支持だけど、それならば憲法を改正し、
外国の王室のように天皇家に私有財産を持てるようにして、
国民からの寄付も自由にできるようにして欲しいですね。
現在天皇家の私有財産は限定されてるし、寄付も数百万と限定されてます。
もし、自由にしたら莫大な金が集まりますよ。


39 :名無しさん:2000/04/22(土) 01:55
今の皇室の人たちって、何考えてるのか良くわからない。
支持や応援していいかどうかまるでわからない。
皇太子が柏原よしえの大ファンだったなんて話を聞くと、
ああ、やっぱりこの人たちも個性のある普通の人間なんだな、とか思って
なんか嬉しくなるけど。
もっとテレビに出て自分の考えをいろいろいえばいいのに。何やってても
宮内庁の操り人形にしか見えない。
事務所の言いなりのアイドルみたいで気の毒。
そのうち「ローマの休日」みたいな事件が起きやしないだろうか。
(起きてて、もみ消されてたりして)


40 :名無しさん:2000/04/22(土) 02:11
反対論者じゃないけど、
いっぺん無くしてみるのも手じゃないだろうか。
それで不都合な事が出てくるようなら復活させりゃいいんだし。
だめ?

41 :どーでもいいが、:2000/04/22(土) 02:30
柏原よしえのファンなんて20年も前のガキの頃の話だろ。
コンサートに一度行ったくらいなのに、柏原側の宣伝にいつまでも利用されてるな。


42 :名無しさん:2000/04/22(土) 02:43
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg



43 :名無しさん:2000/04/22(土) 02:44
http://www.shufu.co.jp/magazine/kousitu6/window2.html

44 :>39:2000/04/22(土) 03:12
>今の皇室の人たちって、何考えてるのか良くわからない。

必要最小限のことは発言しているわけだし、
それ以外のことで「何を考えてるか」なんてことは、
基本的に皇族のプライバシーの領域。話す必要もないだろう。

45 :>40:2000/04/22(土) 03:23
まず、なくす必要性がないでしょう。
いっぺん国民投票にかけろというのであれば、
まだ話はわかりますが・・・。




46 :てゆーか、:2000/04/22(土) 03:34
39はサヨクの妄想ネタ。
バレバレ。

47 :世論調査:2000/04/22(土) 03:36
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003 -01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&m onth=all&nextskip=&nexttop=&subid=71

48 :もう一度、:2000/04/22(土) 03:39
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71

49 :>1:2000/04/22(土) 03:41
必要です。

50 :必要か?:2000/04/22(土) 06:06
なくすためのコストのほうが大変だろうね。
正直言って必要かどうかなんか議論するのはあと50年くらいたってからのほうがいいんじゃない?

いずれにしてもいつかなくなるもんだからいいんだけどさ。

51 :>50:2000/04/22(土) 08:00
そりゃあ、日本がなくなる時には、天皇制もなくなるわな。

52 :22:2000/04/22(土) 16:40
>38
 そうなんですよね。実は莫大な財産を所有する可能性がある。

 一例なんですが、今上天皇が即位された時、直接天皇家には関係のない
美術品を国有財産として寄贈されたわけです。その内容がすごい。
もう国宝クラスのものであふれているんです(現時点では宮内庁が管理
していて、国宝には指定されていません、多分暗黙の了解でできないんです
 美術品だけみてもそうなんです。

53 :22:2000/04/22(土) 16:46
>48
 沖縄の新聞(?)GAこういう類の記事をのせているのは興味深いです。

54 :名無しさん:2000/04/22(土) 16:58
>22さん  おそまきながら、ちょっと補足。

> 外交的にも「一人の君主は100人の外交官に勝るなんて聞いたことがあります。

これは婚姻関係についてのことだと思いますよ。
オーストリアとフランスが関係改善するために、
マリ−アントワネットとルイ16世を結婚させたりとか。
日本の皇室の場合、よその国の王室と結婚する事ってあまり無いですよね。
政治的には、せっかくのカードが余り有効に使われてない印象があります。


55 :名無しさん:2000/04/22(土) 17:09
>39
あまり個性の強い人でも困るから、今ぐらいの感じでいいのでは。
後醍醐天皇みたいなのに今出て来られても困るし。
ただ天皇家に生まれた人は大変そうだなとは思う。嫌ならやめられる、
というならまだしも。
皇籍離脱って、法律的に可能なんだっけ。

56 :22:2000/04/22(土) 17:31
 >54
 そうなんですか。ありがとうございます。かつてハワイの王室と
何かあったらしいですが、結局は流れてしまったそうですね。もし
実現していたら、今頃ハワイにパスポートなしでいけたのでは?

 朝鮮の王族とも何かあったと聞いたことがあります。詳しい方
いらっしゃったら教えて下さい。

57 :名無しさん:2000/04/22(土) 19:21
>54

>> 外交的にも「一人の君主は100人の外交官に勝るなんて聞いたことがあります。

これは外務省の高官が言ってることですね。

>政治的には、せっかくのカードが余り有効に使われてない印象があります。

そうですね。ただ、右も左も天皇の政治利用には反対してますから、
積極的な外務省に対して、宮内庁は消極的で慎重ですね。
特に天皇訪韓問題なんか、まさにそうでしょう。


58 :名無しさん:2000/04/22(土) 19:22
>56

明治時代、ハワイの王女と山階宮の婚約がありましたよね。
その動きを察知したのか、その直前にアメリカがハワイを併合して、
ハワイ王室を廃止してしまいました。
山階宮も軍艦でハワイに向かっていたんですがね。

朝鮮の王族との話とは、韓国皇太子と梨本宮方子女王との結婚でしょう。
子供もできましたが、結果として日韓併合により二人は日本の皇族扱いとなりました。
二人とも大変な苦難でしたが、終戦後は韓国に戻られました。
元韓国皇太子の方は早く亡くなられ、未亡人となった方子さんは韓国で
社会福祉活動に尽力され、10年前に亡くなられた時は、
韓国では准国葬扱いでした。三笠宮(昭和天皇の弟)殿下も皇族の代表として、
韓国での葬儀に出席されました。ちなみにお子さんはアメリカ人と結婚し、
アメリカに住んでいると思いましたが・・・。


59 :名無しさん:2000/04/22(土) 19:22
>55
>皇籍離脱って、法律的に可能なんだっけ。

皇室典範では、天皇、皇太子、皇太孫という直系だけは、なぜか不可能となってますね。
本人の意思に関係なく、生まれてから死ぬまで一生を国家が縛りつづけるわけですから、
これは人権上やはり問題だと思います。
天皇の譲位・退位規定と一緒に、この問題は議論されるべきでしょう。




60 :ある@実は文転失敗の機械科学生:2000/04/22(土) 20:30
>58さん
李垠殿下のことですね。殿下の人柄と方子さんのご活躍によって
ご夫婦は現在でも韓国では尊敬されていると聞きます。

61 :22:2000/04/22(土) 20:47
>59
 そこで人権をだされるのはちょっとおかしいですね。

 人間というのは生まれながらに、逃れることのできない運命を背負っているわけです。
それはだれでも一緒なんです。そしてその運命を受け入れて生きていかなければ
ならないんです。
 巷では英国のある王(皇太子でしたっけ)が未亡人と結婚したいがために
王位をすてたエピソードが美談として語られていますが、要するにあれは
国を背負っている人間が国民を捨て、自分の欲望に走っただけなんです。
王失格なんですね。

 王というものはただで良い暮らしをしているわけではないんです。いざというとき
には自国民を命をかけて守らなければいけないわけです。私情を捨て
公に生きる。それが人の上に立って生きる人間の運命であり義務なんです。
 嫌になったからやめる、なんていうのは通用しないんです。細川元首相が
疲れたからやめる、なんて言ったのを皆さんはどう感じましたか?

 そもそも59さんは王制というものを何だかわかっていらっしゃらない。
(フレイザーの「金枝扁」をおすすめします)
 人権なんてその後なんです。世間ではやたら人権、人権と騒いでいますが
たかだか200年の(正確には40年程です)、思想なんですね。これを
思えば天皇制に人権がどうなんて思うのは非常にナンセンスなんです。

 二三日前、NHKでやっていたんですが、江戸幕府が危うい状態になった時、
皇室と婚姻関係を結んで、体制を維持しようとしたんだそうです(うろ覚えで
すいません)。その時お后候補としてあがった姫君は本心ではとても
嫌がっていたんだそうですが、国の危機とあらばそれを救うために
自分を犠牲にしましょう、というような歌を読んでいるんですね。
 これが人の上に立つ存在に生まれた人のあり方なんです。

 私は人権を尊重します。しかし59さんの言われる人権は非常に
安易だとおもうんです。
 みなさん、いかがでしょうか?

62 :39:2000/04/22(土) 21:39
書き方が悪かったみたいで、誤解を生んでしまったみたいですみません。
別に私は左翼じゃないです。天皇制に賛成でも反対でもないです、今の
ところは。
皇室の人たちの、恋愛問題や家庭事情などプライバシーまで知ろうとは
思わないですが、もう少し本音の顔が見てみたいとは、やっぱり思います。
たとえば、天皇制について、当の天皇家の人たちがどう考えているのか、
とか。ご本人たちのことなんだし。
そう考えるのは別に変な事じゃないと思うんですが。
皇太子が柏原よしえのファンだってことにも、なにか不愉快な思いを
してる方がいるみたいですけど、その理由もよくわかりません。



63 :39=62:2000/04/22(土) 21:45
ごめんなさい、途中で送信してしまいました。続きです。

つまりは、皇太子は偉い人だからアイドルなんかのファンになる
なんて思うのは間違ってる、ということなんでしょうか?


64 :>39=62 :2000/04/22(土) 23:08
>天皇制について、当の天皇家の人たちがどう考えているのか、とか。

三笠宮(寛仁親王)や高円宮は、比較的よくインタビューに応じてしゃべってますが、
それによると、基本的に皇室は受動態というスタンスらしいですね。
国民が望めば自分たちは皇族としての務め粛々として果たしていくし、
国民が皇室をいらないと思えば、それを否定するものではないと。
記者会見など見ても、ほとんどの皇族はそういうスタンスだと思います。
まあ、秋篠宮の場合は弱冠違うかも知れませんがね。

>皇太子が柏原よしえのファンだってことにも、なにか不愉快な思いを

それと柏原の話がなんでここで出てくるかよくわかんない。
もう20年も前のしかも一時期に言われた話だし、皇太子が柏原のファンだと
言ったことがある?コンサートに行ったぐらいなら他にもいくらでもあるでしょ。
個性というところでわざわざこういう話を持ち出すのは、悪意と感じる人もいるでしょう。



65 :>61:2000/04/22(土) 23:21
しかし、そういう規定をつくることは人権上の問題だけでなく、
皇族個人のひとつのカードにもなるわけです。まあ拒否権みたいな者です。
時の権力者の操り人形にならないためにも必要だと思います。
例えば、公明党、共産党が政権をとったらどうします?
公明党はたしか、皇族を日蓮正宗の信者にすると言ってたと思うんですがね。
それと、天皇の退位・譲位は昔からあったわけだし、
ある程度お勤め頂いたら、老後はご自由な立場でお過ごしくださいというぐらい
のことがあってもいいんじゃないかと思います。

66 :22:2000/04/23(日) 02:42
>65
 実はわたしも61でちょっと極論に走ってみたんです。そう思ってない
といえば嘘になりますが。(さらにいえば、天皇制ほど「金枝扁」で言及
されている王権と遠いものはないんですね。あくまで試論です)
 公明党はそんなこと言っているんですか(笑)すごいものがありますね。
 私は一つのカードとしての退位・譲位には賛成ですね。


67 :名無しさん:2000/04/23(日) 05:00
>65 ある程度お勤め頂いたら、老後はご自由な立場でお過ごしくださいというぐらい
    のことがあってもいいんじゃないかと思います。

俺もあって良いと思うけど、上皇になるのかな? 呼称は。


68 :名無しさん:2000/04/23(日) 07:49
上皇復活賛成。

でも、敬称はどうなるんだろう。
「陛下」だろうけど、「上皇陛下」なんて聞いた事がない。

69 :ある@実は文転失敗の機械科学生:2000/04/23(日) 08:01
>68さん
上皇というのは「太上天皇」を縮めた言い方だから
「太上天皇陛下」でいいんじゃない?

70 :御馬鹿様:2000/04/23(日) 15:41
けど、退位したら総理大臣が日本のトップになるわけでしょ・・・
ちと、やだな〜・・・・
かわってばっかトップは

71 :ラッセル:2000/04/23(日) 15:45
上皇か・・・・ん〜・・どうかね〜

72 :名無しさん:2000/04/23(日) 18:26
皇族は天皇が神だから、信者になる必要はないだろ。


73 :名無しさん:2000/04/24(月) 02:27
なんで天皇はエンペラーなの?

74 :>72:2000/04/24(月) 02:35
江戸時代は天皇も皇族も熱心な仏教徒だろ。

75 :>70:2000/04/24(月) 02:40
ここで言われている「退位」とは、
天皇がいなくなるという意味で使われてないだろ。
退位したら皇太子が即位するわけだし。


76 :>73:2000/04/24(月) 02:51
明治時代の日清条約締結の時に、シナが「皇帝」より上の「天皇」と
いう言葉をつかうのはケシカランと文句を付けたんだよ。
妥協として同じ「皇帝」なら許すと。
そこで対外的な外交文書では、大日本帝国皇帝と名乗った。(昭和初期まで)
そこから、「天皇」を「エンペラー」と訳すようになったわけ。
現在、エンペラーとして認められてるのは世界でただ一人。
もっとも韓国の一部の人達は認めたくないので、「日王」と呼んでいるけどね。


77 :名無しさん:2000/04/24(月) 03:06
ハンガリーは、皇帝を復活させる気はないのかな

78 :名無しさん:2000/04/24(月) 07:58
ハンガリー?
オーストリアのハプスブルグ家の間違いでは?
まだまだ、ハプスブルグ家の影響は強くありますからね。
いずれにせよ、王制復活派は、かつて王室があった国には
一定数いるものです。しかも冷戦構造の終結時には一時的に増えた。
南米のブラジルですら10%もあるくらいですからね。



79 :>76:2000/04/24(月) 09:06
第二次大戦後、比較的最近まで残っていた皇帝といえば、エチオピアのハイレ・
セラシエ(1974退位)とイランのパーレビ(1979退位)だろ?
そんなもんと国際的に同格扱いだったら、自慢にもなんにもならないんじゃないの?

80 :エチオピアもイランも:2000/04/24(月) 11:40
消滅の原因は軍事クーデターだろ。


81 :>80:2000/04/24(月) 14:09
だから何?

ついでに訂正しておくと、イランはイスラム革命。

82 :>75:2000/04/24(月) 14:21
廃止したらね


83 :名無しさん:2000/04/24(月) 14:52
ハプスブルグ家はいまどういう暮らしをしてるの?すごーく気になる…。
ブルボン家も…。

あと、メディチ家とか残ってるの?

84 :>79:2000/04/24(月) 17:15
イランは国王でしょ。
「皇帝」とは、歴史的な権威の継承や、諸王の中の王というものがなければ、
国際的にはなかなか認められません。広大な領地を持ち、大英帝国と称した
イギリス国王が「皇帝」を名乗れず、インドのムガル皇帝を継承する形で
「皇帝」と称し、インド独立とともに「国王」に戻ったのがいい例でしょう。
「皇帝」と称して、国際的に認められたのは他にもあります。
オーストリア皇帝、ロシア皇帝、ドイツ皇帝、オスマン・トルコ皇帝、
エチオピア皇帝、中国皇帝、そして日本の天皇などがそうでしょう。
そもそも「エンペラー」の語源とは、ローマ帝国のローマ皇帝が、
「アウグストゥス・インぺラトル」と称したところからきています。
オーストリア皇帝は西ローマ帝国を継承し、ロシア皇帝は東ローマ帝国を継承している。
ドイツ皇帝は、ドイツを統一したプロイセン国王が、諸王の中の王として皇帝の位に
ついたナポレオン、ナポレオン三世の後を、わざわざベルサイユ宮殿まで行って継承している。
オスマン・トルコ皇帝は、イスラム世界における最高の教主「カリフ」の地位を
受け継いでいるため、ヨーロッパ人からも皇帝として認められた。
エチオピア皇帝は、ソロモン王の直系とされ、エチオピアをアフリカの強国に
築き上げたことで、ヨーロッパ人にも皇帝として認められた。
中国皇帝は、秦王が中国を統一して皇帝を称した(始皇帝)わけで、諸王の中の王
という立場で中華文明を継承してきた。
ちなみに英国王が継承したインドのムガル皇帝とは、チンギスハーンの
モンゴル帝国を継承しています。
日本の天皇がヨーロッパ人から「皇帝」として認められたのは、日本が日露戦争に
勝ったこともあるかもしれませんが、やはり世界最古の王朝であることが大きいでしょう。

85 :>83:2000/04/24(月) 17:18
欧州議会議員。

86 :名無しさん:2000/04/24(月) 18:32
>83
ハプスブルグ家は、現当主も後継ぎの息子さんも、
たしか欧州議会議員をやってると思うよ。
欧州において、ハプスブルグ家の影響力はまだまだ強い。
オーストリアでは、王制復活の声が根強くあることもあり、
権力はハプスブルグ法という法律を作って、
ハプスブルグ家の人間が国内に入ることを禁じています。(近年、破って入国しているが、)

ブルボン家については、フランスにいると思います。
フランスでも王制復活を主張する政党が一定の議席を得ていますしね。
ちなみにスペインでは1975年に王制が復活しましたが、
スペイン王室はブルボン家ですね。

87 :ある@実は文転失敗の機械科学生:2000/04/24(月) 21:27
>86さん
私は世界の方はどうも疎いのですが、聞きかじった話しによれば
フランスには王党派のために(?)パリ伯家が現存していた
ような気がします。...。

88 :名無しさん:2000/04/25(火) 00:34
ところでちょっと質問ですが
天皇家みたいに2000年以上もの間続いている家系って
世界的に見て他にどういうのがあるんすか?

89 :>88:2000/04/25(火) 02:47
1500年とみても天皇家はダントツでしょう。
ただ王朝ではなく、たんなる家系ならばそのくらいあるんじゃない?
ヨルダン王室となったハシム家は、イスラムの預言者ムハンマドの家系だしね。
ちなみにヨーロッパ最古の王室であるデンマーク王室は、
約1000年くらいで、53人の王と2人の女王で血統を
受け継いできました。



90 :>88:2000/04/25(火) 03:27
>2000年以上もの間続いている家系って
ドキュン?



91 :>86:2000/04/25(火) 04:16
なんでハプスブルク家は法まで制定されるぐらい制限されてるんで
しょうか?

92 :名無しさん:2000/04/25(火) 04:23

とにかくね、財産国庫に寄付させちゃったんだからさあ。
裸で放り出すような事だけはしたくないなあ。

93 :やめる勇気を持とう!:2000/04/25(火) 06:44
惰性で続けるのは日本人の悪いクセです。

94 :>91:2000/04/25(火) 08:20
86氏ではないですが
以下憶測。
結局、共和制に自信がないからじゃないかな。
真っ向からハプスブルク家と対抗できないから
「入国禁止」なんて措置をとる。

95 :名無しさん:2000/04/25(火) 15:16
>欧州において、ハプスブルグ家の影響力はまだまだ強い。

知らなかった。すげえ。
でも、ハプスブルグ家に忠誠を誓ってる連中ってまだいるのかな?
実力は貴族階級の権威と金だけ?
あ、バチカンあたりには影響力はありそうだけど。
ルパン三世のカリオストロ伯爵家みたいに、影の騎士団とか抱えてたらカッコいいよね(笑)


96 :>93:2000/04/25(火) 18:49
賛成。
どうでもいいことという意見と
どうせ不要に決まってるという意見と
陛下に対して不敬であるという意見の
このスレすべてからいらん


97 :22:2000/04/26(水) 01:25
 >96
 ごめんなさい。意味がよくわからないのですが。

98 :名無しさん:2000/04/26(水) 02:07
>96
っていうか、いいじゃん。平和なんだからさ!
こういう議論(?)ができるってのは、いいことなんだよ。きっと。

99 :>93:2000/04/26(水) 07:22
なにかというと「◯◯なのは日本人の悪いクセ」と決めつけること
自体が、日本人の悪いクセです(笑)

100 :役人:2000/04/26(水) 07:48
続けることがいいことなのです。

101 :51:2000/04/26(水) 16:39
>100
継続は力なり!

102 :極右共和制派:2000/04/26(水) 19:06
ハプスブルク家は19世紀の時点で既に
棺桶に片足をつっこんだ老人。
ドイツ人国家オーストリアをスラヴ人や
マジャール人らを含めた”民族の監獄”にし、
ドイツ人にも非ドイツ人にも苦難をもたらした。
ナチスや左翼が反対・攻撃したのも当然。
それより、ハイダーが大統領、
ハイダーの腹心が首相になるべし!

103 :22:2000/04/26(水) 19:21
>102
 そういうのには飽きてます。別スレッドを立ててやって
いただきたいのですが。

104 :名無しさん:2000/04/26(水) 19:39
うん。わざとらしい…。

105 :102:2000/04/26(水) 20:44
そうかな?
ハプスブルク家を半ば美化するレスがあったかね。
このスレッドから外れている事は事実だけれども、
ハプスブルク王朝が保身と己の権益しか考えず、
国を駄目にした事も事実だぞ。
自国の話ならば、オレが大統領兼総理大臣に
なって旧皇居に住むよ。
ハイダーが大統領や首相というのはともかく・・・

106 :22=103:2000/04/26(水) 20:57
>102
 105みたいなことを仰りたかったのなら、それを初めからしていただき
たかった。102はあまりにもわざとらしく挑発的です。

>86
 ところでハプスブルク家の支持者はやっぱりかつてのオーストリア
の栄光を思ってのことなんでしょうか?



107 :名無しさん:2000/04/26(水) 23:51
>106
>ところでハプスブルク家の支持者は

やっぱり保守層に多いんじゃないでしょうか。
逆に王政復古を事実上禁じるようなことをしたから、
ハイダーなんてのが出てくるのかもね。
ハプスブルク家が強い力を持ってるのは、
ヨーロッパのロイヤルネットワークがあるからでしょう。
ヨーロッパの王室というのはみんな親戚ですからね。
今でも王室に嫁をやったり婿をとったりしてるようです。

108 :名無しさん:2000/04/27(木) 00:18
ちょっと調べてみたら、
ハンガリーにいるみたいです。

http://www.tokyo-np.co.jp/toku/world/e_rest/1104w3.htm

109 :名無しさん:2000/04/27(木) 00:31
>108
ふーむ、今はテレビ局の副局長かー。悲しいです。

110 :名無しさん:2000/04/27(木) 01:45
以前、現当主ご本人か息子さんか分からないけど、結婚式の模様がニュースで流れてた。
やっぱり、まだ注目されてるんだなぁ、と思った。

111 :>109:2000/04/27(木) 02:55
でも息子さんでしょ。
現当主で父親のオットー大公は健在です。
他にも子供はいると思いましたが・・・。

http://www.njc.ac.jp/tandai/news/9911/njcnews.html



112 :108:2000/04/27(木) 05:57
>111
 大公といえど、何か職についてるんですよね?まさか支持者の寄付金
で生きてるわけではないでしょううし。天皇拝謁、総理会見という
ことは、今だ力を持っている証拠なのでしょうか?実際、本国(今は
どこで生活してるんでしょう?)では、どれ程の発言力があるのかも
知りたい。

 この前、現代フランスの没落貴族のドキュメンタリーをNHKで見ましたが
ハプスブルク家の当主がそうならないのを祈るばかりです。


113 :109:2000/04/27(木) 06:09
>111
 ゲオルク氏はハンガリーにいるようですが、オットー公はどこで
生活してるんでしょう。天皇拝謁、総理会見ということは、やはり
いまだ発言力がある証拠なんでしょうか。(総理と何を話してるんだろう、
一国の主でもないのに。やはり政治的な密談?)

 ハプスブルク家の当主がこの前NHKのドキュメンタリーで見たフランスの
没落貴族のようにならないことを祈るばかりです。


114 :109:2000/04/27(木) 06:12
>113は>112の書き直しです。手違いで送ってしまった・・・・・

115 :極右共和派:2000/04/27(木) 11:12
ハプスブルクは糞。
ヒトラーも「わが闘争」や「卓上談義
(ヒトラーのテーブル・トーク)」の中でも
繰り返し述べている。


116 :極右共和派:2000/04/27(木) 11:16
お前ら王党派気取りのアホ。
自分はバラック住まいなのに、
何だか憐れになってくる・・・
ハプスブルク王朝よりは共産党政権の
方がまだマシ。

117 ::2000/04/27(木) 12:14
何エキサイトしてるの? この人

118 :名無しさん:2000/04/27(木) 20:57
で、どうなの?知りたいっす。 >113 やはりいまだ発言力がある証拠なんでしょうか

119 :名無しさん:2000/04/27(木) 21:55
>117
115と116は102以来、低質な発言ばかりしているので無視しましょう。

>115
もうそういうのは見過ぎて飽きました。エンターテイメントなら、
もっと斬新な発言で楽しませてください。

120 :オットー大公は:2000/04/27(木) 22:12
オーストリアの帝位継承権の放棄を
宣言していたはずです。母君のツィタ皇后がひどく落胆したそうです。
もっともそのおかげでオーストリアに早くから入国できた。
いずれにせよ、発言力は、かなりのものでは?

イタリアでも、長い事憲法でサヴォイア王家の男子の入国を
禁じていました。人権侵害としか思えないけどね。
共和主義に自信があるなら、王党派の活動を全面的に認めて
同じ土俵で闘えばいいのに。


121 :>120:2000/04/27(木) 22:22
ツィタ皇后は何者? 王位にあったことがあるの?

122 :最後の皇帝カール1世の:2000/04/27(木) 23:02
皇后です。烈女というべきか、夫以上にハプスブルク再興に
努力したらしい。

123 :名無しさん:2000/04/28(金) 02:21
なんか、落ちぶれ貴族とか御家再興とかって、ドキドキするなぁ(笑)。

124 :名無しさん:2000/04/28(金) 02:27
でも、ハプスブルク家は事実上王室みたいなもんですよ。
どこの国でもやってくば、国家元首クラスと会見するわけだし。

125 :名無しさん:2000/04/28(金) 02:48
>124
実際の政治的な影響力はどうなんでしょう?

126 :天脳陛下:2000/04/28(金) 08:35
朕を忘れておるぞ!!(ぷんすか!)

127 :名無しさん:2000/04/28(金) 09:58
でもさあ、日本が共和制で小渕とか森が大統領なくらいなら、
天皇制の方が百倍マシだと思うけど。

128 :名無しさん:2000/04/28(金) 10:27
天皇のほうが小渕や森より優れているならともかく、そうとも
思えんがな。決まりきったことしか発言しないから天皇はボロが
出にくいだけじゃないか?

129 :御馬鹿様:2000/04/28(金) 15:01
いんや!いくら天皇が無知(?)だからってしょっちゅうかわる
TOPはやだな〜・・・
後、天皇はどんな教育受けてんの?うちらとかわらないの?

130 :なんし〜:2000/04/28(金) 15:36
ここで第一回採決をとりま〜す!
では!どうぞ!!今日から三日間とりますんでレス書きながら
でけっこうですので・・・・

131 :田吾作:2000/04/28(金) 18:18
天子さまに一票だべ

132 :臣太郎:2000/04/28(金) 18:27
皆さんまず「天皇制」なる共産党による
造語を使うのをやめてください。
皇室は制度ではありません。
その血統は日本中に散らばっています。
現在の皇位継承者に該当するものがいなくても
何十年、何百年までもさかのぼって、継承者を探すでしょう。

みなさんが論議せんとしていることは
おそらく日本の政治機構の中での天皇の位置付けのことですね。

天皇は巨人軍よりも永遠に不滅です!

133 :名無しさん:2000/04/28(金) 20:52
>132 そうだったんだ。じゃあなんていえばいいの?

 というわけで天皇家に一票!

 いまのところ3:0ですね。

134 :名無しさん:2000/04/28(金) 21:10
      ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′ ̄ ̄( ゚Д゚)<   オレ個人トシテハ必要ナイゾ
 UU ̄ ̄ U U  \_____________


135 :名無しさん:2000/04/28(金) 23:11
俺も天朝様に一票だが、
こんな投票って意味あんの?
一人で何票もできるじゃん。
数で必要か不必要かなら、世論調査でいいでしょ。

http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71



136 :名無しさん:2000/04/29(土) 01:37
天子さまに1票

137 :上岡@フューラー:2000/04/29(土) 03:14
公方様も天朝様もいらん。
民主主義や共和政治もいらん。
大統領と首相を一元化した
独裁官職=”総統”が必要だな。
それに相応しいのは俺だけ。
皇居は何れ俺の物だよ、下々の諸君。

138 :名無しさん:2000/04/29(土) 03:23
>137

夢は「世界征服」と言ってるガキと同じだな。

139 :>137:2000/04/29(土) 03:32
あんまりおもしろくない。もっと新鮮なネタないの?

140 :名無しさん:2000/04/29(土) 03:56
社民党の辻元、バカ確定

141 :名無しさん:2000/04/29(土) 04:00
清美?
ドキュン決定

142 :名無しさん:2000/04/29(土) 04:05
天皇が必要な理由なんて、うまく言えないが
万が一の時は楠公に倣うぞ、俺は

143 :名無しさん:2000/04/29(土) 04:22
テンちゃん一家見てると、ほのぼのしてくるよね。
必要と言うよりも、置いておくに一票。

144 :名無しさん:2000/04/29(土) 04:55
せっかくだから、天皇制維持をとるか。

145 :名無しさん:2000/04/29(土) 05:07
1宗教の教祖さんご一家なら、あってもいいや。
現体制なら、いらない。

146 :なんし〜:2000/04/29(土) 06:18
はい!いまのところ・・・・7:2で
天皇支持が有利です!

147 :名無しさん:2000/04/29(土) 06:25
俺も陛下を指示しますんで、よろしく!

148 :私も:2000/04/29(土) 06:33
皇室維持派です。

今上陛下万歳

149 :名無しさん:2000/04/29(土) 06:57
オレも皇室を支持するぜ。
これで、10:2だな。
さあ、反対派を粛清しようではないか。

150 :名無しさん:2000/04/29(土) 07:02
>149
まあまあ、135のいう通り、ちょっと怪しくなっちゃう
から。この辺でやめておきましょう。

151 :名無しさん:2000/04/29(土) 09:46
 ∧⊂ヽ
 (゜Д゜)ノ
  | ⊃|
  |   |
 ⊂ノ〜
  ∪

あってもいいが、明日無くなっても自分としては困らないなあ〜


152 :>151:2000/04/29(土) 09:53
お前は困らなくて、
テンノーがいないと不安でしょうがない奴もいるのさ。
だから、あったほうがいい。
コレデイイノダ。

153 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:06
俺は天皇制はもちろん国家さえ必要ないと考えているよ。
こういう幻想・妄想を必要としている人たちのほうが今でも
圧倒的多数派だからね。未来からみれば現代も未開時代だってことだよ。


154 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:10
>153
愚かな未来主義者め、立花隆か?


155 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:14
天皇いないと不安?
大丈夫ですか。


156 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:16
>154
未開人発見

157 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:17
153>154
どこがどう愚かなのか、論理的に言ってみなよ。
聞くに値することを言えるもんならね。

158 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:19
後継ぎがいなくなれば共和制になってもいいじゃん。

159 :名無しさん:2000/04/29(土) 10:30
やめやめ。
お遊びはおしまい。
君主制廃止。

160 :上岡@フューラー:2000/04/29(土) 12:50
ロイヤリストは天皇の糞でも喰っちょれ!
共産党支持者は宮顕の糞でも喰っちょれ!
学会員は池田大作の糞でも喰っちょれ!

161 :上岡@フューラー:2000/04/29(土) 12:53
勤王派は丁髷に烏帽子を被り、
神風連にでも入れ!

162 :上岡@デモクラット・リパブリカン:2000/04/29(土) 13:04
「総統」独裁が駄目なら、やはり
民主主義の共和制で行こう。
大統領はドイツ・イタリア型の、
儀礼的な”象徴大統領”が良いな。
政治はあくまで内閣総理大臣が司る。
しかし、天皇制廃止の前に米軍を叩き出さなきゃ。

163 :上岡@デモクラット・リパブリカン:2000/04/29(土) 14:31
>120
サヴォア王家が復古するのならば、
ムッソリーニが蘇る方がマシ。
というか、サヴォイア家もハプスブルク家も
ホーフェンツォレルン家も封建領主で、
天皇家よりも徳川家や毛利家に近いぞ。
>140
辻本は平壌で、金正日とアントニオ猪木と
3Pしちょれ!

164 :名無しさん:2000/04/29(土) 15:59
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71

165 :名無しさん:2000/04/29(土) 19:44
やっぱり伝統のなんたるかを理解できんやつの
言うことやることは品がないな。

上岡とか書いてるやつ。おぬしだよ。

166 :上岡@民主共和派:2000/04/29(土) 20:19
やっぱり歴史という物がなんたるかを知らない
無教養な輩の言うことは無礼だな。

64番としてレスしている輩。キミだよ。


167 :上岡@民主共和派:2000/04/29(土) 20:20
訂正:64番→165番

168 :上岡さん:2000/04/29(土) 20:28
世界史板では、ロマノフ家に同情的なこと書いてなかった?
それとも別人?

169 :名無しさん:2000/04/29(土) 21:47
世界では日本の国家元首は天皇だと思っている国がほとんどだそうだ。
だから日本の首相が行っても、扱いが一ランク下がるんだってさ。

だから国家間の付き合いが、減るってわけ。

170 :上岡@民主共和派:2000/04/29(土) 21:49
>168
同一人物です。
とにかく、ボルシェビキが嫌いだから、
自動的にロマノフ家に同情という訳。
ただ、ハプスブルク家は”御家”の利益の
為にドイツ人(オーストリア人)とスラヴ人と
マジャール人(ハンガリー人)をごた混ぜに
しようとしたから、ドイツ人にも非ドイツ人にも
敵。支持者はカソリックの坊主とユダヤ人ぐらい
だった。
また、自分の国だからこそ、自分や自分の親が
アパートや賃貸マンションの家賃の支払いに
ギューギューだというのに、天皇家が千代田区の
ド真ん中で踏ん反り返っている事も、
米軍が思いやり予算で遊びほうけている事
にも腹が立つから。
ただ、天皇制も安保も(いくら自民党政府の
世論操作があるからとはいえ)支持者が多数なの
だからムキになって反対はしないよ。

171 :名無しさん:2000/04/29(土) 22:14
天皇と共産党があるかぎり日本は安泰です!

ちなみに民主党が明日無くなっても日本はやはり安泰です!


172 :名無しさん:2000/04/29(土) 22:25
      ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′ ̄ ̄( ゚Д゚)<   民主党逝ってよし
 UU ̄ ̄ U U  \_____________

173 :御馬鹿様:2000/04/30(日) 00:04
>171 なぜそう言いきれる?
理由がわからんぞ!!

174 :上岡@民主共和派:2000/04/30(日) 01:29
勤王ならば、埴輪ルックで衛士
にでもなればよし。


175 :154>153:2000/04/30(日) 01:38
典型的な進化論者。畸形マルクス主義。人間は絶えず進化していると
思い込んでいる。未来には現代の問題はすべて解決して明るいユート
ピアが待っているとおもっている愚か者。ここで論じられるのは今現在の
問題。あるかどうかもわからない未来を標榜して、自分が高踏な人間と
思い込んでいる救いがたい人間。自分の幻想、妄想を疑わない、おめでたい
奴。
>156 「悲しき熱帯」でも読みましょう。

176 :名無しさん:2000/04/30(日) 02:58
ま、とりあえず西欧人に「お前んとこより、こっちの王家はふるいんじゃ!」
って威張れるじゃん(笑)!?

177 :名無しさん:2000/04/30(日) 03:50
>175
 よく見たら153と156、157は同一人物。

178 :154>153:2000/04/30(日) 07:46
 153と16は同一人物か?

 いちおう論理的に君の愚かさを証明してみせよう。
 まず、未来主義は必然的に二種の態度に行き着く。ひとつは近い未来の
展望、もうひとつはユートピズム。まず、前者。現実をみれば、近い未来に
国家がなくなることは、まずありえない。そんな現実に則さない妄想を、
次世代のあるべき社会形態を模索するこの場で、悟ったように語るのは
あまりにも愚か。
 次に後者。ユートピズムは歴史の非連続を前提とする。ここは「日本史」
板。歴史の連続性は史学の大前提。ユートピア論は現時代との断絶を見るが
故に幻想、妄想の域に属する。それはそれとしておもしろいが
153ははっきりとはいってないが、文脈上、明らかに幻想、妄想を
否定的にみている。ここに矛盾が生まれる。「圧倒的多数派」をあたかも
高みから眺め、優越感に浸る153は、しかし己の矛盾にさえ気づいてはいない
単なる愚か者。

179 :178の続き:2000/04/30(日) 07:55
 実はここまでいわなくても153の愚かさはすでに露呈している。

>未来からみれば現代も未開時代だってことだよ。

 153は未開社会をみて「こいつら、民主主義もしらねーよ」などと
いって笑うのだろうか。「こいつら電気もしらねーよ」といって
彼らを侮るのと同じ。

 まあ、153はマルクス主義歴史観の犠牲者なのかもしれない。
ただ、こんな人間は天皇制に賛成であれ、反対であれ、どっちの
陣営でも厄介者。

180 :>175:2000/04/30(日) 08:17
すべてを相対化してしまう構造主義が絶対善ではない。

181 :178:2000/04/30(日) 08:43
そんなことぐらいわかってるわい。下の31、33参照。

http://www.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=953931883&ls=50



182 :178>180:2000/04/30(日) 08:46
ただあまりにも153が「世界の野蛮」を知らないからいったの。

183 :名無しさん:2000/04/30(日) 09:09
諸君の論議を見ていると皇室をたんなる政治的な制度としてしか論議していないのが
残念である。
もう少し日本史板としての面目躍如たるとこを見せて欲しいものである。

以上

184 :名無しさん:2000/04/30(日) 09:12
>183
だって、お題そのものが日本史板にあってないんだもん

185 :名無しさん:2000/04/30(日) 09:20
政治思想版でやってくれ

186 :名無しさん:2000/04/30(日) 09:30
>184、185
たわけ。天皇抜きで日本史が語れるのか?
そんなもん日本史とは言えんぞ。

187 :名無しさん:2000/04/30(日) 10:48
>186
何で?


188 :ある@実は文転失敗の機械科学生:2000/04/30(日) 11:03
>183さん
 あなたの仰ることは正論であろう。しかし、いくら正論でも
固定ハンを持たなければ、その発言の信頼性に悖る。願わくは
貴君も固定ハンにて議論に参加されんことを。
 さて、これからの書き込みは貴君の要求におよそ応える物では
ない。まことに申し訳ないと、先に謝罪をしておこうと思う。

>186さん

 たしかに、1氏のような話題の振り方は日本史掲示板には
あっていないことは確かだ。その184さんがどういう真意で
その発言をしたのかは不明だが、彼の発言を以て日本史から天皇の
必要性を排除すると考えるのは早急ではないだろうか?
 近世に置いてさえ大政奉還を行う名目としてだって、戦争終結の
詔勅を発布するのだって、天皇陛下は重要な役割を果たされたと
思う。故に、日本史を語るうえで天皇家の存在を除いては語り得ない
のは確かだと思う。

189 :名無しさん:2000/04/30(日) 12:48
天皇はいつの時代も道具として扱われていた。
天皇を担ぎ出せば、官軍になるからだ。
陸軍も天皇を利用したからね。


190 :153=157:2000/04/30(日) 13:14
156は別の人だよ。1分違いでレスつけてるけどね。

>人間は絶えず進化していると思い込んでいる。

そう思い込んでると「思い込む」自由もあるのか。
もし遠い未来にも人類が存在しつづけるなら王様だの国家だのといった
ものから自由になる以外には難しいと思っているだけなんだけどね。
それはユートピズムなんかに根ざしたものではなく、それぐらいしか方策は
ないという苦い味のものなんだが。

>現実をみれば、近い未来に 国家がなくなることは、まずありえない。
そんな現実に則さない妄想を、 次世代のあるべき社会形態を模索するこの場で、
悟ったように語るのはあまりにも愚か。

「次世代のあるべき社会形態を模索するこの場」だったのか。ずいぶん立派な
ところだったんだね。もちろん近未来に国家がなくなることなんてないかも
知らんが、もっと先の未来の可能性を引き合いだすのがなぜいけないのかね?
そういう決め付けそれ自体のもつ愚かさについては許されるのかなあ。

あんたが天皇制肯定派ならば、否定派のあら捜しだけじゃなくて、肯定の
根拠・理由も言ってみてよ。世論調査がどうこうってことじゃなくてさ。
否定派をも黙らせるような肯定論を是非聞いてみたい。一度も聞いた覚えが
ないんだよ。




191 :名無しさん:2000/04/30(日) 14:23
投票まだやってんの?
僕は必要に1票。

昭和天皇は一人の人間としてとても尊敬している。終戦前の御前会議の御言葉なんて
涙もの。
昭和天皇のように国民のことを自分よりも大切に思っていてくれる人がいた、その家
系がこの国にあった、という感動が必要に一票の理由かな。
でも、正直今の天皇は尊敬していない、というかできる材料がない.
不敬ながら。(怒る人いると思うけど、これ本音だから・・)



192 :名無しさん:2000/04/30(日) 14:23
それにしても元号だれも使わなくなったな。
俺は元号法制定時の騒ぎを覚えているが、元号法に反対するものは
そりゃもう国賊呼ばわりだった。
それなのに今や読売も使わなくなってるんだからな。
結局元号法制化論者は愚民(未開人)だったわけだ。
ここの王党派も愚民であることは明らかだ。

193 :>191:2000/04/30(日) 15:07
A級戦犯で死刑になったやつがたくさんいるなかでノウノウと
生きてた事実はどうなる?
戦争を企図したのが昭和天皇自体でないとしても、止められる
立場にいたのに止めなかっただけで、重罪だという意見を耳に
したことはないのか?
戦争が終わってなにか言ったからって、それ自体に保身の意図が
なかったとどうやって判断するんだ。

194 :名無しさん:2000/04/30(日) 15:49
191は究極の○○だな。
仮に昭和天皇がそういう人間だったとしてなぜ個人ではなく、
その家系に感動するんだよ。そういってるそばからその家系に属する
今の天皇は尊敬しないって言ってるし。もうちょっと考えてから
書き込めよ。天皇制賛同の多数派ってこういうモノ考えてない○○に
よって構成されてるんだろうなあ。

195 :名無しさん:2000/04/30(日) 16:03
たしかに天皇制支持率とIQは概ね反比例するだろうね。
そういう調査はないのかもしれないが間違いないと思う。

196 :上岡@天下人:2000/04/30(日) 16:44
余が関白兼征夷大将軍になるから、
天皇陛下と上岡幕府に従えよ。

197 :名無し様:2000/04/30(日) 16:55
>193
オマエ、自分ちのじいさんを、戦争で人殺してきたからって罪人扱いすんの?
それだけで尊敬できないって言うの?人間的にダメなやつだな。
>194
オマエ、いいことした自分ちのじいさんを尊敬できるなら、孫の自分も尊敬しろって
他人にいうの?人それぞれじゃん。自分のこと頭イイと思っている完璧な〇〇だな。


198 :名無しさん:2000/04/30(日) 17:13
みんな父兄罪で氏刑!


199 :名無しさん:2000/04/30(日) 17:33
>198
お、右翼が反論できずにヒステリーを起こした(w


200 :オマエモナー:2000/04/30(日) 17:38
みんな不経済で市警!


201 :名無しさん:2000/04/30(日) 17:42
200とられた!

婦警座位で痴刑!

おっと イランに1票!



202 :194>197:2000/04/30(日) 18:32
なに、トンチンカンなこと書いてるんだよ。
ちゃんとよく読めよ(読めるならな)。
反論にすらなってないぞ。

203 :sjv:2000/04/30(日) 18:33
まじめにやろうよ・・・


204 :上岡@天下人OR総統:2000/04/30(日) 20:15
「天皇制」廃止→上岡=関白兼征夷大将軍
「天皇制」存続→上岡=大統領兼総理大臣

真面目な話し、政治的に未熟な国が共和制に
すると、ロシア=スターリン独裁、
ドイツ=ヒトラー独裁、オーストリア=
ドルフス独裁→シュシュニック独裁、
スペイン→フランコ独裁、トルコ→ケマル独裁、
など余り良い例が少ない。
しかも、ヒットラーやスターリンのような
下賎なゴロツキが独裁者になる場合は最悪。


205 :上岡@天下人OR総統:2000/04/30(日) 20:18
訂正:
スペイン=フランコ独裁
トルコ=ケマル独裁

206 :八田童子:2000/04/30(日) 20:29
>194
尊皇派であるわちきからも一言いわせてもらおう。
天皇を個人と見て尊敬、非尊敬をあげつらうははなはだ皇室に対する
認識が浅いと言わざるをえない。
昭和天皇を個人的に尊敬し奉るというのはわかります。
然るに、それだから皇室制度を支持するというのでは
どうも説得力に欠けますな。

どうも、皇室支持派には単なる権力乃至は権威指向の
皇帝派がまぎれこんでいるようですが、
天皇は皇帝とはまったく別の文化的展開をとげた存在です。
権力や権威への憧れを皇室に投影するのはやめていただきたい。


207 :上岡@天下人OR総統:2000/04/30(日) 20:43
>204
訂正:
天皇制維持→上岡=関白兼征夷大将軍
天皇制廃止→上岡=大統領兼総理大臣

こんな間抜けじゃ、リストラもの。

208 :191だけど:2000/05/01(月) 00:15
>193&194
うん、あなたたちの言うこと、了解。
考え足らずのカキコしたことは認める。ゴメンな。
でも、究極の○○呼ばわりされる筋合いはないぞ。

>197
かばってくれてありがと。でも202のとおりトンチンカンかもしれん。
でも、ホントさんきゅ!



209 :なんし〜:2000/05/01(月) 01:16
う〜ん・・・どっちかと言うと、必要とされているって言うか
あってもかまわないという人が多いな・・・
なんで天皇はそんなに注目されてないんだろう?
政治にほとんどされてないからかな?

210 :なんし〜:2000/05/01(月) 01:18
う〜ん・・・どっちかと言うと、必要とされているって言うか
あってもかまわないという人が多いな・・・
なんで天皇はそんなに注目されてないんだろう?
政治にほとんどふれてないからかな?

211 :名無しさん:2000/05/01(月) 01:56
平時において注目されないのは当然でしょう。
乱世において求心力を発揮する。

212 :>210、211:2000/05/01(月) 02:37
古代中国の伝説の
尭の逸話を思い出す。

「帝力なんぞ我にあらんや」こう嘯いて民は鼓腹撃壌。
今の皇室は、これを地で行っていないだろうか。マジで。
逆説的だが、空気のような存在であることが
ある意味君主制の理想的形態。空気だから特に意識しないが
無くなったら国は窒息してしまう。

213 :なんし〜:2000/05/01(月) 04:52
そうだね!あんまり・・・主張されても困るし
こんぐらいが、いいのかもね!!

214 :名奉行:2000/05/01(月) 21:03
天子は天の如くあらまほしけれ

これにて一件落着!

215 :名無しさん:2000/05/02(火) 15:08
天皇肯定派の肯定の根拠ってまったく説得力ないなあ。
っていうか根拠らしい根拠・理由らしい理由の書き込みがない。

216 :関白兼征夷大将軍:2000/05/02(火) 16:25
>215
それは言えている。
私のは論外として・・・
感情は無視してはいけないものだけれども、
不合理・非科学な感情論で意見を押し通すのは
建設的ではない。
クドイが、私の「総統=大統領兼総理大臣」とか
「天下人=関白兼征夷大将軍」とかは冗談だし、
論外だよ。

217 :名無しさん:2000/05/02(火) 16:44
短期的には間違いなくなくならないが
長期的には間違いなくなくなる。
それが天皇制。

218 :名無しさん:2000/05/02(火) 17:58
いまの政府は天皇制を守るため、っつーか、天皇の権威を維持するために、
汚いことも含めて、いろんなことをしてるよ。
例えば叙勲だけど、あれは事前に本人に内示があって、断るようなそぶりを
みせると「お前が辞退すると今後お前の業界への割り当てを減らすぞ。お前
の業界の後輩が困ってもいいのか」みたいな脅迫をされるのだそうだ。

219 :名無しさん:2000/05/02(火) 17:59
それから、青年海外協力隊OBから聞いた話。青年海外協力隊員は国内で
の研修を終えて派遣直前に天皇が激励に来るのだそうだ。そのOBは実家
でなんか都合があって、どうしてもその激励会みたいなものを欠席しなけ
ればならなくなったのだが、そうしたら職員が入れ替わり立ち替わり「お
前はよくてもお前の家族や親類にはお前が天皇に会うチャンスをフイにし
たことを残念に思う者がいるはずだ。絶対にいるはずだ」って、しつこく
しつこく説得に来たのだそうだ。

220 :名無しさん:2000/05/02(火) 19:25
ここで世界一長い王室だと力説している人がいましたが、
たしかに天皇の権威ってのは、一つは歴史に支えられているものですね。
ただ私は「新しい歴史教科書を作る会」じゃありませんが、
今の歴史の教え方じゃあ、誰も天皇に親しみや憧れを持つものはいないでしょうね。
自分も含めて今の若い世代の尊皇派ってのはある種の反動的な面はぬぐいされないものがありますね。

あとマスコミの芸能人扱いの皇室取材もやめろ。
あんなことしてるから、バカにするやつらが増えるんだぜ。

221 :名無しさん:2000/05/02(火) 22:26
だいたい生まれが高貴だとかそんな理由で誰かを尊敬できたり
するようなメンタリティーが理解できないんだよ。
天皇制支持の人でも、天皇制以外の場面では生まれだけで誰かを
支持したりすることの愚かさはわかっているんじゃないのかなあ?
そりゃあ天皇家にだって立派な人間が生まれる可能性はあるけど
だからといってそんなことが代々続くわけもないってことは
遺伝学的に当たり前のことだと思うがねえ。
そのあたりの齟齬についてどう説明するのさ。

222 :名無しさん:2000/05/02(火) 22:57
いささかうがった見方だけど、現在の天皇制の支持基盤は女性じゃないかな。
だから女性週刊誌に皇室記事がのるのは、君主制維持のために絶対必須のものだと思うよ。
逆にいえば、女性週刊誌から無視されるようになれば、日本も共和制になるでしょう。
現に男性に限れば、インテリほど天皇に冷淡だからな。
しかし憲法9条に関しては女性は圧倒的に護持派だから、
保守層についてある種のねじれがある。

223 :>215、221:2000/05/02(火) 23:40
>天皇肯定派の肯定の根拠ってまったく説得力ないなあ。
>っていうか根拠らしい根拠・理由らしい理由の書き込みがない。

なんで肯定派が否定派のあんたを説得しなきゃならんの?
支持率は安定しているわけだし、必要ないでしょ。
むしろ否定派に説得力がないからこそ、いつまでも廃止派が増えないんじゃないか?
それに肯定派と言っても、人それぞれの天皇制の考え方は違うだろ。

http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71

>今の若い世代の尊皇派ってのはある種の反動的な面はぬぐいされないものがありますね。

それはあると思う。
いわゆる従来の「サヨク」に対する嫌悪感、違和感が若い世代にあるのでしょう。




224 :名無しさん:2000/05/03(水) 00:20
いやあ、そうなんだよ。
俺は天皇大好きなんだけど
反対派を説得できるような理屈はないんだよね。
好きだから支持しちゃうじゃダメかな?
天皇というシステムと歴史が。

225 :名無しさん:2000/05/03(水) 01:18
政治思想板っぽい話だけど、
日本人はなんとなく天皇が好きで、なんとなく共産党が嫌い
だそうだね。

226 :名無しさん:2000/05/03(水) 01:27
共産党って響きが嫌だね

227 :名無しさん:2000/05/03(水) 05:26
天皇への好感てさ、有名人街でみかけて「あ、うれしい〜」って心理と根は一緒だと思うよ。
国家というプロダクションに守られ、プロデュースされてる芸能人の一種だよね。

228 :名無しさん:2000/05/03(水) 06:10
天皇制がある限り、日本に独裁者は出ないでしょう。

229 :名無しさん:2000/05/03(水) 09:01
>228
>天皇制がある限り、日本に独裁者は出ないでしょう。

それはどうかねぇ。天皇の名を語り、戦前の軍隊は何をしたかね?
他にも天皇制をいいことに利用してきた人々はいっぱいいるだろう。
そりゃー、ヒットラーみたいな独裁者は出てこないだろうがね。

230 :名無しさん:2000/05/03(水) 09:56
いや、天皇がいなければ宮顕が独裁者になって大虐殺をしていたってゆーことでしょ(笑)


231 :名無しさん:2000/05/03(水) 10:38
>230
米軍の単独占領なんだから宮顕が政権取れたわけないじゃん。
イタリアは共和制になったけど独裁者は出てないね。
これだから右翼はばかなんだ。

232 :名無しさん:2000/05/03(水) 10:41
だいたい共和制になった国がことごとく独裁国家になるというのかい?
語るに落ちるとはこのことだ。

233 :ケー二ヒスベルク:2000/05/03(水) 10:59
石原慎太郎が大統領と内閣総理大臣を
兼務する独裁者になるより、天皇陛下が
象徴で、小渕や森が首相の大人しい国の
方が良いよ。
池田大作が大統領とか、或いは(ミヤケンは死ぬから)
不破が大統領だか国家主席、志位が首相なんて最悪。

234 :221>223:2000/05/03(水) 11:36
>むしろ否定派に説得力がないからこそ、いつまでも廃止派が増えないんじゃないか?

支持率が過半数を超えていることと、説得力の問題は別物だろ?
一般民衆の意識がそう簡単には変われないってことを示しているだけの
ことだと思う。考え尽くした挙句に世論調査に答えているような人間なんて
ほとんどいないだろうしね。肯定派だって支持率が将来50パーセント
を割ったらあっさり引き下がるってわけでもないんだろう?
否定派だっていろいろだろうけど、個人的には、一体制の公的存在を
血統主義・世襲で選ぶってこと自体、ほとんど罪悪といってもいいことで
あって、だから存続すべきでない、と単純に考えている。
否定派を説得する必要ない、なんて言ってしまったら、このスレッド
自体無意味になってしまうわけで、少なくとも俺の否定の根拠よりは
強い肯定の根拠を、書いてほしいね。




235 :ケー二ヒスベルク:2000/05/03(水) 13:21
共産党と創価学会は獅子身中の虫。
その抑止の為にも「天皇制」は必要。
ましてや、日本には欧米でのキリスト教の
ような精神的支柱が無いのだから、
皇室がその役割を果すべし。

236 :名無しさん:2000/05/03(水) 13:45
>支持率が過半数を超えていることと、説得力の問題は別物だろ?

別物じゃないよ。否定派の発言に説得力があれば、もう少し廃止派が増えてる。
今は戦前のような天皇教育されてないし、むしろその反動で
教科書も教師もマスコミも、「自由」「平等」「差別はいけません」てやってるわけだからね。

>考え尽くした挙句に世論調査に答えているような人間なんてほとんどいないだろうしね。

考え尽くせば否定派になると勝手に思い込んでるようですね。
それに国民だって真剣に考える人もいれば、なんとなくという人もいる。
それはどんな世論調査でも選挙でもそうでしょ。

>否定派を説得する必要ない、なんて言ってしまったら、このスレッド
>自体無意味になってしまうわけで、

そうではない。「必要か不必要か」なんだから、
否定派は自分の主張をすればいいんです。
否定派にとって肯定派の発言に説得力を感じないのは、ある意味当たり前のことです。
少なくとも、共産主義者・無政府主義者と天皇主義者に歩み寄りはないでしょう。

237 :234>236:2000/05/03(水) 15:31
>否定派の発言に説得力があれば、もう少し廃止派が増えてる。

人間社会ってそんな図式的なもんじゃないよ。理屈に合わないほうが
多数派を占めることなんていくらでもありうる。

>考え尽くせば否定派になると勝手に思い込んでるようですね。

そんなことはないよ。考えた挙句に賛成する人間だっているだろう。
でもあまり物事を考えないような人は概して守旧的なほうへ流れがち
だということは言えると思う。それが「悪い」とは一概には言えないが
賛成派が多数なのは、それが正しかったり理屈にあっていたりするから
というよりは、「変化」に必要な「時」が熟していない、という要素が
大きいのではないかと考える。

>歩み寄りはないでしょう。

相手を「変節」させようとすべきだといってるんじゃないよ。
「考えた挙句」に天皇賛成なら理論武装して議論してみてもいいん
じゃないかな。その「理論武装」さえ、ほとんど見かけない。

血統主義・世襲がおかしい、という俺の意見にはなぜ一言もないのか?
周辺ばかりつついて核心には誰も触れようとしないね。


238 :名無しさん:2000/05/03(水) 15:53
今の皇族は京都に引っ込んでもらって、
天皇は国民の人気投票で毎年交代するってのはどうだ!
「今年の天皇は宇多田ヒカルです」なんて面白いぞ。

239 :名無しさん:2000/05/03(水) 16:07
>238
そんなことになってみろ、
オレは反動分子になる。

240 :名無しさん:2000/05/03(水) 16:31
天皇自身の意見を聞きたい。

241 :名無しさん:2000/05/03(水) 20:06
>240
ぶっちゃけた話し今上陛下はいわゆる天皇制(共産党による造語)には反対でしょう。
今上陛下はアメリカ女に教育を受けて育っておられるからね。
そして、皇后陛下といいキリスト勢力がとりまきに多いのも
昨今の宮廷事情。
天照大御神の子孫たる天皇陛下と唯一絶対のゴッドさんとはあまり仲良しにはならないでしょう。


242 :>238:2000/05/03(水) 20:06
>天皇は国民の人気投票で毎年交代するってのはどうだ!

やめてよ。池田大作なんかがなったらどうすんの?

243 :九瀬童子:2000/05/03(水) 20:25
>238
実はこういう素朴な問題から皇室の本質がかいま見えてくるのである。
なぜなら忘れがちであるが我々は天皇というと、
該当する今上陛下ただ一人、即ち個人としてとらえがちであるが、
238がはからずも問題提起しているように「天皇」というのは
「位」であるわけである。
では、人気投票でなれる位であるかというと、どうもそんなに
軽いものではないらしい。
もっとも、今の世界では人気投票による「民主主義」なるものが主流であるらしいが・・
じゃあ、どうしたらなれるかというと、これはもう一種の宗教なのである。
即ち、歴史の中の多くの日本人がそうであったように、
「天皇」とは「神話」なのである。ここでいう神話とはつまり日本神話を指す。
天皇とはチベットのダライ・ラマの日本版なのである。
すなわち日本神話に一番近い存在を探し出し、創りだし崇め奉っていく
日本人の原始から続く宗教行為なのである。
だから、理屈うんぬんの話しではない。
たかだか一個人の膨張せし思考によって、日本人の潜在意識に関わる
重大問題を否定することなかれ。


244 :名無しさん:2000/05/03(水) 23:19
>241

いえいえ、神道とは本来は寛容なものです。
江戸時代の天皇なんて熱心な仏教の信者です。
明治以後の国家神道が異常だったのです。
昭和天皇は、GHQにわざわざキリスト教徒の家庭教師を望んでいます。
将来のことを考えてのことでしょう。


245 :名無しさん:2000/05/04(木) 10:11
>243
その「神話」とやらだって遠い過去の誰かの「膨張せし思考」とやらの
産物だろ?結局はな。


246 :元彦:2000/05/04(木) 10:33
必要か不必要か、などという合理主義的観点からのみ天皇制を考察すると、やはり不必要だろうな…。

しかし、日本のように伝統の長い国においては、合理主義より習慣が優先される場合がままある。
天皇家はその最たるものだろうと思う。
「思考では不必要だと結論しながら、なぜか情緒的には存続を希望してしまう」
というのが実際のところだろ…(俺なんかはね)

思うに、天皇家は日本を他国から差別化するのに最適のブランドなのだと思う。
(勿論、ここでいう差別とは同和的使用法としてのそれではなく、
(今、流行のビジネス用語的使用法としてのそれである。。。

ほとんど世界で類例が無いほど永く永く続いてきた王朝。
日本人は密かに天皇家を好ましく思ってるんだよ。
あーゆー特別の家が日本にあることを面白がってるんだと思うよ。
かつての皇帝の居城が博物館になってしまっている中国などと比べ、
日本の場合は実際に“皇帝”が皇居で起居している…。
こういう不思議な感覚、これがたまらなく日本人にはいいんだよ。
こーゆー不思議で非普通な感じが、たまらなく面白いんだよ、日本人は…。
ただ、合理主義的政治判断から天皇制の廃止を唱える人たちには、
こーゆー天皇制の“おもしろみ”が分からないんだと思う。
(不謹慎な表現だが…)
天皇家の妙味とゆーか、趣(おもむき)とゆーか…
とにかく、合理性が通用しないところに、隋唐の時代から続いているところに、
たまらないオモシロさを感じる。
これが般Pの感性ではなかろうか?

247 :名無しさん:2000/05/04(木) 11:06
>246
あんたや、天皇好きの人達が面白がるのは勝手だが、それを他人にまでおしつ
けるからうざがられるのだ。
もう裏に回っちゃたが「叙勲を拒否すると業界の後輩に迷惑がかかるぞと脅さ
れる」とか、「青年海外協力隊の壮行会に欠席するとおまえの親類にはがっか
りする奴がいるはずだから翻意しろとしつこく説得される」とか(レスを全部
読むまたは最新レス100で読める)、それからクリスチャンの自衛隊員の遺
族が起こした有名な「靖国合祀訴訟」なんかも天皇好きという趣味の他人への
押しつけの一種だろうね。
そういうことをどんどんやればいい。そういうことをやればやるほど天皇制を
うざがる国民がどんどん増えるのだ。

248 :関東侍:2000/05/04(木) 11:09
池田大作が大統領か「教皇」で
神崎が総理大臣、
不破が大統領か国家主席で、
志位が総理大臣、
石原が大統領兼総理大臣・・・
そんなのよりは、天皇が象徴で、
馬鹿でも森だの小渕だのが総理大臣の
方が遥かにマシ。
また、人民解放軍が進駐してきたり、
もしくは徴兵制&核武装などになるより、
米軍基地が有った方がマシ。

249 :ケー二ヒスベルク:2000/05/04(木) 11:10
池田大作が大統領か「教皇」で
神崎が総理大臣、
不破が大統領か国家主席で、
志位が総理大臣、
石原が大統領兼総理大臣・・・
そんなのよりは、天皇が象徴で、
馬鹿でも森だの小渕だのが総理大臣の
方が遥かにマシ。
また、人民解放軍が進駐してきたり、
もしくは徴兵制&核武装などになるより、
米軍基地が有った方がマシ。

250 :名無しさん:2000/05/04(木) 11:14
天皇在位10周年の記念式典に自分たちで呼んだ安室奈美恵安室が「君
が代」を歌わなかったからといって「沖縄の日教組は共産党に支配され
ているから」と見当はずれな批判を口にするような連中がいる限り、天
皇制の未来は明るいと思うよ。

251 :名無しさん:2000/05/04(木) 13:20
小渕や森より天皇のほうがマシだとか繰り返して書いてるけど、
その根拠がまったくわからないね。少なくとも人口1億の国の首班に
まで上り詰めてるんだから、それなりに長所もある人たちだと思うがね。
ただ単に生まれが良い世間知らず、能力も不明な人間のほうが上だと
いうほうがおかしいだろう?
上のほうで書かれているけど天皇には外交官的側面もあるわけで
(しかも相当上位の)、そういうポジションを無能かもわからん
人間にまかせることの損失もあるんでないかい。

252 :248・249:2000/05/04(木) 13:55
>251
貴方は、「天皇制」廃止の場合は、
どのような国家形態が望ましいと
考えているのですか?
私は、天皇の代わりにドイツ・イタリア型の
”象徴大統領”を議会内で選出し、
天皇の国事行為に毛が生えた程度の権限で
良いと思う。あくまで、政治は内閣総理大臣が
司る。

253 :252:2000/05/04(木) 13:57
まあ、それこそ議員立法を確立せねば、
バカ首相、バカ大統領、官僚政治が続く
だけだ。

254 :>253:2000/05/04(木) 22:36
>議員立法を確立せねば
現実的ではないな。せいぜい議員立法と官僚立法の並存が限度。

255 :中継:2000/05/05(金) 10:02
民主主義過信者達のは百鬼夜行はまだまだ続く模様です

256 :名無しさん:2000/05/05(金) 12:27
>254、255
それじゃ、議論する必要もないような・・・
第一、ここは日本史板だし、こういうネタは
政治経済金融板や政治思想板で語ろう。

257 :名無しさん:2000/05/05(金) 18:23
いてもいいけど、
江戸城の下に地下鉄くらいは通せ。
皇居のせいで、東京の交通機関は難儀してると思うぞ。

258 :名無しさん:2000/05/05(金) 18:35
>257
皇居の下には日本の選ばれた層の家族だけが入れる巨大な核シェルターがあるのだ。
地下鉄なんか通してたまるか!

259 :名無しさん:2000/05/05(金) 19:55
皇居の地下金庫にこそ、例のM資金が眠ってるんだぜ。
1万トンの金塊がな。


260 :名無しさん:2000/05/05(金) 21:54
昔、推理作家の小林Q三が
「地下鉄丸の内線の国会議事堂前駅は核シェルターだ!!」
とか言ったなあ・・・

261 :山岡@究極:2000/05/06(土) 06:48
天皇がいなくなったら
もう誰も征夷大将軍になれなくなっちゃうぞ。

262 :名無しさん:2000/05/07(日) 09:43
皇居こそ日本国鎮守の総本山である

263 :名無しさん:2000/05/07(日) 13:14
ワシは天子様がいなくなられたら、
関白兼征夷大将軍から、
大統領兼総理大臣に成るから
心配御無用。

264 :名無しさん:2000/05/07(日) 13:18
>263
あんた寒すぎ。
歴史社会の用語の意味くらい知ってから
煽り入れてくれ。

265 :263:2000/05/07(日) 20:23
>264
呼んだ〜。

266 :名無しさん:2000/05/08(月) 14:00
とりあえず名目上は万世一系だし伝統もあるし、
日本国民の祭儀の宗主として置くのは良いんじゃないかな。
「象徴」とか西洋的概念の「国家元首」とかそういうのは抜きで。
祭儀の元首が天皇、政治の元首に大統領なんて感じでも良いし。

とりあえず「天皇のために死ね」なんてのはまっぴらごめんだけどさ。
西洋の物まねで祭り上げられた戦前皇国史観は好きじゃない。

267 :266:2000/05/08(月) 14:02
あと、神(カミ)=GOD(天主)の誤解をきっちりと理解させると。

話はずれるけど、君が代は伝統なんてほとんどないからなあ。
何より歌いづらいし暗いし。確かに荘厳だけどね・・・

268 :264・265:2000/05/08(月) 19:15
>266
同感。エンペラーないしはキングと、
天皇とは異なるし、どうせならば
元首的存在としての「天皇制」は
廃止して、大統領が元首として国事行為や
総理大臣の職務の一部を行えば良い。
天皇は最高祭司。ただ、神道を国教には
しないよ。
>267
うむ、言えてる。
キリスト教のGODと日本のカミ(神)とは
異なる。前者は唯一なる「神」、後者は
それこそ万の神々。
と言うか、どう言えばいいか解からんが、
より本質的に異なるんだよね。

269 :名無しさん:2000/05/08(月) 21:05
自分も、ユダヤ教やキリスト教的単一絶対神と日本のやおろずの神様は
概念からしてまったく違うものだと思います。キリスト教圏の人には
理解しがたいものがあるのでしょう。
あと、昔から天皇は支配者ではなかったわけで、独裁政治と結び付けて
考えるのは、とんちんかんな気がします。

すみません。話変わりますが。
万世一系というのは、どこのへんで途切れているのでしょう?>266さん、他の方
勉強不足で申し訳ありません。ご教示くださいませ。



270 :名無し:2000/05/08(月) 22:19
継体天皇。

271 :266:2000/05/08(月) 22:21
>269
一介の歴史好き(と言うかかじり)だからどの辺か、は今すぐ挙げられないけど、
過去ログに何度もでてるよ。
ただし、とぎれているという確証もつながっているという確証も無いけどね。

272 :名無し:2000/05/08(月) 22:26
現存する世界最古の木造建築 -> 法隆寺
現存する世界最長の王朝 -> 天皇家
現存する世界で唯一のEmperor-> 天皇

はずしたかな?(^^;

273 :名無し:2000/05/08(月) 22:58
むしろ、力がなかったから今まで生き残ってきたのかもね >269

その証拠に昔の天皇ってかなり殺されてるし。崇峻天皇とか。

274 :名無しさん:2000/05/09(火) 03:12
269です。266さん、270さん、レスありがとうございました。ログを
見ました。歴代天皇の中に熱心な仏教徒がいたとありましたが、初耳
です。どの方なんでしょう。こういう話はちょっと聞いてみたいですね。天皇の信仰といえば、熊野詣でが思い浮かびます。

>273さん
たしかにそうかも知れないです。世の権力者は常に倒されていますね。
おごる平家…ですね。
力のない天皇を、なぜ否定したがる人たちがいるのか、理解に苦しみます。
終戦当時、A級戦犯として天皇陛下が処刑されていたら、当時の国民は
落ち込んで、復興に時間がかかったんじゃないでしょうか。陛下御自身は
マッカーサーに対して、「自分はどうなってもいい」とおっしゃったとか。
今の時代でも、日本人の心の拠り所であることには変わりがないと思います。
少なくとも自分にとってはそうですね。

275 :名無しさん:2000/05/09(火) 03:37
そういえば、南朝の熊沢天皇というのもありました。
いわゆる偽天皇はどれも消えてしまいましたが、
こうして北朝系が残っているのは、やはり国民から
慕われているからなのでは?

276 :>275:2000/05/09(火) 05:03
保阪正康氏によると、
熊沢天皇をはじめ、戦後、自称の偽天皇は19人いたらしいですね。
保阪氏がひとつひとつ調べた結果、どうやら「左翼」が天皇制を
混乱させるために、意図的に流した噂みたいです。
かなり裏で支援してたんでしょうね。
熊沢天皇は参議院全国区に立候補したんですが、その得票数は
泡沫候補に等しかったそうです。




277 :名無しさん:2000/05/09(火) 06:15
>274

 基本的に天皇は全部「熱心な仏教徒」じゃないの?(笑)

 自分が宗教の現人神兼最高司祭でありながらこーいうことする
あたりが日本人のアバウトなところだねえ。

278 :>274:2000/05/09(火) 07:38
天皇ないし皇族がつくった寺がいくつあると思ってんだ?
学校で東大寺の大仏についてはお勉強しなかったの?

279 :>277:2000/05/09(火) 12:12
日本人のアバウトな所というよりは、日本人の宗教観だと思うが。
それが他の、一般的な宗教信徒から見ればいい加減とかアバウト
と写るのでしょう。

280 :名無しさん:2000/05/09(火) 13:32
「天皇は全部、熱心な仏教徒」なんですかねー。

天皇にせよ、日本人総体とみても本地垂迹があるので、
正しいかはともかく、一応の理屈があります。

281 :名無しさん:2000/05/09(火) 14:14
明治天皇は熊沢天皇を認める発言をしていましたよね。
南朝が正統である、というようなニュアンスなのかな。


282 :>281:2000/05/09(火) 22:07
???

283 :>281:2000/05/09(火) 22:24
時代考証せいっての。

284 :名無しさん:2000/05/10(水) 21:22
昔の天皇は仏教の仏を鎮魂の新しい形として
用いていただけで、要は八百万の神の一員として
迎え入れていただけなんじゃないかな。
仏教の教義が平気で和風に変貌していくのは、
その辺が理由なのでわないかと思う。

285 :名無しさん:2000/05/10(水) 21:29
>281
伝聞ですが、山縣か誰かに無理矢理
「南朝が正当だ」と言わされて、
次の日の議会をふてて無断欠勤したという話が・・・
>284
仏教自体も周辺の異教の神々を
天部とかに取り入れてるからな。

286 :>284:2000/05/10(水) 22:11
>要は八百万の神の一員として迎え入れていただけなんじゃないかな。
私もそう思います。
プラス、当時も政治的・外交的な思惑もあったと思う。
反祟仏派とか反神道派とか。

でも原始的に、
「嵐や疫病を起こす祟る神がいるから仏を祭って祟りを払おう」とかさ。
こんな感覚を受け入れられるのはやはり日本人がつちかってきた風土なのかな。

287 :結論:2000/05/14(日) 10:22
日本国=天皇のいる国

288 :名無しさん:2000/05/16(火) 00:02
森氏も認める天子中心神の国

289 :森喜朗:2000/05/16(火) 10:27
馬鹿臣民どもが…
この国は天子様の国だ…!
2000年も前からな…
(とんでもねえ首相が出てきたな。
(どんな騒動をひきおこすか今から楽しみだ^▽^)

290 :age:2000/05/16(火) 11:36
age

291 :age:2000/05/16(火) 13:31
agege

292 :266:2000/05/17(水) 00:54
森のはどうもカミとGodがごちゃ混ぜになった発言に見えてしまう……

293 :名無しさん:2000/05/17(水) 12:10
森氏は孫娘をつかって関白を目指しているそうです。


294 :名無しさん:2000/05/17(水) 12:14
しかも、征夷大将軍も兼ねたいそうです。

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)