5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉良、今川の家格

1 :名無しさん:2000/05/13(土) 00:34
足利がくたばれば吉良が
吉良がくたばれば今川が将軍になると言う不文律って本当なのですか?
分家の中でも上下があったらしいけど特に吉良は守護にもなった
事がない家ですよね。
管領家の方が上のような気がしますが違うのでしょうか?

2 :名無しさん:2000/05/13(土) 01:16
管領等、幕府の職に就く時点で家来筋に格下げ。
吉良、今川は将軍の分家、つまり一門衆ということだ。
徳川の御三卿に近いものだと思ってくれ。


3 :ANA全日空:2000/05/13(土) 01:40
吉良家は三河守護だったような気もしますが。。。

ところで、足利姓のまま分家した家がありますが(なんとか公方)
これらはどういう家格だったのでしょうか?

4 :名無しさん:2000/05/13(土) 01:53
斯波が家門で一番上で執事になるのを嫌がったと言う話もあるよ。
だから斯波が就任するときに管領と名を変えたと
鎌倉時代には斯波も足利を名乗っていた。


5 :名無しさん:2000/05/13(土) 02:26
「御所が絶えれば吉良が継ぎ吉良が絶えれば今川が継ぐ」
他の足利一門の直系が京に詰めていたのに対し、京にいない足利一門
吉良今川は地方で文化繁栄を極めていたからだ。

6 :名無しさん:2000/05/13(土) 07:12
なるほどね。
江戸時代の「高家」というのは武家の中の公家的存在で、
名家の末裔を残して公家との交渉にあたらせた部門だけど、
織田をさしおいて「高家筆頭」の吉良家って何者なのか、
ちょっと気になっていたのが、ようやく謎が解けた。

7 :>3:2000/05/15(月) 06:07
幕府初期に尊氏の子の基氏が幕府の関東出張所たる鎌倉公方となったが
なし崩し的に独立的権力を帯びた。だから幕府にとっては目の上のたん
こぶ。足利持氏のときに上杉禅秀の乱やら永享の乱やらでゴタゴタして
ダメになったけど、もう中央もダメになって・・・。


8 :名無しさん:2000/05/15(月) 06:17
源義国から下って、、、足利義氏の子、
長氏の子が、吉良満氏・今川国氏
泰氏の子が、斯波家氏・渋川義顕・石塔頼茂・一色公深・足利頼氏
頼氏のひ孫が尊氏、尊氏の子が義詮(2代将軍)・基氏(鎌倉公方)・直冬


9 :>6:2000/05/15(月) 07:00
「高家筆頭」っていうのは持ち回りだよ。
吉良はその中でも禄の高い家だけど別に家格で定まっていた訳じゃ無い。
江戸を通せば大沢が一番肝煎りを勤めていたと思う。

10 :名無しさん:2000/05/16(火) 01:08
age

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)