5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

甘粕正彦ってどんな人?

1 :名無しさん@1周年:2000/05/26(金) 22:44
彼のバックグラウンドについてなんでもあれば発言お願いします。

2 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 03:38
 戦国期の上杉家家臣甘糟某の子孫・・・じゃなかったっけ。

3 :KEEN:2000/05/28(日) 09:26
もともとは陸軍の憲兵で、関東大震災のときに社会主義者の大杉栄一家を殺害したために
軍を追われて、満州に渡って満州国建国に関わりました。昭和7年に満州国民政部警務司
長、協和会中央本部総務部長。昭和14年に満州映画協会理事長に就任しました。
終戦の時に自殺しているはずです。
映画「ラストエンペラー」では片腕の甘粕を坂本龍一がやってましたけど、実際は腕じゃな
くって足が不自由だったんじゃないかな。


4 :名無しさん@1周年:2000/05/28(日) 11:42
アラマタの『帝都物語』に出てたわよ。

5 :>3:2000/05/29(月) 12:25
映画でも足ひきずってなかったっけ?
あと実際の甘粕は教授みたいなハイカラな感じの伊達男とは似ても似つかない。

6 :個人的意見:2000/05/29(月) 16:06
満州時代の彼を知る人はベタぼめですね。
森繁ヒサヤとか朝比奈隆とか。
どう考えても、子供だけはやってないと思う。誰かを庇っているのでは。


7 :>6:2000/05/29(月) 21:09
大杉一家殺しは所轄憲兵隊の組織犯罪です。
おそらく甘粕自身は、ほとんどノータッチでしょう。

ただ陛下の軍隊がかりにも民間人を殺したとなると大問題ですので、
あえて個人犯罪にした。
その意味で甘粕は、むしろ憲兵隊に貸しをつくったということで、
その見かえりは、早期出所後の2年にわたるパリ留学や、
満州におけるしかるべき地位への就任です。

(参考文献 角田房子「甘粕正彦」(中公文庫))

8 :PS:2000/05/29(月) 21:13
ともかく生真面目です。憲兵隊が資金を出したパリ留学時代は鬱屈してたようですが、
満州にもどりフィクサーとなると、じつに生き生きといきていました。

彼自身、ある種の倫理的な人物だったようです。
憲兵隊時代から、むしろ弱い者や民間人に対して礼儀正しくふるまったようです

9 :名無しさん@1周年:2000/05/30(火) 09:41
>6
確かにそうですね。
≪満映≫の元社員(?)なんかは彼を高く評価してました。
真面目で礼儀正しく、細かい、と。
でもこの話は四人からしか聞いてませんので、
他の社員(?)がどう考えていたかは分かりません。


10 ::2000/06/05(月) 23:13
甘粕自身、100パーセント、大杉栄一家の殺しに無実ということはないでしょうが、
やはり集団犯罪でしょう。大杉は、将来の栄達を無言のうちに約束され、
(それに目がくらんだわけではなく)一心に罪を背負ったのでしょう

11 :アホカス大尉:2000/06/07(水) 15:33
辞世の句はすばらしい

大バクチ モトモ子モナク スッテンテン

これだけシニカルな人に、あんな馬鹿げた殺人は出来んと思う。


12 ::2000/06/07(水) 19:14
初めて聞いたよ、辞世の句


13 :11の辞世の句は本当です。:2000/06/07(水) 21:56
・・・複雑なヒトだったのよ。昭和史ファンとしては、じつに興味深い人物

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)