5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本史史上一番の売国奴は?

1 :天下のさとくん:2000/06/02(金) 12:53
 日本史の中で一番の売国奴は誰でしょう?ちなみに僕は大伴金村だと思います。あと近衛文麿とか、最初は支那(北支か?)事変解決を目指してたんなら最後までやれよ。そういや真珠湾の時の日本大使官員もある意味売国奴だな〜

2 :こいつ:2000/06/02(金) 13:58
【^▽^】

3 :>1:2000/06/02(金) 14:08
近衛文麿は周りに流されてあっちへいったりこっちへいったり
優柔不断なおぼっちゃんです。あんなのを総理にしちゃダメ!

4 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 14:13
ゴーマニズム宣言の人

5 :【^▽^】:2000/06/02(金) 14:59
南京大虐殺があったと信じる馬鹿者

6 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 17:22
南京大虐殺はなかったなどと、証拠もないのに、ふざけて、大衆を先導する人。

7 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 17:28
5はネタ。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 19:24
南京大虐殺はあったにもかかわらず、
否定する人。又はそう先導する人。
日本人の悪意を代表する。


9 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 19:29
勝てるわけのない対米戦争をおっぱじめた、東条英機。
(もちろんそれ以上にアメリカが悪いのだが)


10 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 20:37
そりゃ、石原莞爾だろ?
間違いなく。

11 :>9:2000/06/02(金) 20:37
なんで、それ以上に、アメリカが悪いっていえるの・・・
それ以上にって、どういうこと・・

12 :>9:2000/06/02(金) 22:01
別に東条が一人ではじめたんじゃなかろうが。

13 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 22:13
大伴金村は平和に譲渡を行ったのではなくて、本当は敗戦の責任者だったんじゃないかなぁ・・・

14 :名無しさん@1周年:2000/06/02(金) 22:53
むやみやたらと日本円を海外に流出させた読売巨人球団。
しかも優勝できない。

15 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 11:06
東条が戦争はじめた、という見方は、敗戦後に実際は「誰が悪い」とは一概に
言えない戦争に無理に一人の責任者を設定した(それによって「他の日本人は
犠牲者」といえるし)結果生まれた考えで、実際は戦争はじめたときの総理が
たまたま東条だった、という方が実情に近いだろう。(無論、東条にも責任が
あることは否定できないが)


16 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 11:36
選挙にも行かず政治の批判ばかりする国民と
それを「政治不信の現われ」などと言って、
政治的行動かのように持ち上げるマスコミ。


17 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 11:46
>16
そりゃあ「売国奴」ってゆーより「衆愚」といったほうがいいな

18 ::2000/06/03(土) 13:12
大勢の売国奴なのです。

世間の皆様が売国奴=免罪・・・の図式。


19 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 13:18
江戸幕府がもう少し北方開拓に熱心であったなら、
全樺太、全千島が日本の領土に(今も)なっていたのに。
日本列島って、樺太、千島も含むのは自然と考えません?
自然国境ラインを回復したいものだ。

20 :>19:2000/06/03(土) 13:27
東北や北海道、全千島、樺太は元々アイヌ人のテリトリーです。
対ロシアという観点で発言なさっているのでしょうが、
現在残っている地域でも
日本の領土になった陰にどれだけの虐殺があったことでしょうか。
現在でも明治以前にありましたアイヌ人の漁獲権どころか、
数年前まで旧土人法がありましたし、
そもそも政府自身が認定すらしていません。



21 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 07:00
6と8


22 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 07:35
小○野賢治・児○誉志雄

この二人は右翼の武器商人であり、戦時中国外から武器その他を輸入して軍部と癒着していたが、
あろう事か中国軍部にもドイツやチェコ製の武器を大量に売り渡し、日本軍と闘わせていた。
金のためなら何でもありの奴ら。

23 :age:2000/06/04(日) 10:10
age

24 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 23:03
児玉・小佐野は日本の黒幕だからあまりしゃべっては危ないよ。

25 :ろった:2000/06/04(日) 23:44
北方領土を放棄する?と言った政府の関係者。

26 :右翼ってなんでまだいるの:2000/06/05(月) 02:13
戦前、あれだけ米英と戦えて言っていて
 結局、日本を有史以来初めて外国に占領された責任は
(もちろん切腹)とっていないんでしょうか?

27 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 02:22
戦後生まれのウヨくんは所詮懐古主義じゃん(あ、サヨくんも同じか・・)

28 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 02:24
>26
右翼の意味、知ってる?

29 :>26:2000/06/05(月) 03:10
それは某新聞だろ?

30 :売国奴といえば・・・。:2000/06/05(月) 11:08
恐れ多い事ながらポツダム宣言受諾を裁可したあのお方では・・・。


31 :>304月29日の某お方:2000/06/05(月) 12:59
あのお方が実行力がなかったために、あの戦争が起こったのでは、ということでしょうか?

32 :天下のさとくん:2000/06/05(月) 12:59
 う〜ん、ここまで反応があるとは思わなかった(^^;)
 東條の意見結構多いけどその火種を作ったのは近衛だよ(もちろん陸軍の圧力もあるが)東條はいわばその後釜だからな〜。でも何も考えずに開戦に踏み切った点では責められるべきだが。
 現代の売国奴は朝日新聞かな〜、あと無意味に騒ぎを大きくする馬鹿(右翼も含む)

33 :天下のさとくん:2000/06/05(月) 13:07
>31番へ 天皇は明治憲法によって政治関与が制限されてたって知ってます?「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」となっているけどあくまで権威的なものであって権力は(実質的には)もってなっかったんですよ。よく天皇主権とか言われてるけど実質的には官僚主権と言った方がいいんじゃないかな〜
 第一天皇自信に主権者として政治を動かす「意識」がなかったみたいだし

34 :形式的にせよあのお方の名前において無条件降伏したので・・。:2000/06/05(月) 13:25
ポツダム宣言受諾によって連合軍に国土を占領されて主権を奪われてしまった訳だな。
結果として大日本帝國を連合国に引き渡したに等しいわね。


35 :天下のさとくん:2000/06/05(月) 13:36
>34 じゃぁ、あのまま戦闘が続いて日本が完全に滅ぼされても良かったってことですな。弓槍刀で国民(当時は臣民だが)総動員したって勝てるわけないでしょ!元々勝てる見込みなんかなかったんだから(負ける見込みでもなかったが)。

36 :ナニ金風に:2000/06/05(月) 14:12
あんたねぇ〜、ここにあんたの署名/捺印(御名/御璽)があるでしょ?
それでしらないとか関係ないとか子供みたいな言い訳世間に通るわけないでしょ?
最高裁の判事かてワシが正しいっていうがな。

37 :とりあえず名分論的には:2000/06/05(月) 14:14
社稷に対しての裏切り行為だわな・・・。

38 :天下のさとくん:2000/06/05(月) 14:27
36> 別に天皇が納得せず(納得してたし)ポツダム宣言受諾したとは言ってないでしょ。ただ、天皇があの時決断してなかったらどうなってたかって事を言っただけっす。

39 :名無しさん@1周年:2000/06/05(月) 18:08
あのね、やっぱり天皇は責任あります。
憲法に明記されているんだから。
国家元首で軍隊の大元帥です。

昭和天皇もいろいろ口出ししてます。積極的ではなくとも
人間ですよ。

40 :凄い:2000/06/05(月) 19:57
展開が東京裁判のG2派と民生局派みたいな展開になってきた。

おもしろいのでageときます

41 :自分だけ生き残ってはまずいわな・・:2000/06/06(火) 01:39
神州不滅を信じて特攻隊などで散華された英霊の方々からみれば「騙された!」って感じではないの?


42 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 03:36
明治憲法で立場が明記されているのにもかかわらず
昭和天皇に戦争責任がないなんて発言は馬鹿げてる。
でもそれはそれ。これはこれ。

もし俺が昭和天皇を裁く立場にいたら有罪ながらも
天皇の事後承認的性格に情状酌量を加えて終身刑ってとこかな。
俺って慈悲深いからね(笑)

43 :>42:2000/06/06(火) 03:54
ふ〜〜〜ん。じゃなんで内閣の決定を天皇は否定したり、内閣の決定ナシに
国政を進めようとしなかったの?

44 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 04:15
「事後承認的性格」
内閣が決定したことを「あ、そう(昭和天皇の口癖)」とばかりに承認すること。
この事後承認的なところは今の天皇制でも変わりないと思う。
違いは今上天皇が政治的発言をしないようにって周りから言われてることかな。

45 :穏健中道派:2000/06/06(火) 06:48
昭和天皇ははじめから今で言う「象徴天皇」がよいと自分自身思っていた。
昭和初期、田中義一首相の政治的軍事的行為を痛烈に批判したところ田中首相は責任を
とって辞職してしまった。それで「一国の宰相を私の一言で左右してよい筈がない」
と猛省し、政治を左右してしまう事には一切口出ししなくなった。
ただし嫌いなものは国民が難儀する「地震、台風、戦争」と徹底していて、特に戦争に
対しては軍部と猛烈にやり合ったが、軍閥の勢いに圧されてしまったのが真相。軍閥の
勢いというのは今の政治家どころではなく、一国を簡単に戦争に陥れてしまう権力と危険
性はとても現在想像しえるものではない。
「あの時にこうしていれば開戦しなかったのに」と戦争中は毎日反省し、とにかく戦争を
早く終わらせる事に頭を悩まし、その意志を汲んで高松宮や高木惣一、細川護貞は死に物
狂いに奔走した。
戦後天皇自身は「私の責任は大きい。すべては私にあり国民を助けて欲しい」とGHQに
嘆願したがGHQが「この方がいなくなれば日本をまとめあげる事ができなくなる」と日本
復興の為に尽力させるという別の責任の取らせ方をした。日本各地の焼跡や戦災地を隈なく
回り、「天皇来るな!」と巡幸に反対していた組合の闘士と言われる労働者たちも天皇を目
にすると涙を流し「日本復興の為に頑張ります」と言わせてしまう。
天皇の責任について現在も盛んに言われるが、天皇自身も自分は戦犯と考えていたが、そう
でなくしたのはGHQであり、その時に裁定はすべてついている。蒸し返してああだこうだ
というのはまったく無意味である。

46 :天下のさとくん:2000/06/06(火) 08:59
>39 軍の大元帥はメディアが勝手にイメージを作ったんだよ

47 :>45:2000/06/06(火) 10:00
歴史の再評価はありうる。

48 :>45:2000/06/06(火) 10:06
>戦後天皇自身は「私の責任は大きい。すべては私にあり国民を助けて欲しい」とGHQに
>嘆願したがGHQが「この方がいなくなれば日本をまとめあげる事ができなくなる」と日本
>復興の為に尽力させるという別の責任の取らせ方をした。

じつはこの辺については異論(すくなくとも戦後初のマッカーサー訪問のとき、上記のような発言はなかった。
マッカーサーも王制を愛しこそすれ、とくに天皇個人にたいしてはリップ・サービス以上のものを感じなかった)
があるのですが、

それでもなお、こういう話が受け入れられる素地がある、という事実は見逃せないと思う。


49 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 11:35
中学の時(十数年前)の社会科教師は
「と言われているが、>45 誰かのでっちあげで
天皇に戦争責任がないはずがない」と力説してました。

50 :天下のさとくん:2000/06/06(火) 12:17
45は本当です(高木惣一とあるのは高木惣吉の事だと思うが)。

 ただ、マッカーサーが「この方がいなくなれば...」と言ったかどうかまでは知らないけど米大統領に天皇制を残すように訴えたのは確か(もちろん復興の為等ではなく占領政策をスムーズに行うため)。
だから東京裁判でも責任は問われなかった。ちなみに僕は天皇の戦争責任について「あるといえばあるし、ないといえばない」と思ってる。

ついでに言うと731部隊で有名な石井四郎も細菌実験の資料と引き換えに米軍の配慮によって免責になった。
だがマレー作戦で指揮をとった山下奉文は戦犯らしきことはしてないのに連合国に嫌われていたため処刑になった。ちなみにシンガポール華僑虐殺の責任者は元関東軍参謀でノモンハン事件を引き起こした辻政信である。


51 :天下のさとくん:2000/06/06(火) 12:19
なんか当初の目的(売国奴は誰か?)からずれてる気が...(^^;)

52 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 13:12
昭和天皇が売国奴だってことさ。

53 :>52:2000/06/06(火) 17:30
あ。そういうと異論が・・・。
売ってはおらんでしょう。

54 :名無しさん@1周年:2000/06/06(火) 22:35
ロックフェラーやフルブライトは天皇がいない日本は世界の為にもよくない。あの方が
いない世界を考えてはいけない、と力説していました。それでマッカーサーは動かされた
と言われています。特にロックフェラーは「あの方(昭和天皇)がいれば日本は大丈夫
と各方面、特に日本のマスコミに説いていたのですが、マスコミが黙殺しました。

55 :実際問題、:2000/06/07(水) 03:02
当時、30代半ばの青年天皇が、なんもかも責任ありってのはちょっと、なあ。
裁可したから責任ってのは、法廷的には有効だろうけど、歴史的に見れば、ちょっと
乱暴だと思う

56 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 11:32
>55
>法廷的には有効だろうけど、
>歴史的に見れば、ちょっと乱暴だと思う

最近の会社つぶした経営者の原点を見た!

57 :実際問題:2000/06/07(水) 14:01
30過ぎたいい大人が「僕はなにも知りませんでした」なんて話が世間様で通用すると思う?
ヒッキーじゃぁないんだからさ。

58 :さらに実際問題は:2000/06/07(水) 14:04
責任はあったけれども「政治的配慮とやらで有耶無耶にされた」っていうのが正解でしょ?


59 :無教養人:2000/06/07(水) 15:17
やっぱ牟田口レンヤじゃないかな。


60 ::2000/06/07(水) 19:25
誰?


61 :名無しさん@1周年:2000/06/07(水) 19:49
オレ個人の感触としては、昭和天皇に戦争責任はあったし、天皇自身もそれを
自覚していた。しかし結局裁かれなかった。
極東軍事裁判では参考人として呼び出されることも無かった。
国民は象徴天皇制を含む新憲法を圧倒的多数で認めたのだから、現状を追認したと
言わざるを得ない。

ここで天皇の立場になって考えるのだが、生まれながらにして帝王で、若いうちから
父大正天皇の摂政の宮であった昭和天皇は、当然帝王としての誇り高き人であったと思う。
そのその天皇が、裁かれるべき罪を抱えたまま政治的理由で退位することも出来ず、
国民の間で「天皇の戦争責任論」がつぶやかれる状態は屈辱であったと思う。少なくとも
オレがその立場だったらさっさと退位して巣鴨に行くほうを選ぶだろう。

ある意味で昭和天皇は玉座という監獄に座りつづけることで、戦犯としての罪を償った
のかもしれない。サンジュストの言うように帝王というものはそういうもので、玉座に
座っているか死刑になるかしか選択の余地が無いのかもしれない。

62 :>61:2000/06/07(水) 21:42
侍従長の三谷隆信が昭和天皇に
「御自分が辛いと思う道をお選び下さい」と
奏上したと聞いた事がある。
出典がどうしても思い出せないので
疑われても仕方ないが、退位した方が楽になると
天皇が述べていたのは事実らしいから、昭和天皇は
退位せず、終生謗りを受ける事で自分なりの「責任」を
取ったのかもしれない。

63 :売国奴というか:2000/06/08(木) 04:10
国賊、非国民クラスなのが「朝日新聞」。
中共、北鮮を利するのはやめろ! 国益をドブにぶちこみよってからに!!
だいたい、戦前はさんざん軍部のちょうちん記事をかいていたのに、戦後は
180度ほうこうをかえて軍国主義反対だ〜!? 都合よすぎ。

戦前から信念年を曲げなかった共産党は、声を大にしてモノ言ってよし!
個人的には左翼はキライだけど、主張にスジがとおっているのは認める>日共


64 :歴代総理大臣:2000/06/08(木) 08:39
やつらだよ、日本をダメにした張本人は!彼らが日本の産業や教育はては
国家財政まで 破綻させようとしてるんだから
利益企業集団から賄賂もらい自らの地元の県庁所在地の利益のみを追求し
国家という概念は彼らの頭からすり抜けている、私利私欲の固まりである
二世議員=ニセ議員、地元利益団体と結びつき一部の者のみに利益を還元しようとする
こいつらは国賊非国民売国奴

65 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 09:56
90戦車で農民を潰せ!!

66 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 13:16
>62
その論法も最近の責任取らずに、社長の椅子にしがみつく
経営者と一緒♪

67 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 13:21
日本国民

68 :>66:2000/06/08(木) 14:07
その比喩は、1回目はかまわないが、2回目で末尾が♪
だと、「そんな、なんでも当てはめて得意になるなよ・・・」
と、そっと吐き捨てる人間多数・・・。

暗喩じゃなく、きちんと喋れ

69 :>60:2000/06/08(木) 14:37
インパール作戦の司令官。勝てる見込みもなく強引に作戦を実行し敗退。しかも食料は最初からほとんど用意していなかった。

70 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 15:02
>69
牟田口は確かにひどいヤツだ。が、売国奴というよりバカ大将だろう。
売国奴という観点なら、あんな史上最低の無能な軍人を排除できなかった
陸軍の組織や体制のほうがよっぽと問題だろうな。
ま、戦前の社会で陸軍はエリートだったにもかかわらず国を破滅に引っ張って
いき、実際の戦闘ですら無能を暴露したのだから、帝国陸軍こそ売国奴かも知れない。

71 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 15:30
売国奴というか不敬な大罪人という意味なら、山県有朋でしょう。北朝系である明治天皇に「南朝正統」をむりやり認めさせている。その後の破滅的な軍国主義の流れを作ったのも彼だし。

72 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 15:43

































































73 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 15:44

































74 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 16:07

















75 :aho:2000/06/08(木) 18:00
aho

76 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 18:56
栗田(下の名前忘れた)あそこで突入すれば歴史が変わってたかも。(たいして変わらないかもしれんが)

77 :>♪くんは:2000/06/08(木) 20:08
・・・かっとなると、口がきけなくなっちゃうタイプと見た(笑)

78 :♪は56、66と同一?:2000/06/08(木) 20:43
ちょっと気の利いたこと言ってると思ったら、反論されたとたんそれかい・・・。
アラシになるくらいなら、きちんと議論したほうがいいと思うよ。

79 :名無しさん@1周年:2000/06/08(木) 22:10
>大伴金村
で、これって誰?
百済に領土あげちゃった人?



80 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 01:54
この板を見ていると、現在左翼さん達が下火な理由が良くわかります。
建設的な意見を出せないのでしたらおとなしく60、70年代の過去
の栄光に浸っていて下さいませ。
で、思い浮かぶ売国奴といえば・・・戦前の朝日かな。

81 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 02:57
戦後の朝日も

82 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 09:26
































83 :2ch名物さらしあげ:2000/06/09(金) 09:41
>82
引っ込みがつかなくなったらしい。
ageとく

84 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 11:55
岡本泰明に仏罰を


85 :名無しさん@1周年:2000/06/09(金) 16:46
女子高校生コンクリート詰め殺人事件
 宮野 裕史(当時18)東海大高輪高校中退 父:証券会社勤務 母:ピアノ教師
 湊  伸治(当時16)父:湊 靖人(共産党員49) 母:湊ます子(共産党員42)
 小倉  譲(当時17)
 渡邊 泰史(当時17)

神戸事件
 東(西田)真一郎

栃木女性教師刺殺事件
 平田守

山口母子殺人事件
 福田孝行

五千万円恐喝事件
 青山洋介
 夏山英二

バスジャック事件
 谷口 誠一

栃木コンクリート詰め殺人事件
 主犯:萩原克彦 父:萩原孝昭(石橋警察署勤務)
 従犯A:梅沢昭博
 従犯B:村上博紀


86 :いうまでもなく:2000/06/09(金) 17:22
朝日新聞

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)