5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

藤原摂関家ユダヤ人説って信憑性ありですか?

1 :猪ノ平:2000/06/03(土) 01:27
京都は渡来人秦氏の根拠地だったそうですが、平安遷都以降秦氏は消えてし
まいますね。知り合いの古代史オタクによれば、秦氏が藤原氏になったんだと
言うんですが。そのうえ、秦氏は中国朝鮮経由で日本にきたユダヤ人だ、とま
で聞かされちゃいました。神道も仏教も、ユダヤ教や道教を取り入れて、
自分らに都合よく作ってしまったとか。信憑性ありますか?




2 :その人と付き合うのは:2000/06/03(土) 01:52
やめましょう。

3 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 02:12
所詮、古代史オタクはオタクに過ぎないって事か?

4 :猪ノ平:2000/06/03(土) 02:21
ですかねえ。古代史オタクさんは歯医者で、暇にまかせて、いろんな文献を
買いあさり、いろんな発掘調査などにも噛んでいて、自費で朝鮮や中国、イス
ラエルまでも調査に行く懲りようなんですが。信用できませんかね。実は、
私もそんな話ばかり聞かされて、めまいがしてるんです。

5 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 02:24
最初にユダヤ人説ありきで調査すれば、いかようにもこじつけられる。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 02:36
それはあくまで趣味です。
まずは、彼が自説を述べるのに立脚している史料の信憑性が重要だと思います。


7 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 02:55
トンデモ本読みすぎ。

8 :デス・ドキュソ:2000/06/03(土) 03:09
藤原氏はもと中臣氏じゃないの?

9 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 03:52
鎌足は中臣氏の傍流で養子。だから謎が多いといわれるのか。

10 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 08:25
「ユダヤと日本」
このキーワードが出てきたら、即疑ってまず間違いありません。

11 :勝海舟ユダヤ人説:2000/06/03(土) 11:26
なーんぼでも、でっちあげられます。
ちなみにスターリンは1953年に影武者を死なせ、日本に南下。
日活ニューフェイスとして、岡田真澄を名乗り、現在にいたっています。

12 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 14:04
ユダヤ人説はどうでもいいのですが、
中臣氏って元々は何をつかさどってた人たち?
後、藤原氏なんだけど、後世の道長よりも
不比等が鎌足を越える邪悪な政治家だったと聞いたことあるけど
どーいう手で政敵を落としたかごそんじの方いますか?


13 :>12:2000/06/03(土) 21:43
中臣家は亀卜をもって使えた神事の家。
律令制定後は忌部氏とともに神祇伯を司る。ちなみに藤原姓は不比等だけに
名乗らせ、他の一族は中臣の姓のまま。律令制定以降は政治→藤原氏、祭事
→中臣氏に分担し権力の地盤を築いた、と思われる。

で、不比等。彼が表立って政敵を追い落とした記録は残ってないんじゃない
かな? どっちかって言うと直接対決しないでマジックのようなやり方で
権力を築いていったと思われる男だから。
例えば彼は美努王(何天皇系か忘れた)の妻、そして橘諸兄の母であり、後
宮に力のあった県犬飼橘三千代を寝取る(?)ことで、彼女の力を借りて娘
・宮子を文武天皇の妃に送り込み、2人の間には聖武天皇を生ませている。
外戚作戦第一号だよね。他の氏族や皇族からも皇后や妃が送られてる中、ち
ゃっかり外戚になっちゃうんだから。で、その聖武天皇の妃には不比等と三
千代の間に生まれた光明子が納まるもんだから、権力は藤原氏にどんどん有
利になる(不比等在世中だったかは忘れた)。

唯一あるとしたら、元明天皇を利用して当時左大臣だった石上麻呂を平城京
遷都際に藤原京の留守役として残したことでは? 当時右大臣は不比等。左
大臣が藤原京に常駐することで、実質的最高権力者になり、ひいては物部氏
(石上氏=物部氏)にトドメを刺すことで、氏姓制度時代からの古参豪族に
トドメを刺したってことぐらいかな? 確かに詔は元明によるものだけど、
実質的に彼女が政治を単独で考えてた、とは思えないしね。

14 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 13:05
新興の氏族ゆえ色々いわれるのかな?
それにしてもユダヤ人説はドキュソすぎる。

15 :>13:2000/06/04(日) 19:31
秦氏の本宗の立場はどうなる?
いちおう、子孫いるんだしさ。

16 :15:2000/06/04(日) 19:34
ごめんごめん1へのレスでした。

17 :13>15:2000/06/04(日) 19:34
すまんが質問の意図が分からん。
俺のようなバカにも分かるように質問し直してくれない?

18 :13:2000/06/04(日) 19:35
了解!>15

19 :>1:2000/06/04(日) 20:17
>京都は渡来人秦氏の根拠地だったそうですが、平安遷都以降秦氏は消えてし
>まいますね。

消えたのではなく没落したのです。
それから本拠地云々は分かりますが公地公民制を実施してゆくにおよび、
氏姓制度時代にあった豪族の私有地の多くは国のものになりました。
根拠地とか自分の土地って感覚が戻ってくるのは荘園の開墾がもっと進んでからでしょう。

>知り合いの古代史オタクによれば、秦氏が藤原氏になったんだと
>言うんですが。

藤原氏は中臣鎌足が天智天皇から贈られた氏です。
また、秦氏から中臣氏が分かれたならそれこそ「記紀」でキチンと語られてるでしょう。
残念ながら中臣氏は大化の改新以前は大した勢力を持たない弱小豪族でした。
だからこそ、氏姓制度をブチ壊さないと権力が手に入れられなかったのです。

>そのうえ、秦氏は中国朝鮮経由で日本にきたユダヤ人だ、とま
>で聞かされちゃいました。

秦氏は応神天皇の時代に養蚕や機織の技術を持って渡来した弓月君の子孫です。
中国系であることは「記紀」等で確認できますが
ユダヤ系であることは何をもって証拠とされるか想像すらできません。

>神道も仏教も、ユダヤ教や道教を取り入れて、
>自分らに都合よく作ってしまったとか。信憑性ありますか?

神道にしても日本の仏教にしても、日本に馴染みやすくなるため、
またより人々の関心を引くため、お互いのプラス部分で影響しあったことは確かでしょう。
当然中国で流行っていた道教が何らかの影響を両者に与えていることも想像できます。
しかしながらユダヤ教の影響はどうでしょうか?
聖徳太子誕生の話など、完全にキリスト伝説が基ではないか、と考えられる話などから、
キリスト教の広まり方(宗教としてではなく)を実感できる史実はあるものの、
ユダヤ教は一体どんな部分が影響してるか指摘してもらわないと考えることができません。

もう一度キチンと確認した上で書き込んでもらえないでしょうか?
じゃないとあなたの質問することはトンデモの烙印のままでしかありませんが。

20 :猪ノ平:2000/06/05(月) 01:03
私のトンデモな書き込みに、たくさんのレスありがとうございました。この
ことは私自身が調べたことではなく、ただ聞かされただけなので、私には確認
する材料はありません。本日また当の歯医者に行きますので、くわしく尋ねて
きます。私も聞かされたとき、トンデモな説だと思いましたが、非常にロマン
を感じましたので、この掲示板で、裏付けるような材料を得たいと書き込みま
した。
ユダヤ系どうのこうのは、人目を引きたいための極端な話でしょう。ユダヤ人
陰謀説につながるものがあって、危険ではないでしょうか。私としては、西方の
流浪の民ぐらいの意味ではないかと思います。
19さんのお考えは、正史とか、権力者の側によって書かれた書物によって
いるようですね。知り合いの歯医者の説は、地方の遺跡発掘調査を手伝ううち
に知り合った、職のない考古学者から聞いたらしいです。その研究は、民俗学
の成果や古代の地名の変遷、陰陽五行説などを駆使し、文献も朝鮮のものにも
あたっているそうです。単なるトンデモ説とは感じられませんでしたが。正史
の方が、うそがずっと多いのではないでしょうか。
ともかく、私はこの説の真偽をめぐって論争するつもりも、十分な知識もあ
りません。

21 :まだ起きてる19:2000/06/05(月) 01:23
どうも。

>19さんのお考えは、正史とか、権力者の側によって書かれた書物によって
>いるようですね。

別に私は権力者側の綴った「史書」が全てだ、と言ってるのではありません。
「史書」がそれだけ乏しい中、頼るのはやっぱり「権力者側の史書」しかないというのはやはりツラいです。
ただ、全てを否定する見方しかできない現代の歴史関係者の多くに疑問を感じてるだけです。
私が指摘したいのは、その後権力者側にいた藤原氏が自家に対してウソをつない部分があった、ってことだけです。
それを考えてもう一度考えていただければ嬉しい限りです。


22 :21訂正:2000/06/05(月) 01:33
ウソをつない→ ウソをつけない

です。

23 :史学科4年:2000/06/05(月) 08:00
まがりなりにも歴史の基礎を学べて良かったと今思った。
昔はこんなこと考えていたな.........
今はちゃうけどね。

24 :邦人Y:2000/06/05(月) 10:27
日猶同祖論。

25 :ぽち:2000/06/06(火) 01:49
 日ユ同祖論について、高橋克彦さんが小説の中で面白い
説を展開しています。もっともこの人の場合は日=ユ=宇
宙人に繋がるんですが(笑)。

 前から気になっていたのですが、この高橋氏や井沢元彦
氏のようなトンデモ本を、読み物として面白がるのならと
もかく、真面目に論ずるのは意味があるのでしょうか…。
 『逆説の歴史』なんて掲載誌が『週刊ポスト』ですよ。
そんな現代の噂話しすら信用出来ない雑誌の記事が信じら
れますか?

 司馬遼太郎氏のように歴史に対して真摯に取り組んだ人
ならともかく、小説家が片手間に歴史をいじくりまわすの
って、歴史家に対して失礼な気もします。

 ファンの方、きつい口調になってしまってすみません。
私も小説としては楽しく読んでます。

26 :>25:2000/06/12(月) 17:37
司馬遼太郎は歴史家ではない。
いわゆる司馬史観も井沢氏と同列視すべき。
>私も小説としては楽しく読んでます。


27 :>26:2000/06/12(月) 20:03
全く同感。

28 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 20:24
小説家が片手間にってそんな大層な。
おもろけりゃええのよ。

29 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 20:56
司馬遼太郎クラスになれば「歴史家」としてみとめてもいいような
気がするけどな。もちろんおおざっぱな「史観」の面でね。

本業は小説家だから、細かい点で齟齬があることは仕方ない
というか・・・

甘いかな。

30 :28:2000/06/12(月) 23:01
シバリョーにも「風の武士」って作品があるよ。
確か山人の先祖が西域系(ユダヤ系?)だってゆー
設定で、忍者物。
昔はこんなのも書いてたんだね。

>ぽちさん
言い方きつかったらごめんね。
でも、ンな事気にするのってやっぱ意味無いでしょ。

31 :>29:2000/06/13(火) 13:53
それでは高橋氏とは大同小異。

32 :ぽち:2000/06/18(日) 01:23
 必要以上に身構えることもないんでしょうけど、真面目
に研究してる人よりも、小説家のヘンな説の方がちやほや
されてるのがムカついた(笑)だけです。
 ちなみに私は研究者ではないただの素人ですが。

 でもこのユダヤ人説なんかもちょっと調べれば解ると思
うのですが…。法隆寺はギリシャ人が建立した!とか言っ
ても誰も信じないでしょ?

>30
 司馬作品は確かに歴史に傾倒しはじめたころから、独自
の史観とフィクションの融合になっていますが、後年はき
っちりと虚構と現実に線引きしていると思います。小説よ
りもエッセイの刊行の方が多くなりましたし。
 といっても全面的に肯定しているわけでもありませんけ
ど…。29さんがおっしゃてるのと同じ程度で。

33 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 03:04
>法隆寺はギリシャ人が建立した!とか言っても誰も信じないで
>しょ?

基本的な学問で言うエンタシスとかね(笑)。
まあ、トンデモ君続けてよ。

34 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 12:56
いや、井沢元彦は、うちの教授が傾倒しているらしい。
日本史の教授じゃないが、マジで歴史学の教授。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)