5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【^▽^】中曽根の野望・天皇制の廃止【^▽^】

1 :貴様らの【^▽^】:2000/06/03(土) 04:57
「噂の真相」とゆー宮台先生ご用達の週刊誌に、
中曽根は本心では天皇制を廃止して
強力な大統領制国家体制を敷きたがっている、と言う内容が載ったらしい。
「大統領的総理大臣」を標榜した中曽根のこと、あるいは…

因みに、ボクは日本に総統制を導入してもらいたい。
大統領より、総統の方が格好いい。
申し訳無いが、天子様には退位していただく・・・!


2 :中曽根の真意:2000/06/03(土) 05:19
>1
首相公選制と天皇制

三権分立で政治を明確にしないと日本は腐敗してまただめになってしまうと。決して天皇制と矛盾するものではない。戦前においても天皇は象徴であった。文化や平和を擁護して、いわば神主の棟梁のような存在であった。だから永持ちした。実権は将軍が持っておった。権威は天皇に、権力は将軍に。そういう分業で日本はうまくやってきた。

 ところが明治憲法になって権力を天皇が持った。それで政治が統帥権の独立とか、いろんな問題で混迷して、ついに大東亜戦争になってしまった。

 議会という中間的な場所で国の統治の代表者を決めるよりも、国民みずから選んだ人を天皇が任命する。ちょうど征夷大将軍を天皇が任命したのと同じだ。それが一君万民である。いまのは一君万民ではない。閥族政治だ、といったんですよ。

http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/1997/9707/interview.html


3 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 05:44
中曽根さんって、日本を腐敗させた張本人の一人じゃないの?
新保守主義は失敗だったと思うぞ。

4 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 09:19
しかし、中曽根は好かんが、森などとは比較にならない器ではあった。
森は逝ってよし

5 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 10:54
「頭の良さ」「優秀さ」でいったら最近の総理はみな彼に太刀打ちできないんでは?
日本にも昔は「指導者が優秀」という時代があったのだなぁ。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 11:04
頭脳明晰なのが優秀な指導者とは思わないぞ。総理なら頭脳明晰なブレーンを
飼っておけば良いわけで、自分が頭脳明晰でなくても良い。
むしろ指導者の資質としては
 大局観があること
 方針が二転三転しないこと
 人使いがうまいこと
 後継者を育てられること
あたりのほうが大事だと思う。
英語がしゃべれるなんてのはずっと下の方でしょ。

7 :>6に賛成:2000/06/03(土) 11:47
宮沢さんなんて大蔵官僚のトップエリート出身だから財政知識と英語力は
すごいし、それはマッカーサー、アレン・ダレス、あとアイゼンハワー周辺も
認めているんだけど、総理のウツワじゃないってのは、みなさんも同感でしょう。

そういった意味で、オブチさんなんて、じつに日本的人物だけど、結果的に
名総理でした。

でも、田中角栄のプラグマティズム(70年代の日米繊維交渉をみよ。
彼はむろん英語など通訳任せです)と天才ぶりには、誰もかなわねえだろなあ。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 12:11
森なんかと比較するのは失礼。
でも、よく失言するのは同じだね。
政治は結果責任。その意味では一番罪が重いよ。

宮沢さんは、実務下手。
そもそも政治家タイプじゃない。

小渕さんは、最低総理。財政どうなってるか知っているの?
公共投資が不良債権化している。
長銀に3兆円使うなんて、国民馬鹿にしてるよ。

9 :7:2000/06/03(土) 12:23
>8

わるいわるい。オブチさんは周辺有事とか、健康保険方面で評価。

財政というか金融はなあ、オブチさんの責任というより、日本株式会社
全員の責任でしょう。91年ごろから、はやく整理しなければ不良債権100兆円
ってマスコミにいわれてたけど、誰も猫の首に鈴つける奴いなくて、例の拓銀ショック
まですすんだからなあ。

10 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 12:56
介護保険も最低だと思うぞ。

11 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 14:00
つうか盗聴法案はおぶち時代に通った。
死んでいい人だとみんな本当に思っているのか?
これ以上むちゃくちゃな法案をガンガン通される前に
逝ったとおもったら、
盛が登場しましたネー。
しかも亀井が煽ってる(爆)

12 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 16:01
今思えば、自民党の凋落は中曽根内閣から始まった。
日本の没落も同様。

13 :おもしろい政治マンガ発見:2000/06/03(土) 16:56
爆笑モノ。自民党ファンはいってみそ

http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1681/

14 :↑???:2000/06/03(土) 18:51
いくら探してもマンガなんて無いんですけど。リンク間違えてませんか?



15 :@@@:2000/06/03(土) 19:37
上記13に行ってはいけません。

16 :名無しさん@1周年:2000/06/03(土) 19:40
>つうか盗聴法案はおぶち時代に通った。
>死んでいい人だとみんな本当に思っているのか?

良いおぶちは死んだおぶち。

17 :【^▽^】:2000/06/04(日) 07:07
紹介された中曽根元首相のインタヴューを拝読した…!
改めて中曽根氏の非凡を知った…。

彼は戦後の矮小な首相の系譜に属するような人間ではなかった。
ましてや、今時のウンチどもの仲間などでは断じてあり得ない…!
彼は戦前、日本が植民地を豊富に抱えていた頃の、
世界勢力・大日本帝国の宰相たるべき人だったんだ…!

このネット糞(ふん)どもッ!
貴様らはやたらと粋(イキ)がって何様のつもりだッ!
俺らの中で、中曽根元首相をこけ降ろす資格持ってる人間なんているのか!

このウスラ馬鹿ッ!
似非朝鮮人ども!(自分を省みずに他人を批判するという意味において)
少しは中曽根元首相の人間性に敬意を払えッ!
彼は人間的にも立派なところのある人だ!
そこを的確に把握して評価せよ!
反射的にケチをつける癖がついているのは、
貴様らがマスコミ主義に毒されているだけだ!

タワケが!

18 :【^▽^】:2000/06/04(日) 08:06
政治板で、天皇制廃止を煽る馬鹿を発見した。
痛烈な一撃を加えておいたので、ボクの賛同者たちは閲覧しておけ。
http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=959580164

19 :>【^▽^】 :2000/06/04(日) 08:57
早く、犯罪して有名になってね。

20 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 10:25
というか 中曽根も定年退職の歳なんだから引退させろよ、
せっかく竹下も付き合ってくれていたのに(笑)

21 :>18:2000/06/04(日) 11:37
たいしたスレでもないじゃん。・・・・痛烈でもないじゃん(笑)

22 :名無しさん@1周年:2000/06/04(日) 14:16
中曽根は皇室を利用しまくったが
それなりに忠誠心は持ってるんじゃないか?
共和主義者ではないだろ。

それとも宮崎は、昔のヒンデンブルクみたいになると言いたいのか?
(本来帝政派で、共和制下でも皇帝に忠誠を誓ってたが
いざ自分が大統領になると椅子にしがみついて帝政復活に
消極的になった)

23 :【^▽^】【^▽^】【^▽^】:2000/06/04(日) 20:12
6:13 【^▽^】戦争突入の原因は本当に天皇制か?【^▽^】 ■ ▲ ▼

1: 名前:【^▽^】【^▽^】【^▽^】 投稿日:2000/06/04(日) 19:42

人類史上・究極の偽善者たち。
おはよう。

君たちは日本が戦争に突入した原因を、あたかも天皇制に帰そうとしている。
まるで、天皇が一連の戦争遂行を命じたような報道・輿論形成を続けている。
だが、本当にそうなのか…?
あの戦争の本質的原因は天皇制にあったのか…?

ボクはあの戦争の本質は、石油の供給を停止されたことに起因する
“国益戦争”だと考えている。
あの戦争は、国家体制の様式如何に関わらず避け難かったと考えている。
ハッキリ言わせてもらえば、たとえ当時の日本が共和制であったとしても、
当時の議会は戦争を決議したと思う。

24 :【^▽^】【^▽^】【^▽^】:2000/06/04(日) 20:13
あの戦争が「天皇制によって巻き起こされた」というのは、
被支配民としての庶民感情としては納得しやすいのだろうが、
本質的考察からは的外れとしかいいようがない。

あの戦争の指導は明らかに、
実力行使(テロル)を伴う軍閥の強烈な意向によって遂行された。
昭和天皇は、満州事変を起こした将校の処刑を命じるなど、
一環して反戦の御立場だった。
戦後の反天皇制報道は、その冷厳な事実を隠す
役割を結果的に負わされてしまっている。

マスコミは本質的議論に立ちかえり、
戦争責任の追及の矛先を昭和軍閥に絞るべきである。
天皇制は、少なくとも現段階においては堅持すべき。
みんなでボクらの民族王朝・天皇家を守ろう…!


25 :>【^▽^】【^▽^】【^▽^】:2000/06/04(日) 22:47
よ、あんたとは長い付きあいだ。まぁ一方的だけどな。
どこと、どこと、どこかは自分の胸に手をあてて、過去の罪を思い出してくれればいい。

まぁそれはともかく、たまには普通の会話をあんたとしたくなったもんで
ここでは煽りや貶しの書き込みはしない。

>あの戦争が「天皇制によって巻き起こされた」というのは、
>被支配民としての庶民感情としては納得しやすいのだろうが、
>本質的考察からは的外れとしかいいようがない。

これは本質的に俺も同じ考えだ。
歴史好きなら分かるだろうが、戦国時代の落ち武者狩りに精を出す農民と同じ心理だな。
俺が悪いんじゃない、支配者が悪いんだってやつだ。

>あの戦争の指導は明らかに、
>実力行使(テロル)を伴う軍閥の強烈な意向によって遂行された。
>昭和天皇は、満州事変を起こした将校の処刑を命じるなど、
>一環して反戦の御立場だった。

これはもうちょっと勉強した方がいいだろう。
あの戦争をもっと当時の世界情勢的立場で見れば、なんで日本が暴走したか、
なんでドキュソな軍部が台頭したかが分かるだろう。
また俺はあんたと違う立場で天皇の責任云々を否定してるのだが、
裕仁は自分の理想の天皇像をくすぐられた部分があることだけは見逃してはならない。
俺的には例えて言うなら後醍醐天皇のような人間として裕仁をとらえてる。

>戦後の反天皇制報道は、その冷厳な事実を隠す
>役割を結果的に負わされてしまっている。

これは前述した落ち武者狩りと同じと解してる。

>マスコミは本質的議論に立ちかえり、
>戦争責任の追及の矛先を昭和軍閥に絞るべきである。

ここまではいいだろう。

>天皇制は、少なくとも現段階においては堅持すべき。
>みんなでボクらの民族王朝・天皇家を守ろう…!

これで堅持すべきという理由がよく分からない。
天皇制の必要性をもっと具体的に書き込んでくれないか?

ちなみに俺は戦前も戦後も、ある意味で律令制定以降から天皇は政治的な無責任者だった
と思ってる人間だ。美濃部達吉に近い立場かもしれない。
天皇は革命のイデオロギーにある「天命」を与えるものが具現化されたもの。
「良い」「悪い」でなく、政治権力者を任命する役割。それが天皇だった、と思う。
確かにそういう意味では現人神だな。味方にすれば正義であるから。
戦後の日本国憲法もそういう現実を占領国が見抜き、
それを神ではなく象徴という言葉に置き換えて制定されたものだと思う。

が、現実問題、彼等を存続させてゆくほど日本は豊かでなくなってる。
また今後なんで彼等を形式的にあがめなければいけないのか、
戦前世代が死んでゆけばゆくほど有り難みが薄れてゆくのは確かである。
頭ごなしに偉いから偉いんだ、ってのが通用する時代ではないのだ。
天皇存続の有効性を唱えない限り、彼等が否定される日もそう遠くないと思うがいかがか?

26 :>14:2000/06/07(水) 13:24
あんた、なかなかやるねえ。
13は自分で踏んだぜ、確認しようとして(爆



27 :yuuka:2000/06/08(木) 23:39
右翼はバカにしないほうがいいよ。

28 :>27yuuka:2000/06/09(金) 01:13
それらしいこという暇あったら、ちょっとお薬のんで、
脳内受信機をどうにかしなさい。

右翼だのサヨクだの、20世紀も最後の年になって、<市民>
でないことを名乗る輩など、なんぼ正論を吐いてもきく耳もたん。

正論はきたければ、肩書きはずして話せ

29 :>27:2000/06/09(金) 02:16
そうですね、右翼はバカというよりも、
頭が悪いと言うべきでしょう。

でもそれは、もちろん罪ではありません!
個性なのですから・・・・・

30 :平泉澄:2000/06/09(金) 02:32
>23
>>ボクはあの戦争の本質は、石油の供給を停止されたことに起因する
“国益戦争”だと考えている。

なぜ、石油の禁輸措置がとられたのかということですね。
共和制であろうが、絶対王政であろうが、あの状況で禁輸措置
をとるのはあたりまえに思えるのですが・・・


>24
>昭和天皇は、満州事変を起こした将校の処刑を命じるなど

なぜ、板垣征四郎や石原莞爾将軍を処刑しなかったのでしょう!


→そんなに、天皇陛下が立派な方ならば、敗戦後自らを
ご処刑申し上げればよかったのに・・・


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)