5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今の歴史教育に必要なのは技術史的な見方

1 :1:2000/06/10(土) 16:13
最近、西尾幹二『国民の歴史』を読んだ。
ひたすら、日本に比べ中韓がいかにつまらぬ国であるかに終始する退屈な本であった。
ネタ本になったのは、足立啓二『専制国家試論』である。
私はこの本も西尾のよりずっと前に読んだが、やはりつまらないと思った。
内容は、一昔前のマルクス主義学者がやった発展段階説にもとづく
封建制がないために中国近代化が失敗したとする論だが、
それ自体は、とうのマルクス主義者はじめ、生態史観などでも唱えられており、
さして新味があるものではない。
根本的に問題なのは、技術を論ぜずして発展段階論を唱える無意味さである。
このことについては、すでに60年代から問題となり、
現在では、もはやイデオロギッシュな発展段階論が唱えられることは無くなったが、
これを先祖がえりさせたのが、足立の本である。


2 :1:2000/06/10(土) 16:22
このような足立の本をネタにした西尾の本が退屈でないはずが無い。
その結果は、読むほうが恥ずかしくなるような、夜郎自大まるだしの記述である。
冷静に考えれば、江戸時代の技術ですら、明の『天工開物』はじめ、
中国の技術書によるところも大きいのに、あのようなそっくりかえりぶりは、
いったいなんなのか。
結局あの本が国民にうけたのは、歴史教育において、技術史的見方が少ないためだと思う。
ここの掲示板でも、あいも変わらず、戦国武将がどうしたとか、陽明学がどうしたとか、
埒も無い趣味的な話題に終始している。
それも結構だが、もっと歴史を動かす原動力に注目した、
科学的なものの見方が必要であると思う。


3 :名無しさん@1周年:2000/06/10(土) 16:37
で、たとえばどんな書籍がそういうものの見方に役立つのよ?
もしくは、どういう書籍がそういうものの見方をして歴史を
書いているの?

すくなくともそのくらいは書きなよ。

4 :1:2000/06/10(土) 17:34
日本史ならば、
『体系日本史叢書』
の「産業史」「流通史」「生活史」「科学史」「交通史」
世界史ならば、
『世界技術史体系』など。
平凡社の社会史シリーズにも興味深いものが多い。

5 ::2000/06/10(土) 21:52
ずいぶんふるいね

6 :煽りじゃないよ:2000/06/11(日) 01:36
> それも結構だが、もっと歴史を動かす原動力に注目した、
> 科学的なものの見方が必要であると思う。
所詮はタダの歴史好きの素人の私には厳しい注文です。
1さんがいろいろ教えてください。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)