5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

いまいち実力不明のまま消えてった人たち

1 :名無しさん@1周年:2000/06/11(日) 01:37
武田勝頼の息子とか(名前忘れた)、豊臣秀頼とか、織田秀信とか、
真田大助とか、こーゆー早死にしちゃったor早く世に出過ぎた人た
ち、将来性はどのくらいのものだったんでしょか?
勝頼の息子なんかは、信玄から真の後継者だと言われていたよう
ですが(勝頼はそいつが成人するまでの後見人的立場)。
皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
しかし、まだまだ探せばごまんといそうですね、こーゆー人。

2 :織田信忠:2000/06/11(日) 02:03
活躍したと言っても、勝つべき戦に勝ってきただけだしな。
享年26、信長が死んでからじゃないと分からなかったであろう、その実力。
でも秀忠みたいに、親の影に隠れて目立たなかったかも

3 :長曾我部信親:2000/06/11(日) 13:02
秀吉の島津遠征で豊後戸次川の勝ち目のない戦に投入されて、
信長贈の左文字を片手に奮戦するも討ち死に。享年21。
この人が生きて家督を継いでたら関ヶ原で家を衰亡させる事もなかったのかな。
才気もあり父・元親や家臣団にも期待されてたみたいだし。惜しい。

4 :武田義信:2000/06/13(火) 02:40
何ゆえ新田次郎は我を悪者にするのじゃ〜

我ほど妻を大切にした士はおらんぜよ。

5 :武田信勝:2000/06/13(火) 14:29
勝頼の嫡男。勝頼が旧敵の諏訪氏の血を引いていたため
父信玄から正式に家督を譲られず、その子信勝を当主とし勝頼は
当主代理と言う名目のまま武田家は長篠の戦を経て衰亡して行く。
信勝は元服してすぐに天目山で自刃してしまうためその才気器量などは知られていない。


6 :蒲生氏郷:2000/06/13(火) 20:03
よく言われてることですが、41歳で病死(毒殺説有)せず
60歳代まで生きていれば、天下の行方に大きな影響を与えたでしょう。
ただし、伊達正宗と張り合って共倒れになった可能性大。

7 :松平信康:2000/06/13(火) 20:11
関ケ原の時で秀忠の馬鹿が遅れてきた時に家康が「信康がいれば@`@`@`」と
言ったのは有名な話だが、いまいち実力が不明ですな。山岡荘八には
悪者あつかいされてますけんど。

8 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 00:09
松平清康は、本当に10年後天下を取っていたか?

9 :彦左:2000/06/14(水) 00:45
神君家康公、申し訳ありませぬ。私が少々誇張しすぎました…。


10 :上杉景虎:2000/06/14(水) 16:18
謙信の養子、北条氏康の子で旧名氏秀の事。
謙信没後の後継者争いで景勝と戦い敗死したこの人の事もっと知りたいです。

11 :>10:2000/06/16(金) 15:20
実は北条氏秀ってのは景虎とは別にいたらしく、景虎=氏秀説は消えたらしいですが。

三郎(景虎)くんは、氏政の子(氏直)があまりに幼すぎて人質に出すには哀れってんで、
身代わりにされた氏康の末息子(氏政、氏照、氏邦、氏規、氏忠、(氏尭)、三郎、(氏光)?)。
なんでも、末っ子だからか、おぼっちゃまで、上杉を食い損ねたらしい。
そんなんだから政兄にも見捨てられちゃったんですかね>御館の乱。

三郎は容姿端麗で?関東一の美男子だったらしいッス。
それはそれは謙信も・・・・。同盟が切れても手放しません。
しかも、自分の名前(景虎)まであげちゃうし。
景勝くんは面白くないワケです。

もっと詳しくしりたいならココへ
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/encycl/neohojo5.html
勝手にリンクしていいのかな?ごめんなさい。


12 ::2000/06/16(金) 22:05
毛利隆元がオヤジよりも長生きしてれば、毛利家の行く末も
もう少しマトモになっていた気が……。あとは大坂の陣で戦
死した大谷吉継の息子(また名前忘れた)。オヤジさん並み
の武将になれたかも。



13 :age:2000/06/16(金) 22:38
age

14 :10>11:2000/06/17(土) 03:15
景虎=氏秀ではなかったんですね、知らなかった。
リンクどうも、読んでみます。

15 :仁科盛信:2000/06/17(土) 19:18
武田軍が崩壊するなか、死ぬ覚悟で高遠城で奮戦した。
落城寸前、急いで酒宴を開き、酒肴として切腹し自分の内臓を差し出した。
その剛胆さは武田勝頼と違い、盛信が家督を継いでいたら信長に遅れを取らなかったのに。

16 :名無しさん@一周年:2000/06/17(土) 21:33
>15 そおかあ・・・? そんなこと言ったら、勝頼だって剛胆・・・っていうか、勇猛だったらしいぞ。
信玄亡き後、信玄がどうしてもおとせなかった高天神城を攻略、武田家はじまって以来最大の勢力を築いた人物だもの。個人的な武力についてはしらんけど。
ただ勝頼が不幸だったのは、余りにも父の存在が大きかったことと、信玄と共に転戦した歴戦の家臣たちがまだまだ健在だったこと、そして後継ぎに指名された、まだ幼い信勝(義信の子)の後見としか見なされなかったこと。
どうも家臣たちは勝頼の猪突猛進ぶり(本人は父を超えようと必死だったらしいが)に困って、「思慮の足りない人物」とみていたらしいけど。
仁科盛信だって結局は同じことだったんじゃないかなあ。高遠城で信濃の小さい領土地区経営ぐらいならうまくやってけたんだろうけど、甲斐・信濃・駿河と、上野・飛騨・美濃・遠江・三河の一部という大きな領国経営はどうだろう・・・?と思う。

17 :11:2000/06/19(月) 09:12
>三郎(景虎)くんは、氏政の子(氏直)があまりに幼すぎて

氏直はウソでした。ごめんなさい。当初の予定は氏政の三男・国増丸でした。
氏秀はどーやら氏繁(綱成の子)らしい。
詳しくは学研の歴史群像シリーズの14「真説 戦国北条五代」を参照。

18 :11:2000/06/19(月) 14:15
>氏秀はどーやら氏繁(綱成の子)らしい。

またウソつきました・・・。
氏秀は氏繁の弟らしい。が正解。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)