5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史学、考古学で最も権威ある学術雑誌は?

1 :名無し:2000/06/12(月) 16:02
歴史学研究
史学研究
歴史評論
国史学
日本史研究
地方史研究
史学雑誌
日本歴史
史林
國學院雑誌
歴史と地理
歴史地理学
ヒストリア
信濃
歴史科学
歴史読本
史学
史観
史淵
戦国史研究

考古学雑誌
考古学研究
古代文化
古代学研究
物質文化
貝塚
古代
どれがどのような学派なのか、或いは各誌の序列はどうなのか。考古学では古代文化、考古学雑誌、考古学研究が考古学3大雑誌として認識されている。

2 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 16:08
ムー

3 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 16:21
マルコポーロ

4 :名無し:2000/06/12(月) 16:21
 他に歴史研究(新人物往来社)、日本考古学(日本考古学協会)古文書研究(同研究会)歴博研究報告(国立歴史民俗博物館)を忘れていた。

5 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 16:25
史学雑誌は東大 史林は京大。
ともに権威主義的雑誌。論文クラスのものでも、投稿者の身分が低いと、研究ノートにまわされてしまったりするらしい。

歴史学研究はかつてはマル系だったが、今は無関係。東大以外の人にとって、一番メジャーな雑誌。
日本史研究は、関西中心で、歴史学研究と割合仲が良い。
歴史評論は左寄り。

ヒストリアは、以上の雑誌より少しランクが落ちる。大阪中心だが、一応全国誌といっても差し支えない。

以上、誤りあれば訂正を乞う。

6 :名無し:2000/06/12(月) 17:16
ということは右→左だと
史林、史学雑誌、ヒストリア→日本史研究、歴史学研究→歴史評論
になるな。

7 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 17:55
日本史研究会と京都民科歴史部会は実質的に同じ組織だから
もろ共産党では?

8 :名無し:2000/06/12(月) 18:08
上以外の雑誌、例えば地方史研究や史学研究も面白いと聞いたけど。これって時代によって与えられる雑誌の評価は異なるの?

9 :名無しさん@1周年:2000/06/12(月) 21:24
『国史学』は、國學院大學にある国史学会の雑誌ですが、
現在、年に一号ぐらいしか発行されていません。
例会もやや不活発です。

なんとかしてください・・・

10 :いくらなんでも:2000/06/12(月) 23:35
『歴史読本』と『歴史研究』はやめましょうよ・・・


11 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 06:04
研究会の会員数から言うと、
『歴史学研究』
『歴史評論』
『地方史研究』
見たいな感じではないかな…。
やはり、いろんな雑誌によって「学閥」らしきものが
あるしねぇ。権威ある雑誌に乗ったから、
優れている論文とは言えんし…。


12 :名無し:2000/06/13(火) 07:51
>10
『歴読』『歴研』は半分冗談です。
『歴研』は1ページ確か、5万で掲載してくれるという、明らかに学術性に欠けています。
>9
『国史学』は歴史学系の雑誌では権威あるものと思っていたけど、
最近、活発でないみたいですね。どうか、関係者の方々、伝統あ
る誌の灯火を消さないで下さい。
>11
会員数で雑誌の権威付けが決まってくるのでしょうか?仮にそう
であれば、毎年、株価のように変動すると言うことでしょうか?

13 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 09:15
>11
それは、日本の歴史学界ではいまだにマル系が圧倒的に多いということです。

>12
歴史学界で歴研といったら普通、歴史学研究会のことですよ。

14 :名無し:2000/06/13(火) 10:34
>13
それは申し訳ない。己の無知を披露してしまった。

15 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 10:38
早稲田の「民衆史研究」入れてやってよ。

16 :佐藤和彦:2000/06/13(火) 11:24
民衆史研究は、いい雑誌だつたのですが、私がだめにしちゃいました。

17 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 14:27
いまだに共産党アレルギーの人がいらっしゃいますか。
最近の大きな大会では、若手の発表者に対してされた
ばりばりの70年代マルクス主義的批判に対して、
逆に発表者がさんざんにやりこめるというような風景も見られますし、
中にはかつての自分らの考えを反省し見直すような発言をする
年輩の研究者もいますよ。

まちがってたら指摘して下さいねー>佐藤和彦さん

18 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 14:35
『戦国史研究』とか入れるなら、『関東近世史研究』とかも入れてやれば?

19 :大塚史学くずれ:2000/06/13(火) 14:47
「社会経済史学」は一般に経済史の媒体だと思われてるが、
実は「歴研」あたりの雰囲気が嫌いな一般史研究者がかなり流れてきている。
「社経史」も1950年代あたりまでは「歴研」などと共に破防法反対声明に
名を連ねちゃう学会だったけど、最近はまったくノンポリ。
ただし、権威はある。
論文3回載っけると、学位論文フリーパスという噂も(知らないよ)。

20 :>17:2000/06/13(火) 16:03
共産党は特に人事面でやることがえげつないからね。
既得権益の維持と、その拡大しか考えてない。
左翼的言辞が方便に過ぎないのはミエミエ。
大学業界の自民党だよ、まったく。

21 :>16:2000/06/13(火) 16:14
佐藤和彦なんか、雑誌一つ潰せるほどの権力持ってるのか?(笑)

22 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 16:30
>21
民衆史研究は今でもあるよ。うざがってる人がいるってだけなんじゃない?
(よくわかんないけど)

23 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 16:30
>21
民衆史研究は今でもあるよ。

24 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 16:32
>20
つーか、歴史学の話してるのに共産党人事とかなんとか言ってるお前、
根拠を示してくれないと全く意味不明なのだが。

25 :もっと現実的な話を:2000/06/13(火) 20:11
因みに各誌の創刊年代10傑を掲げてみました。
基準は現在も継続され、休刊は5年以内の雑誌を
対象とした。
1,史学雑誌(東京大学)  1892
2,國學院雑誌(國學院)  1894
3,考古学雑誌(考古学会) 1910
4,史林(京都大学)    1916
5,史学(慶応義塾)    1921
6,土佐史談(土佐史談会) 1927
7,史苑(立教大学)    1928
7,龍谷史壇(龍谷大学)  1928
9,史学研究(廣島史学研究会)1929
9,史淵(九州大学)    1929
これに従えば、史学雑誌が最も権威ある歴史学の研究誌になるのであろうか?
一方で土佐史談も権威ある雑誌なのか?はっきり言って初耳ではあるが。


26 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 21:58
>20
少なくても論文審査の制度をもつ雑誌に限るべきだと思います。
といっても、私も知らないので
土佐史談に論文審査があるのかどうか、わからないんですけど。

それと、歴史系とはちょっと相容れないかも知れないけど、
考古としては、人類学雑誌 をきぼーん。

27 :>26:2000/06/13(火) 22:19
土佐史談にも、一応審査はあります。
たまーーに、偉い先生や、大学院生がいいものを書いてることもあります。


28 :國學院友>25:2000/06/13(火) 22:23
東大や京大や立教には「大学」をつけて
なぜ、國學院と慶応義塾には大学をつけないんだ?
ちょっと、不愉快だ・・・・。

29 :16:2000/06/13(火) 22:49
佐藤和彦が民衆史研究をつぶしたといったのは、
だめにしたという意味です。

彼以来、どうも議論がヒステリックになってきた。
とくにあの悪党論以来ね・・・・

30 :名無しさん@1周年:2000/06/13(火) 22:54
民明書房の一連の研究はかなり信頼がおけます。

31 :>25:2000/06/13(火) 23:27
だからって、政治学で「国家学会雑誌」が一番権威あるってわけじゃないだろ(笑)。

ところで、投稿じゃないけど、岩波の「思想」ってのは歴史学から見るとどれだけ重みあるんだろ?
ま、オレには当分書いてくれなんて話来そうもないけど。

32 :>31:2000/06/13(火) 23:45
東大法学部で学士助手になり、
助手論を「国家学会雑誌」に載せた人間が、
日本の政治学では一番、権威を持つようになります。
だから間接的には「国家学会雑誌」がイチバン!!

33 :>9:2000/06/14(水) 01:09
『國史學』は年三回発刊です。それで会費四〇〇〇円はお得。例会も
部会が輪番で毎月やっていますよ。

34 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 01:14
論文審査ったって、所詮は情実的側面は否めない。
具体的にはあげないけれど…。

35 :もっと現実的な話を:2000/06/14(水) 08:15
権威ある雑誌は創刊年代ではなくてやはりどれだけ研究者に認知されているかであると、今日、先輩に教えてもらった。
大学図書館の所蔵件数の多い順で10傑挙げます。

  誌 名      所蔵館数
1,史学雑誌     597
2,歴史学研究    589
3,歴史評論     432
4,史林       356
5,日本史研究    336
6,國學院雑誌    315
7,地方史研究    310
8,歴博研究報告   297
9,考古学雑誌    237
10,古代文化     216

こうなりました。
考古で人類学雑誌を入れるべきとおっしゃってましたけど、既に人類学雑誌は考古の雑誌ではないことは常識となっておりますので。除外させていただきました。
これを見ると妥当な線で権威付けのランクが決められるのではないのでしょうか。
おまけですが『史学』は172館で『土佐史談』は僅か29館でした。
更に謎が深まる『土佐史談』と土佐史談会。
この雑誌に関わる有力情報、続々お待ちしています。(例、会費はいくらか、会員数は、掲載論文のレベルは、販売しているのか、投稿規定は、会の構成員は、一般的な世間の認識は等)


36 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 09:57
実証的歴史学徒から見た岩波『思想』
たしかに、理論的にはすごいし、文体もなかなかかっこいい。
とても自分にはこんなのはかけないなーと思う。
だが、実証的にみた場合、問題点が多すぎる論文が多い。
しかし、実証面というのは、本当にその分野を研究してるひとじゃなきゃ、検証できないので、
分野がことなる人が読むと、「すごーーい」と思ってしまったりするだろーな、と思う。
たとえば、今月だが先月だかの倫理学と国民道徳論に関する論文(子安氏)などは、
教育史や歴史学で、同じ対象を研究してる人から見ると、実証的には全く問題外だそうです。
たしかに、論理構成は明確なんだけど、単純すぎるとは思いましたが・・。

とはいえ、他人の理論や文体そのまま、対象を変えただけ、というような愚論もあるけど。あれって、編集体制とかどうなってるんですかね?投稿はできないのかしら?

37 :そもそも:2000/06/14(水) 12:00
何でこのスレで「土佐史談」なんて出てきたんだ?
関係者がいるのか?(笑)
マジ、「会津史談」や「歴史春秋」(これも会津ね)の方がまだよく見かけるぞ。



38 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 12:13
実証主義史学の若手某助教授が院生時代、
「日本近代史に関しては、岩波から出るのはトンデモ本だ」
と言っていました。
『思想』は投稿もありらしいですが、最近でも、左翼に嫌われていると
編集部が原稿の受け取り(掲載ではなく)を拒否するそうです(体験者の話より)。

39 :>36:2000/06/14(水) 13:11
>教育史や歴史学で、同じ対象を研究してる人から見ると、実証的には全く問題外だそうです。
この物言いにも一理あるが、「思想」から声がかからない人間の妬みととれないこともないな。
まあ、上野千鶴子なんか、まともな女性史から見たら「つまみ喰い」にしか見えんことは確かだが。

40 :社会勉強もしてほしい。:2000/06/14(水) 14:04
関係ないけど、大学院で近代史やってるっていうやつが
トシを重ねるごとに世間しらずになっていく。
(あたりまえか)
人とコミュニケーションがとれない。
学術研究もいいけど、もっと社会勉強もしろよ。

41 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 14:13
「思想」からお声がかかれば、あなたも一流の進歩的知識人!(w

42 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 14:35
土佐史談は知らなかった。このレスは勉強になるね。PTAに推薦しよう。

43 :土佐人:2000/06/14(水) 14:50
『土佐史談』
かなり気になる雑誌です。
気になって夜も眠れません。
だれかこの誌の詳細を教えて下さい。

44 :平泉澄:2000/06/14(水) 15:11
『思想』といえば、
ずっーと昔山口昌男が
「歴史人類学あるいは人類学的歴史学」だっけ?
を書いたんだよね
戦後歴史学への挑戦といわれたのだけれど、
それなりにおもしろかつた。

でも以後歴史学の側もちゃんと対応してきたように思います。

45 :『思想』:2000/06/14(水) 15:49
誰か『土佐史談』について教えてくれ。
俺も気になる。
『思想』のような歴史思想もいいけど、思想が先走りすぎてもどうかとは思う。
しかし、この板は暇な思想家の溜まり場なのか?

46 :>40:2000/06/14(水) 16:29
「近代史」はかなりましなほうだと思う。社会的な運動にコミットしてる人も多いし(逆にまたそれが問題だったりもするが)。
むしろ「古代〜近世」のほうがもっとひどいんじゃないのか?

47 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 16:36
『土佐史談』
年3回刊行、うち一回は特集号。
内容はすべて高知県史に関するもの。
投稿者は、高知在住の在野の歴史研究者が多いが、
大学教授・大学院生が書いているものも結構多い。
会員は500人ぐらい(うろ覚え。もしかしたら違ったかも)
かつてマリウス・B・ジャンセンが土佐史談会と交流していた関係から、
アメリカの近代史研究者の中にも会員が何人かいるらしい。
論文は、投稿が400字詰20枚が限度なので、かなり短い。
ただし、連載3回までOKなので、連載すれば計60枚になる。
内容は、どうでもいいようなくだらないものが95パーセント。
あとの5パーセントが、学問的に意義のあるもの。
(って正確に統計とったわけじゃないけど)
わたしが知ってるのはこれくらい。

なお、『地方史事典』という事典に土佐史談会について書いてあった気がする。
『国史大辞典』にもあったような、なかったような。

うろおぼえですみません。

48 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 16:40
>土佐人
わたしは土佐人じゃないけど、仕事の関係で高知にはよく行くので知ってるんですが、高知の金港堂っていう書店の高知県関係の書棚に『土佐史談』置いてますよ。それから、県立図書館でも販売してます。

49 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 16:43
民衆史研究のあのダサい装丁どうにかならないものか。
あれじゃ、地下出版物だよ。
あれを(研究職の)就職試験の際に提出して、落とされたという例を聞いたことがある。
(あと昔は『歴史評論』に載ると就職できないという噂もあった)

50 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 16:45
吉川弘文館発行の『日本歴史』も全国誌だよね。
あれもまあまあ権威あるかも。

51 :>49:2000/06/14(水) 18:59
そりゃ、落とされた本人に問題があったってことだろ。
雑誌のせいにすんな!(笑)


52 :つーか『思想』って:2000/06/14(水) 19:31
そもそも歴史学の雑誌じゃねーだろ。
『思想』の中のものをひいてる歴史学の文献ってあんまり見たことないし。

53 :>52:2000/06/14(水) 21:16
ちょうど今『史学雑誌』の「回顧と展望」号が出てるはずだから、
それで調べてみな。
少なくとも「土佐史談」よりは多く引かれてるはずだ(ワラ。


54 :52:2000/06/14(水) 22:22
?較べてどうするの?
そりゃ歴史の論文でもひかれてることがあるのは知ってるけどさ、
で、『思想』て歴史学の雑誌なわけ?まじで質問。

55 :平泉澄:2000/06/14(水) 22:48
『日本歴史』を出している日本歴史学会って
研究会としての活動、何かしてるの・・・・?

56 :名無しさん@1周年:2000/06/14(水) 22:51
>ちょうど今『史学雑誌』の「回顧と展望」号が出てるはずだから
もう出たんですか?いつも出るの遅いよね。

57 :>54:2000/06/14(水) 22:58
ま、あんたがこのスレッド立てた人ならともかく、そんなにムキになるこたないだろ。
「歴史学」という概念自体、色々な意味で曖昧になってるからな。
だいたい歴史専攻って言ったって、たとえば近代史の人間には古代史や考古学なんて全然関係ないし、
むしろ政治学や社会学やってる連中の方が接点ある。
それからここは日本史板だが、厳密には1で「西洋史研究」なんかも挙げるべきだし、
広義の歴史学って言った場合、「政治史」「法制史」「経済史」「文学史」「芸能史」・・・色々あるぞ。
オレはカルチュラル・スタディーズなんかにはあまり深く関わってはないが、とりあえず
毎月「歴研」「史学雑誌」とともに「思想」もチェックしているという次第。


58 :>『史学雑誌』回顧と展望:2000/06/14(水) 23:20
一年間で一本必死に論文書いて、結局自分の名前が出てこなかったりすると、
がっかりするんだよな。
無名研究者はつらいよ(笑)。


59 :54:2000/06/15(木) 01:54
>57
や、別にむきになったわけではなく・・・自分もわかるんですよ、そういうこと。
ただ1の趣旨にのってみようかなとか思ったもんで・・・

いやあ、なんか研究者(およびその予備軍?)増えたね、ここ。
なんか知ってる人がいそうで怖くなってきた・・・

60 :『齒學雜誌』:2000/06/15(木) 07:33
『土佐史談』が話題になるのなら『信濃』『長野』もね♪

61 :『思想』:2000/06/15(木) 08:13
>47
ありがとうございます。やっと今夜から落ち着いて寝れます。
>35
『日本歴史』が抜けていますよ。調べた結果、516館で堂々の3位です。
大塚史学会に入ろうと思っていますが、内実がよく分かりません。
教えて下さい。


62 :名無し(板作成者):2000/06/15(木) 08:38
ところで、ここもかなり、賑やかになってきたので、所属学会、研究会の情報公開を
行っていきましょう。学会の理念や雑誌名、会費、投稿規定、定例会、総会等を教えてくれ。
まずは自分から
学会名:沖縄考古学会
雑誌名:南島考古
会費:年間1000円
投稿規定:会員外でも可
定例会:月1
総会:年1(6月)
理念:南島地域の先史を解明する。
会員数:500名
情報の流通をここではかりましょう。
(身元が分かってしまう研究会は要注意)

63 :>58:2000/06/15(木) 09:10
『史学雑誌』の「回顧と展望」って、無名研究者の論文の方が
かえって取り上げられるのではないですか?
私の名前はちゃんと載ったですが・・・

64 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 09:25
『土佐史談』よりは『軍事史学』の方がメジャーでしょ?
あと『政治経済史学』とか。

65 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 10:01
「回顧と展望」は本当にもうでたのですか?今日大学の図書館で見たらまだ入ってません。

66 :>64:2000/06/15(木) 10:08
だから、
『土佐史談』は歴史があるのに一般に知られていないから話題に挙がるの。
きちんと話題の流れを掴んで発言して欲しいな。
『軍事史学』『政治経済史学』も著名だけど、生粋の歴史学からしてみれば、軍事学なのか経済学なのか政治学なのか、中途半端なんだよ。
メジャーかどうかは別にして亜流の中の亜流としての歴史学雑誌はその内容の怪しさを更に増していく。
話は別にして所属学会は地方史研究協議会。誌名は『地方史研究』、会費年間6600円、投稿規定、会員に限られる。総会は年1回、理念は忘れた。会員数、具体的には分からないがこの世界では3指に入るほど多い。以下、補足宜しくお願いします。

67 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 12:46
『軍事史学』は活動内容や水準はともかく、顧問に中曽根康弘や瀬島龍三なんて
名前が並んでるとなあ。
さわらぬ神にたたりなし、と思っちゃうよ。

68 :土佐人:2000/06/15(木) 12:52
土佐人として『土佐史談』は郷土の誇りである。
『軍事史学』?右翼雑誌はここから出ていけ

69 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 15:17
大学院生のときに『軍事史学』に書くと、左翼から睨まれるようになるので、
大学教員への就職は難しくなると聞きましたが、本当ですか?

70 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 16:21
ここって2ちゃんねるで一番ためになるスレッドではないかな。
ここに投稿する方々ってキラ星のように見える。
僕も頑張って一つ学術雑誌を挙げてみるよ。
『史泉』
関大史学会の研究誌だけど、マイナーすぎたらごめん。
個人的には『史潮』が面白いと思う。

71 :>69:2000/06/15(木) 16:40
逆に伊藤隆や秦郁彦に何とかしてもらえるだろ。
自由主義史観の本執筆の仕事回してもらったりして(ワラワラ。

72 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 16:42
『部落問題研究』および『部落解放研究』もバカにできない論文が
けっこう載ると思うけど、部落史以外の人はあんま読まないのかな?
イデオロギーは別として、レベルは前者の方が少し高いと思うが。

73 :直言者:2000/06/15(木) 17:21
しかし、軍事に関し、正しい知識を身に付けることは国家の進路に
必要不可欠なことである。

74 :>直言者:2000/06/15(木) 18:33
国家云々などという右翼は出て行け!!

75 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 18:47
>74

 ありゃ、2チャンネルではとっくに絶滅したと思ってた
サヨが生き残ってるよ。恥ずかしいね。生き恥さらしてよ。
50面下げてなにやってんのかね。


76 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 18:51
>75

 やっぱり昔の懐かしい価値観の残滓から脱却出来ないんでしょ。
人生棒にふったこと認めたことになるし。
 学問は似非イデオロギーの道具じゃありません。どっか行け
>オールド・サヨ&時代錯誤ウヨ


77 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 19:38
 もー死んでるよ。このスレッド。バカサヨとかくると荒れるねー。
バカサヨもウヨも、くんな。学問とは何の関係もねー連中だ。


78 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 19:40
>74
 あなたを天然記念物に認定します、俺が。

79 :名無しさん:2000/06/15(木) 20:19
>71
戦争なんて忘れりゃしまいなんてヤカラが多いと言う事か。
相変わらず世間知らずの井の中の蛙だねえ。教員なんて。

80 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 20:23
68、74みたいなキティサヨを見ると、
69の素朴な疑問も頷けないでもない。

81 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 21:03
ということで『軍事史学』並びに軍事史学会が歴史学会の頂点に君臨しました。
『思想』も『土佐史談』『史学雑誌』など屁でもない。
誰か、勝利の暁として会の内容を堂々と報告してくれ。

82 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 21:16
はっはっは。『軍事史学』で議論がもりあがっているときいたので来て見たら、
コレですか(^^)

ミリタリー研究は、あなた、女子高生にイタズラするより人生を豊かにします。

83 :名無しさん(板作成者):2000/06/15(木) 21:36
残念なことに学問的議論が芽生え始めたと思ったら、
どうしようもない一部の不届き者のおかげで台無し。
これ以上、無為に書き込む必要は無いと思います。
本日をもってこの板を解散します。
以下、何も書き込まないようお願いします。


84 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 22:02
荒らされちゃったね〜。
隣の社会学板と違って、日本史板は素人厨房が多いからいやな予感してたんだけど。
結局、アカデミズム内部の話題は疎外感感じるから嫌なんでしょ>『軍事史学』マニア君
でも、実際は『軍事史学』もちゃんと読んでないんだろうな。

85 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 22:43
どうせ小林よしのり信者でしょ>『軍事史学』マニア君
ウザイよ、氏んで。

86 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 23:08
話をもどそう。がんばって。まけるなまともな歴史板住人。

歴史板に学術的な話題も広がるようにして、
もちろん趣味としての歴史の話題も変わらずあり続けるようにして、
趣味部隊と学術部隊の共存共栄を目指そう。
互いに得るものがあればいいじゃないか。
アホな書き込みは放置するに限る!

87 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 23:10
ちなみに『軍事史学』はまともな論文だってあるはず。

88 :名無しさん@1周年:2000/06/15(木) 23:17
>84、85

しつこいね君も。
キティサヨと罵られたのがそんなに悔しかったのかな〜〜〜?(ワラ


89 :>88:2000/06/15(木) 23:41
しつこいのは一人で「サヨサヨ」と騒いでるオマエだろ。
オレは84だが、それ以前のレスとは別人だぞ。
偉そうなこと言うなら、『軍事史学』の会員規定書き込んでみな。
ちなみにオレは知ってるぞ。
それでもオレを「サヨ」と言うか?

90 :やっぱり:2000/06/15(木) 23:51
ひろゆきに「歴史学板」と「歴史オタク板」分けてくれるよう頼んでみようか?
どうせ無理だろうけど。

91 :皇国史観の平泉澄:2000/06/16(金) 00:14
2ちゃんねるの書き込みをみて、思うのだけれど、
自由主義史観(わたしはこれを史観とは考えないけれど)
の人たちの書き込み(デイスクール)は、どうして
攻撃的で、ヒステリックなのでしょうか?

歴史社会学的に分析してください・・

92 :>91:2000/06/16(金) 00:48
>自由主義史観(わたしはこれを史観とは考えないけれど)

なんか偉そうな言い方、やな奴だね。

93 :>92:2000/06/16(金) 00:55
正体見たり。
ということは、お前が自由主義史観だな。

94 :皇国史観の平泉澄 :2000/06/16(金) 00:56
すみませんでした。
ちょっとね高飛車な言い方に聞こえてしまったのですね。
あやまります。

95 :土佐人@自由民権:2000/06/16(金) 01:01
>90
それより、自由主義史観の厨房ウヨを理論闘争により粉砕して
歴史板から駆逐する方が手っ取り早い。
ウヨは軍事板でオナニーしているのがお似合い。

96 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 01:17
地方史って、駒沢とか明治とか早稲田の人が多かった気がする。
三指に入るほどでかいけれど、隔月紙で且つHPがないというのは
哀しい。

97 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 03:41
サヨはここでオナニーしてるってか>95

恥ずかしいやつ。^^;


98 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 03:49
そもそも頭の悪い書き込みしたやつが、ここをダメにしたんでしょ>84
お前だよ。


99 :皇国史観の平泉澄:2000/06/16(金) 07:04
>>そもそも頭の悪い書き込みしたやつが、ここをダメにしたんでしょ

頭の悪い奴って自由主義史観のことですか?

100 :『思想』:2000/06/16(金) 08:25
祝 100達成


101 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 09:01
>91
>91
それに関してちょっとおすすめ。↓
http://www.littera.waseda.ac.jp/appendix/shaken/oka.htm
それからみなさん歴史学からみるとこれはいかがなものでしょう?
妥当な見解だと思われます?


102 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 09:41
お前のことだよ>99

103 :直言者:2000/06/16(金) 12:14
取り敢えず、サヨは過去70年間で一億人程の罪の無い人々を自分達の
イデオロギーの「人体実験」の実験台に殺戮したのを「反省」
これはウヨ・サヨ関係なく世界中の人々の「請願」である。

104 :おーい:2000/06/16(金) 12:32
直言者さんよ〜。
えらそうなこというなら、早く『軍事史学』について詳しい事教えてよ。
今やこのスレの関心は『土佐史談』から『軍事史学』に移行してるんだから。


105 :直言者:2000/06/16(金) 12:47
私は雑誌の「中身云々」を講義する気も無い。このスレの中の少々
「神経強迫症」AND「妄想極楽症」気味のバカサヨに警鐘を鳴ら
しただけ。「講義」はそれこそ「専門家」に依頼しなさい。

106 :軍事オタク:2000/06/16(金) 13:42
>直言者殿
これ以上こちらで迷惑をかけないで続きは「軍事・諜報」板でやって下さい。
(この件に関するスレッドがあちらにあるでしょ)
あなたの書き込みは学術雑誌の話しとは何の関係もなく、ただ自分とイデオロギー
の異なる相手を見つけて、それを攻撃、罵倒しているただそれだけの内容になって
います。ここはその様な場所ではないでしょう。

あなたが「軍事史学」について、これが世に必要な学術的研究である事をここで
論じられないならば、あなたは直ちにここから去るべきです。


107 :>直言者:2000/06/16(金) 14:21
>私は雑誌の「中身云々」を講義する気も無い。
つーか、学術雑誌なんて読んだことないんでしょ。
「だって〜、小林よしりんとかの漫画じゃないと日本史なんかわかりましょーん。
ボク、バカだもーん!」

108 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 14:32
>107
小学生みたいな書き込みしないの。
もうこれ以上煽るな。


109 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 15:36
一度聞きたかったんだが、歴史学徒だと思われる方々の書き込みを読むと、
権威主義的な感じがして、「素人はよく分かってないのだから相手に
するべからず」で「エリートによる、エリートのための、エリートたち
だけの議論をしよう」みたいなところあるけど、実際どう思っているの
でしょうか?学問は人(素人)の役に立つことが前提ということが
綺麗さっぱり思考のなかから抜けているような気がしてなりません。
他の板じゃ、素人とプロ(らしき人)と厨房くんが入り乱れて
情報を示して罵りあっているけどそういうのはないのでしょうか?
ほんと「勉強してから出直せ!」じゃ誰も納得しないし、素人は
「こいつ頭悪い奴だなー。素人に調べられるわけないだろうが。
大学生にしては理解力なさすぎー。答えがでてくるのを待ってんだよ」
ぐらいにしか思ってないよ。というか俺が思っている。
ということで歴史学徒の皆様は素人が見ていることを前提に
素人の問にも専門家の誇りにかけて情報を示しつつ議論して下さい。
もし、素人は黙ってろというのなら、自分たちで同業者だけの掲示板
立ち上げて勝手にやってちょうだい。専門家の回答が知りたいと
思っている素人も参加できる貴重なこの板にはもう来ないで。
しかし、このスレも途中までは面白かったのにちょっと残念。

110 :史学卒:2000/06/16(金) 17:28
>109
ある意味私も同意します。
難しいんですよね、時代劇とか小説とか好きでそれに基づいて話をしている人に
「でも史実はこうだったんだ」とうるさく言うのが野暮なのはだいたいの人が承知している
とおもうのですが、そのへんからこういう場でどこまで学術的に話すのが受け入れられるのか
わからない面もあると思うのです。

ただ、歴史学徒のエリート意識とかそういうのではなく、
単なる学者の怠慢という面も大きいと思うのですよ。
「説明スルのめんどくさい」→学術的な話が減っていく
→有意義な情報が得られなくなって板から離れていく
→日常生活で話す方がよっぽど楽だあ。どんどん板から離れていく。

あと、私自身、歴史学的な立場から何か話しても「左翼だ」と言われたこともあり
ここであまり話しをしなくなりました。
同じようなこと皆さん経験しているのではないでしょうか。
でも考えればどこにでも知識に対して謙虚でない(意味取り違えないで下さいね)
変な人はどこにでもいるわけで。
やっぱりそのへんでこういう場での発言に躊躇するようになってもいけないな、
と思います。



111 :>101:2000/06/16(金) 17:51
本人もしくはそれに近い人物による書き込みですな?

112 :>『史学雑誌』回顧と展望:2000/06/16(金) 21:32
ところで「回顧と展望」って、中堅助教授クラスが一番取り上げられないのでは?
私も無名研究者だけれども、今年は2ヶ所に名前が載っていた。

113 :101:2000/06/16(金) 23:23
>111
いや、全然違います。
これってあめぞう政治思想とかでも紹介されてたのですよ。

114 :>112:2000/06/16(金) 23:25
貴殿のお名前は?どうぞおしえてくださいまし。
無理なら専攻している時代だけでも。

115 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 23:57
早稲田の図書館って、「部落問題研究」はあっても「部落解放研究」が置いてない。
政治的な理由があるのかどうかは知らないけど、他の大学はどうなんでしょう?
特に関西の大学の方。

116 :>115:2000/06/17(土) 10:55
貴殿は早稲田人?
専攻は?

117 :ところで:2000/06/17(土) 11:01
学会の会員になるのに厳しい条件が提示される研究誌は何でしょう。
確実な情報ではないのですが『日本史研究』を出している日本史研究
会は会員の推薦が多数、必要ということを耳にしたことがあります。
『史学雑誌』を出している史学会や戦前から活動している土佐史談会
も権威ある団体みたいなので会員になるのは難しそうですが。
 他にもそのような研究会、学会があれば教えて下さい。宜しくお願
いします。

118 :『思想』:2000/06/17(土) 11:08
>117
よしよし、一つ教えて進ぜよう。
『日本考古学』を刊行している日本考古学協会(以下、協会)は協会員2名以上の推薦が無いと入会できない。但し、最近特例が出来て、自己推薦も可能になったのでそのハードルは若干ながら低くなった。それでも学術論文1本以上、若しくはレポートといった小論は3本以上、報告書執筆も最低3本が条件となっている。多分、このスレッドの中で協会員はいないと思うけど。

119 :『思想』:2000/06/17(土) 11:15
追加だけど
年会費は1万円と結構、かかる。でも入っていれば、地方とかで自慢できる。

120 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 12:15
>117
土佐史談会は冗談でしょう?
民衆史研究会の入会条件は厳しいのでしょうか?ここでよく話題にあがっているので少し気になりました。

121 :あのう・・・:2000/06/17(土) 12:57
書き込みしてる人の身分を特定させるような質問やめません?
せめて学校名だけとか、専攻の時代を聞くだけとかにして・・・

122 :史学大好き:2000/06/17(土) 17:11
>121
それは違います。このサイトは犯人当てクイズをやっているわけではありません。純粋に学問的素地となる学術誌について語り合う場なのです。それを抜きにすればここの存在意義は全く無くなってしまいます。
何かやましいことでもあるのでしょうか。
失礼を前提に申し上げれば、過激な政治思想をここで披露するのであれば、早々に立ち退いて頂きたい。
先の『軍事史学』の連中がまた、ここへ押し掛けてくるのはもうまっぴらです。

123 :121:2000/06/17(土) 17:27
>122

何をそこまで?意味がよくわからないのですけど・・・
自分は116のような書き込みについて言っているのですが。

124 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 18:25
>123
質問するのは自由であるべきだ。
答える答えないは、問われた人間が個別に考えればよい。

125 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 22:56
>先の『軍事史学』の連中がまた・・・
アンチ『軍事史学』の連中ですよ、最初に荒らしたのは。
誤魔化さないように。

126 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 23:27
ちょっと誤解があるようだが、『軍事史学』はちゃんとした雑誌だよ。
オレは自由主義史観なんか認めてないけど、伊藤隆氏の仕事にはそれなりに
敬意を払ってる。特に若い頃のものは。
>125
>アンチ『軍事史学』の連中ですよ、最初に荒らしたのは。
>誤魔化さないように
ちゃんとスレッドの展開読んでよ。
荒らしたのは『軍事史学』マニアでもアンチでもなく、
アカデミズムに縁のない歴史オタクでしょ。


127 :『思想』:2000/06/18(日) 09:54
そろそろ、軌道修正しませんか?
そもそも、ここは各学会の動向を知るためのスレではなかったのか?
117のような質問に対して真摯に応えてあげましょうよ。
歴史オタクでも知識人でもここが知識を共有できる場であれば良いではないですか。
一部の煽りで揺れ動くような脆弱なスレですか、ここは?



128 :>126:2000/06/18(日) 13:03
68 名前: 土佐人 投稿日: 2000/06/15(木) 12:52

土佐人として『土佐史談』は郷土の誇りである。
『軍事史学』?右翼雑誌はここから出ていけ

-----------------------------------------------

荒らしが始まったのは、ここからですよ。

129 :>128:2000/06/18(日) 13:44
しつこいね〜。
お前みたいなのが一番うざいよ。

130 :賛成:2000/06/18(日) 17:13
128のようにしつこく蒸し返すのはやめよう

131 :軍事史学会員:2000/06/18(日) 21:21
 まそういう訳で「軍事史学」は日本では数少ない軍事の歴史を扱う
軍事史学会の学会誌です。なかには、興味ぶかい論文も多々あります。
一件落着。

132 :『思想』:2000/06/20(火) 08:23
うーむ。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)