5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「新・真田十勇士」

1 :末太郎:2000/06/16(金) 11:28
なんだかんだ言って、最後まで読んでしまった。
結構意外な展開になっていって、面白いには面白かった。
こういう、仮想歴史小説で、先の展開がわかっていながら読むというのは斬新かも。
個人的に、好きだったのが、あの史実でも「異・戦国志」本編でも、無能者の代名詞だった織田信雄が、
伊達政宗をあわやというところまで追い詰めるという真田幸村ばりな活躍を見せるところ。
その前後の信雄はとにかく情けなさ過ぎるけど、この戦いに真田大助達を参加させれば面白かったかも?
でも、元々彼等は織田秀信の家臣だし、信長を裏切って秀信を討った信雄に味方するわけないか・・・。

でもって、本編の「異・戦国志」はどうかというと、これが、なんというか、
読み物として読む分には面白いんだが、なんかどうも馴染めないというかなんというか・・・。
本能寺の変で信長を生かしたのに、主役として活躍するのか思いきや、
強いのか弱いのかよく分からないキャラとして終わって、織田家は没落してゆくし、
(7巻の後、「信長が何処かに落ち延びているに違いない」と思って読んでたのは俺だけ?)
結局おいしいところを取ったのは真田親子と家康という・・・史実となんら代わりないし、
「おのれ信長!」という信じられないセリフ(笑)を吐いた秀吉もおいしいところをもってゆくのかと思いきや・・・・・・(汗)だし
あと、戦国後期の合戦だというのに、何故か一騎討ちが多すぎ。
史実の関ケ原で先鋒を競った福島正則と井伊直政が戦うシーンはなんか良いけど・・・。

まあ、いろいろ感想書いたけど、他の小難しい仮想モノの戦国小説を敬遠してる人にはオススメかもね。


2 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 04:17
なんですかこの読書感想文は

3 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 13:57
>1
わけわからん。何がいいたいわけ?

4 :>1:2000/06/18(日) 14:43
「影武者徳川家康」しか読んだこと無いからよう分からんが、
つまり仮想物はおもろいと言いたいんだね。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)